入力のしやすさなど、一般的なキーボードよりも性能が高い傾向にある高級キーボード。備えられた機能が製品によって異なるため、選ぶ際に迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高級キーボードをご紹介します。選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

高級キーボードと普通のキーボードの違いとは?

By: rakuten.co.jp

一般的なキーボードと高級キーボードは、機能性に違いがあります。一般的なキーボードは、接続方法が1つのみだったり、ショートカットキーが登録できるマクロキーが搭載されていなかったりする場合があるため、性能よりも価格の安さを重視する方向けです。

一方、高級キーボードは、有線・無線を選べるタイプやマクロキー搭載タイプのほか、LEDライティングを設定したり素早い入力が可能だったりと使いやすい製品が多い傾向にあります。また、なかには設定を本体に記録できるオンボードメモリに対応したモノも存在。利便性に優れた製品がほしい方はチェックしてみてください。

高級キーボードの選び方

キースイッチで選ぶ

パンタグラフ式

By: rakuten.co.jp

主にノートパソコンで採用されることが多いパンタグラフ式のキーボード。キートップの下に「パンタグラフ機構」と呼ばれるバネのようなモノが搭載されているのが特徴です。

軽い力で打鍵できるため、長時間キーボードを行う方におすすめ。また、キーストロークが浅い傾向にあるので、素早く文字入力を行いたい方にも適しています。

静電容量無接点方式

By: akeeyo.co.jp

電極が一定の距離まで近づくことでキー入力を認識できる静電容量無接点方式のキーボード。物理的接点がないため、摩耗の影響を受けにくいのが特徴です。一度しか入力していないにもかかわらず複数回文字が入力されるチャタリングなどが起こりにくく、耐久性に優れています。

ソフトな打鍵感で、スムーズに文字を打つことが可能。打鍵音は比較的控えめなので、静音性に優れている製品を探している方にもおすすめです。

メカニカル式

By: logicool.co.jp

キーの1つ1つに独立したスイッチが搭載されているメカニカル式のキーボード。1つスイッチが壊れてしまってもその部分を取り替えれば引き続き使えるため、メンテナンス性に優れています。

種類によって、打鍵感や静音性、押下圧などが異なるのが特徴。なかでも、赤軸・青軸・茶軸と呼ばれるスイッチが有名です。赤軸は、キーを押したときのクリック感が控えめで、比較的静かな打鍵音なのが魅力。軽やかに入力できる製品を求めている方にぴったりです。

青軸はクリック感が強めなので、キーを押した感覚がはっきりと分かる製品がほしい方に適しています。茶軸は、程よい打鍵感を実現しつつ、青軸よりも打鍵音が抑えられたスイッチのため、どちらも重視したい場合におすすめ。好みに合わせてチェックしてみてください。

配列で選ぶ

By: keychron.jp

高級キーボードの配列は、種類によってキー配置のほか大きさや形状が異なるため、選ぶ際に注意が必要です。キーボードの配列は日本語配列と英語配列の2種類に分けられます。

日本語配列は多くのキーボードで採用されているのが特徴。英語配列と比べてエンターキーが大きく、押しやすいのがメリットです。打ち慣れた製品がほしい方に適しています。

一方、英語配列は、「@」などの記号の配置が日本語配列と異なります。キーに平仮名が印字されておらず、すっきりとしたデザインを好む方にぴったり。操作性を重視するなら日本語配列、見た目を重視するなら英語配列が適しています。

大きさで選ぶ

フルサイズ

By: rakuten.co.jp

フルサイズタイプのキーボードは、本体右側にテンキーが搭載されているのが特徴です。テンキー部分は電卓のように数字キーが並べられており、Excelなどで数値を入力する際に活躍します。アルファベットキーと隣接していないため、英字キーや記号キーの誤入力を避けやすいのがポイントです。

種類も豊富で、好みのデザインやカラーリングの製品を選びやすく、見た目にもこだわりたい方にぴったり。業務などで数字キーを入力する頻度が高い場合に適しています。

テンキーレス

By: rakuten.co.jp

テンキーレスタイプのキーボードは、フルサイズタイプの製品とは異なりテンキーが搭載されていないのが特徴です。数字入力はアルファベットキー上部にある数字キーで行います。

テンキーがない分コンパクトなので、設置スペースを抑えたい方やデスク周りをすっきりとさせたい方にぴったりです。

また、マウスの可動域が広く取れるのもポイント。マウス感度が低い場合はポインターを操作する際に腕を大きく動かす必要があるため、幅広くデスクを使いたい方にも適しています。普段テンキーを使用しない場合はチェックしてみてください。

接続方法で選ぶ

無線(ワイヤレス)

By: rakuten.co.jp

パソコンなどへの接続にケーブルを必要としないのがワイヤレスタイプのキーボード。通信範囲内であれば好きな位置に置けるのが魅力です。ケーブルが絡まったり引っかかったりしないので、操作しやすい製品を探している方に適しています。

種類は大きく分けて2つ。USBレシーバーを使う「2.4GHzワイヤレス」、レシーバー不要で無線接続が行える「Bluetooth」があります。2.4GHzワイヤレスは、接続先にUSBポートが備わっていれば使用できるため、幅広いデバイスでの活用が可能です。

一方、Bluetoothは、接続先が対応している必要がありますが、USBポートを使わずに接続できるのがメリット。充電ケーブルや外部ストレージなど、ほかのデバイスを繋げたい場合に便利です。用途に合わせて選んでみてください。

有線

By: rakuten.co.jp

有線タイプのキーボードは、接続先にケーブルを挿して使用するのが特徴。電波環境に左右されずに使えるので、接続の安定性を重視する方におすすめです。また、入力遅延が比較的少なく、速度が求められるFPSなどのゲームで使いたい方にも適しています。

接続先から電源供給されるため、バッテリー残量切れを気にせず使えるのもメリット。都度充電したり電池を購入したりするといった手間や、ランニングコストをかけずに使える製品を探している方におすすめです。

WindowsやMacなどの対応OSも忘れずにチェック

By: logicool.co.jp

キーボードを選ぶ際は、製品が対応しているOSを確認しましょう。接続先のパソコンやタブレットが非対応のOSだった場合、一部の機能が正常に使用できなかったり、不具合が発生したりする恐れがあります。

製品によって異なりますが、スマートフォンでキーボードを使いたい場合は、iOSやAndroidなどに対応しているかチェックが必要です。

高級キーボードのおすすめ|Windows向け

ロジクール(Logicool) MX MECHANICAL KX850

心地よくタイピングしやすい高級キーボード。薄型ながらメカニカル方式のキースイッチを採用しており、しっかりとしたフィードバックを感じながらタイピングできます。テンキーも搭載されているので、数字も素早く入力可能です。

豊富な機能も魅力のひとつ。専用ソフトである「Logi Options+」を導入すると、一部のキーに機能を割り当てたりバックライトをカスタマイズしたりできます。

接続方法は、BluetoothまたはUSBレシーバーに対応。マルチペアリングも可能で、最大3台のデバイスを切り替えながら使用できます。

ロジクール(Logicool) ERGO K860

長時間使いやすい、おすすめの高級キーボード。キーボード全体が大きくカーブを描いたような、腕や手首の負担を軽減しやすい設計を採用しています。大型のパームレストも搭載されており、安定した状態でタイピング可能です。

底面にはティルトレッグも搭載。角度を調節できるので、姿勢や体格に合わせて使用できます。独自ソフトの「Logi Options+」にも対応。また、接続方法はBluetoothと付属のレシーバーを使用する2.4GHzから選択できます。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S PD-KB800BS

静電容量無接点方式を採用したおすすめの高級キーボード。英語配列をベースとした独自のキー配列を採用しており、ControlキーやFnキーを活用したショートカットを入力しやすいので、効率的にタイピングできます。

Windows対応の専用ソフトを利用すると、キーマップの変更も可能。変更した設定はキーボード本体に保存されるため、ソフトをインストールしていないパソコンでも使い慣れた設定で使用できます。

テンキーレスのコンパクトな設計も特徴のひとつ。Bluetooth接続にも対応しているので、持ち運んで使用したい方にもおすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch2 S FKBN108MPS/JB2

場所を選ばずに使いやすい、おすすめの高級キーボード。静音タイプのメカニカルキーを採用し、タイピング音などを抑えて使用できるのが魅力です。レスポンスにも優れており、素早くスムーズにタイピングできます。

Nキーロールオーバーに対応しているのもポイント。複数のキーを同時に入力してもしっかりと認識されるため、正確なタイピングが可能です。USBとPS/2の2つの接続方法に対応しており、USBの場合は6キーまで同時押しできます。

AKEEYO 静電容量ワイヤレスキーボード AKY-NIZ-TC84-DM-35G

USB接続とBluetoothの両方に対応した、おすすめの高級キーボード。静電容量無接点方式のキーを搭載しているので、軽快にタイピングできます。USB接続の場合はNキーロールオーバーにも対応するため、素早く入力可能です。

Windows用のソフトをインストールすると、キーのカスタマイズもできます。変更した設定はキーボード本体に保存されるので、別のパソコンでも好みの設定のまま使用できます。

コンパクトなテンキーレス設計を採用。静音性にも優れているため、持ち運んで使うのにもおすすめです。

東プレ(Topre) REALFORCE R3UC11

静電容量無接点方式を採用した高級キーボード。列ごとにキーの形状が異なる「ステップスカルプチャー」タイプであり、底打ちせずに入力できるので、軽い力でもスムーズかつ正確にタイピングできます。

専用のソフトを導入すると、全てのキー配置を入れ替え可能。アクチュエーションポイントも4段階で調節でき、カスタマイズした内容はオンボードメモリに2種類まで保存できます。また、Nキーロールオーバーに対応している点も魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) HP 970 Programmableワイヤレスキーボード 3Z729AA

便利な機能が搭載された、おすすめの高級キーボード。「HP Accessory Center」をパソコンにインストールすると、一部のキーにZOOMやPowerPointなどよく使うアプリの起動を割り当てて便利に活用できます。

スマートセンサーの搭載も特徴のひとつ。ユーザーがキーボードの前にいると、周囲の明るさに合わせて自動的に適した輝度でバックライトが点灯します。使用しないときは自動で消灯するので、バッテリーも節約可能です。

充電方法はUSB Type-C。1日8時間のペースで1週間に5日間使用した場合、最大で約6ヶ月以上バッテリーが持続します。

キネシス(Kinesis) Freestyle2 KB800PB-us

楽な姿勢で使いやすい、おすすめの高級キーボード。キーボードが左右に分割されている点が特徴です。自然な手の幅で使いやすく腕や手首、肩などへの負担を抑えやすいため、長時間でも快適に作業できます。

左側のキーボードに、ホットキーが搭載されているのもポイント。戻る・進むなど、よく使う機能があらかじめ割り当てられています。ドライバーが不要なので、難しい設定をせずに使える点も魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) Ultrathin Keyboard CD34

スタイリッシュなデザインが魅力的な、おすすめの高級キーボード。テンキーレスで端までキーがピッタリ敷き詰められた、美しいデザインを採用しています。コンパクトなうえ薄型かつ軽量なので、持ち運びたい方にもおすすめです。

薄型ながらキーストロークは2.5mmと十分。静音性にも優れているため、自宅やオフィス、カフェなどさまざまな場所で気兼ねなく使用できます。

最大3台までのマルチペアリングにも対応。F8~10キーで接続先を切り替えられます。

ロジクール(Logicool) POP KEYS K730

ポップなデザインがおしゃれな、おすすめの高級キーボード。タイプライター風のメカニカルキーを採用しており、軽快にタイピングできます。ソフトを使用してカスタマイズできる、8個の絵文字キーが搭載されている点も特徴です。

接続は独自の「Logi Bolt」またはBluetooth。マルチペアリングにも対応しており、最大で3台のデバイスを登録して切り替えながら使用できます。

高級キーボードのおすすめ|Mac向け

ロジクール(Logicool) MX KEYS mini for mac KX700MPG

コンパクトで使いやすい、おすすめのMac向け高級キーボード。キースイッチにはパンタグラフ方式、キー配列にはMacを操作しやすい英語配列を採用しています。滑らかかつ正確にタイピングしやすい、キー表面が窪んだ形状も魅力です。

Macとの接続には、Bluetoothを使用。専用ソフトをインストールするとキーの機能をカスタマイズしたり、複数デバイス間をシームレスに行き来できる「Flow」機能を設定したりできます。

手を近づけるだけでバックライトが点灯する「スマートイルミネーション」にも対応。薄暗い環境でも快適にタイピングできます。バックライトが不要な場合はオフにもできるので、バッテリーを節約しながら使用可能です。

サテチ(Satechi) Slim X1 Bluetooth Backlit Keyboard ST-BTSX1M

スタイリッシュなデザインのMac向け高級キーボード。英語配列を採用しており、macOSに最適化されたファンクションキーも搭載されています。手前に向かってわずかに傾斜があるので、快適にタイピングしやすい点も魅力です。

本製品はバックライトの搭載もポイント。明るさは10段階で調節できるため、周囲の環境に合わせられます。また、Macとの接続にはBluetoothを採用。最大で3台までのデバイスとペアリングでき、接続先を自由に切り替えながら使用できます。

コンパクトなテンキーレスタイプなので、限られたスペースでも無理なく使用可能。自宅はもちろん、カバンに入れて持ち運んで使うのにもおすすめです。

マティアス(Matias) Wired Aluminum keyboard for Mac FK318S

アルミ筐体が美しい、おすすめのMac向け濃高級キーボード。英語配列を採用しており、数字の入力に便利なテンキーも搭載しています。日常使いはもちろん、プログラミングや事務仕事などさまざまな用途におすすめです。

輝度やボリュームをファンクションキーから操作できるのもポイント。ボリューム調節用の物理ダイヤルも搭載されています。また、数世代前までのmacOSも対応しているので、幅広い機種で使用できるのも魅力です。

MacとはUSBケーブルで接続して使用します。本体にUSBポートが搭載されており、ハブとして使用できるのも特徴のひとつ。有線マウスのケーブルはもちろん、ワイヤレスマウスのドングルや外付けのストレージなどさまざまな機器を接続できます。

マティアス(Matias) Programmable Ergo FK403Q-P

ユニークな形状を採用した、おすすめのMac向け高級キーボード。キーボード本体が2つに分割されており、左右を好きな位置に設置して使用できます。中央の脚を開いて角度をつけたり、パームレストを着脱したりなど、好みのスタイルで使用可能です。

静音タイプの独自タクタイルスイッチを採用しているのもポイント。自宅はもちろん、オフィスでも周囲を気にせず快適にタイピングできます。Nキーロールオーバーにも対応。正確にタイピングできます。

機能のカスタマイズに対応している点も魅力のひとつ。コピーやペーストなどの使用頻度の高い機能はあらかじめ登録されているほか、好みのショートカットも登録できます。

マティアス(Matias) Mini Tactile Pro keyboard FK303

コンパクトで扱いやすい、おすすめのMac向け高級キーボード。緩やかにカーブを描いたデザインを採用しており、スムーズなタイピングをサポートしています。メカニカルタイプのキースイッチを採用しており、しっかりとしたクリック感があるのも魅力です。

本製品は英語配列を採用。ファンクションキーには輝度やボリュームなどの調節機能も割り当てられているので、キーボードからさまざまな操作を行えます。また、Nキーロールオーバーに対応している点も特徴です。

MacとはUSBケーブルで接続して使用します。また、本体にもUSBポートを3基搭載。ハブとしても利用できるため、USBメモリやマウス、SDカードリーダーなどさまざまなアクセサリーを接続して使用できます。

Keychron QMKカスタムメカニカルキーボード Q1

By: keychron.jp

クリエイターにおすすめのMac向け高級キーボード。メカニカル方式のキースイッチを採用しており、心地よい打鍵感を実現しています。快適なタイピングをサポートする「ダブルガスケットデザイン」も特徴です。

本体右上に搭載された、回転式のノブもポイント。専用のソフトをインストールすると、ズームやボリューム調節、ブラシのサイズ変更などの機能やマクロを割り当てられるので、クリエイティブな作業も直感的に行えます。

キー配列は、Mac用の日本語配列を採用。本体上部に搭載されたスイッチにより、Windows向けのレイアウトに変更することも可能です。

Keychron ワイヤレス メカニカル キーボード K8

カスタマイズ性に優れた、おすすめのMac向け高級キーボード。テンキーレスのスッキリとした設計なので、マウスを動かすスペースを広く確保できます。方向キーやデリートキーなどの特殊なキーが、独立しているのも使いやすいポイントです。

打鍵感が心地よい、メカニカル方式のキースイッチを採用。Mac向けに構成されているものの、Windowsレイアウト用のキーキャップも付属しているため、使用するパソコンのOSに合わせて組み替えながら柔軟に使用できます。

接続方法には、BluetoothとUSB Type-Cケーブルを使用した有線の2種類を用意。4000mAhのバッテリーが内蔵されており、バックライトをオフにすれば最大で約240時間充電なしで使用できます。

NuPhy メカニカルキーボード Air75

かわいらしいデザインが魅力のMac向け高級キーボード。人間工学に基づいて設計された独自のキーキャップを搭載しています。キースイッチはメカニカル方式なので、しっかりとしたフィードバックを感じながらタイピング可能です。

デザイン性の高さも魅力のひとつ。全体的にグレーを基調としていながら、スペースキーやエンターキーには鮮やかなカラーのキーキャップを採用し、ポップでかわいらしいデザインを実現しています。

2.4GHzのワイヤレスとBluetooth、有線接続の3種類全てに対応しているのもポイント。気軽に使いたいときはBluetooth、安定性を求めるときはType-Cなど、シーンに合わせて接続方法を選択できます。

東プレ(Topre) REALFORCE R3HG21

心地よい打鍵感が魅力的な、Mac向けのおすすめ高級キーボード。物理的な接点がない静電容量無接点方式を採用しており、軽快にタイピングできます。チャタリングが発生しにくく、耐久性に優れている点も魅力です。

「ステップスカルプチャー」タイプと呼ばれる、列ごとにキーの形状が異なる構造も特徴のひとつ。指の動作をできるだけ抑えてタイピングできるので負担を抑えやすく、スムーズなタイピングをサポートしています。

有線接続のほか、Bluetoothに対応しているのもポイント。Mac向けのキー配列を採用しているものの、iOSやiPad OS、WindowsやAndroidにもワイヤレスで接続して使用できます。

東プレ(Topre) REALFORCE R2TLSA-JP3M

シンプルなデザインで打ち心地もよい、おすすめのMac向け高級キーボード。CommandキーのようなMac用のキーを搭載しながら、半角全角キーを左上に配置しており、MacとWindowsの両方で違和感を抑えて利用できるように配慮されています。

専用ソフトによるカスタマイズに対応しているのもポイント。使わないキーを無効化したりCapsLockとCtrlキーを入れ替えたりなど、使い方に合わせたカスタマイズが可能です。また、アクチュエーションポイントも調節できます。

Nキーロールオーバーにも対応しているため、素早く入力しても正確に反映されるのも特徴。静音性に優れており、周囲を気にせずにスムーズにタイピングできます。