ネット経由で複数の端末とデータの共有ができる「ネットワークハードディスク(NAS)」。家庭用モデルは複雑な設定を必要としないので、手軽に導入できるのが特徴です。

そこで今回は、おすすめの家庭用ネットワークハードディスクをご紹介。種類や選び方、メーカーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ネットワークハードディスク(NAS)とは?

By: amazon.co.jp

ネットワークハードディスクとは、有線または無線でネットワークに直接接続できるHDDのこと。ネットワークを経由して家庭内でファイルを共有したり、外出先から動画や音楽を楽しんだりと、自分だけのファイルサーバーとして活用可能です。

用途としてはオンラインストレージサービスと似ていますが、ネットワークハードディスクは月々のサービス使用料が不要だったり、ストレージサービスが終了して使えなくなるといった心配がなかったりする点で異なります。長期的な運用を考えている方におすすめの製品です。

ネットワークハードディスクを使うメリット

ネットワークハードディスクを活用するメリットは、データの共有が簡単になることです。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したりと、さまざまな使い方ができます。

例えば利用シーンがオフィスの場合、ネットワークハードディスクを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、データの移行ができます。

ネットワークハードディスクの選び方

HDDが搭載されているかどうかで選ぶ

ネットワークハードディスクには、あらかじめHDDが搭載されている「完成品」と、HDDが別売りになっている「NASキット」の2種類があります。設定の仕様や拡張性が異なるので、用途に応じて選ぶようにしましょう。

RAID機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

「RAID」とは、データの自動バックアップを高速化する仕組みのこと。RAIDにはデータを複数のHDDに分散して保存する「RAID0」や、データを2台のHDDへ同時に書き込む「RAID1」など、いくつかのレベルに分かれています。

機種によってその種類は異なるため、ネットワークハードディスクを選ぶ際にはどのRAIDに対応しているかをチェックすることも大切です。

HDDの搭載台数で選ぶ

By: iodata.jp

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、安心してデータバックアップを取るなら、HDDが2台搭載できる2ベイモデルが適しています。

HDDが2台あるタイプなら、ミラーリング(RAID1)設定にすることで自動的にデータがバックアップ。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧が可能なので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

DLNA

「DLNA」は、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドラインのこと。DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、それらのファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

「DTCP-IP」とは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術です。著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応していなければなりません。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されます。

DTCP+

「DTCP+」とは、DTCP-IPの新バージョン。NESと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

ネットワークハードディスクのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

愛知県・名古屋に本社を置く、パソコン周辺機器メーカー「バッファロー」。1万円台で買えるリーズナブルなモデルをはじめ、屋外からネットワークハードディスクにアクセスできるような高性能なモデルなど、数多くの製品を取り扱っています。ネットワークハードディスクを使ったことがない方にもおすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(IODATA)

By: rakuten.co.jp

1976年に石川県で設立された「アイ・オー・データ」。PC周辺機器を取り扱う老舗メーカーのひとつで、ストレージ機器やディスプレイなどの分野で高く評価されています。

家庭用ネットワークハードディスクも豊富にラインナップしており、PC・スマホ向けモデル、テレビ録画向けモデル、音楽向けモデルといったように用途向けに分類されているのが特徴です。

シノロジー(Synology)

By: amazon.co.jp

「シノロジー」は企業用から家庭用まで、さまざまなNASキットを手掛けるメーカーです。設定をユーザーが自由にカスタマイズできる、先進的機能を搭載した製品が多いのが特徴。また、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|完成品

バッファロー(BUFFALO) LS210D0201N

バッファロー(BUFFALO) LS210D0201N

家庭用NASの入門機としておすすめのネットワークハードディスクです。スマホやタブレットだけで簡単に初期設定ができるので、NASを初めて使用する方でも導入しやすいのが特徴。また、価格が安いのも魅力です。

専用アプリの「WebAccess」を使えば、スマホやタブレットからNASのリモート操作やファイル共有が可能。パソコンからはウェブブラウザからアクセスします。さらに、DTCP-IPに対応しているのもポイント。NASに録画した番組を別の部屋にあるテレビでも楽しめます。

RAID機能には非対応ですが、容量は2TBあるので家庭用としては十分。Macの自動バックアップ機能「Time Machine」にも対応しています。

バッファロー(BUFFALO) LS220D0602N

バッファロー(BUFFALO) LS220D0602N

RAID機能が手軽に使用できる大容量のネットワークハードディスクです。比較的導入しやすい安い価格ながら、3TBの大容量HDDを2個内蔵しているのが特徴。合計6TBという余裕のある容量を持ち、WebAccessやDTCP-IPなどにも対応しているので、写真や動画、音楽などを家族で共有して楽しみたい方におすすめです。

RAID 0(ストライピング)とRAID 1(ミラーリング)に対応しているのもポイント。2ベイのHDDにデータを分散で保存したり、同じデータを2重に書き込んだりできます。エントリーモデルのNASと比べて、より快適かつ安全にデータを管理できるので、大事なデータを保管したい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) LS520D0402G

バッファロー(BUFFALO) LS520D0402G

家族間で頻繁にデータのやりとりをする家庭におすすめのネットワークハードディスクです。速さと安定性を実現したデュアルコアのCPUを搭載しているのが特徴。家族全員で同時にNASへアクセスしても、サクサクと快適に使用できます。

容量は2TBの2ベイ(合計4TB)で、RAID0・RAID1にも対応。一定時間アクセスがないと自動でスリープする「スピンダウン機能」を備えているので、不使用時の消費電力を抑えられます。

完成品ながら容量の増設に対応できるのも特徴。USB3.0ポートを搭載しているので、NASの容量が一杯になった場合でも外付けHDDを接続すれば保存容量を柔軟に増やせます。

アイ・オー・データ(IODATA) Soundgenic HDL-RA2HF/E

アイ・オー・データ(IODATA) Soundgenic HDL-RA2HF/E

楽曲管理に特化したオーディオNASです。2TBのHDDを内蔵しており、別売りのBD/DVDドライブを使用すればパソコンがなくてもCDのリッピングが可能。また、ハイレゾ音源サイト「e-onkyo music」と連携することで、スマホで購入したハイレゾ楽曲をNASに自動でダウンロードもできます。

NAS内に保存した楽曲はUSB接続でポータブルプレーヤーへ直接転送が可能。さらに、USB-DAC搭載のオーディオ機器と組み合わせることで、ネットワークオーディオプレーヤーとしても活用できます。

静音重視のファンレス設計や、ラーバー製インシュレーターを採用したデザインも特徴。動作時に振動が伝わりにくいので、音楽鑑賞に没頭できます。

アイ・オー・データ(IODATA) RECBOX HVL-AAS4

アイ・オー・データ(IODATA) RECBOX HVL-AAS4

テレビ番組の録画管理に特化したネットワークハードディスクです。通常のHDDでは録画に使用したテレビでしか録画番組の再生ができませんが、本製品はDTCP-IP対応であれば家庭内にある別のテレビでも再生が可能。突然の故障や将来的にテレビを買い換えるときも、気兼ねなく使用し続けられます。

「自動ダビング」機能を搭載しているのもポイント。番組タイトルやキーワードを設定するだけで、対応のブルーレイレコーダーに新しく録画された番組を自動でダビングできるので、ユーザー側での細かな操作が必要ありません。また、番組タイトルの編集やお気に入り番組のフォルダ分けなども可能です。容量は4TBで、BS/CS放送が約425時間分も録画できます。

アイ・オー・データ(IODATA) LAN DISK A HDL-AA3/E

アイ・オー・データ(IODATA) LAN DISK A HDL-AA3/E

自分好みに機能をカスタマイズできる、3TBのネットワークハードディスクです。出荷時はWindows共有などNASの基本機能のみが利用できますが、必要に応じてメディアサーバーや外出先からのアクセスなどの機能を追加可能。不要な機能を追加しないことで、メモリの消費を抑えて最適な状態で利用できます。

デュアルコアCPUの搭載により、読み書きともに最高116MB/sを実現。複数のパソコンやスマホから同時にアクセスしても速度低下を最小限に抑えるので、家族間で快適に使用できます。

古いNASからの引っ越しも簡単。フォルダ構成をそのままコピーして移行できるので、買い替え用としてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドDIGA DMR-2T200

パナソニック(Panasonic) おうちクラウドDIGA DMR-2T200

録画した番組の視聴が外出先でも楽しめる、2TBのネットワークハードディスクです。DTCP+に対応しているのが特徴で、自宅以外でも録画した番組の再生が可能。また、スマホからは番組の録画予約も利用できます。

自分専用のクラウドストレージとして使える「おうちクラウド」機能も魅力。専用アプリを使えば、スマホ内の写真や動画にメッセージを付けてNASに送信したり、NASに保存したコンテンツを気軽にSNSでシェアしたりもできます。

ブルーレイディスクへの自動バックアップ機能「かんたんディスク保存」も搭載。万が一NASが故障した場合でも、より安全に大切なファイルを保護できます。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|NASキット

シノロジー(Synology) DiskStation DS119j

シノロジー(Synology) DiskStation DS119j

最初の1台としてもおすすめのNASキットです。3.5または2.5インチのHDDを1台取り付けが可能。洗練された操作性も定評があり、初期設定やストレージ管理が簡単にできます。

スマホやタブレットからNAS内に保存した写真・動画・音楽へアクセスできるアプリを備えているのもポイント。高いセキュリティを有しているので、プライベートな写真や動画が流出するのを防げます。

デュアルコアCPUの搭載によって読み書きともにスムーズ。コスパに優れたネットワークハードディスクを探している方はチェックしてみてください。

シノロジー(Synology) DiskStation DS218j

シノロジー(Synology) DiskStation DS218j

リーズナブルな価格で2ベイNAS環境を構築できる初心者にも人気のNASキットです。3.5または2.5インチのHDDを2台取り付けが可能。RAID0・RAID1に対応しているので、より快適かつ安全に大事なデータを管理できます。

デュアルコアCPUの搭載によって読み込み113MB/s、書き込み112MB/sの速度を実現。同時に複数のスマホやパソコンからアクセスしても速度が低下しにくいので、快適に家族間で運用できます。

DLNA対応によってスマホやパソコンとの連携もバッチリ。また、DTCP-IPにも対応しているので、著作権保護のかかった番組の録画データも自宅内の自由な場所で楽しめます。

シノロジー(Synology) DiskStation DS420j

シノロジー(Synology) DiskStation DS420j

自宅で仕事をするSOHOワーカーや、クリエイターにもおすすめの大容量対応NASキットです。手頃な価格ながら4台のHDDを格納でき、合計で最大64TBをサポートするのが特徴。クアッドコアCPUの採用によってデータ転送速度・読み書きともに112MB/s以上と速いので、暗号化されたファイルも高速でやり取りができます。

独自の「Synology Hybrid RAID(SHR)技術」を搭載しているのもポイント。通常のRAIDシステムと異なり、各HDDの容量がバラバラでもRAID機能が使用可能。HDDの交換やアップグレードも簡単にできます。

キューナップ(QNAP) TS-231P

キューナップ(QNAP) TS-231P

初心者でも使いやすい2ベイモデルのNASキットです。専用アプリが充実しており、スマホやタブレットからも直感的な操作で管理できるのが特徴。また、既存のクラウドサービスとも簡単に連携できるので、データの一元管理が手軽に行えます。

本体前面のUSB3.0ポートに外付けHDDやデジカメなどのUSB機器を接続すれば、データをワンタッチでコピーが可能。複数デバイスからのファイル同期も簡単に行えます。

読み取り最大224MB/s、書き込み最大176MB/sを実現。DLNAにも対応しているので、自宅専用のマルチメディアサーバーとしても使えます。さらに、「Time Machine」でのバックアップも可能のため、Macユーザーにもおすすめです。

キューナップ(QNAP) TS-453Be-4G

キューナップ(QNAP) TS-453Be-4G

在宅で活動するフリーランスのプログラマーにおすすめのNASキットです。4台のHDDを格納でき、HDDの交換もフロントカバーを開けるだけと簡単。また、WindowsやLinux、Androidなど複数OSを動かせる仮想化プラットフォームとしても運用が可能なので、制作したアプリやウェブサイトの動作確認ができます。

DLNAやDTCP-IPに対応しているので、家庭用のマルチメディアNASとしても活躍。さらに、NAS内に保存した動画をスマホやタブレットで見る際、最適なファイル形式にリアルタイムで変換してくれるので、デバイスを気にすることなく動画が楽しめます。

拡張性の高さもポイント。別売りの無線ネットワークカードをインストールすれば、無線アクセスポイントとしても利用できます。

ネットギア(NETGEAR) ReadyNAS 214 RN21400-100AJS

ネットギア(NETGEAR) ReadyNAS 214 RN21400-100AJS

家族の思い出を長く安全に保管し続けられる高性能なNASキットです。4台のHDDを格納でき、合計で最大40TBまでの容量をサポート。また、初期設定はウェブブラウザで5回クリックするだけで簡単に完了できます。

データ自動修復機能の「ビットロットプロテクション」を搭載。長期間アクセスのないデータも破損を自動検出・修復してくれるので、たまにしか見ない大切な写真や動画の保管にもおすすめです。

RAID機能にも対応。加えて、スマホでの動画視聴時にファイル形式を最適化して途切れや中断を防ぐ、トランスコーディング機能も搭載されています。

アサスター(ASUSTOR) NIMBUSTOR 2 AS5202T

アサスター(ASUSTOR) NIMBUSTOR 2 AS5202T

プロゲーマーやゲーム実況者におすすめの高性能なNASキットです。デュアルコアCPUと2GBのメモリを搭載しており、ゲームなどで瞬間的に発生する高負荷のデータも高速に処理できます。

さらに、2.5GbE LANポートを2基使用したリンクアグリゲーションにも対応。最大5Gbpsのデータ転送が可能になるので、4K HDRのゲーム実況動画やライブストリーミングも即時にNASへ保存できます。

静音設計により、動作時の音が気にならないのもポイント。また、長時間の稼働でも本体が過熱しにくいように設計されているので、ゲームのパフォーマンスに影響を与えにくくプレイに没頭できます。