プログラマーにとってキーボードは仕事の必需品です。プログラマーは長期間の開発に携わることが多いですが、自分にあっていないキーボードでは肩や腕に疲れが溜まりやすいので、業務に支障をきたしてしまう場合もあります。

そこで今回は、快適に作業を続けられる、プログラマーにおすすめのキーボードをご紹介します。選び方についてもあわせて解説するため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

プログラミングに適したキーボードとは?

By: amazon.co.jp

プログラミングに適したキーボードを選ぶ際にまず大切なのが打ちやすさ。自分に合わないキーボードだと疲労が溜まりやすくなってしまいます。程よい打鍵感と快適な姿勢で入力できるキーボードを使えば、疲れにくく快適。タイピング速度も上がりやすく、作業能率の改善にも効果的です。

また、確実性もチェックしておきたいところ。プログラミングは速いタイピング速度を求められますが、安いキーボードだとその速度についていけず、入力したキーが誤認識されるチャタリングなどの現象が起こる可能性があります。

メカニカル式や静電容量式などのキースイッチを採用したキーボードならば、チャタリングを軽減したり物理的に予防したりでき、高速タイピングしやすいのでおすすめ。さらに、複数キー同時押しでも認識できる「Nキーロールオーバー」に対応していれば、複雑なショートカットキー操作にも対応できるためチェックしてみてください。

プログラミング用キーボードの選び方

キー配列をチェック

By: amazon.co.jp

キーボードのキー配列には、日本語配列のJISキーと英語配列のUSキーの2種類があります。2つとも基本的なアルファベットの配置は同じ。しかし、エンターキーのサイズや、キーの割り振りなどは少し異なります。

US配列のキーボードは日本語配列のモノと比較して記号の配置が合理的で、コードが打ちやすいのが魅力。幅広に設計されているキーが多く、キーの端まで指が簡単に届きます。普段使い慣れているキー配列も考慮しつつ、適したモノを選んでみてください。

キースイッチの種類をチェック

メンブレン方式

By: elecom.co.jp

メンブレンスイッチとは、キーボード全面で共通する接点”メンブレンシート”を使用したスイッチのこと。キートップとシリコンで作られたドーム状の突起”ラバーカップ”の間に設置された接点シートが、キーの押下によって接触することでスイッチが反応して入力が反映される仕組みです。

リーズナブルな価格で購入したい方におすすめ。なお、キーストロークは深めでキーの反発力も強く、長時間の作業にはあまり適していないので留意しておきましょう。

パンタグラフ方式

By: elecom.co.jp

パンタグラフ方式は、ラバーカップの上にひし形状のスプリングを用いたスイッチのこと。キーボード全面で共通の接点シートを採用する点はメンブレンスイッチと同じですが、しっかりとした打鍵感が得られるのが特徴です。

また、キーストロークは浅めで、少ない力で流れるように軽快なタイピングが可能。薄い設計のモノが多く、ノートパソコンのキーボードに広く採用されています。

メカニカル方式

By: amazon.co.jp

メカニカルスイッチとは、バネの力を用いた機械的な電気スイッチのこと。メンブレンスイッチと違って各キーのスイッチに独立した接点が搭載されているのが特徴です。確実な打鍵感が得られるので、ブラインドタッチ時のミスタイプ防止にも役立ちます。

なお、プログラミング用途では、強い打鍵感と爽快な打鍵音が得られる「青軸」や、静音ながらもしっかりとした打鍵感の得られる「黒軸」を採用したキーボードなどがおすすめです。

静電容量無接点方式

By: pfu.fujitsu.com

静電容量無接点方式スイッチとは、キーを押下した際の静電容量の変化を検出して入力を反映する仕組みを持つ無接点スイッチのこと。入力の際にキーを深く押し込む必要がないため、指にかかる負担が少なく、長時間のプログラミング作業でも手や肩が疲れにくいのが特徴です。

また、キー内の接点同士が触れることがないので、キースイッチの耐久性が高いのもポイント。滑らかかつ精度の高いキータッチで可能なので、長時間の業務でも疲労を抑えつつ確実に作業を進めたいプログラマーにおすすめです。

接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

接続方式には、有線とワイヤレスの2種類が存在しています。USBコネクタやPS/2コネクタなどを使う有線接続は、ケーブルを介してパソコン本体から給電を受けながら使用するため、電池切れの心配がないのが特徴。また、無線接続のキーボードと異なり、キー入力が反映されるまでの遅延が少ないのもポイントです。

ワイヤレスレシーバーやBluetoothなどを使う無線接続は、ケーブルを必要とせず、省スペース性に優れているのが魅力。さらに、複数機器とのペアリングなどができるモノもラインナップされており、利便性を重視したい方におすすめです。

プログラマーにおすすめのキーボード

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional BT PD-KB600B ASCII配列

こだわりのあるキー配列で、素早いタイピングが可能なキーボード。タフで軽いタッチの静電容量無接点方式を採用しており、長時間快適にタイピングできます。

キーピッチは標準サイズの約19mmで、キーストロークは3.8mm。本体サイズはA4用紙半分ほどなので、カバンに入れて持ち運びやすく、カフェなどで仕事をするプログラマーの方にも向いています。

また、ワイヤレス接続ができ、最大4台までのマルチペアリングが可能。さらに、バッテリー持ちもよく、単3電池2本で約3ヶ月使用できます。USBからの給電にも対応しており、バッテリーが切れた後も有線キーボードとして使用できるおすすめアイテムです。

ピーエフユー(PFU) HHKB Lite2 for Mac 英語配列USB PD-KB200MA

Macユーザー向けに設計された、有線タイプキーボードです。メンブレン方式を採用しており、押した感覚をはっきりと感じたい方におすすめ。また、価格が比較的リーズナブルなのもポイントです。

本体はA4サイズの半分ほどとコンパクトで、持ち運びにも便利。さらに、傾きは2段階で調節でき、机の高さなどに合わせて変更できます。

キーボード背面の設定スイッチを切り替えることで、制御キーの割り当ての変更が可能。コスパに優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC104MC/EB2

USBの有線接続とBluetoothの無線接続の両方に対応したキーボードです。ワイヤレスの場合、最大4台までマルチペアリング可能。スマホなどとも接続できるので便利です。

また、スリープモードも搭載しているのもポイント。無線接続で30分間入力がない場合、自動でスリープモードへ移行します。消費電力を抑えられるため、打ち合わせなどでデスクを離れることが多いプログラマーにもおすすめです。

本体にはメカニカル方式を採用しており、打鍵感が強く打鍵音も爽快な「青軸」のモデル。さらに、背面のDIPスイッチでキーコードが変更でき、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

アーキサイト(Archiss) ProgresTouch RETRO TKL 英語配列 AS-KBPD87/LBK ANSI配列

メカニカル方式を採用したキーボードです。静音性に優れながらも、しっかりとした打鍵感が得られる「黒軸」モデル。Nキーロールオーバーにも対応しており、最大6キーまでの同時押しができます。

背面にDIPスイッチを搭載しており、キー配列の入れ替えや制限も可能。レスポンスに優れた有線タイプで、素早くタイピングできます。

また、本体に傾斜が付いており、指が疲れにくいのもポイント。長時間キーボードを叩くプログラマーの方にもおすすめです。さらに、底面にはラバーストッパーがあり、打ち込み時も安定しています。なお、英語配列・日本語配列のどちらもラインナップされているので、好みに応じて選んでみてください。

東プレ(Topre) REALFORCE R2 PFU Limited Edition PZ-R2TLSA-US4

軽い打鍵感が得られる、静電容量無接点方式を採用したテンキーレスキーボードです。静音性に優れているので、静かなオフィスでも周囲に配慮しながら使えます。

また、押し込みの深さを1.5・2.2・3mmの3段階で調整できるAPC機能を搭載。確実性を求めるときは3mm、素早くタイピングしたいときは1.5mmなど、シーンに合わせて使用可能です。

さらに、Nキーロールオーバー機能にも対応。5000万回のキー入力耐久試験をクリアしており、長く愛用したい方にもおすすめです。キーボード本体はやや重めなため、自宅やオフィスなどでの使用に向いています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 英語配列USBスリムキーボード SKB-E3U

コンパクトな有線タイプのキーボードです。幅29.3cmとスリムなので、持ち運びにも便利。キースイッチにはパンタグラフ方式を採用しています。

また、底面には2段階調節が可能なスタンドを搭載。さらに、使用しないときは立てて収納でき、利便性にも優れています。価格も安く、コスパに優れたアイテムを探している方におすすめです。

オウルテック(Owltech) Nキーロールオーバー対応 KB109CBL-BK

USB・PS/2規格のどちらにも対応している、有線タイプのキーボード。Nキーロールオーバーに対応しており、USB接続時で最大6キーまで同時押しが可能です。メカニカル方式を採用しており、高速入力する際もストレスを感じにくいのもポイント。また、5000万回の打鍵が可能で、長く愛用したい方におすすめです。

本製品は青軸のほか、適度なクリック感の茶軸や、キーが軽い赤軸などがラインナップされています。好みに応じて適したモノを選びやすいのも魅力です。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Keyboard for Business

エゴノミクスデザインを採用したキーボード。やや扇型になっており、打ちやすさに配慮されているのが特徴です。また、クッション付きのパームレストにより、手首を自然な位置へ保ちます。

本製品は2.4GHzレシーバーを採用した無線タイプで、ケーブルを必要としないのもポイント。さらに、テンキーも付属しているため、ちょっとした計算をするときにも役立つ利便性に優れたアイテムです。

ペリックス(Perixx) Ergonomic Split Keyboard – Natural Ergonomic Design – Bulky PERIBOARD-512II

エルゴノミクスデザインのキーボードです。左右に分離した独特なデザインで、打ちやすさに配慮されているのが特徴。手首にかかる負担が軽減され、長時間タイプするプログラマーの方にもおすすめです。

キースイッチにはメンブレン方式を採用しています。また、上部には7つのホットキーを搭載しているのもポイント。Eメールやミュート、インターネットの閲覧などをワンタッチで行えます。

なお、本製品は有線タイプですが、2.4GHzのレシーバーとBluetoothのどちらにも対応している無線タイプもラインナップ。使い勝手を重視したい方は、ぜひ無線タイプのモノもチェックしてみてください。