タブレットで大量の文字を入力する際に、あると便利なのが外付けの「タブレット向けキーボード」。ノートパソコン感覚でスムーズなタイピングができるため、フリック入力が苦手な方にとっても重宝するアイテムです。

そこで今回は、タブレット向けキーボードのおすすめモデルをピックアップ。タイプ別に製品をご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

タブレット向けキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

By: elecom.co.jp

タブレットにキーボードを接続する方法には大きく分けて、有線接続と無線接続があります。主に、有線接続はmicroUSBケーブルを使用したタイプで、価格のリーズナブルさと動作が安定していることが魅力です。

無線接続はBluetoothタイプが主流です。一度ペアリング設定をすれば再接続も簡単。ケーブルが不要で、スッキリとした作業環境を構築できます。持ち運びを想定している方におすすめです。

カバー・ケースの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレット向けのキーボードのなかには、本体を保護するカバーやケースとセットになったアイテムもあります。ケース一体型のキーボードのなかには、スタンド機能を搭載したモデルもあり、タブレットを立てかけられるので便利です。

なかでも、立てかける角度を調節できるアイテムであれば、よりノートパソコンに近い感覚で作業できます。タブレットをノートパソコンのように持ち運んで文字入力を行いたい方はぜひ検討してみてください。

キー配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードのキー配列には大きく分けて「日本語配列」と「英語配列」の2つの種類があります。日本語配列は、各種変換キーが搭載されているほか、エンターキーが大きいのが特徴。

一方、英語配列は、かな文字表記のないモデルがほとんどで、エンターキーは小さめです。キーの配置も異なるので、購入する際は注意しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

持ち運びやすさを重視するのであれば、サイズはカバンに入れやすい幅300mm未満がおすすめ。キーボード自体を折りたためるタイプや、テンキーレスタイプのキーボードであればコンパクトな製品が多いので、ぜひチェックしておきましょう。

タブレット向けキーボードのおすすめ|Bluetoothタイプ

ロジクール(Logicool) K380マルチデバイスBluetoothキーボード

スリムかつおしゃれで快適なタイピングを実現

薄型でおしゃれな人気のタブレット向けキーボードです。キーの色が一部異なる、かわいいデザインがポイント。本体サイズは幅約279×奥行124×高さ16mmで、テンキーレスのコンパクトなサイズです。また、重量も423gと軽いので、携帯用にも適しています。

OSは、Windows・macOS・ChromeOS・Android・iOS・iPadOSと幅広く対応。Apple TVにも使用でき、シームレスに作業できるのが魅力です。本製品は、最大3台の機器とマルチペアリングできるので、タブレットだけでなく、スマホやパソコンで使用する場合にも適しています。

くぼんだ薄型のキーは、指先の形状にフィットする構造。スムーズなタイピングをサポートする仕様です。給電には単4電池×2本を使用。約2年間持続するため、ランニングコストが抑えやすいのもメリットです。

ロジクール(Logicool) BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

ダイヤルを回すだけで接続しているデバイスの切り替えが可能

本体にスタンド機能を搭載したタブレット向けのキーボードです。本体サイズは幅約299×奥行195×高さ20mm。本体上部に溝が設けられており、タブレットやスマホを立てて設置できるのが特徴です。

接続にはBluetoothを使用し、3台の機器をマルチペアリング可能。左上に搭載しているダイヤルを回すだけで、接続している機器を切り替えられるのが魅力です。OSは、Windows・macOS・Chrome OS・Android・iOS・iPadOSと幅広く対応。タブレットやスマホ、パソコンなど、機種を選ばず使用できる点がおすすめです。

給電には単4電池×2本を使用。充電やケーブルを接続する必要がないのも本製品のメリットです。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Keyboard AK-A7726121

優れた互換性とコンパクトでスリムな形状が魅力

ミニマルでスタイリッシュなデザインのタブレット向けキーボードです。本体サイズは幅約284×奥行122×高さ18.5mm。テンキーを廃したコンパクトでスリムな形状を採用しています。重量も約190gと軽いので、頻繁に携帯する場合におすすめです。

OSは、Windows・macOS・iOS・Androidに対応。ショートカットキーもそれぞれのOSに対応しています。スリムな形状で、静かになめらかなタイピングが実現できる仕様です。

給電には単4電池を使用。省電力モードも搭載されており、約3ヶ月間電池交換なしで使えます。リーズナブルな価格で販売されているので、はじめてタブレット用にキーボードの購入を考えている方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) スタンド付キーボード(BT) TK-DCP01BK

タブレット用のスタンドを搭載した据え置き型のキーボードです。スタンド部に電源が搭載されており、タブレットの脱着で、電源をオンオフ可能。スムーズに作業に入れるのでおすすめです。

接続にはBluetoothを利用。最大3台までの機器をマルチペアリングでき、スマホやパソコンで使用したい方にも適しています。OSは、Windows・Android・macOS・iOS・iPadOSに対応。幅広い種類の機器で使えるのも魅力です。

本製品は、通常のキーボードよりも重量のある設計を採用。底面には大きめの滑り止めゴムもついており、安定したタイピングが可能です。給電は単3電池×1本を使用。microUSBケーブルによる給電にも対応しているので、電池切れの際も使用できます。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK03

折りたたみが可能なタブレット向けキーボードです。本体の右側および左側を中央に折りたためるのが特徴。コンパクトな形状で収納・持ち運びできるのがポイントです。また、薄型でコンパクトながらタイピングしやすいのもメリット。ほどよいキーピッチ設計で、誤入力しにくい仕様です。

接続にはBluetoothを利用。最大3台までの機器とマルチペアリングできます。ボディ素材にはアルミを採用しており、優れた耐久性を実現。マットな質感でスタイリッシュな印象です。

バッテリーでの使用時間は最大約80時間。旅行や出張に携行する用途もおすすめです。

Ewin Bluetoothキーボード EW-ZR050B

2つに折りたたんでコンパクトに持ち運べるタブレット向けBluetoothキーボードです。Windows・Android・macOS・iOSなどさまざまなOSに対応しており、幅広いデバイスと接続できる汎用性の高さが魅力。ワンタッチで登録したデバイスのペアリングを瞬時に切り替えられます。

本体重量はわずか約157gと軽量設計。表面にレザー素材を採用しており、滑りにくく高級感があるのも魅力です。また、スマホやタブレットなどを立てかけられるスタンドを付属。カフェや図書館など場所を選ばず作業がこなせます。

駆動はバッテリー式で、1回の充電で約60時間の連続使用が可能。携帯性に優れた汎用性の高いタブレット向けキーボードを探している方におすすめです。

タブレット向けキーボードのおすすめ|USBタイプ

エレコム(ELECOM) スタンド付キーボード(トラックボール搭載) TK-DCP03BK

トラックボールを搭載したタブレット向けのキーボードです。本体下部にトラックボールがついており、親指で操作する設計。キーボードによる入力だけでなく、カーソルの操作も行えます。

本体上部には溝が設けられており、タブレットやスマホを立てて設置可能。画面が見やすく、ノートパソコンのように使用できるのがポイントです。スタンド部には電源が搭載されており、タブレットの着脱によって、オンオフが可能。スムーズに作業を開始できる点がおすすめです。

本製品はケーブルによる有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応。最大で4台までのマルチペアリングが可能です。

ぺリックス(Perixx) PERIBOARD-422 Wired Mini USB-C Keyboard

コンパクトなデザインで、限られたスペースを有効活用できるタブレット向けキーボード。テンキーレスタイプで、無駄を省いたミニマルなデザインがポイントです。

接続には、USB Type-C端子を利用。ドライバーのインストールやペアリングの設定がいらず、ケーブルをつなぐだけで使用できます。背面には角度調節スタンドを搭載。キーボードにタイピングしやすい傾斜がつけられる点もおすすめです。

サンコー(THANKO) 有線ミニキーボード MFAPKEY4

iPhoneやiPadに最適化された有線タイプのタブレット向けキーボードです。ケーブルにLightningを採用しており、iPhoneやiPadのポートに挿し込むだけで使用可能。バッテリーも不要なので、電池切れを気にせず使えるのが特徴です。

本体重量わずか312gと軽量設計なので、手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。コンパクトながらキーピッチは約19mmと一般的なので、快適にタイピングできます。キースイッチはパンタグラフ方式を採用しており、スピーディーに打ち込めるのもポイント。

バッテリー不要でどこでも使えるiPad・iPhone向けキーボードを探している方はチェックしてみてください。

タブレット向けキーボードのおすすめ|カバー/ケースタイプ

アップル(Apple) Magic Keyboard MXQT2J/A

第4世代のiPad Air、第2世代の11インチiPad Pro用のApple純正キーボードです。まるでMacBookで作業しているかのような快適さを実現できます。iPadをマグネットで取り付けて見やすい角度にスムーズに調節できるのも魅力です。

カーソル移動ができるトラックパッドも備えているので、効率的に作業できるのも特徴です。また、パススルー充電が可能なUSB Type-Cポートを搭載しています。さらに、バックライトキーを採用しているので、暗闇でも正確なタイピングが可能です。

価格は高めですが、高性能なカバータイプのキーボードを探している方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) SLIM FOLIO PRO iK1174A

iPad Pro用に設計されたスタイリッシュなタブレット向けキーボードです。第1世代と第2世代のiPad Pro 11インチに加え、第3世代と第4世代のiPad Pro 12.9インチに対応。第2世代のApple Pencilを保管できるスペースも搭載されています。

本製品は、キーボードとタブレットを垂直にドッキングする「タイピングモード」や、メモ書きやイラストを描くのに適した「スケッチモード」、キーボード部を後ろに折りたたむ「リーディングモード」など、3種類のモードを切り替えて使用可能。目的に応じて、使いやすい形状にできるのが魅力です。

キーにはバックライトが搭載されており、3つの輝度レベルを調節できる仕様。暗い場所や夜間の作業にもおすすめです。未使用時は、磁気ラッチによってケースがしっかりと閉じられる構造。タブレットの画面を保護できる点もメリットです。

エレコム(ELECOM) イタリアンソフトレザーBluetoothキーボード TK-RC30HBK

高級感のあるデザインが魅力的なタブレット向けキーボード。イタリアンソフトレザーカバーと一体になっており、なめらかかつ上質な手触りです。

接続にはBluetoothを利用。ケーブルをつなぐ必要がなく、スッキリと手軽に接続できるのがポイントです。キーボードを閉じても約18mmの厚さなので、鞄に収まりやすく、携帯用としてもおすすめ。使用する際にはスタンド機能によって、タブレット画面を立てて使えます。

タブレットのサイズは8.5~10.5インチに対応。4隅をシリコンバンドでホールドする設計により、しっかりと固定できるのがメリットです。

ファーウェイ(HUAWEI) Smart Magnetic Keyboard HUAWEI MatePad Pro対応キーボード

HUAWEI MatePad Pro用に設計されたキーボードです。マグネットでタブレット本体を接続するだけで、ペアリングが可能。充電も自動で開始します。画面アングルの調節は2段階で切り替えられる構造。見やすい角度にタブレットを調節できるのがポイントです。

キーボードを閉じれば、タブレット本体をしっかりと保護。傷や衝撃を軽減し、鞄に入れて持ち運ぶ際にも便利です。キー配列は英語配列を採用しているので、日本語配列に慣れている方は注意が必要。かな文字がなく、スッキリとしたキーデザインを求めている方におすすめです。

Cooper Cases BACKLIGHT EXECUTIVE CPR160RSE070

コンパクトサイズのタブレット向けに設計されたキーボードです。7~8インチサイズのタブレットで使用可能。シリコンで覆われたプラスチックの留め具を搭載しており、タブレットを傷付けずに固定します。

キーにはバックライトを搭載しているので、夜間や暗い場所での使用にもおすすめ。電球マークがついたキーと矢印キーで、7種類のカラーが切り替えられるのもポイントです。接続にはBluetooth3.0を利用。ケーブルをつなぐ必要がなく、手軽に使える点もおすすめです。

タブレット向けキーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タブレット向けキーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。