スマホやタブレットをビジネスシーンで使う際にストレスを感じやすいのが、画面タップやフリックでの文字入力。BluetoothやUSBでの接続に対応した「折りたたみキーボード」を使えば、より快適に文字入力できます。また、軽量小型で持ち運びしやすいモデルなら、外出先での作業にも便利です。

そこで今回は、折りたたみキーボードのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

折りたたみキーボードの選び方

サイズや重量をチェック

By: iclever.com

スマホやタブレットで文字入力を行う場合は、コンパクトサイズの折りたたみキーボードが便利。外出先でも、スペースを取らずに使用できます。また、頻繁に持ち運ぶ方には200g以下の軽量設計モデルがおすすめです。

一方、タブレットをノートパソコンの代わりに使う場合は、タイピングしやすいサイズのモデルが適しています。コンパクトすぎる製品だと打ちにくさを感じる場合があるので、注意しましょう。

接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみキーボードの接続方式には、有線タイプと無線タイプがあります。有線タイプは、キーボードと端末をUSBケーブルで接続する仕組み。端末側の端子にはLightningやmicroUSB、USB Type-Cなどさまざまな種類が存在するので、規格に対応したケーブルや変換アダプターを用意する必要があります。

無線タイプの折りたたみキーボードは、Bluetoothで端末と接続して使用するアイテム。一度ペアリングした機器同士は、次回から自動で接続できます。なお、駆動には充電や電池が必要なため、バッテリーの持続時間に注意しながら使用しましょう。

折りたたみ方法をチェック

By: sanwa.co.jp

折りたたみキーボードの主な形状は、2つ折りと3つ折り。2つ折りは、横折りにするモノが主流でしたが、最近では縦折りにして細長くできるモデルもラインナップされています。ペンケースや折りたたみ傘程度の大きさになるため、バッグの隙間にすっぽり収めやすいのがポイントです。

3つ折りは、中央から観音開きにするタイプの形状。横に2つ折りするモデルの場合、スペースキーが小さすぎると感じることもありますが、3つ折りのモデルなら十分な大きさを確保可能です。2つ折りと比べてやや高価な傾向にありますが、より使い勝手に優れています。

対応OSをチェック

By: iclever.com

折りたたみキーボードを使う際は、端末のOSが一致しているかどうかも重要。OSの種類は主に、iOS・Android・macOS・Windowsの4つです。

折りたたみキーボードのなかには、複数のOSに対応したモデルや、異なるOS間で接続を切り替えられるモデルも存在します。OSが異なる端末を複数使っている方は、ぜひチェックしてみてください。

日本語配列か英語配列か

By: sanwa.co.jp

折りたたみキーボードを選ぶ際は「配列」にも注目。配列には、大きく分けて「日本語配列」と「英語配列」の2種類が存在し、それぞれメリット・デメリットが異なります。

日本語配列とは、JIS配列とも呼ばれ、キーにそれぞれひらがなが刻印されているのが特徴。そのほか、「全角/半角」「変換」など独自のキーが配置されています。また、106個キーがあるモデルから、Windowsキー2つとアプリケーションキー1つを備えた「104キーボード」、「Mac用キーボード」など種類が存在するのもポイントです。

英語配列とは、US配列とも呼ばれるキーボード。日本語配列キーボードに配置されている「全角/半角」「無変換」「変換」などのキーが存在せず、コンパクトなのが特徴です。プログラミングなど英語の入力がメインのシーンにおいては合理的な配置を実現。一方、日本語を入力する機会が多い方は、やや入力しにくいので注意しましょう。

折りたたみキーボードの素材をチェック

耐久性に優れた「アルミ」

By: 3ec.jp

アルミ素材は、丈夫で耐久性に優れているのが特徴。ほかの素材を使用したモノに比べて、落としてしまっても故障のリスクを軽減できるのが魅力です。

また、アルミを使った折りたたみキーボードには軽量なモデルも多く、持ち運びに便利。おしゃれなモノが多いのも特徴です。初めて折りたたみキーボードを購入する方は、ぜひチェックしてみてください。

水に強い「シリコン」

By: amazon.co.jp

シリコン素材は、水に強いのが特徴です。飲み物を片手に作業をする場合におすすめ。また、丸洗いできる製品が多いので、衛生的に使用しやすいのも嬉しいポイントです。

柔らかいため、膝に乗せてのタイピングには向きませんが、丸めて収納できるのがメリット。軽量なモノも多く、カバンに収納する際にも便利です。

機能をチェック

テンキーの有無

By: sanwa.co.jp

折りたたみキーボードを選ぶ際は、テンキーの有無にも注目。テンキーとは0〜9の数字キーと計算キーを1つにまとめたモノです。基本的にキーボードの右側に配置されており、「Excel」「Google スプレットシート」など数値を入力する機会が多いシーンで重宝します。

一方、テンキーを備えていないモデルは、その分コンパクトになり、省スペースに設置できるのが特徴。持ち運ぶ機会が多い折りたたみキーボードの場合は、特に携帯性が重要になります。利便性を重視するのか、携帯性を重視するのかを考慮して、自分に合ったモデルを選びましょう。

タッチパッド

By: amazon.co.jp

高い操作性を重視したい方は「タッチパッド」を搭載した折りたたみキーボードがおすすめ。タッチパッドとは、名前の通りスマホのようにタップやスワイプなどで直感的に操作できるモノです。マウスを接続しなくてもカーソル操作やクリック操作ができます。

一方、タッチパッドを備えている分、一般的な折りたたみキーボードに比べてサイズが大きくなってしまうのが難点。また、タッチパッドに対応していないデバイスでは使用できないので、対応OSも事前に確認しておきましょう。

マルチペアリング

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプの折りたたみキーボードを選ぶ際は、「マルチペアリング」に対応しているかもチェック。マルチペアリングとは、複数のデバイスとのペアリング設定をキーボード本体に記録できる機能のことです。複数のデバイスと接続して使用する機会が多い方は、マルチペアリングに対応したモデルが適しています。

ただし、マルチペアリングはあくまでペアリング設定を記録するための機能なので、1度に複数のデバイスを同時に接続できない点には注意しましょう。

折りたたみキーボードのおすすめ

Ewin 折りたたみキーボード YXB-07

レザー調のデザインでビジネスシーンにもぴったりの折りたたみキーボードです。2つ折りタイプで、コンパクトに持ち運べるのが特徴。重量も157gと軽量なので、バッグに入れてもほとんど負担になりません。

最大3台のデバイスを切り替えて使えるマルチペアリングに対応しているのも魅力のひとつ。iOS・Android・Mac・Windowsなど幅広いOSに対応しているので、複数の機器で使いたい方にもおすすめです。

配列は日本語配列を採用。コピーや切り取り、貼り付けなど13種類のショートカットも搭載しています。また、10分間放置しておくと自動で電源がOFFになるため、ムダなバッテリー消費も抑えられるのも嬉しいポイントです。

Ewin 折りたたみキーボード B033

iOS13以上のiPhone・iPadで使用できるタッチパッドを搭載した折りたたみキーボード。マウスを接続しなくてもクリックやカーソル移動などさまざまな操作ができます。そのほか、Android・Mac・Windowsなど様々なOSに対応。最大3台のデバイスとマルチペアリングできるのもおすすめポイントです。

薄く快適なタッチができるパンタグラフ式のキーを採用しているのも魅力のひとつ。1つ1つのキーが独立した「アイソレーション形状」のため、打ち間違いなどを軽減できるのもメリットです。

3つ折りにできるので、タッチパッドを備えながらコンパクトにまとまるのも特徴。重量も約194gと軽量設計なので、手軽に持ち運べます。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK06

V字型のように広がったユニークな形状が特徴的な折りたたみキーボードです。7°の傾斜により、楽な姿勢で自然にタイピングできるのが特徴。折りたたむことで120×330×12mmとiPhone程度の小ささになるため、手軽に持ち運べます。

重量もわずか176gと軽量設計なので、バッグやポケットに入れても負担になりにくいのも魅力。軽快な打鍵感と優れた静音性を両立したパンタグラフ式を採用しています。コンパクトな英語配列を採用。キーピッチは一般的なフルサイズキーボードと同等の19mmのため、1つ1つのキーを入力しやすいのもおすすめポイントです。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK26

iOS・Android・Mad・Windowsとさまざまな機器に最大3台まで同時に接続できる「マルチペアリング」に対応した折りたたみキーボード。組み合わされたボタンを押すだけで機器を簡単に切り替えられます。

USB Type-Cによる充電式を採用し、2時間の充電で約60時間使用可能。また、しばらく使用しないと自動で電源が切れる「オートスリープモード」も搭載しているので、ムダな電力消費も抑制可能です。

軽快な打鍵感と静音性を両立したパンタグラフキー構造を採用。スマホやタブレットを立てかけられるスタンドが付属しているのも魅力です。外装に上質なABS素材を使用しており、高級感のある見た目を演出しているだけでなく、優れた耐久性も実現しています。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK08

3つ折りでコンパクトに持ち運べる折りたたみキーボードです。カーソル移動やクリック操作などができるタッチパッドを搭載しているのも特徴。マウスを接続しなくてもほぼすべての操作をこなせます。

すっきりとしたレイアウトが魅力的な英語配列を採用しているのもメリット。iOS・Android・Mac・WindowsなどさまざまなOSで使用できるのも特徴です。また、最大3つのデバイスに接続できる「マルチペアリング」にも対応しています。

外装に優れた強度を実現したアルミ合金素材を使用しているのもポイント。フル充電した場合、約60時間と長時間使用できるので、外出先でも時間を気にせず作業できます。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK11

キーボードとスタンドが一体となった利便性の優れた折りたたみキーボード。本体上部のスタンドを引き出すことで、スマホを立てかけて画面を見ながら作業できるのが特徴です。

縦に折りたたむ2つ折りタイプで、重量約161gと軽量設計のため、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。1回の充電で連続60時間以上使える大容量バッテリーを内蔵しているので、時間を気にせず使えます。

外装には優れた強度を実現したアルミ合金素材を採用。マットな仕上がりを実現しているため、指紋がつきにくく、汚れが目立ちにくいのもポイントです。シンプルかつ高級感のあるデザインなので、ビジネスシーンでの使用にも適しています。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK03

省エネ設計で時間を気にせず作業に集中できる折りたたみキーボードです。約3〜4時間の充電で80時間の連続使用が可能。15分以上操作がないと自動で省エネモードに入る仕様です。

キーボードを折りたたむことで、自動で電源がOFFに、開くと電源がONになる「省電力機能」を搭載しているのも魅力。また、約185gと軽量設計なので、手軽に持ち運べます。

キーが1つ1つ独立した設計で、タイピングしやすく誤入力しにくいのもポイント。約300万回の打鍵回数テストをパスしているため、優れた耐久性も備えています。外出先で長時間作業する機会が多い方におすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothキーボード TK-FLP01

コンパクト設計で手軽に持ち運べる折りたたみキーボードです。使いたいときに広げてサッと使えるのも特徴。タブレットスタンドにもなる保護ケースも同梱しています。

最大3台のデバイスを接続できる「マルチペアリング」に対応しているのも魅力のひとつ。コンパクトながら一般的な17mmのキーピッチも実現しています。また、キーとキーの間隔をあけた「アイソレーション設計」を採用しているので、タイプミスも軽減可能です。

電源スイッチで電源を任意で切れるため、不使用時の電池の消耗を予防できるのもポイント。ボリューム操作やメディアプレーヤーの操作などをこなせる10種類の「マルチファンクションキー」も搭載しています。Android・Windows配列とiOS配列をボタンで切り替えて使用できるので、どの端末でもストレスなく入力可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 折りたたみ式 Bluetoothキーボード 400-SKB051

重量わずか170gと軽量設計で手軽に持ち運べる折りたたみキーボードです。開いた状態で5.8mmの薄さを実現しており、バッグのポケットに入れてもかさばりにくいのが特徴。手首の負担を軽減できるV字形状のエルゴノミック形状を採用しているので、長時間でも快適にタイピングできます。

タイピングしやすい19mmのキーピッチを採用しているのも魅力。キーボードを開閉することで自動で電源をON・OFFできるので、電源の切り忘れも予防できます。タブレット・スマホスタンドとしても活用できる収納ケースを同梱しているのもポイントです。

さらさらとした質感の合皮を外装に採用。快適に使用できるコンパクトな折りたたみキーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 400-SKB061

ワンタッチで3つの機器を切り替えられる「マルチペアリング機能」を搭載した折りたたみキーボードです。1つ1つのキーが独立した「アイソレーション形状」を採用。軽快な打鍵感でスムーズにタイピングできるパンタグラフ式を採用しているのも特徴です。

スッキリとしたレイアウトの英語配列を採用しているのも魅力。マグネットでピタッと閉じられるため、邪魔にならずに持ち運べます。プラスチックより比較的耐久性の高い布製ヒンジを採用しているのもポイント。2時間の充電で36時間使用できる大容量バッテリーも内蔵しています。

便利なショートカットキーを搭載しているのもメリット。持ち運びしやすい薄型モデルを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 折りたたみ Bluetoothキーボード 400-SKB070

マウスのような操作をこなせる「タッチパッド」を搭載した折りたたみキーボード。タッチパッドは指1本でなぞることでカーソル操作、指1本でタップすることでクリック操作が可能です。

重量約130gと軽量設計のため、手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。2つ折りタイプで折りたたむとiPhone 12 Pro Maxとほぼ同じサイズと謳われているので、バッグやズボンのポケットなど省スペースにすっきり収納できます。

最大3台のデバイスをワンタッチで切り替えられる「マルチペアリング」に対応しているのもおすすめポイント。便利なショートカットキーを備えているため、効率的に作業をこなせます。

バッファロー(BUFFALO) 折りたたみ ワイヤレスキーボード BSKBB705BK

iPhone・iPad・PCをはじめ、PS4などBluetoothを搭載したさまざまなデバイスで使用できる折りたたみキーボード。2つ折りタイプを採用し、マグネットを使ってしっかり固定できるので、持ち運びしやすいのが特徴です。

3つのデバイスをワンタッチで切り替えられるのも魅力のひとつ。複数のデバイスをまたいで作業したい方にもおすすめです。

10インチクラスのタブレットも立てかけられるスタンド兼保護ケースも付属。画面のロックや検索、音量調節などができる「ホットキー」を備えているのもポイントです。汎用性の高い折りたたみキーボードを探している方はチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 折りたたみキーボード BSKBB15BK

iPhone・iPadで使いやすい合理的な配列の英語配列を採用した折りたたみキーボード。タブレットやスマホを立てかけられる頑丈なスタンドにもなる保護ケースを付属しているのが特徴です。

充電して何度も繰り返し使えるリチウムイオンバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。約3時間でフル充電できます。1つ1つのキーが独立したアイソレーション設計のため、タイプミスを軽減できるのもおすすめポイント。また、キーボードの中にホコリが入りにくい仕様なので、清潔に使い続けられます。

スリーイー(3E) Bluetoothキーボード Plier 3E-BKY6

縦に2つ折りできるコンパクト設計の折りたたみキーボード。最大3台のデバイスを接続して簡単に切り替えられる「マルチペアリング機能」を搭載しているのが特徴です。

パジャマやベビー衣類などに採用される、肌触りのよいコットンフランネルを使用した専用保護ポーチを付属しており、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。また、約2時間の充電で約50時間使用できる大容量バッテリーも内蔵しています。

スタンドが一体となっているため、外出先でもスマホやタブレットの画面を見ながら作業可能。重量もわずか約164gと軽量設計なので、持ち運ぶ際に負担になりにくいのもおすすめポイントです。

ペリックス(Perixx) 折りたたみキーボード PERIBOARD-805EUS

V字型に広がるエルゴノミクス形状を採用し、自然な姿勢でタイピングできる折りたたみキーボード。軽快な打鍵感でスムーズにタイピングできるパンタグラフ式キーを採用しているのも特徴です。

折りたたむことで97×165mmとコンパクトになるため、ズボンのポケットなど省スペースに入れて持ち運べるのも魅力。重量も約140gと軽量なので、携帯する際に負担になりにくいのもポイントです。

折りたたむと電源OFF、広げると電源ONに自動で切り替わる仕様のため、バッテリーを節約できるのもメリット。iOS・iPad・Android・Windowsなど幅広い機器で使えます。

MOBO Keyboard 2 AM-K2TF83J

シンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力の折りたたみキーボードです。日本人が慣れ親しんだ日本語配列を採用しており、一般的な日本語配列キーボードで搭載されている逆L字型の大型エンターキーを搭載。日本語入力する機会が多い方におすすめです。

また、19mmのキーピッチと、1つ1つのキーの間に間隔があるアイソレーション設計を実現しており、タイプミスしにくいのも魅力。また、最大2台の機器を切り替えて使用できるマルチペアリングにも対応しています。

Bluetooth接続できますが、充電が切れてもUSB有線接続で使い続けられるのもポイント。接続先のOSを自動で認識する「ホットキー最適化機能」も備えています。キーボードを開閉することで自動で電源をON・OFF可能。おしゃれな日本語配列の折りたたみキーボードを探している方におすすめです。

折りたたみキーボードのおすすめ|テンキー付き

スリーイー(3E) Bluetoothキーボード TENPLUS 3E-BKY7

スタイリッシュなデザインが魅力の折りたたみキーボードです。数値を入力できるテンキーを搭載。重量もわずか194gと軽量設計なので、ポケットに入れて手軽に持ち運べます。

アルミを使用したマットな仕上がりの外装により、指紋や汚れが目立ちにくいのも魅力。2時間の充電で約30時間連続使用できるロングバッテリーを内蔵しているのもポイントです。

一般的なキーボードでは省略されがちな「Delete」「BackSpace」キーを搭載しているのも特徴。最大3台までマルチペアリングできます。おしゃれかつ利便性の優れた折りたたみキーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 洗えるシリコンキーボード 400-SKB013BK

キーに隙間がないシリコン素材を採用した折りたたみキーボードです。ケーブル・コネクタ以外は防水タイプのため、アルコール消毒や除菌が可能で、常に清潔に保てるのが特徴。飲み物などをこぼしてしまっても安心です。

打鍵音がほとんどない静音設計なので、静かな場所でも周りを気にせず使用可能。USBによる有線接続タイプを採用し、ケーブルは絡みにくい巻取り式なので、手軽に持ち運べます。

比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方にもおすすめです。

CHINFAI JP 折りたたみ式キーボード KB-3110-03

数値の入力がしやすいテンキーを搭載した、英語配列の折りたたみキーボードです。素材に触り心地がよいシリコン素材を採用。薄型・静音・防水・防塵などを実現しているため、さまざまな環境で快適に使用できます。

巻取り式でコンパクトにまとまるので、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。汚れても水洗いできるため、清潔に使い続けられます。Windowsだけでなく、MacのOSにも対応。3色のカラーバリエーションをラインナップしているのもポイントです。デザイン性を重視したい方もチェックしてみてください。