パソコンでの文字入力に欠かせないキーボード。見た目はどれも同じように見えますが、実は製品ごとにキーの構造が大きく異なります。ちょっとした調べものする程度なら気にする必要はありませんが、仕事でパソコンを使う方や、パソコンでゲームをする方はキーボード選びが重要です。

そこで今回は、メカニカルキーボードをご紹介。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、最新の機能を搭載したハイスペックなモノまで、おすすめのメカニカルキーボードをご紹介します。

メカニカルキーボードとは?

By: amazon.co.jp

ノートパソコンや安価なキーボードは、上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノがほとんどです。これらのキーボードは、部分的な修理ができないため、どこか1つでもキースイッチが壊れてしまうとキーボードを丸ごと交換しなければなりません。

一方で、メカニカルキーボードは、各キースイッチに機械式スイッチと金属製のバネ(スプリング)を組み込んだ特殊な構造を採用しているので、仮に1つのキースイッチが壊れても部分的に交換すればそのまま使い続けられます。使う用途に合わせてキーの軽さ・スイッチ感・音の大きさなどが自由に選べるのもメカニカルキーボードならではの魅力です。

メカニカルキーボードを選ぶメリット

By: amazon.co.jp

耐久性が高い

メカニカルキーボードは、キースイッチが丈夫な金属パーツで作られているので、メンブレンやパンタグラフと比べて強固で壊れにくいのが特徴。一般的なキーボードは約1~2千万回の打鍵が寿命と言われていますが、メカニカルキーボードはそれを上回る、約5千万回~1億回という高い耐久性を備えています。

仮にキースイッチが壊れても、壊れた部分だけを取り換えられるので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

手が疲れにくい

メンブレンやパンタグラフといったキーボードは、キースイッチを底までしっかり押さないと入力が認識されないため、長時間キーボードを使って作業をしていると手や指に疲れが溜まってしまいます。

一方で、メカニカルキーボードには、キースイッチが底に達する前に感じる引っかかりがあるので、一度慣れてしまえば手や指に負担を掛けることなく軽いタッチで快適に文字入力が行えます。

メカニカルキーボードを選ぶデメリット

By: amazon.co.jp

価格が高い

メカニカルキーボードは、キースイッチに複雑な仕組みの機械式スイッチを採用しているので、一般的なキーボードよりも高価です。メンブレンやパンタグラフが1000~2000円程度で購入できるのに対し、メカニカルキーボードは1万円前後と価格が高めなので、コストを重視する方にはあまり向いていません。

キーボードで1万円と聞くと高いイメージがありますが、メカニカルキーボードは一度購入すれば長期間使えるので、安いキーボードを何度も買い替えるよりは、一度思い切って高価なメカニカルキーボードを購入してしまった方がトータルで考えるとお得です。

打鍵音が大きい

メカニカルキーボードは、キースイッチを押すと独特なスイッチ感のある打鍵音がします。慣れればクセになる心地のよい音ですが、従来のキーボードよりも打鍵音が大きいので、カフェやオフィスなどで使う場合には周囲の人への配慮が必要です。

周囲への影響を気にせずメカニカルキーボードを使いたいなら、打鍵音の比較的小さな「赤軸」を選ぶか、打鍵音を小さくする「静音化リング」を取り付けるなどして、周囲の人に迷惑が掛からないよう配慮しましょう。

メカニカルキーボードの選び方

軸の種類をチェック

メカニカルキーボードには「赤軸」「青軸」「茶軸」など、いろいろな軸の製品があります。軸の種類によって、キーの軽さ・スイッチ感・打鍵音などが大きく違ってくるので、メカニカルキーボードを選ぶ際には、あらかじめ各軸の特徴をしっかりと理解しておきましょう。

軽いタッチ感の「赤軸」

By: cherryamericas.com

赤軸は軽いタッチ感のキースイッチです。力を入れなくてもキーがしっかりと反応するため、長時間の作業でも手が疲れることなく快適に使えます。数あるキースイッチの中でも比較的扱いやすいので、初めてメカニカルキーボードを選ぶ初心者の方に最適です。

打鍵音が小さくタイピング中の音が抑えめなので、カフェやオフィスでの使用にもおすすめ。マイクがタイピング中の音を拾う心配がないので、通話しながらゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

スイッチ感の強い「青軸」

By: cherryamericas.com

青軸はスイッチ感の強い打鍵が特徴的なキースイッチです。クリック感が強いので、しっかりと入力している感触が欲しいユーザーにおすすめ。リズム感のある「カチャカチャ」とした打鍵音も青軸ならではの魅力です。

ただし、タイピング時に聞こえる打鍵音は大きめなので、カフェやオフィスで使う方、通話しながらゲームを楽しみたい方は注意しましょう。

バランスのよい「茶軸」

By: cherryamericas.com

茶軸は適度なクリック感と重みがあるキースイッチです。青軸と赤軸の中間にあたる使い心地なので赤軸と青軸の特徴を兼ね備えたキーボードを探している方に最適です。

あまり癖がなく一般的なキーボードに近い感覚で使えるので、メカニカルキーボード初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめ。青軸ほどではありませんが、タイピング中の打鍵音が少し気になるので、周囲に人がいる環境で使う方は注意が必要です。

機能面をチェック

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードを選ぶ際には、機能面も重要なポイントのひとつ。さまざまな機能が付いていれば、それだけキーボードが使いやすくなるので、作業効率を上げたい方や、ゲームを快適に楽しみたい方はこちらもしっかりとチェックしましょう。

マクロ機能

パソコンで作業をしていると何度も同じ操作を求められることがあります。そんな時に役立つのがマクロ機能です。あらかじめキーボードの動作を登録しておけば、複雑なコマンド入力もボタンひとつで簡単に実行できます。

マクロ機能を上手く使えば、作業効率が上がるだけでなく手首への負担を抑えられるので、長時間パソコンで作業をする方にもおすすめです。

アンチゴースト機能

キーボードには、あらかじめ認識できるタイピング速度の限界が決められています。そのため、急いでタイピングをすると製品によっては入力したはずの文字が反映されていない、といったトラブルが生じます。そこで活躍するのが、キーの信号認識不良を防ぐ「アンチゴースト機能」です。

アンチゴースト機能が付いていれば、どんなに急いでタイピングをしても押したキーを正確に認識できるので、複雑なキーボード操作が要求されるゲームや、高速で文字入力をするユーザーにおすすめの機能です。

ロールオーバー

通常のキーボードは、キーを同時に押したとき認識できる数は3~6個までが一般的。普通にパソコンを使う分にはそれほど困ることはありませんが、複雑なキーボード操作が要求される作業になると、キー入力が正しく認識されずストレスを感じることがあります。

そこで重要なのが、同時に押せるキースイッチの数を表す「ロールオーバー」です。対応するロールオーバーの数が多ければ、複数のキーを同時に押しても正確に認識されるので、キーボード操作が複雑なゲームもストレスなく快適に楽しめます。

ゲームモード

ゲーミングに特化したメカニカルキーボードには、「ゲームモード」と呼ばれる機能が付いているモノもあります。このゲームモードを使えば、Windowsキーなどのゲームで使用しないキースイッチを一時的に無効化できます。

ゲーム中に誤ってキーを押しても、スタートメニューやデスクトップ画面が表示される心配がないので、集中してゲームをプレイしたいユーザーにおすすめの機能です。

バックライト

キーボードにバックライトが付いていると、キートップが点灯して文字が見やすくなります。一般的なキーボードよりもキーの位置が分かりやすいので、ブラインドタッチに慣れていない方や、パソコンでゲームを楽しみたい方、暗い部屋で作業をする方におすすめの機能です。

また、キーボードを使い続けていると、キートップに印字された文字が徐々にかすれて消えてしまう場合も。しかし、バックライト付きキーボードならそのような心配がないので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

接続方法をチェック

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードには、大きく分けて「有線タイプ」と「無線タイプ」の2つの接続方法があります。キーボードの使いやすさを左右する重要なポイントのひとつなので、選ぶ際には自分のスタイルに合った接続方法を選びましょう。

有線タイプ

有線タイプのキーボードは、USBケーブルやPS/2端子ケーブルを使ってパソコンと接続します。パソコンから供給される電力を利用して駆動するので、長時間の使用でも電池切れを気にすることなく快適に使用可能。入力時の遅延もほとんどないので、パソコンでゲームを楽しみたい方や、高速で文字入力をする方におすすめです。

ただし、有線タイプは配線の煩わしさやケーブルの長さ以上にパソコンから離れて使えないなどのデメリットがあるので、使いやすさを重視する方には向いていません。

無線タイプ

無線タイプのキーボードは、Bluetoothや無線2.4GHzを使ってパソコンと接続します。有線タイプと違ってケーブルで繋ぐ必要がないので、パソコンから離れて自由に使えます。また、ケーブルが絡まる心配がないので、デスク周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

使い勝手は良好ですが、電池交換が必要な点や製品の価格が高いなどのデメリットがあるので、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。製品によっては、入力時に遅延が発生する場合もあるので、パソコンでゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

メカニカルキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、マウスやキーボードなどのコンピュータ周辺機器を製造・販売するメーカーです。1万円以下で買える安価なモノから、機能が充実した高性能なモノまで、さまざまな種類のメカニカルキーボードを取り扱っています。

ゲームに特化したキースイッチ「Romer-G」や、カスタマイズ可能なマクロキーなど、ゲーミングユーザーに嬉しい機能が充実しているのもポイントです。

フィルコ(FILCO)

By: amazon.co.jp

フィルコは、ダイヤテック社を代表するブランドのひとつ。高品位なドイツ製キースイッチを採用した「マジェスタッチ(Majestouch)」で有名なメーカーです。取り扱っているメカニカルキーボードの種類も多いので、ゲーミングからオフィスワークまでさまざまな用途で使えます。

ピンク軸や赤軸を採用した個性的な製品も取り扱っているので、少し変わったメカニカルキーボードを探している方にもおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|赤軸

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC108MRL/JB2

本製品はUSBケーブルとBluetoothの2つの接続方法に対応しており、用途やシチュエーションに合わせて有線・無線を自由に選べます。キースイッチには、打鍵音の静かなCHERRY社製MXスイッチ赤軸を採用しているので、オフィスなどでの使用にもおすすめです。

面倒な電池交換の回数が減らせる「省電力スリープモード」や、最大4台のデバイスを瞬時に切り替えられる「Bluetoothデバイス登録/切替キー」など、実用性に優れた機能も備えています。

ACGAM AG6X

本製品は、4000円台で購入できるモデルにも関わらず、約5000回のキーストロークに耐えられる「OUTEMU赤軸スイッチ」や、好みの色にカスタマイズできる「バックライトモード」、一度に複数のコマンドを実行できる「61キーロールオーバー・アンチゴースト」など、便利なオプション機能が充実しています。

1万円前後の製品が多いメカニカルキーボードの中では安価なので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

コルセア(CORSAIR) K63 Wireless MX Red CH-9145030-JP

本製品は、1msの低遅延で高速データ転送を実現する2.4GHzワイヤレス接続に対応しているので、機敏なプレイが要求されるゲームもストレスなく快適に楽しめます。通信データは、高いセキュリティの「128bit暗号化」でしっかりと保護されるので、入力した個人情報が流出する心配もありません。

高度なマクロ設定が可能な「Corsair Utility Engine」や、快適な入力をサポートする「リストレスト」など、負担を軽減する機能が充実しているので、長時間パソコンで作業をする方にもおすすめ。購入後も安心して使える「2年保証」付きなので、同じキーボードを長く使い続けたい方にもおすすめの一台です。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|青軸

ロジクール(Logicool) G610 Orion Blue

ロジクールの多機能メカニカルキーボードです。複雑な入力操作を正しく実行する「26キーロールオーバー」や、キーの入力を一時的に無効にする「ゲームモード」、素早いレスポンスが可能なCHERRY社製MXスイッチ青軸など、ゲームに特化した機能が充実しています。

専用ソフトウェアを使えば、バックライトのカスタマイズや、好きなアクションをマクロに割り当てられるので、アマチュアからプロゲーマーまで幅広く使えます。

ゲームを中断することなく音楽やビデオの操作ができる「メディアコントロールキー」や、自分に合った角度に調節できる「3段階の角度調節」など、細かな部分までこだわって作られているのも大きな特徴です。

フィルコ(FILCO) Majestouch MINILA FFBT68MC/NB

このメカニカルキーボードは、本体が横幅297×奥行124mmのコンパクトサイズなので、狭いデスクの上でも邪魔にならず快適に使えます。接続方法には、マルチペアリングが可能なBluetoothを採用しているので、スマートフォンやタブレットなど複数のデバイスでキーボードを使いたい方にもおすすめです。

また、「親指ダブルFnキー」やキーコードを変更・無効化できる「DIPスイッチ」を搭載。コンパクトながら使いやすさにこだわって作られているのも大きなポイントです。

Green Convenience GC011

機能性とデザイン性を兼ね備えたメカニカルキーボードです。レトロなタイプライター風のデザインを採用することで、他のメカニカルキーボードとは一味違ったおしゃれな見た目に仕上がっています。

単におしゃれなだけでなく、キーボードを見やすくする「7色LEDバックライト」や、Windows・Macなどさまざまなデバイスで使える「マルチOS」など、機能性に優れているのもポイント。また、キーの印字には消えにくい「レーザー印刷」を採用。キーボードの見た目にもこだわりたい方におすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|茶軸

エレコム(ELECOM) ECTK-G01UKBK

ゲーミングユーザーにおすすめのメカニカルキーボードです。激しいキー入力にも耐えられる「高耐久メカニカルスイッチ」や、ゲームプレイでの操作性を向上させる「ゲーミングキーキャップ」を採用しているので、長時間にわたるハードなプレイでも安心してゲームが楽しめます。

キーストロークは深めの4.0mm。文字が入力しやすいのでゲーミングからオフィスワークまで幅広く使えます。コンパクトなテンキーレスを採用することで、机の上を広く使えるのも魅力です。

フィルコ(FILCO) Majestouch BLACK FKBN91M/NFB2

一般的なキーボードは、キートップの表面に文字が印字されていますが、この製品はキースイッチの前面側に印字が施されています。印字部分と指が直接触れることがないので、長く使い続けても文字がかすれて消える心配がありません。

リニューアルしたFR-4(ガラスエポキシ基板)を採用することで、従来のメカニカルキーボードより耐久性に優れているのもポイント。本体は、黒を基調としたスタイリッシュなデザインを採用しているので、メカニカルキーボードの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

AZIO MK-MAC-U01

Mac対応のメカニカルキーボードはいくつかありますが、本製品は洗練されたデザインが特徴。ホワイトバックライトやホワイトキーキャップなど、キーボード全体を白で統一することで、おしゃれなMacにマッチするスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

手軽に着脱ができる「パームレスト」や、手のひらにフィットする曲線デザイン、1クリックで調節ができる「ボリュームコントロール」など、使いやすさにこだわって作られているのもポイント。Macユーザーにおすすめしたいメカニカルキーボードです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|その他

フィルコ(FILCO) Majestouch 2 S FKBN108MPS/JB2

本製品の特徴は、何と言ってもその打鍵音。従来のMXスイッチよりも約30%の静音化を実現した「ピンク軸」を採用することで、打鍵時の音が小さくなっています。これなら周囲に人がいる環境でも気兼ねなく使えるので、オフィスのような公共の場所での使用にも最適です。

複数のキーを同時に押してもキー入力が認識される「Nキーロールオーバー」にも対応。オフィスワークだけでなくゲーミングにもおすすめです。