パソコンなどで使用するキーボードのうち、多くのノートパソコンで導入されている「パンタグラフキーボード」。数多くのモデルが販売されていますが、タイプなどが異なるため、自分にとって使いやすい製品を選ぶのが重要です。

そこで今回は、パンタグラフキーボードの選び方とおすすめモデルをご紹介。ワイヤレスと有線、さらにはテンキーの有無についても分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パンタグラフとは?

By: rakuten.co.jp

パンタグラフとはキーボードにおける内部構造のひとつ。伸び縮みする仕組みのことで、4つの稼働するリンクがひし形になるように組み合わさったものを指します。

もともとはこの仕組みを用いた「製図用具」を指す名称として使用されたのが由来で、日本では1900年代前半頃から電車の集電装置にも同構造を採用しています。

また、身近なところではおもちゃの「マジックハンド」や「ジャッキ」などにもパンタグラフの仕組みが活用されており、現在では分野を問わず幅広い用途で使用されているのが特徴です。

パンタグラフキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、主にノートパソコンで採用されている方式。タイプしたときにキー全体に力が伝わるので安定した打鍵感があるほか、キーストロークが浅いのも特徴です。

タイプ位置が多少ズレていてもひっかかりが少なく、確実にタイピングができるのもポイント。パンタグラフキーボードには軽量で薄型の製品が多いので、外出先での使用や頻繁に持ち運びたいと考えている方にもおすすめです。

また、キーストロークが浅いので静音性が高いのも魅力。オフィスや公共施設での使用にも適しています。特に、ノートパソコンでのタイピングに慣れている方や軽快にタイピングできる製品を探している方は、パンタグラフキーボードをチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

By: sanwa.co.jp

パンタグラフキーボードの接続方法には、パソコンにケーブルで接続して使用する有線タイプと、USBレシーバーやBluetoothを使ったワイヤレスタイプの2種類があります。

有線タイプのパンタグラフキーボードであれば、ケーブルを通してパソコンから給電できるため、電池交換やバッテリーの充電をする必要がありません。また、動作が安定するというのもメリットです。

一方、ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボードは、ケーブルを使用しないので煩わしさがなく、移動や収納も簡単。ただし、ワイヤレス接続の特性上、接続が不安定になる場合もあります。

パンタグラフキーボードを購入する際には、接続の安定性を重視するかや、持ち歩いて使用することが多いかなど、よく使用するシーンを明確にして選びましょう。

テンキーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードには、テンキーが付いているタイプと付いていないタイプがあります。テンキーが採用されたモデルであれば、表計算ソフトなどを使う際に、数字入力などの作業がしやすいのがメリット。ただ、キーボード本体のサイズが大きくなるため、デスクスペースを占有してしまう点はデメリットです。

一方、テンキーが採用されていない製品は、表計算ソフトを使った作業のしやすさは劣りますが、本体サイズはコンパクト。デスクのスペースも十分に確保できるほか、持ち運び時もスマートです。

対応可能なOSで選ぶ

パンタグラフキーボードのなかには、Windows・Android・Macといった複数のOSに対応できるモデルもあれば、特定のOSにのみ対応した製品もあります。

もし、普段使っているパソコンのOSと購入したパンタグラフキーボードの対応OSが異なる場合、キーボード側が正しく動かない可能性があるため注意が必要。パンタグラフキーボードを購入する際には、対応OSもしっかりとチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーあり

ロジクール(Logicool) アドバンスド ワイヤレスキーボード MX KEYS KX800

ロジクール(Logicool) アドバンスド ワイヤレスキーボード MX KEYS KX800

クリエイターやプログラマーの意見を基に開発された高性能なパンタグラフキーボード。外観には高級感のあるガンメタルカラーが採用されています。同社が長年培ってきた技術を駆使して設計された「Perfect Strokeキー」を採用しているのも特徴。滑らかなキーストロークと精確な打ち心地を体感できるのが特徴です。

また、キーが指先にフィットするため、球状に窪んでいるのもポイント。本体は単一のメタルプレートで覆われているので、耐久性が高いのも魅力です。バックライトの明るさは自動と手動での調節に対応しており、近接センサーによりバックライトを自動で点灯や消灯ができるので、バッテリーの節約にも役立ちます。

充電にはUSB Type-Cを使用し、バッテリー容量は最大10日間と大容量。バックライトを使用しなければ最大5か月間充電をせずに使い続けられます。さらに同社の無料ソフト「Logicool Options」を使用すれば、キーの割り当てなどのカスタマイズやバッテリー残量の確認が可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL33

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL33

オフィスでの使用に最適なシンプルなデザインのパンタグラフキーボード。標準的なキーボードと同じ19mmのキーピッチが採用されているので、汎用性が高いのが魅力です。

また、本体に傾斜がついているのもポイント。より快適なタイピングができるよう配慮しています。接続にはUSBレシーバーを使用し、受信距離は最大10m。電源には単4電池2本を使用します。

ナムロックキーのオンとオフが一目で分かるLEDライトが搭載されているのも便利な点。デバイスと接続する際に使用するレシーバーは本体内に収納することが可能なので、使い勝手も良好です。

アップル(Apple) Magic Keyboard

アップル(Apple) Magic Keyboard(テンキー付き)

By: apple.com

スタイリッシュなデザインが特徴のパンタグラフキーボード。iMacなどのアップルのデバイスを使用している方に最適な製品です。

設定やドライバーのインストールなど多少の手間は必要ですが、Windowsでも使用可能。キーの高さが低くキーストロークが浅いので軽いタッチで軽快なタイピングができます。

カラーはホワイトとスペースグレイの2種類をラインナップ。充電にはiPhoneと同様にLightningケーブルから行い、1回の充電で1か月以上使用できるのも魅力です。

本体にはなだらかな傾斜があり、より快適なタイピングが可能。矢印キーがタイプしやすいフルサイズなのもポイントです。アップルのデバイスで快適に使用できる高品質な製品を求めている方はしっかりとおさえておきましょう。

アイクレバー(iClever) Bluetooth5.1キーボード IC-BK15

アイクレバー(iClever) Bluetooth5.1キーボード IC-BK15

テンキー付きの薄型キーボード。人間工学に基づいた設計により、快適でスムーズなタイピングができるのが特徴です。

iOS・Android・Windows・macOSに対応しているので、さまざまなデバイスで幅広く使用できるのが魅力。表面はマットな仕上がりで、裏面には耐久性に優れた亜鉛メッキ銅板を採用しています。

充電にはmicro USBを使用し、フル充電状態で約90時間の連続使用が可能。30分間操作がなければ自動でスリープモードに入るので、充電の節約にも役立ちます。

最大3台のデバイスと同時に接続でき、Fnキーと数字キーの同時押しで切り替えが可能です。キーピッチは広々とした約19mmのフルサイズ仕様。比較的低価格ながらもしっかりと造り込まれたおすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

ロジクール(Logicool) CRAFT KX1000s

クリエイティブな作業に最適なパンタグラフキーボード。本体の左上部分に「クリエイティブ入力ダイヤル」が搭載されているのが特徴です。ダイヤルの機能は用途に合わせてカスタマイズができ、普段の操作からイラスト制作などのクリエイティブな作業まで幅広い場面で役立ちます。

接続はBluetoothとUSBレシーバーでの無線接続に対応。最大で3台の同時接続に対応しており、ボタンひとつで切り替えも可能です。キートップには丸い窪みがあり、指がフィットするのもポイント。タイピングが安定するよう、使い勝手に配慮しています。

充電用にUSB Type-C端子を備え、フル充電状態で約1週間の連続使用が可能。バッテリー残量が減るとインジゲーターが赤く点灯して知らせてくれるのもポイントです。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーなし

Ewin 折りたたみ式ワイヤレスキーボード EW-ZR050

Ewin 折りたたみ式ワイヤレスキーボード EW-ZR050

持ち運びに便利な折りたたみ式のパンタグラフキーボード。重量は約157gと軽量で、外装にはおしゃれで高級感のあるレザー素材が使用されています。

Bluetoothによるワイヤレス接続なのでさまざまなデバイスと接続可能。また、一度ペアリングしたデバイスとは自動で接続されるので便利です。

コンパクトなサイズながらキーピッチは約18mmと、タイピングスペースをしっかりと確保しているのもポイント。バッテリーの駆動時間は1回の充電で最大約60時間の連続使用が可能とスタミナも十分です。

付属品としてスマホ用のスタンドが同梱するのもポイント。軽量でコンパクトな製品を探している方におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) コンパクトキーボード BSKBB310

バッファロー(BUFFALO) コンパクトキーボード BSKBB310

WindowsやAndroid、iOS、macOSなどに加え、PS4への接続にも対応するパンタグラフキーボード。同時に3台のデバイスと接続でき、手元で簡単に切り替えが可能なほか、最大10m離れても接続を維持できるのが特徴です。

コンパクトサイズながらもキーピッチは19mmとフルサイズ仕様。さらに、キーとキーの間が離れているアイソレーションキーを採用しているので、爪が長くてもタイピングしやすく、打ち間違いを軽減できます。

また、Android端末やiPadなどのiOS端末との接続時に便利なホットキーが搭載されているのも魅力のひとつ。画面ロックやホームボタンの役割を果たしてくれます。また、価格がリーズナブルなのもポイント。シンプルなデザインなのでオフィスでの使用にも最適なアイテムです。

エレコム(ELECOM) 超薄型ミニキーボード TK-FBP100

エレコム(ELECOM) 超薄型ミニキーボード TK-FBP100

ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボード。Windows・Android・iOS・macOSのそれぞれに対応した入力モードを備えているので、さまざまなデバイスで安心して使用できます。本体は最薄部6.5mmの薄型設計。軽量かつコンパクトなので持ち運びや外出先での使用にも最適です。

コンパクトながらもキーピッチは19mmと標準的なサイズなので、手や指の大きさを気にすることなく使用することが可能。上部に搭載された便利な13種類のマルチファンクションキーを活用すれば、より効率的に操作できます。

キートップには見やすさを考慮したオリジナルフォントの文字を印字。また、同社の独自アプリ「ELECOM Keyboard layout」を使用すれば、キーボードの印字通りにAndroid端末でキー入力ができます。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式 ワイヤレスキーボード IC-BK11

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式 ワイヤレスキーボード IC-BK11

角度調節が可能なスマホスタンドを搭載したパンタグラフキーボード。本製品は折りたためるほか、付属品として専用のポーチが同梱しているので、持ち運びにも便利です。

アルミ素材を採用した優れた耐久性も魅力。表面はスタイリッシュで高級感のあるマットな仕上がりです。デバイスの接続できる数は最大3台。バッテリーはフル充電の状態で最大約60時間の連続使用が可能なので、外出先でも安心して使用することが可能です。

バッファロー(BUFFALO) モバイルワイヤレスキーボード BSKBB708BK

バッファロー(BUFFALO) モバイルワイヤレスキーボード BSKBB708BK

ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボード。最大3台のデバイスと同時に接続でき、WindowsやAndroid、iOS、macOSなど、主要なOSに幅広く対応しています。

向かって左側に搭載された静電スイッチからワンタッチでデバイスの切り替えができるのも特徴。また、Android端末やiPadなどのiOS端末と接続した際に便利なホットキーが搭載されているので、画面のロックや音量の調節をキーボードから直接行えます。

軽量かつコンパクトながらキーピッチは17.5mmと比較的余裕があるので快適なタイピングが可能。10インチサイズまでのタブレットに対応した、スタンドとしても使用できる保護ケースが付属するのもポイントです。

タブレットやスマホなどのモバイルデバイスとの接続に最適なモデルなので、安心して持ち運べるアイテムを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーあり

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL33BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL33BK

有線接続タイプのパンタグラフキーボード。本体には最適な角度の傾斜がついているのでラクな姿勢で快適なタイピングができます。ケーブルの長さは約1.6mあるので、パソコン本体の位置がデスクからある程度離れていても接続することが可能です。

キーピッチは19mmのフルサイズ仕様で使いやすく、余裕をもってタイピングができます。テンキーに加え、音量の調節や電卓の起動などを素早く行えるファンクションキーが搭載されているのもポイント。基本的な性能を備えたシンプルな製品を探している方におすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) ディープストロークパンタグラフキーボード BSKBU510BK

バッファロー(BUFFALO) ディープストロークパンタグラフキーボード BSKBU510BK

パンタグラフ構造を採用しながらも、3.8mmの深いキーストローク仕様となっている有線接続タイプのキーボード。パンタグラフキーボードのメリットであるブレのない安定した操作性はそのままに、しっかりとした手応えのあるタイピングができるのが特徴です。

外観はシンプルでLEDなどの装飾もないので、仕事やオフィスでの使用に最適。向かって右上に搭載された4つの「プログラマブルホットキー」は、専用アプリで任意のキーを割り当てるなどのカスタマイズができます。

底面にはケーブルを3方向から引き出せるケーブルガイドを搭載。パソコン本体の設置場所に合わせて調節できるので便利です。角度調節スタンドが搭載されているのも魅力のひとつ。使い勝手のよいおすすめ製品です。

ロジクール(Logicool) イルミネートキーボード K740

ロジクール(Logicool) イルミネートキーボード K740

厚さ9.3mmのスリムなデザインが特徴の有線接続タイプのパンタグラフキーボード。オレンジ色のファンクションキーがひときわ目立つ、外観にもこだわった製品です。

手首を置くパームレスト部分が広くなっているのも特徴。柔らかい触感なので長時間使用に配慮しているのも魅力です。

バックライトが搭載されているので暗い環境でのタイピングにも最適。右上隅の輝度キーから明るさを3段階で調節でき、不要であれば無効にもできます。デリートキーのサイズが大きくなっているのもポイントです。

また、スペースキー列のキーが盛り上がった形状をしているので、打ち間違いの軽減できるのも魅力のひとつ。ショートカットキーは同社の専用ソフト「ロジクールSetPoint」に対応しており、好みに合わせてカスタマイズすることも可能です。

クーガー(COUGAR) ゲーミングキーボード VANTAR CGR-WXNMB-VAN

クーガー(COUGAR) ゲーミングキーボード VANTAR CGR-WXNMB-VAN

パンタグラフ構造を採用したゲーミングキーボード。長さ約132mmというフルサイズキーボードとしてはスリムなデザインを採用しているのが特徴です。

「W」「A」「S」「D」のキーと矢印キーの役割を入れ替えられる「左利き用オプション」が搭載されているのも魅力。主にゲームで頻繁に使用する19キーには「アンチゴースト機能」が搭載されているので、同時押しも容易です。

イルミネーションは8色のバックライトと8種類のエフェクトに対応。キー入力で簡単に切り替えられるので好みや気分に合わせて気軽に設定できます。

また、キーボードフレームにもイルミネーションを搭載。ゲーミング用途向けのパンタグラフキーボードを探している方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) 有線超薄型コンパクトキーボード TK-FCP097BK

エレコム(ELECOM) 有線超薄型コンパクトキーボード TK-FCP097BK

最薄部6.5mmと薄型のパンタグラフキーボード。WindowsとmacOSのそれぞれに最適化した入力モードを備えているので、どちらのOSでもしっかりと対応できるのが特徴です。

コンパクトながらも19mmのキーピッチを備えているので、余裕をもってタイピングできるのも魅力。12種類の豊富なマルチファンクションキーが搭載されているので、ボリュームの操作などをキーボードから手を離さずに操作できるので便利です。

価格がリーズナブルなのもポイント。安価なパンタグラフキーボードを探している方におすすめの製品です。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーなし

バッファロー(BUFFALO) コンパクト有線キーボード BSKBU305BK

バッファロー(BUFFALO) コンパクト有線キーボード BSKBU305BK

一般的なフルキーボードからテンキーを省略したパンタグラフキーボード。キーピッチは19mmなので、一般的なノートパソコンと同様の使用感でタイピングができるのが特徴です。

また、キーがひとつずつ独立している「アイソレーションデザイン」が採用しているのもポイント。間違えて隣のキーを押してしまうミスを軽減できます。

価格が抑えめなのもポイント。デスク周りをスッキリさせたい方やテンキーを必要としない方におすすめの製品です。

エレコム(ELECOM) ミニ有線パンタグラフキーボード TK-FCP082BK

エレコム(ELECOM) ミニ有線パンタグラフキーボード TK-FCP082BK

Windows・Android・macOSに最適化したパンタグラフキーボード。キーピッチが19mmのフルサイズ仕様なので、広々とした快適なタイピングが可能です。

音量などをキーボード上で操作できる13種類のファンクションキーが搭載されているのもポイント。中央・右側・左側にケーブルの引き出し口が搭載されているので、環境に合わせてセッティングすることができます。

「1000万回高耐久キー」を謳うほど高い耐久性が期待できるのも魅力。また、使用しないときは本体を立てて収納できるので、デスク周りの省スペース化にも役立ちます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL32BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL32BK

傾斜をつけたパンタグラフキーボード。奥のキーでも手が届きやすいように配慮されているのが特徴です。最薄部は約6mmで、幅は約288mmのコンパクトサイズ。角度調節スタンドが搭載されているので、好みに合った角度でタイピングできます。

ボリュームの調節などに便利なファンクションキーを備えているのもポイント。キーピッチは18mmと比較的余裕のあるサイズなので快適な入力ができます。

また、サイズの大きなエンターキーを備えているのも魅力。シンプルなデザインかつ抑えめな価格ながらも細部にこだわったおすすめの製品です。

Macally 有線キーボード SLIMKEYCA

Macally 有線キーボード SLIMKEYCA

WindowsとmacOSに対応した有線接続タイプのパンタグラフキーボード。コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴です。

13種類のショートカットキーが搭載されているので、より効率のよいタイピングが可能。Caps Lockや電源のオンオフが確認できるLEDライトが本体上部に搭載されているので、しっかりと目視で確認できるのもポイントです。

カラーはシルバーとホワイトの2色がラインナップ。本体には緩やかな傾斜がついているので、快適に文字の入力ができるのも魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) USB接続有線キーボード IS-KBJ

アイ・オー・データ(I-O DATA) USB接続有線キーボード IS-KBJ

テンキーを省いたコンパクトなデザインのパンタグラフキーボード。アイソレーションキーを採用しているので文字を入力しやすく、タイプミスの軽減にも役立っています。

キートップには「かな」の表記がないシンプルな仕様。また、コンパクトながらもキートップは19mmと標準的なサイズなので、ストレスなく快適にタイピングができるのも魅力です。

パンタグラフキーボードのAmazonランキングをチェック

パンタグラフキーボードのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。