Macユーザーの方であれば、キーボードは純正のモノを使用している方が多いかもしれませんが、純正以外のいわゆる”サードパーティ製”のキーボードを選択肢のひとつにするのもおすすめです。

純正キーボードにはない便利な機能が搭載されていたり、好みの打鍵感のモノが選べたりとメリットも豊富。今回は、そんなMac用キーボードのおすすめモデルをご紹介します。

Mac用キーボードの選び方

こだわりがなければ純正品がおすすめ

Mac用キーボードは、こだわりがなければAppleによる純正のモノがおすすめです。純正ならではのMacに最適化された設計が魅力で、Macに調和するスマートなデザインが所有欲を満たします。特に、Macの洗練されたデザインを好んで使用している方は、純正のMac用キーボードがおすすめです。

見た目の統一感だけでなく、macOSとの連携がスムーズなので安心して使えるのもポイント。サードパーティ製のMac用キーボードは、macOSとの互換性に不満を感じる恐れもあります。パソコンについてあまり詳しくないという方も、純正のモノだと安心です。

ただし、Appleが開発しているキーボードは種類が少ないため、打鍵感やデザインを選べません。細かな点まで使い心地にこだわるなら、サードパーティ製のモノも検討してみましょう。

キーボードの配列を確認

現在パソコンのOSはMacとWindowsの2つが主流であり、それぞれのOSによってキーボードの配列が若干異なります。市販のキーボードは大半がWindows向けに製造されているので、Mac用キーボードを選ぶ際は配列がどちらのOSに対応したモノかしっかりとチェックすることが大切です。

特に、Mac特有のcommand(⌘)キーやoptionキーを搭載しているかどうかは重要なポイント。Macを使用するなかで頻繁に使用する上、多くのMac用ソフトがこのキーを前提に設計されています。ほかにも記号など一部のキー配置がOSによって異なるため、注意が必要です。

なかには、これらのキーがなくても設定で機能を割り振れる製品も存在しますが、印字と機能が異なるので混乱してしまう恐れがあります。そのため、パソコン初心者の方は純正と同じ配列のモノを選ぶのがおすすめです。

また、エクセルなどで数字入力を頻繁に行う方は、テンキーを搭載したMac用キーボードも検討してみましょう。大量に数字を打ち込む作業でも、快適にタイピングできます。

ワイヤレスか有線かで選ぶ

Mac用キーボードをパソコン本体と接続するには、Bluetoothを利用したワイヤレス接続と有線接続の2通りが存在します。ワイヤレス接続はデスク上のコードを減らしすっきりと配置できるのが魅力です。

有線接続はワイヤレス接続に必要な充電や電池交換が不要で、電波干渉を気にせず安定して文字入力を行えるのがメリット。ただ、現在の主流はわずらわしいコードを省けるワイヤレス接続であり、新製品も豊富に登場しています。

ワイヤレス接続のなかには、充電や電池交換の頻度が少なく安定して通信できる高性能な製品も存在。製品選びに迷う方は、ワイヤレス接続のほうがMacのスタイリッシュなデザインを活かして使えるのでおすすめです。

掃除のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードはホコリなどの汚れが溜まりやすいアイテム。汚れたままで使い続けると故障の原因となる場合もあるため、清潔な状態を保てるように掃除しやすいキーボードを選ぶのがおすすめです。

キーとキーの間隔が離れている「アイソレーションタイプ」のキーボードなら、隙間に入ったゴミを比較的ラクに掃除できるので、チェックしてみましょう。

その他の付加機能で選ぶ

By: logicool.co.jp

付加機能の有無でMac用キーボードを選ぶのも大切なポイント。長時間連続で使用したい方には省電力機能搭載モデルが最適です。また、メディアの再生や音量調整などの操作をラクに行いたい場合は、マルチファンクションキー機能が搭載されているMac用キーボードを選んでみてください。

Mac用キーボードのおすすめ

アップル(Apple) Magic Keyboard MLA22J/A

Appleによる純正のMac用キーボードです。Appleならではの洗練された無駄のないデザインが魅力で、Macと組み合わせると統一感が出ます。キーボードの配列もmacOSに合わせて設計されているので、パソコン初心者の方も安心して快適に使用可能です。

Macとの接続方法はBluetoothを利用したワイヤレス接続。macOSとの連携がスムーズなので、面倒な設定なしに自動でペアリングできるのもメリットです。給電方法は充電式を採用しており、一度の充電で約1カ月以上使用できるため頻繁に充電する必要がなく便利。

打鍵感は軽めで、改良されたシザー構造によってタイピングの安定性と正確性が向上しているのもポイントです。また、手前に向かって軽く傾斜がついているので、キーの視認性が高まり快適に文字入力を行えます。幅広いMacユーザーにおすすめのキーボードです。

アップル(Apple) Magic Keyboard テンキー付き MQ052J/A

Appleによるテンキー付きの純正Mac用キーボードです。エクセルや会計ソフトなどを使う機会が多く頻繁に数字入力を行う方は、より効率的に数字を打ち込めるのでテンキー付きの本製品がおすすめ。

通常のMagic Keyboardにはない、フルサイズの矢印キーや操作キーも搭載されており、書類のスクロールやゲーム操作などに役立ちます。接続方法はBluetoothによるワイヤレス接続で、給電方法はバッテリー充電式です。

充電は付属のLightning-USBケーブルで行い、一度の充電で約1カ月以上使用できます。クオリティの高い純正Mac用キーボードにテンキーが搭載されたおすすめモデルです。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード A7726121

スマートなデザインが人気のMac用キーボードです。Bluetoothによるワイヤレス接続を採用しており、MacだけでなくiOSやAndroid、Windowsにも使える互換性の高い製品。スマホやタブレットのキーボードとして兼用したい方にもおすすめです。

重さは約190g、サイズは約284×122×18.5mmであり、持ち運びを想定した軽量かつコンパクトな設計。気軽に持ち歩けるため、オフィスやカフェなどの外出先でも快適にスマホやタブレットの文字入力を行えます。

commandキーやoptionキーを搭載しており、macOSとの連携もスムーズです。給電方法は単4形乾電池による電池交換式を採用。省電力機能を搭載しているので、一度の電池交換で3カ月以上使用できるのも魅力です。

また静音性にも優れており、静かな場所でも周りに気兼ねなく作業を行えます。18カ月の製品保証が付いているのもメリット。ただし、日本語のJIS配列ではなく英語のUS配列である点には注意しましょう。純正Mac用キーボードに類似したデザインの人気製品です。

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD K380

長期間連続使用できるおすすめのMac用キーボードです。Bluetoothを利用したワイヤレスタイプで、給電方法に電池交換式を採用。単4形乾電池2本で最大2年使用でき、電池交換の頻度が少ないので快適に使えます。

MacだけでなくWindowsやChromeOS、iOS、Androidにも対応しており、最大3台のデバイスに同時接続可能。ボタン操作で容易に接続するデバイスを切り替えられるため、Macと同時にスマホやタブレットを使いながらの作業もスムーズです。

配列にはcommandキーやoptionキーも搭載しており、日本語表記のJIS配列なのでパソコン初心者の方にもおすすめ。接続したデバイスのOSを自動識別するため面倒な設定の必要がなく、簡単に使用できます。

音楽の再生や音量調節などをボタン1つで操作できるショートカットキー機能も内蔵。2年保証が付いているのもメリットです。Macに対応した配列で日本語表記の製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

正確かつ快適にタイピングできるよう設計されているMac用キーボードです。キーの安定性が強化されているほか、キーには丸みのあるエッジが施されているため、指先でキーを識別しやすくブラインドタッチも容易です。

MacとWindowsの両方に対応しており、Mac特有のcommandキーやoptionキーも搭載しています。一般的なJIS配列なので安心して使えるのもポイント。また、3台のデバイスを同時にコントロールする独自機能の「Logicool Flow」も搭載しています。

簡単に接続デバイスを変更でき、MacとWindows間もスムーズに切り替え可能。複数のパソコンを同時に使用する方におすすめです。薄暗い場所でキーを視認しやすいバックライト機能も搭載。照明条件に合わせて自動で輝度を調整するため、快適に使用できます。

本体の左上にAdobeソフトやOfficeソフトに対応する「クリエイティブ入力ダイヤル」を搭載しているのも特徴。データ編集時のさまざまな数値を滑らかに調整でき、クリエイティブな作業をサポートしてくれます。

接続方法はBluetoothによるワイヤレス接続で、給電方法は充電式を採用。バッテリーは一度の充電で約1週間継続します。2年保証が付いているのも魅力。打ち心地のよい高性能なMac用キーボードを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

タブレットやスマホ用キーボードと兼用したい方におすすめのMac用キーボードです。本体にタブレットやスマホを立てかけるスタンド機能があり、最適な角度でパソコンのようにタイピングできます。

MacやWindows、Chrome OS、Android、iOSのデバイスと接続でき、さまざまなデバイスを1台で操作可能。接続はBluetoothによるワイヤレス接続で、同時に最大3台までペアリングできます。

本体左上に搭載されたダイヤルを回すだけで容易にデバイスを切り替えられ便利です。配列は日本語表記のJIS配列で、commandキーやoptionキーも搭載しています。複数のデバイスを行き来しながら作業を行いたい方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth超薄型コンパクトキーボード TK-FBP101

エレコムのテンキー付きMac用キーボードです。テンキー付きでありながら最薄部6.5mmのコンパクトな設計で、すっきりとデスクに設置できます。Bluetoothを利用したワイヤレスタイプであり、MacやWindows、Android、iOSのデバイスと接続可能です。

給電には電池交換式を採用しています。単4形乾電池2本で約1.1年連続使用でき、給電の頻度が少ないのも魅力。ドライバのインストールは不要で、ペアリングのみですぐに使えます。最大3台のデバイスとペアリングでき、切り替えも容易です。

commandキーやoptionキーの印字もあり、JIS配列なので安心して使用できるのもメリット。音声のボリュームやメディアプレーヤーなどの操作をボタン1つで実行できる、13種類のマルチファンクションキーも搭載しています。

キーにはノートパソコンのキーボードと同じパンタグラフ方式を採用。軽い打鍵感でスムーズに文字入力を行えます。また、掃除のしやすいアイソレーションタイプなのもポイント。リーズナブルなおすすめのテンキー付きMac用キーボードです。

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac PD-KB220MA

使いやすいキー配列のMac用キーボードです。プログラマーに長年愛用されてきたモデルで、キーにメンブレン式を採用しています。静音性が高く、キーストロークが深いしっかりとした打鍵感が特徴です。

配列がmacOS仕様のため、スムーズに使えるのも魅力。commandキーやoptionキー、マルチメディアキーなどを純正と同様の位置に配置しています。

接続方法はUSBケーブルによる有線接続。本体の傾斜を2段階に調整でき、打ちやすい角度にできるのもポイントです。純正同様のMac配列でJIS配列の製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。