タイピングの正確さや作業のスピードを大きく左右する「キーボード」。パソコンに付属している純正品を使用するのもアリですが、より手に馴染むモノが欲しい場合は別途購入するのがおすすめです。

ケーブルのわずらわしさにストレスを感じるなら「ワイヤレスタイプ」、動作の安定性を重視するなら「有線タイプ」を選びましょう。また、キーの構造ごとにいくつか種類があるので好みの打鍵感を見つけるのも大切。そこで今回は、キーボードのおすすめモデルをご紹介します。

キーボードの選び方

1. 接続方法で選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのキーボードは主に2種類。Bluetooth接続で通信する「Bluetooth式」とパソコンに専用レシーバーを取り付けて使用する「USBレシーバー式」があります。どちらもケーブル不要なので使い勝手のよさが魅力ですが、電池が必要になることは考慮しましょう。

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプのキーボードはパソコンにケーブルを繋げて使用するため、電池が要らないところが魅力。また、初期設定が簡単な点もポイントです。使用できる場所などは限られますが、比較的価格がリーズナブルなのも特徴です。

2. キーピッチの違いで選ぶ

キーの中心から隣のキーの中心までの距離を表すキーピッチ。一般的なサイズである19mm前後のモノは「フルサイズキーボード」と呼ばれます。普段使っているキーボードのようにタイピングしたい場合は、フルサイズの製品を選ぶのがおすすめです。コンパクトなキーボードだとキーピッチが短いこともあるので、打ちやすさにこだわる方は必ず確認しておきましょう。

3. キーボードの種類で選ぶ

シンプルな構造でリーズナブルに入手できる「メンブレン方式」

By: amazon.co.jp

メンブレン方式のキーボードはもっとも一般的なタイプ。キーを押すと上下のシートが接触して入力を判断する仕組みです。シンプルな構造を採用しているので、比較的リーズナブルな価格で入手できます。

接点となる部分にはラバー素材が使われており、反発が強いので指への負担が高く、長時間の作業にはあまり向いていません。そのため、価格重視でキーボードを選びたい方におすすめです。

薄型で打ちやすい「パンタグラフ方式」

By: amazon.co.jp

その名の通り、電車のパンタグラフのような構造をしている「パンタグラフ方式」。他の方式と比べて薄いので、ノートパソコンのキーボードに採用されています。浅く打てるので軽快にタイピングできるのが特徴です。メンブレン方式と比べて反発が少ないため、長時間作業をする方におすすめです。

ひとつひとつのキースイッチが独立している「メカニカル方式」

By: amazon.co.jp

「メカニカル方式」はキーが独立しているため、仮に不具合が起きてもまるまる交換をする必要がなく、キースイッチひとつを交換すれば引き続き使えます。そのため、長く愛用できるキーボードを探している方におすすめです。

メカニカルキーボードはさらに何色かの「軸」に分けることができ、それぞれ性能が異なります。軽いキータッチが好みの方は赤軸、しっかりとしたスイッチ感を求めるのであれば青軸、反発の高さを求めるなら黒軸、バランスのよさを重視する場合は茶軸のメカニカルキーボードがおすすめです。

ただし、複雑な構造のためキーボード本体が重くなりがち。また、価格もメンブレン方式やパンタグラフ方式と比べて高価になります。

静電容量の仕組みを利用した「静電容量無接点方式」

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式のキーボードは、電荷の蓄量を表す”静電容量”の変化で入力を判断する仕組み。他のキーボードと異なり、スイッチとスイッチが触れる物理的な接点がないためタイピング音が静かです。部品の磨耗も少ないので長く使い続けられます。静音性と耐久性に優れたキーボードを探している方におすすめです。価格に関しては非常に高価なので、予算と相談しながら選ぶようにしましょう。

4. 用途で選ぶ

デスクトップPCに使うキーボードを探しているのであればフルサイズのモデルで問題ありませんが、スマホやタブレットのキーボードとして使うのであれば邪魔になることも。テンキーが付いていないコンパクトなキーボードや、折りたたんで持ち運べるキーボードまでさまざまな種類があるので、用途に応じたモデルを選びましょう。

また、キーの構造に関しても用途に合わせて選ぶのがおすすめ。たとえば、文書作成やメール作成が多い方であれば、軽快にタイピングできるパンタグラフ方式のキーボードが適しています。プログラミングやゲームなど本格的に使いたい場合は、軸によってさらに細かく打ち心地を選べるメカニカル方式のキーボードがおすすめです。

5. 便利な機能から選ぶ

数字を扱う作業が多い方であれば、テンキー付きのキーボードがおすすめ。パソコンやスマートフォン、タブレットなど複数のデバイスを日頃から使用している場合は同時ペアリングできるキーボードが便利です。シリコン製のキーボードを選べばラクに持ち運べるほか、水洗いができて清潔さを保つことが可能。

また、飲み物などをキーボードにこぼしてしまった際に、内部に水分が入り込んで故障するリスクを軽減できる排水機能を搭載したキーボードもあります。モデルに応じてさまざまな機能が搭載されているので、ぜひチェックしてみてください。

6. 疲れにくさを重視するなら人間工学(エルゴノミクス)キーボードもアリ

By: amazon.co.jp

自然な姿勢で作業できるように考慮されて作られた「人間工学キーボード」。身体に悪い姿勢を改善し、手首や肩の負担を軽減する効果が期待できるので、疲れにくいと言われています。肩の疲れなどが気になる方は試してみるのもアリです。

キーボードのおすすめ|ワイヤレスタイプ

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K275

メンブレン式のワイヤレスキーボード。2.4GHz帯の無線接続に対応しています。ショートカットとして使えるホットキーを8つ搭載しており、音楽の再生やメールの確認などよく使う操作をワンタッチで実行可能です。

フルサイズでタイピングがしやすく、テンキーや矢印キーも付いているので使い勝手良好。自動スタンバイ機能を採用した省エネ設計により、電池を交換しなくても最大2年間使えます。

バッファロー(iBUFFALO) 無線キーボード&静音マウスセット BSKBW100SBK

2.4GHz帯で接続するワイヤレスキーボード。メンブレン式を採用しています。Windowsのほか、PS4・PS3・WiiU・Xbox Oneなどのゲーム機器にも対応していて汎用性が高いのが魅力です。キーストロークが2.3mmと浅く、軽快なタイピングができます。

キーボードに付いているスタンドを使えば自分好みの角度に調節可能。また、本体の背面には水抜き穴が採用されており、万が一水をこぼしても排水できます。ただし、水に浸すことはできないので注意しましょう。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスマウス・耐水設計キーボードセット MK235

単4電池2本で最大3年間使えるメンブレン式のワイヤレスキーボード。本体裏側から排水ができる耐水設計を採用しています。それぞれのキーに色褪せ防止の加工が施されているため、長期間使っていても文字が薄くなりにくいのが特徴です。

2.4GHz帯による無線接続を採用。最大10mまで離れていても使用できるため、デスクトップPCなどパソコン本体とキーボードの距離を離して使いたい方におすすめです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード&スタンドセットモデル K375S

パソコンのみならず、スマホやタブレットにも対応しているBluetooth接続のワイヤレスキーボード。メンブレン式を採用しています。中央がくぼんだインカーブキーを用いることで、指にフィットしてタイピングしやすいのが特徴です。

本体左上にある1・2・3キーを押せば、ペアリングしている他のデバイスとラクに切り替えられます。付属するスタンドを活用すれば、スマートフォンと接続して使用するときに便利です。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスコンボ MK245NBK

角度を調節して手首の疲れを軽減できるメンブレン式のワイヤレスキーボード。タイピングしやすいフルサイズキーボードでありながら、省スペースレイアウトを採用しているのでデスクに置いていても邪魔になりません。自動スリープ機能が搭載されており、無駄な電池消費を抑えられます。

2.4GHz帯を使用した接続方法なので、パソコンのワイヤレスキーボードとして使いたい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスフルキーボード TK-FDM092STBK

静音設計が採用されており、周りを気にせず静かにタイピングできるUSBレシーバー式のワイヤレスキーボード。傾斜角を2段階で調節できるため、好みの角度で使用できます。USBレシーバーが1円玉サイズと非常にコンパクトなので、パソコンに差しても邪魔になりません。

19mmと余裕のあるキーピッチで、ストレスフリーなタイピングが可能。テンキーが付いているので、数字を扱う作業が多い方にも最適です。

バッファロー(iBUFFALO) Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード BSKBB24BK

パンタグラフ式を採用しているワイヤレスキーボード。Bluetoothに対応しているので、スマートフォンやタブレットと接続できます。厚さ約4.5mmの薄型設計でデバイスと一緒でもラクに持ち運び可能です。約159gと軽量のためカバンに入れても負担になりません。

キーボード本体にリチウムポリマー電池が内蔵されており、充電ができるのでわざわざ電池交換をしなくても使用できます。一度の充電で使える想定使用可能時間は約167日です。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K380BK

丸いデザインが特徴のパンタグラフ式ワイヤレスキーボード。Easy-Switch機能により、最大3台までのデバイスとペアリングができます。本体左上の1・2・3ボタンを押せば、それぞれペアリングしたデバイスを切り替えられるので便利です。

接続したデバイスは自動で認識されるため、OSごとのショートカットキーが普段通り使用できストレスを感じさせません。電池寿命は最大2年間。接続方法はBluetoothです。

ロジクール(Logicool) バックライト付キーボードケースfor iPad Pro IK1082BK

iPad Pro独自のコネクター「Smart Connector」に対応しているキーボードケース。ペアリングなどの設定をする必要がなく、iPad Pro側面のコネクター部分とキーボードケース本体を繋げるだけですぐに使えます。iPad Proの電力をキーボードケースに供給する仕組みなので充電や電池交換も不要です。

バックライトを採用しているため、暗い場所でもキーが見やすく快適にタイピングできます。バックライトの強さは自分好みに調節可能。キーボードケースという名前の通り、使用していないときはiPad Proを保護するケースとして使えるのが特徴です。画面サイズは9.7インチに対応しています。

ロジクール(Logicool) キーボード一体型ケース iPad 第5世代用 iK1052

第5世代iPad専用のワイヤレスキーボードケース。iPad Proと異なり「Smart Connector」には対応していないので、Bluetoothで接続をします。iPadに合わせたコンパクトなサイズですが、ゆったりとしたキー配列なのでタイピングしやすいです。

上段にはiOSショートカットキーが装備されており、ボリュームの調節やSpotlight検索などの操作をワンタッチで行えます。電源は交換式のコイン型電池です。効率のよい電源管理システムが搭載されているので、電池交換をしなくても最大4年間使えます。

バッファロー(iBUFFALO) 折りたたみキーボード BSKBB15SV

持ち運ぶ機会が多い方におすすめの折りたたみ式ワイヤレスキーボード。外出先でちょっとした書類作成やブログの執筆などがしたいときに活躍します。付属する保護ケースを折り返せばタブレットスタンドになるので、スタンドを別途用意する必要がありません。

リチウムイオン電池を採用しており、充電すれば繰り返し使用可能。最大で連続1ヶ月使えるので、旅行先や出張先にも安心して持って行けます。接続方法はBluetoothです。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

3つに折りたためるコンパクトなワイヤレスキーボード。重量も185gと軽いため、胸ポケットなどに入れてラクに持ち運べます。約3〜4時間の充電で約90時間の連続使用ができるパワフルさが魅力。キーボードを開閉すれば、自動で電源がついたり消えたりするため非常に便利です。

耐久性に優れたアルミ素材を採用しており、長く使えるのもポイント。キーは真ん中が少しくぼんだ形をしており、指に馴染んで快適にタイピングできます。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスキーボード TK-FLP01

タブレットスタンドとしても使える便利な保護ケース付きの折りたたみキーボード。最大3台までのマルチペアリングに対応しており、ボタンで簡単にデバイスを切り替えられるため便利です。コンパクトな設計を採用しているので、ポケットにも入れられてラクに持ち運べます。

キー配列はiOSとAndroid OSの両方に対応していて、切り替えボタンだけで変えられるのが特徴です。コンパクトでありながらキーピッチは19mmと余裕があり、快適にタイピングできます。

キーボードのおすすめ|有線タイプ

ロジクール(Logicool) 有線キーボード K120

メンブレン式の有線キーボード。有線タイプはワイヤレスタイプと異なり、USBポートに挿すだけですぐに使える気軽さが魅力です。最大1000万回の打鍵に耐える耐久性を備えています。

折りたたみ式の脚を広げて自分好みの角度でタイピングできるのも特徴。自然な姿勢で使えるため手首に負担をかけません。テンキー付きで使いやすいフルサイズキーボードです。

ロジクール(Logicool) ウォッシャブルキーボード K310

排水穴付きのため丸洗いができる有線キーボード。隙間などの細かいところまでしっかり洗えるので、常に清潔な状態でキーボードを使用したい方に適しています。レーザー印字とUVコーティングが施されており、表面に傷が付きにくいのも特徴です。

メディアの再生や音量調整、ブラウザの起動などの操作をワンタッチで行えるファンクションキーが12個付いているため、効率よく作業できます。白と黒のコントラストがきれいなデザインも魅力のひとつです。

エレコム(ELECOM) キーボード メンブレン式 TK-FFCM01BK

19mmフルサイズキーとテンキーを採用していながら、横幅を抑えたコンパクト設計の有線タイプのキーボード。視認性が高いオリジナルフォントをキートップの文字に用いています。また、レーザー刻印のため文字が薄れにくいのもポイントです。

本体裏面に水抜き穴があるので、万が一水などをこぼしてしまっても素早く排水できます。タイピングのしやすさとコンパクトさを両立したキーボードを探している方におすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) 有線ミニキーボード メンブレン式 TK-FCM089SBK

横302×縦130mmのコンパクトサイズで限られたスペースにも置きやすい有線ミニキーボード。それでいてキーピッチは19mmと余裕があるので、窮屈さを感じずにタイピングができます。

エレコム独自開発の静音設計を採用しているため、周囲に気兼ねすることなく作業できるのが魅力。また、コンパクトながら8種類のマルチファンクションキーをしっかり搭載しているので、便利に使用できます。

バッファロー(iBUFFALO) 有線スタンダードキーボード BSKBU18BK

PS4やWiiUなど各種ゲーム機器で動作確認済みのメンブレン式有線キーボード。ゲーム内でチャットをしたいときに便利です。接続した機器の電源を制御するACPI機能が搭載されており、電源のON/OFFやスリープモードのON/OFFが行えます。フルサイズなのでタイピングしやすいのも魅力です。

バッファロー(iBUFFALO) 有線スリムキーボード BSKBU14BK

パンタグラフ式の有線キーボード。キーの下にアルミプレートを使うことで打ち心地がよく、しっかりとした打鍵感を味わえます。最薄部が約7mmというスリムな本体も魅力で、ノートPCのようにタイピングできます。

キーボードに装備されている角度調節スタンドを使えば、タイピングしやすい傾斜を作ることが可能。テンキー付きのフルサイズキーボードですが、スリムで使いやすいのが魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) メカニカルキーボード SKB-MK2BK

反発力が高い黒軸のチェリーキースイッチを採用したメカニカル式の有線キーボード。本体内部に金属板が入っているので、押したときの沈み込みが起きにくく軽快にタイピングできます。約1250gのしっかりとした重量で安定しているのがポイントです。キーの並び方は一般的な109A配列なので、違和感なく使用できます。

HKW タイプライター風メカニカルキーボード

タイプライターデザインのレトロな有線メカニカル式キーボード。しっかりと打鍵音が鳴る青軸タイプなので、本物のタイプライターのように心地よくタイピングできます。キーの下にLEDライトを搭載しており、さまざまなパターンのイルミネーションを楽しめるのが魅力。デザイン性の高いキーボードを探している方におすすめのアイテムです。

東プレ(Topre) REALFORCE R2 静電容量無接点方式 USBキーボード R2-JP4-BK

静電容量無接点方式を採用している有線キーボード。指の負担を抑えるステップスカルプチャー構造を採用することで、長時間快適にタイピングできます。

キーの同時押しをすべて認識するフルNキーロールオーバーに対応しているため、高速入力が多い方にもおすすめ。5000万回の打鍵に耐える耐久性を備えており、ヘビーに使いたい方に最適です。

ロジクール(Logicool) RGBゲーミングキーボード G213

キーの同時押しに対応している高性能ゲーミングキーボード。液体やホコリに強い設計を採用しています。キーボードのライトは1680万色の中から好みに合わせてカスタマイズ可能です。本体に装備されている脚は2段階に調整でき、ラクな姿勢を生み出して長時間のゲームプレイをサポートしてくれます。

専用ソフト「ロジクール ゲーミング ソフトウェア」を活用すればライトの設定やキーの割り当てが可能です。自分仕様の使いやすいキーボードに仕上げましょう。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード SKB-ERG3

自然な姿勢で入力できるエルゴノミクスデザインのキーボードです。肩に負担を掛けにくいキー配置で快適な作業をサポートします。手の平をキーボードの上に置きやすい大きめのリストレストもポイント。

キートップには入力に便利な19mmピッチが採用されています。スクロールホイールが付いており、インターネットなどの画面スクロールはボタンひとつで可能。操作性にも優れたおすすめのキーボードです。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。