パソコンなどで使用するキーボードのうち、多くのノートパソコンで導入されている「パンタグラフキーボード」。数多くのモデルが販売されていますが、タイプなどが異なるため、自分にとって使いやすい製品を選ぶのが重要です。

そこで今回は、パンタグラフキーボードの選び方とおすすめモデルをご紹介。ワイヤレスと有線、さらにはテンキーの有無についても分けて製品をピックアップしているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パンタグラフとは?

By: rakuten.co.jp

パンタグラフとはキーボードにおける内部構造のひとつ。伸び縮みする仕組みのことで、4つの稼働するリンクがひし形になるように組み合わさったものを指します。

もともとはこの仕組みを用いた「製図用具」を指す名称として使用されたのが由来で、日本では1900年代前半頃から電車の集電装置にも同構造を採用しています。

また、身近なところではおもちゃの「マジックハンド」や「ジャッキ」などにもパンタグラフの仕組みが活用されており、現在では分野を問わず幅広い用途で使用されているのが特徴です。

パンタグラフキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードは、主にノートパソコンで採用されている方式。タイプしたときにキー全体に力が伝わるので安定した打鍵感があるほか、キーストロークが浅いのも特徴です。

タイプ位置が多少ズレていてもひっかかりが少なく、確実にタイピングができるのもポイント。パンタグラフキーボードには軽量で薄型の製品が多いため、外出先での使用や頻繁に持ち運びたいと考えている方にもおすすめです。

また、キーストロークが浅いので静音性が高いのも魅力。オフィスや公共施設での使用にも適しています。特に、ノートパソコンでのタイピングに慣れている方や軽快にタイピングできる製品を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

By: sanwa.co.jp

パンタグラフキーボードの接続方法には、パソコンにケーブルで接続して使用する有線タイプと、USBレシーバーやBluetoothを使ったワイヤレスタイプの2種類があります。

有線タイプのパンタグラフキーボードであれば、ケーブルを通してパソコンから給電できるため、電池交換やバッテリーの充電をする必要がありません。また、動作が安定しやすいのもメリットです。

一方、ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボードは、ケーブルを使用しないので煩わしさがなく、移動や収納も簡単。ただし、ワイヤレス接続の特性上、接続が不安定になる場合もあるため留意しておきましょう。

パンタグラフキーボードを購入する際には、接続の安定性を重視するかや、持ち歩いて使用することが多いかなど、よく使用するシーンを明確にして選んでみてください。

テンキーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パンタグラフキーボードには、テンキーが付いているタイプと付いていないタイプがあります。テンキーが採用されたモデルであれば、表計算ソフトなどを使う際に、数字入力などの作業をしやすいのがメリット。ただ、キーボード本体のサイズが大きくなるため、デスクスペースを占有してしまう点はデメリットです。

一方、テンキーが採用されていない製品は、表計算ソフトを使った作業のしやすさは劣りますが、本体サイズはコンパクト。デスクのスペースも十分に確保できるほか、持ち運び時もスマートです。

対応可能なOSで選ぶ

パンタグラフキーボードのなかには、WindowsやAndroid、Macといった複数のOSに対応できるモデルもあれば、特定のOSにのみ対応した製品もあります。

もし、普段使っているパソコンのOSと購入したパンタグラフキーボードの対応OSが異なる場合、キーボード側が正しく動かない可能性があるため注意が必要。パンタグラフキーボードを購入する際には、対応OSもしっかりとチェックしておきましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーあり

アップル(Apple) Magic Keyboard MQ052J/A

アップル純正のパンタグラフキーボードです。MacBookを愛用している方に適したモデル。書類を高速でスクロールできるキーや押しやすい大型の矢印キーなど、快適に操作するための設計が施されています。

外出時はMacBook単体で軽快に、自宅やオフィスでは「Magic Keyboard」を繋いで効率的に作業を進める、といった使い方におすすめです。電源は充電方式を採用。1度フル充電すると約1ヶ月以上も使用できるのも魅力です。

フルサイズのキーボードにも関わらず、厚さはわずか10.9mmと薄型なのもポイント。Macパソコンだけでなく、iOSを搭載したiPhoneやiPadでも使えます。

エレコム(ELECOM) Bluetoothコンパクトキーボード TK-FBP101

エレコム(ELECOM) Bluetoothコンパクトキーボード TK-FBP101

Bluetoothで接続するタイプのパンタグラフキーボードです。最薄部が6.5mmとスタイリッシュなデザインが特徴。薄型ながらキートップの下に鉄板を配置することで、高い安定感を実現しています。しっかりとした打ち心地が好みの方にもおすすめのモデルです。

マルチペアリングに対応しているのもポイント。最大3台のデバイスとペアリングができ、ボタン操作で簡単に切り替えることが可能です。

Windowsをはじめ、Mac OS、iOS、Android OSに対応しているのも魅力。複数の異なるOSを搭載したパソコンを使用している方でも、安心して購入できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL22

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレススリムキーボード SKB-WL22

できるだけサイズの小さいテンキー付きモデルが欲しい方におすすめの製品です。19mmのキーピッチを採用したフルサイズモデルながら、横幅345mmとコンパクト。タイピングがしやすいうえ、机の上が広く使えるので便利です。

周波数2.4GHzで接続するワイヤレス方式を採用しています。レシーバーは小型のため、パソコンのUSBポートに差しておいても邪魔になりません。携帯時には本体裏面に収納できるので紛失を防げます。

未使用時にはディスプレイ下などに立てかけておくことも可能。パソコン以外の作業をするようなシーンで重宝します。

Arteck ワイヤレスキーボード

Arteck ワイヤレスキーボード

パソコンのUSBポートに2.4GHzのレシーバーを差して接続する、ワイヤレスタイプのパンタグラフキーボードです。Bluetooth接続に対応していない、デスクトップパソコンを使用している方にもおすすめのモデル。使わないときにはレシーバーを本体裏面にしまえるので、持ち運ぶ際にも重宝します。

電源はUSB充電方式を採用。フル充電で6ヶ月程度使えるため、頻繁に充電をする必要はありません。裏面には滑り止めのシリコンを備えているので、安定してタイピング作業を行うことが可能です。

iClever ワイヤレス キーボード IC-BK22

iClever ワイヤレス キーボード IC-BK22

USB充電式のパンタグラフキーボードです。フル充電で90時間以上の連続使用が可能。頻繁に充電を行う必要がないので便利です。30分間使用しないと自動でスリープモードに切り替わるため、バッテリーを無駄に消費しません。任意のキーを押すだけで簡単に復帰できます。

スタンバイ状態であればおよそ3ヶ月間もバッテリーを維持できるなど、高い省電力性能も魅力。最薄部が3.95mmの薄型デザインを採用しています。おしゃれなオフィスにもよく映える、スタイリッシュな外観のパンタグラフキーボードを探している方はチェックしてみてください。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|ワイヤレス・テンキーなし

アップル(Apple) Magic Keyboard MLA22J/A

数字入力の機会が少ない方におすすめの、アップル純正パンタグラフキーボードです。テンキーのないコンパクトなモデル。机の上をできるだけ広く使いたい方にも適しています。Bluetooth接続に対応しており、Macパソコンとなら自動でペアリングができるので便利です。

適度なストロークと正確で快適な打ち心地が魅力。キーボードが付属していない「Mac mini」との相性も良好のため、純正品にこだわる方はぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBP102X

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBP102X

最薄部が6.5mm、重量が264gの薄型で軽量なパンタグラフキーボードです。テンキーレスのコンパクトなデザインのため持ち運びも簡単。通勤の際に携帯でき、カバンの中でもかさばりません。

自宅・オフィスとも、同じ感覚でタイピングを行いたい方にもおすすめのモデルです。Bluetooth接続に対応しており最大3台の機器とペアリングが可能。一度ペアリングをしておけば、ボタン1つですぐに繋がるので便利です。

19mmのキーピッチを採用しているため、窮屈感なく軽快に入力作業が行えます。また、マルチファンクションキーを搭載しているのもポイント。音楽の再生・停止をはじめ、音量の調節といった機能にアクセスしやすいので重宝します。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K480

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K480

パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも使いやすいおすすめのモデルです。Windows・Mac・iOS・Androidの各OSに対応。最大3台の機器とBluetooth接続ができます。デバイスの切り替えにはダイヤル式のスイッチを採用しており、接続している機器が一目でわかるので便利です。

キーボード上部にスリット状のスタンドを設けているのもポイント。スマホやタブレット端末を立てて、タイピング行うことが可能です。本体とモバイルデバイスがあれば、どこでもすぐに入力できるため重宝します。

スリットとダイヤル部に施した、イエローカラーのワンポイントもおしゃれ。かわいらしいデザインで、携帯性に優れたパンタグラフキーボードを探している方はチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスリムキーボード SKB-BT32

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothスリムキーボード SKB-BT32

充電式を採用したパンタグラフキーボード。1回のフル充電で約56時間使用することが可能です。電源スイッチを搭載しているため、未使用時のバッテリー消費を防げます。

薄型でスタイリッシュなデザインもポイント。カバンの中でもかさばらず簡単に持ち運べます。また、角度調節機能が付いたスタンドを備えており、利便性にも優れたおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothコンパクトキーボード BSKBB310

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothコンパクトキーボード BSKBB310

パソコンだけでなく、スマホやタブレット端末でも使いやすい製品が欲しい方におすすめのモデルです。Bluetooth接続に対応したワイヤレスタイプ。iOSやAndroid OSデバイスで動作するホットキーを搭載しているのが特徴です。

画面ロック、検索などモバイル機器でよく利用する操作を、キーボード上からでも行えるので重宝します。電源には単4乾電池を2本使用。優れた省エネ設計がされており、約2〜3年動作するため頻繁に電池交換をする必要はありません。そのほか、PlayStation4との接続ができるなど、ゲーム用途でも活躍するおすすめのモデルです。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーあり

ロジクール(Logicool) イルミネートキーボード K740

ロジクール(Logicool) イルミネートキーボード K740

長時間入力作業をする方におすすめの、バックライトを搭載したパンタグラフキーボード。輝度を3段階に手動調節できるため、周囲の環境に応じて見やすい明るさを選ぶことが可能です。

柔らかなラバーコーティングを施したパームレストを搭載しています。打ち疲れたら適度に手首を休められるので便利。キーピッチが19mmのフルサイズレイアウトを採用しているため、快適にタイピングをすることが可能です。

なお、対応機種はWindows OS搭載機のみとなっています。購入を検討している方は、あらかじめ留意しておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) 有線スリムキーボード BSKBU14

バッファロー(BUFFALO) 有線スリムキーボード BSKBU14

最薄部が7mmとスリムなデザインのパンタグラフキーボードです。キートップ下に硬質アルミプレートを配置しているのが特徴。薄型ながら剛性が高いため、キーを打つ力が多少強くてもしなることはありません。しっかりとしたタッチを求める方にもおすすめのモデルです。

キーピッチは19mmを確保しているので、一般的なデスクトップパソコンと同じような感覚でタイピングができます。パソコンのUSBポートに挿すだけですぐに使用可能。ドライバーソフトのインストールなど、面倒な作業をせずに使えるため便利です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL33

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL33

19mmのキーピッチを採用したパンタグラフキーボードです。ホームポジションが取りやすいので、タッチタイピングを行う方にもおすすめのモデル。軽いタッチで確実なキー入力をできるのが魅力です。

テンキーのほか、音量調節などのショートカットキーを搭載しています。電卓ソフトもボタン1つで起動できるため、会計入力を頻繁に行う方にも便利です。

なお、対応機種はWindowsOSを搭載したパソコンのみ。Macパソコンでは利用できないので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

BFRIENDit 有線USBキーボード KB1430

BFRIENDit 有線USBキーボード KB1430

パステルカラーを採用した、かわいらしいデザインが特徴のモデルです。グリーンやオレンジ、ホワイトなど複数のカラーモデルがラインナップされているので、好みや部屋のインテリアに合った色を選べます。

パソコンのUSBポートに繋ぐだけですぐに使用することが可能。本体裏面の5ヶ所に滑り止めパッドが配置されているため、安定した状態でタイピングを行えるおすすめのモデルです。

COUGAR ゲーミングキーボード VANTAR CGR-WXNMB-VAN

COUGAR ゲーミングキーボード VANTAR CGR-WXNMB-VAN

快適なゲームプレイのために開発されたパンタグラフキーボード。静音性に優れており、打音の静かな製品を好む方におすすめのモデルです。8色に切り替えられる「オーロラバックライトモード」を搭載。8種類のエフェクトも備えており、プレイ中の雰囲気を盛り上げることが可能です。

「アンチゴースト機能」を搭載しているのもポイント。WやA、S、Dなど、ゲーム中使用頻度の高い19キーについては同時押しに対応。素早い操作にも確実に反応するためプレイに集中できます。

また、左利きようオプション機能を備えているのもポイントです。「WASD」と「↑←↓→」キー機能の入れ替えが可能なので、左利きの方もぜひチェックしてみてください。

パンタグラフキーボードのおすすめモデル|有線・テンキーなし

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL18BKN

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) USBスリムキーボード SKB-SL18BKN

コンパクトな有線接続タイプのパンタグラフキーボードを探している方におすすめのモデルです。幅が293mmに抑えられているため、小さな机にも置きやすいのが特徴。表面にゆるやかな曲面を設けた「キーボードカーブ」を採用しているので、快適にタイピングを行うことが可能です。

ケーブルは左右もしくは中央部に引き出し位置を固定できます。また、パソコン本体の設置場所に合わせてケーブルの引き出し方向が選べるので、無理な引き回しをする必要もありません。机の上がスッキリと使えるので便利です。

バッファロー(BUFFALO) テンキーレス 有線キーボード BSKBU305

バッファロー(BUFFALO) テンキーレス 有線キーボード BSKBU305

パソコンのUSBポートに挿し込むだけで、すぐに使えるパンタグラフキーボード。ペアリングや専用ドライバーソフトのインストールといった面倒な作業が必要ないため、初心者の方にもおすすめのモデルです。

キー同士の間に間隔を設けた「アイソレーションデザイン」を採用しているのもポイント。隣のキーを同時に押し込んでしまう可能性が低いので、ストレスの少ない快適なタイピングが行えます。また、パンタグラフとラバードームでキーを支える構造を採用しており、軽快かつしっかりとしたキータッチも魅力です。

エレコム(ELECOM) 有線ミニキーボード TK-FCP096

エレコム(ELECOM) 有線ミニキーボード TK-FCP096

パソコンのUSBポートに接続して、すぐに使える製品です。専用ドライバーをインストールする面倒な作業は必要ありません。キートップの下に金属製の板を配置しているのが特徴。薄くてスタイリッシュなデザインにも関わらず、剛性感のあるしっかりとした打ち心地が魅力です。

Windows・MacどちらのOSを搭載したパソコンでも使用できます。本体カラーはブラックとホワイトがラインナップされているので、パソコンのデザインや好みにあった色を選択してみてください。

ペリックス(Perixx) トラックボール付きミニキーボード PERIBOARD-509H PLUS US

ペリックス(Perixx) トラックボール付きミニキーボード PERIBOARD-509H PLUS US

本体サイズが230×160×20mmのコンパクトなパンタグラフキーボードです。光学式のトラックボールを搭載しているのが特徴。トラックボールはキーボードの下に配置されているため、操作のためにホームポジションを離す必要はありません。

USBポートを2つ搭載しているのもポイント。USBメモリを挿せるので、データをアップロードしたりダウンロードしたりするような場面で便利です。なお、キーはUS配列を採用しているため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

パンタグラフキーボードのAmazonランキングをチェック

パンタグラフキーボードのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。