Macユーザーの方であれば、「キーボード」は純正のモノを使用している方が多いかもしれません。しかし、純正以外のいわゆる「サードパーティ製」のキーボードを選択肢のひとつにするのもおすすめ。純正キーボードにはない便利な機能が搭載されていたり、好みの打鍵感のモノが選べたりとメリットも豊富です。

そこで今回は、Mac用キーボードのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

Mac用キーボードの選び方

こだわりがなければ純正品がおすすめ

Mac用キーボードは、こだわりがなければAppleによる純正のモノがおすすめです。純正ならではのMacに最適化された設計が魅力で、Macに調和するスマートなデザインもおしゃれです。特に、Macの洗練されたデザインを好んで使用している方は、純正のMac用キーボードを選びましょう。

見た目の統一感だけでなく、macOSとの連携がスムーズなので安心して使えるのもポイント。サードパーティ製のMac用キーボードは、macOSとの互換性に不満を感じる恐れもあります。パソコンにあまり詳しくない方も、純正のモノだと安心です。

ただし、Appleが開発しているキーボードは種類が少ないため、打鍵感やデザインを選べません。細かな点まで使い心地にこだわるなら、サードパーティ製のモノも検討してみましょう。

キーボードの配列を確認

現在パソコンのOSはMacとWindowsの2つが主流であり、それぞれのOSによってキーボードの配列が若干異なります。市販のキーボードは大半がWindows向けに製造されているので、Mac用キーボードを選ぶ際は配列がどちらのOSに対応したモノかしっかりとチェックすることが大切です。

特に、Mac特有のcommand(⌘)キーやoptionキーを搭載しているかどうかは重要なポイント。頻繁に使用するうえ、多くのMac用ソフトがこのキーを前提に設計されています。ほかにも記号など一部のキー配置がOSによって異なるため、注意が必要です。

なかには、これらのキーがなくても設定で機能を割り振れる製品も存在しますが、印字と機能が異なるので混乱してしまう恐れがあります。そのため、パソコン初心者の方は純正と同じ配列のモノを選ぶのがおすすめです。

また、Excelなどで数字入力を頻繁に行う方は、テンキーを搭載したMac用キーボードも検討してみましょう。大量に数字を打ち込む作業でも、快適にタイピングできます。

ワイヤレスか有線かで選ぶ

Mac用キーボードをパソコン本体と接続するには、Bluetoothを利用したワイヤレス接続と有線接続の2通りが存在します。ワイヤレス接続はデスク上のコードを減らしすっきりと配置できるのが魅力です。

有線接続はワイヤレス接続に必要な充電や電池交換が不要で、電波干渉を気にせず安定して文字入力を行えるのがメリット。ただ、現在の主流は煩わしいコードを省けるワイヤレス接続で、新製品も豊富に登場しています。

ワイヤレス接続のなかには、充電や電池交換の頻度が少なく安定して通信できる高性能な製品も存在。製品選びに迷う方は、ワイヤレス接続のほうがMacのスタイリッシュなデザインを活かして使えるのでおすすめです。

掃除のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードはホコリなどの汚れが溜まりやすいアイテム。汚れたままで使い続けると故障の原因となる場合もあるため、清潔な状態を保てるように掃除しやすいキーボードを選ぶのがおすすめです。

キーとキーの間隔が離れている「アイソレーションタイプ」のキーボードなら、隙間に入ったゴミを比較的ラクに掃除できるので、チェックしてみましょう。

その他の付加機能で選ぶ

By: logicool.co.jp

付加機能の有無でMac用キーボードを選ぶのも大切なポイント。長時間連続で使用したい方には省電力機能を搭載したモデルが適しています。また、メディアの再生や音量調節などの操作をラクに行いたい場合は、マルチファンクションキー機能が搭載されているMac用キーボードを選んでみてください。

Mac用キーボードのおすすめ

アップル(Apple) Magic Keyboard(テンキー付き) MQ052J/A

Appleの純正Mac用テンキー付きキーボードです。Mac本体とのバランスがよく、洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力。テンキー付きなので会計ソフトやExcelなど数字を入力する機会が多い方におすすめです。

macOSとの連携もスムーズで、キー配列もMacに合わせて作られているので快適に使用できます。テンキー付きのMagic Keyboardだけに付いている操作キーやフルサイズの矢印キーにより、書類のスクロールやゲームの操作がスムーズに行えるのも魅力です。

MacへはBluetoothによるワイヤレス接続が可能。充電はLightning-USBケーブルを使用し、1回の充電で約1ヶ月以上使用できます。Macの魅力を最大限に引き出せるキーボードです。

アップル(Apple) Magic Keyboard MLA22J/A

By: apple.com

Appleの純正Mac用キーボードです。テンキーは付いていないのでコンパクトで無駄のない美しいデザイン。macOSに合わせてキー配列が作られており、連携もスムーズに行えます。

改良されたシザー構造によりキーの安定性が向上しているので、正確なタイピングが可能。キーボードは手前に向かって傾斜しているため、低いアングルからの文字入力が可能になり快適な作業が行えます。適度な打鍵感があり、なめらかなフォルムで使い心地のよさが魅力です。

Mac本体とのペアリングも自動なので、面倒な設定不要でパソコン初心者でも安心。充電式のバッテリーは約1ヶ月以上もつため、ワイヤレスキーボードのデメリットであるまめな充電は必要ありません。Mac特有のスッキリとしたスタイリッシュな空間を作れます。

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

クリエイティブな作業をスムーズに行えるBluetooth搭載の無線キーボードです。左上にはクリエイティブ入力ダイヤルが付属しています。作業中のアプリを自動認識し、必要な機能メニューが作業画面上に表示されるので瞬時にアクセスできるのが魅力。Premier ProやIllustratorなどを使う方におすすめの機能です。

中央部分がややくぼんでいるデザインのキーは、打ち損じが少なく正確なタイピングが可能。安定したタイピングができるようにコーティング加工されているので、長時間使用してもスムーズに使えます。手が近づくとキーが点灯するスマートイルミネーション機能も付いているため、薄暗い中でも快適です。

MacとWindowsに対応しており、最大で3台のデバイスが接続できて切り替えもスムーズ。Mac特有のcommandキーやoptionキー搭載で日本語配列なので、安心して使えます。生産性やスピード感を重視してキーボードを選ぶ方におすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) マルチデバイス Bluetoothキーボード K380

わずか423g、薄さ16mmの軽量・薄型モデルのキーボードです。単4アルカリ電池2本で約2年間使用できるので、充電切れの心配がなく自宅でも外出先でも快適に使えます。

Macはもちろん、WindowsやChrome OS、Android、iOSなどあらゆるデバイスに対応。最大で3台のデバイスに接続でき、ボタンを押すだけで簡単にデバイス間を切り替えられます。Bluetooth搭載なので無線接続可能で、デバイス自動識別機能により難しい設定なしで簡単に使えるのもポイント。

キー配列は日本語レイアウトで、Macユーザーに必要なcommandキーやoptionキーも搭載しています。指先にフィットしやすいへこみのある薄型の丸いキーなので、なめらかで快適なタイピングが可能な1台です。

東プレ(Topre Corporation) REALFORCE for Mac R2-JPVM-WH

徹底した品質管理のもと、開発から生産まで日本の工場で行われている国産のキーボードです。Mac純正モデルと同様に日本語配列を採用し、キーの印字はパソコンに馴染むようにシンプルなフォントでMacに合わせた仕様になっています。

キーの押し心地にこだわり、非常に軽く心地よい入力が可能。その上5000万回のキー入力試験をクリアしているので耐久性にも優れています。CapsLockとCtrlキーの入れ替えやキースイッチを無効にするなど、Mac専用のソフトウェアで個別にカスタマイズできるのも魅力。

キー方式は静電容量無接点方式スイッチを採用し、長時間使用しても疲れにくくなめらかにタイピングできます。USBによる有線接続で3方向にケーブル取り出し口があるので、設置場所に合わせてスッキリした配線が可能。長く使えて高性能なMac用キーボードを探している方におすすめです。

アイバッファロー(iBUFFALO) フルキーボード USB接続 パンタグラフ MacモデルBSKBM01WH

Mac用のキー配列になっているテンキー付きのフルキーボードです。スタイリッシュなデザインでMacとの相性もぴったり。Mac特有のcommandキーなどを搭載しているので、純正品と変わらない使用感です。

キー底面にはメタルシート採用しているので、厚さ23mmと薄いながらも重量感があり安定した操作が可能。キーピッチ19mm、キーストローク2.5mmと打ちやすさにも重点を置いた設計で正確にタイピングできます。

さらに、12種類のファンクションキーを搭載。音量や輝度の調節が簡単にできるので使いやすくなっています。シンプルで機能性が高いMac用キーボードを手頃な価格で手に入れたい方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth超薄型コンパクトキーボード TK-FBP101

最薄部6.5mmで美しいフォルムのBluetooth搭載のキーボードです。Mac以外にもWindowsやiOS、Androidなどパソコンやタブレット、スマートフォンに最大3台まで接続可能。面倒な設定不要でペアリングするだけですぐに使用できるため、初心者でも安心して使えます。

スリムでコンパクトながらも19mmのキーピッチと日本語のキー配列を採用。キートップ下には鉄板が内蔵されており、軽いタッチで入力できるパンダグラフ方式なので快適に安定感のあるタイピングができます。

また、13種類のマルチファンクションキーを搭載。音量調節やメディアプレーヤーの操作などがキーワンプッシュで実行可能です。充電方法は電池式なので、外出先でも安心して使用できます。スタイリッシュで軽量薄型モデルを探している方におすすめのキーボードです。

マカリー(Macally) SLIMKEYCA

幅は約12cm、長さは約28.5cmのコンパクトサイズのキーボードです。macOSだけではなく、Windowsにも対応。英語配列のキーボードで静音性に優れているシザースイッチを採用しているため、快適にタイピングできます。

有線タイプなのでバッテリーの交換やドライバーなどのインストール不要で、安定した接続ができるのがポイント。USBケーブルは約140cmと長さは十分なので安心して使えます。

Appleショートカットキーが13個搭載されており、切り取りやコピー、iTunesコントロール、音量の上げ下げなどを効率的に行えるのも魅力。純正のように使いやすくシンプルなデザインのおすすめキーボードです。

マティアス(Matias) Tactile Pro keyboard JP version for Mac FK302-JP

往年のキーボードに多く使用されていたメカニカルタイプのMac用キーボード。メカニカル特有であるクリック感強めの打鍵感です。やや打鍵音は大きめですが、打ちやすく疲れにくいので快適に作業できます。

キーがひとつひとつ独立した構造なので掃除しやすくメンテナンスしやすいのがポイント。キー同士は程よい間隔で指にフィットする形になっているのでスムーズにタイピング可能です。文字はレーザー刻印を採用。消えにくいので安心して長く使えます。

純正キーボードと同じように音量やスクリーンの輝度、iTunesなどはファンクションキーで簡単に調節可能。USBによる有線接続で3つのUSBポートが搭載されているので、マウスやデジカメなどいろいろなメディアが使用できます。日本語配列で使いやすくメカニカル派におすすめのMac用キーボードです。