パソコン操作に欠かせないアイテム、キーボード。プログラマーやライターなど、長時間の入力作業を行う方はキーボードの性能にもこだわりたいところです。キーの打ち心地だけでなく耐久性にも優れている「メカニカルキーボード」は人気ですが、多彩な製品が販売されているので、どれを購入すべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのメカニカルキーボードをご紹介。選び方のコツやメリットについても解説しています。

メカニカルキーボードとは?

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードとは、独立したキースイッチを搭載したキーボードです。ひとつひとつのキーにスイッチやバネが内蔵されており、スイッチの種類によって押し心地やクリック時の音の大きさが異なります。

上下の接点シートを接触させてキーの入力を認識する「メンブレン方式」や「パンタグラフ方式」と呼ばれるモノとは異なり、故障したキースイッチのみを交換できるのも魅力のひとつ。構造が複雑なので価格は高めですが、自分に適した性能のモデルを見つけやすいのがおすすめポイントです。

メカニカルキーボードのメリット

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードは、ほかのキーボードと異なる独特の打鍵感が特徴。タイピング時にカチャカチャとした音が鳴り、爽快感が得られたり、疲れにくかったりするのがメリットです。また、耐久性に優れているモデルが多く、長期間愛用できます。

数千万回の打鍵テストをクリアした製品も多数販売されており、入力作業の多い方やゲーマーにもおすすめです。好みの打鍵感やタイピング音の大きさにあわせて、「軸」と呼ばれるキースイッチを選択できる点もおすすめです。

メカニカルキーボードの選び方

軸の種類をチェック

青軸

By: amazon.co.jp

青軸のメカニカルキーボードは、しっかりとしたクリック感が特徴です。押し上げる力(押し上げ圧)が強く、タッチした際にキーがしっかりと反発するのが魅力。カチャカチャとした打鍵音も気持ちよく、爽快な打ち心地が得られるのもメリットです。

キーをタッチした感触が強いので、誤入力を回避できる点もポイント。ゲーマーはもちろん、プログラマーやライターからも人気があります。打鍵音は大きめですが、周囲を気にせず入力作業が行える場合にはおすすめです。

赤軸

By: amazon.co.jp

赤軸のメカニカルキーボードはタッチ感が軽いのが特徴。キーをタッチした際の押し上げ圧がやや強いので、指や手が疲れにくいというメリットがあり、長時間のタイピング作業におすすめです。

軽い力でスムーズに入力できるので、素早い操作が求められるゲームジャンルにもぴったり。打鍵音が静かなので、周囲に人がいる環境や夜間の使用にも向いています。

茶軸

By: logicool.co.jp

茶軸のメカニカルキーボードは、赤軸と青軸の間に位置するバランスのよさが特徴です。軽すぎず重すぎないクリック感や心地よい打鍵音が魅力。初めてメカニカルキーボードを利用する方にも人気です。

赤軸では軽すぎて、青軸では音が大きすぎると感じた場合には、茶軸がおすすめ。スコスコとした打鍵音で、軽快なタイピングが行えるので、万人受けするタイプのメカニカルキーボードです。

黒軸

By: diatec.co.jp

黒軸のメカニカルキーボードは、タッチした際の反発力が強いのが特徴。押下圧も強いので、タイピング時に力が必要ですが、キーを底まで押し込まなくても認識するメリットがあります。

タッチ感に慣れれば、誤入力を抑えた高速タイピングも可能。好き嫌いの分かれる軸でもあるので、初めてメカニカルキーボードを購入する方よりも、ほかの軸を使用して反発力の足りなさを感じている方におすすめです。

その他

By: steelseries.com

メカニカルキーボードには、青・赤・茶・黒軸のほかにも、銀や緑、クリア軸など、さまざまな軸が存在します。銀軸はスピード軸とも呼ばれ、高速タイピングにおすすめ。ストロークが浅めに設計されており、スピーディな入力が可能です。

緑軸は、ゲーミングデバイスメーカーとして有名な「レイザー」独自の軸。しっかりとしたクリック感と爽快な打鍵音が楽しめるタイプです。クリア軸は茶軸の姉妹モデルに位置し、カチッとしたクリック感が得られます。押し上げ圧が高めなので、茶軸よりもしっかりとした入力感覚を得たい場合におすすめです。

有線か無線か接続方法をチェック

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードの接続方式は、大きく分けて2つ。有線接続タイプは、パソコンとケーブルで繋いで使用するので安定した接続が可能。入力遅延が起こりにくいため、ゲーム向けとしてもおすすめです。

また、接続ケーブルから電源が得られるので、内蔵バッテリーの充電や電池交換の手間が省けるのもメリット。USBコネクタを使用するモデルが一般的ですが、古めのパソコンで採用されていたPS/2コネクタに対応しているモデルもあります。ケーブルが必要なので、置き場所は限られますが、ワイヤレスタイプよりリーズナブルなモデルが多い点もおすすめです。

一方、無線接続タイプは、2.4GHz無線やBluetooth接続を利用するタイプ。ケーブルを管理する必要がないので、デスク上をすっきりとさせられるメリットがあります。また、複数機器と接続できるマルチペアリングに対応したモデルであれば、複数の機器を並行して操作する場合にも便利です。

テンキーの有無で選ぶ

メカニカルキーボードを選ぶ際は、テンキーの有無も要チェック。テンキー有りのモデルは、右側に数字キーが配置されています。設置スペースが広いデメリットもありますが、業務上数字を入力する頻度が多い場合に便利です。

デスク上のスペースを有効に使いたい場合や、頻繁に持ち運ぶ場合にはコンパクトなテンキーレスタイプもおすすめ。数字キーが省略されており横幅が短いので、右手をマウスに移動させる際の距離が短くなるメリットもあります。

あると便利な機能をチェック

マクロ機能

マクロ機能とは、複雑な入力作業を一定のキーにプログラミングし、ワンタッチで操作可能にする機能。MMOやRPGなどのコマンド入力が多いゲームにはもちろん、同じ入力作業を何度も繰り返し行う業務にもぴったりです。

マクロ機能を搭載しているメカニカルキーボードであれば、複雑な入力を行う手間が省けるので、作業効率をアップできます。

アンチゴースト

By: amazon.co.jp

アンチゴーストは、キーの信号認識不良を対策するための機能。複数のキーを連続して入力した場合でも正確に信号を送信できるので、高速タイピング時に有効です。入力した操作が反映されないといったトラブルを対策できます。

アンチゴースト機能は、ゲーミングキーボードに搭載されている場合が多く、素早い操作が求められるゲームにおすすめ。また、プログラマーやライターなど、入力作業が多い業務にも向いています。

キーロールオーバー

By: elecom.co.jp

キーロールオーバーは、複数のキーを同時に押した場合でも認識する機能。10キーロールオーバーと記載のあるメカニカルキーボードであれば、最大10キーまでの同時押しが可能です。

操作するキャラを移動させながら銃を撃つFPSやTPSなどでは、複数キーの同時押し機能が必須。Nロールオーバーキーと表記のある、全キー同時押しに対応した製品も数多く発売されているので、使用用途に応じて選択しましょう。

キー配列はこだわりがなければ日本語配列が無難

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードのキー配列には、日本語配列と英語配列が存在します。市販のパソコンに付属、または搭載されているキーボードは日本語配列が一般的。そのため、初めてメカニカルキーボードを購入する方には日本語配列がおすすめです。

英語配列のメカニカルキーボードは、全角/半角キーや、無変換、変換、カタカナ/ひらがななどのキーがないので、誤ってキーをタッチし入力方式が切り替わってしまうトラブルを対策できるメリットがあります。

ただし、EnterキーやDeleteキーの大きさ、配置なども異なるので、慣れるまではスムーズなタイピングができなくなる場合がある点は要注意。特にこだわりのない場合には、日本語配列の選択がおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

数多くのパソコン周辺機器を製造している「ロジクール」。メカニカルキーボードのラインナップも豊富で、比較的リーズナブルな価格のモデルから、多彩な機能を搭載したハイスペックなモデルまで、用途にあわせて選択しやすいのが魅力です。

ゲーム向けに開発された製品も多く、なかでも「Romer-G」と呼ばれるキースイッチを搭載したモデルが人気です。マクロ機能やキーロールオーバー、アンチゴーストなど、ゲーマーに必要な機能をしっかりと搭載している製品も多数ラインナップしています。

フィルコ(FILCO)

By: amazon.co.jp

ダイヤテック社が開発、製造するキーボードブランド「フィルコ」。品質の高いキースイッチが採用された「Majestouch」と呼ばれるシリーズが人気です。接続方式やテンキーの有無、配列などが異なるモデルを多数製造しているので、好みの製品が選びやすいメーカーでもあります。

フィルコのメカニカルキーボードには、青・赤・茶軸などのスタンダードなモデルに加えて、静音性に優れたピンク軸など、個性的な製品も存在。ゲーム用からビジネスシーン用まで、幅広い用途に応えられるメカニカルキーボードが揃っています。

オウルテック(Owltech)

神奈川県に本社を置くパソコン、モバイルデバイス周辺機器メーカー「オウルテック」。比較的リーズナブルな価格で購入できるメカニカルキーボードを開発しています。青・赤・茶軸などを採用したスタンダードなモデルがラインナップしているのが魅力です。

基本的な機能や性能を備えたシンプルなメカニカルキーボードが多く、品質の高さでも人気を集めています。

青軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) PROシリーズ PRO Xキーボード G-PKB-002

eスポーツアスリートのために設計された青軸メカニカルキーボードです。本製品には「GX Blueクリッキー」と呼ばれる青軸キースイッチが搭載されていますが、「GX Redリニア(赤軸)」や「GX Brownタクタイル(茶軸)」などのキースイッチにユーザー自身で交換可能。

コンパクトなテンキーレスデザインにより、マウススペースを広くとれるメリットもあります。接続には着脱式のmicroUSBケーブルを使用。携帯性にも優れた設計です。「Logicool G HUBソフトウェア」を利用すれば、キーライティングのカスタマイズも可能。

背面にキーボードの角度を3段階で調節できるスタンドが内蔵されているのもポイントです。F1~F12キーにはマクロ機能も搭載しています。

オウルテック(Owltech) Cherry 109フルキー青軸搭載メカニカルキーボード OWL-KB109C

手頃な価格で購入できる信頼性の高い青軸メカニカルキーボードです。心地よいクリック感と軽いキータッチが特徴の「Cherryメカニカルキースイッチ 青軸」を採用。接続はUSBとPS/2が選択でき、PS/2接続時は「Nキーロールオーバー機能」にも対応します。

打鍵回数は5000万回可能と謳われているのも魅力。筐体内部にキースイッチを支える鉄板を設置しており、高い剛性を備えています。

ヒューレット・パッカード(HP) 有線メカニカル ゲーミングキーボード GK320 青軸

リーズナブルな価格で購入できる青軸メカニカルキーボードです。シンプルなフレームデザインが特徴。耐久性の高いキースイッチは、最大5000万回のキーストロークに耐える仕様です。キーの同時押しに対する「6キーアンチゴースト機能」も搭載。

Windowsロックキー機能がついているので、ゲーミングキーボードとしてもおすすめです。また、キーにはRGB LEDバックライトが搭載されているので、夜間や暗い場所での使用にもぴったり。発光パターンのカスタマイズも行えます。

低価格で購入できるので、初めてメカニカルキーボードを購入する方にもおすすめです。

フィリップス(PHILIPS) メカニカルゲーミングキーボード SPK8614

磁気式のアームレストが付属している、コスパに優れた青軸メカニカルキーボードです。接続はUSBケーブルを利用した有線式。カチカチと心地よいクリック音が得られる青軸を採用しており、日常使用からゲーム時の使用まで幅広い用途に対応できます。

最大6000万回のキーストロークに耐えると謳われているのもポイント。脱着可能なアームレストによって、長時間使用時に疲れにくいのも魅力です。7色から選択できるバックライトは、3種類のライティング効果を切り替え可能。本体右上のダイヤルでライティング効果や音量が簡単に調節できる点もおすすめです。

DREVO BladeMaster TE DRBMTE91K-1JPG2

側面に入力ダイヤルを搭載した青軸メカニカルキーボードです。シングルクリック・ダブルクリック・前回転・後回転が可能なダイヤルは、好みの操作をアサイン可能。別デバイスと組み合わせた操作カスタマイズも行えるので、作業効率のアップを図りたい場合にぴったりです。

キースイッチには「Gateron RGB スイッチ」を採用。バックライトを搭載しているので、暗い場所での使用にもおすすめです。

赤軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード G913

約22mmのスリムボディを実現した赤軸メカニカルキーボードです。キースイッチには、スムーズで流れるようなキーストロークが可能な「GLリニア」を採用。MMOやアクションゲームに理想的なキースイッチです。

接続には「LIGHTSPEEDワイヤレス」と呼ばれる遅延の少ない無線接続を採用。USBケーブルで接続すれば、充電しながらでも使えます。ボディには5052アルミニウム合金を使用。軽量ながら高い強度と耐久性も兼ね備えており、激しいゲームプレイにも適しています。

本体右上のアルミ製音量ホイールは高級感あふれるデザイン。人間工学に基づいた薄型の設計により、自然なポジションで快適にタイピングできる、おすすめの製品です。

GAMDIAS HERMES E2 7 COLOR Mechanical Gaming Keyboard

安定性と耐久性に優れた赤軸メカニカルキーボードです。本製品には赤軸が採用されていますが、青・茶・黒軸タイプも選択可能。最大5000万回のキーストロークを誇るキースイッチや、頑丈な金属パネルの採用により、激しいゲームプレイやタイピングにも耐えられる仕様です。

テクスチャード加工が施されたキーキャップは、グリップがよく正確なタイピングをサポート。本体サイズが約370×140×30mmとコンパクトなので、携帯性にも優れています。リーズナブルな価格で購入できるので、初心者用のメカニカルキーボードとしてもおすすめです。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Origins Coreメカニカルゲーミングキーボード HX-KB7RDX-JP

コンパクトながらが頑丈なテンキーレスタイプの赤軸メカニカルキーボードです。本製品にはキングストン独自の赤軸が採用されています。フルアルミボディによる安定感と耐久性の高さが魅力の製品です。

背面に搭載されているキーボードスタンドは3段階で調節可能。接続に利用するUSB Type-Cケーブルは取り外しできるので、携帯時や収納時に便利です。「HyperX NGENUITYソフトウェア」を利用すれば、ライティングのカスタマイズやマクロ作成、ゲームモードの調節が可能。

3つのプロファイルを保存しておけるオンボードメモリが内蔵されている点もおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ロープロファイルキーボード 400-SKB057R

暗い場所でもはっきり文字が確認できる赤軸メカニカルキーボードです。LEDバックライトを搭載しており、明るさやライトの動きを変更可能。軽く柔らかい押し心地でサクサクと軽快にタイピングできるのがメリットです。

本製品は赤軸を採用していますが、青軸モデルもラインナップ。本製品のキースイッチは、作動点やキーストロークが浅いので素早く入力できます。また、キーボード全体の表面が緩やかな弧を描いており、指に負担をかけずにタイピングできる点もおすすめです。

キー配列はスタンダードな日本語配列。打鍵しやすい標準の19mmキーピッチを採用しています。

エムエスアイ(MSI) KEYBOARDS マルチメディア VIGOR GK60

ゲーミングとオフィスユースの両方に使える赤軸メカニカルキーボードです。ゲームプレイ時に多用する「W・A・S・Dキー」は、金属製の取り替え用キーキャップが付属。「Nキーロールオーバー機能」も搭載されています。

スピードや方向、モード変更などは、矢印キー上に位置するホットキーで直接操作が可能。「Gaming Base」と呼ばれる支えをスペースキーの真下に搭載しており、しっかりとした安定感が得られる点もおすすめです。

茶軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) Gシリーズ LIGHTSYNC RGBメカニカル ゲーミング キーボード G512

航空機グレードのアルミ合金を使用した茶軸メカニカルキーボードです。高強度かつ高耐久な5052アルミ合金を採用し、ミニマルなデザインと高級感あふれる外観を両立。各キーのバックライトカラーは、約1680万色から選択可能。

「Logicool G HUBソフトウェア」を利用すれば、ゲーム・オーディオ・画面と連動したライティングも楽しめます。キースイッチには静音性に優れた「GX Brown」を採用。本体にUSBポートを搭載しているので、モバイルデバイスの充電や有線マウスの使用にも便利です。

「Logicool G HUB」を使用すれば、Windowsキーだけでなく、任意のキーを無効化可能。キー単位のRGBライトプロファイルをオンボードメモリに保存できる点もおすすめです。

フィルコ(FILCO) Majestouch Convertible 2 Tenkeyless FKBC91M/JB2

有線接続と無線接続の両方に対応した茶軸メカニカルキーボードです。有線接続はUSBケーブルを採用。ワイヤレス接続にはBluetoothを利用しており、電池とUSBケーブル、どちらの給電方法でも使用できます。

単3電池2本で約6ヶ月使用可能。無線接続中に30分間入力がなければ自動でスリープモードに移行し、消費電力を節約できます。Bluetooth接続は最大4台の機器とマルチペアリング可能。パソコンだけでなく、スマホやタブレットでもキーボードを利用したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UK

比較的リーズナブルな価格で購入できる茶軸メカニカルキーボードです。激しいキー入力にも耐えられる5000万回高耐久メカニカルスイッチを採用。すべてのキーを同時押しできる「全キーロールオーバー機能」に対応しており、幅広いゲームジャンルに使用できます。

ゲームプレイ時に多用する「W・A・S・Dキー」を含む8個のキーは、取り替え用のゲーミングキャップが付属。表面に凹凸加工が施されており、操作性の向上が期待できます。また、Windowsキーやメニューキーを無効化できるゲーミングモードも搭載。

キー全体がラウンドした形状のため、快適なタイピングができる、おすすめの製品です。

サーマルテイク(Thermaltake) NEPTUNE Proシリーズ KB446 KB-NPP-TRBLJP-01

Cherry MXと互換性のある「TTCキースイッチ」を採用した茶軸メカニカルキーボードです。優れた応答速度と精度に加えて、5000万回のキー耐久性能も有しています。すべてのキーにBLUE LEDバックライトを搭載しているのもポイント。

13種類のライティングエフェクトが選択できるほか、専用ソフトウェアを利用してカスタマイズも可能。「Nロールオーバー機能」や「アンチゴースト機能」にも対応しているので、ゲーミングキーボードとしてもおすすめです。

MISTEL BAROCCO MD770 RGB

本体を左右に分離できる茶軸メカニカルキーボードです。2色成型のキーキャップを採用しており、摩耗に強く文字が消えにくいのが特徴。さまざまなLEDモードでバックライトを発光させられるのもメリットです。

左右ユニットの連結とパソコンへの接続にはUSBケーブルを使用。マクロ機能にも対応しており、頻繁に使用するコマンドを特定のキーにプログラムしておける点もおすすめです。

黒軸メカニカルキーボードのおすすめモデル

フィルコ(FILCO) Majestouch 2 Tenkeyless FKBN91ML/JB2

耐久性・信頼性・打鍵感に優れた黒軸メカニカルキーボードです。ガラスエポキシ基板と呼ばれる2層基板を採用しており、キースイッチのスルーホールを半田でしっかりと固定。タイピング時の負荷や振動を鉄板だけでなく基板側にも逃がせる設計です。

キーを押し下げるほど重さが増す黒軸メカニカルスイッチは、押下圧60g。重さはありますが、アクチュエーションポイントが2mmの位置に設定されているので、キーを最後まで押さなくても入力できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) メカニカルキーボード SKB-MK2

Cherryキースイッチを採用した本格的な黒軸メカニカルキーボードです。メカニカルキー特有の軽快な打鍵音が特徴。キーボード内部に剛性を高める金属板が搭載されているので、キーを押した際の不快な沈み込みも抑えられます。

接続はUSBのほか、PS/2にも対応。重量約1250gと安定感があるのも魅力です。キー配列はスタンダードな日本語配列を採用。ドライバ不要で、ケーブルをつなぐだけで簡単に接続できる点もおすすめです。

Mionix ZIBAL Cherry MX Black Switches Mechanical Keyboard ZIBAL-60US

高い信頼性と耐久性を備えた黒軸メカニカルキーボードです。1.6mm厚のスチールプレート上にCherry 黒軸キースイッチを配置。安定感があり、しっかりとしたタイピングができる設計です。強化布巻きケーブルは断線に強いだけでなく、キーボード本体も傷つけにくい仕様。

全てのキーにバックライトを搭載しているので、夜間や暗い場所でも快適に作業が行えます。また、本体にUSBポートを搭載している点もおすすめです。

ARCHISS Maestro FL 日本語配列 AS-KBM08/LGBA

摩耗に強い昇華印刷を採用した黒軸メカニカルキーボードです。インクをキーキャップに浸透させる方式のため、長時間使用しても文字が薄れにくいのがメリット。キーキャップの素材には、耐摩耗性と電気特性に優れたPBT樹脂を採用しています。

ゲームプレイ時に便利なWindowsキーや半角全角キーのロックも可能。また、USB Type-C変換コネクタが付属しています。

e元素 e元素メカニカル式ゲーミングキーボード K600

丸型のキーキャップを採用した黒軸メカニカルキーボードです。キーボード裏側に5つの水抜き穴を配置。ほこりや汚れに強い設計なので、キーボードの汚れを水で洗すことも可能です。デザインは人間工学に基づいており、長時間使用しても疲れにくい仕様。

角度調節可能なキーボードスタンドが搭載されている点もおすすめです。

メカニカルキーボードのおすすめモデル|その他軸

ロジクール(Logicool) メカニカル有線キーボード K840

明確な打鍵感と静かな操作音を両立したメカニカルキーボードです。7000万回を超えるキーストロークテストに合格した「Romer-G メカニカルスイッチ」を搭載。トップケースには陽極酸化アルミニウムが使われており、シンプルながらスタイリッシュな外観を有しています。

「26キーロールオーバー機能」やWindowsキーのロック機能も搭載されているので、ゲーミングキーボードとしてもおすすめ。「Logicool Options」を利用すれば、F1~4のキーに好みのコマンドをプログラムできます。

接続には約1.8mのUSBケーブルを使用。背面にキーボードスタンドが搭載されている点も魅力です。

レイザー(Razer) RAZER BLACKWIDOW LITE RZ03-02640100-R3M1

高い精度と応答性を備えたレイザー独自のキースイッチを採用したメカニカルキーボードです。本製品の「Razer オレンジメカニカルスイッチ」にはO-リングが搭載されており、静音性に優れた仕様。周囲に人がいる環境や夜間の使用におすすめです。

また、しっかりとしたクリック感が得られるのも特徴。すべてのキーにLEDバックライトが搭載されているので、暗い場所でも快適に使用できます。レイザーのメカニカルスイッチは、8000万回のキーストロークに耐える長寿命仕様を謳っており、信頼性が高いのも魅力。

クラウドベースのハードウェア構成ツール「Razer Synapse 3」を利用して、マクロの割り当てやショートカットの設置も行えます。

スティールシリーズ(SteelSeries) APEX PRO

調節可能なキースイッチを採用したメカニカルキーボードです。キーごとの感度を調節できる「OmniPointスイッチ」を搭載しており、レスポンスや作動の高速化を実現。1億回のキープレスに耐えられる耐久性の高さも魅力です。

「OmniPointスイッチ」は、アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmの間で10段階調節可能。ゲームに最適な浅いアクチュエーションポイントと、確実な文字入力におすすめの深いアクチュエーションポイントを切り替えて使えるメリットがあります。

本体右上には有機ELスマートディスプレイを搭載。設定やプロファイルの変更、アップデートの表示などを目で見て確認できるのがポイントです。ボディには航空機級のアルミニウム合金が使用されており、耐久性にも優れた設計。マグネット式のリストレストが付属している点もおすすめです。

コルセア(Corsair) K65 RGB RAPIDFIRE コンパクトメカニカル・ゲーミングキーボードCH-9110014-JP

高級感のある外観が特徴のメカニカルキーボードです。陽極酸化処理されたつや消しアルミニウムフレームを採用しており、高い耐久性を実現。キースイッチには、1.2mmという短い動作距離を誇る「CHERRY MX SPEED」を採用しているので、素早い入力が必要なゲームにぴったりです。

全てのキーにRGBバックライトを搭載しており、ダイナミックなライティング効果が楽しめるのもおすすめポイント。本体にはマウスやヘッドセットを接続できるUSBポートも搭載されています。また、上部にはボリューム調節用のキーも搭載。

テクスチャード加工が施されたゲーミング用のキーキャップも同梱されています。キー配列は日本語配列と英語配列の両方をラインナップしており、取り外し可能なパームレストも付属しています。

エイスース(ASUS) ゲーミングキーボード ROG Strix Scope TKL

ドイツで製造されている高品質キースイッチを採用したメカニカルキーボードです。高い信頼性を誇る「Cherry MX RGBスイッチ」の銀軸を搭載。クリック音が小さく軽い打鍵感が特徴で、素早い入力操作が可能です。

「アンチゴースト機能」や「Nロールオーバー機能」にも対応。Windowsキーの無効化やマクロの作成など、ゲームに適した機能を十分に搭載しています。また、本製品にはオンボードメモリが搭載されているので、カスタムプロファイルを最大5つまで保存可能。

ゲーミングキーボードらしいライティングが楽しめる点もおすすめです。