プログラマーにとってキーボードは仕事の必需品です。プログラマーは長期間の開発に携わることが多く、自分に適していないキーボードでは業務に支障をきたしてしまう場合もあります。

そこで今回は、快適に作業を行いやすい、プログラマーにおすすめのキーボードをご紹介。選び方についてもあわせて解説するため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

プログラミングに適したキーボードとは?

By: diatec.co.jp

プログラミングに適したキーボードを選ぶ際に大切なのが打ちやすさ。自分に合わないキーボードだとスムーズに作業を進められません。程よい打鍵感と快適な姿勢で入力できるキーボードを使いましょう。タイピング速度も上がりやすく、作業能率の改善も期待できます。

また、確実性もチェックしておきたいところ。プログラミングはタイピングの速さを求められますが、安いキーボードだと速度についていけない場合があります。

メカニカル式や静電容量式などのキースイッチを採用したキーボードは、高速タイピングしやすいのでおすすめ。さらに、複数キー同時押しでも認識できる「Nキーロールオーバー」に対応していれば、複雑なショートカットキー操作にも対応できるためチェックしてみてください。

プログラミング用キーボードの選び方

キー配列をチェック

プログラミングでは「英語配列」が人気

By: archisite.co.jp

英語配列キーボードと日本語配列キーボードでは、キーの配列やサイズが異なります。プログラミングをする際は、記号の配列などが合理的な英語配列がおすすめ。仕様に慣れれば、日本語配列よりも効率的に作業を行えます。

日本語配列と大きく異なる点は、BackSpaceキーとEnterキーのサイズ。英語配列では、どちらも横長のキーとなっており、BackSpaceキーとEnterキーの間にスラッシュなどの記号キーが配置されています。

また、英語圏のソフトウェアは、英語配列を想定してショートカットが設定されているケースも少なくありません。こだわりがない場合は、英語配列に指を慣らしておくのがおすすめです。

普段使い慣れているなら「日本語配列」も

日本語配列のキーボードでプログラミングや作業するのに慣れている方は、日本語配列キーボードを使い続けるのもおすすめです。英語配列に切り替えるとキーの配置やサイズが変化するため、タイピングミスの原因になるおそれもあります。

特にEnterキーは形が大きく異なるため、英語配列のキーボードに変えた直後は、Enterを押したつもりが別のキーに触れてしまうこともあります。使い慣れているモノや、自分がタイピングしやすいモデルを選ぶのが大切です。

キースイッチの種類をチェック

メンブレン方式

By: amazon.co.jp

メンブレンスイッチとは、キーボード全面で共通する接点「メンブレンシート」を使用したスイッチのこと。キートップとシリコンで作られたドーム状の突起「ラバーカップ」の間に設置された接点シートが、キーの押下によって接触することでスイッチが反応して入力が反映される仕組みです。

リーズナブルな価格で購入したい方におすすめ。なお、キーストロークは深めでキーの反発力も強く、長時間の作業にはあまり適していないので留意しておきましょう。

パンタグラフ方式

By: amazon.co.jp

パンタグラフ方式は、ラバーカップの上にひし形状のスプリングを用いたスイッチのこと。キーボード全面で共通の接点シートを採用する点はメンブレンスイッチと同じですが、しっかりとした打鍵感が得られるのが特徴です。

また、キーストロークは浅めで、少ない力で流れるように軽快なタイピングが可能。薄い設計のモノが多く、ノートパソコンのキーボードに広く採用されています。

メカニカル方式

By: amazon.co.jp

メカニカルスイッチとは、バネの力を用いた機械的な電気スイッチのこと。メンブレンスイッチと違って各キーのスイッチに独立した接点が搭載されているのが特徴です。しっかり打鍵感が得やすく、タッチタイピング時のミスタイプ防止にも役立ちます。

プログラミング用途では、強い打鍵感と爽快な打鍵音が得られる「青軸」や、静音ながらもしっかりとした打鍵感の得られる「黒軸」を採用したキーボードなどがおすすめです。

静電容量無接点方式

By: happyhackingkb.com

静電容量無接点方式スイッチとは、キーを押下した際の静電容量の変化を検出して入力を反映する仕組みを持つ無接点スイッチのこと。入力の際にキーを深く押し込む必要がないので、指にかかる負担が少なく、長時間のプログラミング作業でも快適にこなしやすいのが特徴です。

また、キー内の接点同士が触れることがないため、キースイッチの耐久性が高いのもポイント。滑らかかつ精度の高いキータッチなので、長時間の業務でも、より確実に作業を進めたいプログラマーにおすすめです。

接続方式をチェック

By: logicool.co.jp

接続方式には、有線とワイヤレスの2種類が存在します。USBコネクタやPS/2コネクタなどを使う有線接続は、ケーブルを介してパソコン本体から給電を受けながら使用するため、電池切れの心配がないのが特徴。また、無線接続のキーボードと異なり、キー入力が反映されるまでの遅延が少ないのもポイントです。

ワイヤレスレシーバーやBluetoothなどを使う無線接続は、ケーブルを必要とせず、省スペース性に優れているのが魅力。さらに、複数機器とのペアリングなどができるモノもラインナップされており、利便性を重視したい方におすすめです。

プログラマーにおすすめのキーボード

ペリックス(Perixx) PERIBOARD-106M

人間工学に基づいたデザイン設計が魅力のプログラマー向けキーボードです。中心から遠くなるにつれて指にキーが近くなるように、キーボード本体が反っているのが特徴。メンブレン式のため、しっかりとした打ち心地でタイピングできます。

キーの配列は、日本語配列と英語配列の2種類を展開。日本語配列では109キー、英語配列では104キーを採用しており、レトロなデザインと昔ながらの配列が魅力のひとつです。有線接続で、本体背面には余ったケーブルを収納できるポケットも付いています。

耐久性の高さもポイント。キートップを外せるため、掃除も簡単に行えます。職場でも使いやすいシンプルなデザインで、普段使いにおすすめです。

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨 PD-KB800

「プログラマーが理想とするキー配列のキーボード」というコンセプトの英語配列キーボード。ホームポジションから手を移動させる必要がなく、高速タイピングを行いやすいのが魅力です。

USB Type-C接続とBluetooth接続の両方に対応しているのもポイント。Bluetooth接続の場合は、最大4台まで接続機器を登録できます。キーマップ変更機能を使えば、キー配置のカスタマイズも可能です。

キースイッチには、静電容量無接点方式を採用。キー構造にもこだわりがあり、入力速度と静穏性を兼ね備えたキーがしなやかで心地よいタイピングを実現しています。傾き調節機能も搭載しており、3段階のなかから好みの角度に調節できるのも嬉しいところです。

東プレ(Topre) REALFORCE R3S KEYBOARD R3SC11

日本語配列の入力に慣れているプログラマーにおすすめのキーボードです。キースイッチには、耐久性の高い静電容量無接点方式を採用。最大約5000万回の入力が可能です。接続方法は有線。静音モデルのため、打鍵音が気になりにくいのも嬉しいところです。

また、APC機能を搭載しており、スイッチのオン位置を設定できるのも魅力のひとつ。タイピングミスしやすいキーは深め、素早く入力したいキーは浅めなどカスタマイズが可能です。

フィルコ(FILCO) Majestouch 3 FKBN91MC/NMB3 テンキーレス

元祖CHERRY MXスイッチを採用したプログラマー向けのメカニカルキーボードです。軸の種類は、青軸・茶軸・赤軸・静音赤軸の4種類を展開しています。

初代Majestouchキーボードのデザインをそのまま使用しているのが特徴。基盤などはフルモデルチェンジされており、高い実用性を兼ね備えています。

また、PBT2色成形キーキャップを採用し、従来モデルより高い耐久性を備えているのも魅力。キャップの文字が消えにくく、長期的に愛用できます。接続方法は有線で配列は日本語、英語の2種類がラインナップされています。

アーキサイト(Archiss) ProgresTouch RETRO TKL AS-KBPD87

テンキーレスで、小さな机でも作業しやすいプログラマー向けキーボードです。日本語、英語配列の2種類を展開。人間工学に基づいたアーチ状のデザインを採用しており、指にかかる負担を最小限に抑えながらタイピングを行えます。

キースイッチに高品質のCHERRY MXメカニカルスイッチを搭載しているのもポイント。青軸や茶軸、シルバー軸など6種類を展開しており、豊富なバリエーションが魅力です。

また、背面にはDIPスイッチを搭載。ソフトウェアを使用せずにキー配列の入れ替えや制限ができます。Nキーロールオーバーにも対応しており、USB接続時に最大6キーの同時押しが可能です。

ミステル(Mistel) BAROCCO MD770

左右分離型のプログラマー向けキーボードです。好きな位置に配置して使用できるため、手の負担を軽減し、肩を広げた自然なフォームでタイピングできます。省スペースで置き場所を選ばないのも嬉しいポイントです。

マクロ機能を搭載しており、使いやすい配列にキー配置を変更できるのも魅力のひとつ。プロファイルを設定できるほか、3種類のレイアウト設定が最初からプログラミングされています。

また、従来モデルにはなかったF1〜F12キーや矢印キーを搭載。キースイッチにはメカニカル方式を採用し、6種類の軸を展開しています。日本語配列と英語配列の両方を扱っているなど、カスタマイズ性の高いモデルです。

ロジクール(Logicool) MX KEYS KX800

WindowsとmacOSの両方に対応したプログラマー向けキーボードです。有線接続・Bluetooth接続に対応しており、最大3台のデバイスと接続が可能。AndroidやChrome OSでも使用できます。

パーフェクト・ストロークキーを採用しており、キーが球状に窪んでいるのが特徴。指に馴染みやすく、スムーズかつ滑らかなタイピングを実現しています。パンタグラフ方式のため、軽快な打ち心地を楽しみたい方にもおすすめです。

輝度の自動調節機能付きバックライトも搭載。充電式の本体は、一度充電しておけば最長10日間使用できます。バックライトがオフの状態であれば、約5か月使用可能です。

レノボ(Lenovo) ThinkPad トラックポイント キーボード II 4Y40X49

パンタグラフ方式で、軽快なタイピングを行えるプログラマー向け有線キーボードです。「シザー・リフト・キー・メカニズム」を採用。キーとキーの間のスペースにゆとりがあり、文字の入力がしやすい仕様です。

本体中央にマウスの代わりとなるトラックポイントを搭載しているのが特徴。キーボードから手を離さずにPC操作や入力を行えます。マウスに持ち替える煩わしさを軽減できるほか、作業効率の向上も期待できるのでおすすめです。本製品は、日本語配列・英語配列の2種類を展開しています。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Keyboard for Business 5KV-00006

エルゴノミクス理論に基づいて設計されたプログラマー向けキーボードです。本体中央がドーム状に盛り上がっているのが特徴。手首の動きを減らし、快適なタイピングを実現しています。

長時間のタイピング作業でも手首に負担を感じにくいため、プログラミング用に便利。本体上部にはショートカットキーも搭載しており、作業効率の向上も期待できます。接続方式は無線式。単4形アルカリ乾電池2本で駆動します。

特徴的なデザインの日本語配列キーボードを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 英語配列USBスリムキーボード SKB-E3UN

薄型デザインで持ち運びのしやすいプログラマー向けキーボードです。本体サイズは29.3×11.5×1.9cmで、260gと軽量なのも魅力。英語配列を採用しており、余分なキーを省いた82キーで構成されています。

軽快かつ滑らかなタイピングが可能。本製品はパンタグラフ式なので、ノートパソコンを使い慣れている方に適しています。また、使用しないときは立てて保管できるため、作業スペースが狭い場合でも圧迫感を感じにくいのもおすすめです。