リアルな質感やデザインが特徴の「ソフトルアー」。気持ち悪いと思う方もいるかもしれませんが、魚がエサと見間違えるような製品も多くラインナップしています。

そこで今回はソフトルアーのおすすめアイテムをご紹介。ジャンル別にピックアップしたので「何を買ったらわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

ソフトルアーとは?

ランカーシティ(Lunker City) スラッゴー

By: rakuten.co.jp

「ソフトルアー」とは名前の通り柔らかい素材でできているルアーのこと。魚類や甲殻類、昆虫などを模しており、大小さまざまなサイズや長短さまざまレングスがあるのが特徴です。

なお、ソフトルアーは基本的に単体では釣りにならず、フックやシンカーなどを別途用意して、自分で仕掛け(リグ)を作ります。また、最近はソルトシーンにも普及。ジャンルによってはシーバスやクロダイ(チヌ)のほか、カサゴやアイナメ、キジハタ、ソイなどのロックフィッシュゲーム 、メバルやアジなどのライトゲームにも使える場合があります。

魚種やフィールド、使うシーン、季節、水質など状況によってベストな選択は異なってくるので、吟味したうえで判断するようにしましょう。

ソフトルアーの選び方

種類で選ぶ

ストレートワーム

By: jackall.co.jp

「ストレートワーム」は真っ直ぐな形状をしたソフトルアー。厳密な定義はなく、テールがあったり、尻すぼみになっていたりと多少の違いはありますが、全体的に柔らかく、水流を受けてヘコヘコと動くのが特徴です。

スティックベイト

By: o-s-p.net

「スティックベイト」とは棒状のソフトルアー。ストレートワームと似ていますが、こちらは水中であまり湾曲せず、水平姿勢を保つのが特徴です。また、塩を混入していることも多く、比較的高比重。ベイトタックルでも扱いやすいアイテムが揃っています。

ピンテールワーム

By: o-s-p.net

「ピンテールワーム」とはボディに対して細長いテールが付いているソフトルアー。小刻みにロッドを動かすとテールがピリピリとアクションし、バイトを誘発できるのが特徴です。

シャッドテール

By: amazon.co.jp

「シャッドテール」とは楕円形状のテールが付いているソフトルアー。くびれがあり、ブリブリと振って魚にアピールするのが特徴です。なお、「シャッド」とはアメリカに実在する魚の名前ですが、日本では小魚を意味する言葉として浸透しています。

シャッド系ワーム

By: amazon.co.jp

「シャッド系ワーム」は小魚を模したソフトルアーのこと。形状に厳密な定義はありませんが、テール部分がストレートであったり、二股であったり、V字であったりと、さまざまなタイプがあります。

ギル型ワーム

By: amazon.co.jp

「ギル型ワーム」は、体高のあるブルーギルを模したソフトルアーのこと。ライトリグと組み合わせられるので、ビッグレイクはもちろん、小規模河川や野池でも使えます。

クローワーム

By: amazon.co.jp

「クローワーム」とは基本的にはザリガニを模したソフトルアーのこと。形の定義はありませんが、ツメを2本有しているのが特徴です。なお、細身であったり、長いヒゲを備えていたりする甲殻類は「シュリンプ系」とも呼ばれます。

ホッグ系ワーム

By: rakuten.co.jp

「ホッグ系ワーム」とは基本的にアームや足、パドル、カーリーテールなどのパーツがそれぞれ対になっているソフトルアーのこと。もともとはZBCの「ブラッシュホッグ」がネーミングの由来です。なお、ビーバー系と呼ばれる扁平ボディのワームも含まれます。

バックスライド系ワーム

By: amazon.co.jp

「バックスライド系ワーム」とは名前の通り、バックスライドが可能なソフトルアーのこと。お尻側に十分なウエイトがあるほか、フォール時の抵抗を斜め方向に受け流すパーツを備えているのが特徴です。

そもそもバックスライドとは後ろ向きでスライドフォールするという意味で、甲殻類がお尻をすぼめるようにして逃げる様子を演出。基本的にワームは順付けするとアングラー側に寄ってきますが、バックスライド系ワームを逆付けにすると進行方向にウエイトが乗り、奥へ奥へと滑り込んでいきます。

グラブワーム

By: depsweb.co.jp

「グラブワーム」とは昔からあるソフトルアーのひとつ。正確な言葉の意味合いとしては「グラブ」と「ワーム」とに分かれ、それぞれ英語で表記するとグラブはgrub、ワームはwormと書きます。見た目としては幼虫やイモムシのようなむっちりとしたボディしているのが特徴です。

カーリーテールワーム

By: amazon.co.jp

「カーリーテールワーム」とはその名の通り、巻いたテールが備わっているソフトルアーのこと。比較的ボディは細身で長いものの、テールのサイズはアイテムによって大小さまざまなタイプがあります。

虫系ワーム

By: amazon.co.jp

「虫系ワーム」とは水面に落ちた昆虫などをイミテートするソフトルアー。着水音が小さかったり、波紋が出るパーツが付いていたり、吸い込みやすいように柔らかい素材を採用したりと、動きや質感にこだわったアイテムがラインナップされています。

その他

By: amazon.co.jp

ソフトルアーは上記のほかにもさまざまな種類があります。ワームに限らず、ルアーには流行り廃りがあるので、かつて爆発的にヒットしたアイテムであっても、最近ではなかなか市場に流通していないモノもあります。古さがかえって魚にとっては目新しく、興味を惹く場合もあるので、ぜひチェックしておきましょう。

ソフトルアーのおすすめランキング|ストレートワーム

第1位 ジャッカル(JACKALL) フリックシェイク

ジャッカル(JACKALL) フリックシェイク

水中でなまめかしく動くソフトルアー。ノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキー、ネコリグなどのライトリグに有効で、サイズやカラーが豊富なのも魅力です。

ボディの中央にはリブがないフラットな面の「ハチマキ」があり、フックを刺す目印になるのもポイント。ゆっくりとスローに動かすのはもちろん、アクションに緩急をつけてバイトを誘うのもおすすめです。

第2位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) カットテールワーム

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) カットテールワーム

ロングセラーアイテムとして多くのアングラーに知られている定番のソフトルアー。ラインナップも豊富で、汎用性が高いのが特徴です。

また、さまざまなリグで使えるのもポイント。マスバリ横刺しちょん掛けをしたノーシンカーで水面を漂わせる、ジグヘッドワッキーでリフト&フォールさせる、ダウンショットで横方向に動かす、ネコリグでボトムをついばむベイトフィッシュを演出するなど、多彩なアクションに対応できるのも魅力です。

第3位 ZBC スワンプクローラー

ZBC スワンプクローラー

タフコンディションのフィールドでも活躍が期待できるソフトルアー。細身のボディを採用しており、フワフワとしたアクションでバイトを誘えるのが特徴です。

1パッケージでの同梱本数が多く、コスパに優れているのも魅力。ボディカラーで使い分けるのはもちろん、ラメの色合いによって使い分ける方もいるほど、根強いファンがいます。

使い方しては特にネコリグが有効。障害物の乗り越えを感じながら、ボトムをゆっくりとトレースするのがおすすめです。

ソフトルアーのおすすめランキング|スティックベイト

第1位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ヤマセンコー

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ヤマセンコー

高比重ボディを採用した定番のスティックベイト。ノーシンカーでもしっかりとキャストできるほどのウエイトを備えており、使い勝手に優れているのが特徴です。

特に水平にフォールする姿勢は秀逸。オフセットフックのノーマルセッティングでもマスバリのワッキー掛けでもしっかりと対応できます。太さや長さのラインナップも豊富なので、ぜひチェックしておきましょう。

第2位 オーエスピー(O.S.P) ドライブスティック

オーエスピー(O.S.P) ドライブスティック

細身のテールを備えた高比重のスティックベイト。ロッドアクションに対するレスポンスがよく、キビキビと動かしたり、ゆらゆらとフォールさせたりしてバイトを誘えるのが特徴です。

ノーシンカーのバックスライドセッティングで有名になったソフトルアーですが、出しどころは豊富。さまざまなリグと相性がよいほか、チャターベイトなどのトレーラーとして使うのもおすすめです。

なお、本製品はオリジナルモデルですが、ラインナップとしては塩の含有量を抑えた低比重素材のSPEC2も用意。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

第3位 ランカーシティ(Lunker City) スラッゴー

ランカーシティ(Lunker City) スラッゴー

根強いファンが多いスティックベイト。古くからあるソフトルアーで、もっちりとしながらもハリのある素材を採用しているのが特徴です。

飛距離はあまり出ませんが、耐久性は高く、ハリ持ちも良好。トゥイッチなどのロッドアクションを加えるとダートし、バイトを誘えます。見た目としてはベイトフィッシュライクなシンプル形状ですが、実績十分なおすすめアイテムです。

ソフトルアーのおすすめランキング|ピンテールワーム

第1位 デプス(deps) デスアダー

デプス(deps) デスアダー

バルキーなフォルムを採用したピンテールタイプのソフトルアー。凹凸のあるボリューミーなボディと細身のテールによってなまめかしく動くのが特徴です。

ラインナップも豊富で、フィールドのベイトフィッシュサイズに合わせやすいのもポイント。単体としてはさまざまなリグに使えるほか、トレーラーとしてもおすすめのアイテムです。

第2位 イマカツ(IMAKATSU) ジャバシャッド

イマカツ(IMAKATSU) ジャバシャッド

蛇腹構造を採用した高比重のソフトルアー。わずかな水流でもボディはうねるように、テールは繊細に動き、バイトを誘発できるのが特徴です。

さまざまなリグと組み合わせるのはもちろん、チャターベイトなどのトレーラーとして使うのもおすすめ。デッドスローでもしっかりと動くほか、高速引きでは小魚が逃げ惑うようなパニックアクションを演出できます。

第3位 オーエスピー(O.S.P) マイラーミノー

オーエスピー(O.S.P) マイラーミノー

By: o-s-p.net

ベイトフィッシュライクなソフトルアー。本体内部のマイラーチューブによってフラッシング効果が高く、ピンテールの繊細な動きと相まってスレたバスにも捕食スイッチを入れられるのが特徴です。

ピクピクと動かせば瀕死の小魚を演出できるのもポイント。タフコンディションのフィールドでも頼りになるおすすめアイテムです。

ソフトルアーのおすすめランキング|シャッドテール

第1位 ケイテック(KEITECH) スイングインパクトファット

ケイテック(KEITECH) スイングインパクトファット

さまざまなリグ、トレーラーとの相性がよいソフトルアー。丸みのあるボディと大きく揺れるテールによってビッグバスをも仕留められるのが特徴です。

本製品はボリュームがあり、キャスタビリティに優れているのもポイント。高速リトリーブからデッドスローまでしっかりと対応できるアイテムです。

第2位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) レッグワーム

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) レッグワーム

多くのアングラーから信頼を寄せているソフトルアー。喰わせに特化しており、ハイプレッシャーなフィールドやタフなコンディションでも口を使わせられます。

ライトリグ全般に使えますが、特にダウンショットリグとの相性は良好。ロッドやライン操作を駆使して、丁寧に動かすのがおすすめです。

第3位 サワムラ(SAWAMURA) ワンナップシャッド

サワムラ(SAWAMURA) ワンナップシャッド

テールがブリブリと動くおすすめのソフトルアー。ボディにくびれがあり、ウォブリングとローリングでしっかりと魚にアピールできるのが特徴です。

ボディ形状は丸みと扁平が組み合わさったデザインを採用。表面はつるんとしており、障害物のすり抜けにも優れています。さまざまな場面で使えるおすすめのアイテムです。

ソフトルアーのおすすめランキング|シャッド系ワーム

第1位 デプス(deps) サカマタシャッド

デプス(deps) サカマタシャッド

テールが二股に分かれているソフトルアーです。シャッド系ワームとしては非常にボリュームがあり、しっかりと遠投できるのがポイント。

また、ボディの側面に突起を設けているのも魅力のひとつです。フォール時はゆっくりとロールしながら着底するほか、トゥイッチやジャークを加えるとそのキール部分で水を受け、切れ味鋭いダートアクションを起こします。

第2位 ジャッカル(JACKALL) DBユーマ カスミ

ジャッカル(JACKALL) DBユーマ カスミ

By: jackall.co.jp

シラウオパターンで爆発的な釣果が見込めると評判のソフトルアー。もともとは同社の「シザーコーム」がベースとなっており、テール部分は葉っぱのようなリーチ形状を採用しているのが特徴です。

ボディはノンソルト仕様で、透明感があるのもポイント。使い方としてはジグヘッドリグやダウンショットで水中をフワフワと漂わせるのがおすすめです。

第3位 エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース75

エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース75

ベイトフィッシュライクなフォルムを採用したソフトルアー。フラフラと泳がせることで、弱ったベイトフィッシュを演出できるのが特徴です。

マスバリノーシンカーでの実績が高いアイテムで、特にサイトフィッシングで有効。ただ巻きのほか、時折トゥイッチやジャークを加えると捕食スイッチを入れられます。クリアウィーターからステイン、マッディーウォーターまで使えるおすすめのアイテムです。

ソフトルアーのおすすめランキング|ギル型ワーム

第1位 オーエスピー(O.S.P) ドライブSSギル

オーエスピー(O.S.P) ドライブSSギル

バタバタと動くツインテールタイプのギル型ソフトルアー。着底までのスパイラルフォールや、ロッド操作によるトリッキーなアクションなどでバイトを誘えるのが特徴です。

テールの動きとしては水泳のドルフィンキックやバサロのような感じで、アピール力は高め。サイズは3.6インチと2インチの2タイプをラインナップしています。

第2位 デプス(deps) ブルフラット

デプス(deps) ブルフラット

蛇腹状のテールを備えたギル型のソフトルアー。サイズが豊富に揃っているので、フィールド状況やベイトの大きさによって使い分けしやすいのが特徴です。

また、タイプとしてソルトとノンソルトの2種類をそれぞれラインナップ。ソルト仕様は含有率にこだわっており、ハリ持ちのよさとマテリアルの柔軟性のバランスに配慮しています。一方、ノンソルト仕様は浮力が高いのが魅力。購入する際は違いをチェックしておきましょう。

第3位 ノリーズ(Nories) フリップギル

ノリーズ(Nories) フリップギル

内巻きのツインテールを備えたギル型のソフトルアー。スパイラルフォールで誘えるのが特徴で、シーンとしてはベチテーションなどのカバー周りや、杭や立ち木などの縦ストラクチャーで使うのがおすすめです。

ポイントとしてはサスペンドしている魚を意識すること。ボトム着底まで落とし込んで追わせて喰わせるのもアリですが、中層で漂わせてやる気のあるバスを獲るのも有効です。気になる方はぜひ試してみてください。

ソフトルアーのおすすめランキング|クローワーム

第1位 オーエスピー(O.S.P) ドライブクロー

オーエスピー(O.S.P) ドライブクロー

丸みを帯びた大きなツメでバスを魅了するクロー系のソフトベイト。そのほかのパーツもわずかな水流で動くので、大胆かつ繊細に誘えるのが特徴です。

また、ラインナップが豊富なのもポイント。低活性時やハイプレッシャーのフィールドではナチュラルカラーのダウンサイジングモデルを、ビックフィッシュ狙いであればド派手なカラーのラージサイズをチョイスするのがおすすめです。

第2位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) モコリークロー

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) モコリークロー

実績の高いクロー系のソフトルアー。同ジャンルのワームはアメリカザリガニを模していることが多いですが、本製品はニホンザリガニをイミテートしており、コンパクトなシルエットにまとまっているのが特徴です。

ナーバスなバスをもバイトに持ち込めるように開発され、各種パーツは存在感がありながらも全体的にはやや控えめ。タフコンディションのフィールドでも頼りになるおすすめのアイテムです。

第3位 ZBC ウルトラバイブスピードクロー

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

テキサスリグやラバージグのトレーラーとして、評価の高いクロー系のソフトルアー。フォール時はもちろん、スイミング時のアクションも秀逸で、パーツがピリピリと動くのが特徴です。

高速引きはもちろん、スローに引いてもしっかりとアピールできるのがポイント。スレたバスにも思わず口を使わせることが可能。多くのアングラーから長年支持されているアイテムなので、使ったことのない方はぜひ試してみてください。

ソフトルアーのおすすめランキング|ホッグ系ワーム

第1位 ノリーズ(Nories) エスケープツイン

ノリーズ(Nories) エスケープツイン

ボリューム感のあるホッグ系のソフトルアー。分厚いパドルを備えており、ボトム着底からゆっくりと倒れ込み魚にアピールできるのが特徴です。

各パーツが生き生きと動くのもポイント。水押しが強いので、しっかりとバイトを誘発できるのも魅力です。特にカバー撃ちで実績の高いルアーなので、ジグトレーラーとしてはもちろん、テキサスリグで使うのもおすすめ。ビッグバスを仕留めたい方はぜひチェックしておきましょう。

第2位 バークレイ(Berkley) バルキーホッグ3インチ

バークレイ(Berkley) バルキーホッグ3インチ

ハリ持ちのよさが特徴のソフトベイト。ホッグ系ワームのなかでは比較的コンパクトなシルエットで、カバーに対して使いやすいのが魅力です。

また、ボディの上部にバンジーアームが備わっているのもポイント。足や2本のパドルとは付いている向きが逆なので、フォールスピードは遅めです。なお、よりすり抜け重視であれば、バンジーアームをちぎるのもアリ。汎用性の高いおすすめアイテムです。

第3位 オーエスピー(O.S.P) ドライブビーバー

オーエスピー(O.S.P) ドライブビーバー

やや扁平のボディと肉厚なパドルを採用したホッグ系のソフトルアー。フォールやリトリーブ時はパーツがブルブルと震え、強烈にアピールするのが特徴です。

対カバーに強く、テキサスリグやリーダーレスダウンショットで使うのがおすすめ。なお、サイズラインナップが複数あり、アイテムのよってヒゲがストレートか、カーリーテールかのいずれかに分かれています。

ソフトルアーのおすすめランキング|バックスライド系ワーム

第1位 スミス(SMITH) ファットイカ

スミス(SMITH) ファットイカ

バックスライド系ワームとして定番のソフトルアー。たっぷりと塩が詰まったボディに抵抗となるフラスカートが付いており、ゆっくりと滑り込ませられるのが特徴です。

なお、本製品はスミスのラインナップですが、素材はゲーリーヤマモトのマテリアルを採用。パッケージも同社仕様となっています。

第2位 イマカツ(IMAKATSU) ダイナゴンネオ

イマカツ(IMAKATSU) ダイナゴンネオ

甲殻類を模した高比重のソフトルアー。お尻部分に十分なウエイトがあるので、通常のテキサスリグとしてはもちろん、ノーシンカーのバックスライトセッティングでも扱いやすいのが特徴です。

アームや足、ヒゲも比較的太めで、水中での抵抗が大きいのもポイント。ゆったりとフィールしつつも、カバーのえぐれなどに対してしっかりとキャストできるおすすめのワームです。

第3位 バークレイ(Berkley) パワーグライダー

バークレイ(Berkley) パワーグライダー

やや扁平なフォルムを採用したソフトルアー。キャスタビリティに優れた高比重ボディながら、パーツなどはノンソルト仕様で、カバーに対して積極的に撃てるのが特徴です。

引っ掛かりが少なく、すり抜け感も良好。ボートはもちろん、足元の入り組んだスポットを攻めたいオカッパリアングラーにもおすすめのアイテムです。

ソフトルアーのおすすめランキング|グラブワーム

第1位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 4インチグラブ

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 4インチグラブ

ソフトルアーにおける定番のグラブ。テールの揺らめきで魚を誘えるのはもちろん、たっぷりと塩が入っているので、単体でも自重がしっかりとあるのが特徴です。

テキサスリグやラバージグのトレーラーなど撃ちもの系で使われるほか、スピナーベイトやバズベイトのトレーラーとしてセットすればウエイトアップが見込めるのもポイント。長年多くのアングラーから信頼されているおすすめのワームです。

第2位 デプス(deps) デスアダーグラブ ツインテール

デプス(deps) デスアダーグラブ ツインテール

肉厚のツインテールを備えたソフトルアー。強めの波動と水押しでアピールするのが特徴で、縦の動きでも横の動きでも使えます。

ボディ部分は大きく比重がありながらも、テールのサイズも大きいので抵抗となるのも魅力。もともと表層を引くグラビンバズがしやすいワームなので、スイムジグのトレーラーとして使うのもおすすめです。

第3位 ストライクキング(Strike King) レイジベビーメナス

ストライクキング(Strike King) レイジベビーメナス

バタバタと動くツインテールタイプのソフトルアー。ボディサイズが長く、ロングシャンクタイプのフックでもセットしやすいほか、ジグトレーラーとしても使えるのが特徴です。

フォールやリトリーブ時は水泳のドルフィンキックやバサロのような感じでスイングし、アピール力は高め。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ソフトルアーのおすすめランキング|カーリーテールワーム

第1位 ZBC デッドリンガー

ZBC デッドリンガー

大きなカーリーテールを備えたソフトルアー。リングワームにもカテコライズされるアイテムですが、サイズラインナップとしては3種類あり、特に6インチと8インチはビッグバスにも効果を発揮します。

おすすめの使い方としてはテキサスリグによるスイミング。根がかり回避能力が高いスピナーベイトでも引きにくいエリアを攻略する際に有効です。

第2位 ケイテック(KEITECH) マッドワグ

ケイテック(KEITECH) マッドワグ

ロングカーリーテールが特徴的なソフトルアー。放置した場合でもなまめかしく動くのがポイントで、存在感をしっかりと示せます。

また、オフセットフックのハリ先をリブ内部に隠せるのも魅力。ラインナップとしてはオリジナルモデルの7インチのほか、2.5インチと3.5インチのミニ、4.5インチのスリム、8インチと11インチのロングを用意しています。

第3位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 8インチワーム

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 8インチワーム

細身のロングボディとカーリーテールを採用したソフトルアー。同社のなかではやや地味な存在ですが、シリーズとして複数のサイズラインナップが揃っています。

使い方としてはさまざまなリグと組み合わせることが可能。特にウィードレイクで「マキマキ」と呼ばれるテキサスリグのスイミング、キャロライナリグによるズル引きなど、広範囲を探る際におすすめです。

ソフトルアーのおすすめランキング|虫系ワーム

第1位 バークレイ(Berkley) アオキムシ

バークレイ(Berkley) アオキムシ

ボディにラバーを通してあるソフトルアー。いわゆるフローティングで使う虫系ワームで、ピリピリと動かすことで波紋を出すのが特徴です。

中空構造で浮力が高く、操作しやすいのもポイント。フックはマスバリちょん掛け、ラインは水面に浮きながらも強度が高いPEラインを使用するのがおすすめです。

第2位 オーエスピー(O.S.P) オリカネムシ

オーエスピー(O.S.P) オリカネムシ

By: o-s-p.net

ヘッドにカップが備わっているソフトルアー。虫系ワームにポッパーの要素がプラスされており、使い方によってはポップ音やスプラッシュを出せるのが特徴です。

アームや足も太く、水面で抵抗となるのもポイント。短い移動距離でもしっかりと波紋を出し、周囲に存在感を示せます。事前にフックが備わっているほか、腹部にV字ガードが用意されているのも魅力です。

第3位 デュオ(DUO) レアリス ニンムシ

デュオ(DUO) レアリス ニンムシ

トータルバランスに優れた虫系ワーム。フローティングタイプのソフトルアーながらソルトを混入しており、飛距離が出せるのが特徴です。

伸縮性のあるボディを採用しており、耐久性が高いのもポイント。内部には毛のような天然ファイバーが練りこまれており、昆虫のリアルさを追求しているのも魅力です。着水音の静かさやパーツの動きによる波紋など、細部にまでこだわりを感じるアイテムなので、虫パターンを実践したい方はぜひチェックしておきましょう。

ソフトルアーのおすすめランキング|その他

第1位 スタンレー(Stanley) リビット

スタンレー(Stanley) リビット

浮力の高いトード系ワーム。もともとはフロッグとバズベイトの中間のような役割で使われていた表層系のソフトルアーですが、バタバタと激しく動く足は水中でも効果的で、スイムジグなどのトレーラーとしても使われるアイテムです。

なお、ボディにはスリットが入っており、フックが刺しやすいのもポイント。ハリはワイドタイプで、やや大きめをチョイスするのがおすすめです。

第2位 ZBC ホーニートード

ZBC ホーニートード

肉厚のボディに内向きのテールを備えたトード系のソフトルアー。ノーシンカーでもしっかりとキャストできるほどのがあるので、オフセットフックを採用すれば引っ掛かりをあまり気にすることなく、表層カバーを引けるのが特徴です。

また、比較的お手頃価格ながら1パッケージあたりの個数が多く、コスパも良好。気兼ねなく入り組んだスポットにも撃ち込めるおすすめのアイテムです。

第3位 ディスタイル(DSTYLE) フーラ

ディスタイル(DSTYLE) フーラ

葉っぱのような形状をしたリーチ系ワーム。現代のソフトルアーのジャンルとしてはやや少数派となっていますが、魅惑的な動きは健在で、水中に漂わせているだけもバイトを誘えるのが特徴です。

リグとしてはダウンショットがメインとなり、根がかりが多いところではオフセットフック、より喰わせ重視であればマスバリを使うのがおすすめ。セッティング方法としては縦刺し、横刺しのどちらも可能で、ベイトフィッシュの動きを意識したい場合は前者を、尾っぽを上下にヒラヒラと動かしたい場合は後者をチョイスしましょう。

第4位 ジャクソン(Jackson) パドルパーフェクション

ジャクソン(Jackson) パドルパーフェクション

やや硬めの素材を採用したパドルテール。すり抜けに優れているほか、着底後の倒れ込みアクション、ハングオフによる不規則なスライトなど、釣れる要素が詰まっているのが特徴です。

テキサスリグやリーダーレスダウンショットによるカバー撃ち、また、ヘビーダウンショットリグによる縦スト狙いなど、特にマッディーウォーターのフィールドで威力を発揮。しばらくパドルテールを使っていなかったアングラーはぜひチェックしてみてください。