タブレット市場を牽引する、AppleのiPad。動画やゲーム、SNSなどのアプリコンテンツが楽しめるのはもちろん、ビジネスツールとしても活躍する便利なアイテムです。

とはいえ、タッチパネルでの文字入力は、ストレスを感じる場合もあります。そこで今回は、「iPadにおすすめのキーボード」をご紹介。iPadでスムーズにタイピングしたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

iPadでキーボードを使うメリット

By: amazon.co.jp

iPadは、ソフトウェアキーボードを使用すれば、単体でもタッチパネル上で文字入力が可能です。しかし、キーの境目を指先で感じられないので、誤入力を起こしやすいのがデメリット。また、ソフトウェアキーボードの表示により、画面の下部が埋まってしまうのも難点です。

そのため、文字入力を行う頻度が高い方や長い文章を打ち込む方には、外付けタイプのキーボードを使用するのがおすすめ。パソコンと同様にショートカットキーも使用できるので、画面をタップして入力するよりも、作業効率をアップできます。

最近では、打感がよく快適に入力できるキーボードや、持ち運びやすいコンパクトなモデルなど、ラインナップが豊富。iPadをより便利に活用したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

iPadキーボードの選び方

キーボードの配列で選ぶ

By: amazon.co.jp

キーボードの配列は大きく分けて「日本語配列(JIS)」と「英語配列(US)」の2種類。どちらもアルファベットの配列は同じですが、記号の位置が異なります。

日本においては日本語配列のキーボードが親しまれていますが、iPadは英語配列をベースとして作られている点には注意が必要です。選ぶときは、キーボードの配列もチェックしておきましょう。

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続タイプのキーボードはワイヤレスで接続できるので、さまざまな場所ですっきり作業できるのが魅力。コードのわずらわしさから開放されるうえ、持ち運びにも便利です。

なお、最近はiPadだけでなくパソコンやスマホにも接続できる「マルチOS」対応モデルも登場しており、複数のデバイスでキーボードを兼用することが可能。なお、iPadと同時に、WindowsのパソコンやAndroid端末を使いたい方は、OSが対応しているかを確認しておきましょう。

有線接続

By: amazon.co.jp

有線接続タイプは面倒な設定が不要で、iPadに接続すればすぐに使えるのがメリットです。ワイヤレス接続とは異なり電波干渉の影響を受けないので、常に安定した接続を保てます。

また、Bluetooth接続タイプのキーボードは充電や電池交換などの電力供給を必要としますが、有線タイプは接続するiPadから電力を供給するため手間いらず。充電切れにストレスを感じる方におすすめです。

ただし、Lightningケーブルを搭載したiOS対応キーボードの製品数は多くありません。製品によっては、コネクタがUSB Type-Cにのみ対応している場合もあるので、注意しておきましょう。

ケース一体型も便利

By: rakuten.co.jp

ケース一体型のキーボードなら、衝撃や傷からiPadを守る役割も果たせます。iPadとキーボードをひとまとめにして持ち運べるため、携帯性を重視する方にもおすすめです。

また、ケース一体型のキーボードのなかにはスタンド機能を搭載したモデルもあり、iPadを立てかけられるのが特徴。製品によっては立てかける角度を調節でき、よりノートパソコンに近い感覚で作業できます。iPadをノートパソコンのように持ち運んで文字入力を行いたい方は、ぜひ検討してみてください。

iPadにおすすめのキーボード

アップル(Apple) iPad用Smart Keyboard

By: apple.com

アップルが開発した、純正のカバー一体型キーボードです。10.2インチのiPad(第7世代)・iPad Air(第3世代)・10.5インチのiPad Proに対応。各iPadの側面に搭載された「Smart Connector」を使って接続するので、別途電源の確保やBluetooth設定が必要なく、手軽に使用できます。

軽量コンパクトなボディに、フルサイズのキーレイアウトを搭載。キーストロークは浅めですがキーピッチが約18mmと広いため、手が大きめの方でも快適に使えます。また、キー配列に英語配列(US/UK)だけではなく、日本語配列(JIS)を選択できるのも嬉しいポイントです。

アップル(Apple) iPad Pro用Smart Keyboard Folio

アップルが11インチのiPad Pro向けに開発した、純正のケース一体型キーボードです。接続には、iPad Pro背面のSmart Connectorを使用。不使用時は両面をカバーできるデザインで、大切な端末を傷つけず快適に持ち運べます。また、キー配列は英語配列と日本語配列の両方から選択可能です。

iPad Proに接続して画面の下部を数回タップすると、文字装飾やコピー&ペーストができるショートカットバーを表示するほか、ショートカットキーの入力にも対応します。スリープモードの自動解除に対応しているのも魅力。さらに、キーボード奥に溝が設けられているため、画面の傾きを2段階で調節できます。

アップル(Apple) Magic Keyboard テンキー付き

クリエイターから人気を集める、アップル純正のBluetoothキーボードです。元々はiMacやMac Pro向けに開発されたワイヤレスキーボードですが、iPadやMacBookでも使用が可能。アップルのデバイスを複数所有している方におすすめです。

本製品は、洗練された打鍵感が特徴。各キーの下に設けられた「シザー構造」がキーの安定性を高め、幅広のキーピッチと緩やかな傾斜角が快適なタイピングを実現します。テンキーも完備しており、ExcelやNumbersなどでの数字入力もスムーズです。

本体の重さは約390gと軽量。充電には付属のLightningケーブルを使用しますが、1回のフル充電で約1ヶ月間駆動できます。

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBP102BK

ノートパソコンに似た感覚で打てるBluetoothキーボードです。キータイプには、ノートパソコンのキーボードにも使われる「パンタグラフ方式」を採用。キーの反発が小さいため軽く入力でき、手指への負担も比較的少ないのが特徴です。

対応OSはiOS・Mac OS・Android・Windows。最大3台までのマルチペアリングにも対応しています。切り替えボタンを押すだけで、登録したデバイスを瞬時に切り替え可能。OSの異なる機器を複数所有している方におすすめです。

本体の重さは約264gと軽量なので、持ち運びにも便利。13種類のマルチファンクションキーも搭載しており、専用キーを押すだけでウェブブラウザや音楽再生の操作が簡単に実行できます。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスBluetooth ウルトラスリムキーボード TK-SLP01

携帯性と打ちやすさを実現した、Bluetoothキーボード。付属のキーボードケースには質感のよい素材が採用されており、スタンドとしても使用できます。スタンドは12.9インチまでのタブレットに対応するため、iPad Proでの使用にもおすすめです。

幅257×奥行き142×高さ7.2mmのスリム設計もポイント。12.9インチ対応モデルながら重さが約211gと軽いので、バッグへの収納や持ち運びにも適しています。

キータイプには、ノートパソコンのキーボードと同じ「パンタグラフ式」を採用。キーピッチが17.2mmと幅広のため、タイプミスを抑えて快適に入力できます。

エレコム(ELECOM) スタンド付キーボード(BT) TK-DCP01BK

心地よい打鍵感が得られる、据え置き型キーボードです。本体重量が約440gとやや重めの設計で、底面に滑り止めゴムを4つ配置しているのが特徴。携帯には向きませんが、力を入れてタイピングしてもキーボードがずれにくく安定した文字入力を実現します。

対応OSは、iOS・Android・Mac OS・Windows。iPadの場合、12.9インチの大きさまで対応可能です。キーボード上部のスリットにデバイスを設置するだけで電源が入るため、スムーズに作業を開始できます。

電源には単3乾電池を1本使用し、約6ヶ月間の駆動が可能。また、USBケーブルを使えば、接続機器から給電しながら駆動できます。電池切れが気になる方にもおすすめの製品です。

ロジクール(Logicool) BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

スタンド機能が搭載された、薄型のBluetoothキーボードです。本体上部の溝にスマホやタブレットを立てかけられ、端末の縦置きにも対応します。最大3台までのマルチペアリングにも対応可能。入力先デバイスは、キーボード本体左側のダイヤルを回すだけで簡単に切り替えられます。

また、iOS・Mac OS・Android・Chrome OS・Windowsといった多彩なOS機器で使用できるのも魅力です。本体サイズは幅299×奥行き195×高さ20mm。一度フル充電したら最長2年間も使えるため、充電切れが心配な方にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) SLIM COMBO iPad Pro iK1092BLA

第2世代のiPad Proシリーズと高い親和性を持つ、ケース一体型のキーボードです。サードパーティ製ながら、Smart Connectorで接続できるのが特徴。iPad Proから給電する方式なので、装着するだけですぐに使用可能です。また、省電力設計のため、1時間タイピングしてもバッテリーの消費が少なく済みます。

調節可能なキックスタンドにより、4種類の使用モードに切り替えできるのもポイント。通常の「タイピングモード」や「表示モード」のほか、縦位置に置いてビデオチャットなどが快適に行える「FaceTimeモード」なども備えています。

本体のキーボード上部には、ウェブや音楽の操作に対応するiOSショートカットキーを搭載。側面にはApple Pencil(第1世代)を収納できるホルダーも備えています。

ロジクール(Logicool) RUGGED FOLIO FOR iPad(7TH GEN) iK1054BKA

耐久性に優れた、iPad(第7世代)専用のケース一体型キーボードです。軍用規格の落下試験をパスした、強力な耐衝撃性が特徴。さらに、キーボードには耐水・防粉加工が施されています。野外でiPadを使用する方はもちろん、アクシデントの多い教育現場での使用にもおすすめです。

本体のキックスタンドを調節して、4種類の使用モードで使い分けられるのも魅力。iPadを緩い傾斜で置ける「スケッチモード」を使えば、メモ書きやイラスト制作が快適に進められます。

接続には、Smart Connectorを使用。側面にApple Pencil(第1世代)やロジクール製スタイラスペンを収納できる、便利なホルダーが搭載されているのもポイントです。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK06

優れた携帯性と打ちやすさで人気の、折りたたみ式Bluetoothキーボードです。折り畳んだときの厚さは約12mmで、重さが176gと軽量コンパクトなのが特徴。一般的なスマートフォンほどのサイズ感に収まるので、小さめのバッグにも簡単に収納できます。

人間工学に基づいた、166°の逆八の字型デザインもポイント。両腕の間隔が窮屈にならずに打てるため、長時間の文字入力でも疲れにくいのが魅力です。また、静音設計なので、オフィスやカフェでも気兼ねなく使用できます。

iOSのほか、Android・Windows・Mac OSに対応。1回のフル充電で約60時間使用できるため、数日間の旅行や出張にも十分対応できます。

Arteck ウルトラスリムBluetoothキーボード 7カラーLEDバックライト

LEDバックライトによる演出がスタイリッシュなBluetoothキーボードです。LEDの色は7色から選択でき、明るさも2段階で調節できるのが特徴。暗めの室内でもキーの確認がしやすいほか、ゲーミングの場面ではプレイ時の気分を盛り上げます。

本体のサイズは、幅247×奥行き150×高さ6mmのコンパクトな薄型設計。重さが約167gと軽量なので、簡単に持ち運べます。LEDバックライトをオフにした場合、一度のフル充電で最長6ヶ月間も使用可能です。対応OSはiOS・Android・Windows・Mac OS。加えて、PS4などの家庭用ゲーム機にも使用できます。

Arteck iPad Mini用キーボード

iPad miniシリーズ向けに設計されたBluetoothキーボードです。iPad mini 4およびmini 5に対応。重さ約227gの軽量設計で、iPad miniを小型のノートパソコンとして使用したい方におすすめです。

特殊なヒンジ構造の採用により、iPad画面の傾きを130°まで調節可能。猫背にならず画面が確認できるので、使用中に首が疲れにくいのもポイントです。1時間の充電で最長50時間の連続使用が可能。オートスリープにも対応しているため、消費電力を節約できます。コンパクトながら、大きめのキーで打ちやすいのも魅力です。

COO iPad キーボードケース

脱着式Bluetoothキーボードと保護ケースが一体になっているモデルです。通常のiPadだけでなく、iPad AirやiPad Pro などの複数モデルにも対応します。キーボードはオートスリープ機能が搭載された省エネ設計。フル充電時には60~90時間の連続使用ができる大容量バッテリーなので、出張時や外出先でも活躍します。

iOSはもちろん、AndroidやWindowsのOSにも対応。ショートカットキーで簡単にシステムを切り替えられるので、複数のデバイスで作業をする方にもおすすめです。

また、iPadを立てかけるスタンドは人間工学に基づいて設計されています。アングルを自分に合わせて調整でき、作業しやすい姿勢を保てる仕様です。収納ケースには耐久性や防水性を有したPUレザーを採用。耐衝撃性のある硬いプラスチックを背面に使用しているため、安心して持ち運びできるのもポイントです。

Ewin キーボード付きケース

Bluetoothキーボードとケースが一体型になっているモデル。10.2インチのiPadと10.5インチのiPad Air・iPad Proに対応しています。ケースの背面部に滑り止め用の固定スタンドが付いているため、安定した状態でタイピング可能です。

人間工学に基づいたデザインを採用しており、長時間タイピングしたときに疲れにくいのもポイント。押したときのクリック感がしっかりとあるので、快適に文字入力ができます。また、ケース部分にApple Pencil用のホルダーが付いているため、iPadでイラストを描く機会が多い方にもおすすめです。

サンコー(THANKO) 電池要らず! iPhone/iPad用有線ミニキーボード

小型軽量で気軽に使える、有線式のキーボード。一体型のLightningケーブルをiPadのポートに挿すだけで、キー入力を開始できます。Bluetoothキーボードと異なりペアリングなどの設定が不要なので、思い立ったときにすぐ使用できるのがポイントです。

本製品はiPadから電力を供給して駆動するタイプのため、キーボード本体の充電管理も不要。また、重さが約312gと軽量コンパクトなので、簡単に持ち運べます。キーピッチは一般的なキーボードと同じ約19mmで、程よい打鍵感も魅力です。