Macユーザーの方であれば、「キーボード」は純正のモノを使用している方が多いかもしれません。しかし、純正以外のいわゆる「サードパーティ製」のキーボードを選択肢のひとつにするのもおすすめ。純正キーボードにはない便利な機能が搭載されていたり、好みの打鍵感のモノが選べたりとメリットも豊富です。

そこで今回は、Mac向けキーボードのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

Mac向けキーボードの選び方

こだわりがなければ純正品がおすすめ

Mac向けキーボードは、こだわりがなければAppleによる純正のモノがおすすめ。純正ならではのMacに最適化された設計が魅力で、Macに調和するスマートなデザインもおしゃれです。特に、Macの洗練されたデザインを好んで使用している方は、純正のMac向けキーボードを選んでみてください。

見た目の統一感だけでなく、macOSとの連携がスムーズなので安心して使えるのもポイント。サードパーティ製のMac向けキーボードだと、macOSとの互換性に不満を感じる恐れもあります。

ただし、Appleが開発しているキーボードは種類が少ないため、打鍵感やデザインを選べません。細かな点まで使い心地にこだわるなら、サードパーティ製のモノも検討してみましょう。

キーボードの配列を確認

現在パソコンのOSはMacとWindowsの2つが主流であり、それぞれのOSによってキーボードの配列が若干異なります。市販のキーボードは大半がWindows向けに製造されているので、Mac向けキーボードを選ぶ際は配列がどちらのOSに対応したモノかしっかりとチェックすることが大切です。

特に、Mac特有のcommandキーやoptionキーを搭載しているかどうかは重要なポイント。頻繁に使用するうえ、多くのMac用ソフトがこのキーを前提に設計されています。ほかにも記号など一部のキー配置がOSによって異なるため、注意が必要です。

なかには、これらのキーがなくても設定で機能を割り振れる製品も存在しますが、印字と機能が異なるので混乱してしまう恐れがあります。そのため、パソコン初心者の方は純正と同じ配列のモノを選ぶのがおすすめです。

また、Excelなどで数字入力を頻繁に行う方は、テンキーを搭載したキーボードも検討してみましょう。大量に数字を打ち込む作業でも、快適にタイピングできます。

ワイヤレスか有線かで選ぶ

キーボードをパソコン本体と接続するには、Bluetoothを利用したワイヤレス接続と有線接続の2通りが存在します。ワイヤレス接続はデスク上のコードを減らしすっきりと配置できるのが魅力です。

有線接続は、ワイヤレス接続に必要な充電や電池交換が不要なのがメリット。電波干渉を気にせず安定して文字入力を行えます。

掃除のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードはホコリなどの汚れが溜まりやすいアイテム。汚れたままで使い続けると故障の原因となる場合もあるため、清潔な状態を保てるように掃除しやすいキーボードを選ぶようにしましょう。

キーとキーの間隔が離れている「アイソレーションタイプ」のキーボードなら、隙間に入ったゴミを比較的ラクに掃除できるのでおすすめです。

その他の付加機能で選ぶ

By: logicool.co.jp

付加機能の有無でMac向けキーボードを選ぶのも大切なポイント。長時間連続で使用したい方には省電力機能を搭載したモデルが適しています。また、メディアの再生や音量調節などの操作をラクに行いたい場合は、マルチファンクションキー機能が搭載されているキーボードを選んでみてください。

Mac向けキーボードのおすすめ

アップル(Apple) Magic Keyboard テンキー付き 日本語 MRMH2J/A

アップル純正のMac向けキーボードです。テンキーを搭載しており、会計業務や表計算ソフトを利用する際に便利。また、重さは約0.39kgと軽量設計なのが特徴です。

操作性に優れているのも本製品の魅力のひとつ。本体全体に傾斜角が設けられているため、軽快にタイピングを行えます。さらに、充電式の電池を内蔵しており、フル充電の状態から最大約1か月以上の駆動を可能としたモデルです。

ロジクール(Logicool) MX KEYS for Mac KX800M

ワイヤレス接続が可能なキーボードです。USBレシーバーに加え、Bluetoothに対応しており、UBSポートが少ないMacBookにおすすめ。また、最大3台までのデバイスを接続できるほか、デバイス間を自由に切り替えられる「Easy-switchキー」を備えているのも魅力です。

丸みのあるキーエッジによって、しっかりとした打鍵感を得られます。さらに、すべてのキーに対してコーティングが施されているため、軽快なタイピングが可能。US配列を採用しており、プログラミング用途にもおすすめのモデルです。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード AK-A7726121

タイピング性能を重視する方におすすめのキーボードです。キーを入力するに音が発生しにくい静音タイプであるのに加え、音量調節や検索ができるショートカットキーを使用できます。また、 284×122×18.5mmのスタイリッシュなデザインで、カバンやリュックのスペースを取ることなく収納可能です。

バッテリー性能に優れているのも魅力。単4形乾電池2本による駆動で、省エネモード設定時に最大3ヵ月以上の連続使用に対応しています。さらに、Mac・Windows・iOS・Androidの各OSとの互換性を有しており、1台でさまざまなデバイスに接続できるモデルです。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK22

充電式リチウム電池を内蔵したキーボードです。280mAhの大容量バッテリーを採用しており、フル充電の状態から最大90時間以上の連続使用が可能。また、30分間操作をしていないと自動でスリープモードに切り替わるため電力消耗を抑えられます。

パンタグラフ方式を採用しているのも魅力のひとつです。1.8mmの浅いキーストロークによって、長時間タイピング作業をして手や腕に疲れが残りにくいのも特徴。さらに、テンキーを採用しており、表計算ソフトや会計作業にも便利なモデルです。

BoYata ワイヤレスキーボード BO-NJP-GR

USB Type-C変換コネクターが付属したキーボードです。2.4GHzのワイヤレス規格を採用。本体全体に10°の傾斜角が設けられたデザインで、長時間の作業でも疲れにくいのが特徴です。

キーボード裏面には亜鉛メッキ鋼板を採用しており、長期間の使用による腐食などを防ぎやすいのも魅力。298×136mmのコンパクトサイズに加え、最も薄い部分は4mmに抑えられたスタイリッシュなモデルです。

VENTCY Bluetoothキーボード 88407JP

高級感のあるキーボードです。表面は指紋や汚れが付着しにくいマットな質感で、清潔に使用できます。折りたたみ可能で、携帯性にも優れているのも魅力です。

本体にはタッチパッドを搭載。マウスのように操作できるため、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットを使用する際にも便利です。また、500万回の打鍵に耐えられる設計で、長期にわたって使用したい方にも適しています。

充電式のリチウム電池を採用しているのも魅力。さらに、フル充電の状態から最大48時間の連続使用に対応しているほか、本体を開閉することで自動で電源が切り替わる省エネ設計を採用しています。静音タイプで、図書館やカフェでも作業に集中しやすいモデルです。

Ewin Bluetoothキーボード EW-ZR050B

2つに折りたためるキーボードです。サイズは145×99×12mmとコンパクトで、カバンやリュックに入れてもかさばりにくいのが特徴。また、高級感のあるレザーを採用しており、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

ロングバッテリーなのも魅力。フル充電から最大60時間の連続使用に対応しており、出張や旅行で持ち出す際に電池切れを気にせず作業に集中できます。さらに、最大3台までのデバイスに登録可能であるほか、ワンタッチで接続先を切り替え可能。複数のパソコンを使い分けている方にもおすすめのモデルです。

SHEYI USB有線キーボード SYWS0052

パンタグラフ方式を採用したキーボードです。柔らかいキータッチで、タイピングしやすいのが特徴。また、本体底面の4カ所に滑り止め加工が施されているため、安定したキー入力を行えます。

金属製のパネルを採用しており、MacBookシリーズにも合わせやすいデザインなのもポイント。USBケーブルを差し込むだけで使用できるタイプで、専用ドライバーのインストールなど煩わしい設定が不要なモデルです。

Macally 有線キーボード SLIMKEYCA

快適なタイピングを行えるキーボードです。本体全体に傾斜を設けているほか、静音性に優れたシザー式スイッチを採用しており、スムーズなキー入力が可能。さらに、切り取りやコピーといった13個のショートカットキーが取り付けられているため、作業効率を向上させたい方におすすめです。

140cmのロングUSBケーブルを備えているのもポイント。パソコンから離れた場所からでも設置できるほか、入力遅延などが起きにくく安定性に優れています。サイズは112×47×70mmとスタイリッシュで、省スペースで設置できるモデルです。