スマホで長文を打つときにあると便利なスマホ用キーボード。一般的なパソコンと同じような感覚で文章を打てるため、フリックやトグル入力よりもすばやく文章を作成できます。しかし、スマホ用キーボードにもさまざまな種類があり、どれを選べばよいか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、スマホ用キーボードの選び方のポイントやおすすめの製品をご紹介します。本記事を参考に、自分に適したスマホ用キーボードを見つけてみてください。

スマホ用キーボードとは?

By: elecom.co.jp

スマホ用キーボードはスマホとキーボードを接続して、パソコンと同じように文字入力ができるモノです。スマホで文字を打つときはフリックやトグル入力が一般的ですが、キーボードを使えばより長文の入力が容易に行えます。

パソコンでよくタイピングをする方は、作業効率の向上を図ることも可能。スマホ用キーボードによって接続方法や機能、文字配列などが異なるので、使いやすい製品を選ぶのが重要です。

スマホ用キーボードを使うメリットとは?

By: elecom.co.jp

スマホ用キーボードを使うメリットはたくさんあります。一番は長文入力を容易にする点。普段使い慣れているパソコンと同じように両手を使って作業ができるため、長文の文章作成をするなら効率的に作業が可能です。ショートカットキーにも対応しており、画面サイズが小さなスマホでも快適にコピペもできます。

スマホでさまざまなタスクをこなす方や長文を打つ機会が多い方には、非常に役立つアイテムです。

スマホ用キーボードの選び方

対応OSをチェック

By: amazon.co.jp

スマホ用キーボードを選ぶときは、どのOSに対応しているかが大切。せっかく購入したスマホ用キーボードでも、自分の端末が対応していなければ使用できません。Androidはどの端末に使えるのか、iOSに対応している製品かなど、しっかり確認するのが大事です。

スマホ用キーボードのなかにはAndroidやiOS、WindowsなどさまざまなOSに対応しているモノもあります。複数OSに対応していれば、機種変更であたらしい端末に変わったときや、ほかの端末と接続したいときに便利です。

接続方法をチェック

Bluetooth接続

By: elecom.co.jp

多くのスマホ用キーボードが採用している接続方法が、Bluetooth接続。Bluetooth接続はコードレスなので、机の上で配線が絡まる心配がありません。無線が届く範囲であれば、キーボードを自由な位置に設置できるので便利です。

ただ、Bluetooth接続は通信が一時的に途切れてしまったり、反応速度に遅延が生じたりする可能性も。キーボードの配置やコードレスなどを重視する方におすすめです。

有線接続

By: amazon.co.jp

有線接続はスマホとキーボードをケーブルで繋いで使用します。有線接続のメリットは接続切れや遅延が少なく、快適にタイピングができる点。Bluetooth接続と比べて複雑な設定をする手間を省けるのもポイントです。

また、ケーブルを通じて充電を行う製品もあります。電池を入れ替えたり、給電したりする手間を省けるのも有線接続の魅力です。

デメリットはケーブルが接続できる範囲内にしかキーボードを置けない点。キーボードの設置場所に余裕がある方や、安定した作業環境を実現したい方におすすめです。

給電方法をチェック

使用頻度が高い方なら「充電式」を

スマホ用キーボードを頻繁に使うなら、給電方法にも注目。充電式を採用しているキーボードは電池を入れるスペースが取り除かれているため、軽量でコンパクトなのが特徴です。電池を毎回買い足す手間も省けます。充電式のキーボードを購入するときは、充電用ケーブルが付属しているモノを選ぶと便利です。

一方、充電式にはデメリットも。外出先で充電が切れたときはコンセントのある場所を探す必要があります。できるだけ、連続稼働時間が長く、すばやくフル充電ができるモノを選ぶのがおすすめです。

充電が面倒なら「電池式」を

毎回充電をするのが面倒だと感じる場合は、電池式を採用しているスマホ用キーボードがおすすめ。電池を買い足す手間はありますが、充電切れをした際、電池を入れ替えればすぐに使えます。すぐにスマホ用キーボードを使いたいときも安心です。

電池式の場合は連続稼働時間や待機時間が長いモノを選ぶと、電池の買い替え頻度を抑えられます。ただし、電池式のキーボードは充電式と比べて重量があるので、考慮しておきましょう。

一部のスマホ用キーボードは、充電式と電池式のどちらにも対応しているので、ぜひチェックしてみてください。

文字配列をチェック

By: rakuten.co.jp

文字配列は日本語配列と英語配列の2つがあります。キーの位置やサイズがそれぞれ異なりますが、どちらも日本語入力が可能。日本語配列のキーボードは全角や半角キーがあり、エンターキーが縦に大きいのが特徴です。スペースキーの横には無変換や変換キーも備わっています。

一方、英語配列は全角や半角キーが付いていないのが特徴です。スペースキーも日本語配列と比べて大きく、エンターキーは横長。右側に配置されているキーが大きいので、小指で打鍵しやすく、ホームポジションが崩れにくいメリットがあります。

普段使っている文字配列のスマホ用キーボードを選ぶのがおすすめです。

キーピッチをチェック

By: amazon.co.jp

キーの打ちやすさを重視する場合は、キーピッチもチェックしたいポイント。キーピッチとはキー同士の間隔で、一般的なデスクトップのパソコンはキーピッチが19mmです。自宅やオフィスでパソコンを日常的に使っているなら、スマホ用キーボードも19mmが確保されていると、快適にタイピングできます。

キーピッチ19mm以下の小型キーボードは、キーが密集しているため、指の移動量を抑えることが可能。手が小さくて細い方は、キーピッチが短いキーボードの検討もおすすめです。

また、キーボードにアイソレーション設計を採用していれば、横にあるキーを誤って押すのを防げます。大量の文字を打つ方に便利です。一方、キーピッチが大きくなるほど携帯性が損なわれるので、留意しておきましょう。

キー構造をチェック

By: amazon.co.jp

打鍵感にこだわるならキー構造もチェックしたい点。スマホ用のキーボードの多くはパンタグラフ式を採用しています。力を入れずにキーを押し込め、軽快なタッチが可能です。キーの強度と耐久性にも優れています。パンタグラフは多くのノートパソコンに搭載されているため、馴染みやすいのも特徴です。

ほかにはメカニカル式もあります。カチャカチャと心地よい打鍵音が楽しめるほか、キーの戻りがはやく、すばやい打鍵が実現可能。ゲーム用途に使いたい方におすすめです。

タイプをチェック

据え置きで使用するなら「垂直型」

By: amazon.co.jp

スマホ用キーボードにもタイプがあり、据え置きで使いたい方は垂直型がおすすめ。パソコン用のキーボードの多くが垂直型なので、馴染みやすく操作しやすいのが特徴です。自宅やオフィスに置いて使いたい方に適しています。

ただし、垂直型はサイズが大きいので携帯しにくい面も。垂直型をどうしても持ち運びしたい方は、テンキーレスで少しでもコンパクトなモノを選ぶか、できるだけ軽いキーボードを選んでみてください。

持ち運びに便利な「折りたたみ型」

By: owltech.co.jp

外へ持ち運びするなら折りたたみタイプのスマホ用キーボードがおすすめ。一部の折りたたみのキーボードは重量が150g以下で、軽いのが特徴です。カバンに入れたときに重さを感じにくく、容易に長時間の携帯ができます。

スーツのポケットに収納したい場合は、三つ折りできるスマホ用キーボードもおすすめです。しかし、小型のキーボードの場合はキーピッチが短かったり、テンキーが付いていなかったりする場合もあるので、よくチェックしてみてください。

スマホを立てかけられる「ケース・スタンド付き」も

By: amazon.co.jp

スマホ用キーボードでスタンド機能が備わっていると便利。スマホを立てて見やすい位置で使用できるため、作業効率の向上に期待できます。また、別途スマホスタンドを購入する手間がないのもポイントです。

スタンド機能が付いているスマホ用キーボードのなかには、複数のデバイスを同時に設置できるモノもあります。スマホ2台でのタスクも快適に行えるのが魅力的。ほかにもアジャスターが付いている製品もあり、スマホのサイズに合わせて厚みを調節でき、しっかり固定可能です。

同時接続可能数をチェック

By: amazon.co.jp

2台以上のスマホやタブレットなども用いて、スマホ用キーボードを使いたいときは同時接続可能数もチェックするポイント。デバイスを切り替えながら使用すれば、作業の効率化を図ることも可能です。

デバイスの接続先を変えるときは複雑な設定は不要で、キーボードのボタンを押すだけで切り替えられます。Androidのスマホで書類作成中に、iPhoneを使用してメッセージの返信をすることも可能です。

複数のデバイスを同時に接続して作業をするときは、スタンド機能も備わったモノを選んでみてください。

静音性もチェック

By: amazon.co.jp

スマホ用キーボードをカフェや図書館など、静かな場所で使う場合は静音性にも注目。打鍵したときのカチャカチャ音が大きいと、周りの反応が気になってしまいます。しかし、静音設計が施されているキーボードなら、周囲を気にせず快適にタイピング可能です。

静音設計は、キーストロークが浅いタイプのキーボードに採用されていることも。パンタグラフ式のキーボードは静音性に優れた製品が充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

スマホ用キーボードのおすすめ

オウルテック(Owltech) Bluetoothワイヤレスキーボード OWL-BTKB6501

折りたたみ式のスマホ用のキーボード。Bluetoothに対応しており、デスク上の配線を気にせず使用できます。連続駆動時間が約40時間なので、長時間の作業も可能です。本体の薄さが約14mmで、重量が約130gと軽量なのも魅力。ポケットやカバンに入れて、外へと手軽に持ち運びできます。

また、AndroidやiOS、Windowsと主要なOSに対応しているのも特徴。各モード切り替えキーを押せば、接続するデバイスを簡単に変更できます。複数のデバイスを使って作業したい方におすすめです。ファンクション機能も搭載しており、快適な作業環境を構築できます。

充電用のmicro USBケーブルが付属しているのも嬉しいポイントです。あたらしいケーブルを買い足す手間を省くことができます。

ロジクール(Logicool) マルチデバイス BLUETOOTHキーボード K380

据え置きで使用できる垂直型のスマホ用キーボード。サイズは約279×124×16mmで、重量が約423gと軽量です。カバンに入れて手軽に持ち運べるので、外で作業をしたい方にも適しています。

また、Chrome OSやAndroid、iOSなど幅広いOSに対応しているのも特徴。Easy-Switchキーを押せば、接続するデバイスを簡単に切り替えられます。複数のデバイスを使用して作業する方は、作業効率の向上を図ることが可能です。

給電方法が電池式なのもポイント。アルカリ単4乾電池で最長約2年間使用できます。頻繁に電池交換をせずに済むので便利です。コンパクトで、据え置きで使えるスマホ用キーボードを探している方はぜひチェックしてみてください。

スリーイー(3E) Bluetoothキーボード TENPLUS 3E-BKY7

3つ折りができる、英語配列のスマホ用キーボード。重さが約194gと軽量なので、カバンへコンパクトに収納できます。Bluetooth接続に対応しており、3台まで同時接続が可能です。デバイスを複数使用して、切り替えながら作業を行いたいときにおすすめ。キーボードに内蔵されているインジケーターで、接続先のデバイスをひと目で把握できるのもポイントです。

また、テンキーが付いているのも特徴。スマホで簡単な表計算をするときや電卓を使用する際にも便利です。キーはパンタグラフ式を採用しており、力を入れずに軽快なキー入力が行えます。長時間タイピングをする方にもぴったりです。

さらに、スタンドとして使えるケースが付属。スマホを見やすい位置に立てられるのも魅力です。テンキーが備わったキーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetoothワイヤレスキーボード A7726121

iOSやAndroidに対応しており、価格が安いスマホ用キーボード。単四電池を入れて稼働するタイプで、省電力モードを使用すれば、約3ヶ月間使えます。サイズは約284×122×18.5mmで、重量は約190g。コンパクトなサイズなので、デスク上の限られたスペースでも気軽に設置できます。

また、キーを打鍵したときの静音性も良好。カフェや図書館など静かな場所へ持ち出して使いたいときにもおすすめです。ショートカットキーを用いれば、作業効率の向上にも期待できます。

スリムで、使いやすさに優れたスマホ用キーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

リンクスインターナショナル Lightning KANA-JIS Keyboard KB-LT-KANA-JIS

Lightningコネクターを搭載しており、iPhoneに接続できるスマホ用キーボード。 Apple社のライセンスMFiを取得している製品なので、安心して使用できます。

キーは日本語配列で、馴染みやすいのが特徴です。接続方法も簡単で、Lightningケーブルを使用し、デバイスとキーボードを繋ぐだけ。有線接続なため、接続切れや文字入力の遅延を抑えられます。また、電源供給をLightningコネクターから行えるので、キーボードの電池を入れ替えたり、充電したりせずに済むのも特徴です。

ショートカットキーに対応しているのもポイント。スマホをタッチせずに音量や明るさ調節、コンテンツの再生などが行えます。キーピッチは19mmと広く、打ちやすいのも魅力。便利な機能が備わっており、iPhoneに使えるキーボードを求めている方におすすめです。

COOLAY Bluetoothワイヤレスキーボード VBWS0290

2台のデバイスに接続できるスマホ用キーボード。キーボードにデバイスを切り替えるボタンが備わっているため、簡単に接続先を変更できます。キーボードの上部にはスタンド機能が付いており、スマホをしっかり固定可能です。

テンキーレスで、キーボードがコンパクトなのも特徴。デスクのスペースに余裕がなくても、気軽にキーボードを置けるのもポイントです。

本体にはすべり止め機能を有しており、打鍵したときにキーボードの位置がズレるのも防げます。また、キーにはシザーフット構造を採用。キーが深く沈み込み、打鍵したときの静音性が良好。静かな場所で作業をするときは、周囲を気にせず、快適なタイピングを実現できます。

自動スリープ機能も採用。10分間キーを操作せずにいると、自動的にシャットダウンします。省エネで使えるのも魅力です。

アイクレバー(iClever) 折りたたみ式キーボード IC-BK03

Bluetooth接続ができるコンパクトなスマホ用キーボード。重量が約185gと軽いので、カバンにすっきり収納可能です。また、iPhoneやAndroidのスマホなど最大3台のデバイスに同時接続ができます。ボタンを押すだけで、簡単に接続先を切り替えられるため便利です。

キーはUS配列で、エンターキーが横長で押しやすいのも特徴。スマホで長文を打つ方にもぴったりです。また、外装の素材にはアルミ合金を採用しており、耐久性が良好。マットな仕上がりで、高級感のあるデザインなのもポイントです。

さらに、キーボードの連続使用時間が最大約80時間。頻繁に充電する手間を省けるほか、長期の出張で長時間使いたいときも安心です。

Ewin 折りたたみ式Bluetoothキーボード EW-ZR050

重量が約157gと軽量なスマホ用キーボード。外装にはレザー素材を採用しており、すべりにくく、耐久性に優れています。高級感のあるデザインで、おしゃれなのもポイント。キーボードは折りたたみができ、外へと持ち運んで手軽に使用可能です。

また、キーボードにはABS素材を採用。強度に優れており、頻繁に打鍵をしても壊れにくいのが特徴です。スタンド機能が備わっているのも魅力。スマホの画面が見やすく、作業効率の向上に期待できます。

キーボードの電源も自動でオンオフ可能。キーボードを開くとオン、閉じるとオフになるため、電源の切り忘れを心配せずに済みます。満充電で約60時間の連続駆動を実現でき、長時間キーボードを使いたい方にもおすすめです。

ハミィ(Hamee) Bluetooth3.0 ワイヤレス キーボード 276-905715

折りたたみ式でコンパクトなスマホ用キーボード。折りたたんだときの薄さが約1.6cmなので、カバンに収納してもかさばらず、携帯性に優れています。外へ持ち運んで作業したい方におすすめです。

キーボードの電源を自動でオンオフできるのもポイント。1度スマホにペアリングをすれば、2回目以降はキーボードを開くだけで使用可能です。毎回ペアリング設定をせずに済みます。キーボードの連続使用時間が最大約30時間と長いので、長時間出先で使いたい方にもおすすめです。

キーピッチが約16.4mmなのも特徴。キーピッチが短いので指の移動量を抑えられ、快適にタイピングできます。コンパクトで、キー間隔が短いスマホ用キーボードを求めている方におすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothミニキーボード TK-FBP102SV

日本語配列を採用しているスマホ用キーボード。キー構造はパンタグラフ式を使用しており、ノートパソコンに近い打鍵感で馴染みやすいのが特徴です。また、キートップにはメーカーオリジナルのフォントを採用しているため、視認性にも優れています。

13種類のマルチファンクションキーを搭載しているのもポイント。ボタン1つでWebブラウザを立ち上げたり、メディアプレーヤーを操作したりが可能です。スマホの作業効率向上にも期待できます。

給電方法には外出先でも安心して使える電池式を採用。約1年間の駆動を実現でき、長期で使えるのが魅力です。本体の重量が約264gと軽いのもポイント。コンパクトで、ノートパソコンと同じように打鍵できるスマホ用キーボードを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

GECENinov ワイヤレスキーボード HD-ACJP