自然な姿勢でタイピングができる「エルゴノミクスキーボード」。タイピングしやすく疲れにくいことから人気を集めていますが、独特な形状の製品が多く、どれを選んでよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エルゴノミクスキーボードのおすすめ製品をご紹介。長時間でも快適に使える製品の選び方もあわせて解説しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

エルゴノミクスとは?

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスは「人間工学」とも呼ばれる学問の一種です。IT分野においては、キーボードやディスプレイ、マウスなどの構造や設計を、人間がより快適に使用できるよう工夫してデザインしたモノを指します。

エルゴノミクスキーボードは一般的なキーボードとは異なり、左右が分離していたり、形が湾曲していたりするのが特徴。タイピングのしやすさに配慮されているおすすめの製品です。

エルゴノミクスキーボードのメリット

長時間作業でも疲れにくい

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスキーボードは、長時間使用しても疲れにくいのがメリット。キーボードが湾曲していたり、キー配置が工夫されていたりと、人間が自然な姿勢や動作で使えるように設計されています。

通常のキーボードと異なり、使用する際に手首をキーボードと平行にする必要がなく、腕や肩にかかる負担を軽減可能。作業したときの疲労感を和らげ、長時間でも安心して使用できます。

タイピングしやすい設計で作業効率がUP

By: amazon.co.jp

タイピングしやすい独特な形状もエルゴノミクスキーボードのメリット。キーごとにサイズが異なったり、キーの配置が工夫されていたりするので、手首を大きく動かさずに文字が打てます。

使い慣れないうちは不便に感じることも少なくありませんが、慣れればタイピング時のロスタイムの削減が可能。作業効率を上げたい方におすすめです。

エルゴノミクスキーボードの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプは、ケーブルを介さずにBluetoothやUSBレシーバーを用いてPCと接続できるのが特徴。配線が不要なので、デスク周りをすっきりさせたい方や置き場所を選ばずに使いたい方におすすめです。

Bluetoothモデルならば、タブレットやスマートフォンと接続して使用できるモノもあります。ただし、ワイヤレスタイプは乾電池で駆動するモノがほとんどのため、ランニングコストがかかる点には注意が必要です。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプは、PCとキーボードをケーブルで接続するのが特徴。ケーブルを挿すだけで接続でき、初期設定も簡単に行えるため、機械が苦手な方でも扱えます。

ケーブルを通してPCから直接給電を行うので、電池交換が不要なのも魅力。設置場所はPCの近くに限られますが、ワイヤレスタイプに比べて安価なモデルも多いため、コストを抑えたい方にもおすすめです。

ショートカットキーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

作業の効率化を図りたい方には、ショートカットキーを搭載したエルゴノミクスキーボードがおすすめ。ショートカットキーとは、CtrlやWindows、commandなど、ほかのキーと合わせて操作を行うことでコマンド選択を行わずにPCに指示を出せるキーのことです。

ショートカットキーでの操作に慣れると、PCにおけるさまざまな操作を短縮化できます。スムーズに作業を行いたい方は、ショートカットキーの有無も確認してみてください。

リストレストの有無をチェック

By: perixx.com

リストレストとは、キーボードやマウスの手前に置いて手首や手のひらをのせるためのアイテム。長時間の使用による疲労の軽減や、操作性の向上が期待できます。

エルゴノミクスキーボードの場合、本体手前にリストレスト状の傾斜が付いている製品がおすすめ。長時間快適に使用したい場合は、必ずリストレストの有無をチェックしましょう。

エルゴノミクスキーボードのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

WindowsやMicrosoft Officeなどのソフトウェア開発で有名なコンピュータ技術会社。アメリカ合衆国のワシントン州に本社を置いており、SurfaceなどのPCや、PC周辺機器の製造にも取り組んでいます。

マイクロソフトのエルゴノミクスキーボードは、さまざまなデザインを採用しているのが特徴。種類が豊富なため、使い方や姿勢に合わせて適切なモデルを選択できます。自分にぴったりの製品を探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器を中心に、オフィスで役立つ家具などの開発にも取り組んでいる日本のメーカー。「あったらいいな」を形にして、豊かで心地よい生活を実現することをビジョンとして掲げています。

サンワサプライのエルゴノミクスキーボードは、テンキーやトラックボールの有無などの用途に合わせて選べるのが特徴。長時間でも快適にタイピングできる操作性に優れた製品が欲しい方におすすめです。

エルゴノミクスキーボードのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Ergonomic Keyboard 3RA-00017

自然なアーチ形状で手と手首を適切な位置に保てるエルゴノミクスキーボード。スペースキーの中央に向けて山なりになるデザインで、キー配置も工夫されています。キーボードの手前側には触り心地のよいクッションが備わっており、手首を衝撃や圧迫から守れるのが特徴です。

設定や検索、電卓などをワンタッチで呼び出せるホットキーを搭載しているのも魅力。余計な動作を伴わず、作業を効率化できます。また、テンキーも搭載しているため、Excelなどで数字を扱うような場合にも便利です。

接続方法はBluetoothを採用。単4乾電池2本で駆動するためコードが不要で、作業環境をすっきりと保てます。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006

2つのスペースキーを搭載したエルゴノミクスキーボード。キーボードは中央で分割されており、手前にクッション付きのパームレストが備わっています。パームレストは角度の調節にも対応しているため、手首と前腕を自然な位置に保てるのが魅力です。

キーボードの分割した部分に向けて自然な曲線を描いているのが特徴。指先のカーブに沿い、自然なタイピングを行えます。また、中央に向けてキーのサイズが大きくなっているので、やや高い位置にあるキーを打つ場合のミスも軽減可能です。

独立したテンキーが付属しており、数字の入力にも便利。接続方法はUSB、電源には単4乾電池2本を採用しています。ビジネス用途で使いたい方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Wireless Comfort Desktop 5050 PP4-00023

独特な曲線を描いたエルゴノミクスキーボード。幅広のパームレストで手首を支え、長時間でも快適に作業できます。また、手のひら全体がフィットするような大きめのマウスが付属しているため、パソコンの周辺機器を同シリーズで揃えられるのも魅力です。

USB受信機を通したワイヤレス接続に対応。キーボード入力したデータを暗号化して接続端末に送信する「AES暗号化技術」を採用しているので、パスワードやクレジットカード情報などの漏洩リスクを軽減できます。

キーボードに「Taskbar Favoritesボタン」を搭載しているのもポイント。マウスのボタンと合わせてカスタマイズすれば、頻繁に使用するプログラムやファイルなどに素早くアクセスできます。効率的かつ安全に作業したい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード SKB-ERG3BK

肩に負担をかけにくいキー配置が特徴のエルゴノミクスキーボード。大きめのリストレスト構造により手のひらをキーボードに置いて作業ができるため、手首への負担を軽減して長時間でもラクラク作業ができます。

キーボードの中央で半分に分かれるような構造をしており、中央の下側にはスクロールホイールを配置。マウスを使わずに画面のスクロールができて便利です。

接続方法はUSBの有線式で、Windowsのパソコンに対応。Nintendo Switchでも動作確認が行われているので、キーボードを使ってゲームをしたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード SKB-ERG6BK

リストレスト部分の中央に大型のトラックボールを搭載したエルゴノミクスキーボード。光学センサー式のトラックボールにはボタンが2つ付属しており、マウスのように使用できます。キーボードとマウスをそれぞれ設置するスペースが確保できない方におすすめです。

USBレシーバーを用いたワイヤレス方式を採用。電波の到達距離が長い2.4GHzの周波数で設計されているため、少し離れた位置からでも安定した操作が可能です。

テンキーやファンクションキー、ホットキーを搭載しているのもポイント。数字入力が簡単にできるだけでなく、頻繁に使うツールにワンタッチで移動できるなど、利便性にも優れています。

ぺリックス(Perixx) エルゴノミクスキーボード PERIBOARD-512WUS

機能性と快適性を備えたフルサイズのエルゴノミクスキーボード。キーが中央で左右に分かれた形状をしており、スペースキーは大型のモノを2つ搭載しています。手や手首を大きく動かさずに指が無理なくキーに届くため、長時間でも快適にタイピングできるのが特徴です。

キーボード表面がゆるやかなカーブを描いているのも魅力。タイプ中の腕を支えるパームレストも搭載しているので、腕や指にぴったりとフィットして長時間でもラクラク作業できます。

USB接続の有線タイプで、ケーブル長が1.8mと長いのがポイント。デスクトップパソコンの裏面などにも接続できます。英語配列ですが、テンキーやホットキーも搭載しているのでビジネスユースにもおすすめです。

ミステル(MISTEL) Barocco MD770

左右が分離するセパレートタイプのエルゴノミクスキーボード。肩や腕を広げた自然なフォームでタイピングできるため、長時間使っても疲れにくいのが魅力です。ネジ止めタイプのチルトアップ用ゴム足が4つ付属しているので、高さの調節も簡単に行えます。

F1~F12キー、矢印キーなども搭載した75%キーボードでありながら、ファンクションキーの合わせ押しでフルキーボードと同様に入力できるのが特徴。ハードウェアマクロ機能によるキーの配置変更や、入力パターンのプログラミングにも対応しています。

また、QWERTY配列だけでなく、Dvorak配列やColemak配列のレイアウト設定にも対応。キー配置にこだわりたい方も安心して使えます。キーキャップは文字が消えにくいPBT2色形成のため、長く使い続けたい方におすすめです。

キネシス(Kinesis) Freestyle2 Keyboard KB800PB

人間工学や医療の専門家の意見に基づいて作られた、左右分離型のエルゴノミクスキーボード。通常のキーボードを2つに分割したようなデザインで、自分が最もリラックスできる間隔に配置して使えるのが特徴です。ケーブル長が9インチのモノなら約23cm、20インチのモノなら約50cmまで離して配置できます。

ブラウザの「進む」「戻る」といった操作や、「コピー」「ペースト」などの操作をワンタッチでできるホットキーを備えているのも魅力。キーボードから手を離さず、効率的に作業できます。

ほぼ標準的な英語配列のキーボードで、初めてエルゴノミクスキーボードを使う場合でも抵抗なく使用可能。また、パソコンの設定によって日本語配列と同様の配置で使用することもできるので、英語配列に不慣れな方でも安心です。

キネシス(Kinesis) Advantage2 KB600-JP

人間工学を追求した形状のエルゴノミクスキーボード。通常、人差し指から小指までの4本で押されることの多いキーがお椀状に配置されているのが特徴です。指を自然に曲げればキーの上面に到達するように配列されているため、指や手の筋肉にかかるストレスを軽減できます。

お椀状のキーが離れて配置されているのもポイント。両腕を肩幅の間隔に開いて、手首をまっすぐ伸ばした状態でホームキーの列に直角に保てます。お椀状のキーは人差し指側が上がる向きに傾いており、握手をするような自然な手の形でのタイピングが可能です。

エンターキーやデリートキーなどは親指に当たる位置に配置。キーパッドレイヤーを使えばキーのリマップが行えるので、自分の使いやすいように位置を変更できます。通常のキーボードでのタイピング時に疲れを感じやすい方におすすめです。

オウルテック(Owltech) OWL-BTKB6402

折りたたんで持ち運べるコンパクトなエルゴノミクスキーボード。開くと電源がONに、閉じると電源がOFFになる自動電源切り替え機能付きなので、手動で電源を切り替える手間がありません。

ファンクション機能を搭載しているため、WordやExcelなども快適に使用可能。Android、iOS、Windowsの3つのOSに対応しており、各モードに簡単に切り替えられるので、複数端末を登録したい方でも安心です。

キーボードを収納する保護ケースは、スマホやタブレットを立てるスタンドとしても使用可能。外出先でも気軽に使用できます。厚さは13mmと薄いうえ170gと軽量のため、タブレットなどと一緒に持ち運んで作業したい方におすすめです。