スイスに本社を置くロジクールは、PC周辺機器を中心としたデジタルデバイスのメーカー。キーボードにおいては、安価なエントリーモデルから、多機能を備えたハイエンドモデルまでさまざまな製品が開発されています。

そこで今回は、ロジクールのおすすめキーボードをご紹介。選び方もあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ロジクールのキーボードの特徴

By: logicool.co.jp

ロジクールのキーボードはラインナップの豊富さが特徴。機能を絞った低価格モデルをはじめ、タイピングのしやすさにこだわった本格モデル、スマートフォンやタブレットとも連携できるモバイル対応モデル、PCゲームに適したゲーミングモデルなど、さまざまな製品を開発しています。

海外メーカーではありますが、日本語配列のキーボードも多く、日本人でも使いやすいのが魅力。世界的にも知名度が高く、安定した動作が期待できます。

予算と用途に合わせて適切な製品を選べるので、初心者から上級者まで幅広い方におすすめ。日本法人も設置されているため、万が一の場合には日本語でのサポートを受けられます。

ロジクールキーボードの選び方

キーボードの構造と特徴

比較的リーズナブルな「メンブレン方式」

By: logicool.co.jp

メンブレン方式のキーボードは、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。各キーが独立しているのではなく、キーボード全体を1つの基盤でカバーしているため、生産費が安く、価格も抑えられています。

キーと接点の間にはラバーカップが設置されており、タイピング時には中央をしっかりと押し込むことが必要。キーボードをしっかりと打ち込んで入力したい方や、コスパのいい製品を探している方におすすめです。

長時間の作業やゲームにおすすめの「メカニカル方式」

By: logicool.co.jp

メカニカル方式のキーボードは、各キーが独立しているのが特徴。機械式のスイッチと金属製のばねを採用しています。1つのスイッチが壊れてしまっても、その部分を取り替えれば引き続き使えるのが魅力です。

また、キーの軸によって使い心地が異なるのもポイント。クリック感が強くキーを押した感覚がはっきりと分かる「青軸」や、キーを押したときのクリック感が控えめで、比較的静かな打鍵音の「赤軸」といった軸があります。

キースイッチを変えることで、打鍵感や打鍵音などを自分好みのモノに交換できるのもメリット。ほかの方式と比較すると高価ですが、メンテナンス性に優れているので、長く使い続けたい方におすすめです。

打鍵音が静かな「パンタグラフ方式」

By: amazon.co.jp

パンタグラフ方式は、キーの支持構造にX型などのパンタグラフ機構を採用しているキーボード。軽いタッチでタイピングできるので、長時間キーボードを使う方におすすめです。

ノートパソコンに採用されることが多く、キーストロークは浅い傾向があります。中心部以外を押しても入力可能で、素早く文字入力をしたい方にもぴったりです。

接続方法をチェック

ワイヤレス(Bluetooth・2.4GHz)

By: logicool.co.jp

ワイヤレスタイプはケーブルなしでパソコンやタブレットに接続できるのが特徴。無線通信で接続する「Bluetoothタイプ」と、USBレシーバーを用いて接続する「2.4GHzタイプ」の2種類があります。

Bluetoothタイプはスマホやタブレットなどのモバイル接続に対応した製品の多さが魅力。完全無線でUSBポートなどを占領しないため、PCにさまざまな機器を接続したい場合にも便利です。

2.4GHzタイプはレシーバーを挿すだけで手軽に使えるのが魅力。USBポートを1つ埋めてしまいますが、Bluetooth非搭載のパソコンでも使用できます。また、比較的安価に購入できるのもポイントです。

ワイヤレスタイプは、キーボードを自由な配置で使えますが、定期的な電池交換や充電が必須。手間やランニングコストが気になる方は注意が必要です。

USB接続

By: logicool.co.jp

USB接続タイプは、パソコンとキーボードをUSBケーブルで接続するのが特徴。ケーブルで直接繋いでいるため、誤作動や遅延などのリスクが低く、安定して使用できます。

ケーブルを通してパソコン本体から給電されるので、電池切れの心配がないのも魅力。長時間使い続ける場合でも安心して使用できます。PCゲームをプレイする方や、安定性を重視する方から人気です。

ただし、ケーブルの届く範囲内でしか使用できないため、自由度はやや低め。また、ケーブル接続の製品を多く使っている場合は、デスク周りのケーブル配線を工夫する必要があります。

用途に合ったモデルを選ぼう

PCやiPadなど複数デバイスで使いたいなら「マルチペアリング対応」

By: logicool.co.jp

複数のデバイスに接続して使いたい場合は、マルチペアリング対応の製品がおすすめ。マルチペアリングとは、1台のBluetooth機器に対して、複数の親機を登録できる機能です。使用するたびに接続する親機とペアリングし直す必要がないため、スムーズに切り替えられます。

ただし、複数の親機に対して同時の入力ができない点には注意が必要。使用時はあくまでも1対1で接続をおこないます。また、ペアリングできる機器の台数がキーボードごとに異なるのもポイント。上限を超えた場合には古い設定から順にペアリング情報が削除されます。

オフィス用は打鍵音が静かな「静音モデル」を

By: rakuten.co.jp

オフィスなどの静かな空間で使用する場合には、打鍵音の小さい「静音モデル」がおすすめ。キーボードを強く叩いてしまう方や、音を気にせず集中して作業に取り組みたい方に適しています。

ロジクールでは「SilentTouchテクノロジー」を採用したモデルをラインナップ。打鍵感をキープしたまま、打鍵音だけを抑える独自技術により、周囲を気にせず使える製品を実現しています。

ゲーミングには専用の「ゲーミングキーボード」がおすすめ

By: logicool.co.jp

PCゲームをプレイする方には「ゲーミングキーボード」がおすすめ。ゲーミングキーボードとは、ゲームをプレイする際に役立つさまざまな機能を搭載した製品です。複数キーの同時認識機能や、ゲームモードでキーボードをカスタマイズできる機能などを備えているため、快適にゲームをプレイできます。

ロジクールではゲーム用途に適した「Gシリーズ」と「PROシリーズ」を展開。ゲーミングデバイスらしいRGBライティングに対応した製品も多いので、光るゲーミングキーボードを使ってみたい方もぜひチェックしてみてください。

必要な機能で選ぶ

テンキーの有無

By: logicool.co.jp

Excelでの数値管理など、数字を入力する機会が多い方はテンキーの有無を確認しましょう。テンキーは0~9までの数字と、計算記号キーをまとめたモノで、多くの場合、キーボードの右側に配置されています。

電卓のような配置で使い勝手に優れているため、数値入力の際には重宝しますが、そのぶん設置にスペースをとってしまうのがデメリット。少しでもコンパクトに設置したい方や、数字入力の機会が少ない方は、テンキーレスのキーボードがおすすめです。

インカーブキー

By: logicool.co.jp

タイプミスを減らしたい場合には「インカーブキー」を採用したモデルがおすすめ。インカーブキーはロジクール独自のキー構造で、キーの中心部をくぼませているのが特徴です。

タイピングをする際に1つ1つのキーに指先がフィットするため、キーピッチの狭いキーボードなどでも快適なタイピングが可能。特にコンパクトサイズのキーボードを検討している方は、インカーブキーを採用しているかどうかもチェックしてみてください。

Unifying接続

By: logicool.co.jp

キーボードだけではなくマウスもワイヤレスで繋ぎたい場合には、「Unifying接続」に対応したモデルがおすすめです。Unifying接続とは、ロジクール独自の2.4GHzワイヤレス通信方法のこと。1つのUSBレシーバーにつき最大6台の対応キーボードとマウスを接続できるのが特徴です。

USBポート1つで複数の機器を接続できるため、USBポートの少ないパソコンに繋ぐ際にも安心。複数のUSBレシーバーを扱う必要がないので、紛失リスクも軽減できて便利です。

防水機能

By: amazon.co.jp

飲み物を飲みながら作業をしたい方には、防水機能を備えたキーボードがおすすめ。ロジクールでは液体がキーボードから排出されるよう設計されたモデルも扱っているため、飲み物をこぼしてしまった場合でも安心です。

また、キーボードを衛生的に使えるのも魅力。ホコリや手垢などの汚れが気になる場合も、水分を含むウェットティッシュなどで掃除ができます。

ただし、濡れた状態での使用ができない点には注意が必要。あくまでもメンテナンス用や不慮のトラブルに対する機能なので、水場での使用には適していません。

ロジクールキーボードのおすすめ|テンキーレス

ロジクール(Logicool) MX Keys Mini KX700

薄型設計のロジクールのおすすめキーボード。スリムかつコンパクトな設計なので、デスク上でスペースを取りにくいのはもちろん、持ち運びにも適しています。指先がフィットしやすいようにキーの中心部が窪んだ、インカーブキーの採用も特徴です。

ファンクションキーに、独自の機能が割り当てられているのもポイント。絵文字ウィンドウを開いたりミュートのオン・オフを切り替えたりなど、素早く操作可能です。専用ソフトの導入により、機能をカスタマイズできます。

バックライトも搭載。近接センサーが搭載されているため、手を近づけると自動的にバックライトが点灯します。また、優れたバッテリー持ちも魅力。バックライトオフの状態で最長約5カ月、バックライトをオンにしていても最大約10日間使用できます。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスBLUETOOTHキーボード K380

おしゃれなデザインを採用したロジクールのおすすめキーボード。豊富なカラーバリエーションと丸型のキーデザインが特徴です。また、薄型かつ軽量なうえワイヤレスで接続できるので、持ち運び用のキーボードとしても適しています。

コンパクトながらタイピングしやすいのも魅力。丸型のキーは中央が窪んでおり、指先に自然にフィットしてタイプミスを防止する効果に期待できます。

接続には、Bluetoothを使用。「Easy-Switch」キーを押せば、3台のデバイスをシームレスに切り替えられます。WindowsやmacOSのほか、モバイル向けのOSもサポートしているため、スマホやタブレットでも使用可能です。

ロジクール(Logicool) MX MECHANICAL MINI KX850

薄型ながらメカニカル方式のキーを採用した、ロジクールのおすすめキーボード。小型に設計されているため、小さいデスクでも無理なく使用できます。メカニカルキーを採用していながらデザインはシンプルなので、ビジネスシーンで使いやすいのも魅力です。

メカニカル特有の快適な打ち心地がポイント。専用ソフトの「Logi Options+」を導入すると、バックライトの効果やキーの割り当てをカスタマイズできます。使用するアプリに合わせて、固有の設定を保存可能です。

接続方法は、独自規格の「Logi Bolt」またはBluetoothの2種類。マルチペアリングにも対応しており、最大で3台のデバイスをシームレスに切り替えながら使用できます。

ロジクール(Logicool) POP KEYS K730

タイプライター風のデザインがおしゃれなロジクールのおすすめキーボード。ポップなデザインを採用しており、個性的なカラーバリエーションも充実しています。コンパクトなので扱いやすく、マウスを操作するスペースを確保しやすい点も魅力です。

快適な打鍵感と、カタカタと心地良い打鍵音も特徴。豊富なショートカットキーも用意されており、ミュートのオン・オフや画面の切り取りなどの機能を素早く利用できます。また、接続先もワンタッチでスムーズに切り替え可能です。

最大5000万回のストロークに耐えられると謳われている、優れた耐久性もポイント。電池も最長で約3年間持続するため、長期間安心して使い続けられます。

ロジクール(Logicool) SIGNATURE K855

スッキリとしたおしゃれなデザインが魅力的な、ロジクールのおすすめキーボード。頑丈かつスタイリッシュな、アルミニウム製のトップケースを採用しています。白のカラーバリエーションも用意されているので、デスクの雰囲気に合わせて選択可能です。

ワイヤレス接続に対応している点も特徴のひとつ。Bluetoothのほか、独自規格の「Logi Bolt」もサポートしています。登録できる機器は、最大で3台まで。「Easy-Switch」キーを押すだけで、素早く切り替えられます。

豊富なOSに対応しているのもポイント。WindowsとmacOSはもちろん、Linux・Chrome OS・iPadOS・iOS・Androidをサポートしているため、パソコンやスマホ、タブレットなどさまざま機器で利用できます。

ロジクールキーボードのおすすめ|テンキーあり

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

パンタグラフ方式のキーを採用したロジクールのおすすめキーボード。各キーの中央が窪んでおり指先にフィットしやすく、快適にタイピングできます。手前に向かって角度が付けられているため、手首への負担軽減が期待できるのもポイントです。

本体左上に搭載された、クリエイティブ入力ダイヤルも特徴。専用のソフトをインストールすると、ダイヤルの回転やタップに好みの機能を割り当て可能です。一部の定番アプリには、専用のプロファイルも用意されています。

さらに、バックライトを搭載。手を近づけるだけで自動的にバックライトが点灯するほか、周囲の照明環境に合わせて輝度が自動で調節されるので、薄暗い環境でも快適に使用できます。

ロジクール(Logicool) マルチデバイス ワイヤレスキーボード K780

スマホやタブレットと組み合わせたい方に適したロジクールのおすすめキーボード。本体上部にスタンドが搭載されているので、スマホやタブレットを立て掛けて使用できます。立て掛けるだけで、わずかに角度がある設計も魅力です。

円形のキーデザインも特徴のひとつ。おしゃれなのはもちろん、正確なタイピングもサポートできます。また、静音性に優れているのもポイント。タイピング時の音が響きにくく、時間帯や場所を選ばずに使用できます。

Windows・macOS・Android・iOSなど豊富なOSをサポート。Bluetoothと「Unifying」の両方を利用できるため、デバイスに適した接続方法を選べます。

ロジクール(Logicool) サイレントワイヤレスキーボード K295

使いやすいロジクールのおすすめキーボード。独自の「SilentTouchテクノロジー」が採用されており、タイピング時の音が軽減されています。音を抑えながら心地よい打鍵感を維持しているので、プライベートでもビジネスでも気軽に使用可能です。

ショートカットキーの搭載もポイント。音量の調節や再生・一時停止、ミュートに電子メールの起動など、さまざまな機能が割り当てられたショートカットキーが用意されているため、効率的に作業できます。

耐久性の高さも特徴のひとつ。キーが丈夫で使いやすいのはもちろん、耐水設計を採用しているので、飲み物を飲みながらでも安心して使用できます。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスソーラーキーボード K750r

充電の手間を軽減しやすいロジクールのおすすめキーボード。本体上部に、ソーラーパネルが搭載されています。ソーラパネルに光が当たる環境であれば自動的に充電され、暗闇でも最低約3カ月間は充電された状態をキープ可能です。

薄型ながら打ちやすいキーも魅力。パンタグラフ方式の採用により、しっかりとフィードバックがあります。また、タイピング時の音が抑えられているのもポイント。周囲を気にせずに使用できます。

独自の「Unifying」に対応。付属のレシーバーを、パソコンのUSB Type-Aポートに接続するだけで使用できます。

ロジクール(Logicool) ERGO K860

楽な姿勢でタイピングしやすいロジクールのおすすめキーボード。全体が大きく湾曲したユニークな形状を採用しています。大型のリストレストの搭載も特徴。指や手首を自然な形で配置しやすく、長時間使用時の負担を軽減する効果に期待できます。

キーにはパンタグラフ方式を採用。各キーは指先の形に合うように窪みが設けられており、正確なタイピングをサポートしています。底面には、チルトレッグも搭載。姿勢や体格に合わせたて、角度の調節にも対応しています。

接続方法は、Bluetoothのほか独自の「Unifying」にも対応。OSは、Windows・macOS・Chrome OS・Linuxをサポートしています。

ロジクールキーボードのおすすめ|有線

ロジクール(Logicool) メカニカルキーボード K835

耐久性に優れたロジクールのおすすめキーボード。コンパクトでスッキリとしたテンキーレスデザインの採用により、デスク上のスペースを節約しやすく、マウスと一緒に無理なく設置できます。

メカニカル方式の採用による、心地よい打鍵感が魅力のひとつ。各キーはわずかに角度を付けて配置されているので、スムーズにタイピングできます。また、必要に応じて4°と8°の角度を切り替えられるチルトレッグを使える点も特徴です。

耐久性の高さもポイント。ハウジングには頑丈な陽極酸化アルミニウムが採用されているほか、各キーは最大5000万回の入力テストに耐えられるように設計されており、長期間安心して使用できます。

ロジクール(Logicool) スタンダードパソコンキーボード K120

シンプルで使いやすいロジクールのおすすめキーボード。USB接続方式を採用しており、ドライバーのインストールや面倒なセットアップ不要で使い始められます。初心者でも箱から出してすぐに使えるのが魅力です。

メンブレン方式のキーを採用。テンキーが搭載されているので、Excelやスプレッドシートのような表計算ソフト、電卓などを使用して数値を入力する機会が多い方にもおすすめです。弾力のある打鍵感により、快適にタイピングできます。

底面には、チルトレッグも搭載。好みに合わせて角度を変えられるため、腕や手首の負担を軽減する効果に期待できます。また、耐水設計を採用しているので、汚れが気になる場合はウェットティッシュで掃除可能です。

ロジクールキーボードのおすすめ|ゲーミングモデル

ロジクール(Logicool) PRO X G-PKB-002

コンパクトながら高性能なロジクールのおすすめキーボード。有線タイプながらケーブルは着脱式なので、持ち運びたい場合にも適しています。ケーブルとポートには三叉構造を採用しており、使用中にケーブルが抜けにくい設計です。

しっかりとしたフィードバックを感じやすい、メカニカルスイッチを採用。専用のソフトを導入すると、F1~12キーをカスタマイズしてマクロを割り当てられます。複雑なコマンドも簡単に呼び出せるため、効率的に使用可能です。

3段階の角度調節に対応しているのも魅力のひとつ。また、カスタマイズできるライティング機能も搭載されています。設定を本体のオンボードメモリに保存できるので、別のパソコンで使う場合でも好みの設定を維持可能です。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G813

高機能で使いやすいロジクールのおすすめキーボード。薄型ながらしっかりとした打鍵感のある、独自のメカニカルスイッチを採用しています。筐体の素材にはアルミニウム合金が使われており、耐久性とスタイリッシュなデザインを両立している点も魅力です。

専用ソフトの導入により、柔軟なカスタマイズにも対応。左端に並べられた「Gキー」には、マクロも割り当てられます。また、メディアキーや音量ローラーなども搭載されており、キーボードだけでさまざまな操作が可能です。

USBポートを備えているのも特徴。パススルーに対応しているため、デバイスを充電したりデータ転送したりなど、自由な使い方ができます。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G512

耐久性に優れたロジクールのおすすめキーボード。コンテキストメニューキーやWindowsキーなどを無効にできるゲームモードに対応しています。ソフトをインストールすると、無効にするキーをカスタマイズ可能です。

ファンクションキーには、メディアコントロール機能を搭載。再生・停止やボリュームの調節はもちろん、ゲームモードのオン・オフも操作できます。

本体には、パススルー対応のUSBポートも搭載。充電やデータ転送のほか、ワイヤレスマウスのレシーバーも接続できます。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G213r

耐水性と耐久性に優れたロジクールのおすすめキーボード。底面に角度調節に対応したスタンドが搭載されています。また、備え付けのパームレストもポイント。手首や腕への負担を軽減しやすく、長時間快適にゲームをプレイできます。

高速なレスポンスも魅力のひとつ。10キーロールオーバーにも対応しているので、複数のキーを同時に押しても正確に入力可能です。また、ミュートやボリューム調節などを行える、メディアコントロールキーも搭載されています。

ロジクール(Logicool) RGBメカニカルゲーミングキーボード G910r

快適にゲームをプレイできるロジクールのおすすめキーボード。「Romer-Gメカニカルスイッチ」と呼ばれる、独自のスイッチを搭載しています。26キーロールオーバーに対応しており、正確に操作しやすい点も魅力です。

1680色のRGBライトを搭載しているのも特徴。専用ソフトからカスタマイズもできるので、特定のキーの色を変更したりゲームタイトルごとに色を変えたりなど、好みに合わせて柔軟に設定できます。

ロジクール(Logicool) PROキーボード G-PKB-002LOL2

By: logicool.co.jp

人気ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」のデザインを採用したロジクールのおすすめキーボード。テンキーを省略したコンパクトな設計なので、省スペースで使用できます。

各キーには、「GXタクタイルスイッチ」を採用。心地よい打鍵音とフィードバックにより、正確かつスムーズなタイピングをサポートします。専用ソフトをインストールすると、ファンクションキーにマクロを割り当て可能です。

ロジクールのキーボードの売れ筋ランキングをチェック

ロジクールのキーボードの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

関連リンク
・ロジクールのキーボードおすすめ(ビックカメラ)