メンブレンキーボードは、広く使われているタイプのキーボードです。シンプルな構造でリーズナブルなのが特徴。たまにしかパソコンを使わない方や、基本的なスペックのキーボードで十分な方におすすめのタイプです。

本記事ではメンブレンキーボードのメリットやデメリットのほか、選び方やおすすめモデルをご紹介。持ち運び用やオフィス用など、使用シーンに合わせて選んでみてください。

メンブレンキーボードのメリット・デメリット

メリット

メンブレンキーボードは構造がシンプルで、比較的安いモデルが多数ラインナップされています。また、濡れに強いため、飲み物をそばに置いて作業したい方にもおすすめ。なかには、裏面に水抜き穴が付いているモデルもあり、コーヒーや紅茶などをこぼしても水抜きできます。

さらに、メンブレンキーボードは内部にラバーカップを使っており、静音性に優れたモデルが多くあるのも特徴。図書館やオフィスなど、静かな場所で使う方にもおすすめです。

デメリット

メンブレンキーボードのデメリットは、経年劣化により、押し込みにくくなる傾向があること。キーボードの一部だけを交換できないので、丸ごと交換したり、買い替えたりする必要があります。

また、キーを打ったときの「ぐにゃり」とした感触は、好みが分かれるポイント。構造上、単独のキーでも中央と端を打ったときとで感触が異なるので、打鍵感を確認しておくと安心です。

キーボードの種類について詳しく知りたい方はこちら

メンブレンキーボードの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

メンブレンキーボードには、Bluetooth接続と無線2.4GHz接続の、2種類の接続方法があります。

Bluetooth接続のメンブレンキーボードは、パソコン以外にもスマホやタブレットなど幅広いデバイスへの接続が可能。USBワイヤレスレシーバーが必要ないため、キーボードを持ち運んだ際にレシーバーをなくしてしまうのも防げます。

一方、無線2.4GHz接続はUSBワイヤレスレシーバーを使用して接続するので、Bluetoothに非対応のデバイスでも使用可能。さらに、ペアリングする手間がなく、機械の設定が苦手な方にもおすすめです。ただし、スマホやタブレットなどのUSBポートがない端末では使えないため、注意しましょう。

無線2.4GHz接続のメンブレンキーボードは、Bluetooth接続タイプよりも安価なモデルが多く、安さ重視の方にもおすすめです。

有線

By: amazon.co.jp

有線接続のメンブレンキーボードは、USB接続がスタンダードです。主にパソコンと接続するために使われますが、USBポートを持ったデバイスであればタブレットなどでも接続できます。

有線接続は入力の遅延や切断などが起こりにくく、人が多い場所でも安定して使えるのがメリットです。パソコンでゲームをしたい方などにおすすめ。また、接続先のデバイスから電源を供給するので、バッテリー残量を気にせず使えるのも嬉しいポイントです。

ただし、ケーブルで接続するため、デスクの上が散らかりやすいというデメリットも。デスクをすっきり見せたい方はワイヤレスタイプを検討してみてください。

テンキーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

数値入力に適した「テンキー」が付いているメンブレンキーボードは、データ入力などで数字を打ち込む機会が多い方におすすめです。電卓のように素早く数字が打ち込めるので、タスクをスムーズに進められます。ただし、横幅が広くなるため、設置スペースが十分に取れるか確認しておきましょう。

テンキーがないメンブレンキーボードはコンパクトで、限られたスペースでも使いやすく、持ち運びにも便利。テンキーは外付けが可能なので、設置スペースが限られている場合や、テンキーをほとんど使わない場合は、まずはテンキーがないメンブレンキーボードを選ぶのがおすすめです。

キー配列をチェック

メンブレンキーボードの配列は大きく分けて、日本語入力向けのJIS配列と英語入力向けのUS配列の2種類。日本語入力に適したJIS配列には「かな変換キー」などが配置されており、キーの上にはアルファベットに加えてひらがなも印字されているのが特徴です。

一方、英語入力に適したUS配列のメンブレンキーボードは、「Enterキー」などの大きさがJIS配列とは異なります。タッチタイピングをする際のホームポジションが、より中央に寄っているのもポイントです。

基本的に日本語を入力する機会が多い方にはJIS配列のメンブレンキーボードがおすすめ。プログラミングなどで英語を入力する機会が多い方は、US配列のメンブレンキーボードも検討してみてください。

メンブレンキーボードのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) 無線コンパクトキーボード TK-FDM105TX

耐久性に優れ裏面の水抜き穴から排水も可能なアイテム

安くて使いやすい、人気のメンブレンキーボードです。押しやすい大型のエンターキーを採用し、特殊キーを独立させているのが特徴。最大1000万回のキーストロークにも耐えられる耐久性を有すると謳われており、印字も消えにくいため、長時間タイピングする方におすすめです。

本体裏面に水抜き穴があり、液体をこぼしてもすぐに排水可能。2.4GHz帯のワイヤレスタイプかつテンキーがないので、デスク周りがすっきりとまとまります。

エレコム(ELECOM) 有線キーボード TK-FFCM01

フルキーボードながらもコンパクト設計

デスクが広く使えるコンパクト設計のメンブレンキーボードです。テンキー付きのフルキーボードですが、筐体を小さくすることでコンパクト化を実現。キーピッチは19mmの標準サイズで、109キーを採用しているため、通常のフルサイズキーボードと同じように使えます。

また、パソコンから電源を供給する有線タイプなので、仕事などで長時間タイピングする方にもおすすめ。傾斜角を2段階に調節でき、より自然な姿勢でタイピング可能です。

エレコム(ELECOM) Bluetooth 5.0メンブレンフルキーボード TK-FBM112

タブレットやスマホにも接続できるBluetooth接続タイプ

Bluetooth接続タイプのメンブレンキーボードです。タブレットやスマホなどにも接続できるのが特徴。最大3台までのマルチペアリングに対応しており、複数デバイスを切り替えて使う方にもおすすめです。

また、それぞれのOSに対応した入力モードを搭載しており、各デバイスで快適に使えます。2段階で角度を調節できる折りたたみ式タブレットスタンドが付属。テンキーも付いており、数字を扱う事務仕事などでも快適に入力できます。

エレコム(ELECOM) 2.4GHzワイヤレスフルキーボード TK-FDM063T

耐久性に優れたメンブレンキーボード。パソコンのUSBポートにレシーバーを装着して使用する、2.4GHzのワイヤレス接続を採用しています。レシーバーはコンパクトに設計されているので、ノートパソコンに接続したまま持ち運びも可能です。

専用ドライバーのインストールは不要で、すぐに使い始められる点も魅力。キーピッチは19mmと広く確保されているため、ミスタイプを防止可能です。また、底面には傾斜角調節スタンドも搭載されており、角度を2段階で調節できます。

耐久性の高さもポイント。最大1000万回のキーストロークに耐えると謳われている頑丈なキーを採用しているので、毎日ヘビーに使う方にもおすすめです。万が一水をこぼしても故障しにくいように、排水機能も搭載されています。

パソコンのほか、WiiUやPlayStation 3などのゲーム機に対応している点も特徴です。

ロジクール(Logicool) WIRELESS KEYBOARD K275

近くに飲み物を置いても安心して使えるキーボード

タフで長く使える、人気のメンブレンキーボードです。水をこぼしても故障しにくいため、飲み物などをキーボードのそばに置いても安心して使用可能。キートップには文字が消えにくいコーティングを施しています。重さは470gと軽量で、気軽に持ち運んで使えるのも魅力です。

また、2.4GHzワイヤレス接続タイプなので、デスクの上をすっきりまとめたい方にもおすすめ。最大6台までのデバイスを接続できます。8つのホットキーやテンキーも付いており、仕事でも使いやすいモデルです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K375s

快適にタイピングしやすいメンブレンキーボード。ワイヤレス接続に対応しており、独自のUnifyingレシーバーをデバイスに取り付けて使用します。Bluetoothもサポートしているため、USBポート非搭載のデバイスでも使用可能です。

登録できるデバイスの数は、合計で3台。F1・F2・F3キーは「Easy-Switchボタン」としての機能も割り当てられており、押すだけで接続先をスムーズに切り替え可能です。ChromeOSやAndroid、iOSなどにも対応しています。

テンキーを搭載しているのも特徴。Excelや電卓など数値を入力するアプリをよく使う方におすすめです。また、角度調節にも対応しているので快適にタイピングできます。

そのほか、スタンドも付属。滑りにくいラバー素材が採用されており、最大10.5mm厚までのスマートフォンやタブレットを立て掛けられます。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G213r

ゲームをプレイする方におすすめのメンブレンキーボード。底面に2段階の角度調節に対応したスタンドが搭載されています。また、手前にはパームレストが備わっているので、長時間使用しても腕や手首への負担を軽減可能です。

心地よい打鍵感も魅力のひとつ。タイピング時のフィードバックやレスポンスが細かくチューニングされているため、快適に入力できます。10キーロールオーバーにも対応しているので、複数のキーを同時に押下しても意図通りに入力しやすい仕様です。

メディアコントロール用のボタンが搭載されているのもポイント。動画や音楽の再生と一時停止はもちろん、ボリュームの調節やミュートもキーボード上で操作可能です。

そのほか、おしゃれなライティング機能を搭載。専用のソフトをインストールすると、キーへの機能の割り当てのほか、ライティングエフェクトのカスタマイズも可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード 400-SKB063

人間工学に基づいて設計されたメンブレンキーボードです。自然な姿勢のまま使える形状で、快適にタイピングできるのが特徴。手のひらを置けるリストレストも付いており、負担を軽減しながら使えます。

また、テンキーやファンクションキーを搭載。本製品だけで多様な入力に対応します。さらに、タッチパッドを搭載しているのもポイント。マウスに持ち替えることなく、簡単にカーソルを移動できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothキーボード SKB-BT29BK

静音タイプのメンブレンキーボードです。コワーキングスペースや静かなカフェなどでも、タイピングの音を気にせず使えます。裏に付いたスタンドで2段階の角度調節が可能。自然な角度でタイピングでき、長時間の仕事も楽にこなせます。

また、Bluetooth接続を採用しているので、スマホやタブレットとの接続も簡単。キーピッチは19mmあり、テンキーも搭載しているため、入力タスクが多い方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コンパクトキーボード SKB-KG3BKN2

文字入力に特化して設計された、おすすめのメンブレンキーボード。エンターキーより右側にキーが搭載されていないため、非常にスッキリとしています。コンパクトで場所を取りにくいので、限られたスペースでも快適に使用可能です。

ケーブルを固定する溝が3方向に用意されている点も特徴。設置場所に合わせてケーブルの向きを変えられるため、好みに合わせて配置可能です。また、使用しないときは本体を立て掛けられるので、デスク上のスペースを有効活用できます。

キー配列は、日本語入力に適したJIS配列。本体はコンパクトに設計されているものの、キーピッチは一般的なキーボードと同様に19mmです。さらに、使用頻度の高いエンターキーはやや大きめに設計されているため、快適にタイピングできます。

接続コネクタは、USB。USB to PS/2コネクタも付属しているので、PS/2接続でも使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) バックライト機能付きキーボード SKB-WAR3

スタイリッシュなデザインが魅力的な、おすすめのメンブレンキーボード。シルバーの筐体にブラックのキーを搭載した、おしゃれなデザインが特徴です。タイピング時にたわみにくい、剛性に優れた素材を採用しています。

バックライトを搭載しているのもポイント。バックライトのカラーは、ブルー・ホワイト・ライトパープルの3色から選択できます。

W・A・S・Dキーの固定機能に対応している点も特徴。Windowsキーのロック機能も利用できるほか、一部のキーは19キーまでの同時押し認識に対応しているので、ゲーミングキーボードとしても活用可能です。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Core RGB ゲーミングキーボード HX-KB5ME2

ゲームプレイ向けのメンブレンキーボードです。ゲームの雰囲気を盛り上げる、カラフルなLEDバックライトを搭載。専用のメディアコントローラーを搭載しており、ライティングの調節やキーロックなどが簡単に操作できます。

アンチゴースト機能を搭載しているため、同時に複数のキー操作が必要なゲームも快適にプレイ可能。耐久性に優れた耐飛沫性キーボードを採用しており、1台のメンブレンキーボードを長く使いたい方におすすめです。

エイスース(ASUS) ゲーミングキーボード RA04 TUF GAMING K1

最大19個のキーを同時押しできる19キーロールオーバーに対応したメンブレンキーボード。人間工学に基づき設計された取り外し可能なリストレストを搭載し、キーボードの高さは2段階で調節可能です。

本体には摩耗や汗に強い特殊コーティングを施し、300ml程度の水をこぼしても壊れない耐水性を備えています。本体右上に便利なボリューム調節ノブを搭載しているのもポイントです。

キーの照明やサイドのライティングバーは、好みに合わせて光り方やカラーをカスタマイズできます。そのほか、8つのプログラム可能なキーを備え、設定を本体内に保存しておけるオンボードメモリ機能などにも対応。高耐久なゲーム向けのメンブレンキーボードを探している方は、チェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 有線フルキーボード BSKBU320

場所を問わずに使用しやすいメンブレンキーボード。USB Type-A端子を搭載したWindowsパソコンのほか、Nintendo SwitchやPlayStation 4などのゲーム機でも使用可能です。

キー配列はJIS配列で、キー数は113キー。各キーが独立したアイソレーションキーを採用しているので、タイプミスを軽減できるほか、爪が長い方でも快適に使用可能です。また、キーを押すとフラットになるため、お手入れの手間も最小限に抑えられます。

ホットキーやマルチメディアキーの搭載もポイント。ボリュームの調節やキーロックなどをキーボードから操作可能です。そのほか、静音性にも優れているので、周囲に人がいる環境や深夜・早朝などでも気を遣わずに使用できます。

ペリックス(Perixx) キーボード PERIBOARD-106W

シンプルで使いやすいメンブレンキーボード。USB Type-Aポートに接続する、有線タイプを採用しています。底面にケーブルを固定する溝が設けられているのでスッキリと配線しやすく、有線ながらスマートに設置可能です。

厚みのあるキーを採用している点も特徴。メンブレンキーボードながらメカニカルキーボードに近い、しっかりとした打鍵感を体験可能です。タイピングの感触を楽しみながら、スムーズに作業できます。

エルゴノミクス構造を採用しているのもポイント。側面から見たときにキーボード全体が緩やかなカーブを描くように設計されているため、自然な形で指を動かせます。腕や手首への負担を軽減する効果が期待できるので、長時間作業する方にもおすすめです。なお、同シリーズの英語配列モデルもラインナップされています。