パソコン操作に欠かせないアイテム「キーボード」。プログラマーやライターなど、長時間の入力作業を行う方はキーボードの性能にもこだわりたいところです。キーの打ち心地だけでなく耐久性にも優れているメカニカルキーボードは人気ですが、多彩な製品が販売されているので、どれも購入すべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのメカニカルキーボードをご紹介。選び方のコツやメリットについても解説しています。

メカニカルキーボードとは?

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードとは、独立したキースイッチを搭載したキーボードです。一つひとつのキーにスイッチやバネが内蔵されており、スイッチの種類によって押し心地やクリック時の音の大きさが異なります。

上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノとは異なり、故障したキースイッチのみを交換できるのも魅力のひとつ。構造が複雑なので価格は高めですが、自分に適した性能のモデルを見つけやすいのも魅力です。

メカニカルキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードは、ほかのキーボードと異なる独特の打鍵感が特徴。タイピング時にカチャカチャとした音が鳴り、爽快感が得られたり、疲れにくかったりするのがメリットです。また、耐久性に優れているモデルが多く、長期間愛用できます。

数千万回の打鍵テストをクリアした製品も多数販売されており、入力作業の多い方やゲーマーにもおすすめです。好みの打鍵感やタイピング音の大きさにあわせて、「軸」と呼ばれるキースイッチを選択できる点もおすすめです。

メカニカルキーボードの選び方

軸の種類をチェック

青軸

By: amazon.co.jp

青軸のメカニカルキーボードは、しっかりとしたクリック感が特徴です。押し上げ圧が強く、タッチした際にキーがしっかりと反発するのが魅力。カチャカチャとした打鍵音も気持ちよく、爽快な打ち心地が得られるのもメリットです。

キーをタッチした感触が強いので、誤入力を回避できる点もポイント。ゲーマーはもちろん、プログラマーやライターからも人気があります。打鍵音は大きめですが、周囲を気にせず入力作業が行える場合にはおすすめです。

赤軸

By: amazon.co.jp

赤軸のメカニカルキーボードはタッチ感が軽いのが特徴。キーをタッチした際に押し上げる力(押し上げ圧)がやや強いので、指や手が疲れにくいというメリットがあり、長時間のタイピング作業におすすめです。

軽い力でスムーズに入力できるので、素早い操作が求められるゲームジャンルにも最適。打鍵音が静かなので、周囲に人がいる環境や夜間の使用にも向いています。

茶軸

By: logicool.co.jp

茶軸のメカニカルキーボードは、赤軸と青軸の間に位置するバランスのよさが特徴です。軽すぎず重すぎないクリック感や心地よい打鍵音が魅力。初めてメカニカルキーボードを利用する方にも人気です。

赤軸では軽すぎ、青軸では音が大きすぎると感じた場合には、茶軸がおすすめ。スコスコとした打鍵音で、軽快なタイピングが行えるので、万人受けするタイプのメカニカルキーボードです。

黒軸

By: diatec.co.jp

黒軸のメカニカルキーボードは、タッチした際の反発力が強いのが特徴。押下圧も強いので、タイピング時に力が必要ですが、キーを底まで押し込まなくても認識するメリットがあります。

タッチ感に慣れれば、誤入力を抑えた高速タイピングも可能。好き嫌いの分かれる軸でもあるので、初めてメカニカルキーボードを購入する方よりも、ほかの軸を使用して反発力の足りなさを感じている方におすすめです。

その他

By: steelseries.com

メカニカルキーボードには、青・赤・茶・黒軸のほかにも、銀や緑、クリア軸など、さまざまな軸が存在します。銀軸はスピード軸とも呼ばれ、高速タイピングにおすすめ。ストロークが浅めに設計されており、スピーディな入力が可能です。

緑軸は、ゲーミングデバイスメーカーとして有名な「レイザー」独自の軸。しっかりとしたクリック感と爽快な打鍵音が楽しめるタイプです。クリア軸は茶軸の姉妹モデルに位置し、カチッとしたクリック感が得られます。押し上げ圧が高めなので、茶軸よりもしっかりとした入力感覚を得たい場合におすすめです。

有線か無線か接続方法をチェック

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードの接続方式は、大きく分けて2つ。有線接続タイプは、パソコンとケーブルで繋いで使用するので安定した接続が可能。入力遅延が起こりにくいので、ゲーム向けとしてもおすすめです。

また、接続ケーブルから電源が得られるため、内蔵バッテリーの充電や電池交換の手間が省けるのもメリット。USBコネクタを使用するモデルが一般的ですが、古めのパソコンで採用されていたPS/2コネクタに対応しているモデルもあります。

ケーブルが必要なので、置き場所は限られますが、ワイヤレスタイプよりリーズナブルなモデルが多い点もおすすめです。一方、無線接続タイプは、2.4GHz無線やBluetooth接続を利用するタイプ。ケーブルを管理する必要がないので、デスク上をすっきりとさせられるメリットがあります。

また、複数機器と接続できるマルチペアリングに対応したモデルであれば、複数の機器を並行して操作する場合にも便利です。

テンキー有りかテンキーレスかで選ぶ

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードを選ぶ際は、テンキーの有無も要チェック。テンキー有りのモデルは、右側に数字キーが配置されています。設置スペースが広いデメリットもありますが、業務上数字を入力する頻度が多い場合に便利です。

デスク上のスペースを有効に使いたい場合や、頻繁に持ち運ぶ場合にはコンパクトなテンキーレスタイプもおすすめ。数字キーが省略されており横幅が短いので、右手をマウスに移動させる際の距離が短くなるメリットもあります。

あると便利な機能をチェック

マクロ機能

マクロ機能とは、複雑な入力作業を一定のキーにプログラミングし、ワンタッチで操作可能にする機能。MMOやRPGなどのコマンド入力が多いゲームにはもちろん、同じ入力作業を何度も繰り返し行う業務にも最適です。

マクロ機能を搭載しているメカニカルキーボードであれば、作業効率のアップが可能。また、複雑な入力を行う手間が省けるので、指や手、手首にかかる負担が軽減できます。

アンチゴースト

アンチゴーストは、キーの信号認識不良を対策するための機能。複数のキーを連続して入力した場合でも正確に信号を送信できるので、高速タイピング時に有効。入力した操作が反映されないといったトラブルを対策できます。

アンチゴースト機能は、ゲーミングキーボードに搭載されている場合が多く、素早い操作が求められるゲームにおすすめ。また、プログラマーやライターなど、入力作業が多い業務にも向いています。

キーロールオーバー

By: elecom.co.jp

キーロールオーバーは、複数のキーを同時に押した場合でも認識する機能。10キーロールオーバーと記載のあるメカニカルキーボードであれば、最大10キーまでの同時押しが可能です。

操作するキャラを移動させながら銃を撃つFPSやTPSなどでは、複数キーの同時押し機能が必須。Nロールオーバーキーと表記のある、全キー同時押しに対応した製品も数多く発売されているので、使用用途に応じて選択しましょう。

キー配列は拘りがなければ日本語配列が無難

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードのキー配列には、日本語配列と英語配列が存在します。市販のパソコンに付属、または搭載されているキーボードは日本語配列が一般的。そのため、初めてメカニカルキーボードを購入する方には日本語配列がおすすめです。

英語配列のメカニカルキーボードは、全角/半角キーや、無変換、変換、カタカナ/ひらがななどのキーがないので、誤ってキーをタッチし入力方式が切り替わってしまうトラブルを対策できるメリットがあります。

ただし、EnterキーやDeleteキーの大きさや配置なども異なるので、慣れるまではスムーズなタイピングができなくなる場合があるので要注意。特にこだわりのない場合には、日本語配列の選択がおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

数多くのパソコン周辺機器を製造している「ロジクール」。メカニカルキーボードのラインナップも豊富で、比較的リーズナブルな価格のモデルから、多彩な機能を搭載したハイスペックなモデルまで、用途にあわせて選択しやすいのが魅力です。

ゲーム向けに開発された製品も多く、なかでも「Romer-G」と呼ばれるキースイッチを搭載したモデルが人気です。マクロ機能やキーロールオーバー、アンチゴーストなど、ゲーマーに必要な機能をしっかりと搭載している製品も多数ラインナップしています。

フィルコ(FILCO)

By: amazon.co.jp

ダイヤテック社が開発、製造するキーボードブランド「フィルコ」。品質の高いキースイッチが採用された「Majestouch」と呼ばれるシリーズが人気です。接続方式やテンキーの有無、配列などが異なるモデルを多数製造しているので、好みの製品が選びやすいメーカーでもあります。

フィルコのメカニカルキーボードには、青・赤・茶軸などのスタンダードなモデルに加えて、静音性に優れたピンク軸など、個性的な製品も存在。ゲーム用からビジネスシーン用まで、幅広い用途に応えられるメカニカルキーボードが揃っています。

オウルテック(Owltech)

神奈川県に本社を置くパソコン、モバイルデバイス周辺機器メーカー「オウルテック」。比較的リーズナブルな価格で購入できるメカニカルキーボードを開発しています。青・赤・茶軸などを採用したスタンダードなモデルがラインナップしているのが魅力です。

基本的な機能や性能を備えたシンプルなメカニカルキーボードが多く、品質の高さでも人気を集めています。

青軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Gシリーズ RGB メカニカル ゲーミングキーボード G512-CK

シンプルかつ丈夫な日本語配列のメカニカルキーボードです。本製品は青軸タイプの「GX Blue(クリッキー)」を搭載。茶軸タイプの「GX Brown(タクタイル)」や赤軸タイプの「GX Red(リニア)」を採用したモデルも選択できます。

バックライトは、約1680万色から好みのカラーを選択してカスタマイズできる「LIGHTSYNC RGB」にも対応。好みのライティングエフェクトも作り出せますが、プリセットのエフェクトを選択しても楽しめます。

本体ボディには航空機グレードのアルミ合金を使用。堅牢性に優れているだけでなく、安定感に優れている点もおすすめです。

オウルテック(Owltech) 青軸メカニカルキーボード OWL-KB109CBL

品質の高いCherry キースイッチを搭載した日本語配列のメカニカルキーボードです。本製品は青軸を採用していますが、茶軸や赤軸を採用したモデルも選択可能。心地よいクリック感が得られる製品を求めている方におすすめです。

接続はUSBとPS/2の両方に対応。PS/2を利用して接続した場合には、Nキーロールオーバー機能に対応できます。比較的低価格ながら、約5000万回の打鍵回数を誇るのもポイントです。また、キーボード上部にあるファンクションキーの左側には、再生/停止・消音・ボリュームなどを操作できる「マルチメディアキー」を搭載しています。マットブラック加工で、汚れが目立ちにくい点もおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) GK320

リーズナブルな価格で購入できる青軸メカニカルキーボードです。日本語配列の108キー仕様。一般的なキーボードのキー配置を採用しているので、初めてメカニカルキーボードを購入する方にもおすすすめです。

本製品にはバックライトが搭載されているため、夜間や暗い場所で使用する場合にも最適。キースイッチは最大5000万回のストロークに耐える設計なので、激しいゲームプレイや長時間のタイピング作業にも向いています。

接続にはUSBケーブルを使用。キートップの文字はレーザー刻印されているため、印字が摩耗しにくい点もおすすめです。

フィリップス(Philips) SPK8614

最大6000万回のキーストローク耐久を誇る低価格な英語配列メカニカルキーボードです。爽快な打鍵音が人気の青軸を採用。RGBバックライトは、7色/3種類の切り替えが可能です。

脱着できる磁気レストが付属しており、長時間使用した際の手首への負担を軽減できるのもポイント。本体右上のダイヤルで、音量やライティング効果を簡単に調節できる点もおすすめです。

ガンディア(GAMDIAS) HERMES M1A 7COLOR

「W/A/S/Dキー」と「方向キー」が交換できるメカニカルキーボードです。ゲームプレイで多用する「W/A/S/Dキー」を右側に、「方向キー」を左側に配置できるので、右利きでも左利きでも使いやすい魅力があります。

アンチゴーストやNキーロールオーバー機能にも対応しており、誤入力を軽減できる設計もポイント。バックライトも搭載されているので、夜間や暗い場所でも快適に使用できます。基本的な機能を搭載しているにも関わらず、リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

赤軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Gシリーズ ワイヤレスメカニカルキーボード G913-TKL-LNBK

コンパクトなキースイッチを搭載した日本語配列のメカニカルキーボードです。従来のロジクールメカ二カルスイッチに比べて、半分の高さを実現した「GLスイッチ」を採用。自然な手の高さで快適なタイピングが可能です。

本製品には赤軸タイプの「GLリニア」が採用されていますが、優しい打鍵音と適度なフィードバックが得られる「GLタクタイル」や、しっかりとしたクリック感が得られる「GLクリッキー」などを採用したモデルもラインナップされています。

本体は、アルミ合金のトップケースと鋼鉄でデザイン。薄型ながら高い強度と耐久性を誇ります。本体右上にはアルミ製の音量ホイールが搭載されており、上質なコントロールが可能。バックライトを1680万色から自由にカスタマイズできる「LIGHTSYNC RGB」に対応しているのもポイントです。

また、遅延の少ない安定したワイヤレス接続が可能な「LIGHTSPEEDテクノロジー」にも対応。USBケーブルで充電しながら使用できる点もおすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch Stingray FKBS91XMRL/NB

薄型のキースイッチを採用した赤軸メカニカルキーボードです。一般的なメカニカルスイッチに比べて、スリムでキーストロークの浅い「CHERRY MX Low Profile Red Switch」を搭載。滑らかにタイピングできるので、スムーズな入力を行いたい方におすすめです。

また、無駄な装飾を廃したミニマルなデザインも魅力のひとつ。通常の「Majestouch」シリーズよりも5mmほど低く、手首に負担をかけにくい設計も魅力です。キーレイアウトは日本語配列ですが、カナ表記がなく、アルファベットが視認しやすいのもポイント。コンパクトなテンキーレスデザインを採用しており、デスク上のスペースを有効に使える点もおすすめです。

ヒューレット・パッカード(HP) GK400F

サビや傷に強い金属フレームを採用した赤軸メカニカルキーボードです。最大5000万回のキーストローク耐久を誇り、堅牢性に優れているのが特徴。バックライトは、単色またはレインボーに発光させられます。

パソコンがスリープ状態に入ると、自動でバックライトも消灯。再開時に自動で再点灯する設定も可能です。キーレイアウトは英語配列を採用。カナ文字表記がなく、金属フレームのシンプルなデザインとマッチしており、スタイリッシュな外観に仕上がっています。

リーズナブルな価格で購入できるので、初めてメカニカルキーボードを購入する方にもおすすめです。

ガンディア(GAMDIAS) HERMES E2 7COLOR

コンパクトでスタイリッシュなデザインが人気の赤軸メカニカルキーボードです。ボディには金属プレートを使用。安定性にも優れており、長時間のタイピング作業にもおすすめです。アンチゴーストやNキーロールオーバー機能も搭載されているので、ゲーム用としても適しています。

キーレイアウトには、使いやすい日本語配列を採用。コンパクトなテンキーレスデザインなので、デスク上のスペースを有効に活用したい方や携帯性を重視する方にもおすすめです。

コルセア(CORSAIR) K63 ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード SKU CH-9145030-JP

高速で安定したワイヤレス接続が可能な日本語配列のメカニカルキーボードです。付属のUSBレシーバーを使用して、2.4GHzの安定した無線接続が可能。USBケーブルを利用した有線接続にも対応しており、低遅延なBluetooth接続も使用できます。

キースイッチには、信頼性の高い「Cherry MX Red 」を採用。鮮やかな青色バックライトは、キーごとにカスタマイズできます。内蔵バッテリーでの駆動は最長15時間。本体右上に専用の音量・マルチメディアコントロールを搭載しており、手元でオーディオ操作できる点もおすすめです。

アンチゴーストやNキーロールオーバー機能にも対応しており、ゲーム用としても最適。「Corsair Utility Engine (iCUE)」ソフトを利用して、任意のキーのプログラミングができるのもポイントです。

茶軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) PROシリーズ PRO Xキーボード G-PKB-001

入れ替え可能なキースイッチを採用した日本語配列のメカニカルキーボードです。本製品には「GX Brownタクタイル」と呼ばれる茶軸が搭載されていますが、青軸タイプの「GX Blueクリッキー」や赤軸タイプの「GX Redリニア」などをユーザー自身で交換できます。好みのクリック感や打鍵音が変わった場合には、別途販売されているキースイッチを購入すれば、青軸や赤軸に簡単に変更できるのが魅力です。

本製品は、eスポーツ アスリート向けに設計されているので、ゲーム向けの機能が搭載されているのもポイント。カスタマイズ可能なバックライトキーやプログラム可能な12個のファンクションキーを採用しており、アンチゴースト機能や26キーロールオーバー機能も搭載されています。

また、テンキーを廃したコンパクトなデザインと、着脱可能なUSBケーブルにより、携帯性に優れているのもメリット。外出先に携帯するメカニカルキーボードとしてはもちろん、接続するパソコンを頻繁に変更する場合にもおすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 Tenkeyless FKBC91M/JB2

無線接続と有線接続の両方に対応した茶軸メカニカルキーボードです。USBケーブルによる接続とBluetooth通信に対応。ワイヤレス接続は最大4台までのデバイスとペアリングでき、「Bluetoothデバイス登録/切替キー」を使用して簡単に切り替えられます。単3乾電池×2本で約6ヶ月使用できるのもポイント。30分間入力操作がない場合には、自動でスリープモードに移行します。

本体裏面に「DIPスイッチ」を搭載しているのも魅力のひとつ。Windowキーやアプリケーションキーをロックする「SW1」、CapsLockキーと左Ctrlキーを入れ替える「SW2」、Escキーと半角/全角キーを入れ替える「SW3」、ファンクションキーの場所を変更する「SW4」を切り替えて使用できます。テンキーレスの日本語配列なので、携帯性を重視する方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UKBK

高耐久スイッチを採用した茶軸メカニカルキーボードです。ゲーマー用に設計されており、全キーロールオーバーに対応。5000万回のキー入力にも耐えるスイッチが搭載されているので、長期間愛用する製品としてもおすすめです。

ゲームプレイ時に多用する「W/A/S/Dキー」を含む8個のキーは、付属のゲーミングキャップに取り換え可能。表面が凹凸加工されているので、指先でほかのキーとの違いを感じられる仕様です。

キーレイアウトは、テンキーを廃した日本語配列を採用。キー全体がラウンドした形状なので、快適なタイピングが可能です。ゲーム中に便利なWindowsキーの操作を無効にする機能も搭載されています。誤入力によるゲーム中断を予防できる点もおすすめです。

ロキャット(ROCCAT) Vulcan 122 AIMO ROC-12-941-BN

ドイツのデザインと工学の原則に従って開発された英語配列のメカニカルキーボードです。キースイッチには、茶軸タイプの「Titanスイッチ」を採用。ぐらつきを抑え、チャタリングを最小限に抑える設計です。

本体トッププレートには、強化アルマイトを使用。取り外し可能なパームレストと高さを抑えた設計により、手首にかかる負担を軽減できるのもポイントです。また、1680万色のカラー表現が可能なバックライトも搭載されています。透明構造のスイッチを採用されているので、ライティング効果を存分に楽しめる点もおすすめです。

アーキス(ARCHISS) ProgresTouch RETRO AS-KBPD08/TBKNWP

2色成型のキーキャップを採用した日本語配列のメカニカルキーボード。ブラックのキー内部にホワイトのキーが配置されており、キートップの文字は摩耗しにくく、長期間愛用できるのがポイントです。

また、人間工学に基づいた「ステップカルチャー」と呼ばれるデザインも魅力。階段状の段差がつけられており、すべてのキーに指が届きやすい設計です。ラバーストッパーは、本体底面だけでなくチルトスタンドにも搭載。鉄板シャーシが内蔵されており、安定性に優れている点もおすすめです。

黒軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 FKBC108ML/JB2

多彩な機能を搭載した日本語配列のメカニカルキーボードです。キースイッチには信頼性の高い「Cherry MX黒軸」を採用。USBケーブルによる有線接続とBluetoothによる無線接続の両方に対応しているので、さまざまなデバイスで使用できます。

また、ワイヤレス接続は最大4台までのデバイスをペアリング可能。単3乾電池×2本で約6ヶ月使用できる点もおすすめです。さらに、本体裏面のDIPスイッチでキーコードを変更できるのもポイント。CapsLockキーと左Ctrlキーを入れ替えたり、Fnキーの場所を変更したりできる4つのスイッチが付属しています。細かくキーボードの配列を調節して、作業効率を高めたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) メカニカルキーボード SKB-MK2BK

信頼性の高さが人気のCherryキースイッチ黒軸を採用したメカニカルキーボードです。キーボード内部に金属板を搭載し、剛性を高めた仕様。キーを押した際に不快な沈み込みが起きないメリットがあります。

接続は、USBとPS/2に対応。キーレイアウトはスタンダードな日本語配列の109キーを採用しています。重量が約1250gあるので、安定感があるのも魅力のひとつ。自宅やオフィスなどで据え置きのキーボードとして使用するのにおすすめのモデルです。

DREVO BladeMaster TE DRBMTE87K-1USG1

カスタマイズ可能なダイヤルを搭載した英語配列の黒軸メカニカルキーボードです。シングル/ダブルクリック・前回転・後回転に任意の入力操作を割り当てられるだけでなく、マウスのボタンと組み合わせたプログラムも可能。設定は専用ソフトを使って行えます。

プロファイルはキーボード上に最大3個保存可能。クラウド上には無制限に保存しておけます。キースイッチの下部が透明なので、バックライトのライティングを存分に楽しめる点もおすすめです。

Mionix ZIBAL Mechanical Keyboard ZIBAL-60US

高い信頼性と耐久性を誇るメカニカルキーボードです。Cherry キースイッチ 黒軸を1.6mm厚のスチールフレームに配置。安定感に優れており、快適なタイピングが可能です。また、接続用のケーブルは強化布巻き製なので、断線に強いというメリットがあります。

バックライトをすべてのキーに搭載しているのもポイント。メディアコントロール機能やUSBハブなど、使い勝手に優れた機能が搭載されている点もおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめモデル|その他軸

フィルコ(FILCO) Majestouch 2 Camouflage-R FKBN108MPS/NMR2

独特なカモフラカラーが目を引く、日本語配列のメカニカルキーボードです。キーカラーにはブラックとカーキを採用し、ボディにはカモフラ柄が施されています。ゲームへの没入感を高めるデザインなので、FPSゲーマーにおすすめです。

キースイッチには、ピンク軸とも呼ばれる静音性に優れた「Cherry MX SILENTスイッチ」を採用しているのもポイント。打鍵音が小さめなので、周囲に人がいる環境や夜間に使用する方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) APEX PRO JP

調節可能なキースイッチを搭載した日本語配列のメカニカルキーボードです。「OmniPointスイッチ」と呼ばれる高品質なキースイッチを採用。0.4~3.6mmの間でキーの作動感度を調節できるので、高速なタイピングをしたい方から、しっかりとした入力を好む方まで、好みにあわせてカスタマイズできます。キーの耐久面としては、約1億回のキープレスに耐える設計なので、長期間愛用できるメカニカルキーボードを求めている方にもおすすめです。

また、本体右上には「有機ELスマートディスプレイ」を搭載。設定や選択されているプロファイルが表示され、目で見て簡単に確認できます。「専用マルチメディアコントロール」と呼ばれるメタルローラーも搭載しており、音量や設定の変更が直感的な操作で行えるのもメリットです。背面にUSBパススルーポートが配置されているので、マウスやヘッドセット、USBメモリなどとも接続できます。

そのほか、マグネット式のリストレストが付属しており、タイピング時の手首にかかる負担が軽減できる点もおすすめです。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW RZ03-02860100-R3M1

優れたクリック感が得られる英語配列のゲーム向けメカニカルキーボードです。レイザー独自の緑軸を採用しており、キーを押した際にしっかりとした感触が得られます。カチャカチャとした気持ちのよい打鍵音がするので、タイピング時に爽快感が得られるのもポイントです。

1680万色のカラーオプションに加えて、スペクトラムサイクリングやウェーブ、ブリージング、リップルなどのライティング効果が搭載されているのも魅力。没入感あふれるゲーム体験をサポートする仕様です。

「RAZER HYPERSHIFT」と呼ばれる機能を使用すれば、任意のキーをシフトキーに設定して、すべてのキーに二次機能を付与できます。複雑なコマンド入力が多いMMOに最適な機能です。本製品はオンボードメモリを搭載しているので、最大5つのプロファイルをキーボード本体に保存可能。カスタムプロファイルをクラウド上に無制限で保存しておける点もおすすめです。

アーキス(ARCHISS) Maestro 2S AS-KBM02/TCGBA

By: archisite.co.jp

クリア軸を採用したフルサイズのメカニカルキーボードです。日本語配列のフルサイズキーボードながら、一部のキーとファンクションキーのあわせ押しを採用しており、コンパクトなサイズを実現。携帯性に優れたテンキー搭載キーボードをお探しの方におすすめです。

キースイッチに採用されたクリア軸は、茶軸と同程度のクリック感がありますが、より重さを感じられるのが特徴です。キートップの文字は摩耗に強い「昇華印刷」を採用。キーの素材として、耐摩耗性や電気特性に優れたポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂を採用しているのもポイントです。

Windowsキーや半角/全角キーを無効化できるので、ゲームプレイ時も快適。USB Type-A端子を搭載したケーブルで接続しますが、USB Type-C変換アダプタも付属しています。

コルセア(Corsair) K65 RGB RAPIDFIRE コンパクトメカニカル・ゲーミングキーボード SKU CH-9110014-JP

スムーズで高速なタイピングが可能な日本語配列のメカニカルキーボードです。銀軸タイプの「CHERRY MX SPEED スイッチ」を採用。約1.2mmとキースストロークが浅く、滑らかに入力できます。素早い操作が求められるFPSやTPSなどのゲーマーに人気です。

ボディには、陽極酸化処理されたつや消しアルミニウムフレームを使用しており、激しい操作にも耐えるのも魅力のひとつ。カスタマイズ可能なRGBバックライトも搭載されているので、夜間や暗い場所でも使用できます。ゲームへの没入感を高められる点でもおすすめです。