Macユーザーの方であれば、キーボードは純正のモノを使用している方が多いかもしれませんが、純正以外のいわゆる”サードパーティ製”のキーボードを選択肢のひとつにするのもおすすめです。

純正キーボードにはない便利な機能が搭載されていたり、好みの打鍵感のモノが選べたりとメリットも豊富。そこで今回は、Mac用キーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Mac用キーボードの選び方

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

Mac用キーボードを選ぶときに重要なのはキー配列。オプションキーやコマンドキーが並んでいるモデルであれば、純正キーボードとあまり変わらない配列のため、スムーズなタイピングができます。

テンキーの有無もポイントのひとつ。数字を入力する機会が多い方であれば、テンキーがあると素早くタイピングできるので便利です。

ただし、テンキーがあることによってキーボード本体が横に長くなるため、コンパクトなモデルを探している方には向いていません。用途に応じて、キーボードの配列を考慮しながら選ぶようにしましょう。

掃除のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードはホコリなどの汚れが溜まりやすいアイテム。汚れたままで使い続けるのは好ましくないので、清潔な状態を保てるように掃除しやすいキーボードを選ぶのがおすすめです。

キーとキーの間隔が離れている「アイソレーションタイプ」のキーボードなら、隙間に入ったゴミを比較的ラクに掃除できるので、チェックしてみてください。

有線かワイヤレスかで選ぶ

By: amazon.co.jp

Mac用キーボードの接続方法は大きく「有線」と「ワイヤレス(Bluetooth)」の2種類に分けられます。電池交換・充電の手間を省きたい方や、電波干渉を気にせずにタイピングしたい方には有線キーボードがおすすめです。

ただし、有線キーボードはUSBケーブルでパソコンと繋げる必要があるので、デスク周りがごちゃついてしまうというデメリットがあります。

ワイヤレス(Bluetooth)キーボードは、USBケーブルで繋げる必要がないので、すっきりとした状態で使えるのが魅力。一方、USBケーブルからの給電ができないため、電池交換や充電をする手間がかかります。また、位置によっては電波干渉を起こしてしまい、上手く動作をしない可能性も。

安定性を重視するのであれば有線キーボードがおすすめですが、デスク周りをすっきりさせたいのであればワイヤレス(Bluetooth)キーボードがおすすめです。

その他の付加機能で選ぶ

By: logicool.co.jp

付加機能の有無でMac用キーボードを選ぶのも大切なポイント。長時間連続で使用したい方には省電力機能搭載モデルが最適です。メディアの再生や音量調整などの操作をラクに行いたい場合は、マルチファンクションキー機能が搭載されているMac用キーボードを選んでみてください。

Mac用キーボードのおすすめ|ワイヤレス

Bluetooth式

アンカー(Anker) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Apple製品との相性がよいスタイリッシュなデザインのMac用キーボード。使用する素材にこだわることで静音性を高めており、夜中などの音が気になるシーンでも快適にタイピングできるのが特徴です。重量が約200gと軽いので持ち運びもラクに行えます。

30分間使用していないと自動で省電力モードに切り替わるため、無駄な電力消費を防げるのも魅力。これにより、単4形乾電池2本で3ヶ月以上の使用が可能です。また、音量調節や検索が素早く行えるショートカットキーを搭載しているので、スムーズに作業ができます。

ロジクール(Logicool) Bluetooth ワイヤレスキーボード K480

丸みのあるデザインが特徴的なMac用キーボード。省エネ設計が採用されており、単4形乾電池2本で最大2年間動作するため、電池交換の手間を減らせます。本体の重量が約815gと比較的重いので、安定感のあるタイピングが可能です。

MacOSに対応しているのはもちろん、iOS・Androidなどにも対応しており、最大3台のデバイスと同時接続ができるため、スマートフォン用のキーボードとしても活用したい方におすすめ。

本体上部のくぼみにスマートフォンを立てかけられるので、パソコン感覚でタイピングができます。汎用性の高い1台を探している方に最適です。

ロジクール(Logicool) Bluetooth ワイヤレスキーボード KX1000s

クリエイティブな作業をする機会が多い方におすすめのMac用キーボード。本体の左上にある「クリエイティブ入力ダイヤル」を回すことで、Adobe Photoshop CC使用時に明るさや彩度の調整ができたり、Microsoft Excel使用時に表を素早く作成できたりと、さまざまな操作がラクに行えます。

各キーの真ん中がへこんでおり、タイピングのしやすさと入力の精度を高めているのも特徴です。また、手を近づけるとキーが光る「スマートイルミネーション機能」も搭載しています。

アイクレバー(iClever) Bluetooth薄型キーボード IC-BK04

7色に変えられるネオンカラーがおしゃれなMac用キーボード。高性能なBROADCOMチップを採用することにより、高速かつ安定した通信でストレスなくタイピングできます。本体に指紋が残りにくいブラッシュドメタル加工を施しており、きれいな状態をキープしたまま使えるのもポイントです。

人間工学に基づいたデザインを採用しているのも特徴で、文字入力時にかかる手首の負担を軽減できます。デザイン性と実用性が両立しているおすすめのモデルです。

VORKE K2 ワイヤレスキーボード

シルバーとブラックの組み合わせで、MacBookのキーボードデザインを思い出させるモデル。750mAhのバッテリーが搭載されており、フル充電をすればバックライトを消灯した状態で約250時間の連続使用ができます。

アルミニウム素材による精巧かつ頑丈な作りが特徴。キーの中央がへこんでおり、指に馴染むためタイピングしやすいのもメリットです。最大4台のデバイスと同時接続ができ、対応OSも多いのでさまざまな使い方ができます。

USBレシーバー式

エレコム(ELECOM) キーボード ワイヤレス TK-FDP099T

レシーバーをパソコン本体に差すだけで無線接続ができるMac用キーボード。パンタグラフ方式と呼ばれる構造を採用しており、ノートパソコンと同じ感覚でタイピングできるのが特徴です。また、キーの下には鉄板が敷かれており、しっかりとした打鍵感で文字を入力できます。

キーの間隔は19mmと標準的で、Mac純正キーボードからの乗り換えでも違和感なく使えるのが魅力。テンキーが付いているので頻繁に数字の入力を行う方にも適しています。最薄部が約6.5mmと薄いためカバンなどに入れていても邪魔にならず、持ち運びが多い方にもおすすめです。

アイクレバー(iClever) ワイヤレスキーボード&マウスセット

USBで充電するタイプのMac用キーボード。2時間の充電で約90時間の連続使用ができます。一定時間動作がないと自動で節電モードに切り替わるのもポイントです。

表面はABS樹脂と呼ばれる素材が使われていますが、裏面にステンレス素材を採用しており、スタイリッシュでデザイン性に優れています。タイピング時の音が静かなので、静音性の高い1台を探している方におすすめ。また、この製品はマウスもセットなので、マウスと合わせて買い揃えたい方に最適です。

Mac用キーボードのおすすめ|有線

バッファロー(iBUFFALO) フルキーボード Macモデル BSKBM01

Mac用の配列が採用されているキーボード。オプションキーやコマンドキーが並んでいるので、普段使用しているショートカットキーをスムーズに入力できて便利です。

本体の底面にはメタルシートが内蔵されており、重量感があるため安定したタイピングができます。また、ファンクションキーが搭載されているため、明るさ調節や音量調節などの操作をラクに行えるのも特徴です。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac PD-KB200MA

エンジニアの間で親しまれているキーボード「Happy Hacking Keyboard」のMac専用モデル。キーのサイズを保ったまま数だけを減らすことで、タイピングの快適性を維持しながら小型化を実現しています。

カスタマイズ性に優れているのも魅力のひとつ。付属する専用ドライバを使えば、好みや用途に応じて自由にキーの割り当てができます。しっかりとした打鍵感で気持ちよく文字が入力できるのも特徴です。

エレコム(ELECOM) キーボード 有線ミニ TK-FCP096

最薄部が約6.5mmの薄型タイプでありながら、打鍵感がよく軽快にタイピングできるMac用キーボード。テンキーのないコンパクトなモデルですが、キーの間隔が19mmあるので快適に文字を入力できます。

ケーブルの長さが1.5mとある程度の余裕があるため、パソコン本体とキーボードが離れていても使用可能。視認性の高いオリジナルフォントをキートップに採用しているのも特徴です。

AZIO Mac用 メカニカルキーボード

手首を支えるためのパームレストが本体に付いており、タイピングするときの負担を軽減してくれるMac用キーボード。キーの刻印まで光るおしゃれなバックライトがポイントです。素材にアルミニウムを採用しているのも特徴で、Apple製品とよく馴染むスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

キーの距離感が入念に計算されており、正確に文字を入力できるのが魅力。また、ラクに操作できる専用の音量調節機能が内蔵されているので、頻繁にパソコンで映画や音楽を視聴する方におすすめです。

Green Convenience メカニカルキーボード

カラフルなバックライトが特徴のMac用キーボード。タイプライターをモチーフとしており、近代的なデザインでありながらどこかレトロな雰囲気を感じる1台に仕上がっています。タイピングした感覚もタイプライターを意識しているので、打鍵感がしっかりとあって気持ちよく文字を入力できるのが特徴です。

デザイン性に優れているため、使用していないときはデスクの隅に置いておいてもデスクの外観を損ねません。キーボードの背面に滑り止めマットが付いているので、安定して素早くタイピングできるのも魅力です。