場所や時間帯などを気にせずに作業がしやすい「静音キーボード」。気軽に使える低価格なモデルから毎日の仕事でも安心して使えるようなプロ仕様のモデルまで、さまざまなタイプがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの静音キーボードをご紹介。キースイッチごとの違いや接続方式なども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

静音キーボードの選び方

キースイッチの種類をチェック

とにかく静音性を重視するなら「メンブレン」「パンタグラフ」がおすすめ

By: elecom.co.jp

静音性を重視する場合は、メンブレンおよびパンタグラフのキーボードがおすすめです。メンブレンとパンタグラフは、ほかの種類に比べて静音性に優れている傾向にあります。

メンブレンは、ドーム状に突起しているラバーを使ったキーボードのこと。ラバーの上にキートップが配置されており、キートップを押すことでラバーが変形して、内部のスイッチが押される仕組みです。メンブレンは製品の種類が豊富で、しっかりとしたタッチ感が得られます。

パンタグラフは、キートップの下にスプリングを配置したタイプ。軽い力で入力でき、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力です。

「メカニカル」は軸の種類に注目

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードは、それぞれのキースイッチが独立した構造です。メカニカルは、赤軸・青軸・茶軸などのスイッチがあり、それぞれでクリック感などの特性が異なります。音の発生を抑えたい場合は、赤軸のスイッチを選ぶのがおすすめです。

赤軸は、各種スイッチのなかでも軽い打鍵感が特徴。クリック感が控えめで、音の発生を抑えられます。青軸は、クリック感が強く、音が発生しやすいので注意してみてください。茶軸は、赤軸と青軸の中間の特性で、適度なクリック感が得られます。

メカニカルキーボードのキースイッチの特徴は、仕様欄にて記述されているので、静音性の高い種類がどれなのかをしっかりとチェックしておきましょう。

価格は高いが「静電容量無接点」のキーボードも

静電容量無接点のキーボードは、キートップを一定の深さまで押し込むことで、回路が接続されて反応する仕組みです。キーを押したときに反応する位置をカスタマイズできるため、使用する人の好みに応じて使用感を調節できます。

ただし、値段が高い傾向にあるので、コストを抑えたい方は、ほかの種類を選ぶのがおすすめです。

接続方式をチェック

ワイヤレス

By: logicool.co.jp

ワイヤレスには、主にBluetoothと2.4GHzの2つの種類があります。Bluetoothに対応していると、USBポートを搭載していないパソコン・タブレット・スマートフォンなどでも静音キーボードを使用可能です。

ケーブルがないので、持ち運んで使いたい場合にも便利。また、ワイヤレスタイプの静音キーボードは取り回しやすい反面、充電や電池交換の手間がかかる点がデメリットです。

有線

By: elecom.co.jp

有線は、デバイスに直接ケーブルを接続して使用するタイプ。入力の遅延や途切れが発生しにくく、接続が安定しているのが特徴です。また、ケーブルを介してデバイス側から給電できるので、充電不要で使用できます。

一方、ケーブルを接続できる範囲でしか使えない点はデメリット。また、数は多くないものの、USBポートではなくLightningコネクタに接続するタイプの静音キーボードもあります。

ゲーミングキーボードなら機能性や反応速度もチェック

By: amazon.co.jp

静音キーボードのなかには、ゲームのプレイに適したゲーミングキーボードもラインナップされています。ゲーミングタイプの静音キーボードを選ぶ際は、キースイッチや接続方式だけでなく、搭載されている機能にも注目しましょう。

特に、ショートカットを割り当てられる機能を備えているかが重要。ほかにも、バックライト機能が搭載されていると、暗い環境でも使いやすく、インテリアとしても活躍します。

用途に合ったサイズをチェック

By: logicool.co.jp

サイズ選びも、静音キーボードを選ぶ際に重要なポイント。特にデスク上のスペースが限られている場合は小型なモデルが適しています。

コンパクトなモデルを探す場合は、テンキーレスタイプがおすすめ。マウスを置くスペースを広々と使えるのが魅力です。モデルによっては、キーの数を減らすことで、サイズが抑えられているモノもあります。

また、使わないときは立て掛けて収納できるタイプも存在。デスク上のスペースを有効活用したい場合はチェックしてみてください。

キーの配列をチェック

By: amazon.co.jp

キー配列には「日本語配列」と「英語配列」の2種類あります。日本語配列は日本語と英語の入力を前提としており「半角/全角」や「変換」など文字変換のキーが搭載されているのが特徴です。

一方で英語配列は、アルファベットの入力を前提としたキー配列なので「半角/全角」や「変換」キーが搭載されていません。日本語配列と比べて、スペースキー・エンターキー・Shiftキーなどが横に長くて押しやすいなど、日本語配列と配置やサイズが異なります。

日本語配列は、日本語入力がメインの方におすすめです。また、英語配列はアルファベットの入力がメインのプログラマーや、英語配列のデザインが好みの方に適しています。

対応OSをチェック

静音キーボードによって対応しているOSが異なることがあるので、事前にチェックするのがおすすめです。パソコンであれば、Windows・Mac・タブレット。また、スマホならAndroidやiOSなどのOSがあります。

なかには、複数のOSに対応している静音キーボードもあり、パソコンやスマホなど複数のデバイスで利用したい方にぴったり。また、対応しているOSのバージョンが異なると、利用できないこともあるので留意しておきましょう。

静音キーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、1981年にスイスで設立されたパソコンの周辺機器メーカー。マウス・キーボード・ヘッドセットなど、数多くの製品を提供しており、世界中で人気を集めています。

ロジクールのキーボードは、有線タイプ・ワイヤレスタイプ・ゲーミングキーボードなど、さまざまな種類を展開。なかには、プロ向けに作られた「Pro」シリーズの静音キーボードも展開されています。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは、大阪市中央区に本社を置く日本企業のパソコン周辺機器メーカーです。ハードディスクやキーボード、iPhoneアクセサリなどさまざまな製品を展開しています。

エレコムの静音キーボードは有線やワイヤレス接続、テンキーの有無など多様な製品を取り揃えているのが魅力。自分の目的に合った製品を見つけやすいのもポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

サンワサプライは、1951年に設立された岡山県に本社を置くメーカー。主にパソコンの周辺機器などを豊富にラインナップしています。

サンワサプライの静音キーボードは、タッチ音を抑えたメンブレン式を採用しているのがポイント。また、キーストロークが長いため、しっかりとしたタッチ感が好きな方におすすめです。

静音キーボードのおすすめ|ワイヤレス

ロジクール(Logicool) サイレントワイヤレス キーボード K295

通常のキーボードと同レベルの打鍵感を備えながら、タイピングの音を軽減している静音キーボード。赤ちゃんのいる家庭や、静かな環境のオフィスなどでキーボードを使う方におすすめです。

接続は2.4GHzのワイヤレス接続。付属のUSBレシーバーは小型の設計なので、USBポートに接続したままでも邪魔になりにくいのがメリットです。

フルサイズキーボード仕様のため、テンキーやショートカットキーを搭載。データ入力などを効率的に行えます。また、電源は単4乾電池を使用。24カ月の電池寿命で、長期間バッテリーが持続します。

ロジクール(Logicool) ワイヤレス キーボード K360r

狭い作業環境に対応できる、コンパクトな静音キーボードです。本体はテンキーを搭載しているので、数値の入力が簡単。12個のFキーを搭載し、さまざまな機能にアクセスしやすいのもポイントです。

キーは正確な入力と静音性を両立した設計。本体は高さ調節が可能で、快適にタイピングできます。また、電源は単3乾電池を使用。電池寿命は最大36か月と長く、電池交換の手間を省けます。

付属のUSBレシーバーは、対応するロジクール製品を最大6台までペアリングが可能。最長10mの範囲内であれば、遅延を抑えて使用できます。

ロジクール(Logicool) MX Mechanical Mini KX850

優れた打鍵感と機能性を両立したい方におすすめの静音キーボードです。茶軸のキースイッチを選ぶことで、ほかのメカニカルキーボードに比べて静かな打鍵音を実現しています。

本体は高さが低いほか、3.2mmのキーストロークで、タイピングしやすいのも特徴です。また、スマートイルミネーション機能を搭載しているのも嬉しいポイント。手が近づいたときにバックライトが点灯し、照明が付いたときは自動で明るさを調節します。

デバイスへの接続は、BluetoothとUSBレシーバーの2種類。最大3台のデバイスにペアリングが可能で、ボタン操作によりデバイスを切り替えられます。バッテリーは充電式を採用。フル充電で最長15日間、バックライトオフ時は最長10カ月バッテリーが持続します。

ロジクール(Logicool) マルチデバイスBLUETOOTHキーボード K380

おしゃれなデザインが特徴の静音キーボードです。カラーバリエーションも豊富で、使用環境に合わせたモデルを選びやすいのが魅力。また、本体はテンキーレスのスリムなデザインで、省スペースでキーボードを使いたい方におすすめです。

接続はBluetoothを使用。WindowsやMacなど、さまざまなデバイスに対応します。加えて、最大3台の接続が可能で、デバイス間の切り替えもスムーズに行えるのがメリットです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音フルキーボード TK-FFBM03SKBK

3台のマルチペアリングに対応した静音キーボードです。タブレットやパソコンなど、複数のデバイスでキーボードを使う方におすすめ。さらに、入力モードを自動で切り替えられる機能付きで、快適な使用感が得られます。

キートップはシリコンラバー素材を採用。打鍵音を抑えられるので、公共施設や会議室での使用にぴったりです。また、本体は水抜き穴付きで、液体をこぼしてもすぐに排出できます。

キーは、エンターキーなどが大型に配置されており、誤入力しにくい設計。本体は傾斜角を2段階調節できるスタンド付きなのも嬉しいポイントです。

バッファロー(BUFFALO) 静音フルキーボード BSKBW325BK

打鍵音を抑えたい方におすすめの静音キーボード。打鍵音が、一般的な騒音レベルとされる35db未満の音量なので、図書館や寝室などの静かな場所での使用にぴったりです。

キーはメンブレン方式を採用。深めのキーストロークで、しっかりとした打鍵感があります。

キーはそれぞれが独立した配列。タイピング時のブレが少ないほか、キー同士の間隔も広く、安定した操作感が得られます。さらに、キーを押すとフラットになる構造のため、メンテナンス性も良好です。

本体は角度調節スタンド付きで、快適なタイピング姿勢を実現。電源は単4乾電池を使用し、およそ3年弱の電池寿命で長期間使えます。

アンカー(ANKER) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード A7726121

英語配列を採用している静音キーボードです。本体重量は、約200gと軽量。キーボードを持ち運ぶ頻度の多い方におすすめです。

サイズは、約280×120mmとコンパクトなのもメリット。加えて、幅広いデバイスに接続できるのもポイントです。

キーは静音仕様かつ、快適な打鍵感を実現。また、ショートカットキーも使用可能で、タスク起動やメディア操作がスムーズに行えます。

電源は単四乾電池を使用。省電力モードであれば、3か月以上電池交換せずに使えます。

アイクレバー(iClever) Bluetoothキーボード IC-BK22

厚み3.95mmと薄型で、スタイリッシュな静音キーボードです。デザインはシンプルなため、オフィスや自宅問わず使えます。キーはパンタグラフ方式を採用。19mmピッチで誤入力しにくく、1.8mmのキーストロークで静かなタイピングを実現します。

接続はBluetoothを使用。PC・タブレット・スマホなど、幅広く対応できます。初期設定なく使えるので、操作に慣れない方におすすめです。また、最大3つのデバイスとペアリングが可能で、ワンタッチで接続先を切り替えられます。

電源は充電式を採用。フル充電時で、連続使用時間90時間のスペックを有しています。さらに、フル充電にかかる時間は2時間と、短く済むのもポイントです。

リアルフォース(REALFORCE) R3 KEYBOARD R3HA13

静電容量無接点方式による、独特の打鍵感で人気のある静音キーボードです。静音仕様のため、オフィスや自宅で快適に使えます。

キーが反応する位置は0.8mm・1.5mm・2.2mm・3mmの4段階で変更可能。キーストロークを好みに応じてカスタマイズしたい方におすすめです。

接続はBluetoothと有線接続に対応。最大5台までのデバイスに接続できます。また、専用のソフトウェアを使えば、キーマップの入れ替えも可能です。

静音キーボードのおすすめ|有線

エレコム(ELECOM) フルキーボード TK-FCM114SKBK

Windows OS・macOS・chrome OSに対応している、メンブレン式の静音キーボード。環境によって異なるOSのパソコンを利用する方におすすめです。

キーボードにこぼした液体を排出できる「排水機構」を採用しており、故障の原因を軽減できるのも魅力。また、抗菌加工を施しているため、キーボード表面を清潔に保ちやすいのもポイントです。

テンキーが搭載されているので、数字を入力する機会の多い方にもぴったり。加えて、ワンタッチで特定の機能を実行できるホットキーを9つ搭載しています。

エレコム(ELECOM) 有線静音コンパクトキーボード TK-FCM113SKBK

カチャカチャ音を避けたい方におすすめの静音キーボードです。キートップはシリコンラバーを採用。さらに、キートップの文字はオリジナルフォントを使用し、見やすいのも特徴です。

本体は排水機構の搭載により、誤って液体をこぼしてもすぐに排出できます。また、抗菌加工を施しているため、清潔に使いやすいのもポイントです。

本体の上段には、ホットキーを搭載。メディアの音量や明るさをスムーズに調節できます。

背面はスタンド付きで、角度を2段階に調節可能。スタンドは滑り止め付きで、安定感があります。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL19BK

一般的なパンタグラフキーボードに比べて、よりキータッチ音を抑えたモデルです。静音性に優れているため、深夜のパソコン作業や公共施設での使用におすすめ。また、本体サイズはコンパクトで、デスクスペースが限られている方にもぴったりです。

本体の表面はカーブがかかった形状で、タイピングがしやすい設計。さらに、キーボードを使わないときは、本体を立てて収納できます。

背面のケーブル引き出し口は、中央・右・左の3方向から選択可能。接続するデバイスの配置に合わせて、ケーブルの取り出し位置を変更できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 有線USB静音スリムキーボード SKB-SL29

手首が疲れにくい角度に設定できる「2段階調節スタンド」を搭載した静音キーボードです。USBを使った有線接続タイプで、ドライバを使用せずに利用できます。

キースイッチの種類は、メンブレン方式を採用。静かにタイピングを行えます。また、比較的安い価格で購入できるため、コスパのよいモノを求めている方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 洗えるシリコンキーボード 400-SKB013BK

水洗いや水拭きに対応した静音キーボードです。本体の素材にシリコンを採用しており、そのまま水洗いが可能。さらに、表面は継ぎ目がない防水仕様で、アルコールでの消毒・除菌もできます。

また、本体はやわらかいうえ、キーにメンブレン方式を採用。タイピング時の音の発生を軽減できるため、静かな環境で作業する方におすすめです。

本体の厚みは約8mmと薄い設計。折りたたみにも対応し、コンパクトに持ち運べます。また、接続ケーブルは巻き取り式で、線が絡みにくいのもポイントです。

リアルフォース(REALFORCE) R3S KEYBOARD R3SA11

静電容量無接点方式を採用した、打鍵感のよい静音キーボードです。キーは反応する位置を4段階で調節可能。加えて、専用ソフトウェアからキーマップの入れ替えなどを行えるため、キーボードの使いやすさをカスタマイズしたい方におすすめです。

本体は、打鍵感のよさと静音性を両立しているので、静かな場所でも快適に使用できます。背面のケーブルは、接続するデバイスの位置に応じて、3方向から取り出せるのもポイントです。

アーキス(ARCHISS) ProgresTouch RETRO TINY 静音赤軸 KBPD70/SRBKNWP

デスクスペースを広く確保したい方におすすめの静音キーボードです。本製品は一般的なテンキーレスキーボードに比べて、専有面積を削減したコンパクトなモデル。キーピッチは19mmと広く、使い心地は良好です。

Fnキーとの組み合わせで、省略されたキーも入力が可能。キーキャップは2色成形品を使用し、摩耗しても文字が消えない設計です。

キーは階段状に段差を設けており、パームレストなしでも快適にタイピングしやすいのがメリット。また、キースイッチは静音赤軸を選ぶことで、底打ちの打鍵音を軽減できます。

静音キーボードのおすすめ|ゲーミング

ロジクール(Logicool) RGBゲーミング キーボード PRODIGY G213

メカニカルキーボードのような押し心地が得られる、メンブレン仕様の静音キーボードです。本体は耐水性と耐久性がよく、万が一液体をこぼしてしまっても安心。また、キーは「ロジクールG Mech-Domeキー」を採用し、静かにタイピングできます。

本体はパームレストと、2段階の調節式フィート付き。腕周りの疲労感の軽減や、角度調節で長時間の作業を快適にしたい方におすすめです。加えて、専用メディアコントロールを搭載し、音楽や動画の再生や一時停止などの操作をスムーズに行えます。

ロジクール(Logicool) キーボード GX Redリニア PRO X

eスポーツアスリートのために作られた、プロ仕様の静音キーボードです。本体に搭載されている「GXメカニカルスイッチ」は、3種類の脱着式スイッチによりカスタマイズが可能。「Redリニア」のキーを選択することで、良好な静音性が得られます。

本体はテンキーレス仕様でコンパクト。携帯性に優れているので、ゲームの大会に参加するなど、キーボードを持ち運ぶ機会の多い方におすすめです。

背面はラバーフィートを配置しており、激しいプレイに対応。さらに、角度調節機能も搭載しているので、快適なポジションでゲームを楽しめます。

ロジクール(Logicool) テンキーレスLIGHTSPEEDワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボードGLリニア G913 TKL

デザインと機能性のよさから、高い人気を集めている静音キーボードです。本体のトップケースは、アルミニウム合金素材を採用。高級感があるほか、耐久性も良好です。

本体はテンキーレスの薄型タイプかつ、軽量なモデルのため、取り回しやすく設計されています。キースイッチは「GLリニア」を採用することで、赤軸のような静音性と、正確なタイピングが可能です。

接続方式はワイヤレスを採用しています。「LIGHTSPEEDワイヤレス」テクノロジーを搭載しているため、遅延がなくゲームをプレイしたい方におすすめ。フル充電にかかる時間は、4時間以下と短いのもポイントです。

本体はオンボードのメディアコントロールボタンを配置しているので、音楽や動画の操作もスムーズに行えます。

レイザー(Razer) BlackWidow Lite

ゲームとビジネスのどちらの用途でも使える静音キーボードです。キーは「トゥルーホワイト LED バックライト」の搭載により、個別でライトアップ。夜間の作業の視認性を向上したい方におすすめです。

キースイッチは、レイザーの「オレンジメカニカルスイッチ」を採用。タクタイルのような打感が得られます。また、衝撃を吸収するOリングを搭載しており、静音性に優れているのも特徴です。

メカニカルスイッチは8000万回のキーストローク寿命で、耐久性に優れた設計。さらに、専用ツールにより、マクロの割り当てやショートカットの設定も可能です。

スティールシリーズ(SteelSeries) 高耐水ゲーミングキーボード APEX 3

優れた耐水性を有する静音キーボードです。本体はIP32の防水仕様で、万が一飲み物をこぼしても壊れにくい設計。さらに、キースイッチは打鍵音を軽減しているので、静音性を重視する方にもおすすめです。

接続方式は有線タイプで、3方向のケーブル取り出し口を搭載。接続するデバイスの配置に合わせて、ケーブルの位置を変えられて便利です。また、本体にあるマルチメディアコントロールを使えば、音量ボリュームなどを簡単に調節できます。

静音キーボードの売れ筋ランキングをチェック

静音キーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。