自然な姿勢でタイピングができる「エルゴノミクスキーボード」。タイピングしやすく疲れにくいことから人気を集めていますが、独特な形状の製品が多く、どれを選んでよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エルゴノミクスキーボードのおすすめ製品をご紹介。長時間でも快適に使える製品の選び方もあわせて解説しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

エルゴノミクスとは?

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスは「人間工学」とも呼ばれる学問の一種です。IT分野においては、キーボードやディスプレイ、マウスなどの構造や設計を、人間がより快適に使用できるよう工夫してデザインしたモノを指します。

エルゴノミクスキーボードは一般的なキーボードとは異なり、左右が分離していたり、形が湾曲していたりするのが特徴。タイピングのしやすさに配慮されているおすすめの製品です。

エルゴノミクスキーボードのメリット

長時間作業でも疲れにくい

By: amazon.co.jp

エルゴノミクスキーボードは、長時間使用しても疲れにくいのがメリット。キーボードが湾曲していたり、キー配置が工夫されていたりと、人間が自然な姿勢や動作で使えるように設計されています。

通常のキーボードと異なり、使用する際に手首をキーボードと平行にする必要がなく、腕や肩にかかる負担を軽減可能。作業時の疲労を軽減し、長時間の使用に適しています。

タイピングしやすい設計で作業効率がUP

By: microsoft.com

タイピングしやすい独特な形状もエルゴノミクスキーボードのメリット。キーごとにサイズが異なったり、キーの配置が工夫されていたりするので、手首を大きく動かさずに文字が打てます。

使い慣れないうちは不便に感じることも少なくありませんが、慣れればタイピング時のロスタイムを削減可能。作業効率を上げたい方におすすめです。

エルゴノミクスキーボードの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: sanwa.co.jp

ワイヤレスタイプは、ケーブルを介さずにBluetoothやUSBレシーバーを用いてパソコンと接続できるのが特徴。配線が不要なので、デスク周りをすっきりさせたい方や置き場所を選ばずに使いたい方におすすめです。

Bluetoothモデルならば、タブレットやスマートフォンと接続して使用できるモノもあります。ただし、ワイヤレスタイプは乾電池で駆動するモノがほとんどのため、ランニングコストがかかる点には注意が必要です。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプは、パソコンとキーボードをケーブルで接続するのが特徴。ケーブルを挿すだけで接続でき、初期設定も簡単に行えるため、機械が苦手な方でも扱えます。

ケーブルを通してパソコンから直接給電を行うので、電池交換が不要なのも魅力。設置場所はパソコンの近くに限られますが、ワイヤレスタイプに比べて安価なモデルも多いため、コストを抑えたい方にもおすすめです。

ショートカットキーの有無をチェック

By: kinesis-ergo.com

作業の効率化を図りたい方には、ショートカットキーを搭載したエルゴノミクスキーボードがおすすめ。ショートカットキーとは、CtrlやWindows、commandなど、ほかのキーと合わせて操作を行うことでコマンド選択を行わずにパソコンに指示を出せるキーのことです。なかには、ワンタッチで各機能にアクセスできるモノもあります。

ショートカットキーでの操作に慣れると、パソコンにおけるさまざまな操作を短縮化することが可能。スムーズに作業を行いたい方は、ショートカットキーの有無も確認してみてください。

リストレストの有無をチェック

By: perixx.com

リストレストとは、キーボードやマウスの手前に置いて手首や手のひらをのせるためのアイテム。長時間の使用による疲労の軽減や、操作性の向上が期待できます。

エルゴノミクスキーボードの場合、本体手前にリストレスト状の傾斜が付いている製品がおすすめ。長時間快適に使用したい場合は、リストレストの有無をチェックしましょう。

エルゴノミクスキーボードのおすすめメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

By: amazon.co.jp

WindowsやMicrosoft Officeなどのソフトウェア開発で有名なコンピュータ技術会社。アメリカ合衆国のワシントン州に本社を置いており、Surfaceなどのパソコンや、パソコン周辺機器の製造にも取り組んでいます。

マイクロソフトのエルゴノミクスキーボードは、いくつかのデザインを採用しているのが特徴。使い方や姿勢に合わせて適切なモデルを選択できます。自分にぴったりの製品を探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器を中心に、オフィスで役立つ家具などの開発にも取り組んでいる日本のメーカー。「あったらいいな」を形にして、豊かで心地よい生活を実現することをビジョンとして掲げています。

サンワサプライのエルゴノミクスキーボードは、テンキーやトラックボールの有無などの用途に合わせて選べるのが特徴。長時間でも快適にタイピングできる操作性に優れた製品が欲しい方におすすめです。

エルゴノミクスキーボードのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Surface Ergonomic 無線キーボード

アーチ状に湾曲するユニークなデザイン

Bluetoothに対応したワイヤレスタイプのエルゴノミクスキーボードです。本体の中央付近でアーチ状に湾曲するユニークなデザインが特徴。自然な位置で手を置けるため、長時間作業における負担を軽減できます。タイピング業務の多いビジネス用途におすすめのモデルです。

さまざまなショートカットキーを備えているのも本モデルの特徴。検索・電卓・画面ロックといった機能へ簡単にアクセスできます。パームレストの表面には、高級車の内装に採用されることで有名なAlcantaraの生地があしらわれるなど触り心地は良好です。

Windowsをはじめ、Mac・Android・iOSなどさまざまなOSに対応しています。

マイクロソフト(Microsoft) エルゴノミクスキーボード LXN-00018

クッション性に優れたパームレストで、手首への負担を軽減

価格が比較的安い、有線接続タイプのエルゴノミクスキーボードです。テンキー付きのため数字の入力が快適。会計ソフトや表計算ソフトへのデータ入力を頻繁におこなう方におすすめです。クッション性に優れたパームレストを備えているので、手首への負担を軽減する効果が期待できます。

「Microsoft 365」専用のファンクションキーを搭載しているのが特徴。検索やメディアコントロール機能などへのアクセスが容易なため、作業の効率化が図れます。ただし、Windows 8.1や7では一部機能に制限があるので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード SKB-ERG6BK

さまざまな操作がしやすいトラックボール機能搭載

Windows OSに対応した製品です。トラックボール機能を搭載しているのが特徴のエルゴノミクスキーボード。ホームポジションから手を離すことなく、さまざまな操作をおこないたい方におすすめのモデルです。

2.4GHzレシーバーをパソコンに挿して使用するワイヤレスタイプ。レシーバーが幅18×奥行14×高さ6mmと非常にコンパクトなため、ノートパソコンに挿しっぱなしで使っても場所を取りません。19mmのキーピッチが確保されており、快適にタイピングをおこなうことが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスキーボード 有線 SKB-ERG3BK

テンキーレスのコンパクトなエルゴノミクスキーボードです。小さなデスクなどスペースの限られた場所にも置きやすい、小型の製品が欲しい方におすすめのモデル。有線接続タイプのため電池交換が面倒な方にもおすすめです。大型のリストレストを備えているので、楽にタイピングがおこなえます。

本体中央付近にスクロールホイールを搭載しているのが特徴。ウェブサイトを閲覧したり、長い文章を読んだりするシーンで活躍します。ケーブルの長さが1.8mなので、ゆとりを持ってパソコンに接続することが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 折りたたみ Bluetoothキーボード 400-SKB051

スマホやタブレットと一緒に持ち運びやすい、携帯性に優れたエルゴノミクスキーボードを探している方におすすめのモデルです。折りたたみ式構造を採用しており、収納時の本体厚みは11.6mmと非常に薄型。本体重量も170gと軽量のため、カバンやリュックに入れて気軽に持ち出せます。付属の収納ケースがデバイススタンドとして利用できるのも便利です。

電源はUSB充電方式を採用しており、フル充電で約36時間使用できます。本体の開閉に連動し自動で電源がオン・オフするなど、バッテリーが長持ちしやすい設計です。コンパクトな製品ながら19mmのキーピッチを確保。外出先でも快適なタイピングがおこなえます。

ペリックス(Perixx) エルゴノミクスキーボード PERIBOARD-512WUS

有線接続タイプのエルゴノミクスキーボードです。パソコンのUSBポートに挿し込むだけですぐに使いはじめることが可能。ドライバーのインストールなどが苦手な方にもおすすめです。

キーボード表面に緩やかなカーブが設けられているため、手や指がしっくりとフィットします。毎日長時間パソコン作業をする方にぴったりのモデルです。また、マルチメディアホットキーを搭載しているのも特徴。検索・メール・音量調節といった機能にワンタッチでアクセスできるので便利です。

ケンジントン(Kensington) エルゴノミクスキーボード Pro Fit Ergo K75401JP

さまざまなOSに対応したエルゴノミクスキーボードを探している方におすすめのモデルです。Windows・MacOS・ChromeOSで使用することが可能。2.4GHzとBluetooth、どちらのワイヤレス接続にも対応しています。

リストレストが搭載されているので、腕や手への衝撃を軽減。左右に分かれたデザインで、自然な位置に手を置いて作業できます。静音キーを採用しているのも特徴。打鍵音が静かなため、周囲を気にせずにタイピングがおこなえます。

キネシス(Kinesis) Freestyle2 for PC KB800PB-us-20

分割式のキーボードを採用したユニークな製品です。自分に適したポジションで使いたい方におすすめのエルゴノミクスキーボード。左右に分割したユニットは最大約500mm離せるため、体格や好みに合わせて自由にセッティングすることが可能です。

カット・コピー・ペーストなどのショートカットキーを搭載しているのもポイント。頻繁に利用する機能へ簡単にアクセスできるので重宝します。さらに、ブラウザの進む・戻るボタンも備えるなど使い勝手は良好です。

キネシス(Kinesis) エルゴノミクスキーボード Advantage 2 KB600

体の負担をできるだけ抑えたい方におすすめのモデル。左右のキーをお椀のように配置しているのが特徴です。キーに自然な指の動きでアクセスすることが可能。また、エンターやスペースなど頻繁に利用するキーを親指に割り当てているのもポイントです。

カスタマイズ性に優れているのも本モデルの特徴。キーのリマップやマクロ機能が使えるため、作業の内容に合わせて配置やショートカットが変更できます。高級なキーボードですが、作業効率を追求するプロのオペレーター・プログラマー・ライターなどにピッタリなモデルです。

オウルテック(Owltech) エルゴノミクスキーボード OWL-BTKB6402-BK

持ち運びやすいエルゴノミクスキーボードが欲しい方におすすめのモデルです。厚さ13mm、重さ170gの薄型・軽量設計が特徴。カバンの中でかさばらず容易に携帯することが可能です。Bluetooth接続に対応しているためケーブルを持ち歩く必要はありません。

スマホやタブレットで頻繁に文字入力する方にピッタリ。外出先や移動中の新幹線内でも快適にタイピングがおこなえます。Android・iOS・Windowsを搭載する機器で使用が可能なため、気になる方はチェックしてみてください。