高速でタイピングをおこなってもミスを起こしにくく耐久性もあることから、プロの現場で取り扱われているのが「静電容量無接点方式」のキーボードです。素早いキー入力への反応が要求されるゲーム用途などでも重宝されています。

そこで今回は、静電容量無接点方式キーボードのおすすめモデルをご紹介。選ぶ際に確認すべきポイントなどについても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

静電容量無接点方式とは?

By: akeeyo.co.jp

静電容量無接点方式のキーボードは、名前の通り電極が接触しない「無接点構造」を採用しています。キーが押し込まれ電極同士が一定レベルまで接近すると、静電容量の変化を検知して入力されたことを伝える仕組みです。

メンブレンやパンタグラフ方式のキーボードと比較して高額なものの、信頼性が高いため、金融機関や計算センターといった大量のデータ入力作業が要求されるビジネスシーンで多く採用されています。

静電容量無接点方式のキーボードのメリット

物理的な接点を持たないため、耐久性に優れているのが静電容量無接点方式キーボードのメリット。チャタリングなどのエラーが発生しにくく、高速でタイピングをおこなう用途にも安心して使用できます。

毎日大量の入力作業をこなす、プロのオペレーターなどにおすすめのキーボードです。底つき感が少なく打ち心地が軽いので、長時間に及ぶタイピングでも疲れにくく快適に使えます。

静電容量無接点方式のキーボードの選び方

接続方式をチェック

ワイヤレス

By: realforce.co.jp

ワイヤレスキーボードの多くがBluetooth接続方式を採用しています。ケーブルを繋ぐ手間がなく、スマホやタブレットといったモバイルデバイスでも利用できるのが特徴。複数のデバイスとペアリングができる製品であれば、接続先の機器を切り替えるのも簡単です。

デスクの上をすっきりとさせておきたい方をはじめ、外出先で使用する機会の多い方や複数の機器を利用したい方などに適しています。電源には乾電池もしくは充電式の内蔵バッテリーを使用。定期的な電池交換や充電は必要なので覚えておきましょう。

有線

By: realforce.co.jp

有線タイプはパソコンのUSBポートにケーブルを繋いで使用します。接続状況による入力漏れや遅延が発生しないのが特徴。プロのオペレーターが使用する現場や、ゲーミングなどにおすすめの接続方式です。USBポート経由で給電するため、電池を交換したり定期的に充電をしたりする手間はかかりません。

ただし、ケーブルが邪魔になるので持ち運び用途には不向きです。携帯する機会が多い方はUSBケーブルが脱着式のモデルを選びましょう。カバンなどへ入れる際に引っかかりにくく、スムーズに収納できます。そのほか、ワイヤレスモデルと比べて価格が安い傾向にあるのも有線モデルの特徴です。

テンキーありかテンキーレスか

数字を入力する機会が多い方にはテンキー付きのキーボードがおすすめです。独立した数字キーを備えているため、スムーズにタイピングすることが可能。エクセルや会計ソフトへの入力作業が快適におこなえます。ただし、本体の横幅は広くなるので、作業スペースも考慮したうえで選ぶようにしましょう。

省スペースの製品や携帯に便利なキーボードを探している方には、コンパクトなテンキーレスモデルがおすすめです。小さなデスクに設置しやすいだけでなく、カバンやリュックに入れて簡単に持ち運べます。

なかには、一部のキー機能をファンクションキーとの組み合わせにすることで、携帯性と省スペースのバランスを両立したモデルなども販売されているため、気になる方はチェックしてみてください。

配列をチェック

キーボードには「日本語配列」と「英語配列」の2タイプが存在します。前者はキートップにひらがなが表記されており、「かな入力」を利用する方に便利な配列。日本で販売されているパソコン用キーボードの多くが採用しています。

一方の後者には、ひらがな表示をはじめ「全角・半角」や「変換」キーは付いていません。全体的にスッキリとしたスタイリッシュな印象が魅力。一部のキー配置が異なりますが、「ローマ字入力」による日本語入力は可能です。

使い勝手を考慮すると、今まで使い慣れたキーボードと同じ配列の製品を選択するのがおすすめです。

ゲーミングなら「Nキーロールオーバー」対応モデルを

ゲーム用途のキーボードを探している方は「Nキーロールオーバー」対応モデルにも注目しましょう。Nキーロールオーバーとは複数のキーをほぼ同時に押すような状況でも、押された順に全ての入力を認識する機能です。

入力漏れが発生しないため、一瞬の操作ミスが勝敗に影響するゲームには必須。そのほか、タイピング速度の速いプロのオペレーターなどにもピッタリなので、ぜひチェックしてみてください。

静電容量無接点方式のキーボードのおすすめメーカー

東プレ(Topre)

By: amazon.co.jp

1935年に設立された、東京に本社を構えるメーカーです。プレス加工で培った技術をコアテクノロジーとして、自動車関連・空調機器・電子機器などの製造販売をおこなっています。

キーボード製品は「REALFORCE」ブランドで展開しており、全モデル静電容量無接点方式を採用。ホーム・オフィス・ゲーミングといった、幅広い用途に適した製品をラインナップしています。

アキーヨ(AKEEYO)

By: akeeyo.co.jp

主にドライブレコーダー関連製品を販売している中国メーカーです。キーボードは静電容量無接点方式モデルを「NiZ」ブランドで展開しています。

コンパクトで携帯性に優れたテンキーレスの66キーモデルをはじめとした、さまざまなタイプがラインナップされているので、用途に合わせて選んでみてください。

ピーエフユー(PFU)

By: pfu.fujitsu.com

1987年にユーザック電子工業とパナファコムが合併して誕生した会社です。コンピューター開発で培った技術をベースに、組込型コンピューター・スキャナー・ネットワーク関連機器などを製造しています。

キーボードは「HHKB(Happy Hacking Keyboard)」ブランドで販売。フラッグシップモデルの「HYBRID Type-S」など、人気の高いモデルを幅広くラインナップしています。

静電容量無接点方式のキーボードおすすめモデル

東プレ(Topre) REALFORCE R3 キーボード R3HC11

日本語配列のキートップを採用したモデルです。かな入力が可能な、静電容量無接点キーボードを探している方におすすめ。Bluetoothによるワイヤレスと有線接続に対応しているため、利用環境に応じて使い分けられます。また、脱着式のUSBケーブルを採用しており、持ち運ぶ際にカバンの中でかさばりにくいのも便利なポイントです。

ブラックの本体に、ダークグレイのキーキャップを組み合わせたカラーリングがおしゃれ。キートップの文字は昇華印刷方式でプリントされているので、消えにくいのもポイントです。長期間使い込んでもきれいな状態で愛用できます。

WindowsやMacをはじめ、iPhone・iPad・Android端末と幅広いデバイスで使用することが可能です。

東プレ(Topre) REALFORCE R3 キーボード R3UA41

テンキー付きのキーボードです。フルNキーロールオーバーに対応しているため、タイピング速度が速くても入力漏れしにくいのがメリット。また、スイッチ寿命が5000万回以上あると謳われているなど、耐久性も良好です。

毎日、ハードに使用するプロの現場にピッタリのモデル。WindowsとMac、両方のパソコンに対応しています。ただし、接続方式はUSBによる有線のみなので、購入を検討している方は留意しておきましょう。

東プレ(Topre) REALFORCE TKL SA for Mac R2TLSA-US3M-BK

REALFORCEシリーズのMac専用モデル。Control・Option・Commandキーを含め、Mac標準の英語配列キートップを採用しています。Macパソコンを愛用している方におすすめのキーボードです。ファンクションキーを搭載しているので、輝度や音量調節などの機能に素早くアクセスできます。

テンキーレスのコンパクトなボディを採用。机の上が狭い場合でも、マウスの操作スペースが確保できます。また、本体とチルトスタンド底面に滑り止めが配置されているため、位置がズレにくく安定した状態でタイピングすることが可能です。

APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能を搭載しているのもポイント。各キースイッチのオン位置が3段階に調節できるので、好みや使い方に応じて変更できます。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL R2TLA-US4G-BK

PCゲーマーの方におすすめのキーボードです。1680万色から選んで設定できるバックライトを搭載。専用ソフトウエアをインストールすれば、カラーや光り方が自在に変更できます。キーキャップに2色成形方式を採用しているため、ハードなタイピングを繰り返しても文字が消えにくい仕様。好みのキーキャップに交換しカスタマイズを楽しむことも可能です。

フルNキーロールオーバーに対応しているのもポイント。素早いキー操作に対してもしっかりと入力可能です。キーボードのデザイン性を求める方は、ぜひチェックしてみてください。

アキーヨ(AKEEYO) NIZ ホワイト 静電容量ワイヤレスキーボード

66キー搭載のコンパクトなモデルです。重さも720gと比較的軽量なため携帯性は良好。自宅とオフィスなど、持ち運んで使用したい方におすすめのキーボードです。Bluetooth接続のほか有線接続も可能なため、利用する機器に合わせて使い分けられます。

Bluetoothはマルチペアリングに対応。ボタン操作で接続先のデバイスを素早く切り替えられるので便利です。Windows・Mac・iOS・AndroidとマルチOSに対応しています。

また、2500mAhのリチウム電池を内蔵。付属のケーブルで繰り返し充電して使えるほか、電池を交換したり予備を持ち歩いたりする必要がないのもメリットです。静音仕様のため、周囲に気兼ねなくタイピングできます。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列 PD-KB800BS

HHKBシリーズのフラッグシップモデル。高速タイピング性と静粛性を兼ね備えた高性能なキーボードです。テンキーレスの小型ボディは重さが540gと軽量なため、かばんやリュックに入れて容易に持ち運べます。

搭載しているキー数は60個。ControlとFnキーの組み合わせによるショートカットを駆使すれば、多様な操作に素早くアクセスできます。ホームポジションから手を離すことなく、タイピングすることが可能です。また、USB Type-Cによる有線とBluetooth接続に対応しています。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID 日本語配列 PD-KB820W

日本語配列を採用したコンパクトなキーボードです。USB Type-Cによる有線のほか、Bluetooth接続にも対応しています。最大4台のデバイスを登録できるのが特徴。パソコン・スマホ・タブレットなど、複数の機器を切り替えて入力作業する方におすすめのモデルです。

ただし、Macの場合macOS 10.15(Catalina)以降でないとBluetoothに対応していないため、ワイヤレスで接続予定の方は事前にアップデートをしておきましょう。

3段階のチルト調節機能を搭載しているので、好みの角度にセットできます。機器や使用感に合わせて使いやすいおすすめのモデルです。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional Classic 無刻印 PD-KB401BN

HHKBの無刻印モデルです。全体に「墨色」のカラーリングが施されており、外観はシンプルなデザイン。タッチタイピングが必須のため、プログラマーやライターの方に適しています。そのほか、ミニマルなアイテムを好む方などにも、おすすめのキーボードです。

WindowsとMac、2つのOSに対応。ただし、接続方式は有線のみなので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。530gと軽量なうえ脱着式のケーブルを採用しているため、容易に持ち運べます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静電容量無接点キーボード 400-SKB060

購入しやすい手頃な価格の製品です。静電容量無接点タイプのキーボードを試してみたい方におすすめのモデル。日本語配列を採用しているため、普段使い慣れたキーボード感覚でタイピングできます。かな表記が印字されていないシンプルなデザインも魅力です。

キースイッチ部にゴム製のリングを内蔵しており、打鍵時に発生する音を軽減。静音性が高いので周囲に気兼ねなく使えます。カラーや光り方が自由に設定できるバックライトを搭載しているため、ゲーミング用途にもおすすめのモデルです。

レオポルド(LEOPOLD) 静音モデル FC660C

静音性の高いキースイッチを採用したキーボード。オフィスなどの環境でも、周囲を気にせずにタイピングできます。本体底面はもちろん、チルトスタンドにもラバー素材を配置しているため、入力中にズレにくい仕様です。

DIPスイッチによりキー配列を変えられるのが特徴。自分の好みや使い方に応じてカスタマイズできます。また、キーキャップに昇華印刷方式を採用しており、文字が消えにくいのも嬉しいポイントです。