スマホやタブレットをビジネスシーンで使う際にストレスを感じやすいのが、画面タップやフリックでの文字入力。BluetoothやUSBでの接続に対応した「折りたたみキーボード」を使えば、より快適な文字入力が叶います。また、軽量小型で持ち運びしやすいモデルなら、外出先での作業にも便利です。

そこで今回は、折りたたみキーボードのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

折りたたみキーボードの選び方

サイズや重量をチェック

By: iclever.com

スマートフォンやタブレットで文字入力を行う場合は、コンパクトサイズの折りたたみキーボードが便利。外出先でも、スペースを取らずに使用できます。また、頻繁に持ち運ぶ方には、200g以下の軽量設計モデルがおすすめです。

タブレットをノートパソコンの代わりに使う場合は、タイピングしやすい設計のモデルが適しています。キーの間隔が離れている「アイソレーション」デザインを採用したモノなら、複数キーを同時に押してしまうなどのミスを軽減可能。より効率よく作業できます。

接続方式をチェック

By: elecom.co.jp

折りたたみキーボードの接続方式には、有線タイプと無線タイプがあります。有線タイプは、キーボードと端末をUSBケーブルで接続する仕組み。端末側の端子にはLightningやmicroUSB、USB Type-Cなどさまざまな種類が存在するので、規格に対応したケーブルや変換アダプターを用意する必要があります。

無線タイプの折りたたみキーボードは、Bluetoothで端末と接続して使用するアイテム。一度ペアリングした機器同士は、次回から自動で接続できます。なお、駆動には充電や電池が必要なため、バッテリーの持続時間に注意しながら使用しましょう。

マルチペアリング対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

スマホやタブレットなど、デバイスを複数持っている方には、マルチペアリング対応の折りたたみキーボードがおすすめ。一度ペアリング登録すれば、次からは切り替え設定だけで簡単に接続できます。

ショートカットキーやワンタッチボタンでデバイスの切り替えができるモデルなら、より手間が省けて便利。なお、設定可能な台数は製品によって異なります。複数のデバイスを接続して使用したい方は、購入前に必ずチェックしておきましょう。

対応OSをチェック

By: iclever.com

折りたたみキーボードを使う際は、端末のOSが一致しているかどうかも重要。OSの種類は主に、iOS・Android・Windows・MacOSの4つです。

折りたたみキーボードのなかには、複数のOSに対応したモデルや、異なるOS間で接続を切り替えられるモデルも存在します。OSが異なる端末を複数使っている方は、ぜひチェックしてみてください。

電源方式をチェック

バッテリー式

外に持ち運んで使用することが多い方は、折りたたみキーボードのバッテリー容量もチェックしておきましょう。給電する端子はmicroUSBが主流で、充電にかかる時間は2〜4時間が目安。また、連続使用時間は30〜80時間と、製品によって大きく異なります。

電池式

電池を使用するタイプの折りたたみキーボードは、単4乾電池を2本で駆動する仕様のモノが一般的。使用時間の目安としては、1日8時間の使用で約2ヶ月間です。

キー配列をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみキーボードを選ぶ際は、キーの配列もチェックしておきましょう。キーの配列には大きく分けて、日本語配列(JIS)と英語配列(US)の2種類があります。

日本語配列のキーボードは、キーの数が多いのが特徴。「全角/半角」「無変換」「変換」など、「かな」変換機能のボタンが備わっているので、日本語のチャットや文章入力が多い方におすすめです。

英語配列のキーボードは、キーの字面がスッキリしているのが特徴。記号の配置が見やすく、アルファベットの入力に優れていますが、日本語を入力しにくい場合もあります。ゲームやプログラミングなどで利用する方におすすめです。

折りたたみキーボードの素材をチェック

耐久性に優れた「アルミ」

By: amazon.co.jp

アルミ素材は、丈夫で耐久性に優れているのが特徴。ほかの素材を使用したモノに比べて、落としてしまっても故障のリスクを軽減できるのが魅力です。

また、アルミを使った折りたたみキーボードには軽量なモデルも多く、持ち運びに便利。初めて折りたたみキーボードを購入する方は、ぜひチェックしてみてください。

水に強い「シリコン」

By: amazon.co.jp

シリコン素材は、防水に対応しているのが特徴です。カフェなどで飲み物を片手に作業をする場合におすすめ。また、丸洗いできる製品が多いので、衛生的に使用しやすいのも嬉しいポイントです。

柔らかいため、膝に乗せてのタイピングには向きませんが、丸めて収納できるのがメリット。カバンに収納する際にも便利です。

折りたたみ方法をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみキーボードの主な形状は、2つ折りと3つ折り。2つ折りは、横折りにするモノが主流でしたが、最近では縦折りにして細長くできるモデルもラインナップされています。ペンケースや折りたたみ傘程度の大きさになるため、バッグの隙間にすっぽり収めやすいのがポイント。

3つ折りは、中央から観音開きにするタイプの形状です。横に2つ折りするモデルの場合、スペースキーが小さすぎると感じることもありますが、3つ折りのモデルなら十分な大きさを確保可能。2つ折りと比べてやや高価な傾向にありますが、より使い勝手に優れています。

タッチパッドやテンキーを搭載したモデルもおすすめ

By: rakuten.co.jp

折りたたみキーボードのなかには「タッチパッド」を搭載したモデルも存在します。板状のセンサーをなぞるだけで、カーソルを自由に動かすことが可能。マウスを別途持ち運ぶ必要がないので、荷物を減らしたい方におすすめです。

また、Excelなどの表計算ソフトをよく使用する方には、「テンキー」を搭載したモデルもおすすめ。製品ラインナップはあまり多くないものの、数字や計算式の入力がしやすく便利です。作業効率を高めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみキーボードのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

ハードディスクや無線ルーターなど、幅広い製品を取り扱うパソコン周辺機器メーカーです。同社の製品は高機能ながら低価格で、コストパフォーマンスに優れているのが特徴。折りたたみキーボードにおいては、軽量コンパクトなモデルや薄型モデルなど、さまざまなアイテムが揃っています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

サンワサプライの折りたたみキーボードは、スタイリッシュなデザインが特徴。余分なキーを取り除くことで、字面がスッキリした設計に仕上がっています。コンパクトなサイズのモノも存在し、持ち運びが多い方やデスクのスペースが限られている方におすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器で有名なエレコムは、キーボードにおいても高いシェアを占める人気メーカー。キー同士の間隔を適切に設けた製品が多く、タイプミスを軽減しながら作業効率を高められます。また、ドライバのインストールなどの準備が不要な製品も多く、初めて折りたたみキーボードを購入する方にもおすすめのメーカーです。

折りたたみキーボードのおすすめ

バッファロー(BUFFALO) BSKBB700BK

バッファロー(BUFFALO) BSKBB700BK

iOS・Android・WindowsのOSに対応した折りたたみキーボードです。最大3台までデバイスを登録できるほか、ワンタッチで接続先を切り替えられます。

交換不要の「リチウムポリマー電池」を内蔵しているのもポイント。付属のUSBケーブルを繋げることで、パソコンやアダプタから手軽に充電できます。

タブレットスタンドとして使用できるケースが付属しているのも魅力。10インチサイズのタブレットを立て掛けられるので、画面に集中しながら作業できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothキーボード 400-SKB061

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 折りたたみ式Bluetoothキーボード 400-SKB061

コンパクトな折りたたみキーボードです。折りたたんだ状態で約幅15.1×奥行き8.5cmと、スマートフォンと同等のサイズになるのが特徴。バックやインナーケースに入れてもかさばりにくく、スムーズに収納できます。

最大3台のデバイスを接続できるのもポイント。ワンタッチで自由に切り替えられる、マルチペアリング機能を搭載しています。複数のスマートフォンやタブレットを使用している方におすすめです。

本製品はUS配列を採用しているため、プログラミングやゲーミング用途にぴったり。キーがそれぞれ独立したアイソレーションデザインで、ノートパソコンと同じ感覚で入力できます。

Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KB

Jelly Comb Bluetoothキーボード 折りたたみ式 JC-02KB

長時間使用しても疲れにくい折りたたみキーボード。人間工学に基づいた「エルゴノミクス設計」を採用しており、楽な姿勢で打鍵できます。また、キー同士に19mmの間を設けたアイソレーションデザインも魅力。同時に複数のキーが入力されてしまうなどの、タイプミスを防ぎます。

キーボードの開閉と同時に電源がオン・オフに切り替わる機能を搭載しており、バッテリーを節約しながら使用できるのもポイント。また、一度デバイスとペアリングすれば次回以降は自動で接続するため、手間が省けます。

折りたたんだ状態で幅が約16cmとコンパクトなほか、約140gの軽量設計で持ち運びにも便利。さらに、最大40時間のバッテリー駆動により、充電環境がない場所でも安心して使用できます。

EBEAUTYDAY 折りたたみ式 Bluetoothキーボード BT-ZP001

EBEAUTYDAY 折りたたみ式 Bluetoothキーボード BT-ZP001

省エネ設計の折りたたみキーボードです。開閉することで電源のオン・オフが切り替わるため、使用してないときに電池の消耗を防げます。フル充電すれば最大60時間の連続使用が可能で、旅行や出張などの長期間の使用にもおすすめです。

重さは157gで一般的なスマートフォンと変わらず、カバンに入れても負担になりにくい仕様。また、折りたためば幅約14.5×奥行9.9cmとコンパクトに収まり、携帯性にも優れています。

本製品は、iOS・Android・Windows・Macに対応可能。一度デバイスとBluetoothペアリングをすれば、キーボードの電源を入れるだけで自動的に接続できます。

Lantoo 折り畳み式キーボード CL888

Lantoo 折り畳み式キーボード CL888

耐久性に優れた折りたたみキーボードです。約1000万回の打鍵テストを実施しており、長期間の使用でも壊れにくいのが特徴。外装にはアルミ合金素材が採用されているため、傷や故障を軽減できます。

最大40時間駆動するバッテリーを搭載しているのもポイント。また、10分間キーボードの操作をしないでいると自動でスリープモード状態になるので、節電にもつながります。

スマートフォンやタブレットを立て掛けられるスタンドが搭載されているのも魅力。文字入力だけでなく、動画視聴・読書・ブラウジングの際にも便利です。そのほか、折りたためば幅23.8×奥行5.5×厚さ1.8cmとスリムに収まるため、外出先での使用にも適しています。

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK06

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK06

マルチペアリング機能を搭載した折りたたみキーボード。最大3台までのデバイスと同時ペアリングが可能で、ビジネス用とプライベート用のパソコンなどで併用できます。ボタン1つで操作するデバイスを切り替えられるのも魅力です。

本製品は人間工学に基づいて設計されているため、自然な状態で腕を広げながら使用できます。また、キーとキーの間に隙間を設けたアイソレーションデザインにより、複数キーの同時入力などのタイプミスを軽減可能です。

コンパクトに折りたためるほか、重さはわずか176gで、携帯性も良好。最大60時間のバッテリー駆動に対応しており、旅行や出張などにも便利です。

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK03

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK03

持ち運びに便利な折りたたみキーボード。厚さわずか1.3cmの薄型タイプで、カバンやポケットに入れてもかさばりにくいのが魅力です。

最大3台までのデバイスとマルチペアリングが可能。Windows・Android・iOS・MacOSに対応しており、ペアリング後はキーボードのボタンを押すことで自由に切り替えられます。

185gの軽量設計ながら、最大約80時間の連続使用が可能。頻繁に充電を行う必要がないため、出張や旅行などにも便利です。

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK20

アイクレバー(iClever) 折畳み式Bluetoothキーボード IC-BK20

有線と無線の両方式で接続可能な折りたたみキーボード。デバイスによって、BluetoothとUSBケーブルの2つから接続方法を選択できます。無線環境が悪い場合でも有線方式に切り替えることで、快適に作業を行えるのが魅力です。

本製品は、プログラミングやゲームに便利なUS配列仕様。また、ノートパソコンと同等のフルサイズキーが採用されており、作業効率を高めたい方にもおすすめです。

フル充電状態で、最大約80時間の連続使用に対応可能。電池の残量を気にせずに使用できます。10000回の折りたたみテストが実施されており、耐久性にも優れたモデルです。

Jekeno 折りたたみ式キーボード keyboard001

Jekeno 折りたたみ式キーボード keyboard001

省エネ設計を採用した折りたたみキーボード。10分間使用していない場合に自動でスリープ状態に切り替わり、電池の消耗を抑えられます。フル充電時で、最大40時間の連続使用が可能です。

指を動かすことで操作できる、タッチパッドを搭載しているのも魅力。また、キーボードは打鍵感が強く、ノートパソコンのようにしっかりタイピングできます。500万回の打鍵テストが行われており、耐久性にも優れたアイテムです。

本製品は3つ折りタイプで、たたむと幅約15×9.8cmのコンパクトサイズに収納可能。重さも197gと軽量設計なため、カバンに入れても負担がかかりにくく、持ち運びに便利です。

Laiqianle 折りたたみ式 Bluetoothキーボード LQL-44

Laiqianle 折りたたみ式 Bluetoothキーボード LQL-44

US配列が採用された折りたたみキーボードです。プログラミングやゲーミングに便利なほか、キーの字面がスッキリしているのも特徴。右側にはタッチパッドを搭載しており、マウス感覚でスムーズに操作できます。

2時間の充電で、最大60時間の連続使用が可能。また、キーボードを10分間使用していないと自動でスリープ状態に入るため、電力の消耗を抑えられます。

薄型ながら、ノートパソコンのような打鍵感を得られるのも魅力。約500万回の打鍵テストが行われており、耐久性にも優れたモデルです。

番外編:シリコン製キーボードのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 洗えるシリコンキーボード 400-SKB013

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 洗えるシリコンキーボード 400-SKB013

折りたたんでカバンなどにすっきり収納できる、シリコン製のキーボードです。ゴミやホコリが挟まっても水洗いや水拭きができるため、清潔に保ちやすいのが特徴。不特定多数の人が共有する学校や病院、工場などへの導入にもおすすめです。

打鍵音が抑えられた静音性も魅力。カフェや図書館など、音が気になる場所でも快適に使用できます。また、一般的なパソコン用キーボードで広く採用されている16mmのキーピッチを設けているので、複数キーを同時入力してしまうなどのミスを軽減可能です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth シリコンキーボード TK-FBS095

エレコム(ELECOM) Bluetooth シリコンキーボード TK-FBS095

最大3つのデバイスに接続できるシリコンキーボードです。切り替えボタンを押すことで、登録したデバイスを瞬時に切り替えられます。Bluetooth機能が付いたスマートフォン・タブレット・パソコンに対応しており、複数のデバイスを使用する際もキーボードを1つにまとめられるのが魅力です。

本製品は、単4乾電池を2本使用して駆動するタイプ。電池残量が減少すると、本体のLEDランプが点滅します。電池交換のタイミングが分かりやすいのもメリットです。

Newiy Start テンキー搭載Bluetoothキーボード

Newiy Start テンキー搭載Bluetoothキーボード

柔軟性の高いシリコン製のワイヤレスキーボード。コンパクトに折りたためるのはもちろん、水洗いも可能なモデルで、使い勝手に優れているのが特徴です。

また、本製品はテンキーが搭載されており、計算処理がスムーズにできるのもポイント。フル充電における連続使用時間は約80時間とスタミナも十分なほか、各種OSに対応しているので、スマホやタブレット用のBluetoothキーボードを探している方にもおすすめです。