場所や時間帯などを気にせずに作業がしやすい「静音キーボード」。気軽に使える低価格なモデルから毎日の仕事でも安心して使えるようなプロ仕様のモデルまで、さまざまなタイプがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの静音キーボードをご紹介。キースイッチごとの違いや接続方式などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

静音キーボードの選び方

キースイッチの種類をチェック

静音性と機能性を求めるなら「静電容量無接点方式・メカニカル方式」

By: amazon.co.jp

メカニカル方式とは、各キーが独立しており特殊なバネやスイッチが搭載されたタイプのこと。スイッチの種類により打鍵感や打鍵音などの性能が大きく異なるのが特徴です。

物理的な接点を持たず、電極が一定の距離まで近づくと認識されるタイプが静電容量無接点方式。耐久性が高くチャタリングのようなトラブルが発生しにくいので、信頼性に優れています。

「パンダグラフ方式・メンブレン方式」はコスパが高い

パンタグラフ方式とは、キーの内側にひし形のスプリングが搭載されているタイプ。軽い力で入力できるモデルが多いほか、薄く設計しやすいため、ノートパソコンにも採用されています。

キー内部にラバードームを搭載したタイプがメンブレン方式。キーストロークを確保しやすく、押し込んだ感覚を得やすい点が魅力です。両方とも低価格なモデルが多く、コストパフォーマンスに優れています。

接続方式をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスには、主にBluetoothと2.4GHzの2つの種類があります。Bluetoothに対応していると、USBポートを搭載していないパソコンやタブレット、スマートフォンなどでも静音キーボードを使用可能です。

ケーブルがないので、持ち運んで使いたい場合にも便利。また、ワイヤレスタイプの静音キーボードは取り回しやすい反面、充電や電池交換の手間がかかる点がデメリットです。

有線

By: amazon.co.jp

有線は、デバイスに直接ケーブルを接続して使用するタイプ。入力の遅延や途切れが発生しにくく、接続が安定しているのが特徴です。また、ケーブルを介してデバイス側から給電できるので、充電不要で使用できます。

一方、ケーブルを接続できる範囲でしか使えない点はデメリット。また、数は多くないものの、USBポートではなくLightningコネクタに接続するタイプの静音キーボードもあります。

ゲーミングキーボードなら機能性や反応速度もチェック

By: amazon.co.jp

静音キーボードのなかには、ゲームのプレイに適したゲーミングキーボードもラインナップされています。ゲーミングタイプの静音キーボードを選ぶ際は、キースイッチや接続方式だけでなく、搭載されている機能にも注目しましょう。

特に、ショートカットを割り当てられる機能を備えているかが重要。ほかにも、バックライト機能が搭載されていると、暗い環境でも使いやすくインテリアとしてもおしゃれに扱えます。

用途に合ったサイズをチェック

サイズ選びも、静音キーボードを選ぶ際に重要なポイント。特にデスク上のスペースが限られている場合は小型なモデルが適しています。

コンパクトなモデルを探す場合は、テンキーレスタイプがおすすめ。マウスを置くスペースを広々と使えるのが魅力です。モデルによっては、テンキーを搭載していてもキーの数を減らすことで、サイズが抑えられているモノもあります。

また、使わないときは立て掛けて収納できるタイプも存在。デスク上のスペースを有効活用したい場合はチェックしてみてください。

静音キーボードのおすすめ|ワイヤレス

東プレ(Topre) REALFORCE R3キーボード R3HA12

心地よい打鍵感が魅力の静音キーボード。キースイッチに物理的な接点を持たない静電容量無接点方式を採用しているので、耐久性に優れているのが特徴です。チャタリングも発生しにくく、スムーズにタイピングできます。

専用ソフトによる、カスタマイズ機能も搭載。搭載されている全てのキーの配置を自由に入れ替えられるため、自分好みのキー配置を実現できます。また、アクチュエーションポイントも4段階で設定でき、本体に2つまで設定を保存可能です。

デバイスとの接続には、USBによる有線接続のほかBluetoothにも対応。Windowsパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットとも接続し、最大で4台のデバイスを切り替えながら使用できます。

ロジクール(Logicool) サイレントワイヤレス キーボード K295

低価格ながら使いやすい、おすすめの静音キーボード。独自の「SilentTouchテクノロジー」が採用されており、心地よいタイピングの感触を維持しながらクリック音を軽減しています。場所や時間帯を問わず使いやすい点が魅力です。

テンキーを搭載しているため、電卓やExcelなどを使う方にもおすすめ。ショートカットキーが合計で8個搭載されており、ボリュームの調節や再生と停止、ミュートのオン・オフに電子メールの起動など、さまざまな操作が可能です。

パソコンとの接続には、独自の「Unifying」規格を採用。レシーバーをパソコンのUSBポートに接続するだけで使用可能です。動作範囲も10mと広く遅延も抑えられているので、快適にタイピングできます。

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音コンパクトキーボード TK-FBM117SK

小型で扱いやすい、おすすめの静音キーボード。テンキーが搭載されていないコンパクトな設計のため、デスク上のスペースが限られている場合でも設置しやすい点が魅力です。専用ドライバーが不要なので、初心者の方でもすぐに使い始められます。

キースイッチは、メンブレン方式。キーピッチは19mmのため、ミスを防止しながら快適にタイピング可能です。合計15種類のホットキーも搭載されており、さまざまな機能をキーボード上から操作できます。

多彩なOSに対応しているのもポイント。WindowsやmacOSはもちろん、AndroidやiPadOS、Chrome OSなどもサポートしており、接続されたデバイスのOSを自動で認識して入力モードを最適化できます。

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音フルキーボード TK-FBM118SK

さまざまなデバイスで使用できる、おすすめの静音キーボード。Windows・macOS・iOS・iPadOS・Android・Chrome OSに対応しています。3台までのマルチペアリングにも対応しており、切り替えながら使用可能です。

キートップにはオリジナルのフォントを印字し、見やすさとスタイリッシュなデザインを両立。底面には滑り止め付きのスタンドが格納されており、角度を2段階で調節できるので、負担を軽減しながら快適にタイピング可能です。

DeleteやInsertなどのキーが独立して配置されているのもポイント。テンキーも搭載されているため、Excelのような表計算ソフトを頻繁に使う方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) 無線静音コンパクトキーボード TK-FDM115SKT

使いやすいコンパクト設計のおすすめ静音キーボード。パソコンのUSBポートに付属のレシーバーを接続するだけで、すぐに使用可能です。レシーバーは小型なうえ本体底面に収納もできるので、紛失を防止しながら持ち運びもできます。

キースイッチの種類は、メンブレン方式。キーピッチが19mmと一般的な広さで、エンターキーも大きく設計されているため、スムーズにタイピングできます。ホットキーの搭載もポイント。ボリュームや輝度の調節など、合計9種類の機能をキーボードから操作できます。

表面に施された抗菌加工も特徴のひとつです。長期間清潔な状態で使いやすいのがメリット。また、本体には排水機構も搭載しており、万が一水をこぼしてしまっても、すぐに排出できるのも魅力です。

エレコム(ELECOM) 無線静音フルキーボード TK-FDM116SKT

抗菌加工が施されたおすすめの静音キーボード。WindowsのほかmacOSとChrome OSにも対応しているため、さまざまなデバイスで使用できます。接続方式は2.4GHzの無線なので、レシーバーをパソコンに取り付けるだけで使用可能です。

タイピングしやすいキー配置が特徴。キーピッチが約19mmと一般的な広さで、DeleteやInsertなどの特殊なキーは独立して配置されています。また、底面には2段階で角度を変更できるスタンドも搭載されているため、手首への負担を軽減できるのも魅力です。

電源には、単4形の乾電池を2本使用。アルカリ乾電池を取り付けた場合は、目安で1.5年間使用できます。また、電池の消耗を抑えるのに便利な電源スイッチも搭載されています。

バッファロー(BUFFALO) 無線キーボード BSKBW320

スムーズにタイピングしやすい、おすすめの静音キーボード。USBポートにレシーバーを接続する、2.4GHzのワイヤレスタイプを採用しています。パソコンのほか、PS4やNintendo Switchなどのゲーム機に対応している点も特徴です。

メンブレン方式の採用もポイント。タイピング時の音が抑えられている一方で、しっかりとしたキータッチも実現しています。各キーが独立したアイソレーションキーを採用しているため、ミスタイプしにくい点も魅力です。

マルチメディアキーやホットキーの搭載もポイント。キーロックやボリュームの調節など、さまざまな操作を独立したキーで行えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothキーボード SKB-BT29

シンプルで扱いやすい、おすすめの静音キーボード。接続にはBluetoothを採用しています。パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットでも使用可能です。

キースイッチにはメンブレン、キー表示は日本語109A配列を採用。キーピッチも19mm確保されているため、ミスタイプを防ぎながらスムーズにタイピング可能です。事務仕事にも便利な、テンキーも搭載されています。

底面に搭載されたスタンドも魅力のひとつ。角度を2段階で調節できるので、姿勢に応じて手首への負担を軽減しながら使用できます。

静音キーボードのおすすめ|有線

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G512r-LN

パソコンでゲームをプレイする方におすすめの静音キーボード。本体の素材には、耐久性に優れたアルミニウム合金が採用されています。表面にはつや消し加工が施されており、シンプルなデザインながら高級感もあるので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ファンクションキーにはメディアコントロール機能も搭載されており、ボリューム調節や再生・停止などの操作が可能です。

一部のキーを無効にできる、ゲームモードにも対応。独自ソフトである「Logicool G HUB」をインストールすれば、無効にするキーを任意に指定したり、ファンクションキーをカスタマイズしたりできます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL29

シンプルで使いやすい、おすすめの静音キーボード。パソコンのUSBポートにケーブルを接続するだけで、すぐに使い始められます。専用ドライバーやソフトのインストールが不要なので、複雑な設定が苦手な方にもおすすめです。

静音性に優れたメンブレンタイプのキーを採用。キーストロークは約2.7mm、キーピッチは19mmです。テンキーが搭載されているため、電卓やExcelなどを仕事で使う場合にも、素早く数字を入力できます。

底面には、2段階で角度を調節できるスタンドを搭載。好みの角度でスムーズなタイピングが可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL19

スリムな形状が魅力的な、おすすめの静音キーボード。無駄なスペースを省いたコンパクトなサイズが特徴です。狭いデスクでも快適に使用できるのはもちろん、使わないときは立てられるので、デスク上のスペースを有効活用できます。

キースイッチには、パンタグラフを採用。底面には2段階の角度調節に対応したスタンドが搭載されているため、姿勢や体格に合わせた使い方が可能です。また、独自のキーボードカーブ設計により、遠くのキーも簡単にタイピングできます。

対応しているOSは、XP以降のWindows。また、PlayStation 4やNintendo Switchなどのゲーム機にも対応しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL20

テンキーを省いたコンパクトで扱いやすい、おすすめの静音キーボード。小型に設計されており、場所を取りにくい点が魅力です。ケーブルの引き出し口を3方向から選べるため、場所に合わせた使い方ができます。

コンパクトながら、キーピッチは19mm。奥から手前にかけて緩やかにカーブしたキーボードカーブ設計が採用されているので、奥のキーにも指が届きやすく、快適にタイピングできます。

また、自立する設計も特徴のひとつ。使わないときは本体を自立させて収納できるため、デスク上のスペースを広く使えます。コンパクトな静音キーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 有線フルキーボード BSKBU320

快適にタイピングしやすい、おすすめの静音キーボード。ドライバーのインストールが不要で、パソコンのUSBポートにケーブルを接続するだけで使い始められます。機械が苦手な方や初心者でも簡単に使いやすい点が魅力です。

各キーが独立したアイソレーションキーボードを採用しています。爪が長い方でもミスタイプしにくく、スムーズに文字入力が可能です。また、底面には角度調節に対応したスタンドも搭載されています。

ホットキーやマルチメディアキーの搭載もポイント。音量の調節やキーロックなどを、キーボードから素早く操作できます。

エレコム(ELECOM) 有線静音フルキーボード TK-FCM114SK

さまざまなデバイスで使用できる、おすすめの静音キーボード。Windows・Chrome OS・macOSの3種類に対応しているので、USBポートを搭載したさまざまな機器で文字入力が可能です。

キーピッチが19mmと一般的で、一部の特殊キーが独立して配置されているため、ミスタイプを防ぎながらタイピングできます。メディアプレイヤーや輝度、音量などを操作できるホットキーの搭載も魅力です。

万が一液体をこぼしても、素早く水を抜ける排水機構も搭載。また、本体には抗菌加工も施されており、清潔に使用しやすいのも特徴です。

エレコム(ELECOM) Lightning静音ミニキーボード TK-LCM02

iPhoneやiPadでキーボードを使いたい方におすすめの静音キーボード。ケーブルにLightningコネクタを採用しているので、iPhoneやLightning対応のiPadに接続して使用可能です。もちろん、MFi認証も取得しています。

日本語82キー配列を採用。キーピッチも約19mmで、コンパクトながら快適にタイピング可能です。また、iPhoneやiPadで有効なマルチファンクションキーも搭載されています。

静音キーボードの売れ筋ランキングをチェック

静音キーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。