ノートパソコンが欲しいけれど、それほどハイスペックなモノはいらない。そんな方におすすめなのが3万円以下で買えるエントリークラスのノートパソコンです。価格が安いときちんと使えるのか心配になりますが、Webサイトや動画を見たり、オフィスソフトを使ったりする程度なら十分快適に使えます。

そこで今回は、3万円以下で買えるリーズナブルなノートパソコンを特集します。持ち運びに便利なコンパクトなモノから、ネットや動画がサクサク楽しめる高性能なモノまで、さまざまな製品をご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

3万円以下のノートパソコンは使える?

By: amazon.co.jp

3万円以下で購入できるノートパソコンは、エントリーモデルと呼ばれます。エントリーモデルは価格が安く気軽に購入できるメリットがありますが、リーズナブルなゆえに基本性能はそれほど高くないため、ビジネスやクリエイティブ用途など、処理に負担のかかる作業にはあまり向いていません。

メインパソコンとして使うのはスペック的に少し厳しいですが、ネットサーフィンやメール、ちょっとした文書作成など、処理の軽い作業なら意外とサクサク快適に動きます。メインパソコンとは別にサブ機として使いたい方や、パソコン初心者の方にはおすすめです。

3万円以下のノートパソコンのスペック

CPU性能はかなり控えめ

CPUは「中央処理装置」の略称で、ノートパソコンの性能を大きく左右する重要なデバイスです。基本的にCPUの性能が高いほど処理にかかる時間は短くなり、パソコンがサクサク快適に動きます。

最近のノートパソコンは、処理能力の高い「Core iシリーズ(i3/i5/i7)」を採用していますが、3万円以下のノートパソコンにこれらのCPUが使われることはほとんどありません。代わりに、価格の安い「Celeron(セレロン)」や「Atom(アトム)」などの廉価版CPUが採用されています。

メモリ(RAM)は2~4GB

メモリ(RAM)とは、作業中のデータを一時的に保存しておく記憶媒体のこと。3万円以下で購入できるノートパソコンは、価格を抑えるためほとんどの機種で2~4GBのRAMが使われています。

ウェブサイトや動画を見たり、メールや文書作成をしたりするなら最低でも4GBは欲しいところ。2GBでも使えないことはありませんが、パソコンの起動に時間がかかったり、ソフトウェアによっては動作が不安定になったりすることがあります。RAMの容量不足が心配な方は、後から自分でRAMの交換や増設ができる製品を選ぶのもおすすめです。

ストレージはeMMCを採用

ストレージは、写真や音楽などのプライベートデータから、OSのようなシステムデータまで、さまざまなデータが保存できる場所を指します。

最近のノートパソコンは、「SSD(ソリッドステートドライブ)」や「HDD(ハードディスクドライブ)」を採用していますが、3万円以下のノートパソコンはコストを抑えるために「eMMC(エンベッデッドマルチメディアカード)」と呼ばれる記憶装置を採用しています。eMMCは価格が安いというメリットがありますが、容量は32~64GBと少ないため、たくさんのデータを保存するのには向いていません。

容量を気にせずさまざまなデータを保存したいなら、後からストレージ容量を拡張できる「SDカードスロット」を搭載したモデルを選んでおくと安心です。

3万円以下のノートパソコンおすすめモデル

チュウイ(CHUWI) HeroBook

チュウイ(CHUWI) HeroBook

価格と性能のバランスに優れたノートパソコンです。3万円以下で購入できるリーズナブルなモデルでありながら、CPUには「Intel Atom x5-E8000(4コア/~2.0GHz)」、メモリには「4GB RAM」、ストレージには「64GB eMMC」を搭載。ストレージの増設が簡単にできる「M.2 SSD拡張スロット」を備えており、たくさんのデータを保存したい方にもおすすめです。

わずか1時間で約80%充電できる急速充電や、最大約9時間使える38wh大容量バッテリー、サクサク快適にインターネットが楽しめるデュアルバンドWi-Fiなど、便利なオプション機能が充実しているのも魅力です。

恵安(KEIAN) 10.1インチ2in1 Windowsタブレット KIC104HD-DN

恵安(KEIAN) 10.1インチ2in1 Windowsタブレット KIC104HD-DN

さまざまな用途やシチュエーションで使える2in1ノートパソコン。手軽に取り外しができる着脱式キーボードを採用することで、ノートパソコン・タブレットと2通りの使い方が楽しめます。低価格ながらクアッドコアを採用したCPU「Intel Cherry Trail-T3 Z8350(4コア/~1.92GHz)」や、「LPDDR3 4GB」のメモリを搭載。ストレージは「eMMC 64GB」と、そこそこスペックが高いのも魅力です。

ディスプレイには「10.1インチIPSディスプレイ」を採用しているので、動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。200万画素のカメラ(フロント・リア)を使えば、高精細な写真を撮影したり、きれいな映像でビデオ通話を楽しんだりできます。

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook 11 G3

ヒューレット・パッカード(HP) Chromebook 11 G3

サッと取り出して気軽に使えるノートパソコンです。動作の軽い「Chrome OS」を採用しているので、電源を入れてからわずか数秒ほどで使い始めることが可能。CPUに「Intel Celeron N2830(2コア/~2.41GHz)」、メモリに「DDR3L 4GB」を搭載することで、動画やネットサーフィンがサクサク楽しめるのもポイントです。

機能面では、1回の充電で約8時間使える大容量バッテリー、高速データ通信が可能な「IEEE 802.11ac」、気軽にストレージを拡張できるSDカードスロットを搭載。本体重量は約1.28kgと軽量なので、外出先で使う機会が多い方にもおすすめです。

エイスース(ASUS) E402WAGA002T

エイスース(ASUS) E402WAGA002T

基本性能をしっかりと備えたノートパソコンです。CPUに「AMD E2-6110 APU(4コア/~1.5GHz)」、メモリに「DDR3 4GB」、ストレージに「eMMC 32GB」を搭載。本体はA4サイズとほとんど同じ大きさなので、自宅はもちろん行きつけのカフェや移動中など、シーンを選ばず使用できます。

コンパクトながらケーブル1本でテレビに繋がるHDMI出力ポートや、高速でデータのやり取りが可能なUSB3.1ポート、SDXC対応のSDカードスロットなど、インターフェイスが充実しているのも魅力。約1.6mmと広めのキーピッチを採用しており、文字入力を快適に行えます。

ALLDOCUBE iWork10 Pro 2-in-1タブレットPC i1002

ALLDOCUBE iWork10 Pro 2-in-1タブレットPC i1002

Windows 10とAndroid 5.1の「デュアルOS」を採用した多機能ノートパソコン。プライベートはアプリやゲームが充実しているAndroid、ビジネスではオフィスソフトが使えるWindowsのように、用途やシーンに応じてOSを自由に使い分けられます。

CPUに「Intel Atom X5-Z8350(4コア/~1.92GHz)」、メモリには「4GB RAM」を搭載していることで、アプリやゲームがノンストレスで楽しめるのがポイント。上下左右どこから見ても色鮮やかなIPSスクリーン、きれいな写真・動画撮影が可能な2.0MPカメラやHDMIポートなど、便利な機能が充実しているのも魅力です。

ジャンパー(Jumper) EZbook X3

ジャンパー(Jumper) EZbook X3

中国の人気メーカー「Jumper」が販売する高性能ノートパソコンです。3万円以下で購入できる低価格モデルにも関わらず、CPUには「Intel Celeron N3350(2コア/~2.4GHz)」、メモリには「6GB RAM」、ストレージには「64GB eMMC」を搭載。後からストレージの増設ができる「M.2 SSD」対応モデルなので、サブ機としてだけでなくメインのノートパソコンとしても十分快適に使えます。

グラフィック性能が大幅に向上した第9世代インテル「HD Graphics 500」を採用することで、動画やゲームが滑らかな映像で楽しめるのも大きなポイント。重さわずか1.35kgの軽量ボディや、1回の充電で長時間使える「4500mAhの大容量バッテリー」など、外出先での使用にもおすすめの1台です。

恵安(KEIAN) 14インチモバイルノートPC KIC14LTE

恵安(KEIAN) 14インチモバイルノートPC KIC14LTE

SIMフリーに対応した低価格ノートパソコン。本体背面にmicroSIMカードスロットを備えているため、LTE通信対応のSIMカードを挿入することで、無線LAN環境がない外出先でもネットワークに接続できます。

CPUには「Intel Cherry Trail-T3 Z8350(4コア/~1.92GHz)」、メモリには「LPDDR3 4GB」、ストレージには「eMMC 32GB」を搭載。ウェブサイトや動画を見たりする程度なら、ストレスなく快適に使えます。

機能面では、プライバシーをしっかりと保護できる覗き見防止内蔵カメラや、細かい描写もハッキリと映し出すFull HD IPS液晶パネルを採用。コンパクトながら入力しやすい約12cmの幅広タッチパッドを採用することで、快適にタイピングできるのも魅力です。

GLM 薄型ノートパソコン 14-Z8350-JP-2019

GLM 超軽量 薄型ノートパソコン 14-Z8350-JP-2019

機能性と携帯性のバランスに優れたノートパソコンです。重量約1.36kg、厚さ約2cmのコンパクトボディながら、最長約9.5時間使える5000mAhの大容量バッテリーや、きれいな映像でビデオ通話を楽しめる200万画素のWebカメラを搭載。

3万円以下の低価格ノートパソコンでは珍しい「Microsoft Office 2019」搭載モデルなので、これ1台あればプライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。クアッドコアCPU「INTEL Atom x5-Z8350(4コア/~1.92GHz)」や、大容量の「4GB RAM」、処理速度の速い「SSD 64GB」を搭載しているので、処理の重いソフトウェアでもサクサク快適に動きます。