パソコンなどで使用するキーボードのうち、多くのノートパソコンで導入されている「パンタグラフキーボード」。数多くのモデルが販売されていますが、タイプなどが異なるため、自分にとって使いやすい製品を選ぶのが重要です。

そこで今回は、パンタグラフキーボードの選び方とおすすめモデルをご紹介。ワイヤレスと有線、さらにはテンキーの有無についても分けて製品をピックアップしているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パンタグラフとは?

By: rakuten.co.jp

パンタグラフとはキーボードにおける内部構造のひとつ。伸び縮みする仕組みのことで、4つの稼働するリンクがひし形になるように組み合わさったモノを指します。

もともとは、この仕組みを用いた「製図用具」を指す名称として使用されたのが由来で、日本では1900年代前半頃から電車の集電装置にも採用されています。

また、身近なところではおもちゃの「マジックハンド」や「ジャッキ」などにもパンタグラフの仕組みが活用されており、現在では分野を問わず幅広い用途で使用されているのが特徴です。

パンタグラフキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、主にノートパソコンで採用されている方式。タイプしたときにキー全体に力が伝わるので安定した打鍵感があるほか、キーストロークが浅いのも特徴です。

タイプ位置が多少ズレていてもひっかかりが少なく、確実にタイピングができるのもポイント。パンタグラフキーボードには軽量で薄型の製品が多いため、外出先での使用や頻繁に持ち運びたいと考えている方にもおすすめです。

また、キーストロークが浅いので静音性が高いのも魅力。オフィスや公共施設での使用にも適しています。特に、ノートパソコンでのタイピングに慣れている方や軽快にタイピングできる製品を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

By: sanwa.co.jp

パンタグラフキーボードの接続方法には、パソコンにケーブルで接続して使用する有線タイプと、USBレシーバーやBluetoothを使ったワイヤレスタイプの2種類があります。

有線タイプのパンタグラフキーボードであれば、ケーブルを通してパソコンから給電できるため、電池交換やバッテリーの充電をする必要がありません。また、動作が安定しやすいのもメリットです。

一方、ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボードは、ケーブルを使用しないので煩わしさがなく、移動や収納も簡単。ただし、ワイヤレス接続の特性上、接続が不安定になる場合もあるため留意しておきましょう。

パンタグラフキーボードを購入する際には、接続の安定性を重視するかや、持ち歩いて使用することが多いかなど、よく使用するシーンを明確にして選んでみてください。

テンキーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードには、テンキーがあるタイプとないタイプがあります。テンキーが採用されたモデルであれば、表計算ソフトなどを使う際に、数字入力などの作業をしやすいのがメリット。ただ、キーボード本体のサイズが大きくなるため、デスクスペースを占有してしまう点はデメリットです。

一方、テンキーが採用されていない製品は、表計算ソフトを使った作業のしやすさは劣りますが、本体サイズはコンパクト。デスクのスペースも十分に確保できるほか、持ち運び時もスマートです。

対応可能なOSで選ぶ

パンタグラフキーボードのなかには、WindowsやAndroid、Macといった複数のOSに対応できるモデルもあれば、特定のOSにのみ対応した製品もあります。

もし、普段使っているパソコンのOSと購入したパンタグラフキーボードの対応OSが異なる場合、キーボード側が正しく動かない可能性があるため注意が必要。パンタグラフキーボードを購入する際には、対応OSもしっかりとチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーあり

ロジクール(Logicool) MX Keys KX800

クリエイターやプログラマー向けに開発されたパンタグラフキーボードです。ロジクールが過去のキーボード製造で培った技術が採用されており、滑らかで精確なキーストロークが実現されています。

キートップは球状にくぼんでおり、指先にフィットしやすい仕様。滑るようなタイピングができるよう、つや消しコーディングが施されているのもポイントです。本製品には近接センサーが内蔵されているので、指が近づくとバックライトが自動で点灯。明るさは、キーボードを使用する環境にあわせて自動調節されます。

最大3台のデバイスとマルチペアリングでき、「Easy-Switchボタン」で簡単に接続デバイスを切り替えられる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) 無線薄型フルキーボード TK-FDM110TX

サクサクと軽い打鍵感が楽しめるパンタグラフキーボードです。レシーバーをパソコンのUSBポートに挿し込んで接続する仕様。1円玉サイズのマイクロレシーバーを採用しているので、隣のUSBポートを邪魔しにくくなっています。

本製品のキーストロークは、素早いキー入力がしやすい2.5mm。JIS規格準拠の標準日本語配列を採用しているのもポイントです。ボリューム調節やメディアプレーヤーの再生、停止などは、12種類のマルチファンクションキーを使ってワンプッシュで行えます。

単4乾電池1本で駆動し、約2年間電池交換せずに使える点もおすすめです。

サテチ(Satechi) BLUETOOTH WIRELESS SMART KEYBOARD WITH 4-DEVICE SYNC ST-BWSKMS

Mac用に開発された英語配列のパンタグラフキーボードです。約10mの距離まで接続できるBluetoothを採用しており、最大4台のデバイスとマルチペアリングが可能。キーボード上部には、ボリュームの調節やメディアプレーヤーのコントロールが簡単に行えるメディア&ファンクションキーも搭載されています。

本製品は単4乾電池2本で駆動し、バッテリーを節約するための自動スリープ機能も搭載。デザイン性が高くiMacやMacbookとの相性がよい点もおすすめです。

スリーイーホールディングス Bluetooth キーボード TENPLUS 3E-BKY7OF

テンキーつきにも関わらず、折りたためるパンタグラフキーボードです。テンキー部分とキーボード反対側部分を中央に向けて折りたためば、コンパクトにして携帯可能。ボディには軽量かつ頑丈なアルミ素材を採用しており、重さは約194gと楽に持ち運べます。

キーボードの開閉にあわせて、自動で電源がON、OFFする機能も便利。スマホスタンドとして使える専用ケースが付属している点もおすすめです。

アイクレバー(iClever) ワイヤレスキーボードマウスセット JIS配列 IC-BK22Combo

2.4G無線で接続する日本語配列のパンタグラフキーボードです。レシーバーを1つ挿し込むだけで、キーボードと付属のマウス両方をパソコンに接続可能。2.4GHzワイヤレステクノロジーにより、電波の影響を受けにくく、安定した操作が接続できます。

キーピッチは19mm確保されており、キーストロークは1.8mmと浅いので素早いタイピングが可能。1回のフル充電で約90時間連続使用できる点もおすすめです。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーなし

エレコム(ELECOM) Bluetoothキーボード TK-FBP102BK/EC

リーズナブルな価格で購入できる携帯性に優れたパンタグラフキーボードです。最薄部の厚みが約6.5mmなので、鞄に収まりやすく気軽に持ち運べるのがメリット。携帯時の負荷が軽い約264gという軽量設計も魅力です。

接続にはBluetoothを利用。専用ドライバのインストールは必要なく、簡単に接続できます。レシーバーなしで使用でき、最大3台でのデバイスとマルチペアリングできるので、パソコンだけでなくスマホやタブレットで利用する場合にもおすすめです。

コンパクトながら、キーピッチは19mm。日本語配列の79キーを採用しており、快適にタイピングできる仕様です。Webブラウザやメディアプレーヤーなどをワンプッシュで実行できるマルチファンクションキーも搭載。対応OSが、Windows OS・Android OS・macOS・iOSと幅広い点もメリットです。

ロジクール(Logicool) K380マルチデバイスBluetooth キーボード

薄型でデザイン性にも優れたパンタグラフキーボードです。カラー展開が豊富で好みのモノを選択でき、デスク上で個性を表現しやすいのが魅力。

Windows・macOS・Chrome OS・Android・iOSおよびApple TVでも使用可能。最大3台のデバイスとマルチペアリングできるので、パソコン・スマホ・タブレットなど、複数機器での使用にも最適です。

キートップが指先にフィットするようにくぼんでおり、タイピングのしやすさが考慮されているのもポイント。単4形アルカリ乾電池2本が付属しており、約2年間電池交換せずに使用できる点もおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSKBB310シリーズ BSKBB310

パソコン・PS4・iPad・iPhoneなどと接続できるパンタグラフキーボードです。Bluetoothを利用しており、ワイヤレスで最大10m離れた機器との接続が可能。最大3台のデバイスとマルチペアリングできるので、複数機器で使いたい場合にも最適です。

画面のロック・検索・音楽操作などをコントロールできるホットキーもキーボード上部に搭載。確実な入力感と軽快なキータッチを両立しているのも魅力です。

本体サイズは約285×120×23mmとコンパクト。重量280gほどなので気軽に持ち運べます。リーズナブルな価格で購入でき、初めてパンタグラフキーボードを購入する場合にもおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 折りたたみ式Bluetoothキーボード iOS対応 SKB-BT30

折りたたんで持ち運べるパンタグラフキーボードです。使用時のサイズは約313.4×92.8×7.4mmですが、製品の中央で折りたためば約155×92.8×14.8mmとコンパクトに携帯可能。重量が約126gと非常に軽いのもメリットです。

最大3台のデバイスとマルチペアリングできるので、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも使いたい場合におすすめ。ホーム画面表示やコピー&ペースト、音楽再生などがワンプッシュで簡単に行えるショートカットキーやペアリング切り替えボタンも搭載。

電池残量を目で見て確認できるLEDライトもついています。背面にはスウェード調の加工が施されており、鞄に入れて持ち運ぶ際にほかのモノを傷つけにくい点もおすすめです。

Ewin Bluetooth Keyboard EW-B009S

Windows・Android・iOS・macOSなどのシステムに対応できるリーズナブルなパンタグラフキーボードです。3台のデバイスでマルチペアリングでき、ワンタッチで切り替えて使えます。

本体重量が290gほどなので、頻繁に持ち運ぶ場合にも便利。単4乾電池2本で駆動し、不使用時には自動でスリープモードに入ります。キー配列は日本語を採用しているので、市販のパソコンに付属しているキーボードでの入力に慣れている場合にもおすすめです。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーあり

バッファロー(BUFFALO) BSKBU515シリーズ BSKBU515

深いキーストロークをもつパンタグラフキーボードです。パンタグラフ構造を採用しているにも関わらず、本製品のキーストロークは3.8mm。ブレの少ない操作性としっかりとした打ち心地を両立した製品です。

専用のソフトを利用すれば、テンキー上部の「プログラムホットキー」に好みのコマンドを登録可能。本体内蔵のフラッシュメモリーに設定した内容を保存しておけるのも魅力です。キーボード底面から伸びる接続ケーブルは、パソコンの設置場所にあわせて、中央・右・左の3方向から引き出し可能。

背面に角度調節スタンドが搭載されているのもポイントです。接続はUSBケーブルをつなぐだけなので簡単。パソコンだけでなく、PS4やPS3と接続して使える点もおすすめです。

クーガー(COUGAR) VANTAR CGR-WXNMB-VAN

8色のバックライトを搭載したパンタグラフキーボードです。ゲーミングキーボードらしいライティング機能を搭載。鮮やかなカラーが楽しめ、ゲームへの没入感を高められる仕様です。

ゲームで頻繁に使用される19種のキーには、同時押しが可能な「アンチゴースト機能」を搭載。音量調節や再生、ミュートなどが簡単にコントロールできるショートカットキーもついています。

また、W・A・S・Dキーと矢印キーの位置を変更できるので、右利きだけでなく左利きの方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) ILLUMINATED KEYBOARD K740

バックライトキーを採用したスリムデザインのパンタグラフキーボードです。明るく読みやすいキーを搭載しているので、夜間や暗い場所で作業する場合に最適。キーボード右上にある輝度キーを利用すれば、イルミネーションの明るさを3種類から変更できます。

パソコンとはUSBケーブルで接続するだけなので簡単。ケーブル長が約1.8mあるので、パソコンをデスク下に設置している場合に便利です。本製品にはパームレストが付属しており、長時間の使用時に手首にかかる負担を軽減可能。

スムーズで静かなタイピングができるロジクールの「Perfectstrokeキー」が採用されている点もおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL33

快適なタイピングがしやすいスタンダードなサイズのパンタグラフキーボードです。テンキーや矢印キーを搭載した日本語配列の112キーを採用。キーボード本体に傾斜がつけられており、タイピング時に手首や指にかかる負担を軽減できるのもポイントです。

接続はUSBケーブルを使用。パソコンのUSBポートに挿し込むだけで簡単に接続できます。テンキー上部には、音量調節ボタンやパソコンに標準で付属されている電卓ソフトを起動させるボタン、メディアプレーヤー操作ボタンなどが配置されているのもポイント。

対応OSはWindowsのみですが、低価格で購入できる使い勝手に優れたパンタグラフキーボードとしておすすめです。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーなし

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iPad用Lightningキーボード SKB-IP3

iPad用に設計されたコンパクトなパンタグラフキーボードです。接続ケーブルにLightningを採用しており、iPadやiPhoneに挿すだけで簡単に接続可能。Lightningケーブルから直接電源が得られる点も便利です。

本体サイズは約285×122×20mm。重量は305gほどなので、携帯性にも優れています。キー配列は日本語78キーを採用。キートップにアルファベットとカナの両方が印字されているので、カナ入力を使用する方にもおすすめです。

キーボード上部にホーム表示や画面の輝度調節、検索などの専用ボタンも搭載。AppleのMFi認証製品なので安心して使えるパンタグラフキーボードです。

エレコム(ELECOM) TK-FCP096シリーズ TK-FCP096

低価格ながら安定性に優れたパンタグラフキーボードです。本体サイズは約289.2×127.5×21.2mmとコンパクト。キートップ下に鉄板を内蔵しており、薄型ながらしっかりとした打鍵感が得られます。

OSは、WindowsとmacOSの両方に対応。メディアプレーヤーの操作や音量調節などが行える12種類のマルチファンクションキーを搭載しているのもポイントです。接続はUSBケーブルをつなぐだけなので簡単。専用ドライバのインストールも必要なく、パソコンに詳しくない方でも安心して購入できます。

また、キートップにスタイリッシュで見やすいエレコムオリジナルのフォントを採用している点もおすすめです。

レノボ(Lenovo) ThinkPad トラックポイント・キーボード英語 0B47190

レノボのノートパソコンに搭載されているキーボードと同じデザインを採用したモデル。中央にトラックポイント、テンキー下にクリックボタンを搭載しているので、マウスがなくても本製品のみでパソコン操作が行えます。

カナ表記のない英語配列を採用しており、アルファベットが見やすいのも特徴。接続は約1.5mのUSBケーブルをパソコンにつなぐだけなので簡単です。キーボードの角度調節が行えるチルト機能を搭載しているのもポイント。

ThinkPadキーボードでの入力に慣れている方はもちろん、トラックポイントでの操作性を試してみたい方にもおすすめです。

Jelly Comb JC-KBST02

有線マウスがセットになったコスパに優れたパンタグラフキーボードです。コンパクトなデザインのキーボードに加えて、シンプル設計のマウスが付属。低価格で購入できるので、費用をかけずにパソコン用の入力機器を揃えたい方におすすめです。

接続はUSBケーブルでつなぐだけなので簡単。浅いストロークで素早くタイピングでき、反発力も強くないので長時間作業時の負担も軽めです。付属のマウスは、DPIは800・15200・1600・2400で切り替え可能。

静音タイプのボタンが搭載されているので、夜間やオフィスなど静かな場所での作業にもおすすめです。

MOBO Keyboard AM-KTF83J

有線接続と無線接続の両方に対応したパンタグラフキーボードです。脱着可能のUSBケーブルでの接続に加え、Bluetoothによる接続も可能。2台のデバイスと接続できるマルチペアリングに対応しているのも魅力です。

使用時のサイズは約291×120×13mm。折りたたみ時は約166×120×15mmのコンパクトなサイズにして持ち歩けます。

パンタグラフキーボードのAmazonランキングをチェック

パンタグラフキーボードのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。