小学校のプログラミング教育必修化に伴い、子供用のノートパソコンを購入する家庭が増えています。しかし、気軽に購入するには値が張るモノなので、どれくらいのスペックが必要なのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小学生の子供におすすめのノートパソコンをご紹介。予算の相場やおさえておきたいポイントも解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

小学校でのプログラミング教育必修化について

2020年度から、全ての小学校でプログラミング教育が必修化されています。「プログラミング」というと専門性の高い分野のように感じる方も多くいますが、最近では多くの国や地域で学校教育カリキュラムの一環として取り入れられている、ごく一般的な学習分野です。

小学校のプログラミング教育は「論理的な思考力」を習得するのが目的。プログラミング言語のように専門的な知識ばかりではなく、どのように記号を組み合わせればよいかを考える、パズルのような学習内容もあります。

家電や自動車など、生活の身近にある多くのモノは、プログラミングによる指示で動いています。プログラミング教育は、子供たちが多くのモノの仕組みを知り、自分の選択肢を増やすための教育です。プログラミング教育の必修化は、IT化の進む社会で生き抜く力を身に着けるために重要な役割を果たします。

子供用ノートパソコンの予算相場

子供用ノートパソコンの予算相場は5~10万円程度。安定したスペックで問題なく動作し、自宅でプログラミング教育の予復習をする場合でも快適に使えるモデルが多い価格帯です。

5万円未満の安いモデルでも最低限のスペックを備えた製品は存在しますが、型落ち品だったり、動作が遅くてストレスを感じやすかったりする恐れがあります。

また、子供の興味によっては10万円以上のモデルもおすすめ。ハイスペックで処理能力の高い製品が多いので、動画編集やイラスト制作もしたい場合は検討してみてください。

子供用ノートパソコンの選び方

用途に合わせてスペックをチェック

ノートパソコンのスペックでチェックしておきたいのは、「CPU」「メモリ」「ストレージ」の3点。小学生向けのノートパソコンにおすすめなのは、CPUはIntel Core i3以上、メモリは4GB以上、ストレージは128GB以上のSSDを搭載したモデルです。

ただし、これらはあくまでもプログラミング教育の予復習などに使える最低限のスペック。画像や動画の編集、イラスト制作などにも興味がある子供に買うのであれば、より高スペックの製品を購入しておくと安心です。

また、さまざまなアプリやソフトをインストールしたい場合には、CPUはCore i5以上、メモリは8GB以上、ストレージは256GB以上のSSDが搭載されたモデルを選ぶと快適に動作します。

キーボードは子供でも打ちやすい小さめがおすすめ

By: lenovo.com

子供用のノートパソコンを選ぶ際には、小さめのキーボードを搭載したモデルがおすすめです。子供の手は大人よりも小さいため、フルサイズのキーボードでは指を動かすのが難しく、タイピングに苦手意識を持ってしまう恐れがあります。

また、キーピッチ(キーの間隔)も同時にチェックしておきましょう。一般的に、キーピッチが狭いキーボードはタイプミスが起きやすいので、間隔が十分に設けられた製品がおすすめです。

液晶はノングレア(非光沢)を選ぼう

By: acerjapan.com

液晶にはグレア(光沢)タイプとノングレア(非光沢)タイプが存在しますが、子供用のノートパソコンにはノングレアタイプのモノがおすすめです。グレアタイプは画像がキレイに見えるメリットがありますが、画面に部屋の明かりなどが映り込んで、目に負担がかかってしまう場合もあります。

一方、ノングレアタイプの液晶は光の反射が少なく、長時間画面を見ていても目に負担をかけにくいのが特徴。また、特殊な表面加工が施されているため、画面が傷付きにくいのもメリットです。

軽量モデルなら持ち運びが簡単

By: hp.com

子供用のノートパソコンを選ぶ際には重さも大事なポイント。自宅内での持ち運びや、習い事へ持っていくことも想定して、子供でも持ち運びしやすい1.5kg以下の軽量モデルを選ぶと便利です。

また、軽量だからといって画面サイズが極端に小さいモデルを選ぶのはおすすめできません。画面サイズが小さ過ぎると窮屈に感じたり、画面内の表示も小さくなったりする場合があります。11~14インチ程度の製品なら窮屈感も少なく、余裕を持った画面表示ができておすすめです。

タッチ操作対応やペン入力ができるモデルもチェック

By: hp.com

初めてパソコンに触れる小学生にとって、いきなりキー操作を行うのはハードルが高いものです。タッチ操作が可能なモデルなら、スマホ感覚で直感的に扱えるので安心。

また、ペン入力に対応していれば、スケッチなど子供の想像力を伸ばすような使い方もできます。キーボードに馴染みのない子供には、タッチパネルを搭載したノートパソコンがおすすめです。

メーカーサポートが充実していれば万が一のときも安心

パソコンに詳しい方が身近にいない場合は、サポートが充実したメーカーのノートパソコンを選ぶのがおすすめ。セットアップから何かトラブルが起こった場合の対処まで、しっかりとサポート体制が整っているメーカーの製品を選びましょう。

また、サポート方法に関しても、電話やチャット、メールなどさまざまな方法があります。家族のライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。ただし、サポートには有償と無償の2パターンがあるので、どの程度のサポートが必要なのかも確認しておきましょう。

子供用ノートパソコンのおすすめメーカー

富士通(FUJITSU)

By: amazon.co.jp

富士通は日本のエレクトロニクスメーカーです。厳しい堅牢性試験や耐久試験をクリアした、高品質なノートパソコンを販売しているのが特徴。また、3年間無償で使えるセキュリティソフトを封入していたり、サポートが充実していたりと、初めてノートパソコンを購入する方でも安心して買いやすいのが魅力です。

子供でも使いやすいノートパソコンの特集ページが組まれるなど、子供用ノートパソコンの購入に関して全面的なバックアップを行っているのもポイント。また、富士通の公式ホームページには子供用のパソコン学習ページが準備されています。プログラミング教育やネットリテラシーの学習に活用できて便利です。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

日本を代表する総合電機メーカーです。パソコン製品はノート・デスクトップとも「LAVIE」ブランドで用途やシーンに合わせて選べる多くのモデルを展開しています。子供用に開発したノートパソコン「FM(First Mobile)」をラインナップしているのが特徴。

ほかにも、軽量モデルが欲しい方には1kgを切るNM(Note Mobile)シリーズ、大画面を求める方には14インチ液晶搭載HM(Home Mobile)シリーズもおすすめです。CeleronやCore i3などスペックを抑えた製品なら子供用にも適しているので、ぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo)

By: amazon.co.jp

普段使いからゲーミングに特化したモノまで、幅広いモデルを取り扱っている中国のパソコンメーカーです。ノートパソコンでは「ThinkPad」「Lenovo」「ideapad」「YOGA」「LEGION」の5ブランドを展開しています。

また、子供用ノートパソコンに注力しているのもレノボの特徴。プログラミング学習やオンライン授業に適した複数の機種を提案しています。子供の成長や習熟度合いに応じてピッタリなモデルが選びやすいのも魅力です。

子供用ノートパソコンのおすすめモデル

富士通(FUJITSU) ノートパソコン LIFEBOOK MH35/D2 FMVM35D2W

リーズナブルな価格で普段使いにおすすめのノートパソコンです。インテルのCeleronプロセッサと4GBのメモリを搭載。ネットサーフィンや動画の視聴といった使い方だけでなく子供用にも適しています。

手頃な価格ながら256GBのSSDを搭載しているのが特徴。一般のホームユースには必要かつ十分な容量です。写真やビデオなど、家族みんなの思い出も余裕で保存可能。また、OSやアプリが素早く起動するため、毎日快適に使用できます。

わずか1.09kgの軽量設計もポイント。リビングや子供部屋、キッチンなど小学生でも容易に持ち運んで使えます。

富士通(FUJITSU) ノートパソコン LIFEBOOK UHシリーズ WU2/D2 WU2D2_A001

CPUにインテルのCore i3プロセッサを採用した、コスパのよいモデルです。プログラミング学習を目的とした子供用にもおすすめのノートパソコン。メモリの容量は4GBなので、本格的なビジネス用途には向きませんが、自宅で書類を修正したりデータを確認したりといった使い方なら十分に対応可能です。

13.3インチ液晶を採用するボディは非常にコンパクト。重さも1kgを切るなど、携帯性も良好です。大人はもちろん、小学生でも簡単に持ち運べます。また、バッテリーはフル充電で約11.5時間駆動するため、ACアダプターを持ち歩かなくても好きな場所で使用できます。

日本電気(NEC) ノートパソコン LAVIE First Mobile PC-FM150PAL

NECが子供用に開発したノートパソコンです。インテルのCeleronプロセッサと4GBのメモリ容量を搭載した、必要最小限のスペックで構成。容量約128GBのストレージにはeMMCを採用するなど、保存領域を確保しつつコストを抑える設計がされています。

10.1インチの液晶にタッチパネルを搭載しているのも本モデルの魅力。キーボードの操作が不慣れだったり、ローマ字が分からなかったりしてもスマホ感覚で操作できます。子供の習熟ペースに合わせて使えるので便利です。

さらに、モニターとキーボードが切り離せる2in1構造を採用しています。タブレットモードなら屋外でも気軽に写真や動画が撮影できるなど、子供の想像力を生かした活用が可能。プログラミングが楽しく学べるサイトなども準備されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

日本電気(NEC) ノートパソコン LAVIE Note Mobile PC-NM150RAW

PCI-Express接続規格に対応したSSDを搭載する製品です。SATA接続のモノと比較して、さらに高速なデータ転送をできるのが特徴。OSやアプリを立ち上げる際の待ち時間が短く集中力を途切れさせにくいため、子供用ノートパソコンとしてもおすすめです。思い立ったタイミングですぐに起動し使い始められます。

重量わずか909gと非常に軽量なのも本モデルの特徴。小学生でも楽に持ち運ぶことが可能です。さらに、こだわりのキー配置で18.7mmのキーピッチを実現。手の小さな方でもタイプミスを防ぎやすく、スムーズに操作できます。

日本電気(NEC) ノートパソコン LAVIE Home Mobile PC-HM350PAW

視認性に優れた大型の液晶ディスプレイを搭載するノートパソコンです。フルHD表示が可能な14インチモニターを採用。画面が大きく鮮明で見やすいため子供用にもおすすめのモデルです。左右のベゼルには画像や映像に集中しやすい狭額タイプを採用しているので、ウェブサイトの閲覧はもちろん学習用途にも適しています。

256GBのSSDを搭載。ホームユースには十分な容量のうえ、PCI-Express接続にも対応しているため、アプリの起動も高速です。使いたいときにさっと立ち上げて使用できるので重宝します。

さらに、Officeソフトが同梱されているのも本モデルの特徴です。Core i3プロセッサを搭載しているので、簡単な作業であればビジネス用途にも利用可能。家族みんなで使えるリーズナブルなモデルを探している方は、チェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad D330 81H300JRJP

2in1タイプの子供用ノートパソコンです。10.1インチの液晶ディスプレイを取り外せば、軽量なタブレットとしても使用できるのが特徴。草花や昆虫など自由研究用の写真撮影に便利な背面カメラも備えています。

約14.3時間駆動するロングライフバッテリーを搭載しているので、コンセントのない屋外でも安心して使用できます。Celeronプロセッサと4GBのメモリを実装しており、気軽に購入できる安い価格も本モデルの特徴。

さらに、電話やLINEによる修理依頼や使い方相談にも対応するなど、サポート体制も充実しています。安心して子供に使わせられる、おすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) ノートパソコン IdeaPad S340

子供はもちろん、大人にもおすすめのノートパソコンです。コスパのよさで人気のRyzen5プロセッサを採用しているのが特徴。8GBのメモリを実装しており、付属のOfficeソフトも小学生の学習用アプリも軽快に動作します。

14インチの大型液晶にはノングレア処理が施されているため、光の反射が気になりにくく画面に集中することが可能。USB Type-A、Type-C、HDMI、メディアカードリーダーなどを搭載。手頃な価格ながらインターフェースが充実したおすすめのモデルです。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン HP 14s-dk0000

HPが販売するエントリーラインの製品です。価格が安いため子供用にもおすすめのノートパソコン。AMDのRyzen5プロセッサと8GBメモリを搭載するコスパに優れたモデルです。ネットサーフィンや動画鑑賞、プログラミング学習には十分な性能を有しています。

WPS Officeソフトが付いているのもポイント。ワープロ・表計算・プレゼンテーションを統合した、Microsoft Officeに似た機能と操作体系を持つソフトです。文書を作成してみたりスプレットシートにデータを入力してみたりと、小学生がビジネスソフトに馴染むためのツールとしても活用できます。

また、互換性にも優れているため、Officeソフトの閲覧や修正など、ビジネスにも利用可能。子供から大人まで家族みんなが便利に使えるモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) ノートパソコン F5-i5-MA

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載するノートパソコンです。部屋の明かりをつけていても見やすいよう、光の反射を抑えるノングレア処理が施されています。さらに、CPUにはインテルのCeleronプロセッサと8GBのメモリを搭載。普段使いには十分な性能を備えているため、大きな画面で動画の視聴やウェブサイトの閲覧を楽しみたいファミリーに適したモデルです。

大画面モデルながら購入しやすいリーズナブルな価格も魅力です。重量が約2.1kgと子供用のノートパソコンにしては若干重めなので、デスクトップパソコンのように使用するのがおすすめ。必要なら子供部屋、リビング、キッチンなど、場所を移動させて使うこともできるので便利です。

DVDスーパーマルチドライブを内蔵しているのも特徴。映画などのコンテンツが見られるほか、オリジナルディスクを作成するといった楽しみ方も可能です。

デル(Dell) ノートパソコン New Inspiron 14 5400

手頃な価格が魅力の2in1モデルです。ラップトップやタブレットモードをはじめ、テントやスタンドなど利用シーン合わせて4つのモードに切り替えが可能。テントやスタンドモードは画面に集中したいときに重宝します。

タッチ操作に対応しているため、初めてパソコンを触る小学生にもおすすめです。キーボードを意識せずスマホやタブレット感覚で慣れることが可能。習熟度が上がってくればタイピングに挑戦してみるなど、子供用ノートパソコンとして便利に使用できます。

スペックは、Core i3プロセッサ、4GBメモリ、256GBのSSDを採用。ちょっとしたビジネス用途でも使えます。スタイリッシュなデザインでいろいろな場所に持ち運びたくなるおすすめのモデルです。