キーボードを長時間使う方にとって、手首の疲れは悩みの種です。我慢しながら入力作業を続けると、手首だけでなく腕から肩まで痛めることがあります。しかし、仕事で文章作成やプログラミングを行う場合、キーボードの使用は避けられません。

そこで今回は、おすすめの人間工学キーボードをご紹介します。通常のキーボードと比べて入力が快適になり、身体への負担が軽くなるので参考にしてみてください。

人間工学(エルゴノミクス)キーボードとは?

By: amazon.co.jp

「人間工学」とは、機械に人間が合わせるのではなく、人間が自然な動きで使えるように機械を設計するという学問です。この学問の歴史は古く、さまざまな製品作りに取り入れられてきました。

「人間工学キーボード」は、指や手首の動きを研究して作られていて、通常のキーボードとは違った形をしているのが特徴。キーボードの中央部が膨らんでいたり、左右に分離していたりと、手首を自然な状態に保ったまま入力作業ができるように工夫されています。

通常のキーボードと比べて手首や腕への負担が少なく、疲れを軽減できるため、長時間の入力作業におすすめです。

人間工学キーボードの選び方

人間工学キーボードの選び方は、通常のキーボードと同様です。選べる製品数が少なく限られますが、普段の入力スタイルに合わせた基本的なポイントを押さえておきましょう。

テンキーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

数字を入力する機会が多い方は、テンキーが搭載された人間工学キーボードを選びましょう。数字をスムーズに入力できて負担が軽減されます。ただし、テンキーがあるとキーボードの幅が広く本体サイズが大きくなるので、デスクのスペースが限られているときはコンパクトなテンキーなしのタイプがおすすめです。

接続ケーブルの有無で選ぶ

キーボードとパソコン本体を接続する方法として、USBケーブルを使用する「有線タイプ」と、無線接続する「ワイヤレスタイプ」があります。

ワイヤレスタイプなら、キーボードの置き場所の自由度が高く、デスクの上でケーブルが邪魔になりません。ただし、キーボードを動作させるために乾電池が必要になります。電池交換が面倒という方には、有線タイプの人間工学キーボードがおすすめです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

人間工学キーボードのデザインには、キー配列の中央に隙間のあるタイプと、通常のキーボードに近いデザインのモノがあります。入力時に手首のひねりが少ないのは、キーが左右に分離しているタイプです。より人間工学に基づいたデザインが採用されています。

分離したタイプでは違和感があるという方には、通常のキーボードに近いデザインのタイプがおすすめ。馴染みのあるキー配列なので、使用感の変化は少なくすみます。こちらのタイプでは、キーボードの中央部を高くすることによって手首への負担を軽減。初めて人間工学キーボードを使用する方でも入力のしやすさを実感できます。

人間工学キーボードのおすすめモデル|有線

マイクロソフト(Microsoft) Natural Ergonomic Keyboard 4000 B2M-00029

通常のキーボードに慣れている方でも違和感なく使える人間工学キーボードです。USBケーブルで接続させる有線タイプなので、ワイヤレスタイプと違い電池切れの心配がありません。

数字の入力が快適に行えるテンキーに加えて、よく行う操作を割り当てられるカスタマイズキーも搭載。また、親指部分の「ズームスライダー」は、画像などの拡大と縮小が簡単に行えて便利です。

中央部が膨らんだドーム形状のキーボードにより、手首を自然な状態に保ったまま入力できます。入力時に手のひらを置ける「パームレスト」も付属しているので、手首をさらにサポート。多くの独自キーを備え、ビジネスで使用すれば作業が効率化できておすすめの人間工学キーボードです。

マイクロソフト(Microsoft) Comfort Curve Keyboard 3000 3TJ-00030

リーズナブルでおすすめの人間工学キーボード。「B2M-00029」の前モデルで、3000円台と購入しやすい価格が魅力です。

パームレストは付属していませんが、キーボードの中央が曲線を描く人間工学に基づくデザインで、手首の負担を軽減。好みによってキーボードの手前の部分を高さ調節でき、入力時の手首を自然な状態に保てます。

また、テンキーを搭載しているので、数字を扱うことが多い方にもおすすめ。通常のキーボードと近いデザインのため、初めて人間工学キーボードを使用する方でも違和感が少ない点もメリットです。複数の方が使用するオフィスの端末での使用にも適しています。

ぺリックス(Perixx) PERIBOARD-512WUS

英語配列の人間工学キーボード。日本語入力もできて、シンプルなキートップが好みの方におすすめです。テンキーを搭載しているので、数字入力が多いシーンでも便利に使えます。キーの配置が左右で分割されているため、手首が自然な状態で入力可能。スペースキーも左右に分かれていているので押しやすい設計です。

通常の入力キーに加えて、メールやボリュームなどに対応した7個のショートカットキーが付いており、便利に使えます。オフィスから趣味まで幅広く利用できるおすすめの人間工学キーボードです。

キネシス(Kinesis) Freestyle2 Keyboard KB800PB

個性的な形状の人間工学キーボードを長年販売している「キネシス」のエントリーモデルです。右手用と左手用にキーボードが分割され、約50cmのケーブルで両者が接続されています。左右の手を心地よく感じられる自由な位置に置けるので、ストレスなく入力が可能。また、キーボードの間に入力すべき資料を配置するといった使い方もできます。

さらに、キーボードのショートカットで使用頻度の高い「Ctrl+C」と「Ctrl+V」の手間を省略できる「Copy」と「Paste」のホットキーが用意されているのも魅力。人間工学キーボードで実績のあるキネシス社によるおすすめの製品です。

ミステル(MISTEL) Barocco MD600-RUSPLGAA1

通常のキーボードをそのまま2分割した、特徴的なデザインの人間工学キーボードです。左右に分離したキーボードがケーブルでつながれており、入力時に最も心地よく感じるポジションに合わせて柔軟に対応が可能。長時間使用する際は、キーボードの位置を移動することによって気分を変えられるのもおすすめです。

また、機能面でも快適に使える工夫が凝らされているのも魅力。キーの配置をマクロ機能によって変更でき、入力作業がスムーズに行えるようにカスタマイズ可能。入力時の効率を上げることで手への負担を減らします。

本体サイズは約29.5×12.4cmとコンパクトで、カバンに入れても持ち運び可能。左右を合わせれば通常のキーボードとしても使えるおすすめの人間工学キーボードです。

キネシス(Kinesis) Advantage2 KB600

20年以上前からこのようなデザインを保ち続ける、インパクトのある形状の人間工学キーボードです。左右に大きく分かれ、お椀のような形に配されたキーが特徴的。肩に力を入れずに楽な姿勢でホームポジションに手を乗せられます。

使用頻度が高く、強く叩きやすい「Enter」や「Delete」などのキーは親指の部分に配置。さらに、キーはリマップして入れ替えることも可能です。指の長さには個人差があるため、使いにくいと感じる部分を調節して自分だけの使いやすいキーボードにできます。

また、別売の専用フットスイッチを接続すれば、指定のキーを割り当てて、足でもキー操作ができて快適。通常のキーボードと比べてデザインとキーの配置が大きく異なるので慣れるまでに時間がかかりますが、長年の実績を持つメーカーのおすすめの人間工学キーボードです。

人間工学キーボードのおすすめモデル|ワイヤレス

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00030

数字の入力に便利なテンキーと、マウスがセットになったワイヤレスタイプの人間工学キーボードです。テンキーとマウスもワイヤレスで動作するので、ケーブルがデスク上で邪魔になりません。テンキーが独立しているため、数字の入力が少ないシーンではキーボード本体のみで使用できます。作業スペースが限られている方におすすめです。

キーボードが左右に分かれているデザインにより、タイピング時の手首への負担を軽減。加えてクッション性のあるパームレストが手を心地よく支え、長時間の使用でも疲れにくくします。

また、キーボードの手前には高さを変えられる「パームリフト」の機能が付属。手首が曲がらないように調整できます。長時間の文字入力が中心という方におすすめの人間工学キーボードです。

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Comfort Desktop L3V-00029

通常のキーボートと近いデザインで、人間工学キーボードが初めての方でも違和感なく使える製品。手をホームポジションに置くと、人差し指に向けて緩やかに盛り上がる曲線が特徴的です。人間工学に基づくデザインなので、手首のひねりが少なく負担を和らげます。

入力時の疲れを軽減するパームレストが付属。取り外しもできるので、作業スペースの都合や好みに合わせることが可能です。

単4形乾電池2本で動作するワイヤレスタイプなので、デスクの上がすっきりします。また、付属の専用ワイヤレスマウスは上下左右にスクロールできるホイール機能付きで便利。テンキー付きのため、文字だけでなく数字を入力する機会が多い方におすすめの人間工学キーボードです。

マイクロソフト(Microsoft) Wireless Comfort Desktop 5050 PP4-00023

「コンフォートカーブ」を描き、手首への負担の軽減とデザイン性を両立した人間工学キーボードです。本体と一体化した広いパームレストが付いているので、長時間の入力作業も快適に行えます。

付属のワイヤレスマウスは左右対称のデザインで、左利きの方でも使用可能。手のひらにフィットするサイズのマウスは、グリップ部分にラバー加工が施されており、快適性を追求しています。

通常のキーボードを使い慣れた方でも短時間で慣れる、シンプルな設計が魅力。デザイン性に優れ、オフィスでも違和感なく使用できる人間工学キーボードとしておすすめします。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Ergonomic Keyboard 3RA-00017

マイクロソフトが販売するノートパソコンのブランド「Surface」の名が付けられた人間工学キーボードです。ワイヤレスタイプのキーボードで、単4型の電池2本で約12ヶ月間動作。ケーブルを気にすることなくキーボードを配置できます。

デザインで特徴的なのは、幅の広いパームレスト。素材にはAlcantara製の生地を採用しており、見た目のよさと手首を衝撃から守るクッションの役割を兼ね備えています。薄型でシンプルなデザインのため、オフィスでの使用にもおすすめの人間工学キーボードです。