場所や時間帯などを気にせずに作業がしやすい「静音キーボード」。気軽に使える低価格なモデルから毎日の仕事でも安心して使えるようなプロ仕様のモデルまで、さまざまなタイプがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの静音キーボードをご紹介。キースイッチごとの違いや接続方式などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

静音キーボードの選び方

キースイッチの種類をチェック

静音性と機能性を求めるなら「静電容量無接点方式・メカニカル方式」

By: amazon.co.jp

メカニカル方式とは、各キーが独立しており特殊なバネやスイッチが搭載されたタイプのこと。スイッチの種類により打鍵感や打鍵音などの性能が大きく変わりやすい点が特徴です。

物理的な接点を持たず、電極が一定の距離まで近づくと認識されるタイプが静電容量無接点方式。耐久性が高くチャタリングのようなトラブルが発生しにくいので、信頼性に優れています。

「パンダグラフ方式・メンブレン方式」はコスパが高い

パンタグラフ方式とは、キーの内側にひし形のスプリングが搭載されているタイプ。軽い力で入力できるモデルが多いほか、薄く設計しやすいため、ノートパソコンにも採用されています。

キー内部にラバードームを搭載したタイプがメンブレン方式。キーストロークを確保しやすく、押し込んだ感覚を得やすい点が魅力です。両方とも低価格なモデルが多く、コストパフォーマンスに優れています。

接続方式をチェック

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプのキーボードは、機器にケーブルを接続して使用するタイプ。ケーブルの長さによって設置場所に制限があるものの遅延が起こりにくく、安定した接続が可能な点が魅力です。

有線タイプのキーボードのほとんどは、USBポートに接続するのが一般的。モデルによってはLightning端子を搭載しているモノもあるので、使用したいデバイスの種類に合わせて選んでみてください。

無線タイプ

無線タイプの静音キーボードは、ケーブルを使用せずにパソコンやタブレットと接続できます。ケーブルの断線や絡まりなどが発生しないため取り回しやすく、自宅以外で使用したい場合にも気軽に持ち運び可能です。

無線の規格には、主にBluetoothと2.4GHzのレシーバータイプの2種類があります。レシーバータイプを使用するには、USBポートが必須。一方、Bluetoothで接続するにはデバイス側がBluetoothに対応している必要があります。

ゲーミングキーボードなら機能性や反応速度もチェック

By: razer.com

静音キーボードのなかには、ゲームのプレイに適したゲーミングキーボードもラインナップされています。ゲーミングタイプの静音キーボードを選ぶ際は、キースイッチや接続方式だけでなく、搭載されている機能にも注目しましょう。

特に、ショートカットを割り当てられる機能を備えているかが重要。ほかにも、バックライト機能が搭載されていると、暗い環境でも使いやすくインテリアとしてもおしゃれに扱えます。

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

サイズ選びも、静音キーボードを選ぶ際に重要なポイント。特にデスク上のスペースが限られている場合は小型なモデルが適しています。

コンパクトなモデルを探す場合は、テンキーレスタイプがおすすめ。マウスを置くスペースを広々と使えるのが魅力です。モデルによっては、テンキーを搭載していてもキーの数を減らすことで、サイズが抑えられているモノもあります。

また、使わないときは立て掛けて収納できるタイプも存在。デスク上のスペースを有効活用したい場合はチェックしてみてください。

静音キーボードのおすすめ|有線

ロジクール(Logicool) メカニカルキーボード K840

洗練されたデザインが特徴的な静音キーボード。ボディに頑丈なアルミニウムを採用しており、耐久性に優れています。表面加工によりスタイリッシュかつ高級感のあるデザインに仕上げられているので、見た目を重視する方にもおすすめです。

静音性に優れていながら、しっかりとした打鍵感があるのも魅力のひとつ。心地よい打鍵感で快適に作業を行えます。また、26キーまでのロールオーバーにも対応。素早くキーを入力しても、正確に認識されます。

メディアキーやショートカットキーも搭載されているので、効率的に作業可能。ソフトをインストールするとファンクションキーやショートカットキーに任意の機能を割り当てられるため、よく使う機能を簡単に呼び出せます。長時間でも快適に作業できる、おすすめの静音キーボードです。

エレコム(ELECOM) Lightning静音ミニキーボード TK-LCM02

Lightningコネクターを搭載したおすすめの静音キーボード。iPhoneやiPad、iPodなどに直接接続可能です。Appleの正規ライセンスを取得しているモデルなので、安心して使用できます。

JIS規格に準拠した日本語配列を採用。キーピッチは19mm確保されており、快適にタイピングできます。また、キースイッチにはメンブレン方式を採用。独自の静音設計も施されており、場所や時間帯を気にせずに使用可能です。

マルチファンクションキーの搭載もポイント。ボリュームの調節や画面の輝度調節、メディアプレーヤーなど、合計13種類のマルチファンクションキーが搭載されているため、キーボードからさまざまな操作を行えます。

コンパクトなサイズも魅力のひとつ。iPhoneやiPadと一緒に持ち運びやすいのが魅力です。

エレコム(ELECOM) 有線静音コンパクトキーボード TK-FCM113SKBK

テンキーレスで小型なおすすめの静音キーボード。独自ファームウェアの搭載により、さまざまなOSに対応。Windowsやmac OS、Chrome OSで使用できるので、複数の機器を使い分けている方にも適しています。

キースイッチにはメンブレン方式を採用。キーピッチは19mmと余裕があるため、ミスを軽減してスムーズな入力が可能です。また、キートップに印字されたオリジナルフォントも特徴。スタイリッシュかつ見やすいデザインを実現しています。

底面には、角度を調節できるスタンドを搭載。2段階で角度を変えられるので、姿勢や体格に合わせて使用できます。また、排水機構を搭載しているため、万が一水をこぼしてもすぐに排出可能。抗菌加工も施されており、清潔に使用できます。

エレコム(ELECOM) 有線静音フルキーボード TK-FCM114SKBK

手軽に使用できる、おすすめの静音キーボード。専用のソフトやドライバーをインストールせず、パソコンのUSBポートに接続するだけで簡単に使用可能です。2段階の角度調節ができるスタンドも搭載されているため、姿勢に合わせて使用できます。

キー配列は日本語配列。テンキーまで搭載されたフルキーボードなので、Excelのような表計算ソフトを使用する方や数字を入力する機会が多い方におすすめです。キーピッチは19mmと広目なので快適に使用できます。

ホットキーの搭載も特徴のひとつ。メディアプレーヤーのほか、ボリューム調節や輝度調節などをマウスを使わずキーボードから操作できます。ファンクションキーとは別に独立しているのも、使いやすいポイントです。

清潔な状態を保ちやすい、抗菌加工も施されています。また、排水機構により、水をこぼしてもすぐに排出して故障を防止可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL19BK

約25dBの騒音レベルを実現した、おすすめの静音キーボード。テンキーを搭載していながら、全体のサイズが幅345×奥行き115×高さ19mmとコンパクトに設計されている点が特徴です。キースイッチにはパンタグラフ式を採用しています。

奥から手前にかけて緩やかな曲線を描いた、「キーボードカーブ」を採用しているのもポイント。自然な動きでキータッチしやすく、スムーズなタイピングをサポートできます。また、底面のスタンドを利用すれば角度を2段階で調節可能です。

ケーブルを左右と真ん中の3方向に固定できるのも特徴のひとつ。パソコンの位置やデスク上のレイアウトに合わせて、柔軟な使い方ができます。使用しないときは本体を立てて収納できるので、スペースを有効活用可能です。

コンパクトながらテンキーが搭載されたキーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

東プレ(Topre) REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3

静電容量無接点方式を採用した、おすすめの静音キーボードです。チャタリングが発生しにくいキースイッチを使用。列ごとにキーの高さが異なる「ステップスカルプチャー構造」や独自のキー荷重特性も採用されており、軽快なタイピングを実現しています。

底面の一部にラバーが取り付けられているほか、チルトスタンドにも樹脂素材を採用しているので滑りにくく、安定した状態でタイピングが可能です。

独自の「APC機能」の搭載もポイント。各キーのスイッチが認識される位置を1.5・2.2・3mmの3段階から選択できるため、好みに合わせて使用できます。また、フルNキーロールオーバーに対応しているので、高速なタイピングも可能です。

テンキーが搭載されていないため、デスク上を広く使いやすい仕様。小さなデスクでもマウスを使いながら、快適に作業できます。

レイザー(Razer) BlackWidow Lite JP RZ03-02640700-R3J1

パソコンゲームをプレイするのにおすすめの静音キーボード。有線タイプながらケーブルは取り外しに対応しているので、使わないときはスッキリと収納可能です。テンキーのないコンパクトな設計のため、持ち運びにも適しています。

キースイッチには、独自のメカニカルスイッチを採用。静音性に優れているのはもちろん、入力時に心地よいフィードバックが得られるように設計されています。ホコリや液体に対する保護機能も搭載されており、耐久性に優れている点も魅力です。

独自のソフトウェアに対応しているのもポイント。ショートカットの設定ができるほか、マクロ機能にも対応しているので、作業を効率化したりゲームのコマンドを素早く入力したりなど、さまざまなシーンで活用できます。

静音キーボードのおすすめ|無線

ロジクール(Logicool) サイレントワイヤレスキーボード K295

シンプルなデザインで使いやすい、おすすめの静音キーボード。付属のレシーバーをUSBポートに接続して使用します。Windowsのほか、Chrome OSでも利用可能です。

テンキー付きのフルサイズキーボードなので、文章の入力はもちろん、数値の入力もスムーズに行えます。ファンクションキーの上部には、合計8つのショートカットキーも搭載。音量調節やメディアコントロールなどをキーボードから簡単に操作できます。

底面にはティルトレッグも搭載。高さを自由に調節しながら使用できます。また、耐久性の高さもポイント。丈夫なキーを採用しているほか、耐水設計でもあるため、万が一水をこぼしてしまっても故障するリスクを軽減できます。

電源には単4形乾電池を2つ使用。電源スイッチも搭載されているので、無駄な電力消費を抑えながら使用できます。

ピーエフユー(PFU) Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S PD-KB820BS

高性能なプロ向けの静音キーボード。Bluetooth接続に対応しており、最大4台までのデバイスを登録できます。登録したデバイスは、キー操作で素早く切り替え可能。また、USB Type-Cケーブルを使用した有線接続にも対応しています。

快適なキータッチを実現する、静電容量無接点方式を採用。ショートカットの入力にホームポジションから指をほとんど動かさなくて済む、合理的なキー配列を採用しています。文章入力をする方はもちろん、プログラマーの方にもおすすめです。

キーマップの変更機能にも対応。Windows向けに用意された独自のソフトウェアを使用すると、多くのキーの動作を自由にカスタマイズ可能です。カスタマイズした内容は本体に保存されるので、別のデバイスと接続した際にも同じキーマップで扱えます。

コンパクトなサイズもポイント。カバンに入れて持ち運びもできるため、外出先でも使用できます。

エレコム(ELECOM) 無線静音コンパクトキーボード TK-FDM115SKTBK

コンパクトで使いやすい、おすすめの静音キーボード。付属のUSBレシーバーを接続するだけで、すぐに使用可能です。専用のソフトウェアやドライバーをインストールせずに使えるので、初心者やパソコンが苦手な方にも適しています。

キー配列には日本語配列を採用。キートップにはオリジナルフォントを採用しており、視認性にも優れています。テンキーは搭載されていないものの一部の特殊キーは独立しており、快適にタイピング可能です。

ファンクションキーとは別に用意された、ホットキーもポイント。ボリュームや明るさの調節、メディアコントロールなどをキーボード上から簡単に操作できます。

底面には角度を調節できるスタンドも搭載。また、万が一水がかかってしまっても故障するリスクを軽減できる排水機構も特徴です。

バッファロー(BUFFALO) 静音フルキーボード BSKBW325

シンプルながら使いやすい、おすすめの静音キーボード。USB Type-Aポートにレシーバーを接続して使用します。最大10m離れた位置からでも安定して操作が可能。自宅はもちろん、オフィスやカフェなど、さまざまな場所で使用できます。

キースイッチにはメンブレン方式を採用。各キーが独立したアイソレーションキーボードでキー同士の間隔が広いため、ミスタイプを軽減し、スムーズな入力が可能です。

ホットキーの搭載もポイント。ファンクションキーと組み合わせて入力すると、さまざまな操作が可能です。また、ボリュームの調節やキーロックなどを単体で操作できるマルチメディアキーも搭載されています。

パソコンのほか、PS4やNintendo Switchなどのゲーム機でも利用可能。単4電池2本で約3年弱駆動すると謳われており、省電力設計も魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-WL29

さまざまな場所で使いやすい、おすすめの静音キーボード。ワイヤレス接続には、2.4GHzの周波数帯を利用しています。最大10mまで離れても使用できるので、パソコン本体を遠くに設置している場合でも自由な場所でタイピング可能です。

キー配列にはスタンダードな日本語配列、キースイッチはメンブレン方式を採用しています。キーピッチは19mm確保されているため、ミスタイプを防ぎながらスムーズに入力が可能。2段階の角度調節にも対応しています。

電源には、単4乾電池を2本使用。約600時間の連続使用に対応しているので、電池交換の手間を軽減できます。また、Windowsはもちろん、PlayStation 4やNintendo Switchにも接続できる点も魅力です。