PC自作派から人気のCPU「Ryzen」シリーズ。新世代のモバイル・プロセッサが登場し、市販のノートパソコンにも積極的に採用されています。しかし、IntelのCPU「Core」 シリーズとの違いが気になるところ。

今回は、Ryzenモバイル・プロセッサ搭載のおすすめノートパソコンをご紹介し、選び方についても解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

そもそもRyzenとは?

By: amd.com

「Ryzen」とは、CPUを製造するAMD社のブランド名です。世界的に知名度があるIntel社の「Core i」シリーズが、CPUの市場を独占していたなかで、2017年に初代Ryzenを発表しました。

Core iシリーズと同様に、Ryzen 3・Ryzen 5・Ryzen 7・Ryzen 9が展開されており、数値が大きくなるほど性能も向上するのが特徴です。現在では、第4世代Ryzenシリーズが多くのパソコンで採用されています。

Ryzen搭載ノートパソコンの魅力

By: amd.com

Ryzenシリーズの魅力は、複数のアプリケーションを同時に動作させる「マルチタスク処理」に長けている点です。一般的に、CPUはコア数が増えるほど、処理スピードが向上します。最上級モデルの「Ryzen 9 9900K」には12個のコアが入っており、同時進行で複数のタスク処理が可能です。

また、高性能ながら低価格を実現しているのもポイント。自社工場を持たない経営方法により製造コストを抑え、高い性能のCPUを比較的リーズナブルに提供しています。

Ryzenシリーズの種類と性能

価格を抑えたエントリーモデル「Ryzen 3」

By: amd.com

「Ryzen 3」は、Ryzenシリーズのエントリーモデル。WebブラウジングやSNS、Officeアプリなどの利用を想定した低価格帯のノートパソコンに多く採用されているのが特徴です。IntelのCPUの「Core i3」シリーズが同程度の性能を持っています。

ノートパソコン向けRyzenシリーズは、モデルナンバーが3000番台の第2世代から、4000番台の第3世代に進化しました。Zen2アーキテクチャで製造された第3世代のRyzen 3は、4コア4スレッドにアップグレード。「AMD Ryzen 3 4300U」は、基本クロックが2.7GHz、最大ブーストクロックが3.7GHzです。

また、グラフィックスモデル「AMD Radeon Graphics」を内蔵しているので、専用のGPUを搭載する必要がありません。Ryzen 3は、文系の大学生やライターなど、マルチタスク性能をあまり必要としない方におすすめのCPUです。

価格と性能のバランスが取れた「Ryzen 5」

By: amd.com

「Ryzen 5」は、Ryzenシリーズのメインストリームモデルです。ビジネスシーンからゲーム用まで、幅広い用途で使えるノートパソコンを中心に採用。IntelのCPUの「Core i5」シリーズが同程度の性能を有しています。

7nmプロセスのZen2アーキテクチャがベースとなる、第3世代のRyzen 5モバイル・プロセッサは、6コア12スレッドに進化。マルチタスクやマルチスレッド処理に威力を発揮します。

ノートパソコン向けの「AMD Ryzen 5 4600U」は、基本クロックが2.1GHz、最大ブーストクロックが4.0GHz。上位グレードの「AMD Ryzen 5 4600H」は、TDPが45Wと高い分、基本クロックが3.0GHzに引き上げられています。

Ryzen 5は、Officeアプリなどのマルチタスクが多いビジネスパーソンや、軽めのゲームを楽しみたい方におすすめのモバイルCPUです。

ハイスペックな「Ryzen 7」

By: amd.com

「Ryzen 7」は、Ryzenシリーズのハイスペックモデルです。クリエイターやヘビーゲーマー向けの、ハイエンドノートパソコンを中心に採用。IntelのCPUの「Core i7」シリーズが同程度の性能を有しています。

第1、第2世代では4コア8スレッドだったRyzen 7は、第3世代で8コア16スレッドにアップグレード。レンダリングやエンコードといったCPU負荷の高い処理で威力を発揮します。

ノートパソコン向けの「AMD Ryzen 7 4800U」は、基本クロックが1.8GHz、最大ブーストクロックが4.2GHz。上位グレードの「AMD Ryzen 7 4800H」では、基本クロックが2.9GHzに引き上げられています。

Ryzen 7モバイル・プロセッサを内蔵したノートパソコンは、画像編集や動画編集などを頻繁に行うクリエイターや、最新の3Dゲームを快適に楽しみたい方におすすめです。

AMDの最上級モデル「Ryzen 9」

By: amd.com

「Ryzen 9」は、Ryzenシリーズの最上級モデル。トップクリエイターやプロゲーマー向けの高級ノートパソコンで採用されています。IntelのCPUの「Core i9」シリーズが同程度の性能です。

Ryzen 9は、7nmプロセスを採用する第3世代で、8コア16スレッドに進化。動画編集や3Dゲームなど、CPU負荷の高い処理で圧倒的な速さを発揮します。ノートパソコン向けの「AMD Ryzen 9 4900HS」は、基本クロックが3.0GHz、最大ブーストクロックが4.3GHzです。

Ryzenシリーズは、ほとんど全ての型番でオーバークロックできるのがポイント。Ryzen 9モバイル・プロセッサを内蔵したノートパソコンは、パワフルな編集が求められるクリエイターや、プロゲーマーにもおすすめです。

Ryzen搭載ノートパソコンの選び方

CPU以外の各種スペックをチェック

メモリは用途に合わせて

By: amazon.co.jp

CPUのグレード選択と同じくらい重要なのが、搭載メモリ容量の選択です。Windows10の64bit版では、2GBがインストールのシステム要件。しかし、快適に動作するには最低4GBが必要です。さらに、使用するアプリとマルチタスクの多さによっては、4GBでは物足りなく感じる場合もあります。

Officeアプリをマルチタスクで使ったり、タブを数多く開いてWebブラウジングしたりする方は8GB以上のメモリがおすすめです。また、Photoshopなど画像編集ソフトを使う場合も最低8GBが必要。さらに、動画編集や3Dゲームをする方は、16GB以上のメモリ容量があると快適です。

ノートパソコンの場合、メモリスロットの数が限られており増設が難しいので、購入時にゆとりを持ったメモリ容量を選ぶことが重要。また、メモリがマザーボードに直付けされた、交換・増設ができない機種もあるため注意が必要です。

ストレージ容量は256GB以上がおすすめ

By: lg.com

ノートパソコンのストレージは、従来のHDD(ハードディスクドライブ)から、SSD(ソリッドステートドライブ)への移行が進んでいます。SSDはアクセス速度が非常に速いことが最大のメリット。また、省スペースかつ衝撃にも強いので、モバイルノートパソコンに向いています。

一方、SSDはHDDより高価なため、SSDの容量によってパソコン本体価格が変わるのもポイントです。容量の少ない128GB、スタンダードな256GB、多めの512GBが主な選択肢。なお、Windows 10・ 64bit版のシステム要件は20GBです。

Webブラウジングなどが中心でローカルストレージにあまりデータを保存しない方や、クラウドをメインストレージとして運用している方は128GBでも十分。

一方で、デジカメで撮影した画像などをローカルストレージに保存したい方には、256GB以上のモデルがおすすめです。動画を多く保存する方は、512GB以上のモデルを選んでみてください。

ゲーミングや動画編集ならGPU性能もチェックしよう

GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)は、画像処理に特化した演算装置。Ryzenモバイル・プロセッサシリーズは、「AMD Radeon Graphics」または「Radeon Vega Graphics」というグラフィックスモデルがCPUに内蔵されているので、別途GPUがなくても動画の視聴などが可能です。

しかし、Ryzen搭載ノートパソコンで動画編集や3Dゲームを楽しみたい場合は、専用GPUを搭載したモデルが快適。GPUは、AMDの「Radeon RX」シリーズか、NVIDIAの「 GeForce GTX/RTX」シリーズが主流です。

GPUは、グラフィックス性能によって価格が大きく異なります。用途に適したGPUを搭載したノートパソコンを選ぶのがおすすめ。モバイルマシンでゲームや動画編集をパワフルに楽しみたい方は、GPU搭載のノートパソコンが適しています。

ディスプレイサイズをチェック

By: msi.com

ディスプレイサイズも、Ryzenモバイル・プロセッサ搭載のノートパソコンを選ぶ上で重要な要素です。画面が大きいモデルのほうが操作性は高くなりますが、携帯性は劣ります。作業用途とモバイルの頻度から、適切なバランスを決めるのがポイントです。

12インチ以下のモデルは、移動しながらデータを編集したいビジネスパーソンなど、持ち運びのしやすさを重視したい方におすすめ。ただし、筐体サイズがコンパクトな分、キーボードが小さめなので要注意です。

13~14インチクラスは、携帯性と操作性のバランスに優れています。毎日の持ち運びも苦にならないため、大学生やノマドワーカーの方などにもおすすめです。

なお、15インチを超えるモデルは筐体サイズが大きく、毎日持ち運びしにくいのが懸念点。自宅やオフィスでの据え置き使用がメインの方におすすめです。

持ち運ぶ機会が多いなら軽量モデルを

By: amazon.co.jp

Ryzenモバイル・プロセッサ搭載のノートパソコンをモバイルとして使う機会が多い方は、本体重量にも注目です。同じディスプレイサイズでも、モデルによって重量が異なります。最近では13~14インチクラスでも1kgを切る軽量ノートパソコンが増えているので、携帯性を重視したい方はチェックしてみてください。

15~18インチクラスで、GPUを搭載したハイスペックモデルだと2kgを超えるモノもあり、持ち運びにくいのがデメリット。自宅やオフィス内でのモバイル用と割り切るのがおすすめです。

Ryzen搭載ノートパソコンのおすすめメーカー

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

ヒューレット・パッカードは、アメリカのカリフォルニア州にあるコンピューターと電子計測機器を手掛ける企業です。コンシューマー向けのデスクトップパソコンやノートパソコンを、ネット直販を中心に展開。プレミアムノートパソコンや、軽量モバイルノート「ENVY」シリーズが人気です。

ヒューレット・パッカードでは、ENVYシリーズやエントリー向けシリーズでRyzenモバイル・プロセッサを採用。Ryzen 3を搭載した安いモデルや、Ryzen 5を搭載した汎用性の高いノートパソコンなど、幅広い機種をラインナップしています。

デル(Dell)

By: dell.com

デルは、アメリカ合衆国のテキサス州に本社を置くパソコンメーカー。個人向けから法人向けまで幅広いラインナップで、世界中のパソコン需要に対応しています。オンラインで注文を受けてから生産する、受注生産モデルでコストを低減し、ハイスペックモデルでも安く購入できるのがポイントです。

デルのノートパソコンは、IntelのCPUを搭載するモデルがほとんどですが、一部のモデルではRyzenモバイル・プロセッサを採用。AMDのGPUを搭載した高性能モデルもラインナップしているので、ハイスペックモデルをなるべく安く購入したい方には、デルのノートパソコンがおすすめです。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

レノボは香港に本店を構え、アメリカ合衆国・北京・日本にオペレーションセンターを置く世界的パソコンメーカーです。プレミアムノートシリーズや、ゲーミングブランド「Legion」シリーズを展開しています。

また、レノボでは、「IdeaPad」シリーズを中心にRyzenモバイル・プロセッサを搭載。Zen2アーキテクチャによる第3世代の4000番台CPUでも、導入が始まっています。スタイリッシュで携帯性の高いモデルを探している方におすすめのメーカーです。

Ryzen 3搭載のノートパソコンおすすめモデル

ヒューレット・パッカード(HP) 15.6インチ ノートパソコン HP 15s-eq 468W2PA-AAAB

フルHD表示が可能な、15.6インチ液晶を搭載したノートパソコン。ネットサーフィンや動画の視聴などホームユースにおすすめのモデルです。

視野角の広いIPSパネルを採用しているため、どの角度からでも鮮明な画像を楽しめます。また、最大11時間駆動するバッテリーを内蔵しているので、ACアダプターを持ち運ぶ面倒が少なく、好きな場所で1日中使用できるのも嬉しいポイントです。

エントリーモデルながら、8GBのメモリを実装するなど基本性能は充実。メールの送受信や書類の作成などの用途であれば、ビジネスシーンでも活躍します。指紋認証システムを搭載しているため、セキュリティーを確保しつつロック解除を容易に行うことが可能です。

レノボ(Lenovo) 15.6インチ ノートパソコン IdeaPad Slim 550 82LN00KQJP

天板素材にアルミを採用したスリムでスタイリッシュなモデルです。15.6インチのIPS液晶を搭載しており視認性は良好。普段使いはもちろん、学生の方にもおすすめのノートパソコンです。Webカメラを内蔵しており、リモートにもしっかりと対応できます。

プライバシーシャッターを備えているのが特徴。不正アクセスによる覗き見が防げるため、自宅の部屋で安心して使用可能。ただし、重量は約1.66kgと重めなので、主に自宅・オフィスなど決められた場所でノートパソコンを使用する方に向いています。

Dolby Audio対応のサウンドシステムを採用しており、動画や音楽などのコンテンツが高音質で楽しめるのも魅力です。

デル(Dell) 15.6インチ ノートパソコン New Inspiron 15 3525

4コア8スレッドのプロセッサを搭載したノートパソコン。8GBメモリとの組み合わせにより、多くのアプリが軽快に動作します。

ストレージに256GBのSSDを採用しているため、一般的な使い方であれば十分。さらに、OSの起動やアプリの立ち上げが高速なので、毎日快適に利用できます。

HDMI・USB Type-A・Type-Cを搭載するなどインターフェースも充実。さまざまな周辺機器が接続できます。SDカードリーダーも備えており、デジカメやスマホで撮影したデータが直接読み込めて便利です。

エイスース(ASUS) 14インチ ノートパソコン VivoBook 14 M413DA-EB502RA

気軽に購入できる、安価なノートパソコンを探している方におすすめのモデル。4GBのメモリを実装しており、動画の視聴やウェブサイトの閲覧といった普段使いにピッタリです。

フルHD解像度の14インチ液晶を搭載しているため、きれいな映像を見ることが可能。ノングレア加工が施されているので、光の反射が抑えられ画面に集中できます。

92万画素のWebカメラを内蔵。友人とのビデオチャットはもちろん、学生の方であればリモート授業にも利用できるので便利です。

バイオ(VAIO) 15.6インチ ノートパソコン FL15 VJFL5180211B

2.7GHzで駆動する、4コア4スレッドプロセッサを搭載したモデルです。学生の方におすすめのノートパソコン。Office Home and Business 2021を備えているため、レポートの作成や実験データの分析などで活躍します。テンキー付きのキーボードを採用しており、数字のデータ入力がしやすいのもポイントです。

15.6インチサイズの液晶を搭載しており、重さは約1.85kg。主に自宅やオフィスでの使用向きですが、キャンパスやカフェへ持ち運んで使うことも可能です。256GBのSSDを内蔵しているので、データ容量も問題なく使用できます。

Ryzen 5搭載のノートパソコンおすすめモデル

ヒューレット・パッカード(HP) 15.6インチ ノートパソコン HP Pavilion 15-eh 4D8K0PA-AAAC

コスパを重視する方におすすめのモデルです。6コア12スレッドの第4世代プロセッサと、8GBのメモリを搭載するなど基本スペックは充実しているのが特徴。手頃な価格ながら、サクサク動作します。オフィスはもちろん在宅ワークにもピッタリのモデルです。

タッチパネルを採用しているのが特徴。さまざまな操作が指先で行えるため、パソコンに不慣れな方でも安心です。機能性に優れたノートパソコンを探している方はチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) 16.1インチ ゲーミングノートパソコン Victus by HP 16-e0000 4Q970PA-AAAB

ゲーム初心者の方におすすめの、手頃な価格のゲーミングノートパソコン。見やすい16.1インチの大型液晶を搭載しているのが特徴です。

144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、動きの速い映像を滑らかに表示できます。また、NVIDIAの高性能グラフィック「GeForce RTX 3050」を内蔵しているので、実写のような3Dグラフィックもスムーズに描画することが可能です。

Zen 3アーキテクチャのプロセッサを搭載。16GBの大容量メモリを実装しているため、負荷のかかる作業にもしっかりと対応できます。クリエイティブな用途にもおすすめのモデルです。

デル(Dell) 14インチ 2-in-1ノートパソコン Inspiron 14 7415 NI564CA-BWL

360°回転するヒンジを備えた2in1モデルです。4つのモードに切り替えられるのが特徴。文書作成時はノートパソコンモード、動画を視聴する際はテントモードなどシーンに応じて使いやすいモードが選べます。フルHD表示が可能な、14インチ液晶を搭載しており視認性は良好です。

オプションのアクティブペンを利用すれば、スケッチや手書き入力にも対応可能。プライベートからビジネスまで、幅広い用途で活躍するノートパソコンを求める方におすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) 13.3インチ ノートパソコン Yoga 650

アビスブルーのファブリックカバーを採用した、おしゃれなデザインのノートパソコンです。学生の方におすすめのモデル。デザイン性が高く、カフェや図書館など好きな場所で気軽に使えます。最大4.0GHzで駆動するプロセッサと8GBメモリを実装しており、多くのアプリを快適に利用することが可能です。

マルチタッチパネルを採用しているのが特徴。デジタルタッチペンが付属しているので、思いついたアイデアや講義メモなどを素早く書き込めます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 13.3インチ ノートパソコン Ultra PC 13U70Q-GR54J

携帯性を重視するビジネスユーザーにおすすめのモデルです。重さが約980gと軽量なのが特徴。厚さも15.3mmと薄型設計のため、カバンの中でかさばりにくく容易に持ち運べます。

最大15.5時間駆動するロングバッテリーを内蔵しており、電池残量を心配せずに外出できるのもポイントです。

512GBの大容量SSDを実装しているので、容量も充実しています。また、6コア12スレッドのプロセッサを採用しているため、多くのビジネスアプリがスムーズに動作可能です。ほかにも、USB Type-Cをはじめ、Type-AやHDMI端子を搭載。さまざまな周辺機器を接続できます。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL5R-R36

6コアのCPUとNVIDIAのGPU「GeForce RTX 3060」を搭載した、ゲーミングノートパソコンです。ゲーム初心者はもちろん、ミドルクラスのゲーマーにもおすすめのモデル。最大144Hzのリフレッシュレートに対応しているため、FPSなど動きの激しいゲームも快適にプレイできます。

512GBの大容量SSDを内蔵しているので、ダウンロードした多くのアプリを保存することが可能です。Wi-Fi 6規格に対応しているのが特徴。高速な通信ができるため、有線だけでなく無線接続の際にも安定してオンラインゲームが楽しめます。

Ryzen 7搭載のノートパソコンおすすめモデル

ヒューレット・パッカード(HP) 13.3インチ ノートパソコン HP ENVY x360 13-ay1000

第4世代のプロセッサと16GBの大容量メモリを実装した、高性能なモデルです。クリエイティブな用途におすすめのノートパソコン。動画編集やグラフィック制作など、負荷のかかる作業を高速でこなします。1TBのSSDを内蔵しているため、大容量ファイルの保存にも対応可能です。

高機能ながら、重さは約1.25kgと軽量。厚さ16.5mmの薄型設計なので、リュックの中で邪魔になりにくく容易に持ち運べます。また、sRGBカバー率が100%ある液晶を採用しており、色再現性に優れているのも魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) 13.3インチ ノートパソコン HP Pavilion Aero 13-be 483X1PA-AAAC

携帯性を重視する方におすすめのノートパソコンです。957gと非常に軽量なのが特徴。外回りや出張をはじめ、毎日の通勤でも負担が少なく持ち運べます。また、16GBの大容量メモリを実装しており、マルチタスク処理を軽快にこなせるのもポイントです。

本製品は、リフトアップヒンジを採用。ディスプレイを開けるとキーボードに適度な傾斜がつくため、快適にタイピングがおこなえます。

デル(Dell) 15.6インチ ゲーミングノートパソコン G15 Ryzen Edition 5515 NG8F5A-BWLPG

NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 3050Ti」を搭載した、ゲーミングノートパソコンです。最大120Hzのリフレッシュレートに対応しているため、高速で動く映像を滑らかに表示できます。FPSゲームを楽しみたい方におすすめのモデル。512GBのSSDを内蔵しているので、ダウンロードした多くのタイトルが保存できます。

また、「Game Shiftテクノロジー」を採用しており、白熱した場面でプロセッサのパフォーマンスを高められるのもポイントです。クリエイティブな用途でも活躍するので、気になる方はチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) 14インチ ノートパソコン IdeaPad Flex 550

クリエイターにおすすめの2in1ノートパソコンです。8コア16スレッドのプロセッサと16GBメモリを備えており、処理性能は良好。グラフィック制作や動画編集といった負荷のかかる処理が高速で実行できます。

テントモードやスタンドモードに切り替えれば、訪問先でのプレゼンをスマートにおこなうことが可能です。約18.5時間動作するバッテリーを内蔵しているので、日中外出するシーンでも電池残量の心配が少なく済むのもメリット。デジタルペンが付属しており、手書きのイラストを描く際に重宝します。

エイスース(ASUS) 17.3インチ ゲーミングノートPC TUF Gaming A17 FA707RC-R76R3050

「Zen 3+」アーキテクチャのCPUを採用したゲーミングノートパソコンです。Zen 3タイプのプロセッサに比べ、処理性能がさらに向上しているのが特徴。ヘビーゲーマーにおすすめのモデルです。16GBの大容量メモリも実装しており、FPSやTPSゲームなどを快適にプレイできます。

視認性に優れた17.3インチの大型液晶を搭載。好みのゲームを迫力ある大画面で楽しむことが可能です。144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、激しく動く映像を滑らかに表示できます。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7R-R36

Zen 2アーキテクチャのプロセッサを採用したゲーミングノートパソコン。エントリーユーザーにおすすめのモデルです。手頃な価格の製品ながら、NVIDIAの「GeForce RTX 3060」を搭載しているため、高いグラフィック性能を有しています。

また、512GBのSSDを内蔵しており、多くのタイトルが保存できるのも嬉しいポイントです。重さは約2.0kgとゲーミングモデルにしては比較的軽量な部類。友人宅へ持ち運び、一緒にゲームをプレイするのも容易です。

Ryzen 9搭載のノートパソコンおすすめモデル

デル(Dell) 15.6インチ ゲーミングノートパソコン ALIENWARE M15 RYZEN EDITION R5

競技志向の強いゲーマーにおすすめのモデルです。8コア16スレッドのプロセッサと16GBメモリを実装しており、高い処理性能を有しています。最大165Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、激しく動き回る敵にしっかりと照準を合わせることが可能です。

1TBの大容量SSDを内蔵。過去にダウンロードしたお気に入りのゲームを消去することなく、多くの最新タイトルが保存できます。また、「Cryo-Tech冷却テクノロジー」を搭載しているので、発熱によるパフォーマンス低下の心配が少なく済むのも魅力です。

エイスース(ASUS) 16インチ ノートパソコン Vivobook Pro 16X OLED M7600QC-L2045W

画質を重視する方向けのノートパソコンです。4K表示が可能な、16インチの大型有機ELを搭載しているのが特徴。メリハリのある画像を表示できるのはもちろん、DCI-P3カバー率が100%あるなど高い色再現性も備えています。

表面処理にグレアタイプを採用しており発色がよい反面、室内の照明が映り込みやすい点には留意しておきましょう。Zen 3アーキテクチャ対応プロセッサと16GBメモリを搭載。また、画像の編集や加工など、負荷のかかる処理を快適にこなせるため、クリエイターの方におすすめのモデルです。

エムエスアイ(MSI) 15.6インチ ゲーミングノートパソコン Delta-15-A5EFK-030JP

薄型で軽量なゲーミングノートパソコンです。厚さ19mmのスタイリッシュな筐体に高性能プロセッサを内蔵。AMDの「Radeon RX 6700M」グラフィックを搭載するなど、eスポーツ参戦を目指す方におすすめのモデルです。

1.9kgとゲーミングモデルとしては軽量に仕上げられているため、持ち運びが楽に行えます。15.6インチのフルHD液晶を搭載。最大240Hzの高リフレッシュレートに対応しているので、高速で移動する対象をはっきりと視認できます。