タブレット市場を牽引するApple社の「iPad」。動画やゲーム、SNSなどのアプリコンテンツが楽しめるのはもちろん、ビジネスツールとしても活躍する便利なアイテムです。

とはいえ、タッチパネルでの文字入力はストレスを感じる場合もあります。そこで今回は、iPadにおすすめのキーボードをご紹介。iPadでスムーズにタイピングしたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

iPadでキーボードを使うメリット

By: rakuten.co.jp

iPadは、ソフトウェアキーボードを使用すれば、単体でもタッチパネル上で文字入力が可能です。しかし、キーの境目を指先で感じられないので、誤入力を起こしやすいのがデメリット。また、ソフトウェアキーボードの表示により、画面の下部が埋まってしまうのも難点です。

そのため、文字入力を行う頻度が高い方や長い文章を打ち込む方には、外付けタイプのキーボードを使用するのがおすすめ。パソコンと同様にショートカットキーも使用できるため、画面をタップして入力するよりも作業効率をアップできます。

最近では、打鍵感がよく快適に入力できるキーボードや、持ち運びやすいコンパクトなモデルなど、ラインナップが豊富。iPadをより便利に活用したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

iPadキーボードの選び方

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類。どちらもアルファベットの配列は同じですが、記号の位置が異なります。

日本においては日本語配列のキーボードが親しまれていますが、iPadは英語配列をベースとして作られている点には注意が必要です。選ぶときは、キーボードの配列もチェックしておきましょう。

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続タイプのキーボードはワイヤレスで接続できるので、さまざまな場所ですっきり作業できるのが魅力。コードのわずらわしさから開放されるうえ、持ち運びにも最適です。

なお、最近はiPadだけでなく他のOSのパソコンやスマホにも接続できる「マルチOS」対応モデルも登場。複数のデバイスでキーボードを兼用できるため非常に便利です。

有線接続

By: amazon.co.jp

有線接続タイプはペアリングなどの設定が不要で、iPadに接続すればすぐに使えるのがメリットです。ワイヤレス接続と異なり、電波干渉の影響を受けないため、常に安定した接続を保てます。

また、Bluetooth接続タイプのキーボードだと、充電や電池交換などの電力供給が必要ですが、有線タイプは接続するiPadから電力を供給するため手間がかかりません。充電切れにストレスを感じる方におすすめです。

ケース一体型も便利

By: rakuten.co.jp

ケース一体型のキーボードなら、衝撃や傷からiPadを守る役割も果たせます。iPadとキーボードをひとまとめにして持ち運べるため、携帯性を重視する方にもおすすめです。

また、ケース一体型のキーボードのなかにはスタンド機能を搭載したモデルもあり、iPadを立てかけられるのが特徴。製品によっては立てかける角度を調節でき、よりノートパソコンに近い感覚で作業できます。iPadをノートパソコンのように持ち運んで文字入力を行いたい方は、ぜひ検討してみてください。

iPadにおすすめのキーボード

アップル(Apple) iPad Pro用 Magic Keyboard MXQT2J/A

11インチのiPad Pro(第1・2世代)向けに作られたケース一体型キーボード。フルサイズのバックライトキーボードを備えており、薄暗い場所でも快適にタイピングができます。ケースとしても使えるため、大切なiPadをキズや汚れから保護したい方にもおすすめです。

iPad Proを充電できるUSB-Cポートが搭載されているほか、見やすい角度に調節できる「フローティングカンチレバー」や、直感的に操作できるトラックパッドなども搭載。また、キーストロークが1mmのシザー構造を採用することで、静かながらレスポンスのよいタイピングができるのも魅力です。

アップル(Apple) iPad・iPad Air用 Smart Keyboard MX3L2J/A

iPad(第7世代)とiPad Air(第7世代)、10.5インチのiPad Proに対応しているケース一体型キーボード。iPadの側面に搭載している「Smart Connector」を使って接続すれば、ペアリング設定をしなくてもすぐに使えます。

電源はiPadから直接給電されるため、充電や電池交換をする必要がありません。気軽に持ち運べる軽さを実現していながら、快適にタイピングができるフルサイズのキーレイアウトを採用しているのもポイント。また、キーボードを折りたためば、キズや汚れからiPadを守る保護ケースとしても使えます。

ロジクール(Logicool) KEYS-TO-GO Ultra-portable Keyboard iK1042BKA

基本性能が充実したワイヤレスキーボードです。重量約180g・厚さ約6mmの軽量コンパクトボディながら、フル充電で最長3ヶ月タイピングができる大容量バッテリーを搭載。充電するのが面倒な方でもストレスなく快適に使えます。

キーボード表面は液体を弾くカバーで覆われているため、飲み物をこぼしたときに故障するリスクを軽減。汚れや小さいゴミなどからキーボードを守れるのも魅力です。汚れたらサッと拭き取るだけでキレイにできます。場所を選ばずに使用できる脱着式のスタンドが付属しているのも嬉しいポイントです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothキーボード K380

価格と性能のバランスに優れたワイヤレスキーボードです。へこみのある薄型の丸いキーを採用することで、静かで滑らかなタイピングを実現。カフェやオフィスのような公共の場所でも快適に使えます。

最大3台までの登録済みデバイスを瞬時に切り替えられる「EASY-Switchボタン」や、電源を自動でオフにするスリープ機能などの基本性能が充実しているほか、アルカリ単4乾電池2本で最長2年間使える省エネ設計も魅力です。

ロジクール(Logicool) SLIM FOLIO PRO iK1174A

11インチのiPad Pro(第1・2世代)ユーザーにおすすめのケース一体型キーボードです。3段階の明るさ調節が可能なバックライトや、スタンド状態にすると電源が自動で入る機能を搭載しており、便利に使えます。

用途やシチュエーションに合わせて使い分けられる「タイピング」「スケッチ」「リーディング」の3モードに対応しているのも魅力のひとつ。表面には、なめらかな感触の素材を採用しています。1回のフル充電で、1日2時間使用しても約3ヶ月連続で使える大容量バッテリーを搭載しているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) スタンド付キーボード TK-DCP03BK

マルチOS対応のワイヤレスキーボード。iOSやmacOSのほか、AndroidとWindowsにも対応しており、iPad以外のデバイスでも最適な入力モードで使用可能です。電源は乾電池だけでなくUSB給電にも対応しています。

そのほか、スタンドにデバイスを立てかけるだけで自動的に電源がつく機能や、デバイスをワンタッチで切り替えられるスイッチなど、便利な機能を多数搭載しているのが魅力。iPad上の操作がラクになるトラックボールが付いているのもポイントです。

また、ひとつひとつのキーが独立しているアイソレーション設計や、キートップの印字が見やすいオリジナルフォントにより、快適にタイピングできます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iPad用Lightningキーボード SKB-IP3BK

Lightningケーブルを搭載しているiPad用キーボード。iPadのコネクタ部分に挿すだけで使える手軽さが最大の魅力です。電源はiPadからケーブル経由で直接給電されるため、電池切れで使えなくなる心配がありません。

手が疲れにくいパンタグラフ方式を採用しているのも魅力のひとつ。キートップには、アルファベットとひらがなの両方が印字されており、「ショートカット機能」を使えばローマ字入力とかな入力を瞬時に切り替えて使えます。重量は約305gと比較的軽量なので、持ち歩いて使いたい方にもおすすめです。

ユニーク(UNIQ) mokibo MKB316

キーの表面がタッチパッドに変化するワイヤレスキーボード。キーボードモードと簡単に切り替えられる2種類のタッチパッドモードを搭載しており、スクロールやズームなどもキーボードから行えます。

重さ約245g、厚み7.5mmのコンパクトサイズが特徴。本体背面に電源スイッチが備わっているため、持ち運んで使うのにも適しています。USB充電式で、1度の満充電で約26時間使用できるので、外に持ち出して作業したい場合にも便利です。

接続方法にはBluetoothを採用。最大で3つの機器と接続できます。iOS・macOS・Android・Windowsに対応しており、それぞれに適したキーレイアウト設定が可能。さまざまなデバイスと接続して使いたい方におすすめです。

スリーイーホールディングス(3E Holdings) TOUCH+ 3E-BKY5

両サイドの折りたたみが可能なキーボード。従来からタッチパッドが搭載されていましたが、本モデルからiPadOS13.1以降のiPadシリーズでも対応できるようになり、汎用性が高いのが特徴です。

本体をカバーする素材にはアルミを使用しており、耐久性は良好。重さも204gと軽く、ストレスなく持ち運べるのもポイントです。

充電時間は2時間、連続使用は約70時間とスタミナも十分。さらに大きめのキーを採用しており、打鍵感も快適です。モバイル用途に適したキーボードを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

Jelly Comb Bluetoothキーボード B046

便利な機能が充実したワイヤレスキーボード。iPadを立てられるスタンドが付いているため、ノートパソコンのように使えます。複数のデバイス間で切り替えて使えるマルチデバイスペアリング機能や、10〜15分間操作がないとスリープモードになる機能など、便利な機能を多数搭載しているのが特徴です。

指にフィットする形状のキーを採用することで、快適にタイピング可能。また、1回の充電で約40時間以上使える180mAhのバッテリーを搭載しているため、旅行や出張などの外出先でも安心して使用可能です。

METIS メカニカルキーボード NDR-RK61

青軸のキースイッチを採用したメカニカルキーボード。入力時の爽快感があるので、カチャカチャと気持ちよくタイピングしたい方におすすめです。

1回の充電で約10時間の文字入力が可能な大容量バッテリーや、3台のデバイスに同時接続して切り替えられるマルチペアリングなど基本性能も充実。LEDバックライトが付いているのもポイントです。

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色から選択可能。キーの数は61・71・87・104の4種類から選べます。

Ewin Bluetoothキーボード EW-ZR050B

コストパフォーマンスに優れたワイヤレスキーボードです。リーズナブルな価格を実現ながら、約60時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを採用しています。キーボードを開くと自動で電源が入る機能や、最大3台までのデバイスと接続できるマルチペアリング機能を搭載しているのも特徴です。

キーボードの外装にはレザー素材を採用しているので、落ち着いたデザインのキーボードが欲しい方におすすめ。使用しないときはスマホとほぼ同じサイズに折りたためるため、どこにでも気軽に持ち運んで使えます。

Serafim Keybo 102JP

スタイリッシュな見た目が特徴のレーザー投影式キーボード。電源を入れると、平らな面にレーザーでバーチャルキーボードが投影されます。タイピングしやすい円形デザインのキーを採用しているのが特徴です。

本体には2000mAhのリチウムポリマー電池が内蔵されており、スマホやタブレットの充電ができるモバイルバッテリーとしても使用可能。気軽に持ち運んで使える手のひらサイズを実現しているのもポイントです。

また、専用のアプリを使えば、キーボード部分がピアノの鍵盤に変わり、バーチャルで楽器の演奏が楽しめます。さまざまな使い方ができるマルチな1台です。