白物家電の定番である冷蔵庫は、省エネの競争が落ち着き、冷凍室や野菜室の機能強化が近年のトレンド。特に後者の向上は顕著で、野菜の酸化や乾燥を抑え、鮮度や品質を維持することに注力しています。

そこで今回は、冷蔵庫の人気メーカー5社をランキング形式で解説しつつ、需要の高いファミリー向け400~550Lクラスのモデルを特集し、おすすめ製品をご紹介します。

メーカーの選び方

81G60IUdVKL._SL1500_

By: amazon.co.jp

最新の冷蔵庫では、基本性能に関して、メーカー間の差はほとんどありません。ポイントとなるのは基本性能ではなく、メーカーならではの「独自機能」です。それぞれこだわっているポイントが異なります。

独自機能が自分のライフスタイルに合っていれば、日々の生活がより便利になります。スペックやデザインも大切ですが、まずはメーカーがどのような機能に注力しているのかを知ることが大切です。

冷蔵庫のおすすめメーカーランキング

第1位 日立(HITACHI)

51mpeoq9-1l

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫は、独自技術で鮮度をキープしてくれるのが特長です。「真空保存」や「プラチナ触媒」といった技術によって、食材が呼吸するのを抑制。おいしさや栄養素を長い時間保ってくれます。

また、業務用冷蔵庫のノウハウを生かした高度な冷蔵技術と、耐久性の高い冷蔵庫の心臓部であるコンプレッサーは、「技術の日立」と言われる由縁。技術力と信頼性の高さが特徴のおすすめメーカーです。

第2位 三菱電機(MITSUBISHI)

41qrnacybtl

By: amazon.co.jp

三菱の冷蔵庫は、冷凍機能の豊富さが特徴。生の鮮度を重視なら「氷点下ストッカーD」、2~3週間の保存なら、「切れちゃう瞬冷凍」、さらに長い保存なら「しっかり冷凍室」と食材の使い方に応じた冷凍の使い分けができるのがおすすめポイントです。

特に独自の「切れちゃう瞬冷凍」は、魚や肉などを解凍不要ですぐに調理できる便利な機能。主婦・主婦の方や、仕事で帰りが遅くなってしまう方に評判です。設置スペースが狭い場所でも、たくさん冷蔵できる「置けるスマート大容量」モデルなのも魅力です。

第3位 シャープ(SHARP)

61d3rPTWGCL._SL1500_

By: amazon.co.jp

独自のプラズマクラスターによる強力な脱臭殺菌効果と、冷蔵室の使い勝手のよさが特徴のシャープ。左右どちらでも開く「どっちもドア」や、庫内を見やすく整理できる「4切り名人」、斜め配置で取り出しやすいドアポケットなど、庫内の棚やドア部分の使いやすさが、特に魅力です。

大きな食品でもスッキリ収納できるクラスNo.1の大容量メガフリーザーも使い勝手良好。シャープは、女性開発者を中心とした商品開発で、ユーザー目線の使いやすい冷蔵庫に定評があり、おすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic)

518lao7p1wl

By: amazon.co.jp

パナソニックは、コンプレッサーを本体上部に搭載したトップユニット方式を採用しているのが特長。野菜室や冷凍室の容量が大きいだけでなく、食材を取り出しやすいというメリットもあります。マイナス3℃の低温で肉や魚の鮮度をキープする「微凍結パーシャル」や、適切な湿度に調節して野菜の鮮度保つ「Wシャキシャキ野菜室」も便利です。

そのほか、高い脱臭抗菌効果がある「ナノイー」発生機能やエコナビによる省エネ機能など、機能も充実。多機能で収納力の高い冷蔵庫を探している方におすすめのメーカーです。

第5位 東芝(TOSHIBA)

51gtz7ueefl

By: amazon.co.jp

東芝の冷蔵庫は、冷凍庫よりも冷蔵庫の中心に配置した「真ん中野菜室」が特長。加えて、野菜の鮮度を落とさずに冷凍できる「野菜そのまま冷凍」機能など、野菜の鮮度を重視しています。

また、東芝は温度管理にムラがなくなるように、2つの冷却機を採用するなど、冷蔵能力にも優れています。サイズを変えずに大容量化した「マジック大容量」も特長。同じ設置スペースでも、たくさんの食材を入れられるので、省スペースを考えている方におすすめです。

日立の冷蔵庫代表作・おすすめモデル

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 GSシリーズ R-GS5100H

日立のGSシリーズは、両開きのメインドアを含めた6ドアの冷蔵庫です。本体サイズが奥行き以外変わらない505Lと475Lの2タイプが展開されています。カラーは定番のホワイト、または黒基調のキッチンによく馴染みそうなブラウンの2種類から選べます。

「真空チルドルーム」は日立の独自機能。真空ポンプによってチルドルーム内の空気を吸引して0.8気圧の真空状態を作り出し、酸化を防ぎます。真空チルドルームは冷気が食品に直接当たらない密閉構造なので、乾燥も抑制。食品を新鮮に保つのはもちろん、開封してしまったハムやチーズをラップせずに保存できます。

もうひとつのポイントは「うるおい野菜室」。野菜室全体がカバーで密閉されているので、水分を閉じ込めて乾燥を防いでくれます。余分な水分は放出し、適切な水分量を維持して結露を抑制。野菜を買い置きする方におすすめの機能です。

外装には、汚れが拭き取りやすく、傷がつきにくい強化処理ガラスを採用した「クリスタルドア」が採用されています。高級感のあるルックスが魅力ですが、ドア表面にマグネットが付かない点には注意しましょう。

日立(HITACHI) 5ドア冷蔵庫 Sシリーズ R-S4000H

Sシリーズは、片開き5ドア、真空チルドルームに加えて新鮮スリープ野菜室を搭載した冷蔵庫です。容量は501Lと401Lの2種類で、それぞれ10Lと8Lの真空チルドルームを内蔵しています。カラーはシャンパンとホワイトの2色展開なので、キッチンの雰囲気に合わせて選択可能。通常の右開きタイプだけでなく、左開きタイプもリリースされています。

新鮮スリープ野菜室には、プラチナ触媒が採用されているのがポイント。接触したニチレンガスやニオイ成分を分解してガス濃度を上昇させることで、野菜の呼吸活動を抑え、眠るように保存できます。栄養素の減少を抑えることができ、野菜の新鮮さが長持ちします。食材を買いだめするタイプの方におすすめです。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 XGシリーズ R-XG5100H

XGシリーズは、真空チルドルームや新鮮スリープ野菜室はもちろんのこと、デリシャス冷凍やスポット冷蔵といった冷蔵・冷凍機能も充実したハイスペックなプレミアムモデルです。容量は670Lから430Lまでの6タイプから選択可能。カラーリングはブラウン・シャンパン・ホワイトの3色展開です。キッチンのサイズやインテリアに合わせやすい冷蔵庫です。

「デリシャス冷凍」は、細胞の破壊を抑えつつ冷凍できる技術です。ポイントは大型アルミトレイ。アルミが食材の熱を奪って急速に冷凍することで、本来のおいしさを閉じ込めます。

約2℃の低温冷蔵スペースによる「スポット冷蔵」も魅力です。料理や惣菜など調理済みの食品もおいしさをそのままに、鮮度が長持ち。その一部分に搭載されたオート急冷却スペースでは、センサーで温度を検知して自動で風量を調整するので、温かいままの食材を入れても急冷却してくれます。忙しいときにうれしい便利な機能です。

日立の冷蔵庫に関しては、以下の記事で詳しくまとめています。参考にしてみてください。

三菱の冷蔵庫代表作・おすすめモデル

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 Bシリーズ MR-B46C

三菱のBシリーズは、スリムなボディでありながら大容量の冷蔵庫です。カラーリングはピュアホワイトとフローラルの2パターン。右開きと左開きモデル両方を展開しています。

冷蔵室の下段には「氷点下ストッカーD」を搭載。氷点下でも凍らないという過冷却現象を利用した三菱独自の機能です。すぐには食べないような肉や魚をマイナス3℃から0℃で冷凍せずに保存できるので、鮮度が長持ちします。解凍の手間が省けるのもうれしいポイント。

3ドアの冷凍室の一部は「切れちゃう瞬冷凍」に対応しています。通常の冷凍室より10℃ほど温度が高いマイナス7℃での冷凍が可能。取り出した食材にすぐさま包丁が入るので、調理がスムーズです。熱いままのごはんを冷凍したいときは、タッチパネルにワンタッチで急速な瞬冷凍を開始します。うまみ成分を逃がしにくいのが特長です。もちろん通常の冷凍室も搭載しています。大容量なので冷凍食品をまとめ買いしても安心。急速冷凍で買い物後の保存もバッチリです。

また、野菜用の「クリーン朝どれ野菜室」にもこだわりが見受けられます。内蔵された3色LEDにより、野菜の緑化を促進させるだけでなく、ビタミンCや糖度をアップさせることができます。野菜をいつでもおいしく食べたいという方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 WXシリーズ MR-WX52C

WXシリーズはガラスドアを採用した高級感漂う6ドアの冷蔵庫です。MR-WX52Cは517Lですが、ほかにも700L・600L・470Lの容量も展開しています。カラーリングはホワイト・フローラル・ブラウンから選択可。「氷点下ストッカーD」「切れちゃう瞬冷凍」といった三菱の魅力である冷凍機能を搭載しています。

省エネ・節電機能が充実しているのもポイント。「部屋別おまかせエコ」機能によって、冷凍室を開け閉めするときはしっかりと冷やして、就寝中は電力をセーブするなど、各家庭での使い方に合わせて、賢く省エネしてくれます。電気代を抑えたい方におすすめの冷蔵庫です。

シャープの冷蔵庫代表作・おすすめモデル

シャープ(SHARP) 6ドア冷蔵庫 SJ-GX50D

スタイリッシュなデザインが印象的な6ドアの冷蔵庫。カラーリングはレッド・ブラウン・ホワイトの3種類です。プラズマクラスターを放出するユニットが搭載されているのが特長。チルドルーム内の雑菌を抑えて、食材の鮮度を保持できます。

野菜を雪の下に置いて鮮度を保つという雪国の知恵を利用した「雪下シャキット野菜室」も魅力。野菜室を低温、高湿状態に維持することで、しゃきっとした野菜を長く保存できます。また、野菜の甘みが引き立つのもメリットです。

冷凍ケースを自由に仕切ることができる「4切り名人」を備えた大容量の冷凍室もポイント。ハンドルを縦・横・斜めに移動させるだけで、簡単にスペースを作ることが可能です。冷凍室の収納量がアップするだけでなく、食材が取り出しやすくなります。冷凍室を多用する方におすすめの冷蔵庫です。

パナソニックの冷蔵庫代表作・おすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-F473XPV

175cmの高さがポイントの6ドア冷蔵庫です。通常の冷蔵庫と比べて少し背が低いので、最上段に手が届きやすくなっています。容量は470Lで、カラーリングはシャンパンゴールドとホワイトの2パターン。

1週間新鮮であることを目指した「微凍結パーシャル」が特長です。マイナス3℃という完全には凍らない絶妙な温度で鮮度を維持。解凍する手間がなく、すぐに調理に取りかかれるほか、下ごしらえの保存にも役立ちます。

野菜室も1週間新鮮がテーマ。湿度を適切にコントロールによって、野菜のしゃきしゃき感を長持ちさせます。パナソニックの独自技術であるナノイーが行きわたり、ポリフェノールやビタミンAなどの残存率をアップ。脱臭効果も期待できます。

東芝の冷蔵庫代表作・おすすめモデル

東芝(TOSHIBA) 6ドア冷蔵庫 VEGETA GR-M460FWX

東芝のFWXシリーズは、高級感のあるミラーガラスが特長の6ドア冷蔵庫です。スイッチ部に軽く触れるだけでドアが自動的に開く「タッチオープン」機能を採用。両手がふさがっているときも簡単に開けられるのが魅力です。サイズ展開は601Lから462Lまでの4種類。シリーズ名のベジータが表すように、野菜室へのこだわりが最大の特長です。

「もっと潤う 摘みたて野菜室」では、新鮮ツイン冷却システムによって1日20回以上もうるおい冷気が循環。野菜の乾燥を抑制します。また、安定した低音・高湿度の環境を作り出すことにより、βカロテン、ビタミンC、ポリフェノールなどの残存率がアップ。野菜の老化を進めるエチレンガスを分解する機能を備えているのもポイントです。

冷凍機能も充実。冷凍室の一部を、生の野菜をおいしく冷凍するゆっくりモードと、肉や魚のうまみを保ったまま一気に冷凍する急速モードに切り替えることができます。

冷蔵庫のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

冷蔵庫のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。