タイピングの正確さや作業のスピードを大きく左右する「キーボード」。パソコンに付属している純正品を使用するのもいいですが、より手に馴染むモノが欲しい場合は別途購入するのがおすすめです。

ケーブルのわずらわしさにストレスを感じるならワイヤレスタイプ、動作の安定性を重視するなら有線タイプを選びましょう。また、キーの構造ごとにいくつか種類があるので好みの打鍵感を見つけるのも大切。そこで今回は、キーボードのおすすめモデルをご紹介します。

さっそくおすすめ商品を見る

キーボードの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのキーボードは主に2種類。Bluetooth接続で通信する「Bluetooth式」とパソコンに専用レシーバーを取り付けて使用する「USBレシーバー式」があります。どちらもケーブル不要なので使い勝手のよさが魅力ですが、電池が必要になることは考慮しましょう。

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプのキーボードはパソコンにケーブルを繋げて使用するため、電池が要らないところが魅力。また、初期設定が簡単なのもポイントです。使用できる場所などは限られますが、比較的価格がリーズナブルなのも特徴です。

キーボードの種類で選ぶ

シンプルな構造でリーズナブルに入手できる「メンブレン方式」

By: amazon.co.jp

メンブレン方式のキーボードはもっとも一般的なタイプ。キーを押すと上下のシートが接触して入力を判断する仕組みです。シンプルな構造を採用しているので、安価で購入できるのが魅力。

接点となる部分にはラバー素材が使われており、反発が強いので指への負担が高く、長時間の作業にはあまり向いていません。そのため、価格重視でキーボードを選びたい方におすすめです。

薄型で打ちやすい「パンタグラフ方式」

By: amazon.co.jp

その名の通り、電車のパンタグラフのような構造をしている「パンタグラフ方式」。ほかの方式と比べて薄いので、ノートパソコンのキーボードに採用されています。浅く打てるので軽快にタイピングできるのも魅力のひとつ。メンブレン方式と比べて反発が少ないため、長時間作業をする方におすすめです。

ひとつひとつのキースイッチが独立している「メカニカル方式」

By: amazon.co.jp

「メカニカル方式」はキーが独立しているため、仮に不具合が起きてもまるまる交換をする必要がなく、キースイッチひとつを交換すれば引き続き使えます。そのため、長く愛用できるキーボードを探している方におすすめです。

メカニカルキーボードはさらに何色かの「軸」に分けることができ、それぞれ性能が異なります。軽いキータッチが好みの方は赤軸、しっかりとしたスイッチ感を求めるのであれば青軸、反発の高さを求めるなら黒軸、バランスのよさを重視する場合は茶軸のメカニカルキーボードがおすすめです。

ただし、複雑な構造のためキーボード本体が重くなりがち。また、価格もメンブレン方式やパンタグラフ方式と比べて高価になります。

静電容量の仕組みを利用した「静電容量無接点方式」

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式のキーボードは、電荷の蓄量を表す”静電容量”の変化で入力を判断する仕組み。ほかのキーボードと異なり、スイッチとスイッチが触れる物理的な接点がないため、静音性に優れているのが特徴です。

また、部品の磨耗も少ないので長く使い続けたい方にもおすすめ。ただし、ほかのモデルに比べて価格が高いので予算と相談しながら選びましょう。

キーピッチの違いで選ぶ

キーの中心から隣のキーの中心までの距離を表すキーピッチ。一般的なサイズである19mm前後のモノは「フルサイズキーボード」と呼ばれます。普段使っているキーボードのようにタイピングしたい場合は、フルサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

コンパクトなキーボードはキーピッチが短いこともあるので、打ちやすさにこだわる方は必ず確認しておきましょう。

配列で選ぶ

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があります。日本でよく採用されているのは日本語配列。「全角/半角」や「変換」などのキーが配置されており、日本語をスムーズに入力できるのが特徴です。

一方、英語配列は「全角/半角」や「変換」などのキーがありません。記号の位置も日本語配列と異なるため、慣れるまではコツが必要ですが、エンターキーが近くて押しやすかったり、かな表記がなくなることで見た目がすっきりしたりとメリットも多くあります。

特にこだわりがない場合は日本語配列がおすすめですが、効率よくタイピングしたい方は英語配列のキーボードもおすすめです。ぜひ自分のタイピングスタイルに合うキー配列を選んでみてください。

用途で選ぶ

デスクトップPCに使うキーボードを探しているのであればフルサイズのモデルで問題ありませんが、スマホやタブレットのキーボードとして使うのであれば邪魔になることも。テンキーが付いていないコンパクトなキーボードや、折りたたんで持ち運べるキーボードまでさまざまな種類があるので、用途に応じたモデルを選びましょう。

また、キーの構造に関しても用途に合わせて選ぶのがおすすめ。たとえば、文書作成やメール作成が多い方であれば、軽快にタイピングできるパンタグラフ方式のキーボードが適しています。プログラミングやゲームなど本格的に使いたい場合は、軸によってさらに細かく打ち心地を選べるメカニカル方式のキーボードがおすすめです。

テンキーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

普段から数字を入力する作業が多いという方は、テンキー付きのモデルを選ぶと便利です。電卓感覚で数字の入力ができるため、エクセルなどの表計算ソフトを使用した作業もスムーズに行えます。

ただし、テンキーがあると横に長くなるので、キーボードを置けるスペースが限られている場合は注意しておきましょう。

防水性能で選ぶ

飲み物を飲みながらタイピングしていると不意にこぼしてしまうこともあり、キーボードは意外と水濡れに気を付ける必要があるアイテム。そのため、心配な方は防水性能が備わっているモデルを選ぶのがおすすめです。

たとえば、キーボードに入った液体が本体から排出されるモデルであれば、万が一飲み物をこぼしてしまっても故障の心配がほとんどありません。また、なかにはキーボード本体を丸洗いできるほど水に強いモデルもあります。キーボードを選ぶときは防水性能の高さもチェックしましょう。

疲れにくさを重視するなら人間工学(エルゴノミクス)キーボードもアリ

By: amazon.co.jp

自然な姿勢で作業できるように考慮されて作られた「人間工学キーボード」。身体に悪い姿勢を改善し、手首や肩の負担を軽減する効果が期待できるので、疲れにくいのが特徴。肩の疲れなどが気になる方はチェックしておきましょう。

キーボードのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

Jelly Comb Bluetooth キーボード

Jelly Comb Bluetooth キーボード

WindowsやmacOS、Android、iOSなど多様な機器と、Bluetoothで接続して使えるキーボードです。2台のデバイスを同時に接続することが可能。自由に切り替えができるため、デスクトップパソコンでおこなっている作業の合間にスマホのメッセージを作成する、といったことができます。

ペアリングをしなおす手間もかからないので、複数のデバイスを切り替えて使用する機会が多い方におすすめです。また、キーボード上部に溝を設けてあるのもポイント。スマホやタブレット端末を立てておけるため、ノートパソコンのような使い方も可能です。

バッテリーはリチウムイオン電池を内蔵した充電式を採用しています。最大で約40時間以上の連続使用ができるため、頻繁に充電する手間もかかりません。

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列

ハイエンドクラスのワイヤレスキーボード。満足度の高いタイピングを求めている方に評判の「HHKB」シリーズの製品で、深いストロークでしっかりとした打鍵感があるのが特徴です。

キートップ面は指の収まりに配慮した「シリンドリカルステップスカルプチャ」を採用。また、キーボードの傾斜角度を3段階のなかから調節できたり、キーマップをカスタマイズできたりと、ユーザー好みに変更できるのも魅力です。

Bluetooth接続によるデバイスのペアリングは4台まで可能。キーボードでの文字入力を多用する方はぜひチェックしておきましょう。

COMI Bluetooth キーボード

COMI Bluetooth キーボード

省スペースタイプのワイヤレスキーボードを探している方におすすめのモデルです。コンパクト設計なので書類が積まれたデスク上など、狭いスペースで使用するのに便利。

また、ペアリングが簡単なのも本モデルの魅力です。キーボードの電源を入れ「Connect」ボタンを押すだけで接続準備が完了します。iOSやAndroidを搭載したスマートデバイスをはじめ、WindowsやMacのパソコンなど多様な機器で使用することが可能です。

SEENDA ワイヤレスキーボード マウスセット 英語配列

SEENDA ワイヤレスキーボード マウスセット 英語配列

本体のもっとも薄い部分がわずか4mmと、スタイリッシュなデザインが特徴のキーボードです。レシーバーが付属しているため、Bluetooth機能を搭載していないデスクトップパソコンでも簡単にワイヤレス接続が可能。

充電式を採用しているので電池交換のわずらわしさがありません。また、8分間使用しないと自動でスリープモードに移行し、無駄なバッテリーの消費を抑えてくれます。テンキーを搭載しているのも本モデルの特徴。会計業務など数字入力の機会が多い方にもおすすめのモデルです。

だだし、英語配列のためキートップに「かな」は表示されていません。普段からかな入力を利用している方は留意しておきましょう。

NesGoo Bluetooth キーボード 英語配列

NesGoo Bluetooth キーボード 英語配列

WindowsパソコンやAndroid端末をはじめ、iPhoneやMacノートなどApple社のデバイスでも使用可能なキーボードです。電源は電池式を採用しています。使い方にもよりますが、省電力モードで約3ヶ月間使用できるため、頻繁に電池交換をする手間はかかりません。

パンタグラフ方式のキーを採用しており、最薄部は5mmと非常にスリム。コンパクトなためリュックやカバンに入れて簡単に持ち運びができます。デスクに置いた際に適度な傾斜がつくので、快適にタイピング作業をおこなうことが可能です。幅広い機器で使用できる小型の製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06Lite

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK06Lite

携帯性に優れたワイヤレスキーボードが欲しい方におすすめのモデルです。折りたたみ式を採用しており重さもわずか135gと軽量。コンパクトに折りたたんで気軽に持ち運ぶことが可能です。

最大で3台の機器を同時に接続できるのが特徴。機器の切り替えはボタンひとつと簡単なため、パソコンで資料を作成中にスマホでメールを返信する、といった便利な使い方もできます。デバイスを切り替えるたびに、ペアリングをやりなおす必要もありません。

角度調節が可能なデバイスホルダーが付属しているのもポイント。スマホやタブレット端末と一緒に持ち歩き、移動先でさっと取り出して文書を作成するような使い方にピッタリです。

iClever Bluetooth 折りたたみ式ミニキーボード タッチパッド IC-BK08

iClever Bluetooth 折りたたみ式ミニキーボード タッチパッド IC-BK08

3つに折りたたんで小さく収納できるキーボードです。16.5mmのキーピッチを採用しており、携帯性の高さとタイピングのしやすさを両立しています。タッチパッドを搭載しているのが特徴。マウスを一緒に持ち運ぶ必要がないので、外出時の荷物を減らすことが可能です。

また、タッチバッドを搭載していながらも、収納時の寸法は155×88mmとコンパクト。最小限の荷物で気軽に出かけたい方におすすめのモデルです。電源にはUSB充電式を採用しており、2時間の充電で約60時間連続で使用できます。

折りたたむだけで自動的に電源が切れるので、無駄にバッテリーを消費することもありません。なお、タッチパッド機能はiOSデバイスに対応していないため、購入時には留意しておきましょう。

Levens Bluetoothキーボード

Levens Bluetoothキーボード

バタフライ方式のキーを採用しており、厚さ9mmとスタイリッシュなデザインが特徴のキーボードです。折りたたみ式なのでコンパクトに収納して持ち運ぶことが可能。Bluetooth接続に対応しており、WindowsのパソコンをはじめAndroidやiOS端末でも使用できます。

また、一度ペアリングされたデバイスは次から自動で繋がるため、毎回接続作業をおこなう手間もかかりません。簡単に接続でき、すぐに使いはじめられる製品を探している方にもおすすめのモデルです。

電源はUSB充電方式を採用しています。スマホやタブレット端末の充電器が使えるので便利です。

SEENDA Bluetooth キーボード macOS & iOS

SEENDA Bluetooth キーボード macOS & iOS

MacパソコンやiPhoneなどのiOS搭載デバイスにおすすめのキーボードです。「Command」や「Option」キーを搭載しているため、macOSのショートカットを使用することが可能。Macの操作に慣れている方でも違和感なく使用できるのが魅力です。

3台のデバイスが同時に接続でき「BT」ボタンで簡単に切り替えられます。また、テンキーを装備しているのもポイント。数字が効率的に入力できるので、会計ソフトや表計算ソフトを頻繁に使う方にもおすすめです。

MacやiPhone、iPadなど、複数のアップル製品を使用している方は、一度チェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) ワイヤレス フルサイズキーボード K270

ロジクール(Logicool) ワイヤレス フルサイズキーボード K270

ロジクールの「Unifyingレシーバー」がセットになった、フルサイズのワイヤレスキーボードです。USBポートにレシーバーを挿入するだけで簡単に接続が可能。Bluetoothを搭載していないデスクトップパソコンにもおすすめのモデルです。

また、レシーバーは超小型のため、パソコンを移動させる際に邪魔になることはありません。ファンクションキーとは別に、8種類のホットキーを搭載しているのが特徴。メールのチェックやブラウザーの起動などがワンタッチでできるので重宝します。耐水設計が施されているため、多少水をこぼしたくらいでは簡単に故障することはありません。

キーボードのおすすめモデル|有線タイプ

東プレ(Topre Corporation) REALFORCE R2 静電容量無接点方式 USBキーボード R2-JP4-BK

東プレ(Topre Corporation) REALFORCE R2 静電容量無接点方式 USBキーボード R2-JP4-BK

静電容量無接点方式を採用したキーボードです。物理的な接点がないため耐久性に優れており、打感が軽いのが特徴。また、「Nキーロールオーバー」に対応しているため、高速でタイピングをおこなうようなシーンでも入力の取りこぼしが発生することはありません。

CapsLockやNumLockなどのインジゲーターは、色や明るさを変えたり調節したりできます。オペレーターが見やすいように変更できるので、長時間作業をする場合でも操作ミスを抑えることが可能。高額ですが耐久性と信頼性が求められるプロの現場におすすめのモデルです。

ほかにも、ゲーム用途で活躍するのも本モデルの特徴。キーの各列に段差を設けた「ステップスカルプチャー構造」を採用しています。ゲーム時の入力がしやすく長時間のプレイも快適です。

ロジクール(Logicool) USB接続キーボード K120

ロジクール(Logicool) USB接続キーボード K120

USBポートに差し込むだけですぐに使えるモデルです。打ちやすいフルサイズのキーボードを採用。快適にタイピングをすることが可能な、有線タイプの製品を探している方におすすめのモデルです。

優れた耐水設計を施されているのもポイント。作業の合間に誤って飲み物をこぼしてしまっても、本体の外へ排出される構造になっているので安心です。また、テンキーが搭載されているため効率的な数字の入力がおこなえます。表計算ソフトを頻繁に利用する方にもおすすめのモデルです。

エレコム(Elecom) キーボード 有線 メンブレン ブラック TK-FFCM01BK

エレコム(Elecom) キーボード 有線 メンブレン ブラック TK-FFCM01BK

メンブレン方式を採用した価格の安さが魅力のキーボードです。キーピッチが19mmのフルサイズモデル。気軽に購入可能なタイピングのしやすい製品を探している方におすすめです。安価なモデルながらテンキーを搭載しているため、数字の入力を頻繁におこなう方にも適しています。

キートップにはレーザー刻印による表示が施されており、長期間使い込んでも文字がかすれることはありません。本体裏面にはスタンドを搭載。2段階の角度調節ができるので、打ちやすい傾斜に合わせることが可能です。

ドライバーソフトのインストールは不要ですが、対応しているのはWindows OSを搭載したパソコンだけなので、購入時には留意しておきましょう。

BFRIENDit 有線 USBキーボード KB1430

BFRIENDit 有線 USBキーボード KB1430

プラグアンドプレイに対応しており、USBケーブルを挿すだけですぐに使用可能なキーボードです。105個のキーを搭載したフルサイズモデル。格納式のスタンドを備えており、打ちやすい角度でタイピングすることが可能です。

裏面には滑り止めが配置されているため、タイピング中にズレにくいのがポイント。対応OSはWindows 2000・XP・Vista・7・8・10なので、購入時は使用しているパソコンのOSをよく確認しておきましょう。

エレコム(Elecom) コンパクトキーボード TK-FCP097WH

エレコム(Elecom) コンパクトキーボード TK-FCP097WH

薄型のスタイリッシュなデザインが特徴のキーボードです。キートップに視認性の優れたオリジナルフォントを採用しています。Windows・MacどちらのOSを搭載したパソコンでも使用できるのが特徴。「Fn」キーを押しながら「Win」もしくは「mac」キーを押すことで、各OSに最適な入力モードに切り替えることが可能です。

パンタグラフ方式を採用しているため、軽快な打感のタイピングがおこなえます。パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに使いはじめることが可能。使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

レイザー(Razer) ゲーミングキーボード 日本語配列 CYNOSA CHROMA JP RZ03-02262300-R3J1

レイザー(Razer) ゲーミングキーボード 日本語配列 CYNOSA CHROMA JP RZ03-02262300-R3J1

10キーロールオーバーに対応した、エントリー向けのゲーミングキーボード。ソフトで静音性の高い使用感と、正確で高速なキー入力を両立した使い勝手のよいモデルです。

「Razer Synapse 3(Beta)」ソフトウェアに対応し、個別のキー割り当てが可能。バックライトやゲーミングモードなどのカスタマイズもできます。バックライトキーはキーごとのプログラムに対応し、全1680万色のカラーオプションを搭載。自分だけのカラーパレットを作れます。

水やコーヒーをこぼしても壊れにくい「スピル・レジスタント構造」のメンブレンキースイッチを採用しているため、傍らに水分を置いての作業時でも安心。PCゲーム用のキーボードが欲しい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 有線 ウォッシャブル キーボード BSKBU12BK

バッファロー(BUFFALO) 有線 ウォッシャブル キーボード BSKBU12BK

ウォッシャブルタイプのキーボードです。丸ごと洗えるためコーヒーなど飲み物をこぼしてしまっても安心。また、食べ物カスが入り込んでも洗い流せるので、作業の合間に飲食をする機会が方におすすめのモデルです。

キーピッチは19mmを確保しており、自然な体勢で快適にタイピングがおこなえます。安価ながらテンキーを搭載しているのも特徴。気軽に購入できるうえ、文書の作成から表計算ソフトの入力まで幅広い用途で活躍するモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード SKB-ERG5BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード  SKB-ERG5BK

使うときに楽な姿勢で入力できる「エルゴノミクスデザイン」を採用したキーボード。キーの配置にこだわり、肩に力が入りにくいように設計されています。手首の負担を軽減できる大きめのリストレストも付いており、長時間使っても疲れにくいのが特徴です。

手前にトラックボールを配置しているため、キー入力を行いながらのカーソル操作が可能。スクロールホイールも搭載し、手の移動を最小限に抑えられます。

対応機種はUSBポートを備えているWindows搭載PCとニンテンドースイッチ。キーボードを長時間使う機会の多い方におすすめのモデルです。

Satechi アルミニウム USB有線キーボード

Satechi アルミニウム USB有線キーボード

macOSを搭載しているパソコンに対応したキーボードです。「ミッションコントロール」や「スポットライト検索」など、macOSの便利なショートカットキーを装備しているのが特徴。iMacやMac miniなどUSB Type-Aポートを搭載したMacパソコンにおすすめのモデルです。

USBケーブルを接続するだけですぐに使いはじめられます。ドライバーソフトをインストールする手間もかかりません。アルミニウム素材を採用したボディはシンプルなデザインながら高級感もあり、Macのパソコンとの相性も良好です。

FILCO メカニカルキーボード Majestouch2 FKBN108M/JB2

FILCO メカニカルキーボード Majestouch2 FKBN108M/JB2

茶軸のメカニカル方式を採用したキーボードです。カチッとしたクリック感と軽めの反発力が特徴で、軽快なタイピングがおこなえます。「Nキーロールオーバー」に対応しているのが特徴。複数のキーを同時に押すようなシーンでも、押された順番で認識することが可能です。

高速でキー入力をおこなっても取りこぼしてしまう危険がないため、ビジネス用途にもおすすめ。また、プラグアンドプレイにも対応しており、Windowsパソコンであれば繋いですぐに使いはじめられる手軽さが魅力です。

価格は高くなりますが、快適に仕事をこなしたい方や手軽に使えるモデルを探している方はチェックしておきましょう。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。