ネット経由で複数の端末とデータの共有ができる「ネットワークハードディスク(NAS)」。家庭用モデルは複雑な設定を必要としないので、手軽に導入できるのが特徴です。

そこで今回はおすすめの家庭用ネットワークハードディスクをご紹介。種類や選び方、メーカーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ネットワークハードディスク(NAS)とは?

By: amazon.co.jp

ネットワークハードディスクとは、有線または無線でネットワークに直接接続できるHDDのことです。ネットワークを経由して家庭内でファイルを共有したり、外出先から動画や音楽を楽しんだりと、自分だけのファイルサーバーとして活用することができます。

用途としてはオンラインストレージサービスと似ていますが、ネットワークハードディスクは「月々のサービス使用料が不要」「ストレージサービスが終了して使えなくなるといった心配がない」といった点で異なります。長期的な運用を考えている方におすすめの製品です。

ネットワークハードディスクを使うメリット

ネットワークハードディスクを活用するメリットは、データの共有が簡単になることです。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したりと、さまざまな使い方ができます。

例えば利用シーンがオフィスの場合、ネットワークハードディスクを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、データを移行することができます。

ネットワークハードディスクの選び方

HDDが搭載されているかどうかで選ぶ

ネットワークハードディスクには、あらかじめHDDが搭載されている「完成品」と、HDDが別売りになっている「NASキット」の2種類があります。設定の仕様や拡張性が異なるので、用途に応じて選ぶようにしましょう。

RAID機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

「RAID」とは、データの自動バックアップを高速化する仕組みのこと。RAIDにはデータを複数のHDDに分散して保存する「RAID0」や、データを2台のHDDへ同時に書き込む「RAID1」など、いくつかのレベルに分かれています。

機種によってその種類は異なるため、ネットワークハードディスクを選ぶ際にはどのRAIDに対応しているかをチェックすることも大切です。

HDDの搭載台数で選ぶ

By: iodata.jp

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、安心してデータバックアップを取るなら、HDDが2台搭載できる2ベイモデルがおすすめです。

HDDが2台あるタイプなら、ミラーリング(RAID1)設定にすることで自動的にデータがバックアップされます。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧が可能なので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

家庭用NASの多くは、動画や音楽などのファイルを気軽に楽しめる「マルチメディア機能」を備えています。しかし、対応している方式によって利用可能なファイルや配信できる範囲が異なるため、注意が必要です。

DLNA

「DLNA」は、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドラインのこと。

DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、それらのファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

「DTCP-IP」とは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術です。

著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応していなければなりません。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されます。

DTCP+

「DTCP+」とは、DTCP-IPの新バージョン。NESと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

ネットワークハードディスクのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

愛知県・名古屋に本社を置く、パソコン周辺機器メーカー「バッファロー」。1万円台で買えるリーズナブルなモデルをはじめ、屋外からネットワークハードディスクにアクセスできるような高性能なモデルなど、数多くの製品を取り扱っています。

スマホやタブレットだけで設定が完了できる「スマホナビゲーター」や、初心者にも分かりやく解説されている「かんたん接続ガイド」など、セットアップしやすいのが魅力。ネットワークハードディスクを使ったことがない方にもおすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(IODATA)

By: amazon.co.jp

1976年に石川県で設立された「アイ・オー・データ」。PC周辺機器を取り扱う老舗メーカーのひとつで、ストレージ機器やディスプレイなどの分野で高く評価されています。

家庭用ネットワークハードディスクも豊富にラインナップしており、PC・スマホ向けモデル、テレビ録画向けモデル、音楽向けモデルといったように用途向けに分類されているのが特徴。1TBの小容量モデルもあるので、初めて導入する方にもおすすめです。

シノロジー(Synology)

By: amazon.co.jp

「シノロジー」は企業用から家庭用まで、さまざまなNASキットを手掛けるメーカーです。設定をユーザーが自由にカスタマイズできる、先進的機能を搭載した製品が多いのが特徴。また、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

キューナップ(QNAP)

By: amazon.co.jp

「キューナップ」は、台湾に本社を持つNASキットメーカー。ユーザー目線に立ったユニークな製品を数多く手掛けています。主に家庭用のアイテムを扱っていますが、そのスペックは企業用モデルと比べても遜色ないほどにハイスペックです。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

「ネットギア」は、アメリカに本社を置くネットワーク機器専門のメーカーです。ビジネスモデルの製品を数多く手掛けていますが、近年では家庭向け製品の開発にも着手。データの保護や通信速度を重視したい方におすすめです。

アサスター(ASUSTOR)

By: amazon.co.jp

「アサスター」はプライベートクラウドストレージとビデオ監視ソリューションで知られる企業。家庭用から企業向けまで、豊富なNASキットを手掛けているメーカーです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|完成品

バッファロー(BUFFALO) NAS 2TB LinkStation LS210DG

バッファロー(BUFFALO)  NAS 2TB LinkStation LS210DG

充実の内容を備えたハイコスパモデル。初めてネットワークハードディスクを導入する方におすすめです。WindowsとMacの双方に対応し、パソコンのバックアップも可能。また、Wi-Fi経由でデータの保存ができるため、複数台のパソコンやスマホ、タブレットからデータを保存・共有するといった幅広い運用ができます。

DLNAサーバー機能のほかに、DTCP-IPにも標準対応。NASに保存した動画や音楽をDLNAクライアント機能に対応する、テレビやオーディオなどで楽しめます。録画したテレビ番組を対応レコーダーにムーブしてBlu-rayやDVDメディアに書き出すことも可能。各種設定が簡単なこともおすすめポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Soundgenic HDL-RA2HF/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) Soundgenic HDL-RA2HF/E

音楽再生用のネットワークハードディスクとして人気のモデル。同社の高級オーディオブランド「fidata」で培ったソフトウェア技術を継承しており、CDを上回る高品位データであるハイレゾ音源を、高音質かつ安定的に再生機器に送り出します。市販のUSB-DACと組み合わせることで、ネットワークオーディオプレーヤーとして使用できるのもポイントです。

オーディオ用にカスタマイズされたメディアサーバー機能、CDリッピング機能を搭載。音楽の取り込みから再生・保護までを簡単かつ確実に行えるのもメリットです。

一般的にコストのかかる、音質劣化を抑える防振構造を採用しながらリーズナブルなのも魅力。本格オーディオをNASで構築したい方におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) ネットワークHDD 4TB LinkStation LS520D0402G

バッファロー(BUFFALO) ネットワークHDD 4TB LinkStation LS520D0402G

HDDを2台搭載した2ベイ対応の人気モデル。HDD容量は2・4・6・8TBをラインナップし、必要な容量に合わせて購入できます。複数のHDDに同じデータを保存するRAID1に対応しているので、もし1台が故障してもデータが完全に消えることはないので安心です。

高速CPUを採用しているのもポイント。転送スピードは最大約100MB/sと高速で、ハイビジョン映像などの大容量データも短時間で快適に転送できます。ファイルサーバー機能・メディアサーバー機能・テレビの録画ムーブ機能を備えるので、幅広い用途に適応可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワークHDD 2TB RECBOX HVL-S2

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワークHDD 2TB RECBOX HVL-S2

録画番組データの扱いに長けた、家庭向けネットワークハードディスク。DLNAとDTCP-IPに対応しているため、テレビやブルーレイレコーダーに録画した番組データを転送できます。また、自動ダビング機能にも対応。番組タイトルなどを設定するだけで録画できるので、操作は簡単です。

フォルダ分けや録画番組のタイトル編集で録画コンテンツを整理できるのもポイント。テレビ視聴を妨げにくい明るさを抑えたLEDや、高負担時にも安心の放熱用ファンなど、細かい部分にも配慮が行き届いています。

バッファロー(BUFFALO) ネットワークHDD 2TB MyBox LS411D0201X

バッファロー(BUFFALO) ネットワークHDD 2TB MyBox LS411D0201X

DTCP-IP+規格に対応したネットワークハードディスク。DTCP-IP+規格の場合、自宅内だけでなく外出先からも保存した録画番組が視聴できるのが特徴で、外出先からスマホやタブレットで動画や写真を見ることができます。

また、録画データの自動圧縮に対応しているのもポイント。HDD容量を効率的に活用できます。パソコン向けの自動バックアップ機能はなく、ビジネスよりも家庭用におすすめ。発売から年数が経過していますが、DTCP-IP+対応のNASはラインナップが少ないので、購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

アイ・オー・データ(I-O DATA) NAS 6TB RAID 1 HDL2-AA6/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) NAS 6TB RAID 1 HDL2-AA6/E

HDDへの転送速度の速さが特徴の2ベイネットワークハードディスク。読み込み・書き込みともに116MB/sとハイスピードで、ビジネス用途にも最適です。

CPUが2コアなため、複数のユーザーが同時並行してHDDにアクセスしてもスムーズ。信頼度の高いアメリカのストレージソリューション企業「Western Digital」のHDDを採用しているのもポイントです。

複数のHDDに同じデータを保存するRAID1に対応しているので、大事なデータも安全に保管可能。自動バックアップ機能やクラウドストレージサービス連携も充実しています。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|NASキット

シノロジー(Synology) 1ベイNASキット DiskStation DS119j CS7434

シノロジー(Synology) 1ベイNASキット DiskStation DS119j CS7434

キットタイプで人気のネットワークハードディスク。リーズナブルさと高機能の両立が特徴です。ハードディスクベイを2つ搭載しており、8TBのHDDを2機まで搭載可能。3.5インチのHDDのほか、付属のホルダーを利用すれば、2.5インチHDDの取り付けも可能という汎用性の高さも魅力です。

ファイルサーバー機能が充実しているのもポイント。特にデータ同期に優れ、ネットワーク上にある複数のパソコンのデータに加え、Google Drive・OneDrive・Dropboxなどのネットワークストレージとの同期も可能です。

セキュリティツールは常に更新されており、安心してデータの保存・共有ができます。直感的で使いやすい専用OS「Disk Station Manager」により導入も簡単。消費電力が少なく、低コストで運用できるのも魅力です。

シノロジー(Synology) 2ベイNASキット DiskStation DS218play CS7089

シノロジー(Synology) 2ベイNASキット DiskStation DS218play CS7089

マルチメディア強化型のネットワークハードディスクキット。ビジネス向けモデルの「DS119j」と基本内容やCPU性能は同じですが、DTCP-IPへの対応など家庭で録画データや音楽を楽しむための機能が付加しています。

4K映像を通常のテレビやパソコン、スマホやタブレットでも見られるように、1080p映像に変換できる機能も便利。「DS119j」同様、ビジネス向けの機能も搭載されているので、仕事用と家庭用のNASを1台で済ませたい方にもおすすめです。

キューナップ(QNAP) 2ベイ ホーム&SOHO向けNAS TS-231P

キューナップ(QNAP)  2ベイ ホーム&SOHO向けNAS TS-231P

データの読み書きが高速なネットワークハードディスクキットです。CPUに2コアの「Annapurna Labs Alpine AL-212」を採用することで、読み込みの平均スピードは224MB/秒、書き込みの平均スピードは176MB/秒とスピーディ。大容量データを読み書きする際に最適です。

パソコンデータの丸ごとバックアップや、データの同期を専用ソフト・アプリによって簡単に実行できます。大手クラウドストレージサービスとの連携性にも優れているので、他者とのデータ共有も簡単です。

写真の同期やファイルアクセス、音楽のストリーミング再生が容易にできる専用アプリ「Qfile」に対応しており、メディアサーバーとしても優秀。仕事用にも家庭用にも使えるおすすめモデルです。

キューナップ(QNAP) ファンレスマルチメディアNAS HS-453DX

キューナップ(QNAP) ファンレスマルチメディアNAS HS-453DX

メディア再生を重視した、ネットワークハードディスクキット。リフレッシュレート60Hzという高品位での4K出力に対応したHDMI 2.0端子、3.5mm径の音声入出力端子や各種USB端子を備え、さまざまなAV用途に対応できます。ファンレス仕様のため、動作時の騒音に悩まされずに鑑賞できるのもメリットです。

専用アプリ「QTS App」を用意しており、音楽プレーヤー「Roon」のサーバーアプリ「Roon Server」もサポート。パソコンがなくてもRoonを利用してのハイレゾ再生を楽しめます。

ストレージスロットは3.5インチHDDを2基、M.2 SATA SSDを2基搭載。ホームシアター用途にも対応できる、満足度の高い製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) NASキット HDDなし HDL2-AA0/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) NASキット(HDD無し) HDL2-AA0/E

海外メーカーが強いNASキット市場では珍しい日本メーカーの製品。HDDの取り付け方法を工夫しているため、初心者でも装着しやすくなっています。2本のHDDを片方ずつ交換できるので、データを保持したままの増設も可能です。

同一データを2台のHDDに同時に書き込む、RAID1に対応。一方のHDDが故障してしまっても、もう一方のHDDでデータを保護できます。シックな黒のメタル筐体を採用。耐衝撃性と耐久性に優れているのもポイントです。製品が容量別にラインナップされているので、購入する際は予算との兼ね合いも考慮して選ぶようにしましょう。

ネットギア(NETGEAR) 2ベイNASキット ReadyNAS 212 RN21200-100AJS

ネットギア(NETGEAR) 2ベイNASキット ReadyNAS 212 RN21200-100AJS

データの保持性能に優れた、ネットワークハードディスクキット。パソコンの丸ごとバックアップやファイルバックアップ、「RAID」に対応するなどデータの保存、バックアップに注力しています。

専用アプリ「ReadyCLOUD」を使用することにより、スマホやタブレットからいつでもどこからでも保存したデータにアクセスできるのも便利。さらに、消してしまったデータの復元機能や、ウイルス検知機能も備えるので、不意なデータ消失の心配が少ないのもメリットです。

なお、やや各種設定が難しい面があるので注意しましょう。NASを使ったことがある方の買い替えや、買い増し用におすすめの製品です。

アサスター(ASUSTOR) NASケース 2ベイモデル AS1002T v2

アサスター(ASUSTOR) NASケース 2ベイモデル AS1002T v2

マルチメディア向けのハイコスパなネットワークハードディスクキット。写真閲覧や動画視聴、音楽再生用の専用アプリを豊富に用意しており、さまざまな楽しみ方ができます。

DSDハイレゾファイル再生に対応するアプリがあるのも特徴で、音質にこだわりたい方にもおすすめ。読み取りスピードが110MB/秒以上、書き込みは98MB/秒以上と高速なので、大容量データもストレスなく扱えます。

スマホやタブレットからデータ管理やアクセスなど、ほとんどの操作が手軽にできるので、ビジネス用データの格納や共有する際にも便利。静音性も優秀なので、気兼ねなく使えるモデルを探している方はぜひチェックしておきましょう。