パソコンでの文字入力に欠かせない「キーボード」。見た目はどれも同じように見えますが、実は製品ごとにキーの構造が大きく異なります。ちょっとした調べものをする程度なら気にする必要はありませんが、仕事でパソコンを使う方や、パソコンでゲームをする方はキーボード選びが重要です。

そこで今回は、メカニカルキーボードをご紹介。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、最新の機能を搭載したハイスペックなモノまで、おすすめのメカニカルキーボードをご紹介します。

メカニカルキーボードとは?

By: amazon.co.jp

ノートパソコンや安価なキーボードは、上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノがほとんどです。これらのキーボードは、部分的な修理ができないため、どこか1つでもキースイッチが壊れてしまうとキーボードを丸ごと交換しなければなりません。

一方で、メカニカルキーボードは、各キースイッチに機械式スイッチと金属製のバネ(スプリング)を組み込んだ特殊な構造を採用しているので、仮に1つのキースイッチが壊れても部分的に交換すればそのまま使い続けられます。使う用途に合わせてキーの軽さ・スイッチ感・音の大きさなどが自由に選べるのもメカニカルキーボードならではの魅力です。

メカニカルキーボードを選ぶメリット

耐久性が高い

By: razer.com

メカニカルキーボードは、キースイッチが丈夫な金属パーツで作られているので、メンブレンやパンタグラフと比べて壊れにくいのが特徴。一般的なキーボードは約1~2000万回の打鍵が寿命と言われていますが、メカニカルキーボードはそれを上回る、約5000万回~1億回という高い耐久性を備えています。

仮にキースイッチが壊れても、壊れた部分だけを取り換えられるので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

メカニカルキーボードの軸の種類と特徴

スイッチ感の強い「青軸」

By: diatec.co.jp

青軸のメカニカルキーボードはスイッチ感が強いのが特徴です。キーの押し上げ圧が重く、反発する力も大きいので、キーボードを打っているという実感が得られるのがポイント。1タッチごとにキーを深く押し込む力は必要になりますが、爽快感あふれる打ち心地を楽しみながら作業できることから、プログラマーやライターにも高い人気があります。

一方、青軸のメカニカルキーボードは打鍵音が大きく、使用環境が限られるのが難点。キーをタッチする度に「カチャカチャ」と周囲へ音がうるさく響いてしまうため、音を気にする必要のない自宅や、会社の場合は防音施設の完備されている個室オフィスでの使用に向いています。

軽いタッチ感の「赤軸」

By: diatec.co.jp

赤軸のメカニカルキーボードは軽いタッチ感が特徴です。青軸とは真逆の性質を持っており、キーの押し上げ圧が軽く、反発する力も小さいので、腕や肩に疲れが溜まりにくく長時間の入力作業にも向いているのがポイント。また、軽快かつスピーディーに大量の入力作業をできるので、ゲームの局面ごとに迅速な対応が要求されるプロゲーマーにも人気です。

加えて、赤軸のメカニカルキーボードは打鍵音が静かなので、オフィスなど周囲へ音の配慮が必要な場所でも気兼ねなく使用できるのも特徴。特に、通話中の相手に電話を通して打鍵音が漏れにくいことから、コールセンター業務などでも重宝されています。

バランスのよい「茶軸」

By: diatec.co.jp

茶軸のメカニカルキーボードはバランスのよさが特徴です。キーの押し上げ圧や反発する力、そして打鍵音の大きさなど、すべての面で青軸と赤軸の中間に位置する性質があるのがポイント。重すぎず軽すぎないキーのスイッチ感と程よく響く打鍵音を持つキーボードを探している方におすすめです。

また、茶軸のメカニカルキーボードは際立った性質がないため万人受けしやすいく、初めてのメカニカルキーボードとして選ぶのにもおすすめです。

打鍵音が少ない「黒軸」

By: diatec.co.jp

黒軸のメカニカルキーボードは打鍵音が小さいのが特徴です。元々は赤軸のスイッチ感をやや重くしたタイプのキーボードですが、打鍵音の大きさは赤軸のものと似ていて静かなので、あまり音を立てずに入力ができます。

また、キーの押し上げ圧や反発する感触が赤軸よりも重い分、キーボードをしっかり打っているという実感が得られるのも特徴。オフィスなどで周囲にキータッチの騒音で迷惑はかけたくないけれど、打鍵感を楽しみながら作業を進めたい方におすすめです。

メカニカルキーボードの選び方

接続方法をチェック

有線接続

By: elecom.co.jp

有線接続のメカニカルキーボードはパソコン本体にケーブルを接続して使用します。パソコン本体から給電しつつ使用できるので電池切れの心配がなく、無線接続のメカニカルキーボードと違ってキー入力が反映されるまでの遅延時間がないのも特徴です。一方で、常にケーブルを接続した状態で使用するので、狭いデスクスペースだとケーブルが絡まったり、邪魔になったりするという欠点があります。

また、有線接続の際はUSBコネクタまたはPS/2コネクタを使用しますが、コネクタによって同時押しの際に認識できるキーの数が異なるのもポイント。USB接続の場合は7キー程度までで、PS/2接続の場合は無制限ですが、ショートカットキーで使用されるのは最大でも4キー同時押しまでなので、通常はUSB接続のもので十分です。

無線接続

By: diatec.co.jp

無線接続のメカニカルキーボードはパソコンとの接続に無線2.4GHzやBluetooth規格を使用したアイテムです。有線接続のメカニカルキーボードと違って使用にはバッテリーが別途必要となりますが、ケーブル管理の必要がないので狭いデスクスペースでも快適に使用できます。また、接続技術の進化によって遅延が以前よりも緩和されているのもポイントです。

無線2.4GHzを使用したメカニカルキーボードはUSBレシーバーを挿すだけなので、接続が容易なのが特徴。Bluetooth接続のモデルより安価なモデルが多い点も魅力です。ただし、USBポートを一つ使用するため、ほかの機器を接続する際に邪魔になってしまう可能性があるため、注意しましょう。

Bluetooth接続のメカニカルキーボードは複数の機器とペアリングできるのも特徴。接続機器の切り替えもスムーズにできるので、自宅のパソコンだけではなく、タブレットや会社のパソコンでも常に統一したキータッチ感覚で入力作業を進めたい方におすすめです。

また、無線接続の場合、別途ケーブルが付属する場合があるのもポイント。通常はワイヤレスで使用して、バッテリー残量が少なくなったときや遅延を極力なくしたいときは有線で使うという使い分けもできます。

テンキーの有無で選ぶ

By: razer.com

テンキーが搭載されたフルキーボードは数字入力が快適。テンキーレスのキーボードと違ってファンクションキーとは独立した場所に数字入力専用のキーが用意されているので、スピーディーな数字入力が要求される場面で重宝します。

一方で、フルキーボードはテンキーレスのモデルと違って、テンキーがある分横幅が長くなるのが難点。単にキーボードを置くのに必要なスペースが増えるほかに、キーボード横のマウスに手を伸ばす際の距離が増えたり、干渉によってマウスの移動範囲が狭くなったりしてしまうのもポイントです。

特にゲーミング用途など、キーボードとマウスの間を頻繁かつ迅速に行き来する必要がある使い方にはあまり向きません。しかし、表計算ソフトでの入力作業など数字入力の操作性を重視したい場合にはテンキーは役立ちます。

キー配列もチェック

By: razer.com

メカニカルキーボードのキー配列には日本語配列(JIS)と英語配列(US)の2種類が存在します。日本語配列のキーボードは一般的に馴染みのあるキー配列なのが特徴。「英数」「かな」キーがあるのでかな入力とローマ字入力の切り替えが簡単にできます。また、各キーにかなが印字されているので主にかな入力で使用する場合に便利なのもポイントです。

一方、英語配列のキーボードでは「英数」「かな」キーはなく、かなの印字もありません。さらに、一部文字の配列が違ったり、「Return/Enter」など一部キーの大きさが異なったりするなどの特徴もあります。しかし、その分キー配置がシンプルなのでローマ字入力主体で使用する際に便利です。

また、英語配列のキーボードはホームポジション(「F」と「J」に人差し指を置いた状態での基本ポジション)でのタイピングに優れているのも特徴。日本語配列のものと比べて手の配置軸がやや右側にシフトするので、ホームポジションのままでも隅のキーまで指を伸ばせます。ブラインドタッチに慣れた方におすすめです。

機能面をチェック

マクロ機能

By: corsair.com

パソコンで作業をしていると何度も同じ操作を求められることがあります。そんな時に役立つのがマクロ機能です。あらかじめキーボードの動作を登録しておけば、複雑なコマンド入力もボタンひとつで簡単に実行できます。

マクロ機能を上手く使えば、作業効率が上がるだけでなく手首への負担を抑えられるので、長時間パソコンで作業をする方にもおすすめです。

アンチゴースト機能

By: amazon.co.jp

キーボードには、あらかじめ認識できるタイピング速度の限界が決められています。そのため、急いでタイピングをすると製品によっては入力したはずの文字が反映されていない、といったトラブルが生じます。そこで活躍するのが、キーの信号認識不良を防ぐ「アンチゴースト機能」です。

アンチゴースト機能が付いていれば、急いでタイピングをしても押したキーを認識できるので、複雑なキーボード操作が要求されるゲームや、高速で文字入力をするユーザーにおすすめの機能です。

メカニカルキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、マウスやキーボードなどのコンピュータ周辺機器を製造するメーカーです。1万円以下で買える安価なモノから、機能が充実した高性能なモノまで、さまざまな種類のメカニカルキーボードを取り扱っています。

ゲームに特化したキースイッチ「Romer-G」や、カスタマイズ可能なマクロキーなど、ゲーミングユーザーに嬉しい機能が充実しているのもポイントです。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

コルセアは米国カルフォルニア州のフリーモントに本拠地を置く1994年創業のパソコン周辺機器メーカーです。メカニカルキーボードのほかに、高精度ゲーミングマウスやワイヤレスヘッドセットなど、ゲーマーやeスポーツプレイヤーのゲームプレイ環境を向上させる高品質な製品を発売してきたことで知られています。

メカニカルキーボードとしてはゲーミング用途に特化した製品が主です。プレイを盛り上げるカラフルなバックライトや、ゲームを中断せずにオーディオ調整ができるコントローラーを搭載するほか、マクロ機能に対応している機種が多いのもポイント。メカニカルキーボードを細かくカスタマイズして使用したい方におすすめです。

フィルコ(FILCO)

By: amazon.co.jp

フィルコは、ダイヤテック社を代表するブランドのひとつ。高品位なドイツ製キースイッチを採用した「Majestouch」で有名なメーカーです。取り扱っているメカニカルキーボードの種類も多いので、ゲーミングからオフィスワークまでさまざまな用途で使えます。

ピンク軸や赤軸を採用した個性的な製品も取り扱っているので、マニアックなメカニカルキーボードを探している方にもおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|青軸

ロジクール(Logicool) G610BL

ロジクール(Logicool) G610BL

基本性能に優れた有線タイプの青軸メカニカルキーボード。日本語配列を採用し、テンキー付きです。すべてのキーがアンチゴースト機能に対応しているので確実な高速タイピングができます。

また、ゲームプレイを向上させる機能も充実。キーごとにカスタマイズ可能なバックライトのほか、ゲームを中断することなくキーボード上だけで音量などの操作が行えるメディアコントロール機能を備えています。

ファンクションキーにはマクロ操作の割り当ても可能。プレイ中によく使用する複雑な操作も瞬時に呼び出せます。また、ゲームモード時にWindowsキーが無効になるので、不意にスタートメニューへ戻る誤操作を回避できるのもポイントです。

コルセア(Corsair) STRAFE CHERRY MX Blue KB326 CH-9000226-JP

コルセア(Corsair) STRAFE CHERRY MX Blue KB326 CH-9000226-JP

ゲーミング用途に特化した有線タイプの青軸メカニカルキーボード。日本語配列を採用し、テンキー付きです。1000Hzのレポートレートに対応するなどゲーミングにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。

本製品は、カスタマイズ性の高さが魅力で、すべてのキーの割り当てを変更できる上に、独自ソフト「Corsair Utility Engine」を使用すれば全部のキーにマクロの設定も可能です。また、Nキーロールオーバーやアンチゴーストにも対応するので、ゲーミングで要求される複雑なキー操作や高速タイピングにも重宝します。

傾斜と滑り止めの付いたキーキャップも特徴。FPS用とMOBA用のキットが付属するので、プレイするジャンルに応じてキーの形状を最適化できます。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBN108MC/JB2

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBN108MC/JB2

高い耐久性と軽快な打鍵音が魅力の青軸メカニカルキーボード。有線タイプの日本語配列を採用したモデルで、テンキー付きです。2層のFR-4基盤を採用したことで、プロユースのパワフルな高速タイピングにも対応する耐久性を確保しています。

また、メカニカルスイッチらしい軽快な打鍵音を味わえるのも特徴です。スイッチにはドイツ・ZF Electronics社製のCherry MX青軸を採用。押し下げ位置は最大で4mm、スイッチ接点は約2mm下がった位置にあり、スイッチ接点部にカチッとした感触と音があります。

さらに、「Nキーロールオーバー」にも対応。複数のキーを同時に押したとき、すべてのキー入力が認識されるので、複数キーを使ったショートカットキーも快適に使えます。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|赤軸

コルセア(Corsair) K70 LUX RGB CHERRY MX RGB Red KB365 CH-9101010-JP

コルセア(Corsair) K70 LUX RGB CHERRY MX RGB Red KB365 CH-9101010-JP

By: corsair.com

ゲーム競技で勝ち抜くために必要な高いカスタマイズ性を備えた有線タイプの赤軸メカニカルキーボード。日本語配列を採用し、テンキー付きです。全キーのロールオーバーとアンチゴーストに対応するので、ゲーミング中の複雑なキー入力も難なく対応できます。

FPSやMOBAに最適な滑り止め加工が施された曲線形のキーキャップが付属しているのもポイント。静音で軽い赤軸スイッチとの相乗効果でゲーム中に快適な打鍵感を楽しめます。取り外し可能で柔らかな手触りのリストレストも付属するので、長時間プレイの疲れを軽減可能です。

専用ソフト「iCUE」を使えば、高度なマクロプログラミングはもちろん、ほかのコルセア機器も含めてシステム全体でLEDライティングの発光カスタマイズも可能。プレイ環境の見た目にもこだわりがある方のニーズにも応えます。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC108MRL/JB2SHK

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC108MRL/JB2SHK

堅実な基本性能を持つ有線・無線両用の赤軸メカニカルキーボード。日本語配列を採用し、テンキー付きです。しっかりとした作りで高速タイピングにも耐えられます。また、スイッチには定評のあるCherry MX赤軸を採用しており、静かで軽快なタッチで作業ができるのも魅力です。

ワイヤレス機能も充実。最大で4台の機器とペアリングでき、切り替えもスムーズにできます。省電力設計なのも特徴。単三電池2本で約6ヶ月の使用が可能で、30分間入力操作がなければ自動的にスリープモードに移行します。

裏面のDIPスイッチでキーコードの変更が可能。Windowsキーを無効化したり、CapsLockキーと左Ctrlキーを入れ替えたりなどができます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ロープロファイルキーボード 400-SKB057R

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

使いやすさにこだわった、おすすめの赤軸メカニカルキーボード。ストロークは約3mm、作動点は約1.5mmと小幅なのでキーの動作認識を素早く行えます。長時間使用しても指が疲れにくく安心です。

キーの押し間違えや、指の無駄な動きを抑えられる「シリンドリカルステップスカルプチャー形状」を採用。キートップとキーボード全体の表面が緩やかな弧を描いているので、使いやすいのが魅力です。

さらに、キーボード表面には剛性のあるアルミボディを搭載。指の押下にしっかり反応するため、高速入力が必要なゲームや正確性を求められる作業で活躍します。使いやすいキーボードを探している方におすすめのモデルです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|茶軸

エレコム(ELECOM) ECTK-G01UKBK

エレコム(ELECOM) ECTK-G01UKBK

これからPCでゲームを始めたい方におすすめの茶軸メカニカルキーボード。接続方式は有線タイプで、日本語配列を採用したテンキーレス仕様です。

キーの軽さとスイッチ感のバランスのよい茶軸スイッチを採用。加えて、約5000万回の高い耐久性を備えており、全キーロールオーバーにも対応しているので、激しく複雑なキー入力が要求されるゲームでの利用に重宝します。

ゲーム中に多用する「W」や「A」など8個のキーについては専用のゲーミングキーキャップが付属。表面に施された滑り止め加工によってプレイ時の操作性が向上します。また、テンキーレスでコンパクトなデザインでマウスとキーボードを近くに配置できるのもポイントです。

e元素 81キーメカニカル式ゲーミングキーボード 茶軸 Z-88

e元素 81キーメカニカル式ゲーミングキーボード 茶軸 Z-88

ゲーミングに最適なおすすめの茶軸メカニカルキーボード。キーは約5000万回の打鍵に耐えられるので、連続入力が必要なゲームでも壊れにくく安心して使えます。ショートカットキーを搭載し、MMOといったゲーミングにも最適です。

また、「RGB変色LEDバックライト」機能を搭載。10種類のバックライトモードと呼吸モードを設定できるので、ゲームや作業のシーンに合わせて多彩にキー入力を楽しめます。

打鍵感は柔らかめで、僅かにクリック感があるタクタイルタイプ。赤軸と青軸の中間を探している方にピッタリです。さらに防水機能を搭載しているので水をこぼしてしまっても安心。ゲームや仕事の両方で使いやすい、おすすめのゲーミングキーボードです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|黒軸

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) SKB-MK2BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) SKB-MK2BK

コストパフォーマンスの高い有線タイプの黒軸メカニカルキーボード。日本語配列を採用し、テンキー付きです。しっかりとした作りにも関わらず安価なのが魅力です。

スイッチにはCherry MX黒軸を採用。キーボード内部に金属板を入れたことで剛性が高まり、キーを押したときの不快な沈み込みが発生しません。重量は1250gで安定感があるので、高速タイピング中にキーボードが動いてタイプミスに繋がることが少ないのもポイントです。

ドライバーのインストールが不要なため、購入後USBポートに接続するだけですぐに使えるのも特徴。オフィスで使用する手頃なキーボードを探している方におすすめです。

アーキサイト(ARCHISS) ProgresTouch RETRO 英語ASCII配列 AS-KBPD04/LBKWP

アーキサイト(ARCHISS) ProgresTouch RETRO 英語ASCII配列 AS-KBPD04/LBKWP

シンプルなデザインの黒軸メカニカルキーボード。接続方式は有線で、ケーブルの長さは約1.8mです。中央と左右、3方向選択できるケーブルガイド付きなので、パソコン画面の接続部との配線を容易に行えます。

またキーには、高品質なCHERRYメカニカルスイッチを搭載。ひとつひとつのタッチが快適なので、資料作成やチャットタイプなどを快適に行えます。文字はプラスチックで作られているため、長期間使用しても薄れずに使用可能。

さらに、文字盤面全体がアーチ状の「ステップスカルプチャ」を採用しています。どのキーでも押しやすい人間工学設計で、長時間の使用でも疲れません。1年の保証期間が付き、万一の故障時でも安心。シンプルながら高い品質を誇る、おすすめの黒軸メカニカルキーボードです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|その他軸

ロジクール(Logicool) G910r Orion Spectrum

ロジクール(Logicool) G910r Orion Spectrum

ロジクールが誇るハイエンドのゲーミングメカニカルキーボード。英語配列を採用し、テンキーが付いています。高速コマンド入力に耐えられる高機能なキーボードを探している方や、独自のゲーム環境をカスタマイズしたい方におすすめです。

スイッチには独自開発の「Romer-Gメカニカルスイッチ」を採用。確かなキー入力と心地よい打鍵感に加え、静音性と耐久性を備えているのが特徴です。

また、26キーロールオーバーと全キーアンチゴーストにも対応。最適な速度とアクセス性を考慮して配置された9個のGキーにはマクロの登録もできます。また、「ARXコントロールアプリ」のセカンドディスプレイ機能を使えば、ARXドックに置いたスマートフォンやタブレットにゲーム内情報や重要なシステム統計を表示できるのもポイントです。

レイザー(Razer) BlackWidow Ultimate 2016 JP RZ03-01700800-R3J1

レイザー(Razer) BlackWidow Ultimate 2016 JP RZ03-01700800-R3J1

ゲーミング用途に特化した有線タイプの緑軸メカニカルキーボード。自社で独自開発した緑軸をスイッチに採用しているのが最大の特徴です。

緑軸は青軸と同じく打鍵音は大きいですが、スイッチ接点は青軸よりも浅い位置にあるほか、重いスイッチ感が得られます。爽快な打と指に残るスイッチ感を楽しみつつゲームをプレイできるのが魅力です。

10キーロールオーバーとアンチゴーストの機能も搭載。レポートレートも1000Hzに対応するので、スピードが要求されるゲームにも通用するパフォーマンスが得られます。緑色LEDバックライトの発光パターンは専用ソフトでカスタマイズも可能です。