パソコンでの文字入力に欠かせないキーボード。見た目はどれも同じように見えますが、実は製品ごとにキーの構造が大きく異なります。ちょっとした調べものする程度なら気にする必要はありませんが、仕事でパソコンを使う方や、パソコンでゲームをする方はキーボード選びが重要です。

そこで今回は、メカニカルキーボードをご紹介。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、最新の機能を搭載したハイスペックなモノまで、おすすめのメカニカルキーボードをご紹介します。

メカニカルキーボードとは?

By: amazon.co.jp

ノートパソコンや安価なキーボードは、上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノがほとんどです。これらのキーボードは、部分的な修理ができないため、どこか1つでもキースイッチが壊れてしまうとキーボードを丸ごと交換しなければなりません。

一方で、メカニカルキーボードは、各キースイッチに機械式スイッチと金属製のバネ(スプリング)を組み込んだ特殊な構造を採用しているので、仮に1つのキースイッチが壊れても部分的に交換すればそのまま使い続けられます。使う用途に合わせてキーの軽さ・スイッチ感・音の大きさなどが自由に選べるのもメカニカルキーボードならではの魅力です。

メカニカルキーボードを選ぶメリット

By: amazon.co.jp

耐久性が高い

メカニカルキーボードは、キースイッチが丈夫な金属パーツで作られているので、メンブレンやパンタグラフと比べて強固で壊れにくいのが特徴。一般的なキーボードは約1~2000万回の打鍵が寿命と言われていますが、メカニカルキーボードはそれを上回る、約5000万回~1億回という高い耐久性を備えています。

仮にキースイッチが壊れても、壊れた部分だけを取り換えられるので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

手が疲れにくい

メンブレンやパンタグラフといったキーボードは、キースイッチを底までしっかり押さないと入力が認識されないため、長時間キーボードを使って作業をしていると手や指に疲れが溜まってしまいます。

一方で、メカニカルキーボードには、キースイッチが底に達する前に感じる引っかかりがあるので、一度慣れてしまえば手や指に負担を掛けることなく軽いタッチで快適に文字入力が可能です。

メカニカルキーボードを選ぶデメリット

By: amazon.co.jp

価格が高い

メカニカルキーボードは、キースイッチに複雑な仕組みの機械式スイッチを採用しているので、一般的なキーボードよりも高価です。メンブレンやパンタグラフが1000~2000円程度で購入できるのに対し、メカニカルキーボードは1万円前後と価格が高めなので、コストを重視する方にはあまり向いていません。

キーボードで1万円と聞くと高いイメージがありますが、メカニカルキーボードは一度購入すれば長期間使えるので、安いキーボードを何度も買い替えるよりは、一度思い切って高価なメカニカルキーボードを購入してしまった方がトータルで考えるとお得です。

打鍵音が大きい

メカニカルキーボードは、キースイッチを押すと独特の打鍵音がします。慣れればクセになる心地のよい音ですが、従来のキーボードよりも打鍵音が大きいので、カフェやオフィスなどで使う場合には周囲の人への配慮が必要です。

周囲への影響を気にせずメカニカルキーボードを使いたいなら、打鍵音の比較的小さな「赤軸」を選ぶか、打鍵音を小さくする「静音化リング」を取り付けるなどして、周囲の人に迷惑が掛からないよう配慮しましょう。

メカニカルキーボードの選び方

軸の種類をチェック

メカニカルキーボードには「赤軸」「青軸」「茶軸」など、いろいろな軸の製品があります。軸の種類によって、キーの軽さ・スイッチ感・打鍵音などが大きく違ってくるので、メカニカルキーボードを選ぶ際には、あらかじめ各軸の特徴をしっかりと理解しておきましょう。

軽いタッチ感の「赤軸」

By: cherryamericas.com

赤軸は軽いタッチ感のキースイッチです。力を入れなくてもキーがしっかりと反応するため、長時間の作業でも手が疲れることなく快適に使えます。数あるキースイッチの中でも比較的扱いやすいので、初めてメカニカルキーボードを選ぶ初心者の方に最適です。

打鍵音が小さくタイピング中の音が抑えめなので、カフェやオフィスでの使用にもおすすめ。マイクがタイピング中の音を拾う心配がないので、通話しながらゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

スイッチ感の強い「青軸」

By: cherryamericas.com

青軸はスイッチ感の強い打鍵が特徴的なキースイッチです。クリック感が強いので、しっかりと入力している感触が欲しいユーザーにおすすめ。リズム感のある「カチャカチャ」とした打鍵音も青軸ならではの魅力です。

ただし、タイピング時に聞こえる打鍵音は大きめなので、カフェやオフィスで使う方や、通話しながらゲームを楽しみたい方は注意しましょう。

バランスのよい「茶軸」

By: cherryamericas.com

茶軸は適度なクリック感と重みがあるキースイッチです。青軸と赤軸の中間にあたる使い心地なので赤軸と青軸の特徴を兼ね備えたキーボードを探している方に適しています。

あまり癖がなく一般的なキーボードに近い感覚で使えるので、メカニカルキーボード初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめ。青軸ほどではありませんが、タイピング中の打鍵音が少し気になるので、周囲に人がいる環境で使う方は注意が必要です。

機能面をチェック

メカニカルキーボードを選ぶ際には、機能面も重要なポイントのひとつ。さまざまな機能が付いていれば、それだけキーボードが使いやすくなるので、作業効率を上げたい方や、ゲームを快適に楽しみたい方はこちらもしっかりとチェックしましょう。

By: amazon.co.jp

マクロ機能

パソコンで作業をしていると何度も同じ操作を求められることがあります。そんな時に役立つのがマクロ機能です。あらかじめキーボードの動作を登録しておけば、複雑なコマンド入力もボタンひとつで簡単に実行できます。

マクロ機能を上手く使えば、作業効率が上がるだけでなく手首への負担を抑えられるので、長時間パソコンで作業をする方にもおすすめです。

アンチゴースト機能

キーボードには、あらかじめ認識できるタイピング速度の限界が決められています。そのため、急いでタイピングをすると製品によっては入力したはずの文字が反映されていない、といったトラブルが生じます。そこで活躍するのが、キーの信号認識不良を防ぐ「アンチゴースト機能」です。

アンチゴースト機能が付いていれば、どんなに急いでタイピングをしても押したキーを正確に認識できるので、複雑なキーボード操作が要求されるゲームや、高速で文字入力をするユーザーにおすすめの機能です。

ロールオーバー

通常のキーボードは、キーを同時に押したとき認識できる数は3〜6個までが一般的。普通にパソコンを使う分にはそれほど困ることはありませんが、複雑なキーボード操作が要求される作業になると、キー入力が正しく認識されずストレスを感じることがあります。

そこで重要なのが、同時に押せるキースイッチの数を表す「ロールオーバー」です。対応するロールオーバーの数が多ければ、複数のキーを同時に押しても正確に認識されるので、キーボード操作が複雑なゲームもストレスなく快適に楽しめます。

ゲームモード

ゲーミングに特化したメカニカルキーボードには、「ゲームモード」と呼ばれる機能が付いているモノもあります。このゲームモードを使えば、Windowsキーなどのゲームで使用しないキースイッチを一時的に無効化することが可能。

ゲーム中に誤ってキーを押しても、スタートメニューやデスクトップ画面が表示される心配がないので、集中してゲームをプレイしたいユーザーにおすすめの機能です。

バックライト

キーボードにバックライトが付いていると、キートップが点灯して文字が見やすくなります。一般的なキーボードよりもキーの位置が分かりやすいので、ブラインドタッチに慣れていない方や、パソコンでゲームを楽しみたい方、暗い部屋で作業をする方におすすめの機能です。

また、キーボードを使い続けていると、キートップに印字された文字が徐々にかすれて消えてしまう場合もあります。しかし、バックライト付きキーボードならそのような心配がないので、長く使い続けたい方にもおすすめです。

接続方法をチェック

メカニカルキーボードには、大きく分けて「有線タイプ」と「無線タイプ」の2つの接続方法があります。キーボードの使いやすさを左右する重要なポイントのひとつなので、選ぶ際には自分のスタイルに合った接続方法を選びましょう。

By: amazon.co.jp

有線タイプ

有線タイプのキーボードは、USBケーブルやPS/2端子ケーブルを使ってパソコンと接続します。パソコンから供給される電力を利用して駆動するので、長時間の使用でも電池切れを気にすることなく快適に使用可能。入力時の遅延もほとんどないので、パソコンでゲームを楽しみたい方や、高速で文字入力をする方におすすめです。

ただし、有線タイプは配線の煩わしさやケーブルの長さ以上にパソコンから離れて使えないなどのデメリットがあるので、使いやすさを重視する方には向いていません。

無線タイプ

無線タイプのキーボードは、Bluetoothや無線2.4GHzを使ってパソコンと接続します。有線タイプと違ってケーブルで繋ぐ必要がないので、パソコンから離れて自由に使用可能。また、ケーブルが絡まる心配がないので、デスク周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

使い勝手は良好ですが、電池交換が必要な点や製品の価格が高いなどのデメリットがあるため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。製品によっては、入力時に遅延が発生する場合もあるので、パソコンでゲームを楽しみたい方は注意が必要です。

メカニカルキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、マウスやキーボードなどのコンピュータ周辺機器を製造するメーカーです。1万円以下で買える安価なモノから、機能が充実した高性能なモノまで、さまざまな種類のメカニカルキーボードを取り扱っています。

ゲームに特化したキースイッチ「Romer-G」や、カスタマイズ可能なマクロキーなど、ゲーミングユーザーに嬉しい機能が充実しているのもポイントです。

フィルコ(FILCO)

By: amazon.co.jp

フィルコは、ダイヤテック社を代表するブランドのひとつ。高品位なドイツ製キースイッチを採用した「Majestouch」で有名なメーカーです。取り扱っているメカニカルキーボードの種類も多いので、ゲーミングからオフィスワークまでさまざまな用途で使えます。

ピンク軸や赤軸を採用した個性的な製品も取り扱っているので、少し変わったメカニカルキーボードを探している方にもおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|赤軸

フィルコ(FILCO) Majestouch Stingray FKBS91XMRL/NB

フィルコ(FILCO) Majestouch Stingray FKBS91XMRL/NB

FILCOの人気シリーズ「Majestouch」の2019年モデルです。従来のモノよりも背の低い赤軸スイッチを採用し、合わせてキーキャップ、本体まで小型化したスリムな見た目が魅力。

複数キーの高速同時押しでも順番に処理できる「Nキーロールオーバー」は、ゲーマーの素早いコマンド入力をサポートするだけでなく、プロの現場でも通用します。

背面には「前」「左」「右」のいずれかに分配できる「ケーブルガイド」が搭載されるため、配線がデスクの邪魔になりにくく、バックライト機能を排除することで無駄な不良原因をなくし、入力しやすいキーボードを探している方におすすめのモデルです。

クーラーマスター(Cooler Master) CK550 CK-550-GKGR1-JP

クーラーマスター(Cooler Master) CK550 CK-550-GKGR1-JP

多数のバックライトプリセットにより、好みのライティング効果を楽しめるほか、個別キー設定も可能なメカニカルキーボードです。ソフトウェアを使えばマクロの設定も可能。さらに、「オンザフライコントロール」によりソフトウェアを使わずにゲーム中でも画面を切り替えることなく、キー操作のみでバックライトやマクロの設定が行えます。

キーキャップのカスタムも容易にでき、本体表面には高級感のある細かい傷の加工が施されているため、キーボードの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

GAMDIAS HERMES E2 RED 7COLOR 16759-28000-41043-G

GAMDIAS HERMES E2 RED 7COLOR 16759-28000-41043-G

テンキーなしのため横幅が短く、スペースを有効活用できる高耐久で頑丈な赤軸メカニカルキーボードです。最大7色のバックライト設定が可能で、シンプルなライティングが楽しめます。

「Nキーロールオーバー」や「アンチゴースト」など、ゲーム向け機能が一通りあるにも関わらず価格が安いのも魅力で、予算を抑えつつコスパのよいモノが欲しい方におすすめです。

エムエスアイ(MSI) Vigor GK60 CR JP

エムエスアイ(MSI) Vigor GK60 CR JP

雰囲気の豪華なキーキャップをW・A・S・Dのキーに実装することで、ゲーム中に高いコントロールを実現する赤軸メカニカルキーボードです。「ゲーミングベース」をスペースキーの真下に配置し、滑り止めで操作ミスをなくせるのも魅力。

7種のバックライトプリセットがどれも綺麗なほか、ソフトウェアカスタムも充実しています。ケーブルの収納スペースが本体の底にあるので、机の上を整理したい方にもおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|青軸

ドレヴォ(DREVO) BladeMaster TE DRBMTE91K-1JPG2

ドレヴォ(DREVO) BladeMaster TE DRBMTE91K-1JPG2

ダイヤルにより、「クリック」「前後回転」操作ができるメカニカルキーボードです。ソフトウェアを使えば、ダイヤルにさまざまな操作が設定可能で、スクロール、戻る進む、拡大縮小のほか、あらゆる使い方ができます。

キーやバックライトの設定は本体に3つ、クラウド上なら無制限に保存できるため、持ち運んだ先で瞬時に普段通り使えるのも魅力。静音性に優れた青軸を搭載しているのも魅力のメカニカルキーボードです。

テソロ(TESORO) GRAM XS TS-G12ULP-W-BL-JP

テソロ(TESORO) GRAM XS TS-G12ULP-W-BL-JP

超薄型の青軸スイッチを採用することで、スリムに設計されたメカニカルキーボードです。キーストローク問わず高精度のタイピングが可能で、滑り止めもついているためマルチユースに対応します。

ソフトウェアは直感的に使えるため、マクロやキー、バックライトを気軽に設定可能。清潔感あふれるホワイトカラーなので、おしゃれなモノが欲しい方にもおすすめです。

XPG INFAREX K20

XPG INFAREX K20

11種類のライティング効果を、バックライト専用のキースイッチで行える青軸メカニカルキーボードです。ソフトウェアを必要とせず、ゲーム中でも好みのバックライトに切り替えられます。

金メッキのケーブルは通電による動作不良が起きづらいため、安定した操作を可能にし、アンチゴーストによる細かい入力も完璧に処理可能。それでいて、8000円を下回るコスパのよさが魅力です。

エイスース(ASUS) ROG Strix Flare XA01 ROG STRIX FLARE/BL/US_1

エイスース(ASUS) ROG Strix Flare XA01 ROG STRIX FLARE/BL/US_1

ASUS独自のライティングコントロール「AURA SYNC」に対応することで、鮮やかなバックライトが演出できる青軸メカニカルキーボードです。マウスやヘッドセットが接続できるUSBパススルーもあるほか、素早く操作可能なメディアキーによってゲームプレイ中でもメディアの再生や停止、ボリュームをコントロールできます。

最大の特徴は、右上にカスタマイズ可能なライティングもできるバッジが付けられること。付属する無地のバッジにはオリジナルの模様を施せるので、同じモノでも世界に1つだけしかないデザインとして使えます。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|茶軸

コルセア(Corsair) K70 RGB MK.2 MX Brown CH-9109012-JP

コルセア(Corsair) K70 RGB MK.2 MX Brown CH-9109012-JP

PCパーツに強いコルセアが手がける、高度なマクロが組める茶軸メカニカルキーボードです。リストレスト付きで、長時間のゲームでも腕を痛めにくいのが魅力。

専用のソフトウェア「iCUE」を使えば、自在にバックライトが楽しめ、同メーカーの周辺機器とシステムを同期できます。PC本体のライティングにこだわりを持つ方におすすめです。

オウルテック(Owltech) Cherry OWL-KB109CBR-BK

オウルテック(Owltech) Cherry OWL-KB109CBR-BK

「赤軸」「青軸」「茶軸」の3種類が選べる、高いコスパで人気を持つメカニカルキーボードです。キーロールオーバーには6個まで対応しているほか、PS/2規格による接続なら109個全てのキーを同時に押しても反応するのが特徴。

マットブラックに加工されたキーボード表面は、汚れが目立ちにくいため清潔感を重視したい方にもおすすめします。付属のパームレストを使えば、長時間のタイピングでも疲れにくいというのも魅力です。

ロジクール(Logicool) G610 G610BR Orion Brown

ロジクール(Logicool) G610 G610BR Orion Brown

アンチゴースト機能を搭載しているのはもちろん、キーロールオーバー数が最大26個とずば抜けて多い茶軸メカニカルキーボードです。ゲームプレイの質をよくするデザインや、細かいディテールが魅力。

「Arxコントロール」を活用すれば、ゲームやパソコンの使用状況を視覚的に捉えられ、不具合が生じた場合に素早く反応できます。ゲームモードも搭載しており、Windowsキーのようにゲームで使用しないキーをあらかじめ無効にしておくことも可能。

PC周辺機器で信頼性の高いメーカーが製造しているおすすめのメカニカルキーボードです。

AZIO MK MAC USB MK-MAC-U01

AZIO MK MAC USB MK-MAC-U01

最上級のアルミ板を加工し、白を基調とするデザインが美しいmac用茶軸メカニカルキーボードです。USBによる有線接続のため、充電切れや遅延の心配はありません。バックライトはmacの雰囲気にぴったりのホワイトで、手元を明るく照らします。

正確な距離感を持つキーは、アンチゴーストにより入力ミスも軽減できストレスフリーにタイピング可能。着脱できるパームレストを使えば、長時間タイピングしても負担が少なくおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめ人気モデル|その他

キングストン(Kingston) HyperX Alloy FPS RGB HX-KB1SS2-US

キングストン(Kingston) HyperX Alloy FPS RGB HX-KB1SS2-US

あらゆるカスタマイズが可能なバックライトに、5段階の明度レベルでキーの発光を調整できるメカニカルキーボードです。ソフトウェアを使えばマクロやライティング設定が詳細にでき、最大3つまで設定を保存可能。

キースイッチは7000万回の入力に耐えるため、ほかのモノよりも高耐久で、押下圧の軽さで反応速度に差をつけます。便利なUSBポートがついているほか、プロゲーマーからのお墨付きがある製品です。

レイザー(Razer) Ultimate 2018 RZ03-01703700-R3J1

レイザー(Razer) Ultimate 2018 RZ03-01703700-R3J1

ゲーム向けデバイスでトップの知名度を誇るレイザーが手がける、独自に開発した超高速で反応する緑軸キースイッチを搭載されたメカニカルキーボードです。8000万回のタイピングに耐えるキーの高寿命や、IP54クラスの防水防塵機能が魅力。

バックライトのライティングは個別にカスタマイズ可能で、ソフトウェア「Razer Synapse」を使えばマクロやキーバインドの変更もできます。知名度や使いやすさを含め、究極のメカニカルキーボードを求める方におすすめです。