ネット経由で複数の端末とデータの共有ができる「ネットワークハードディスク(NAS)」。家庭用モデルは複雑な設定を必要としないので、手軽に導入できるのが特徴です。

そこで今回は、おすすめの家庭用ネットワークハードディスクをご紹介。種類や選び方、メーカーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ネットワークハードディスク(NAS)とは?

By: iodata.jp

ネットワークハードディスクとは、有線または無線でネットワークに直接接続できるHDDのこと。ネットワークを経由して家庭内でファイルを共有したり、外出先から動画や音楽を楽しんだりと自分だけのファイルサーバーとして活用可能です。

用途としてはオンラインストレージサービスと似ていますが、ネットワークハードディスクは月額料金などが不要で、サービスが終了するといった心配もありません。長期的な運用を考えている方におすすめです。

ネットワークハードディスクを使うメリット

ネットワークハードディスクを活用するメリットは、データの共有が簡単な点です。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したりと、さまざまな使い方ができます。

ほかにも、利用シーンがオフィスの場合、ネットワークハードディスクを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、データの移行ができます。

ネットワークハードディスクの選び方

HDDが搭載されているかどうかで選ぶ

完成品がほしいならHDD内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

購入後すぐに使いたい方には、完成品のネットワークハードディスクがおすすめです。HDDが内蔵されているタイプなので、別途ドライブを購入する費用がかからないのがメリット。パソコンやスマホに保存しているデータのバックアップやテレビ番組の録画など、手軽に使える製品を求める方にピッタリです。

ただし、多くのモデルは容量の大きなHDDへの換装はできないため、使用用途を十分考慮し容量に余裕のある製品を選んでみてください。

自分でHDDを交換したいならNASキット

By: amazon.co.jp

自分でHDDを交換したいのであれば、NASキットがおすすめ。万が一、ひとつのドライブが故障した場合でも容易に交換ができるため、長時間作業を止めずに済みます。ホットスワップをサポートしているモデルなら、ネットワークハードディスクの電源を落とさずに換装できるので便利です。

拡張性に優れているのもポイント。6ベイなどの製品を選択すれば、将来的な事業の拡大に対しても装着するHDDを増やすなどして柔軟に対応できます。SSDを搭載できるモデルもあり、業務の効率化を図りたい用途にピッタリです。

RAID機能で選ぶ

「RAID」とは、データの自動バックアップを高速化する仕組みのこと。RAIDにはデータを複数のHDDに分散して保存する「RAID 0」や、データを2台のHDDへ同時に書き込む「RAID 1」など、いくつかのレベルに分かれています。

機種によって種類は異なるため、ネットワークハードディスクを選ぶ際にはどのRAIDに対応しているかをチェックすることも大切です。

HDDの搭載台数で選ぶ

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、データバックアップを取りたいなら、HDDを2台搭載できる2ベイモデルが適しています。

HDDが2台あるタイプなら、ミラーリング(RAID 1)設定にすることで自動的にデータをバックアップ可能。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧ができるので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

DLNA

「DLNA」は、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドラインのこと。DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、ファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

「DTCP-IP」とは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術です。著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応している必要があります。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されるので留意しておきましょう。

DTCP+

「DTCP+」とは、DTCP-IPの新バージョン。NASと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

ネットワークハードディスクのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

愛知県・名古屋に本社を置く、パソコン周辺機器メーカー「バッファロー」。1万円台で買えるリーズナブルなモデルをはじめ、屋外からネットワークハードディスクにアクセスできる高性能なモデルなど、多くの製品を取り扱っています。ネットワークハードディスクを使ったことがない方にもおすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

1976年に石川県で設立された「アイ・オー・データ」。PC周辺機器を取り扱う老舗メーカーのひとつで、ストレージ機器やディスプレイなどの分野で高く評価されています。

家庭用ネットワークハードディスクも豊富にラインナップしており、PC・スマホ向けモデル、テレビ録画向けモデル、音楽向けモデルと用途向けに分類されているのが特徴です。

シノロジー(Synology)

By: amazon.co.jp

「シノロジー」は、企業用から家庭用まで、さまざまなNASキットを手掛けるメーカーです。設定をユーザーが自由にカスタマイズできる、先進的機能を搭載した製品が多いのが特徴。また、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|完成品

バッファロー(BUFFALO) LinkStation LS220D1202G

DLNAに準拠したサーバー機能を内蔵

RAID機能を搭載している、バッファローのスタンダードモデルです。「ミラーリング(RAID 1)」モードと「RAID 0」モードの2種類を設定可能。効率性や安全性など、重視する内容に合わせて選べます。

「Web Access」機能を採用。外出先でスマホやタブレットからNASへアクセスし、音楽や動画などの保存データを再生できるのでおすすめです。端末のストレージ容量を気にせずに使用できます。

さらに、DLNAに準拠したサーバー機能を内蔵。デジタルカメラやパソコンで保存している動画を大画面のテレビで視聴できます。「DTCP-IP」機能を利用すれば、対応する録画機器の保存番組を取り込んで送信可能なのが魅力です。

バッファロー(BUFFALO) MyBox LS411D0401X

お気に入りの番組をシームレスに再生できる

テレビの録画や視聴におすすめのネットワークハードディスクです。保存しているコンテンツをスマホやタブレットでまとめて表示できるのが特徴。テレビやパソコンなど、最大10台までの機器登録に対応しています。

DLNA・DTCP-IP・DTCP+の3つに対応しているのもポイント。さらに、初期設定は、付属の2本のケーブルを挿し、スマホ・タブレット用のアプリをダウンロードするだけです。アプリ上で番組名や動画コンテンツを選択すれば再生を行えます。

また、ドライブ中でも番組再生が可能な「レコーダーアクセス」に対応。インターネット通信を利用して機器同士を接続し、お気に入りの番組をシームレスに再生できます。さまざまな場所でエンターテイメントを楽しめる、ネットワークハードディスクです。

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション LS520D0802G

家族での利用にもおすすめ

8TBの大容量タイプを採用した、ネットワークハードディスクです。本体内には高性能なデュアルコアCPUを内蔵。データバックアップやコンテンツ転送といったマルチタスク時でも、快適に処理を行えます。

転送速度は100MB/sと良好。長時間の動画や大量の写真を保存するときでも、スムーズに処理を実行します。同時にアクセスしてもサクサクと操作できるので、家族での利用にもおすすめです。

また、macOSの「TimeMachine」機能や、Windowsのバックアップ機能の指定先として選択できます。さらに、DLNAやDTCP-IPに対応。パソコンやUSBメモリ、対応する録画機器で保存したコンテンツをテレビで再生可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ハードディスク搭載ネットワークオーディオサーバー HDL-RA3HG

オーディオとしての性能にこだわっている

オーディオの保存や再生に適しているネットワークハードディスクです。耐振性に優れたWestern DigitalのHDDを搭載。さらに、筐体に制振対策を施すなど、オーディオとしての性能にこだわっているのが特徴です。

また、CDのリッピング機能やトランスポート機能を利用可能。わざわざパソコンを経由する必要がなく、ドライブと通信を行えるのがメリットです。「e-onkyo music」や「mora」といったサイトを利用していれば、スマホから直接ハイレゾ音源をダウンロードできます。

音楽の再生は、「fidata Music App」アプリで実行。スマホやパソコンで音楽をたくさん保存している方におすすめのネットワークハードディスクです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) RECBOX HVL-AAS4

テレビ番組をたくさん録画保存したい方におすすめ

録画番組をダビングしたり管理したりしやすい、ネットワークハードディスクです。外付けHDDや内蔵HDD、レコーダーなどに保存した番組を、本体内へダビング保存できるのがポイント。「DTCP-IP」に対応したテレビであれば、再生も行えます。

また、独自にフォルダーを作成してコンテンツを整理できるのも特徴。番組や動画などのタイトルを、パソコンやスマホアプリで自由に変更できます。テレビ番組をたくさん録画保存したい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) デュアルコアCPU搭載 ネットワーク接続ハードディスク HDL-AAX2

動画の閲覧や仕事の資料作成などを行える

高速に読み書きを行えるネットワークハードディスクです。読み込み速度は最大で173.5MB/sと十分。動画ファイルへアクセスしたり、大容量の写真データをバックアップしたりするときでもサクサクと行えます。

また「Remote Link 3」機能を搭載。外出先からインターネット通信で本体へアクセスし、動画の閲覧や仕事の資料作成などを行えるのが魅力です。macOSの「Time Machine」機能に対応しているため、Macbookを所有している方にもおすすめです。

新しいNASへ買い替えるときは、「データコピー機能」を使い、ファイルをそのまま移行できるのが特徴。仕事やプライベートなど幅広い用途で使用できる、ネットワークハードディスクです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワーク接続ハードディスク HDL2-TA4

簡単に初期設定を行えるのがポイント

初めてネットワークハードディスクを使用する方におすすめの製品です。2ドライブタイプを採用し、「RAID 0」や「RAID 1」のモードを利用できるのが特徴。万一のデータ紛失を防いだり、データの保存容量を拡張したりするのに役立ちます。

また、簡単に初期設定を行えるのもポイント。付属のLANケーブルをWi-Fiルーターへ挿入し、電源ケーブルをコンセントへ挿しこむだけで完了します。パソコンやスマホのアプリでパスワードを設定すれば、基本的なセットアップを終えられるのが魅力です。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|NASキット

シノロジー(Synology) DiskStation DS720+

多機能な製品がほしい方におすすめ

M.2規格のSSD用スロットを2つ搭載したネットワークハードディスクです。SATA接続のSSDよりも転送速度が速い、NVMe接続のM.2 SSDを挿せます。拡張ユニットを使用した場合、最大7ベイの大容量な環境を構築できるのが魅力です。

シノロジー独自のアプリケーションパッケージ「Synology Drive」を活用すれば、データのバックアップが行えます。リアルタイムでバックアップを取るだけでなく、予約もできるため便利です。

また、スマホから音楽・写真・動画といったデータにアクセスできる専用のアプリケーションも使用可能。多機能な製品がほしい方におすすめです。

シノロジー(Synology) DiskStation DS220j

「RAID 0」「RAID 1」の設定を行えるのがポイント

データを簡単に保存共有できる、2ベイモデルのネットワークハードディスクです。「DiskStation Manager OS」を内蔵。直感的なユーザーインターフェースで管理画面を操作したり、高度な暗号化技術でファイルをロックしたりと、快適に利用できます。

CPUは、64ビットのクアッドコアを採用。112MB/sの高速な読み書き速度で、文書ファイルや動画ファイルをスムーズに転送します。保存したデータは、「DS audio」「DS Photo」「DS Video」といったモバイルアプリケーションからも利用可能です。

また「RAID 0」「RAID 1」の設定を行えるのもポイント。安全性の高いデータの保護や、ストレージボリュームの拡張などを実現します。

シノロジー(Synology) DiskStation DS218play

本格的なネットワークハードディスクを利用したい方におすすめの製品です。自宅だけでなく、外出先からもデータへアクセスできるのが特徴。パソコンやモバイルデバイスを使い、音楽や動画などのファイルを一元管理できます。

また、「QuickConnect」ソフトの利用に対応。DNSなどの複雑な設定不要で、インターネット上からファイルへ直接アクセスできるのが魅力です。写真やビデオ、音楽の専用アプリを使用し、ファイルを直感的に操作できます。

シノロジー(Synology) DiskStation DS1621+

6ベイを搭載したネットワークハードディスク。拡張性を重視する方におすすめのモデルです。SATA接続タイプの3.5インチHDDをはじめ、2.5インチのSSDにも対応しています。さらに、オプションの拡張ユニットを利用すれば、最大16ベイまで増やせるのも特徴です。

CPUにはクアッドコアのRyzenプロセッサを採用。4GBのメモリを実装するなど高い処理性能を有しています。また、NVMe接続タイプのM.2ドライブスロットを2つ備えているのもポイントです。非常に高速なキャッシュメモリとして使えるので、よりスピーディーなデータ転送を実現できます。

キューナップ(QNAP) TS-451D2 TS-451D2-4G

HDMIの出力コネクタを備えているネットワークハードディスクです。ビデオカメラで撮影した映像や動画配信サービスなどを、大画面のテレビで視聴できるのが魅力。4K出力に対応しているので、よりきれいな画質で楽しめます。

また、保存データだけでなく、システムの記録処理までも本体内で記録。ファイルを間違って消去してしまったときは、記録をたどってすぐに復元できます。家庭用としてだけでなく、スモールビジネスでのデータ管理にもおすすめです。

キューナップ(QNAP) TS-231P3 TS-231P3-4G

1.7GHzのクアッドコアプロセッサを搭載したネットワークハードディスクです。本製品には、「2.5GbE RJ45」ポートを搭載。一般的なギガビット・イーサネット通信の最大2.5倍の速度で、音楽や動画の再生をスムーズに行えます。

また、AES 256ビットの暗号化や、多彩なバックアップオプションにより、安全性の高いセキュリティを実現。データの共有やストリーミングを素早く行いたい方におすすめのネットワークハードディスクです。

キューナップ(QNAP) TS-253D TS-253D-4G

2.5GbE対応のLANポートを2つ搭載したネットワークハードディスクです。転送速度を向上させるポートトランキング設定を行えば、最大5Gbpsの速さを実現できます。

CPUは、IntelのCeleron J4125を採用。暗号性能に優れた「AES-NI暗号化エンジン」をサポートしているため、セキュリティを保ちながらデータを保存できるのが魅力です。

PCIe 2.0スロットを活用することで、「Wi-Fi 6ワイヤレスアダプター」や「5GbE/10GbEネットワークカード」などのパーツを追加で搭載できるのもメリット。拡張性に優れた製品がほしい方におすすめです。

ASUSTOR NIMBUSTOR 2 AS5202T

2つの2.5GbEポートを備えたネットワークハードディスクです。高速なネットワーク環境をフル活用したい方におすすめのモデル。リンクアグリゲーション機能を利用すれば、さらなる高速化も図れます。ただし、接続される側の機器も同機能をサポートしている必要があるため、導入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

デュアルコアのIntel Celeronプロセッサと2GBのメモリを実装しており、処理性能は良好です。そのほか、ダイヤモンドカットが施されたクールなデザインを採用。工具を使わず簡単に内部へアクセスできるほか、ホットスワップにも対応するなど使い勝手に優れています。