タイピングの正確さや作業のスピードを大きく左右する「キーボード」。パソコンに付属している純正品を使用するのもよいですが、手に馴染むモノが欲しい場合は別途購入するのがおすすめです。

そこで今回は、キーボードのおすすめモデルをご紹介します。ワイヤレスタイプと有線タイプ、ゲーミングキーボードに分けて、それぞれ人気モデルをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

キーボードの種類

シンプルな構造でリーズナブルに入手できる「メンブレン方式」

By: elecom.co.jp

メンブレン方式は構造がシンプルで、最も一般的なタイプのキーボードです。キーを押すと、上下にある2枚のシートが接触して入力を判断する仕組み。ほかのタイプに比べてリーズナブルな製品が多いのも特徴です。

シート間の接点となる部分にラバー素材が採用されており、押し戻す力が強いため、指への負担が高く長時間の作業にはやや不向き。特にこだわりがなく、コストを抑えたい方におすすめのキーボードです。

薄型でコンパクトな「パンタグラフ方式」

By: logicool.co.jp

キーが薄く、ノートパソコンなどに採用されることが多いパンタグラフ方式のキーボード。電車の屋根に取り付けられているパンタグラフのような構造をしています。浅いタイピングで文字入力ができるので、長時間タイピングしても疲れにくいのが特徴です。

ただし、ほかのタイプより薄く、やや耐久性が低い点に注意が必要。タイピングの快適さを重視して選びたい方におすすめのキーボードです。

パンタグラフキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

キースイッチが独立した「メカニカル方式」

By: steelseries.com

耐久性に優れており、高速でタイピングしたい方におすすめなのがメカニカル方式のキーボードです。キースイッチがそれぞれ独立しており、キーに不具合が発生してもキースイッチひとつを交換すれば引き続き使用可能。ゲーミング用として採用されることも多く、ハードな使用を目的としている方にピッタリです。

また、メカニカルキーボードは何色かの「軸」に分けられ、それぞれ性能や打鍵感が異なる点も要チェック。軽いキータッチが好みの方は赤軸、クリック感を求めている方は青軸、反発の高さを求めている方は黒軸、バランスのよさを求めている方は茶軸のモデルを選ぶのがおすすめです。

ただし、メカニカルキーボードは複雑な構造のモノが多く、本体が重くなりやすい傾向があります。価格もやや高めなので、予算も考慮したうえで選んでみてください。

メカニカルキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

高耐久で長く使える「静電容量無接点方式」

By: amazon.co.jp

静電容量無接点方式は優れた耐久性や打鍵音の静かさを備えつつ、快適な打鍵感も実現したキーボードです。電荷の蓄積を表す静電容量の変化で入力を判断する仕組み。ほかのキーボードと異なり、物理的な接触がなく、静音性に優れているのが特徴です。

また、部品同士が摩擦ですり減ることもなく、長寿命なのも魅力のひとつ。長く愛用したい方におすすめです。ただし、ほかのキーボードに比べてラインナップも少なく価格が高いモノが多いので、予算を考慮したうえで選んでみてください。

キーボードの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: logicool.co.jp

ケーブル不要のワイヤレスタイプは、レシーバー接続とBluetooth接続の2種類があります。レシーバー式は、USBポートにレシーバーを差し込むだけですぐに使えるのが便利。ただし、USBポートをひとつ塞いでしまうので、ポートが少ないノートパソコンの場合は注意が必要です。

Bluetooth接続は複数デバイスへ同時にペアリングできるモデルが多く、パソコンを使い分けている場合やタブレットで文字入力をする際にもおすすめ。ただし、BluetoothのバージョンやOSによっては接続できないモノもあるため、対応している規格をあらかじめ確認しておきましょう。

有線タイプ

By: logicool.co.jp

有線タイプのキーボードは安定性に優れているのが魅力です。USBケーブルによってパソコンから電力供給を行えるため、急な電池切れによる作業の中断を心配する必要もありません。また、ワイヤレスタイプよりもレスポンスに優れており、ゲーミングやプログラミングなど効率的に作業を行いたい方におすすめです。

ただし、有線タイプはケーブルが邪魔になることがあります。パソコン周りの見た目をスッキリさせたい方や、デスクを広く使いたい方は注意しましょう。

日本語配列か英語配列

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類があります。日本でよく採用されているのは日本語配列。「全角/半角」や「変換」などのキーが配置されており、日本語をスムーズに入力できるのが特徴です。

一方、英語配列は「全角/半角」や「変換」などのキーがありません。記号の位置も日本語配列と異なるため、慣れるまでは入力に手間取りやすいのがデメリット。その反面、エンターキーが近くて押しやすかったり、かな表記がなくなることで見た目がスッキリしたりと、メリットも多くあります。

特にこだわりがない場合は、日本語配列がおすすめ。効率よくタイピングしたい方は、英語配列のキーボードもチェックしてみてください。

キーピッチの違いで選ぶ

キーの中心から隣のキーの中心までの距離を表すキーピッチ。一般的なサイズである19mm前後のモノは「フルサイズキーボード」と呼ばれます。狭すぎず広すぎない、ちょうどよいサイズ感のため、タイピングしやすいのが魅力。設置スペースに余裕がある場合は、フルサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

コンパクトなキーボードはキーピッチが短いこともあるので、打ちやすさにこだわる方は必ず確認しておきましょう。

キーストロークで選ぶ

By: logicool.co.jp

キーストロークは、キーを押し込んだ際の深さを意味します。ミスタイプが多い方には、3mm以上の深いモデルがおすすめ。しっかりとした打鍵感触を得られるため、隣のキーを同時に押してしまったり、キー入力を空振りしたりするのを防ぎやすいのが特徴です。

また、高速でタイピングを行いたい方は、1~2mmほどの浅いモノが便利。キーを深くまで打ち込む必要がなく、スムーズに入力できます。

テンキーの有無をチェック

キーボードを選ぶ際は、テンキーの有無も要チェック。テンキーは、数字や符号などを効率的に入力するためのキーで、キーボードの右側に配置されています。表計算や事務作業で数字を多く打ち込む方には、テンキー付きのモデルがおすすめです。

一方、テンキー付きのキーボードは横に長いため、狭い場所で使う方やデスクを広く使いたい方にはやや不向き。一般的なキーボードであれば、テンキーがなくても数字入力はできるので、用途を考慮したうえで選んでみてください。

防水性能で選ぶ

飲み物を近くに置いて作業することが多い方は、万が一のときに備えて防水性能が備わっているモデルを選ぶのがおすすめです。

例えば、キーボードに入った液体が本体から排出されるモデルであれば、飲み物をこぼしてしまっても故障のリスクを軽減可能。キーボード本体を丸洗いできるほど水に強いモデルもあります。キーボードを選ぶときは防水性能の高さもチェックしましょう。

疲れにくさを重視するなら人間工学(エルゴノミクス)キーボードも

By: amazon.co.jp

自然な姿勢で作業できるように考慮されて作られた「人間工学キーボード」。身体を無理のない位置に保ちやすく、手首や肩の負担を軽減する効果が期待できます。長時間作業をする方はチェックしておきましょう。

ゲーム用には「ゲーミングキーボード」がおすすめ

By: steelseries.com

ゲームメインで使用したい場合は、ゲームプレイに適した機能を備えた「ゲーミングキーボード」がおすすめです。例えば、「Nキーロールオーバー」は複数のキーを同時押しした場合に、正確にキーが認識される機能。複雑な操作を要求されるゲームにおいて便利です。

ほかにも、実行する機能をキーに割り当てられる「キーバインド」や、好みのキー配置をプロファイルとして保存できる「カスタムプロファイル」などが存在。MMOやFPSなどプレイするゲームに応じて適した機能が異なるので、確認したうえで選んでみてください。

ゲーミングキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

キーボードのおすすめモデル|ワイヤレスタイプ

ロジクール(Logicool) サイレントワイヤレスキーボード K295

メンブレン方式を採用したワイヤレスタイプのキーボードです。同社独自の静音技術「SilentTouch」を搭載。オフィスなどの静かな場所でも、音を気にせず作業できるのが特徴です。

データ入力などの作業を簡単にする、8個の便利なショートカットキーとテンキーを搭載しているのも魅力のひとつ。耐水設計も施されているので、作業をしながら飲み物を飲みたい方にもおすすめです。

静音性に優れたキーボードを探している方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) ロジクールMasterシリーズ MX KEYS KX800

快適なタイピングを可能にした、パンタグラフ方式の薄型ワイヤレスキーボードです。メタルプレートを採用しており、デスク上で滑りにくいのがポイント。バッグにもスッキリ収納できるので、持ち運んで作業したい方にもおすすめです。

キーにはバックライトが搭載されており、薄暗い部屋でも快適にタイピング可能。照明条件に合わせて自動で明度を調節する仕様で、ちょうどよい明るさを保てます。

最大3つのデバイスと接続でき、ボタンひとつで簡単に切り替え可能。スムーズなタイピングが可能なので、Webライターやプログラマーの方にもおすすめのキーボードです。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスBLUETOOTHキーボード K380

WindowsやMacなど、複数のOSに対応しているワイヤレスキーボード。最大3台までのスマホやタブレットなどと接続できます。また、接続を素早く切り替えられる「EASY-SWITCH」を搭載しているのも魅力です。

本体はコンパクトな設計で、バッグなどに収納しやすいのもポイント。さらに、約423gと軽量設計なので、会社と自宅の往復だけでなく、出張先や旅行先へ持ち運んで使用したい方にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富で、インテリアなどに合わせて選べます。

バッファロー(BUFFALO) コンパクトキーボード BSKBB310

グラつかずタイピングできるパンタグラフ方式を採用したワイヤレスキーボードです。キーボードを下から支えるラバードーム構造を採用。まっすぐキーを押し込めるので、安定した打鍵感を得られるのが特徴です。

Bluetoothバージョン3.0に対応し、最大10mの距離まで通信可能。最大3台までのマルチペアリングに対応しており、パソコンだけでなくタブレットやスマホなどを切り替えて使いたい方にもおすすめです。

価格も比較的リーズナブルなので、コスパを重視して選びたい方はぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) タッチパッド搭載ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01PBK

タッチパッドを搭載したパンタグラフ方式のBluetoothキーボードです。本体サイズは291×8×92mmとコンパクトで、折りたたみにも対応。バッグにスッキリと収まり、使うときは広げて快適にタイピングできます。

また、Windows・Android用配列とiOS配列をボタンで切り替えて使用可能。さまざまな機種でキーボードの印字どおりにキー入力ができるのもポイントです。最大3台まで接続できるマルチペアリングにも対応しています。

キーとキーの間隔をあけた「アイソレーション設計」を採用しているので、キーを同時に押してしまうなどのタイプミスを軽減。持ち運びに適したコンパクトなキーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL33BK

パンタグラフ方式のワイヤレスキーボードです。2.4GHzに対応しており、最大10m離れた場所からでも使用可能。軽いキータッチに加えて、キートップのどの位置からでも垂直にストロークでき、しっかり入力できるのが特徴です。

本製品は、一般的なキーボードと同様に19mmキーピッチを採用しているので、タッチタイピングをする方にもピッタリ。音量調節ボタンやパソコン標準の電卓ソフトへスムーズにアクセスできる、便利なショートカットキーも搭載しています。

シンプルで使いやすい、一般的なキーボードを求めている方におすすめの製品です。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Keyboard A7726121

重さ約190gの軽量設計を実現した、ワイヤレスタイプのキーボード。テンキーレスタイプで、デスクのスペースを取らずに設置できるのが特徴です。iOS・Android・Mac・Windowsと、幅広い互換性を持っているのもポイント。US配列を採用したグローバル仕様です。

素早く静かなタイピングができるのも魅力のひとつ。静かな環境でも、周囲を気にせず作業に集中できます。省エネモードを搭載しており、使い方によっては3ヶ月以上使用可能です。

価格も比較的リーズナブルなので、コスパを重視して選びたい方はチェックしてみてください。

アップル(Apple) Magic Keyboard テンキー付き(JIS) MRMH2J/A

Apple純正のテンキー付きワイヤレスキーボードです。広いレイアウトを持ち、書類などを素早くスクロールできる操作キーや、ゲームに適したフルサイズの矢印キーを搭載。作業効率を重視したい方におすすめです。

キーの下にあるシザー構造により、安定性を向上。キーの運びを最適化しており、スムーズなタイピングが可能です。充電式のバッテリーを内蔵しているので、電池交換の手間を省けるのも特徴。使い方次第で、1回の充電で約1ヶ月以上使えるのも魅力です。

スタイリッシュなデザインで、ビジネスシーンでも自然に使えます。会議室に持ち込んで使用したい場合などにおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Bluetooth Keyboard QSZ-00019

Office 365などでの作業で活躍する、マイクロソフト純正のBluetoothキーボードです。テンキーを搭載しており、数字や符号をスムーズに入力可能。事務作業などで作業効率を向上させたい方におすすめです。

最大3年使用できるのロングバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。Microsoft 365専用キーや検索キー、絵文字キーを搭載しており、メディアコントロール・アプリ・電卓などの機能へ手軽にアクセスできます。機能性に優れたキーボードを探している方はチェックしてみてください。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S PD-KB820BS

チャタリングのない静電容量無接点方式を採用したワイヤレスキーボード「HHKB」です。無接点のスイッチングによる深いストロークと、しなやかなキータッチを実現。心地よい打鍵感を味わえるので、キーボードを長時間使う仕事をしている方におすすめです。

ミニマルなキーが合理的に配列されており、ホームポジションから手を移動させることなくスピーディーなタイピングが可能。「Controll」と「Fn」キーの組み合わせで、さまざまなショートカットを使えます。

4台までのマルチペアリングに対応しており、いつでも簡単にデバイスを切り替えられるのもポイント。価格は高めですが、高耐久で長期的に使えるので、1台を長く愛用したい方におすすめのキーボードです。

サテチ(Satechi) BLUETOOTH WIRELESS SMART KEYBOARD WITH 4-DEVICE SYNC ST-BWSKMS

スタイリッシュなワイヤレスキーボード。iMacの純正キーボード「Magic Keyboard」を強く意識したデザインに仕上がっていますが、macOSのほか、iPhoneのiOS、Windows、Androidに対応でき、ペアリングできる端末は4台と、マルチに使えるのが特徴です。

Bluetoothによる接続範囲は10m圏内。バッテリーは単4電池2本で、電池の寿命は約21週間が目安です。Macユーザーでサードパーティのキーボードを探している方はもちろん、薄型のディスプレイに合うキーボードを求めている方もチェックしてみてください。

キーボードのおすすめモデル|有線タイプ

東プレ(Topre) REALFORCE R2-JP4

指への負担を軽減し、長時間のタイピングも快適に行える静電容量無接点方式の有線キーボード。高速入力時の同時押しも正確に認識する「フルNキーロールオーバー」に対応しているので、ゲーミング用としても使用できます。

ケーブルの取り出し口は左右側面だけでなく、上側面を加えた3方向に配置。設置場所に合わせて配線を変えられるのもポイントです。一方、重量は約1400gとやや重め。持ち運んで使用したい方は注意が必要です。

素早いタイピングに耐えられる高級キーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) KEYBOARD K120

静音性と耐久性に優れた有線キーボードです。折りたたみ式のレッグを展開し、姿勢の高さに合わせてキーボード自体の角度を調節することが可能。また、タイピング時に音が発生しにくい静音設計なので、静かな環境でも作業に集中できます。

最大1000万回のキーストロークに耐えると謳われている、丈夫なキーを備えているのも魅力のひとつ。さらに、飲み物をこぼしてしまっても本体から排出される構造のため、水没などによる故障を防ぎやすいのもポイントです。

ロジクール(Logicool) Washable Keyboard K310

本体を丸洗いできる有線キーボードです。キートップには、耐久性の高いレーザー印字を採用。UVコーティングを施しているので、洗浄や衝撃に強いのも魅力です。

モダンで個性的なデザインのため、デスク上をおしゃれに見せることが可能。ブラウザやメールアプリの起動、メディアプレーヤーの再生や音量調節などが行える便利なファンクションキーを12個搭載し、機能性にも優れています。機能面だけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 有線フルキーボード BSKBU525BK

本体を丸ごと水洗いでき、清潔に保てる有線キーボードです。本体樹脂部分に抗菌素材を配合しているのもポイント。防水仕様なので、飲み物をこぼしてしまったとき、水没して故障するリスクを軽減できるのも魅力です。

キートップの印字はレーザー 刻印されており、耐久性に優れているのが特徴。文字が消えにくいので、長期的に使いたい方にもおすすめです。また、キー間の気になる汚れを落とせるクリーニングブラシが付属。キーボードを定期的にお手入れして衛生的に使い続けたい方は、チェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 有線キーボード BSKBU100

カーブデザインを採用した、長時間のタイピングに適した有線キーボード。スペースキー付近の面積が広く設計されており、親指の自由度が高くなるため、快適にタイピングできます。

108キーで癖のないJIS配列、一般的なキーピッチ19mmを採用しているのもポイント。入力方式はメンブレン方式を採用しており、高い静音性を実現しています。水をこぼしても本体背面から排水される仕様のため、飲み物を飲みながらの作業にもピッタリです。

エレコム(ELECOM) 有線コンパクトキーボード TK-FCM103XBK

大きめのエンターキーや、独立して配置された「Delete」などの特殊キーにより、快適な操作性を実現した有線キーボードです。キーピッチは19mmで、JIS規格準拠の日本語配列を採用しています。

防水仕様ではありませんが、飲み物をこぼしてしまっても、本体裏面の水抜き穴から液体を排出可能。また、2段階からキーボードの角度調節ができるスタンドを搭載しています。リーズナブルなので、コスパを重視したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 有線超薄型コンパクトキーボード TK-FCP097

最薄部約6.5mmの薄型設計を実現した有線キーボード。パンタグラフ方式を採用しており、軽い力でタイピングできます。Windows OSとMac OS、それぞれに適した入力モードを搭載しているのも特徴です。

ボリューム調節やメディアプレーヤーの操作などを簡単に実行できる、12種類のマルチファンクションキーを備えているのもポイント。コンパクトながら、快適にタイピングできる有線キーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBキーボード SKB-L1UBK

深押しが可能なメンブレン方式の有線キーボードです。しっかりとした打鍵感があり、タイプミスのリスクを低減します。標準の日本語配列を採用しており、扱いやすいのも特徴です。

インターネットやメールソフトにワンタッチでアクセスできる、便利なショートカットキーを搭載しているのもポイント。防水・防滴仕様ではありませんが、液体がこぼれたときに本体裏面から排水できる機能を備えています。

リーズナブルで基本的な機能が揃っており、コスパを重視したい方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) エルゴノミック キーボード LXM-00018

エルゴノミクス理論に基づいたデザインで、快適にタイピングできる有線キーボードです。高級ファブリックで包み込まれたパームレストは、手首を自然な位置に保てる仕様。パソコンで長時間の作業を行う方におすすめです。

Office・絵文字・検索・メディアコントロールへ簡単にアクセスできる、便利な専用キーを搭載しているのも魅力のひとつ。テンキー付きなので、事務作業を効率的にこなしたい方もぜひ検討してみてください。

レノボ(Lenovo) トラックポイント・キーボード 0B47208

ThinkPadなどのファンクションキーに対応した有線タイプのキーボードです。テンキーレスのスリムなデザインで、限られたデスクのスペースにも設置可能。人間工学に基づいたメカニズムを採用し、また、キーの間にゆとりがあるので快適なタイピングができます。

トラックポイントを指先で傾けることで、マウスがなくてもポインターの操作が可能。また、ソフトランディング設計のキーが搭載されており、キーの端を打ったときの底付き感を低減しています。

日本語配列とUS配列をラインナップしているので、好みで選んでみてください。

ゲーミングキーボードのおすすめモデル

スティールシリーズ(SteelSeries) Apex PRO TKL

アナログホール効果磁気センサーを使用した「OmniPointメカニカルスイッチ」を搭載している、有線タイプのゲーミングキーボード。高速なレスポンスタイムと優れた耐久性が特徴です。

また、キーの反応する深さを0.4〜3.6mmの間で10段階から調節可能。ゲームやタイピングなど、利用シーンに合わせて自由にカスタマイズできます。

本体には、ゲームやアプリからの通知を受け取れる有機ELディスプレイを搭載。自分のプレイスタイルに適した設定のキーボードでゲームを楽しみたい方におすすめです。

ロジクール(Logicool) PRO Xキーボード G-PKB-002

キースイッチの交換に対応したカスタマイズ性の高いゲーミングキーボードです。高い応答性・耐久性を持つ「GX Blueクリッキー」「GX Redリニア」「GX Brownタクタイル」の3種類を自由に組み替えて、好みのクリック音と触覚フィードバックを選べます。リニアとタクタイルは別売です。

テンキーレスで、マウスのスペースを確保。また、着脱式ケーブルを採用しているので、外出先へも安全に持ち運べます。12個のプログラマブルFキーには、さまざまな操作をプログラム可能。複雑なコマンド入力が必要なゲームをプレイする方にもおすすめです。本格的にゲームをプレイしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レイザー(Razer) BlackWidow V3 Tenkeyless RZ03-03491400-R3J1

高精度かつカスタム性の高いメカニカル方式のゲーミングキーボードです。クリック感とタクタイル感に優れたグリーンメカニカルスイッチを採用。1680万色とエフェクトからライティングをカスタマイズできる「Razer Chroma RGB」に対応しているのも特徴です。

Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能などを搭載しているのも魅力。8000万回のキーストロークに耐えると謳われているキーを採用しており、長く愛用できます。

さらに、カスタムプロファイルやキーバインド、マクロにも対応。優れた機能性に加えて、見た目も妥協したくない方におすすめのゲーミングキーボードです。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Origins Core HX-KB7RDX-JP

耐久性の高いメカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードです。キースイッチは応答性と正確性のバランスに配慮し、移動距離と作動力が調節されています。航空機グレードのフルアルミボディーを採用しており、激しい操作をするゲームにもおすすめです。

RGBライティングをさらに明るく発光させるために、LEDを露出させているのもポイント。ライティング効果の設定やゲームモードのカスタマイズは、専用のソフトウェアで行えます。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UKBK

約5000万回の激しいキー入力にも耐えると謳われている、高耐久のメカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードです。日本語配列を採用しており、チャットもスムーズに入力可能。また、指の形に合わせて、キー全体がラウンドした形状を採用しているのも魅力です。

すべてのキーが同時入力できる「全キーロールオーバー」を搭載しており、さまざまなゲームに対応可能。Windowsキーやメニューキーの操作を無効化する「ゲーミングモード」を搭載しているので、不意にゲームが中断するのを防げるのもポイントです。

ゲーミングキーボードのなかでは、比較的リーズナブルに購入できます。ゲーミングキーボードの入門機としてもおすすめのモデルです。

キーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。