タイピングの正確さや作業のスピードを大きく左右する「キーボード」。パソコンに付属している純正品を使用するのもよいですが、手に馴染むモノが欲しい場合は別途購入するのがおすすめです。

そこで今回は、キーボードのおすすめモデルをご紹介します。ワイヤレスタイプと有線タイプに分けて、それぞれ人気モデルをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

キーボードの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: logicool.co.jp

ケーブル不要のワイヤレスタイプは、レシーバー接続とBluetooth接続の2種類があります。レシーバー式は、USBポートにレシーバーを差し込むだけですぐに使えるのが便利。ただし、USBポートをひとつ塞いでしまうので、ポートが少ないノートパソコンの場合は注意が必要です。

Bluetooth接続は複数デバイスへ同時にペアリングできるモデルが多く、パソコンを使い分けている方やタブレットの文字入力にもおすすめ。ただし、BluetoothのバージョンやOSによっては接続できないモノもあるため、対応している規格をあらかじめ確認しておきましょう。

有線タイプ

By: logicool.co.jp

有線タイプのキーボードは安定性に優れているのが魅力です。USBケーブルによってパソコンから電力供給を行えるため、急な電池切れによる作業の中断を心配する必要がありません。また、ワイヤレスタイプよりもレスポンスに優れており、ゲーミングやプログラミングなど効率的に作業を行いたい方におすすめです。

ただし、有線タイプはケーブルが邪魔になることがあります。パソコン周りの見た目をスッキリさせたい方や、デスクを広く使いたい方は注意しましょう。

キーボードの種類で選ぶ

シンプルな構造でリーズナブルに入手できる「メンブレン方式」

メンブレン方式のキーボードはもっとも一般的なタイプ。キーを押すと上下のシートが接触して入力を判断する仕組みです。シンプルな構造を採用しているので、安価で購入できるのが魅力。

接点となる部分にはラバー素材が使われており、反発が強いので指への負担が高く、長時間の作業にはあまり向いていません。価格重視でキーボードを選びたい方におすすめです。

薄型で打ちやすい「パンタグラフ方式」

By: amazon.co.jp

電車の屋根に取り付けてあるパンタグラフのような構造をしている「パンタグラフ方式」。キーボードを薄くしやすいため、主にノートパソコンのキーボードに採用されています。浅く打てるので軽快にタイピングできるのも魅力のひとつ。メンブレン方式と比べて反発が少ないため、長時間作業をする方におすすめです。

ひとつひとつのキースイッチが独立している「メカニカル方式」

「メカニカル方式」はキーが独立しているため、仮に不具合が起きてもまるまる交換をする必要がなく、キースイッチひとつを交換すれば引き続き使えます。そのため、長く愛用できるキーボードを探している方におすすめです。

メカニカルキーボードはさらに何色かの「軸」に分けることができ、それぞれ性能が異なります。軽いキータッチが好みの方は赤軸、しっかりとしたスイッチ感を求めるのであれば青軸、反発の高さを求めるなら黒軸、バランスのよさを重視する場合は茶軸のメカニカルキーボードがおすすめです。

ただし、複雑な構造のためキーボード本体が重くなりがち。また、価格もメンブレン方式やパンタグラフ方式と比べて高価になります。

静電容量の仕組みを利用した「静電容量無接点方式」

静電容量無接点方式のキーボードは、電荷の蓄量を表す”静電容量”の変化で入力を判断する仕組み。ほかのキーボードと異なり、スイッチとスイッチが触れる物理的な接点がないため、静音性に優れているのが特徴です。

また、部品の磨耗も少ないので長く使い続けたい方にもおすすめ。ただし、ほかのモデルに比べて価格が高いので予算と相談しながら選びましょう。

配列で選ぶ

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があります。日本でよく採用されているのは日本語配列。「全角/半角」や「変換」などのキーが配置されており、日本語をスムーズに入力できるのが特徴です。

一方、英語配列は「全角/半角」や「変換」などのキーがありません。記号の位置も日本語配列と異なるため、慣れるまではコツが必要ですが、エンターキーが近くて押しやすかったり、かな表記がなくなることで見た目がすっきりしたりとメリットも多くあります。

特にこだわりがない場合は日本語配列がおすすめですが、効率よくタイピングしたい方は英語配列のキーボードもチェックしてみてください。

キーピッチの違いで選ぶ

キーの中心から隣のキーの中心までの距離を表すキーピッチ。一般的なサイズである19mm前後のモノは「フルサイズキーボード」と呼ばれます。狭すぎず広すぎない丁度よいサイズ感のため、タイピングしやすいのが魅力。設置スペースに余裕がある場合は、フルサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

コンパクトなキーボードはキーピッチが短いこともあるので、打ちやすさにこだわる方は必ず確認しておきましょう。

キーストロークで選ぶ

By: logicool.co.jp

キーストロークは、キーを押し込んだ際の深さを意味します。ミスタイプが多い方には、3mm以上の深いモデルがおすすめ。しっかりとした打鍵感触を得られるため、隣のキーを同時に押してしまうことやキー入力の空振りを防ぎやすいのが特徴です。

また、高速でタイピングで行いたい方は、1~2mmほどの浅いモノが便利。キーを底まで打ち込む必要がなく、スピード感を出しながら入力できます。

テンキーやFキーの有無をチェック

By: logicool.co.jp

用途に応じてテンキーとFキーがあると便利です。表計算や会計業務など数字入力を伴う作業をする方はテンキーを搭載したキーボードがおすすめ。

Fキーを搭載しているモデルは、ページのスクリーンショットやカタカナ変換などの作業をワンタッチで行えるのが魅力です。仕事の効率性を重視する方はチェックしておきましょう。

防水性能で選ぶ

飲み物を飲みながらタイピングしていると不意にこぼしてしまうこともあり、キーボードは意外と水濡れに気を付ける必要があるアイテム。そのため、心配な方は防水性能が備わっているモデルを選ぶのがおすすめです。

たとえば、キーボードに入った液体が本体から排出されるモデルであれば、万が一飲み物をこぼしてしまっても故障のリスクを軽減できます。なかにはキーボード本体を丸洗いできるほど水に強いモデルもあります。キーボードを選ぶときは防水性能の高さもチェックしましょう。

疲れにくさを重視するなら人間工学(エルゴノミクス)キーボードもアリ

By: amazon.co.jp

自然な姿勢で作業できるように考慮されて作られた「人間工学キーボード」。身体に悪い姿勢を改善し、手首や肩の負担を軽減する効果が期待できます。肩の疲れなどが気になる方はチェックしておきましょう。

キーボードのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

エレコム(ELECOM) 無線フルキーボード&マウス TK-FDM110MBK

メンブレン方式のワイヤレスキーボードです。キーストロークは2.5mmとほどよい深さに設計されており、しっかりとした打鍵の感触を得ながらタイピングが可能。また、キーピッチは19mmとフルサイズモデルと同じ感覚で扱えるため、同時入力などのミスを防ぎやすいのがポイントです。

1円玉サイズの小型レシーバーが特徴。ほかのUSBポートへ干渉することなく差し込めるのに加え、本体裏面や付属のマウスに収納スペースを設けています。専用ドライバをインストールする必要もなく、会社のメンバーや家族とのシェアにも便利なモデルです。

エレコム(ELECOM) トラックボール付き無線フルキーボード TK-TB01DMBK

トラックボール付きのワイヤレスキーボードです。左右クリックや戻る進むボタン、マウスホイール機能を搭載しており、タイピングだけでなくマウス操作も同時に行えます。支持球には直径2.5mmの大型ルビーを採用し、操作性に優れているほか、ゴミや手垢の侵入を防ぎやすいのがポイントです。

クッション素材のリストレストをキーボード手前に配置しています。キータッチによる手首や腕全体への負担を軽減し、長時間作業を行う方にも便利。また、2段階で切り替えられる傾斜角調節スタンドを備えており、自然な姿勢を維持しながら使用できます。

ロジクール(Logicool) KEYS-TO-GO iK1042BKA

携帯性に優れたワイヤレスキーボードです。242×137×6.0mmのコンパクトサイズであるほか、重さも180gと軽量化されておりカバンに入れても負担になりにくいのが魅力。また、フル充電から最長3ヵ月の連続使用に対応し、外出先での電池切れを心配する必要がありません。

パンタグラフ方式を採用し、キーストロークも1.2mmと浅めで軽快に入力できるのが特徴です。さらに、カフェや図書館など静かな環境でも作業に集中しやすい静音設計も魅力のひとつ。付属の専用スタンドを使用することで、画面が小さいタブレットの入力補助にも便利です。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスBluetoothキーボード K380

複数のOSに対応したワイヤレスキーボードです。WindowsやMac、Androidを搭載したデバイスへの接続が可能であるほか、最大3台まで同時にペアリングを行えます。また、接続先を素早く切り替えられるEasy-Switchを搭載しているのも魅力。

サイズが279×124×16mmとコンパクトな形状であるため、収納しやすいのがポイントです。さらに、423gと軽量設計モデルで会社と家の往復だけでなく出張や旅行先への持ち出しにも便利。全5色がラインナップされており、パソコンや使用環境に合わせやすいモデルです。

アイクレバー(iClever) キーボード Bluetooth5.1 JIS配列 IC-BK22

Bluetoothで接続できるワイヤレスキーボードです。最大3台まで同時にペアリングできるので、パソコンだけでなくタブレットにも接続可能。本体に取り付けられたボタンを押すことで、自由にデバイスを切り替えられます。

バッテリーには充電式のリチウムバッテリーを採用しており、フル充電の状態から最大90時間連続で使用できるのがポイント。また、30分間操作を行っていないと自動でスリープモードに切り替わります。

厚さ3.95mmのスリムなボディが魅力。軽い力で入力できるパンタグラフ方式を採用しており、長時間の作業でも疲れにくくおすすめです。キー配列には日本人が普段から慣れ親しんでいるJIS規格を準拠しています。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetoothキーボード AK-A7726121

重さ約200gと軽量で、持ち運びにも便利なUS配列のワイヤレスキーボード。単4形電池で稼働し、省電力モードで利用すれば3か月ほどは電池交換せずに使えます。30分間使用しないと自動で電力節約モードになり、エネルギーを無駄にしにくいところも魅力です。

本製品はiOS、Android、Mac、Windowsなど、さまざまなOSに対応。互換性が高く、あらゆるデバイスに接続可能です。ショートカットキーも使えるため、効率よく作業できます。

また、キーボードには静音性が高く、快適にタイピングできる素材を採用。カフェなどの共有スペースで使用する際のタイピング音が気になる方にもおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL22

テンキー付きのモデルながら、幅約345mmのコンパクトなサイズで場所を取らないワイヤレスキーボード。レシーバー式で、USBポートにレシーバーを差すだけで簡単に使えます。

軽快にタイピングできるパンタグラフ式を採用しているのもポイント。本体背面には2段階調節できるスタンドが付いており、自分好みの角度で文字の入力ができます。収納時はキーボードを立てた状態で置いておけるので、使わないときでも場所を取らないのが魅力です。

E-WIN Bluetoothキーボード 折りたたみ式 EW-ZR050B

2つに折りたためるワイヤレスキーボードです。外装には高級感のあるレザー素材を採用しており、プライベートだけでなくビジネスシーンにも合わせやすいのが特徴。収納時の寸法は145×99×12mmとコンパクトに収まり、カバンに入れても邪魔になりにくく携帯性に優れているのが魅力です。

そのほか、最大3台までの同時ペアリングに対応しています。パソコンに加えて、タブレットなどにも接続できるため複数台のデバイスで使用したい方におすすめ。また、10分間使用していないと自動でスリープモードに切り替わる省エネ設計も魅力です。

MOBO 折りたたみ型Bluetoothキーボード AM-KTF83J

折りたたむと文庫本ほどになるコンパクトなサイズながら、キーピッチが19mmと余裕があるため快適にタイピングできるワイヤレスキーボード。がたつきを抑える脚が付いているので、安定した状態で使えます。

押しやすい逆L字型のエンターキーを搭載しているのもポイント。また、三つ折りタイプのためスペースキーがふたつに分かれておらず、ノートパソコンなどのキーボードと同じようにタイピングできます。持ち運びやすさと使いやすさが両立したキーボードを探している方は要チェックです。

キーボードのおすすめモデル|有線タイプ

エレコム(ELECOM) 有線キーボード TK-FFCM01BK

コンパクトサイズの有線キーボードです。横幅435mmと狭めのデザインで、デスク周りのスペースを広く使えるのがポイント。使い慣れている日本語配列を搭載しているほか、キーピッチは19mmと余裕があるため、快適にタイピングを行えます。

長期間使用しても薄れにくいレーザー刻印が施されたキートップが特徴。また、視認性に優れたオリジナルフォントによって、打ち間違えを軽減できます。メンブレン方式を採用しており、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ロジクール(Logicool) Keyboard K120

集中して文字入力を行いやすい有線キーボードです。折りたたみ式のレッグを展開し、姿勢の高さに合わせてキー全体に傾きを付けることで、長時間のタイピングでも手首や腕の疲れを軽減できます。また、強く入力しても音が発生しにくい静音設計で、周りを気にせずに作業できるのも魅力。

最大1000万回のキーストロークに耐えられる設計で、長期間にわたって使用したい方におすすめです。さらに、飲み物をこぼしてしまっても本体から排出される構造のため、液体による故障を防ぎやすいのもポイント。使いやすさに加え、耐久性にもこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) メカニカル 有線キーボード K840

メカニカル方式の有線キーボードです。レスポンスに優れたキーストロークは3mmと深く、しっかりとタイピングを行えます。また、7000万回以上の入力テストにクリアしており、長期間にわたって使用可能なのもポイントのひとつです。

複数キーを同時に入力しても順番に反映されるロールオーバー機能は、作業中のストレスを軽減できます。さらに、専用ソフトウェアをインストールすることで、F1~F4キーのカスタマイズも自由に可能。使い勝手に優れているほか、モダンなアルミニウムボディに仕上げられたデザイン性も魅力です。

バッファロー(BUFFALO) 有線 ウォッシャブル キーボード BSKBU12BK

清潔な状態に保てる有線キーボードです。水を使って丸洗いできるため、飲み物をこぼしてしまったり、ホコリが侵入してしまったりしても安心できます。また、本体底面から液体が排水される構造になっており、内部に水が残ることによる故障を防げるのがポイントです。

3.5mmの深いキーストロークでしっかりと打ち込めます。さらに、角度調節スタンドを搭載しているため、自然な姿勢を維持しながら文字入力を行えるほか、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力。専用ドライバを不要としており、パソコンを複数台使用している方におすすめです。

東プレ(Topre) REALFORCE R2TLSA-JP3

静電容量無接点方式スイッチ採用した有線キーボードです。各列に段差を設けたテップスカルプチャー構造を採用しており、タイピングしやすいのが魅力。ゲーミングなどの長時間プレイにもおすすめです。

滑りを抑えるラバーや樹脂素材を使用しているのがポイント。ガラス表面や光沢のあるデスクなど不安定な場所でも本体の位置ズレを抑えられます。また、キー入力の音を抑えた静音タイプであるため、周りに配慮しながら作業を行いたい方はチェックしてみてください。

ケンジントン(Kensington) Pro Fit Ergo K75400JP

エルゴノミスト設計の有線キーボードです。手のひらに沿って本体に角度がついており、自然な状態で腕を広げながら文字入力を行えます。無理に力が入ってしまうのを防げるため、長時間の作業にもおすすめです。

また、音が発生しにくい静音設計なのもポイント。強く打ち込んでしまうことによる騒音を軽減できます。

ぺリックス(Perixx) 有線 エルゴノミクス キーボード PERIBOARD-512B

ミスタイプを防ぎやすい有線キーボードです。一列ごとにカーブを描きながらキーを配置したエルゴノミクス設計がポイント。タイピングの際に手や指がフィットしやすく、快適に作業を行えます。

音量調節やインターネット接続、メールなど7つのマルチメディアキーも魅力のひとつです。ワンタッチでそれぞれの機能を開けるため、効率を重視する方におすすめ。また、表計算や会計など数字入力をしやすいテンキーを搭載しているほか、プログラミングに便利なUS配列を採用しているのも魅力のモデルです。

HOKONUI ゲーミングキーボード ZKG001

1680万色バックライト付きの有線ゲーミングキーボードです。6種類の発光モードを備えており、雰囲気やゲームコンテンツに合わせて自由に選べます。キー全体が明るく光るため、暗い場所や夜間での使用にも便利です。

人間工学に基づいたデザインが魅力。本体に階段状の傾斜を与えることで、タイピングの際に負担がかかりやすい指や腕への疲れを軽減できます。さらに、ファンクションキーと連動したマルチメディアキーを搭載し、再生・一時停止・音量調節の操作を素早く行いたい方にぴったりです。

ロジクール(Logicool) Prodigy RGBゲーミングキーボード G213

パフォーマンス性能を重視する方に便利な有線ゲーミングキーボードです。メーカー独自のソフトウェアを使用して機能をカスタマイズすることで、効率的にタイピングを行えます。

それぞれのキートップが鮮明に発色するように設計されているのもポイント。ゲーミング用としてはもちろん、テンキーを搭載しているため、数字入力を行う表計算や会計業務にも便利です。

レイザー(Razer) Huntsman Elite RZ03-01870800-R3J1

ゲーミングにおすすめの有線キーボードです。最大1億回のキーストロークを可能としており、長期間にわたって使用できるのが魅力。また、光で判別するオプティカルセンサーを内蔵しており、キーへの物理的接触を限りなく抑えながら、素早く入力結果を反映します。

本体手前に取り付けてあるリストレストもポイントで、手首への負担を軽減する効果が期待できます。さらに、プログラム可能なマルチファンクションダイヤルと3つのメディアキーを搭載。作業効率を重視する方におすすめです。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。