60%キーボードは、少ないスペースでも設置しやすいコンパクトなキーボードです。マウスを操作するスペースを広く取ることができ、ゲーミング向けのモデルも数多くラインナップされています。

本記事では、おすすめの60%キーボードをご紹介。接続方法やキーの種類などの選び方についても併せて解説しているので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

60%キーボードとは?

By: amazon.co.jp

「60%キーボード」は、フルサイズキーボードの約60%のサイズで、F1~F12キーやテンキー、矢印キーなどが排除されています。テンキーを省略したテンキーレスキーボードよりもさらに小さいので、より少ないスペースで設置できるのが魅力です。

マウスの可動域を広げられるのもメリット。マウスを大きく動かすことが多いゲーム用途などで活躍します。すっきりとしたデスク環境を構築したい方にもおすすめです。

モデルや製品によって異なりますが、省略されたキーはFnキーなどとの同時押しにより入力が可能。ただし、多くのキーが省略されているので、普段使いにおいては多少の慣れが必要です。

60%キーボードの選び方

接続方法で選ぶ

有線

By: corsair.com

接続方法は、有線接続とワイヤレス接続の2種類に分けられます。有線接続モデルは、USBケーブルによる接続が主流。ケーブルの取り回しや長さを気にする必要がありますが、バッテリー切れや遅延などを気にすることなく使用できるのがメリットです。

また、なかにはキーボード本体とケーブルを着脱できるモデルなどもあります。万が一断線してもケーブルを交換可能。また、USB Type-Cポートを採用していれば、裏表関係なく接続できるので便利です。

ワイヤレス

By: diatec.co.jp

ワイヤレス接続モデルは、ケーブルの長さや取り回しを気にすることなく使用できるのがメリットです。頻繁に設置場所を移動させる方や持ち運びたい方などにもおすすめ。

Bluetoothのマルチペアリングに対応したモデルであれば、1台で複数のデバイスと接続できるので便利です。ただし、有線接続モデルとは違い、バッテリーの充電や電池の交換をする必要がある点に留意しておきましょう。

キーの種類をチェック

By: razer.com

60%キーボードの多くは、メカニカル式のキースイッチを採用。メカニカルスイッチには「青軸」や「赤軸」などのさまざまな「軸」があり、それぞれ打鍵感や打鍵音が異なります。

例えば、青軸のキースイッチは、しっかりとした打鍵感とカチャカチャと大きめの音がなる打鍵音が特徴。赤軸は滑らかで軽めの打鍵感と、比較的静かな打鍵音でタイピング可能です。

そのほか、静音性の高い静音赤軸や、高速な入力が可能な銀軸などがあります。また、メーカーが独自開発したメカニカルスイッチを搭載したモデルなどもラインナップ。

さらに、物理的な接点を持たない「静電容量無接点方式」という構造のキースイッチも存在。打ち心地のよさと耐久性の高さが魅力で、同スイッチを採用した60%キーボードも販売されています。

配列をチェック

By: razer.com

主に日本で使用されるキーボードは「日本語配列」と「英語配列」の2種類です。日本語配列はJIS配列とも呼ばれ、サイズの大きいエンターキーや全角/半角キー、変換キーなどを搭載しているのが特徴。ひらがな表記の有無は、製品やモデルによって異なります。

英語配列でも日本語入力は可能ですが、特にこだわりのない方や日本語の文章を頻繁に入力する方は、扱いやすい日本語配列のキーボードがおすすめです。

英語配列はUS配列やASCII配列などとも呼ばれ、全角/半角キーや変換キーがないほか、一部のキーの配列や大きさも日本語配列のキーボードと異なります。ゲーム用途では特に不便なく使用できるほか、プログラミングなどの英文字の入力がメインの方におすすめです。

60%キーボードのおすすめモデル

コルセア(Corsair) K65 RGB MIN 60% CH-9194014-JP

鮮やかに光るRGBバックライト機能を搭載した60%キーボードです。汎用性の高い日本語配列モデルで、取り外し可能なUSB Type-Cケーブルを採用しています。全キー同時押しを認識できるNキーロールオーバーや誤入力を防止する100%アンチゴースト、Windowsキーのロック機能などに対応。

キースイッチには、キーの入力が反映される位置を表すアクチュエーションポイントが1.2mmと浅い「Cherry MX RGB Speedキースイッチ(銀軸)」を採用しています。より高速な入力が可能なので、ゲームプレイにおいて優れたパフォーマンスを発揮可能です。

キーキャップには、摩耗や変色に強い高耐久な「PBTダブルショットキーキャップ」を採用しています。

フィルコ(FILCO) Majestouch MINILA-R Convertible FFBTR66M

Bluetoothによるワイヤレス接続と、USBによる有線接続の両方に対応した60%キーボード。Bluetoothで4台、有線で1台の最大5台のデバイスと同時に接続でき、専用のボタンからワンタッチで切り替え可能です。

キーキャップには、ベース部分とキートップ部分が別々になった個性的なデザインの「Patch Keycap」を採用しています。キートップは中心部が凹んでいるので、より快適なタイピングが可能。また、文字が消えにくい2色成型と高耐久なPBT素材を採用しているのもポイントです。

キースイッチにはCHERRY MXスイッチの青軸を搭載。本体裏面のDIPスイッチからキーコードの変更ができ、AppleのiMacなどでも違和感なく使用できる「Mac専用モード(簡易Macモード)」も利用できます。

レイザー(Razer) Huntsman Mini JP RZ03-03390800-R3J1

より滑らかにタイピングができる「RAZER オプティカルスイッチ」を採用したゲーミング向けの60%キーボード。本モデルは日本語配列仕様で、アクチュエーションポイント1.2mmのリニアスイッチを搭載しています。

省略されたテンキー・ファンクションキー・ホームキーは、二次機能やショートカットから簡単にアクセス可能。また、高耐久なダブルショットPBTキーキャップを採用しているので、文字の摩耗などを気にすることなく使用できるのもうれしいポイントです。

専用ソフトウェア「RAZER SYNAPSE 3」に対応しており、キーやライティングの設定など、さまざまなカスタマイズが可能。また、オンボードメモリ機能を搭載しているので、最大5つまでのプロファイルを保存しておけます。

ピーエフユー(PFU) HHKB Professional HYBRID Type-S PD-KB820

Bluetooth接続とUSB接続に対応した60%キーボードです。Bluetooth接続は最大4台までのデバイスを登録でき、簡単なキー操作で素早くデバイスの切り替えができます。

キースイッチには、静電容量無接点方式を採用。高耐久かつしなやかで心地のよいキータッチを実現しています。また、「HYBRID Type-S」構造により、タイピングのしやすさや静音性も良好。用途や場所を選ぶことなく、幅広く使用可能です。

本モデルは日本語配列ですが、英語配列を採用したモデルもラインナップ。DIPスイッチによる制御キーの割り当て変更に加え、専用ソフトウェアでのキーマップの変更に対応しているのもポイントです。変更した設定は本体内に保存されるので、ほかのデバイスに接続しても同じキーマップで使用できます。

ダッキー(DUCKY) One 2 Mini RGB dk-one2-rgb-mini-pw

鮮やかに光るイルミネーション機能を搭載した60%キーボード。数種類のバックライトパターンが用意されており、Fn+Alt+Tキーでパターンを切り替えられます。また、専用ソフトウェアを使用することなく、バックライトのカスタマイズができるのも魅力です。

本モデルのキースイッチには、Cherry MXの静音赤軸を搭載しています。タイピング音をなるべく抑えたい方におすすめです。

USBによる有線接続に対応しており、ケーブルはUSB Type-Cを採用。着脱にも対応しています。底面に、キーボードの傾きを3段階で角度を調節できるアジャスタブルフットを搭載しているのも特徴です。

そのほか、Fnキーと組み合わせて押すことで、音量調節などができるマルチメディア機能に対応。Nキーロールオーバーにも対応しています。

ミステル(Mistel) Barocco MD600v3 RGB Classic Black MD600-RUSPDAAT3

左右分離型の60%キーボードです。左右を分離させてタイピングしやすい位置に配置できるのがメリット。省略されているキーは、Fnキーとあわせて押すことで入力できます。

ハードウェアマクロプログラミング機能により、キーのリマップをしたり、ショートカット操作をひとつのキーに設定したりなどのカスタマイズが可能。また、同機能とは別にQWERTY・Dvorak・Colemakの3つのキー配列が用意されており、好みに合わせて切り替えができます。

本モデルのキースイッチには、Cherry MXの赤軸を搭載。キーキャップにはミステルオリジナルのPBT二色成形キーキャップを採用しています。さらに、多彩な発光パターンが楽しめるLEDバックライト機能を搭載しており、輝度や速度などを細かく設定可能です。