パソコンやスマホなどのデジタル機器への入力に便利な「キーボード」。タイピングのしやすいモデルを選べば、より快適にタイピングでき、作業スピードの向上も期待できます。

この記事では、おすすめのキーボードを種類ごとにご紹介。押したときの感触やタイピング音などは、内部の仕組みによって大きく変わります。軽いタッチのモデルなら、指や腕への負担も軽減可能。より快適に使えるキーボードを選びましょう。

キーボードの種類

メンブレンキーボード

By: amazon.co.jp

メンブレンキーボードは、デスクトップパソコンなどに採用されることが多い種類です。比較的安く、耐衝撃性に優れているのが特徴。ラインナップも幅広く、コストパフォーマンス重視の方におすすめの種類です。

内部の仕組みはシンプルで、キーを押すと回路を張り巡らせた上下2枚のシートが接触。電気が流れ、キーの判定をします。

各キーには「ラバードーム」を噛ませているため、打鍵感はゴム特有の柔らかい弾力ある感触。しっかりと押し込む必要があるため、短時間だけ使用する方や、素早さよりも確実性重視の方に向いています。

パンダグラフキーボード

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、主にノートパソコンなどで採用されている種類です。どこを押しても均一に沈み、キーストロークが浅いため戻りもスピーディ。指が疲れにくく、高速タッチタイピングにも向いています。

内部には「ラバードーム」を採用していますが、「パンタグラフ」と呼ばれる構造を採用しているため、打鍵感は軽快。薄型に作りやすく、カバンなどに入れて持ち運ぶ方にもおすすめです。

価格は比較的リーズナブル。持ち運び用など、サブのキーボードとしても便利な種類です。ただ、繊細なパーツを使用しているため、キーを取り外す際はややコツが必要。長期間使う場合は、キーボードカバーなどをかけて、ホコリ対策などをしましょう。

パンタグラフキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

メカニカルキーボード

By: rakuten.co.jp

メカニカルキーボードは、主にゲーミングキーボードなどに採用されることが多い種類です。耐久性に優れているのが特徴。各キーの下部に、金属製のバネを内蔵しているため反発力が強く、キーの戻りもスピーディです。

また、高性能な製品が多く、価格も比較的高価。価格よりも性能を重視する方に向いています。カスタマイズしやすいため、キーのパーツ交換を考えている方にもおすすめの種類です。

ただ、メカニカルキーボードにはさまざまな種類があり、機械軸の違いによって、赤軸・青軸・茶軸・黒軸などに分別されます。打鍵感やタイピング音なども異なるので、好みに合わせて選びましょう。

メカニカルキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

静電容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式のキーボードは、キーを押したときに静電容量の変化を感知し、入力判定を行う種類です。物理的な接点がないため、底打ち不要。耐久性と静音性に優れているため、オフィスなどでの使用にも向いています。

構造上、必要以上の文字を打ってしまうチャタリングも予防可能。キーストロークが浅く、押下圧が軽いため指への負担を軽減でき、高速タイピングにもおすすめの種類です。

ただ、ホットキーなどを搭載している製品は少なく、有線のモデルがほとんど。また、比較的価格も高めです。エンジニアやプログラマーなど、1日の大半をタイピングしながら過ごす方や、押し心地にとことんこだわりたい方に向いています。

キーボードの選び方

用途で選ぶ

By: logicool.co.jp

使う場面が明確な場合は、用途に合った種類のキーボードを選ぶのがおすすめです。たとえばノマドワーカーなど、持ち運びやすさ重視の方には、スマホやタブレットなどとも簡単に接続できるBluetooth接続に対応したモデルが向いています。

また、テンキーレスならコンパクトに持ち運びできます。種類としては、スマートに収納できる薄型のパンタグラフがおすすめです。

一方、オフィスで使用する場合は、軽い力でタイピングできる、静電容量無接点方式の種類がおすすめ。長時間タイピングしても疲れにくく、高速タイピングが可能です。

また、主にパソコンゲームなどで使用する場合は、複数キーの同時押し対応だと便利。ボイスチャットを使う場合は、静音性に優れた赤軸のメカニカルキーボードなどがおすすめです。

接続方法で選ぶ

By: elecom.co.jp

キーボードの接続方式は、どの種類でも有線と無線の2種類があります。

有線タイプのメリットは、バッテリーを気にせず長時間使える点です。価格も比較的安いので、コストパフォーマンス重視の方におすすめ。ただ、ケーブルが邪魔になったり、移動範囲が限られたりします。

一方、無線タイプの場合は、デスク周りをすっきりとさせやすいのがメリットです。ケーブルがないため断線などの心配がなく、持ち運びも簡単にできます。ただ、入力時にラグが生じやすく、定期的に電池交換や充電が必要。価格も比較的高い傾向にあります。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、使用シーンや好みに合わせて選びましょう。

機能で選ぶ

便利な機能を搭載したモデルなら、より快適なタッチタイピングができます。たとえば、ホットキーを搭載しているモデルなら、特定の機能をワンボタンで実行可能。ミュートや音量調節などが手軽にできます。

また、キーの間に隙間があるアイソレーション設計のモデルは、タイピングミスの軽減に便利。主にメカニカルや静電容量無接点方式の種類で採用されているので、確実に素早くタイピングしたい方は注目してみてください。

ほかにも、タッチパッドを搭載したモデルや、テンキーを搭載したモデルなど、さまざまなモデルがあります。とくに軽量薄型の種類はシンプルな機能になりがちなので、使いたい機能があるかよく確認しましょう。

メンブレンキーボードのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) 無線コンパクトキーボード TK-FDM105TX

使い勝手がよく安価なキーボードです。コストパフォーマンス重視の方におすすめ。ワイヤレスタイプかつテンキーレスのため、デスク周りを広く使いたいときにも便利です。

また、単3電池1本で約4年間使用可能と、電池持ちも良好。使用しないときは電源を切れるため、より長持ちします。電池残量表示ランプも搭載しており、常にベストなコンディションで使用可能です。

特殊キーは右側に独立しており、エンターキーは大型のモノを採用。キーピッチも19mmの標準サイズで、メインキーボードとしてもおすすめです。

底部には角度調節スタンドがついており、2段階で調節が可能。さらに、防水設計ではないものの、排水機構がついているので、液体をこぼしても背面から排出できます。キーにレーザー刻印を施すなど耐久性にも優れ、人気のあるキーボードです。

コルセア(Corsair) ワイヤレスエンターテインメントキーボード K83

パソコンゲームなどにも使いやすいキーボードです。右側にジョイスティックを搭載しており、ゲームパッドのように使えるのが特徴。ボリューム専用ローラーもあり、音楽やゲームの音量を簡単に調節できます。

また、モダンなデザインのタッチパッドも搭載。クリックやマウスカーソルの移動なども簡単です。4本指操作など、多種類のジェスチャーに対応しています。

さらに、専用の「CORSAIR ICUE ソフトウェア」を使えば、ジョイスティックなどのカスタマイズも可能。ホットキーや20個のキーロールオーバーにも対応しており、押したいボタンに素早く指が届きます。

Bluetoothのほか、安定した2.4GHz帯ワイヤレスによる接続が可能。最長40時間の連続使用や、USB有線接続で充電しながらの使用もでき、長時間にわたる白熱したゲームプレイにも使えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBキーボード SKB-L1U

メンブレン式の使い心地を試したい方や、とにかく安いモデルが欲しい方におすすめのキーボードです。キーストロークが2.4±0.1mmと長いため、しっかりとした打鍵感が得られます。

19mmのキーピッチを採用しており、メインキーボードとしても十分使用可能。キーサイズはそのままに余分な縁を省いているため、デスクを広く使いたい方にもおすすめです。

また、3種類のホットキーを搭載。インターネット・メール・消音に対応しています。さらに、スペースキーを広く設計しており、使い勝手も良好です。

背面には排水穴が開いているため、万が一飲み物などをこぼした場合も排水可能。底部にはスタンドもついており、机の高さや好みに合わせて使用できます。

パンダグラフキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Bluetooth マルチデバイス キーボード K480

スマホやタブレットなどとの接続にも便利なパンタグラフキーボードです。キーボード本体にスタンド機能がついているため、スマホなどへの入力も快適。最大3台までマルチペアリングでき、多種類のデバイス間もダイアルで簡単に切り替えられます。

また、ショートカットキーが複数種類のデバイスに対応しているのも魅力。WindowsとMacなど、OSが異なる多種類のデバイスを行き来する際にも便利です。

テンキーレスのコンパクトモデルなので楽に持ち運べます。キーピッチは19mmと標準的で、メインキーボードとしても十分。比較的安いモデルですが、長期的に使えるおすすめのモデルです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレス ソーラーキーボード K750r

ソーラーパネルを搭載したキーボードです。屋内の人工光でも充電可能。レシーバーを挿して使用するワイヤレスタイプですが、光のある場所なら、いつでも充電して使用できます。

蓄積電力だけで3ヶ月以上使用できるので、バッテリー持ちを重視する方にもおすすめ。専用アプリをダウンロードすれば、電池残量や受光量も手軽に確認できます。

また、薄さ約7.5mmなので、使用しないときは本棚などに立てて収納可能。独自の凹型キーを採用しており、静かで快適にタイピングできます。光沢感のあるスタイリッシュなデザインもおすすめのポイントです。

エレコム(ELECOM) 無線超薄型コンパクトキーボード TK-FDP099T

使い勝手のよいワイヤレスタイプのキーボードです。シンプルな機能を搭載した安いモデルで、手軽に使いたい方におすすめ。レシーバーを挿すだけの簡単接続で、すぐに使い始められます。

入力モードもWindowsとMacの両方に対応。12種類のマルチファンクションキーも搭載しており、使いたいアプリや機能に素早くアクセス可能です。

最薄部は約6.5mmとスマートで、持ち運びに便利。キートップ下に鉄板を内蔵しており、カジュアルな扱いもできます。テンキーを搭載したフルサイズでキーピッチは19mm。メインキーボードとしても十分使えるモデルです。

メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Gシリーズ LIGHTSYNC RGBメカニカル ゲーミング キーボード G512

ビジネスやゲーム用など、多種類の用途で快適に使えるメカニカルキーボードです。コマンドのカスタマイズやホットキーに対応。不要なキーを無効化するゲームモードや、バックライトの切り替えなども手軽に行えます。

また、本製品は青軸・茶軸・赤軸の3種類あり、好みの軸がある方にもおすすめ。USBパススルーを搭載しているため、マウスの接続やデバイスの充電なども可能です。

ゲームと連動するライトは、約1680万色のなかからカスタマイズできます。マットな質感で、手に汗握るゲームプレイ中も、指滑りを予防。耐久性に優れ、長時間のゲームプレイにもおすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) Apex Pro

キーストロークを0.4~3.6mmの間で10段階に調節できる「OmniPoint」スイッチを搭載したメカニカルキーボードです。レスポンスも高速で耐久性に優れているため、戦闘や格闘などスピード重視のあるゲームプレイにも向いています。

5種類の設定をキーボード本体に記録でき、素早い切り替えが可能。また、有機ELスマートディスプレイを搭載しており、動作のカスタマイズや、アプリやゲームからの通知表示も簡単です。

取り外し可能なマグネット式のリストレストが付属。長時間のタイピングやゲームプレイも快適なおすすめモデルです。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UK

メカニカルキーボードのなかでは比較的安く、シンプルな機能を搭載したモデルです。耐久性が高く、打鍵感重めの茶軸タイプ。ゲーミングキーボードとしては珍しくイルミネーション機能を省いており、落ち着いたデザインが好みの方におすすめです。

また、全キーロールオーバーに対応しているため、より多様な操作が可能。一部のキーを無効化するゲーミングモードに対応しているほか、8種類のキーを取り替えでき、自由なカスタマイズが可能です。

静電容量無接点方式キーボードのおすすめモデル

東プレ(Topre) REALFORCE TKL SA for Mac R2TLSA-US4M

エンジニアやプログラマーの方などにもおすすめのキーボードです。Mac標準の英語配列を採用しています。

キーストロークの長さを3種類から選択できる「APC機能」を搭載。1.5・2.2・3mmから、誤入力予防や高速タイピングなど、重視するポイントに合わせて選べます。

静音性に優れているので、オフィスなどで音を抑えたいときにもおすすめです。各列に段差をつけたエルゴノミクスデザインで指にフィットしやすく、長時間快適に使えます。

東プレ(Topre) REALFORCE S R2S-JP4

テンキーを搭載したフルサイズのキーボードです。静音性に優れているため、オフィスなどでの使用にもおすすめ。羽を押すような軽い打鍵感で、長時間快適にタイピングできます。

Nキーロールオーバーにも対応しているため、高速タイピングにも便利。エルゴノミクスデザインの「ステップスカルプチャー」設計を採用しており、ゲームをする際にキー入力がしやすいおすすめのモデルです。

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional BT 英語配列 PD-KB600

プロ向けに設計されたキーボードです。エンジニアやプログラマーなどタイピング量が多い方におすすめ。スマホやタブレットなど多種類のデバイスに対応しており、最大4台までのマルチペアリングが可能です。

単3電池でのワイヤレス接続のほか、USB給電にも対応。電池持ちもよく、毎日の長時間使用にも向いています。キーピッチは標準的な19.05mmですが、HHKBシリーズ独自のUS配列60キー配列を採用。より効率よくタイピングできるモデルです。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。