スリムで取り回しやすい「薄型キーボード」。パソコンと接続して使えるのはもちろん、最近はスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器向けに設計されたモデルもラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの薄型キーボードを接続方法ごとに分けてご紹介。キーの種類やチェックしておきたいポイントなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

薄型キーボードの選び方

種類をチェック

パンタグラフ

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、キートップの下にひし形のスプリングを搭載しているタイプのキーボードです。構造上キーの高さを抑えて設計しやすいので、多くのノートパソコンで使用されています。

軽い力でタイピングしやすいのも特徴のひとつ。最小限の力でサクサクと入力できるため長時間タイピングしても指が疲れにくく、作業量の多い方でも気軽に扱えます。

メカニカル

By: rakuten.co.jp

メカニカルキーボードは、各キーにスイッチが搭載されており独立している点が特徴です。耐久性が高くしっかりとしたフィードバックが得られやすいため、ゲーミングキーボードにも多く採用されています。

軸の種類によって打鍵感や打鍵音が異なるのもポイント。例えば、赤軸の場合は音が小さく軽い力で入力でき、青軸の場合はキーが重めでカタカタと大きな音が鳴ります。好みに合わせて軸の種類を選択できるのが魅力です。

メンブレン

By: amazon.co.jp

メンブレン式のキーボードは、キートップの下にラバーカップと呼ばれるシリコン製のドームが搭載されているタイプ。しっかりとした打ち心地があるため、薄型キーボードでも打鍵感にこだわりたい方におすすめです。

また、低価格なモデルが多いのもメンブレンタイプのキーボードの特徴。コストパフォーマンスを重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続の薄型キーボードは、接続が途切れない範囲内であれば場所を問わずに使用できる点がメリット。ケーブルを着脱する手間がかからないほか、周辺もスッキリとしやすいので、持ち運びにも適しています。

ただし、電池やバッテリーの残量を気にしながら使う必要がある点には注意が必要。また、Bluetoothではなくレシーバーで接続するタイプの場合は、USBポートを搭載したパソコンでなければ接続できません。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプのキーボードは、パソコンのUSBポートにケーブルを接続して使用します。パソコンから直接給電できるので電池交換や充電の手間がかからないほか、通信が途切れたり遅延が発生したりもしにくく、安定しているのも魅力です。

一方で、ケーブルの長さによって使用場所がある程度固定されてしまう点や、USBポート非搭載のパソコンでは使用できないのがデメリット。数は多くないものの、USB Type-Cポートに接続できる薄型キーボードもあります。

キーストロークをチェック

By: elecom.co.jp

薄型キーボードを選ぶ際には、キーストロークもポイント。キーストロークとは、キーを押し込んだ際に沈む深さのこと。キーストロークはモデルによって異なり、薄型キーボードの場合は比較的浅いモデルが多くラインナップされています。

キーストロークが深いとしっかり押し込んでいる感覚が得られやすい一方で、疲れを感じやすく、浅いとペタペタとした打鍵感になりがち。多くのキーボードにはキーストロークが記載されているので、好みのモデルを選んでみてください。

小型なモデルがほしいならテンキーレスタイプ

By: elecom.co.jp

数値を入力するために配置された、数字を印字したキーがテンキーです。薄型キーボードのなかにはテンキーを搭載していないテンキーレスと呼ばれるタイプもラインナップされており、テンキー付きと比較してコンパクトに設計されています。

そのため、持ち運びたい方やデスク上のスペースを節約したい方におすすめ。一方、電卓やExcelなどの数値を入力するアプリを頻繁に使用する方には、テンキー付きのモデルが適しています。

入力しやすさを重視するならアイソレーションタイプ

By: amazon.co.jp

キーボードには、アイソレーションタイプと呼ばれる種類があります。アイソレーションタイプのキーボードは、キーのあいだにすき間が空いており各キーが独立しているのが特徴です。本体表面からキートップのみが露出しています。

アイソレーションタイプのメリットは、文字の入力がしやすい点。誤って隣のキーを入力してしまうミスを軽減できるので、手元を見ずにサクサクとタイピングしたい方におすすめです。

薄型キーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、スイスに本社を置くLOGITECHの日本法人。主にマウスやキーボード、ヘッドセットやスピーカーなどのパソコン周辺機器を手掛けています。「Logicool G」で展開している、ゲーミングデバイスも人気の高い製品です。

ロジクールは、低価格なモデルからプロ向けのモデルまで幅広い種類のキーボードを展開しています。ゲーミングタイプの薄型キーボードもあるので、ゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは、大阪府に本社を構える日本のパソコン周辺機器メーカー。マウスやトラックボール、キーボードなどのほか、USBメモリーやSDカードのようなストレージも取り扱っています。また、持ち運び用のバッグやケースなどを販売しているのも特徴です。

エレコムは、豊富な種類の薄型キーボードを展開しています。低価格なモデルも多いので、コストパフォーマンスを重視している方はぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、愛知県の名古屋市に本社を置く日本のパソコン周辺機器メーカー。マウスやキーボードはもちろん、HDDやSSD、メモリなども取り扱っています。また、Wi-FiルーターやWi-Fi中継器などのWi-Fi関連製品も人気のある製品です。

バッファローは、シンプルなタイプの薄型キーボードを展開。Windowsを搭載したパソコンだけではなく、一部のゲーム機でも動作検証されています。

薄型キーボードのおすすめ|ワイヤレス

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G913-LN

スリムながらメカニカルタイプのキーを搭載した、おすすめの薄型キーボード。Bluetoothのほか「LIGHTSPEED」と呼ばれる独自の規格にも対応しており、ワイヤレスながら遅延を抑えた安定感のある接続を実現しています。

独自の「GLメカニカルスイッチ」の採用が特徴のひとつ。速度や精度などをキープしながら高さが抑えられており、全体の薄型化に貢献しています。テンキーも搭載されているため、ゲームにも仕事にも活用可能です。

メディアコントロール用のキーも用意されており、音量調節やミュートもできます。

ロジクール(Logicool) KEYS-TO-GO iK1042

Apple製品を使っている方におすすめの薄型キーボード。iPadやiPhone、Apple TVなどの端末に対応しています。厚さが約6.3mmとスリムなので、自宅で使えるのはもちろんカバンに入れて持ち歩きたい方にもおすすめです。

薄型ながらタイピングしやすいのも魅力。指先にしっかりとしたフィードバックを得られるため、スムーズにタイピング可能です。また、静音性にも優れているので、時間帯や場所を問わずに使用できます。

上部には、iOSに対応した専用のショートカットキーも搭載。ボリュームやメディアコントロール、画面輝度レベルなどをキーボード側から素早く操作できるのも便利です。

本製品は、耐久性に優れているのもポイント。水を弾きやすく汚れや傷も付きにくいので、長期間綺麗な状態で使用できます。

エレコム(ELECOM) 薄型フルキーボード TK-FBM120K

シンプルで使いやすい、おすすめの薄型キーボード。Bluetoothに対応しており、幅広いOSのデバイスと接続可能です。

最大3台のマルチペアリングに対応している点も魅力のひとつ。接続先の切り替えボタンも搭載されているので、3台のデバイスを素早く切り替えながら使用可能です。また、各OSに最適化された入力モードも搭載されています。

キーボードには、メンブレン方式を採用。テンキー付きのフルキーボードのため、文章の執筆だけではなくExcelや電卓などの数値入力もスムーズに行えます。合計13種類のマルチファンクションキーも便利です。

ほかにも、電源スイッチを搭載。使用しないときに電源をオフにできるので、節電しながら使用可能です。また、電池残量を通知するLEDランプも搭載されています。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetoothウルトラスリムキーボード TK-SLP01

スマートフォンやタブレットと組み合わせて使いたい方におすすめの薄型キーボードです。ソフトレザー性のケースが付属しており、持ち運びの際に本体を保護可能。キーボード使用時には、スマートフォンやタブレットを支えるスタンドしても使えます。

ケース兼スタンドは、約12.9インチまでの製品に対応。大型のタブレットもしっかりと支えながら使用できます。接続には、Bluetooth 3.0 Class2を採用。AndroidやiOSにも対応しています。

使いやすい日本語レイアウトを採用。コンパクトながらキーピッチは17.2mmと広く、快適にタイピングが可能です。また、キーが独立したアイソレーションタイプなので、タイプミスも防止できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスリムキーボード SKB-BT22BKN

コンパクトかつ省スペースで使える、おすすめの薄型キーボード。Bluetoothで接続するタイプなので、パソコンはもちろんスマートフォンやタブレットでも使用可能です。OSは、WindowsとAndroidに対応しています。

キーには、パンタグラフ方式を採用。軽い力でも入力できるのが魅力です。キートップに採用された2段構造もポイント。隣のキーとの境界がわかりやすく、タイプミスを防止できます。

奥から手前に向かって緩やかにカーブを描いた形状もポイント。遠くのキーにも自然な動作で指が届きやすい仕様です。また、底面にはスタンドも搭載しています。姿勢や体格に合わせて、2段階で角度を調節しながら使用可能です。

電源には充電式を採用。裏面に電源をオン・オフできるスイッチも搭載されているので、使用しないときの電力消費を抑えながら効率的に使用可能です。

薄型キーボードのおすすめ|有線

エレコム(ELECOM) 有線薄型コンパクトキーボード TK-FCM107K

スムーズにタイピングしやすい、おすすめの薄型キーボード。ケーブルは1.5mと長めに設計されています。パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに使い始められるので、初心者の方にもおすすめです。

メンブレンタイプのキーを採用。最薄部の厚さが約12.7mmとスリムながらキーストロークは2.5mm確保されているほか、キーを押下する際の重さも軽量に設計されているため、サクサクとした心地よい打鍵感を体験可能です。

DeleteやInsertなどの特殊キーが独立しているのもポイント。キーピッチも19mmと十分なので、誤入力を予防できます。また、上部にはマルチファンクションキーも搭載されており、さまざまな操作をキーボード上から行えるのも魅力です。

底面にはスタンドも内蔵。必要に応じて角度を調節しながら使用可能です。

エレコム(ELECOM) 有線超薄型ミニキーボード TK-FCP096

コンパクトかつスタイリッシュな、おすすめの薄型キーボード。一枚板のようなスリムで美しいデザインが特徴です。キートップにはオリジナルフォントが印字されており、デザイン性と視認性に優れています。

キーには、ノートパソコンにもよく使われているパンタグラフ式を採用。軽い力でスムーズにタイピングできるほか、キートップ下には鉄板が内蔵されているので安定感のある入力が可能です。

コンパクトな設計ながら、キーピッチは19mmと十分。テンキーレスタイプの日本語83キーを採用しています。マルチファンクションキーも12種類用意されているため、ボリューム調節やメディア再生などをキーボードから素早く操作可能です。

Windowsだけではなく、macOSに対応しているのもポイント。各OSに最適化された入力モードも搭載しています。

バッファロー(BUFFALO) 有線スリムキーボード BSKBU14

スリムながらしっかりとした打鍵感を体験できるおすすめの薄型キーボード。Windowsを搭載したパソコンのほか、PlayStation 4などの一部のゲーム機にも対応しています。ケーブルの長さが約1.5mと長めに設計されている点も魅力です。

パンタグラフ式を採用しており、薄型かつ軽い力で入力しやすいのが特徴。キーの底面にはアルミプレートが内蔵されており、薄型ながらしっかりとした打ち心地を実現しています。安定した状態でスムーズなタイピングが可能です。

テンキーも搭載されているため、Excelのような表計算ソフトや電卓を多用する事務仕事にも適しています。キーピッチは19mmと十分確保されているので、タイプミスを防ぎながら使用可能です。

本製品は、角度調節スタンドを搭載。好みに合わせて角度を変えながら使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL17

無駄を省いたデザインの薄型キーボード。主にWindows製品に対応しているモデルです。有線タイプながらケーブルの引き出し口を3方向から選べるので、スッキリと配線できます。

キーをギッシリと敷き詰めたような、スタイリッシュなデザインが特徴。102キーを採用していながら、幅345mmの省スペースを実現しています。コンパクトながらテンキーも搭載されているため、事務仕事に使いたい方にもおすすめです。

打ちやすさも魅力のひとつ。タイプミスを防止する2段構造のキートップや、入力をサポートするキーボードカーブなどの採用により、スムーズなタイピングが可能です。また、2段階で角度を調節できるスタンドも搭載されています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USB Type-Cスリムキーボード SKB-SL32CBK

さまざまなデバイスで使用できる、おすすめの薄型キーボード。薄い部分が6mm、厚い部分でも14.4mmのスリムな設計が特徴です。収納しやすいのはもちろん、持ち運びたい場合にも適しています。

キーには、パンタグラフ式を採用。アイソレーションタイプなので、スムーズにタイピングできます。また、テンキーレスタイプで、キーピッチは18mmです。

遠くのキーにも指が届きやすい、キーボードカーブを採用。メディアプレイヤーを簡単に操作できる、ファンクションキーも搭載しています。

USB Type-Cケーブルを採用しているので、Type-Cポートを搭載したパソコンやタブレットで使用可能です。Windows・Mac・Android・iPad OSなどに対応しており、幅広いデバイスで使用できます。