小学校のプログラミング教育必修化に伴い、子供用のノートパソコンを購入する家庭が増えています。しかし、気軽に購入するには値が張るモノなので、スペックがどのくらい必要なのかに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子供用におすすめのノートパソコンをご紹介。予算相場やおさえておきたいポイントも合わせて解説します。購入を検討している方は参考にしてみてください。

小学校でのプログラミング教育必修化について

2020年度から、全ての小学校でプログラミング教育が必修化されます。「プログラミング」というと専門性の高い分野のように感じる方も多いかと思いますが、最近では多くの国や地域で学校教育カリキュラムの一環として取り入れられている、ごく一般的な学習分野です。

小学校のプログラミング教育は「論理的な思考力」を習得するのが目的。プログラミング言語のように専門的な知識ばかりではなく、どのように記号を組み合わせればよいかを考える、パズルのような学習内容もあります。

家電や自動車など私たちの身近にある多くのモノは、プログラミングによる指示で動いています。プログラミング教育は、子供たちが多くのモノの仕組みを知り、自分の選択肢を増やすための教育です。プログラミング教育の必修化は、IT化の進む社会で生き抜く力を身に着けるために重要な役割を果たします。

子供用ノートパソコンの予算相場

子供用ノートパソコンの予算相場は5~10万円程度。安定したスペックで問題なく動作し、自宅でプログラミング教育の予復習をする場合でも快適に使えるモデルが多い価格帯です。

5万円未満の安いモデルでも最低限のスペックを備えた製品はありますが、型落ち品だったり、動作が遅くてストレスを感じやすかったりする恐れがあります。

また、子供の興味によっては10万円以上のモデルもおすすめ。ハイスペックで処理能力が高い製品が多いので、動画編集やイラスト制作をしたい場合には10万円以上のモデルも検討してみてください。

子供用ノートパソコンの選び方

用途に合わせてスペックをチェック

ノートパソコンのスペックでチェックしておきたいのは、「CPU」「メモリ」「ストレージ」の3点です。小学生向けのノートパソコンにおすすめなのは、CPUはIntel Core i3以上、メモリは4GB以上、ストレージは128GB以上のSSDを搭載したモデルです。

ただし、これはあくまでもプログラミング教育の予復習などに使える最低限のスペック。画像や動画の編集、イラスト制作などにも興味がある子供に買うのであればより高スペックの製品を購入したほうが安心です。

また、いろいろなアプリやソフトをインストールする場合にはCPUはCore i5以上、メモリは8GB以上、ストレージは256GB以上のSSDを搭載したモデルを選ぶと快適に動作します。

キーボードは子供でも打ちやすい小さめがおすすめ

By: lenovo.com

子供用のノートパソコンを選ぶ際には、小さめのキーボードを搭載したモデルがおすすめです。子供の手は大人よりも小さいため、フルサイズのキーボードでは運指が難しく、タイピングに苦手意識を持ってしまう恐れがあります。

また、キーの間隔(キーピッチ)も同時にチェックしておきましょう。キーピッチが狭いキーボードは誤打しやすくなるので、十分に間隔が開いた製品がおすすめです。

液晶はノングレア(非光沢)を選ぼう

By: acerjapan.com

液晶にはグレア(光沢)タイプとノングレア(非光沢)タイプがありますが、子供用のノートパソコンにはノングレアタイプのモノを選びましょう。グレアタイプは画像がキレイに見えるというメリットがありますが、画面に部屋の明かりなどが映り込んで目に負担がかかる可能性があります。

ノングレアタイプの液晶は光の反射が少なく、長時間画面を見ていても目が疲れにくいのが特徴。また、特殊な表面加工が施されているため、画面が傷付きにくいのもメリットです。

軽量モデルなら持ち運びが簡単

By: hp.com

子供用のノートパソコンを選ぶ際には重さも大事なポイント。自宅内での持ち運びや、習い事へ持っていくことも想定して、子供でも持ち運びしやすい1.5kg以下の軽量モデルを選ぶと便利です。

また、いくら軽量だからといっても画面サイズが極端に小さいモデルを選ぶのは避けましょう。画面サイズが小さいと窮屈に感じたり、画面表示が小さくなったりする可能性があります。11~14インチ程度の製品ならば窮屈感もなく、余裕を持った画面表示ができるのでおすすめです。

メーカーサポートが充実していれば万が一も安心

パソコンに詳しい方が身内にいない場合は、サポートが充実したメーカーのノートパソコンを選ぶのがおすすめ。セットアップがうまくできない場合から、何かトラブルが起こった場合まで、しっかりとサポートをしてくれるメーカーの製品を選んでおくと安心です。

サポート方法に関しても、電話やチャット、メールなどさまざまな方法があります。どの問い合わせ方が家族のライフスタイルに合っているかも考えて購入しましょう。ただし、サポートには有償と無償の2パターンがあるので、どの程度のサポートが必要なのかも確認が必要です。

子供用ノートパソコンのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: rakuten.co.jp

エイスースは台湾に本社を置く総合エレクトロニクスメーカーです。初心者でも使いやすいエントリーモデルから、ゲーミングPCのようなハイエンドモデルまでさまざまなノートパソコンを販売しているのが特徴。コスパのよい高性能なノートパソコンを販売していることでも有名です。

世界的にみると、教育機関への支援も積極的に行っており、児童教育現場に最新のテクノロジーを導入するスポンサーにもなっています。日本語でのサポートも充実しているため、初めてノートパソコンを購入する子供にもおすすめのメーカーです。

デル(Dell)

By: rakuten.co.jp

デルはアメリカに本社を置く世界的にも有名なソリューションプロバイダーです。販売方法として在庫を持たない注文生産(BTO)の直販スタイルを採用しているのが特徴。エントリーモデルからハイエンドモデルまで、自分好みのパソコンをリーズナブルな価格で購入できます。

アメリカで主流となっているK-12教育ソリューションにおいて、「学生主体の学習モデル」を開発しているのが魅力。また、学割キャンペーンが小学生にも適用されるので、予算を抑えてハイスペックなモデルを購入できます。子供用のノートパソコンとしても使いやすいモデルが多いのでおすすめです。

富士通(FUJITSU)

By: dell.com

富士通は日本のエレクトロニクスメーカーです。厳しい堅牢性試験や耐久試験をクリアした高品質なノートパソコンを販売しているのが特徴。また、3年間無償で使えるセキュリティソフトを封入したり、サポートが充実していたりと、初めてノートパソコンを購入する方でも安心して買えるのが魅力です。

子供でも使いやすいノートパソコンの特集ページが組まれるなど、子供用ノートパソコンの購入に関して全面的なバックアップを行っているのもポイント。また、富士通の公式ホームページには子供用のパソコン学習ページが準備されています。プログラミング教育やネットリテラシーの学習に活用でき、便利です。

子供用ノートパソコンのおすすめモデル

エイスース(ASUS) VivoBook 15 X512FA

エイスース(ASUS) VivoBook 15 X512FA

画面が大きくて見やすい15.6インチのディスプレイを搭載したノートパソコン。ディスプレイの4辺を囲うベゼルの部分が5.7mmと狭く、画面を広く使えるのが魅力です。

CPUにはIntel Core i3を搭載。メモリは4GB、ストレージは128GBのSSDを採用しており、小学生のプログラミング学習には十分なスペックを備えています。また、「エルゴリフトヒンジ設計」を採用することでキーボードに絶妙な傾斜が生まれ、快適にタイピングできるのも特徴です。

重量は1.7kgとやや重め。そのかわり、USBポートやHDMIポートなどの外部接続に使用するインターフェースが充実しているので、主に自宅で使わせたい方におすすめです。

エイスース(ASUS) VivoBook S13 S330FA

エイスース(ASUS) VivoBook S13 S330FA

薄型軽量で持ち運びに便利なノートパソコン。厚みが17.9mm、重量約1.25kgと子供でも持ちやすいデザインが魅力です。また、指紋認証センサーを搭載しているため、自宅外で使用する際も安心して使えます。

170°の広視野角を持っているのも特徴。画面を見る角度による色彩の変化が少ないため、成長期で視点の高さが切り替わりやすい子供でも長く使いやすい設計です。

CPUにはIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載し、少し負荷の大きい作業でも快適に処理できます。子供をプログラミング教室に通わせる予定のある方におすすめです。

デル(Dell) New Inspiron 14 5491

デル(Dell) New Inspiron 14 5491

ノートパソコン・タブレット・テントモード・メディアモードの4通りの使い方ができる2in1タイプのノートパソコン。別売りのアクティブペンを使えばイラスト作成にも使えるので、お絵かきが好きな子供にもおすすめです。

CPUはIntel Core i3、8GBのメモリと128GBのSSDを搭載しています。USBやHDMIなどの外部接続を行うインターフェースも多彩で、使い勝手のよいモデルです。

14インチのフルHDグレアディスプレイなので画像がキレイに表示できるのも魅力。ノングレアタイプと比較してやや目は疲れやすくなってしまうので、保護シートなどでカバーして使うようにしましょう。

デル(Dell) Inspiron 13 7391

デル(Dell) Inspiron 13 7391

薄型軽量で持ち運びに便利なノートパソコン。折り畳み時14.9mmの薄さで重量は955gなので、子供の手でも持ちやすく、落としにくいのが魅力です。

CPUはIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDと比較的処理が速く、快適に動作します。電源キーには指紋認証リーダーを備え、本人以外がセットアップしようとしても開かないように設定できるので、外で使う場合も安心です。

13.3インチのフルHDグレアディスプレイを搭載し、画像をキレイに表示できるのも魅力。動画編集やイラスト作成などに興味を持っている子供におすすめのモデルです。

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK FMVL55C2W

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK FMVL55C2W

「はじめてのじぶんパソコン」というテーマのもと作られた子供用のノートパソコン。最初から子供の使用を想定しているため、頑丈なだけでなく、乱暴な扱いをしてしまった場合に警告が表示されるなど親切な設計が魅力です。

CPUはIntel Celeron、メモリは4GB、ストレージは128GBのSSDとスペックはやや低めですが、授業の予復習に使う程度ならば問題なく動作します。ディスプレイはノングレアタイプ且つブルーライトカット加工も施されているため、目が疲れにくいのも魅力です。

また、持ち運びに便利な「お道具箱」がセットになっているのもポイント。どこに何を収納すればよいのか一目でわかるため、片付けが苦手な子供でも使いやすく設計されています。特に小学校入学前から小学校低学年の子供におすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad S540

レノボ(Lenovo) IdeaPad S540

価格のわりに高性能でコスパのよいノートパソコン。CPUはIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDと快適に動作するスペックを備えています。

Microsoft Office Home & Businessを標準搭載しているのも魅力。プログラミング教育に活用するだけでなく、文書作成や表計算なども学べて便利です。14インチのIPSフルHDノングレアディスプレイを採用しているため、広視野角でキレイな画像を楽しめます。プログラミング以外の技能にも興味を持っている子供におすすめのモデルです。

エイサー(Acer) Swift 3 SF313-51-A34Q

エイサー(Acer) Swift 3 SF313-51-A34Q

厚さ15.9mm、重さ1.28kgの薄型軽量ノートパソコン。Intel Core i3と4GBのメモリ、128GBのSSDを搭載し、小学生のプログラミング教育に十分なスペックを備えた扱いやすいモデルです。

最長13時間駆動するバッテリーを備えているため、充電せずに1日中使用可能。プログラミング塾などに通わせる場合でも、バッテリーを気にせず使えます。

13.3インチのIPSフルHDノングレアディスプレイを採用しており、長時間使っても疲れにくいのが魅力。コスパがよく、目への負担や充電などに煩わされずにパソコンを学ばせたい家庭におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY x360

厚さ16mm、重量1.31kgと薄型軽量で持ち運びやすいノートパソコン。最長11時間稼働できるバッテリーを備えているため、塾などへ持参して授業に臨むなどの使い方が可能です。

CPUにはAMD Ryzen 5を搭載。8GBのメモリと256GBのSSDストレージも備え、負荷のかかる処理も比較的高速に行えるのが魅力です。

13.3インチのフルHDディスプレイはタッチパネル対応で、感覚的な操作が可能。スマートフォンへのなじみが深く、パソコンをあまり触ったことがない子供でも簡単に扱えて便利です。

日本電機(NEC) LAVIE Note Mobile NM550

日本電機(NEC) LAVIE Note Mobile NM550

12.5インチサイズで体の小さな子供でも画面が見やすいノートパソコン。厚みは18mm、重さは約909gと、持ち運びやすい薄型軽量のボディが魅力です。

コンパクトサイズですが、スペックがパワフルなのも特徴。CPUはIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載しており、快適に動作します。

キーピッチはやや狭く、手の小さな子供でもタイピングしやすい構造。また、サインインは顔認証で行えるなど、便利な機能も多数搭載しています。小学校入学前から長く学習に活用したい家庭におすすめです。

ダイナブック(dynabook) dynabook S6

ダイナブック(dynabook) dynabook S6

1.119kgと軽量ながらも、頑丈な作りのノートパソコン。キーボードへの防滴テストや、面加圧テスト、落下テストをクリアしており、壊れにくいのが魅力です。

CPUはIntel Core i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載。プログラミングだけでなく、画像の編集や簡単な動画編集にも対応しています。また、キーボードは日本で使われる標準的なJIS配列になっているので、タイピングにおかしな癖がつきにくいのもポイントです。

Microsoft Office Home & Businessを搭載しているため、子供のうちからWordやExcelなどに慣れさせておきたい場合にも便利。幅広く使えるノートパソコンを買っておきたい家庭におすすめです。