ノートパソコンが欲しいけれど、それほどハイスペックなモノはいらない。そんな方におすすめなのが3万円以下で買えるエントリークラスのノートパソコンです。価格が安いときちんと使えるのか心配になりますが、Webサイトや動画を見たり、オフィスソフトを使ったりする程度なら十分使えます。

そこで今回は、3万円以下で買えるリーズナブルなノートパソコンをピックアップ。持ち運びに便利なコンパクトなモノから、ネットや動画がサクサク楽しめる高性能なモノまで、さまざまな製品をご紹介します。ぜひ最後までチェックしてみてください。

3万円以下のノートパソコンの選び方

OSで選ぶ

Windows

By: rakuten.co.jp

Windowsとは、マイクロソフトが開発しているOSです。最新版はWindows 10。安価な「Home」や多機能な「Pro」など、さまざまなエディションがありますが、通常のビジネス用途であればHomeで十分です。

Windowsのメリットは多くのアプリケーションに対応している点です。なかにはWindowsでしか動かないアプリケーションも存在します。ビジネスシーンでも広く使われているため、仕事や勉強での使用を考えている方におすすめです。

Chrome OS

By: lenovo.com

Chrome OSとは、Googleが開発しているOSです。Android OSと同じ開発元であるため、ノートパソコンでありながらAndroidアプリを使えます。電源を入れてからの立ち上がりが早いのも特徴。スムーズに作業できることからビジネスパーソンから注目が高まっています。

データはGoogle ドライブに保存するので、ストレージが少なくても大容量のデータを扱うことが可能。Microsoft Officeと互換性のある文書作成アプリ「Google ドキュメント」、表計算アプリ「Google スプレッドシート」が使えるのも魅力です。ただし、Windows用のソフトウェアをインストールできない可能性があるので、その点は注意しておきましょう。

CPUはスペックを抑えたモデルが多い

By: acerjapan.com

CPU(Central Processing Unit)は人間でいうと「頭脳」の役目を果たす部品です。ノートパソコン全体の性能を左右するといっても過言ではない重要なパーツ。高性能なCPUを搭載した製品ほど、負荷のかかる処理を高速でこなすことが可能です。

3万円以下の安いモデルのCPUには、例えばインテルの「Celeron」など、スペックを抑えた廉価版のプロセッサが使われています。一般的なノートパソコンによく使用されている同社「Core iシリーズ」よりも機能面は劣りますが、その分価格帯に還元されているので、その点は考慮しておきましょう。

メモリ(RAM)は4GBあると安心

By: acerjapan.com

メモリはCPUが仕事をする際に、作業台としての働きをするパーツです。メモリの容量が大きいほど作業スペースに余裕ができるため、仕事がしやすく処理スピードは速くなります。CPUと並んでノートパソコンの処理能力に大きく影響するパーツなので覚えておきましょう。

3万円以下のノートパソコンの場合、大容量のメモリは搭載されておらず、最低でも4GBを目安にして機種を選ぶのがおすすめ。ネットサーフィンや動画の視聴など一般的な用途であれば十分使えるので、確認しておきましょう。

ストレージはeMMCが主流

By: asus.com

ストレージはOSをはじめアプリやデータ類を保存しておくためのパーツです。ストレージの種類は大きく分けるとSSD・HDD・eMMCの3タイプ。最近のノートパソコンで人気なのは、アクセス速度が早く軽快に使えるSSDです。また、コストと容量のバランスがよいハイブリッド(SSD+HDD)タイプの製品などもあります。

一方、3万円以下の製品に多く採用されているのがeMMCタイプ。アクセススピードがHDDより高速で、しかもコストが安いといったメリットを有しています。32〜64GBと小容量タイプが多いものの、消費電力が小さくバッテリー容量の小さなノートパソコンでも長時間駆動することが可能です。

サイズと重量をチェック

By: asus.com

携帯性を重視する方は、ノートパソコンのサイズや重量にも注目する必要があります。頻繁に持ち出すのであれば1.3kg以下の軽量なモデルがおすすめ。カフェ・図書館・キャンパスなど気軽に持ち運んで使えます。また、3万円以下のモデルでも1kgを切るより軽量な製品もあるのでチェックしておきましょう。

逆に、ほとんど自宅据え置きで使うといった方は、サイズや重量をそれほど気にする必要はありません。大きなディスプレイを搭載した視認性に優れたモデルなど、使い勝手のよさを重視して選んでみてください。

搭載インターフェースをチェック

By: asus.com

自分が利用したい周辺機器が繋げられるかも大切なポイントです。3万円以下の安いノートパソコンに搭載されているストレージは、32〜64GBくらいの小容量タイプがほとんど。多くのアプリやデータを保存したいなら、外付けHDDなどが使えるUSB Type-AやType-Cポートは必須です。

また、外部モニターを利用したい方であれば、HDMIや映像出力に対応したUSB Type-Cポートが必要になります。使い勝手をよく考慮したうえで、搭載しているインターフェースを選ぶようにしましょう。

3万円以下のノートパソコンおすすめモデル

エイスース(ASUS) ノートパソコン E203MA

インテルのCeleron N4000プロセッサを搭載した3万円以下のノートパソコンです。11.6インチの小型液晶ディスプレイを備えたコンパクトなボディが特徴。重さもわずか1kgと非常に軽量なため、携帯性も良好です。

4GBのメモリを実装しており、外出先でもネットサーフィンや動画視聴が楽しめます。さらに、ロングライフバッテリーを搭載しているのも本モデルの特徴。最長で15.1時間駆動するので、電池残量を気にせず1日中使用できます。

ストレージには64GBのeMMCを採用していますが、容量が不足するようであれば外付けHDDなどを利用しましょう。USB Type-AとType-Cポートを備えているため、多様な外部ストレージが接続できるのもポイント。そのほか、HDMIやmicroSDカードスロットを搭載するなど、豊富なインターフェースも魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP Stream 11-ak0000

ストレージに64GBのeMMCを採用するモデルです。消費電力が少なくバッテリーの持ちがよいため、最大で13時間30分の駆動が可能。厚さ16.5mm、重さ約1kgと薄型かつ軽量なので、カバンやリュックの中でも邪魔にならず気軽に持ち運んで使えます。

インテルのCeleronプロセッサと4GBのメモリを組み合わせているため、一般的な用途であれば動作に不満を感じることはあまりありません。

また、ファンレス設計を採用しているのも本モデルの特徴。図書館やカフェなど静かな場所でも周囲に気兼ねなく使用できます。

11.6インチのディスプレイにはノングレア処理が施されており、光の反射を気にせずに見られるので便利。USB Type-A・Type-C・HDMI・microSDカードスロットとインターフェースも充実しています。さまざまな周辺機器が利用できる使い勝手のよいノートパソコンです。

Winnovo 14インチ ノートパソコン

リモートワークやリモート授業で活躍する製品。14.1インチディスプレイ上部に、カバー付きのWebカメラが搭載されているのが特徴です。ビデオ通話を利用しないときには物理的にカバーできるため、プライバシーをしっかりと保護できます。

さらに「Microsoft Office 365」がプリインストールされているのも本モデルの特徴。自宅でワードやエクセルの資料を確認したり修正したりできるので便利です。会社員の方はもちろん、レポートを作成したい大学生の方にもおすすめ。ただし、Officeの無料試用期間は1ヶ月となっているため、購入を検討している方はあらかじめ確認しておきましょう。

ほかにも、「ナンバーキーパッド」を搭載しているのもポイント。テンキーとしても利用できる便利なタッチパッドとなっており、数字入力をする機会が多い方にも適しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Jumper 13.3インチ ノートパソコン

CPUにCeleron N3350プロセッサを搭載する、3万円以下のノートパソコン。6GBのメモリを実装しているため、一般的な用途であれば十分使用できます。また、ストレージは容量64GBのeMMCを採用。microSDカードスロットを搭載しています。最大128GBまでのSDカードをサポートしているため、ストレージの容量が不足した際に重宝します。

さらに、持ち運びやすいのも本モデルの特徴です。重さが約1.23kgと軽量かつ薄型なので、携帯性も良好。スリムでスタイリッシュなボディには、13.3インチのディスプレイを搭載しています。フルHD(1920×1080ピクセル)表示に対応しているなど、視認性も良好です。

3万円以下のChromebookおすすめモデル

エイスース(ASUS) Chromebook C223NA

携帯性に優れたChromebookが欲しい方におすすめのモデルです。本体重量が約999gと非常に軽量なのが特徴。大学のキャンパス・カフェ・図書館など、好きな場所に持ち運んで使用したい方にぴったりです。

ストレージ容量は32GBですが、通常のデータはGoogleドライブに保存されるため、不便を感じることはまずありません。92万画素のWebカメラに加え、ステレオスピーカーやデジタルマイクを内蔵。友人とのビデオチャットを始め、リモート授業でも活躍します。

USB Type-A・Type-C・microSDカードスロットなどインターフェースも充実。多様な周辺機器を利用できるのもうれしいポイントです。価格が安く購入しやすいので、大学生用のChromebookを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Chromebook S330

台湾の半導体メーカー「MediaTek」のCPUを搭載する、低価格のChromebook。4GBのメモリを実装しているため、動画の視聴やウェブサイトの閲覧にぴったりのモデルです。14インチの大きなディスプレイを搭載しているので、視認性も良好。Androidスマホで使い慣れているアプリを、大画面で利用したい方にもおすすめです。

ただし、重量は約1.5kgあるので、頻繁に携帯する用途には不向き。一方で、キッチン・リビング・寝室など自宅の好きな場所で使いたい方に適しています。最大約10時間駆動するロングライフバッテリーを搭載しているため、ACアダプターを持ち歩かなくても1日中使用できます。

エイサー (Acer) Chromebook 314 CB314-1H-A14N

インテルのCeleron N4020プロセッサと4GBのメモリを搭載したモデルです。動画の視聴やネットサーフィンをはじめ、ゲームにもおすすめのChromebook。ステレオスピーカーを内蔵しているため、大迫力のサウンドと14インチの大きなディスプレイでプレイを楽しめます。なお、ストレージには32GBのeMMCを採用しています。

USB Type-CとType-Aポートを各2基ずつ搭載。HDMIポートは未採用ながらType-Cポートが映像出力にも対応しているので、外部モニターが接続できます。さらに大きな画面を使用したい方にもしっかりと対応できる、おすすめのChromebookです。