スマホやタブレットをビジネスシーンで使う際にストレスとなるのが文字入力。画面タップやフリック入力でもある程度カバーできますが、タイピングとなるとさすがに限界があり、ストレスを感じている方も多いかと思います。

そんな方におすすめしたいのがBluetooth接続に対応した「折りたたみキーボード」。最近のモデルは持ち運びに便利で、外出先では重宝するアイテムです。今回は、折りたたみキーボードのおすすめモデルをピックアップ。仕様別に製品を分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみキーボードの選び方

折りたたみキーボードの接続方式をチェック

By: elecom.co.jp

折りたたみキーボードの接続方式には、USBケーブルで接続する有線タイプとBluetoothで接続する無線タイプがあります。有線は、キーボードと端末をケーブルで接続するタイプです。端末側はLightning、microUSB、USB Type-Cなど端子はさまざまなので、対応するケーブルか変換アダプターを用意する必要があります。

Bluetoothは、キーボードと端末を無線で接続するタイプ。この方法は「ペアリング」と呼ばれ、一度ペアリングした機器同士は、次からは自動で接続できるのが特徴。なお、使用する際は有線タイプとは異なりバッテリー持続時間を意識しなければならないので、その点は注意しておきましょう。

折りたたみキーボードの対応OSをチェック

By: iclever.com

折りたたみキーボードを使う際は端末のOSが一致しているかも重要です。OSにはiOS、Android、Windowsがあります。なお、折りたたみキーボードのなかにはOSを切り替えられるタイプもあるので、異なるOSの端末を複数使っている方はぜひチェックしておきましょう。

折りたたみキーボードのバッテリーをチェック

外に持ち運んで使用することが多い方は、バッテリー容量もチェックしておきましょう。端子はmicro USBが主流で、充電時間は2〜4時間程度、連続使用可能は30〜80時間程度です。

電池を使用するタイプは、単4乾電池を2本使用することモデルがほとんど。使用時間の目安としては1日8時間使うと想定した場合、2ヶ月程度使用することができます。

折りたたみキーボードの配列をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみキーボードを選ぶ際は、キーの配列もチェックしましょう。種類によって、キーの数が違ったり、入力のしやすさが変わったりするのが特徴。大きく分けると、キーの配列は日本語配列(JIS)と英語配列(US)の2種類があります。

日本語配列のキーボードは、キーの数が多いのが特徴。キーには「全角/半角」「無変換」「変換」など、「かな」変換機能のボタンがあるので、日本語のチャットや文章入力が多い方におすすめです。

英語配列のキーボードは、キーボードの字面がスッキリしているのが特徴。記号の配置が見やすく、アルファベットの入力に優れていますが、日本語を入力しづらい点に注意が必要です。ゲームやプログラミングなどで利用する方におすすめ。

折りたたみキーボードの素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミ素材は、丈夫で耐久性に優れているのが特徴です。持ち運びの最中に落としてしまっても故障のリスクを軽減できるのが魅力。

また、アルミを使った素材は軽量なモデルが多く、カバンなどに入れても荷物になりません。初めて折りたたみキーボードを購入する方はチェックしてみてください。

シリコン

By: rakuten.co.jp

シリコン素材は、防水に対応しているのが特徴。カフェなどで飲み物を片手に作業をする場合におすすめです。また、丸洗いできるので、衛生的に使用できるのもうれしいポイント。

ただ、柔らかいので膝に乗せてのタイピングには向いていませんが、丸めて収納できるためカバンに収納する際に便利な素材です。

折りたたみ形状

By: amazon.co.jp

主な折りたたみ形状は、二つ折りと三つ折り。二つ折りは、横折りにするものが主流でしたが、最近は縦折りで細長くなるものも出てきています。このタイプはペンケースや折りたたみ傘のような大きさになるため、バッグの隙間にすっぽりと収められるのがポイント。

三つ折りは、中央から観音開きにする形状。横二つ折りだとスペースキーが普段の半分の大きさになってしまうことが多いですが、三つ折りであれば十分な大きさを確保できます。また、右の面がタッチパッドやテンキーになっているものもあるので、より使い勝手を優先するのであれば、三つ折りがおすすめです。

折りたたみキーボードのおすすめ|Bluetooth

エウィン(Ewin) Bluetoothキーボード EW-ZR050B

エウィン(Ewin) Bluetoothキーボード EW-ZR050B

上質なカバーで手になじみやすい、おすすめの折りたたみキーボード。手触りがよく滑らかなので、バッグに収納してもほかの荷物を傷つけません。重量は約157gと軽量なので気軽に持ち運びできるのも魅力です。

本モデルは、防水性や防塵性を備えているので、万一水に触れてしまったり、砂がついたりしても安心。開閉で電源が自動的にオンとオフになるので、移動中でも素早く使えるのがうれしいポイントです。

OSはWindows・Android・iOSに対応。一度Bluetoothで接続した端末をショートカットキーで自動接続するので、いちいち設定する必要がありません。157gと軽量で持ち運びに優れた、おすすめの折りたたみキーボードです。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK06

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK06

360°回転で壊れにくい、おすすめの折りたたみキーボード。キーボードが折りたためるのに加え、逆側にも完全に開ききるので、不意に折りたたみ方向を間違えても安心です。レザー製のカバーなので、財布のように持ち運べます。

キーボードは、人間工学に基づいた設計で打ちやすいのが特徴。166°で左右にキーが配置されているので、疲労感が少なく文字入力できて便利です。キーにはパンタグラフ式が採用され、軽いタッチでストレスフリーに入力できます。

また、厚さは約12mmと薄型なのも魅力。小さいバッグに収納してもかさばらないので、持ち運びに便利です。OSはWindows・Android・iOSに対応。薄型でバッグなどに収納しやすい、おすすめの折りたたみキーボードです。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

Bluetoothで接続できる、三つ折りの折りたたみキーボード。横幅145mとコンパクトサイズなので、ポケットに入れて持ち運びできます。カバーには、剛性に優れたアルミ合金素材が使用されているので、耐久性も抜群。

また、バッテリーの持続時間は最大80時間と長いので、電源が使えない長時間の移動や出張で活躍します。充電時間は3〜4時間かかるので、外出前に十分なバッテリーのチャージが必要です。

さらに、キーボード本体には「BROADCOM」のチップを搭載。Bluetoothで接続する端末を切り替えても、スムーズに動作するので快適です。価格は約4000円で購入可能。長時間使えて外出先でも便利なモデルです。

EBEAUTUDAY Bluetoothキーボード BT-ZP001

EBEAUTUDAY Bluetoothキーボード BT-ZP001

シンプルなブラックで高級感がある、おすすめの折りたたみキーボード。カバーがレザー仕様なので、ビジネスで使用しても違和感なく使えます。重さは157gと軽量なので持ち運びがラクラク。バッグに入れても負担になりません。

OSは、iOS・Android・Windowsのすべてに対応。開閉時に自動で電源がオン・オフになる機能を搭載しているので、バッテリーを節約しながら利用できます。バッテリーの持続時間は最大で約60時間。数日程度の旅行であれば十分に使用できます。

本モデルは、保証期間とサポートが充実しているので安心。30日以内の無料交換やテクニカルサポートがついているので、初めて買う方でも気軽に購入できます。価格は約4000円と安く、基本機能が充実したおすすめの折りたたみキーボードです。

アイクレバー(iClever) キーボード IC-BK08

アイクレバー(iClever) キーボード IC-BK08

右手側にタッチパッドを搭載した、折りたたみキーボード。マウスの代わりにポインターやカーソルを動かせるので、場所を取らずにカフェやオフィスの小さい机で活躍します。

また、カバーには強度が高いアルミ合金を採用。閉じた状態であれば、文房具などを落としても傷つきにくいので安心です。外装は、指紋がつきにくい仕様なので、手にもって持ち運んでも汚れがつきにくく快適に使えます。

本モデルは、Bluetoothの接続端末を最大3台まで登録可能。所持する端末が多い方は、一つのキーボードでマルチに使用できるので便利です。OSはWindows・Android・iOSなどの各OSに対応。スタイリッシュで実用性に優れたおすすめの折りたたみキーボードです。

ティーアールアイ(TRI) キーボード 3E-BKY7OF

ティーアールアイ(TRI) キーボード 3E-BKY7OF

テンキー搭載で数字が打ちやすい、おすすめの折りたたみキーボード。右手側にテンキーを搭載しているので、経理など数字の入力作業が多い方に便利な機能です。折りたたみ形状は三つ折りなので、ポケットに入れてコンパクトに持ち運び可能。

また、キーボード左右に安定スタンドを搭載しています。直角に立てれば左右のガタツキが少なくタイピングできるので、安定しない場所でも快適にタッチできて便利です。バッテリーは最大30時間持続するので、ちょっとした外出で十分に使えます。

Bluetoothの接続は最大3台まで登録可能。キーボード上部のインジケーターで接続先を確認できるので、端末の管理が便利です。価格は8000円台とやや高めですが、使いやすく高機能なおすすめの折りたたみキーボードです。

折りたたみキーボードのおすすめ|有線

モボ(MOBO) 折りたたみ型キーボード AM-KTF83J-GB

モボ(MOBO) 折りたたみ型キーボード AM-KTF83J-GB

白色のキーで字面が見やすい、おすすめの折りたたみキーボード。日本語配列なので、文章作成や資料作成が多い方でも安心して利用できます。キーのタイプはパンタグラフ式で、サクサク入力できるのが魅力。

また、Bluetoothの無線接続に加えて、USBで有線接続ができるのが特徴です。無線通信機能がない端末でも、USBケーブルでつないで気軽にキーボード入力ができます。Bluetooth機能は最大2台まで、キー操作で端末を切り替えられるので便利です。

バッテリーは、USBでフル充電して最大84時間の連続使用が可能。万が一、バッテリーがなくなっても有線接続に切り替えて、続けて長時間作業できるのが魅力です。価格は6000円程度で購入可能。日本語配列で、ドキュメント作成がしやすいおすすめの折りたたみキーボードです。

アイクレバー(iClever) ワイヤレスキーボード IC-BK20

アイクレバー(iClever) ワイヤレスキーボード IC-BK20

カラフルなバックライトがおしゃれな、おすすめの折りたたみキーボード。赤・青・緑の3色から選んで、気分に合わせてライトを点灯できます。文字を明るく照らすので、暗い場所での使用時に活躍。

接続方式は、Bluetoothの無線接続と有線接続ができるデュアルタイプです。一つの端末にBluetoothとUSBを同時に接続しても使用可能。バッテリーの残量や接続状態に合わせて、自由に動作を切り替えできて便利です。

本モデルは、キーボードのタイプを安定させるバランススタンドを搭載。キーボードは、複数キーの同時押しを防ぐ「アイソレーション」設計なので、誤入力が少なく快適にタイプできます。有線と無線の両方に対応した、おすすめの折りたたみキーボードです。

ミヨシ(MIYOSHI) 折りたたみ式キーボード TOR-BT03

ミヨシ(MIYOSHI) 折りたたみ式キーボード TOR-BT03

折りたたみの継ぎ目が目立たない、おすすめの折りたたみキーボード。タイピング時につなぎ目が邪魔をしないので、快適にキー入力が可能です。高速にタイピングをしたい方や、タイピングの快適さを求める方におすすめ。

本モデルは、Bluetoothの接続端末を最大4台まで記憶できます。OSは、Windos・iOS・Androidに加え、PS4に対応しているのでゲーミングキーボードとして利用できて便利。室内や外出先で気軽にタイピングを楽しめます。

また、電源がオフになっても、USBの有線接続が使用できて安心。キーは、日本語配列なので難しい設定をせずにメールやチャットを楽しめます。ゲーミングにも対応した、タイピングしやすいおすすめの折りたたみキーボードです。

番外編:シリコン製キーボードのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) Bluetoothシリコンキーボード コンパクト TK-FBS095BK

エレコム(ELECOM) Bluetoothシリコンキーボード コンパクト TK-FBS095BK

単4電池2本で約7ヶ月の使用できるシリコン製のモデルです。使用時のサイズは、約286×99×17mm、重量は約104g。Windows・Android・iOSに対応しており、OSによってキー配列の切り替えが可能です。

Bluetooth接続で3台までペアリング登録ができ、ボタンスイッチで簡単に切り替えられます。「ホーム」「検索」「再生」などの操作ができるマルチファンクションキーを搭載しています。カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色。柔らかい素材で丸めて持ち歩くことができる便利なアイテムです。

フルベル(FULLBELL) 折りたたみ式 防水キーボード KEYBOARD-WP002

フルベル(FULLBELL) 折りたたみ式 防水キーボード KEYBOARD-WP002

シリコン製の防水キーボード。対応OSは、Windows・Android・iOS・MacOS・OSごとに最適な入力モードとショートカットキーが搭載されています。Bluetooth接続なので、一度ペアリングした端末は、自動接続されます。

また、防水防塵仕様であることに加え、アルコールや消毒剤で丸洗いでき、いつでも清潔に使用できます。使用時のサイズは約240×90×8mm、重量は約97gと軽量かつコンパクトです。しっかり丸めると手に収まるほどの太さになって、ズボンのポケットにもすっぽり入ります。ブラック・レッド・ブルー・ピンクとカラフルなカラーバリエーションも魅力です。

ニワワ(Niwawa) Bluetooth キーボード ワイヤレスキーボード BU-001

ニワワ(Niwawa) Bluetooth キーボード ワイヤレスキーボード BU-001

水洗いが可能なシリコン製のキーボード。タイピング音が小さく、静音性に優れているのが魅力です。対応OSは、Windows・Android・iOS・MacOSで、OSごとの便利なショートカットキーを搭載。Bluetooth接続で、3台までペアリングができ、一度ペアリングした端末は、自動接続します。

コンパクトにまとまるので持ち運びも快適。全面ブラックでシンプルなデザインは、ビジネスシーンでも違和感なく使用できます。