タブレットで文字入力するときや、パソコンから離れた位置でキーボード操作するときに役立つ「タッチパッド付きキーボード」。接続方法から対応しているOSまで製品によってさまざまな種類があります。

そこで今回は、タッチパッド付きキーボードの選び方の解説と、おすすめ製品をご紹介。自分に合ったタッチパッド付きキーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

タッチパッド付きキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス接続

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続は、2.4GHz接続とBluetooth接続の2種類あります。2.4GHz接続は、パソコンのUSBポートにレシーバーを差し込んで2.4GHzの電波を使ってワイヤレス接続する方法です。

Bluetooth接続は、パソコンとタッチパッド付きキーボードをペアリング設定することで接続できます。Bluetooth接続なら、USBポートを使わず無線接続できるのが魅力です。

ワイヤレス接続は利用中に配線が邪魔にならず、パソコンから離れた場所で利用しやすいのがメリット。ただし、利用する環境によって接続が不安定になる場合も在る点には留意しておきましょう。

有線接続

By: rakuten.co.jp

有線接続は、タッチパッド付きキーボードとパソコンを配線で繋いで接続する方法。配線を通して通信するので安定性に優れており、キーボード操作がスムーズにデバイスへ反映されるのが魅力です。

配線によりパソコンから電気供給されるので、充電を気にせず利用できるのも特徴。安定したキーボード操作を求める方におすすめの接続方法です。

使用端末のOSに対応しているかチェック

タッチパッド付きキーボードには、WindowsやMacのように特定のOSのみ対応している製品もあります。タッチパッド付きキーボードを接続する端末のOSに対応しているのか、購入する前にチェックしておきましょう。

使用端末のOSに対応していないタッチパッド付きキーボードを購入すると、キーボードやタッチパッドが反応しない可能性もあります。特に、Apple製品のOSは、Windowsに比べて利用できる製品が限られるので事前に確認しておくのがおすすめです。

持ち運びにはコンパクトモデルや折りたたみタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

コンパクトモデルは収納性に優れており、持ち運びやスペースの限られる場所でキーボード操作したい方にぴったり。コンパクトなのでテンキーが省略されているモデルが多いのも特徴です。

折りたたみタイプは、タッチパッド付きキーボードを折り畳んでコンパクトに収納できます。収納性とタイピングのしやすさを両立したモデルもあり、カフェやコワーキングスペースのような出先でキーボードを利用する機会が多い方にぴったりです。

対応するマウスジェスチャーをチェック

By: amazon.co.jp

マウスジェスチャーとは、マウス操作で実行できる動きや機能のことです。タッチパッド付きキーボードによってマウスジェスチャーが異なるので、購入前にチェックしておくのがおすすめです。

たとえば、タッチパッドをタップするとクリックと同じに処理になる製品もあれば、異なる動きになる製品も存在します。なかには、3本指や4本指の操作に対応しているタッチパッドもあるので、自分の使い方にあったマウスジェスチャーを選びましょう。

キーボードの配列をチェック

By: amazon.co.jp

キーボードの配列には、JIS配列とUS配列の2種類あります。JIS配列は日本語キーボードともいわれており、日本で主流のキーボード配列。エンターキーのサイズが大きく、全角と半角を切り替えるキーが配置されているのが特徴です。

US配列は英語配列とも表現され、海外製のタッチパッド付きキーボードに採用されることがあるキーボード配列。スペースキーのサイズが大きく、エンターキーとスペースキーの距離が近いのも特徴です。

ほかにも、配列によってキーボード上部に指定されている記号が違ったり、エンターキー周辺のキー配列が違ったりします。海外製のタッチパッド付きキーボードを購入する際は、配列の種類もチェックするおすすめです。

タッチパッド付きキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool ) ワイヤレス タッチキーボード K400pBK

ワイヤレス接続ながら、最長18カ月の電池寿命を実現するタッチパッド付きキーボード。電源のオンオフを切り替えるスイッチが搭載されており、電源をオフにしておけば消費電力を抑えて利用できます。

ロジクールが開発した2.4GHzの「Unifyingレシーバー」を採用しており、ひとつのレシーバーで複数のワイヤレス端末を接続できるのも特徴。ワイヤレスの通信可能距離は、最長10mなので離れた場所からでもキーボード操作できます。

キーボードとタッチパッドの操作方法は、ソフトウェアの「Logicool Options」を使ってカスタマイズ可能。WindowsとAndroidに対応しているので、該当する端末を使っている方におすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) All-in-One Media Keyboard N9Z-00029

フルサイズのキーセットとタッチパッドにより、操作性の高さが魅力のタッチパッド付きキーボード。2.4GHzレシーバーによるワイヤレス接続方式で、最長10mの距離でキーボード操作ができます。

メディアホットキーがカスタマイズできるので、普段よく利用する機能に変更して利用できます。さらに、キー入力する際に、内容を暗号化して個人情報を保護するAES暗号化方式を採用。キーボード操作による暗証番号の漏洩から保護できます。

ほかにも、誤って飲み物をこぼしても安心な防滴設計なのもおすすめポイントです。

ペリックス(Perixx) タッチパッド付きキーボード US配列 PERIBOARD-716

2.4GHzレシーバーでワイヤレス接続できるタッチパッド付きキーボード。最大10mまで通信できるので、モニターから離れた位置でキーボード操作ができます。

英語配列のキーボードを採用。軽い力で入力できるパンタグラフキーを使用しているため、長時間の操作でも疲れにくいのがポイント。さらに、キーボード上部のマルチメディアキーを使って、ワンタッチでさまざまなメディアを操作できるのも魅力です。

また、キーボード裏面にはレシーバー収納スロットが付いており、レシーバーを紛失するリスクを軽減します。ほかにも、単4電池を2個で稼働する電源なので、充電を待たずに電池を取り替えるだけで使用可能です。

Ewin Bluetooth キーボード ワイヤレス タッチパッド 英語配列 YXB-011-W

ファンクションキーやテンキーなど便利機能を搭載したタッチパッド付きキーボード。各キーが独立しているのでタイピングしやすいうえ、テンキーを使ってデータ入力や経理作業をスムーズにこなせます。

Windows・Mac・Android・iOSに対応しており、3つのデバイスを同時にペアリングできます。さらに、ペアリングした端末はワンタッチで簡単に切り替え可能。利便性の高さも魅力です。

また、キーボード右上にあるLEDランプで、電源のオンオフやペアリング状態がひと目で把握できます。自動スリープ機能も搭載されており、10分間使用しない状態だと自然に電力節約モードへ切り替わるのも特徴です。

機能性に優れたフルサイズキーボードを利用したい方に適しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タッチパッド付キーボード SKB-TP01SVN

重量700g、サイズが29.1×19.7cmとコンパクトなタッチパッド付きキーボード。カバンに入れて持ち運び、カフェやコワーキングスペースなどの出先で利用するのにおすすめです。

約1.5mの有線ケーブルで接続するので、少し離れた場所からでも操作できます。また、タッチパッド付きキーボードの充電を気にすることなく利用可能です。キースイッチは軽いタッチが特徴のうす型メンブレンを採用しています。

タッチパッドの位置がノートパソコンのキーボードと同様に中心にあるので、ノートパソコン感覚で使いやすいのも魅力です。

ペリックス(Perixx) キーボード タッチパッド付き PERIBOARD-510HPLUS US

23x16cmとコンパクトなサイズ感が魅力のタッチパッド付きキーボード。有線接続のアイテムなので、通信の安定性に優れているうえ、充電する必要がないのが魅力です。キーボードは英語配列を採用。また、windows OSに対応しています。

本体にUSBハブを2つ搭載しており、複数の外部機器の接続も可能。ほかにも、静音タイプのキーボードを採用しているので、図書館や会議中のパソコン操作する方にもおすすめです。

アイクレバー(iClever) キーボード 折り畳み 日本語JIS配列 IC-BK08

折りたたみ式で携帯性に優れているタッチパッド付きキーボード。各キーボードが独立しており、キーピッチが広いのでタイピングしやすいのもおすすめポイントです。

キーボードを展開したときのサイズは横幅27.8cmですが、折りたたみ時は15.5cmとコンパクトになるのが特徴。重量は220gと超軽量なので、折りたたんで外出先に持ち運んで利用するのに便利です。

また、Bluetooth接続により同時に3台の端末を利用できます。Windows・Mac・Android・iOSの4種類で利用可能。ほかにも、アルミを使った特殊素材を採用しており、耐久度の高さも魅力。携帯性に優れた使いやすいタッチパッド付きキーボードを探している方におすすめです。

Ewin ワイヤレス キーボード 折り畳み bluetooth

Windows・Mac・Android・iOSと幅広いシステムに対応しているタッチパッド付きキーボード。コンパクトに折り畳めるだけでなく、展開してフルサイズキーボードとして快適に利用できるのも魅力。ショートカットキーも搭載されているので効率的にタイピングできます。

接続方法はBluetoothを使った無線接続を採用。3台同時にペアリングでき、ボタンを押すだけで利用端末を切り替えできます。また、キーボードはUSB充電式で、電池を交換する手間が省けるのもおすすめポイントです。

スマホとiPad用のスタンドが付属しているため、ひとつのタッチパッド付きキーボードで複数の端末を利用したい方に適しています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothキーボード 充電式 iPhone・iPad用 英字配列 400-SKB066

iPhoneやiPadのペアリング専用のタッチパッド付きキーボード。Bluetoothによりワイヤレス接続するので、レシーバーを使わず手軽に利用できます。各キーが独立しているアイソレーション形状なので、タイピングのしやすさも魅力。キーボードは2時間の充電で、最大30時間連続して利用できるのもおすすめポイントです。

タッチパッドの上部にはメディア操作できる便利なホームボタンを搭載。iPhoneやiPadのホームボタンと同じ機能を採用しており、ワンタッチでホーム画面に戻れます。

Ewin 新型 iPad キーボード ケース US配列

iOSのみ対応しているiPad専用のタッチパッド付きキーボードケース。ボタンを押すだけで2つのiOS端末を切り替えて利用できます。iPhoneやiPadなど、Apple製品を中心に利用している方におすすめです。

重量は410gと軽量。持ち運んで出先で利用するのにぴったりです。ケース外部の素材はPUレザーを使用しており、汚れや指紋がつきにくいもポイント。放熱性にも優れています。

さらに、ケース外部にpencilの収納部分も搭載。タッチペンを利用する方にも適しています。ノートパソコンのようにiPadでタイピングしたい方や、持ち運ぶ機会の多い方におすすめの製品です。

なお、型番によって対応するiPadが異なるため、所有しているiPadに対応しているか事前にチェックしておきましょう。