パソコンやスマホなどのデジタル機器への入力に便利な「キーボード」。タイピングのしやすいモデルを選べば、より快適にタイピングでき、作業スピードの向上も期待できます。

今回は、おすすめのキーボードを種類ごとにご紹介。押したときの感触やタイピング音などは、内部の仕組みによって大きく変わります。軽いタッチのモデルなら、指や腕への負担も軽減可能。より快適に使えるキーボードを選びましょう。

キーボードの種類

メンブレンキーボード

By: amazon.co.jp

メンブレンキーボードは、デスクトップパソコンなどに採用されることが多い種類です。比較的安く、耐衝撃性に優れているのが特徴。ラインナップも幅広く、コストパフォーマンス重視の方におすすめの種類です。

内部の仕組みはシンプルで、キーを押すと回路を張り巡らせた上下2枚のシートが接触。電気が流れ、キーの判定をします。

各キーには「ラバードーム」を噛ませているため、打鍵感はゴム特有の柔らかい弾力ある感触。しっかりと押し込む必要があるため、短時間だけ使用する方や、素早さよりも確実性重視の方に向いています。

パンダグラフキーボード

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、主にノートパソコンなどで採用されている種類です。どこを押しても均一に沈み、キーストロークが浅いため戻りもスピーディ。指が疲れにくく、高速タッチタイピングにも向いています。

内部には「ラバードーム」を採用していますが、「パンタグラフ」と呼ばれる構造を採用しているため、打鍵感は軽快。薄型に作りやすく、カバンなどに入れて持ち運ぶ方にもおすすめです。

価格は比較的リーズナブル。持ち運び用など、サブのキーボードとしても便利な種類です。ただ、繊細なパーツを使用しているため、キーを取り外す際はややコツが必要。長期間使う場合は、キーボードカバーなどをかけて、ホコリ対策などをしましょう。

パンタグラフキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

メカニカルキーボード

By: rakuten.co.jp

メカニカルキーボードは、主にゲーミングキーボードなどに採用されることが多い種類です。耐久性に優れているのが特徴。各キーの下部に、金属製のバネを内蔵しているため反発力が強く、キーの戻りもスピーディです。

また、高性能な製品が多く、価格も比較的高価。価格よりも性能を重視する方に向いています。カスタマイズしやすいため、キーのパーツ交換を考えている方にもおすすめの種類です。

ただ、メカニカルキーボードにはさまざまな種類があり、機械軸の違いによって、赤軸・青軸・茶軸・黒軸などに分別されます。打鍵感やタイピング音なども異なるので、好みに合わせて選びましょう。

メカニカルキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式のキーボードは、キーを押したときに静電容量の変化を感知し、入力判定を行う種類です。物理的な接点がないため、底打ち不要。耐久性と静音性に優れているため、オフィスなどでの使用にも向いています。

構造上、必要以上の文字を打ってしまうチャタリングも予防可能。キーストロークが浅く、押下圧が軽いため指への負担を軽減でき、高速タイピングにもおすすめの種類です。

ただ、ホットキーなどを搭載している製品は少なく、有線のモデルがほとんど。また、比較的価格も高めです。エンジニアやプログラマーなど、1日の大半をタイピングしながら過ごす方や、押し心地にとことんこだわりたい方に向いています。

キーボードの選び方

用途で選ぶ

普段使い・ビジネス用

By: rakuten.co.jp

普段使い・ビジネスシーンで使うキーボードを探している方は、キーの反発が少ない長時間快適にタイピングできるモデルがおすすめ。オフィスやカフェなど静かな環境で作業する機会が多い方は、静音性に優れているかもチェックしましょう。

入力方式としては「パンタグラフ方式」か「静電容量無接点方式」を採用したモデルがおすすめ。どちらも比較的軽い打鍵感を実現しており、長時間のオフィスワークでも疲れにくい仕様です。コスパを重視するのであればパンタグラフ方式で十分ですが、価格よりも耐久性や快適なキータッチを重視したい方は静電容量無接点方式のモデルを選んでみてください。

ゲーム用

By: steelseries.com

PCゲームなどをメインで行いたいユーザーであれば、複数キーの同時押しも認識できるゲーミング用のキーボードがおすすめ。入力方式としては「メカニカル方式」のモノがピッタリです。

ゲームプレイ中にボイスチャットを使用する方は静音性に優れた赤軸のメカニカル式キーボードが適しています。また、複雑なコマンドなどを一定のキーにプログラミングできる「マクロ機能」や、複数のキーを連続で入力しても正確に認識できる「アンチゴースト機能」など、便利な機能を搭載したモデルもおすすめ。

プレイスタイルに合った種類のキーボードを選んでみてください。

スマホ・タブレット用

By: elecom.co.jp

スマホ・タブレット用のキーボードを選ぶ際は、Bluetooth接続に対応しているワイヤレスタイプのモデルがおすすめ。また、持ち運びに適したコンパクトなモデルであれば、旅行先や出張先でもサッと取り出してすぐに使えます。

入力方式としては、薄型のパンタグラフ方式のキーボードがピッタリ。できるだけコンパクトにするために、テンキーレスや折りたたみに対応しているかもチェックしましょう。

スマホ・タブレットだけでなく、PCでも使いたい方は複数台同時接続できる「マルチペアリング」に対応しているモデルがおすすめ。どのようなシーンで使いたいかも考慮したうえで検討してみてください。

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: logicool.co.jp

ワイヤレス接続に対応したキーボードは、ケーブルが不要なためデスク周りをすっきりさせられるのが特徴。また、屋外でもサッと取り出して使えるため、持ち運びにも適しています。断線などの心配がないのもうれしいポイントです。

一方、安価なモデルを選ぶとチャタリングや入力の遅延が発生することもあるので注意が必要。電池交換や充電などの手間がかかる点も留意しておきましょう。有線タイプに比べて比較的高価なモデルが多いので、予算を考慮したうえで選んでみてください。

有線

By: elecom.co.jp

有線接続に対応したキーボードは、バッテリーを気にせず長時間使えるのが特徴。また、入力の遅延なども発生しにくく、ストレスなく使えます。価格も比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

一方、有線タイプのキーボードはケーブルで接続している分、ケーブルが届く範囲でしか操作できない点に注意が必要。デスク周りをすっきりさせたい方にはやや不向きです。なかには有線・ワイヤレス両方の接続に対応したモデルも存在するので、気になる方はチェックしてみてください。

テンキーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

デスクワークなど利用シーンによってはテンキーがあると便利です。Excelなどで表計算や会計処理などを行う方や普段からテンキーで数字入力をしている方はテンキー付きのキーボードがおすすめです。

一方、キーボードとマウスを使用している方は、テンキーがあることでキーボードとマウスの距離が離れて使いにくく感じることも。テンキーレスタイプのキーボードはコンパクトで持ち運びしやすいのもメリットです。テンキーがなくても数字や四則計算などの入力は可能なので、利用シーンや作業効率などを考慮したうえで選んでみてください。

日本語配列か英語配列か

By: buffalo.jp

日本で使われているキーボードには「JIS(日本語)配列」と「US(英字)配列」の2種類のキー配列が存在します。双方の違いはキーの数や配置、印字など。JIS配列は日本語変換キーなどキーの数が豊富で、日本語入力に最適化されているのが特徴です。一方、US配列はかなの印字がなかったり、キーの数が少なかったりするため、JIS配列に慣れている方にはやや抵抗があるでしょう。

ただ、US配列はキーが少ない分スッキリとした見た目で、プログラミングなど英字を入力するのにピッタリ。配列は用途や利便性などを考慮したうえで選んでみてください。

メンブレンキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) K295 Silent Wireless Keyboard K295GP

ロジクール独自の「SilentTouchテクノロジー」により、従来モデルと比べて約90%操作音を低減したキーボード。タイピング感やクリック感はそのままに、音だけを低減するため、オフィスやカフェなど静かな環境でも作業に集中できるのが特徴です。

8個のショートカットキーとテンキーを搭載しているのも魅力のひとつ。効率的なデータ入力や簡単なナビゲーションを可能にします。コンパクトなマウスが付属しているので、コスパも良好です。また、キーボードは耐水設計のため、飲み物をこぼしてしまっても安心。

静音性の高いフルサイズキーボードを探している方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) K375s Multi-Device Bluetooth Keyboard + Stand combo

PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスと接続できるBluetooth対応のメンブレンキーボードです。キーボード左上に配置された「Easy-Switchボタン」を押すことで3つのデバイスをシームレスに切り替え可能。滑りにくいラバー採用のスタンドが付属しているので、スマホ・タブレットを立て掛けて使用できます。

テンキー付きのフルサイズキーボードで、四則計算や数字の入力がしやすいのも魅力のひとつ。キーの中心をくぼませたインカーブキーを採用しているので、静かで快適なタイピングができるのもポイントです。

スマホ・タブレットで使える高コスパなキーボードを探している方は検討してみてください。

エレコム(ELECOM) 無線コンパクトキーボード TK-FDM105TXBK

日本語入力がしやすいJIS配列を採用したメンブレンキーボードです。大型のエンターキーや独立して配置された特殊キーの採用により、ミスタイプしにくく快適にタイピング可能。小型のマイクロレシーバーをPCに挿すだけですぐに使用できます。

また、本製品は省スペースに設置できるテンキーレスタイプ。最大1000万回のキーストロークに耐えうる高耐久なキー設計のため、長期的に使えるのもうれしいポイントです。正しい姿勢でタイピングしやすいように傾斜角を2段階で調節できるのも魅力。スタンドには滑り止めがついているので、安定したタイピングが可能です。

長く使える高コスパなキーボードを探している方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) Bluetooth 5.0メンブレンフルキーボード TK-FBM112BK

最大3台までのデバイスを接続できるワイヤレスタイプのメンブレンキーボードです。キー配列は一般的なJIS配列109キーを採用。キーピッチも19mmと一般的なキーボードと同様なので、快適にタイピングできます。

大型のエンターキーや独立して配置されたDeleteやInsertなどの特殊キーを搭載。ブラウザやメディアプレーヤーの機能を操作できる13種類のマルチファンクションキーを搭載しているのもポイントです。

また、2段階の角度調節が可能なタブレットスタンドを付属。スマホ・タブレットで使える高コスパなキーボードです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBキーボード SKB-L1UBK

しっかりとした深い押し心地で正確なタイピングができるメンブレンキーボードです。配列にはJIS配列を採用しており、日本語入力がしやすいのが特徴。有線タイプのため入力の遅延が起こりにくく快適に使用できます。

インターネットやメールソフト、ミュートなどをワンタッチで操作できる便利なショートカットキーを搭載。矢印キーの位置をやや下にずらすことで、優れた操作性を実現しています。防水・防滴仕様ではありませんが、液体がこぼれたときのためにキーボードの背面から排水できる機能を備えているのもポイントです。

一般的な配列やキーピッチで汎用性が高いのも魅力。キーボードにとくにこだわりがなく、できるだけコストを抑えたい方におすすめです。

パンダグラフキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) MX KEYS Advanced Wireless Illuminated Keyboard KX800

エンジニアやプログラマーを想定して作られたパンタグラフキーボードです。メタルプレートを採用した厚さわずか約20mmの薄型設計。4時間のフル充電で約5ヵ月間バッテリーが持続するロングバッテリー仕様です。

手を近づけた瞬間にキーが点灯し、ユーザーが離れると自動で消灯する「スマートイルミネーション」を搭載。キートップの文字が識別しやすいのが魅力です。最大3台まで同時接続できるマルチペアリングに対応しているのもポイント。

ワイヤレスで長時間快適にタイピングできるキーボードを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) Multi-Device Bluetooth Keyboard K380

コンパクト設計でスマホやタブレットでも快適に使えるパンタグラフキーボードです。最大3台までのマルチペアリングに対応しており、「Easy-Switchボタン」でシームレスに接続を切り替えられるのが特徴。Windows・Mac・iOS・AndroidなどのOSを自動的に認識するため、キー通りの入力ができます。

持ち運びやすいコンパクト設計で、屋外で作業したい方にもピッタリ。単4形乾電池2本で約2年間使える省エネ設計です。

比較的リーズナブルに購入できるのも魅力。スマホやタブレットで使える高コスパなキーボードを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) タッチパッド搭載ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01PBK

タッチパッドを搭載したBluetooth接続タイプのパンタグラフキーボードです。折りたたみに対応しているコンパクト設計。ポケットにもすっきり収まるので、旅行先や出張先で作業したい方におすすめです。

Windows・Android用配列とiOS配列をボタンで切り替えて使用可能。どのOSでもキーボードの印字どおりのキー入力ができます。また、ボリューム調節やメディアプレーヤーの操作が行える10種類のマルチファンクションキーを搭載しているのも魅力です。

携帯性と機能性を兼ね備えたキーボードを探している方はチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) BSKBB310

安定したタイピングが可能なワイヤレス接続タイプのパンタグラフキーボードです。グラつかないパンタグラフ構造とキーボードを下から支えるラバードーム構造を採用。まっすぐキーを押し込めるため、正確かつ安定したキータッチ感を得られるのが特徴です。

Bluetooth3.0対応で、最大10mの距離でも通信が可能。PCはもちろん、スマホやタブレット、PS4などのゲーム機でも使用できます。最大3台まで同時接続できるマルチペアリングに対応しているのも魅力です。

単4形乾電池2本で約2〜3年使える省エネ設計なのもうれしいポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

アップル(Apple) Magic Keyboard 英語 MRMH2LL/A

テンキーを搭載したApple純正のパンタグラフキーボード。スペースグレー仕上げの高級感あるデザインで、デスクをスマートに見せられるのが特徴です。フルサイズキーボードのため、数字入力もしやすく効率よく作業できます。

キーの運びを最適化し、低いフォルムを採用しているため、正確かつ快適なタイピングが可能。それぞれのキーの下にある「シザー構造」により、安定性を向上させているのもポイントです。また、1回の充電で約1ヵ月使用できる省エネ設計のバッテリーを内蔵しています。

Mac・iPhone・iPadなどと高い互換性を備えているので、Apple製品を愛用している方におすすめのキーボードです。

メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) PRO X Gaming Keyboard G-PKB-002 青軸

キースイッチの交換に対応したテンキーレスのメカニカルキーボードです。プレイスタイルに応じて一部またはすべてのキーを交換できる、優れたカスタマイズ性を備えているのが特徴。スイッチはクリック音がある「クリッキー」が標準搭載されており、別売りで正確にタイプできる「タクタイル」や、なめらかなタッチが魅力の「リニア」に変更できます。

「LIGHTSYNC RGBライト」を使用することで重要なキーをハイライトすることも可能。オンボードメモリにプログラミングできるので、持ち運んでも好みのライティングを楽しめます。

マクロ機能も搭載しており、複雑なコマンドも最大12個プログラム可能。デザイン性と機能性ともに優れたおすすめのゲーミングキーボードです。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UKBK

激しいキー入力にも耐えうる優れた耐久性を備えたメカニカルキーボード。ゲーミングキーボードとしては比較的リーズナブルに購入できるので、これからeスポーツを楽しみたい初心者の方にもおすすめです。

すべてのキーの同時入力ができるNキーロールオーバーに対応しているのも魅力。多岐にわたるゲームにおいて、ほとんどの操作を取りこぼすことなく実現できます。プレイ中に不意にゲームが中断するのを防げる「ゲーミングモード」を搭載しているのもうれしいポイント。

JIS配列を採用しているため、チャットなども快適に入力可能。高コスパで利便性に優れたゲーミングキーボードを探している方もチェックしてみてください。

スティールシリーズ(SteelSeries) Apex Pro TKL JP

「OmniPoint」スイッチを搭載した有線タイプのメカニカルキーボードです。0.4〜3.6mmの間で10段階に調節可能なアクチュエーションポイントにより高速な動作を実現しています。

キースイッチが物理的に接触する部分がないため、摩耗や経年変化が少ないのも魅力。キーボードの右上には、ゲームからの通知や動作のカスタマイズ、画像などを表示できる有機ELスマートディスプレイを搭載しています。

ゲームに特化した機能を多数搭載しているので、eスポーツなど本格的にゲームをプレイしたい方におすすめです。

レイザー(Razer) BlackWidow V3 TKL JP Classic Edition Green Switch RZ03-03491400-R3J1

スマートな形状でパフォーマンスを発揮する高性能なメカニカルキーボードです。クリック感とタクタイル感に優れたグリーンメカニカルスイッチを採用。メカニカルスイッチは8000万回のキーストロークにも耐えうる高い耐久性を実現しています。

1680万色とエフェクトから選択してライティングをカスタマイズできるのも魅力のひとつ。Chroma対応ゲームをプレイする際にダイナミックなライティングエフェクトを実現し、ゲームへの没入感を高めます。

プログラム可能なキーが搭載されており、それぞれカスタムプロファイル、キーバインド、マクロの設定が可能。カスタマイズ性と機能性を兼ね備えたゲーミングキーボードを探している方におすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) GK320 青軸

軽いキータッチが魅力の青軸スイッチを採用した有線タイプのメカニカルキーボードです。メカニカルスイッチは最大5000万回のキーストロークに耐えうる耐久性能を備えているのが特徴。JIS配列108キー仕様で、チャットなども快適に入力できます。

RGB LEDライティングを搭載しており、ゲームへの没入感を味わえるのも魅力のひとつ。キーキャップは取り外し可能なので、間に挟まったゴミやホコリも簡単にお手入れできます。

ほかのメカニカルキーボードに比べてもリーズナブルに購入できるので、コスパを重視して選びたい方もチェックしてみてください。

静電容量無接点方式キーボードのおすすめモデル

東プレ(Topre) REALFORCE TKL R2TL-JP4

インジケーターのLEDカラーを7色から選べる静電容量無接点方式キーボードです。指への負担が軽く、長時間のキー入力操作も快適に行えます。テンキーレスモデルなので、デスクにコンパクトに設置できるのも特徴です。

フルNキーロールオーバーに対応しており、高速入力時に同時押ししても正しく認識。タイピングの速いプロのオペレーターやエンジニアの方にもおすすめのキーボードです。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB R2A-JP4G

独自のAPC機能により優れた高速入力を実現した静電容量無接点方式キーボードです。キーストロークの深さを1.5mm・2.2mm・3mmの3段階から調節可能。ゲームに応じてキースイッチの反応速度を最適化できます。

フルNキーロールオーバーに対応しており、高速入力時に同時押ししても正確に認識されるのも魅力のひとつ。1680万色から設定できるLEDバックライトを備えているので、見た目でも楽しめます。快適なタッチを実現した高性能なキーボードを探している方におすすめです。

東プレ(Topre) REALFORCE SA for Mac R2SA-JP3M

Macに最適化された静電容量無接点方式キーボード。Mac標準のJIS配列を採用しており、快適な日本語入力を実現しています。Mac専用ソフトをインストールすることで、CapsLockとCtrlキーの入れ替え、インジケーターLEDの色設定など細かいカスタマイズをできるのが特徴です。

また、それぞれのキースイッチのオン位置を3段階で調節できるAPC機能を搭載。キーの反応速度をシーンに応じて最適化できます。フェザータッチと呼ばれる軽い押し心地を実現しているのも魅力のひとつ。Macユーザーで快適なタイピングを求めている方におすすめのキーボードです。

ピーユーエフ(PUF) HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列 PD-KB800

高速入力に適した高性能な静電容量無接点方式キーボードです。長時間でも疲れにくい快適な打鍵感を実現。静電容量無接点方式としては珍しいワイヤレス接続に対応しているのも特徴です。

最大4台までのデバイスに同時接続できるマルチペアリングに対応。ショートカットキーを使うことで、シームレスに接続デバイスを切り替えられます。USB Type-Cコネクタによる有線接続も可能です。

高速なタイピングが可能なうえ、US配列を採用しているため、エンジニアやプログラマーの方にも適しています。

ピーユーエフ(PUF) Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列 PD-KB600

合理的なキー配列を採用したUS配列の静電容量無接点方式キーボードです。コンビネーション打鍵により必要最小限のキーだけに抑え、コンパクトボディを実現。コンパクトながらキーピッチは19.05mmと一般的なキーボードと変わらないので、ミスタイプの少ない快適なタイピングが可能です。

Bluetooth3.0のワイヤレス接続にも対応しており、PCだけでなくタブレットなどともペアリング可能。電池駆動のため、バッテリー劣化などを気にせず、長期的に使えます。スタイリッシュで高級感あるデザインも魅力のおすすめキーボードです。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。