スリムで取り回しやすい「薄型キーボード」。パソコンと接続して使えるのはもちろん、最近はスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器向けに設計されたモデルもラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの薄型キーボードを接続方法ごとに分けてご紹介。キーの種類やチェックしておきたいポイントなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

薄型キーボードの選び方

種類をチェック

パンタグラフ

By: elecom.co.jp

パンタグラフキーボードは、キートップの下にひし形のスプリングを搭載しているタイプのキーボードです。構造上キーの高さを抑えて設計しやすいので、多くのノートパソコンで使用されています。

軽い力でタイピングしやすいのも特徴のひとつ。最小限の力でサクサクと入力できるため長時間タイピングしても指が疲れにくく、作業量の多い方でも気軽に扱えます。

メカニカル

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードは、各キーにスイッチが搭載されており独立している点が特徴です。耐久性が高くしっかりとしたフィードバックが得られやすいため、ゲーミングキーボードにも多く採用されています。

軸の種類によって打鍵感や打鍵音が異なるのもポイント。例えば、赤軸の場合は音が小さく軽い力で入力でき、青軸の場合はキーが重めでカタカタと大きな音が鳴ります。好みに合わせて軸の種類を選択できるのが魅力です。

メンブレン

By: elecom.co.jp

メンブレン式のキーボードは、キートップの下にラバーカップと呼ばれるシリコン製のドームが搭載されているタイプ。しっかりとした打ち心地があるため、薄型キーボードでも打鍵感にこだわりたい方におすすめです。

また、低価格で購入できるモデルが多いのもメンブレンタイプのキーボードの特徴。コストパフォーマンスを重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続の薄型キーボードは、接続が途切れない範囲内であれば場所を問わずに使用できるのがメリット。ケーブルを着脱する手間がかからないほか、周辺もスッキリとしやすいので、持ち運びにも適しています。

ただし、電池やバッテリーの残量を気にしながら使う必要がある点には注意が必要。また、Bluetoothではなくレシーバーで接続するタイプの場合は、対応したUSBポートを搭載したパソコンでなければ接続できません。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプのキーボードは、パソコンのUSBポートにケーブルを接続して使用します。パソコンから直接給電できるので電池交換や充電の手間がかからないほか、通信が途切れたり遅延が発生したりもしにくく、安定しているのも魅力です。

一方で、ケーブルの長さによって使用場所がある程度固定されてしまう点や、USBポート非搭載のパソコンでは使用できないのがデメリット。数は多くないものの、USB Type-Cポートに接続できる薄型キーボードもあります。

キーストロークをチェック

By: amazon.co.jp

薄型キーボードを選ぶ際には、キーストロークもポイント。キーストロークとは、キーを押し込んだ際に沈む深さのこと。キーストロークはモデルによって異なり、薄型キーボードの場合は比較的浅いモデルが多くラインナップされています。

キーストロークが深いとしっかり押し込んでいる感覚が得られやすい一方で、疲れを感じやすく、浅いとペタペタとした打鍵感になりがち。多くのキーボードにはキーストロークが記載されているので、好みのモデルを選んでみてください。

小型なモデルがほしいならテンキーレスタイプ

By: logicool.co.jp

数値を入力するために配置された、数字を印字したキーがテンキーです。薄型キーボードのなかにはテンキーを搭載していないテンキーレスと呼ばれるタイプもラインナップされており、テンキー付きと比較してコンパクトに設計されています。

そのため、持ち運びたい方やデスク上のスペースを節約したい方におすすめ。一方、電卓やExcelなどの数値を入力するアプリを頻繁に使用する方には、テンキー付きのモデルが適しています。

入力しやすさを重視するならアイソレーションタイプ

By: amazon.co.jp

キーボードには、アイソレーションタイプと呼ばれる種類があります。アイソレーションタイプのキーボードは、キーのあいだにすき間が空いており各キーが独立しているのが特徴です。本体表面からキートップのみが露出しています。

アイソレーションタイプのメリットは、文字の入力がしやすい点。誤って隣のキーを入力してしまうミスを軽減できるので、手元を見ずにサクサクとタイピングしたい方におすすめです。

薄型キーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、スイスに本社を置くLOGITECHの日本法人。主にマウスやキーボード、ヘッドセットやスピーカーなどのパソコン周辺機器を手掛けています。「Logicool G」で展開している、ゲーミングデバイスも人気の高い製品です。

ロジクールは、低価格なモデルからプロ向けのモデルまで幅広い種類のキーボードを展開しています。ゲーミングタイプの薄型キーボードもあるので、ゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは、大阪府に本社を構える日本のパソコン周辺機器メーカー。マウスやトラックボール、キーボードなどのほか、USBメモリーやSDカードのようなストレージも取り扱っています。また、持ち運び用のバッグやケースなどを販売しているのも特徴です。

エレコムは、豊富な種類の薄型キーボードを展開しています。低価格なモデルも多いので、コストパフォーマンスを重視している方はぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、愛知県の名古屋市に本社を置く日本のパソコン周辺機器メーカー。マウスやキーボードはもちろん、HDDやSSD、メモリなども取り扱っています。また、Wi-FiルーターやWi-Fi中継器などのWi-Fi関連製品も人気のある製品です。

バッファローは、シンプルなタイプの薄型キーボードを展開。Windowsを搭載したパソコンだけではなく、一部のゲーム機でも動作検証されています。

薄型キーボードのおすすめ|ワイヤレス

ロジクール(Logicool) MX MECHANICAL KX850FT

独自のロープロファイルスイッチを搭載した薄型キーボードです。高さ約26.1mmのスタイリッシュな薄型デザインで、メカニカルキーボードならではのスムーズなタイピングが可能です。

本モデルはテンキーを搭載したフルサイズ仕様で、Bluetooth接続とUSBレシーバー「Logi Bolt」を利用するワイヤレス接続に対応しています。最大3台のデバイスとペアリングでき、WindowsとMacデバイスの両方で使用可能です。

バックライト機能にも対応しているので、手元が見えにくい環境でも使用できます。また、バックライトは周囲の明るさに合わせて自動で調節され、手を近づけると自動で点灯するのも魅力です。

バッテリー駆動時間はフル充電状態で最長15日。バックライトがオフだと最長10ヶ月間使用できます。そのほか、専用ソフト「Logi Options+」が利用でき、好みに合わせてさまざまなカスタマイズが可能です。

ロジクール(Logicool) KEYS-TO-GOポータブルワイヤレスキーボード iK1042

iOSショートカットキーを搭載したBluetooth接続タイプのiOSデバイス向け薄型キーボード。iPhoneやiPadでキーボードを使用したい方などにおすすめです。本体サイズは高さ137×幅242×奥行き6mm。カバンなどに入れて気軽に持ち運べるコンパクトなサイズ感です。

キーピッチは17mmで、便利なiOSショートカットキーも搭載しています。静音性にも優れるので、公共施設などでも周りを気にすることなく使用可能。また、着脱可能なiPhoneスタンドが同梱しているのもおすすめポイントです。

本体は丈夫なカバーで覆われており、耐水性などに優れています。1回の充電で最大3ヶ月間使用できる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。バッテリー残量が少なくなるとインジゲーターライトによる通知が表示されます。

ロジクール(Logicool) テンキーレスLIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード G913 TKL

独自の「GLメカニカルスイッチ」を採用した薄型のゲーミングキーボードです。GLメカニカルスイッチは、従来のメカニカルスイッチの性能を維持しつつ、高さが抑えられているのが特徴。薄型ながらも上質なアルミ合金素材などを採用しているので、耐久性にも優れます。

接続方法は、USBレシーバーを利用する低遅延な「LIGHTSPEEDワイヤレス」接続と、Bluetooth接続に対応。USBケーブルで充電しながら使用することもできます。本モデルはテンキーレスモデルなので、マウスを操作する範囲を広くとれるのもメリットです。

また、本体には音量調節や再生・停止などの操作ができる便利なメディアコントロールボタンも搭載しています。「LIGHTSYNC RGB」によるイルミネーション機能にも対応。1680万色から好みのカラー・イルミネーション効果を選択できます。

エレコム(ELECOM) 抗菌 無線薄型フルキーボード TK-FDM110TK

安心して使用できる抗菌仕様の薄型キーボードです。テンキーを搭載したフルサイズモデルで、日本語配列を採用しています。メンブレン方式を採用しており、キーストロークは2.5mm。本体の最薄部は約12.7mmのスリムなデザインに仕上がっています。

キーピッチは標準的な19mmなので、誤入力しにくく、快適にタイピングが可能です。底面には傾斜を2段階で調節できるスタンドを搭載。メディアの操作などができる、便利なマルチファンクションキーを搭載しているのもポイントです。

接続方法は、USBレシーバーをパソコンに接続する2.4GHzワイヤレスに対応しています。携帯時やレシーバーを使用しないときは、本体底面に収納しておけるので、紛失を防止可能です。電源には単四型乾電池を1本使用します。

エレコム(ELECOM) ウルトラスリムキーボード TK-SLP01

携帯性に優れたスリムなデザインの薄型キーボードです。本体の最薄部は5.3mm。カバンなどに入れて気軽に持ち運べます。接続方法は、Bluetooth 3.0によるワイヤレス接続に対応。最大3台までのマルチペアリングが可能です。

スイッチはパンタグラフ式で、日本語配列を採用しています。各キーが独立しているアイソレーションタイプなので、タイピングのミスも軽減可能です。キーピッチは17.2mm。スタイリッシュで視認性の高いオリジナルフォントの文字を印字しているのもポイントです。

アップル(Apple) Magic Keyboard MK293J/A

スリムでおしゃれなデザインのアップル純正薄型キーボードです。コンパクトながらも快適かつ正確なタイピングが可能です。本モデルは、テンキーなどを省いたコンパクトなレイアウトを採用。少ないスペースでも設置しやすいので、デスク周りのスペースをより広く取れます。

コンパクトながらも、使用頻度の高い矢印キーを搭載しているのもメリットのひとつ。長文の入力などもスムーズにこなせます。Appleシリコンを搭載したMacデバイスで使用できるTouch IDも搭載。指紋認証で素早くログインできるので便利です。

大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。1回の充電で約1ヶ月使用できます。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード A7726

持ち運びや外出先での使用に便利な薄型キーボードです。本体サイズは 約284×122×18.5mmで、重量は約190g。テンキーなどを省いたコンパクトなレイアウトなので、少ないスペースで使用できます。

接続方法はBluetoothによるワイヤレス接続に対応しており、WindowsやAndroid、iOSなどのさまざまなOSで利用可能です。タイピング音は静かなので、場所を気にすることなく使用できます。

単四型乾電池1本で駆動し、省電力モードを活用すれば、3ヶ月以上電池を交換せず使用可能です。リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力のひとつ。なるべく予算を抑えたい方などにもおすすめです。

キークロン(Keychron) Keychron K1(V5) K1-B2-US

スリムでスタイリッシュなデザインのワイヤレスメカニカルキーボードです。高さを抑えたロープロファイル仕様のスイッチを採用しており、厚さ約18mmの薄型ボディを実現しています。

接続方法はBluetoothによるワイヤレス接続とUSBによる有線接続に対応。RGBバックライトも内蔵しており、好みに合わせて明るさとカラーエフェクトを変更できます。ワイヤレス接続時のバッテリー駆動時間はバックライトオンで最大38時間、バックライトオフで最大110時間です。

本モデルは、英語配列のテンキーレス仕様。本体横のトグルスイッチでiOS・macOS向けのレイアウトと、Windows・Android向けのレイアウトを切り替えられます。高性能かつおしゃれな薄型キーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL31CBK

最薄部6mmのコンパクトな薄型キーボードです。USB Type-C端子のUSBレシーバーが付属。本モデルは日本語配列を採用しており、テンキー付きながら、横幅が抑えられているのが特徴です。より少ないスペースで設置できます。

スイッチはパンタグラフ式で、それぞれのキーが独立しているアイソレーション設計を採用。カーブ形状なので、遠くのキーが押しやすいのもメリットです。底面には、本体の角度を調節できるスタンドを搭載しています。

音量調節やメディアプレイヤーを操作したいときなどに便利なファンクションキーを備えているのもポイント。LEDによりNumlockのオン・オフもひと目で把握可能です。また、キーボード本体は立てておけるので、少ないスペースにも収納できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothキーボード SKB-BT29

タイピング音が気になりにくい静音仕様の薄型キーボードです。図書館などの公共施設でも、周りを気にすることなく使用できます。接続方法は、Bluetooth 3.0によるワイヤレス接続に対応しています。

本体サイズは幅452.2×奥行き142.7×高さ37.1mmで、重量は約460gです。スイッチには薄型のメンブレン方式を採用。また、広々とした19mmのキーピッチを使用しているので、快適にタイピングできます。

本モデルは日本語配列を採用。テンキーも付いているので、頻繁に数字を入力する方などにもおすすめです。底面には2段階で角度を調節できるスタンドを搭載しています。

薄型キーボードのおすすめ|有線

エレコム(ELECOM) 有線超薄型ミニキーボード TK-FCP096

最薄部6.5mmのスリムな薄型キーボードです。軽い力でスムーズにタイピングできるパンタグラフ方式を採用しています。キーストロークは2.0mmで、キーピッチは1.9mmです。

接続方法は USBによる有線接続に対応しており、ケーブルの長さは1.5m。キートップには見やすいオリジナルフォントの文字を印字しています。音量調節などの操作ができるマルチファンクションキーを搭載しているのもうれしいポイントです。

バッファロー(BUFFALO) 有線スリムキーボード BSKBU14

底面にアルミプレートを搭載することで、しっかりとしたタイピング感を実現した薄型キーボードです。スイッチには、ノートパソコンなどで多く用いられるパンタグラフ式を採用しています。

本体サイズは344×21×138mmで、重量は約340g。テンキーを搭載していながらもコンパクトなサイズなので、少ないスペースでも設置できます。

キーストロークは2.5mmで、広々とした19mmのキーピッチを採用しているのも魅力のひとつ。接続端子にはUSB Type-Aを採用しており、ケーブルの長さは約1.5mです。

フィルコ(FILCO) Majestouch Stingray FKBS108XMRL/NB

高さが抑えられた「CHERRY MX Low Profile Red Switch」を搭載した薄型キーボードです。キーストロークは3.2mmで、アクチュエーションポイントは1.2mm。ケースやキーキャップも同スイッチに合わせて設計されており、シャープなデザインに仕上がっています。

キーに階段状の段差を設けたステップスカルプチャー構造を採用しているのもポイント。よりスムーズにタイピングが可能です。ケーブルにはUSB端子を採用しています。

ケーブルは直付けタイプで、長さは1.8mです。ケース裏面には、3方向からケーブルを取り回せるケーブルガイドも備えています。

フナティックギア(Fnatic Gear) STREAK65 JP KB0005-007

フナティックギア独自のロープロファイルスイッチ「FNATIC SPEED」を採用した薄型のゲーミングキーボードです。アクチュエーションポイントは1mmで、スムーズかつ静音性に優れた打鍵感を実現しています。

また、最薄部20mmのスリムなデザインなので、パームレストを使用しなくても快適にタイピング可能です。本モデルは日本語配列を採用しており、コンパクトな65%レイアウト。マウスを操作するスペースを広く取れるので、ローセンシの方などにもおすすめです。

鮮やかに光るRGBバックライトを内蔵しているのも魅力のひとつ。専用ソフト「Fnatic OP」を利用してのカスタマイズにも対応しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL17

フルサイズ仕様ながら、幅345mmサイズのスリムな薄型キーボードです。なるべくキーを省略することなく、省スペースを実現したい方などにおすすめです。

スイッチはパンタグラフ式を採用。USB Type-Aによる有線接続に対応しており、長さ1.5mのケーブルを搭載しています。ケーブルは中央・左右の3方向から取り回せるので便利です。

底面には、2段階で調節できるスタンドを搭載。また、使用しないときは立てて収納できます。

薄型キーボードの売れ筋ランキングをチェック

薄型キーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。