ネット経由で複数の端末とデータの共有ができる「ネットワークハードディスク(NAS)」。家庭用モデルは複雑な設定を必要としないので、手軽に導入できるのが特徴です。

そこで今回は、おすすめの家庭用ネットワークハードディスクをご紹介。種類や選び方、メーカーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ネットワークハードディスク(NAS)とは?

ネットワークハードディスクとは、有線または無線でネットワークに直接接続できるHDDのこと。ネットワークを経由して家庭内でファイルを共有したり、外出先から動画や音楽を楽しんだりと、自分だけのファイルサーバーとして活用可能です。

用途としてはオンラインストレージサービスと似ていますが、ネットワークハードディスクは月額料金などが不要で、サービスが終了するといった心配もありません。長期的な運用を考えている方におすすめです。

ネットワークハードディスクを使うメリット

ネットワークハードディスクを活用するメリットは、データの共有が簡単になることです。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したりと、さまざまな使い方ができます。

例えば利用シーンがオフィスの場合、ネットワークハードディスクを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、データの移行ができます。

ネットワークハードディスクの選び方

HDDが搭載されているかどうかで選ぶ

ネットワークハードディスクには、あらかじめHDDが搭載されている「完成品」と、HDDが別売りになっている「NASキット」の2種類があります。設定の仕様や拡張性が異なるので、用途に応じて選ぶようにしましょう。

RAID機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

「RAID」とは、データの自動バックアップを高速化する仕組みのこと。RAIDにはデータを複数のHDDに分散して保存する「RAID0」や、データを2台のHDDへ同時に書き込む「RAID1」など、いくつかのレベルに分かれています。

機種によって種類は異なるため、ネットワークハードディスクを選ぶ際にはどのRAIDに対応しているかをチェックすることも大切です。

HDDの搭載台数で選ぶ

By: amazon.co.jp

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、データバックアップを取りたいなら、HDDを2台搭載できる2ベイモデルがおすすめ。

HDDが2台あるタイプなら、ミラーリング(RAID1)設定にすることで自動的にデータのバックアップが取れます。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧が可能なので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

DLNA

「DLNA」は、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドラインのこと。DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、それらのファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

「DTCP-IP」とは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術です。著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応している必要があります。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されるので留意しておきましょう。

DTCP+

「DTCP+」とは、DTCP-IPの新バージョン。NASと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

ネットワークハードディスクのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

愛知県・名古屋に本社を置く、パソコン周辺機器メーカー「バッファロー」。1万円台で買えるリーズナブルなモデルをはじめ、屋外からネットワークハードディスクにアクセスできる高性能なモデルなど、多くの製品を取り扱っています。ネットワークハードディスクを使ったことがない方にもおすすめのメーカーです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

1976年に石川県で設立された「アイ・オー・データ」。PC周辺機器を取り扱う老舗メーカーのひとつで、ストレージ機器やディスプレイなどの分野で高く評価されています。

家庭用ネットワークハードディスクも豊富にラインナップしており、PC・スマホ向けモデル、テレビ録画向けモデル、音楽向けモデルと用途向けに分類されているのが特徴です。

シノロジー(Synology)

By: amazon.co.jp

「シノロジー」は企業用から家庭用まで、さまざまなNASキットを手掛けるメーカーです。設定をユーザーが自由にカスタマイズできる、先進的機能を搭載した製品が多いのが特徴。また、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|完成品

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション ネットワークHDD 2ドライブモデル LS520D0802G

高速デュアルコアCPUを搭載しており、1秒間に最大100MBの転送速度を誇る家庭用のネットワークハードディスク。動画やハイビジョン映像など容量の大きなデータも短時間でやり取りできます。

Windowsはもちろん、「TimeMachine」機能を備えているのでMacからでもバックアップが取れるのが特徴。「メディアサーバー」機能を活用すれば、保存した動画がテレビでも楽しめます。

HDDを2台搭載しており、データを二重で保存するRAID1に対応。片方のHDDが故障してもデータがなくなることがありません。また、用途に応じてRAID0に変更できるのもポイント。速さと安全性を兼ね備えたNASを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション RAID機能対応 ネットワーク対応HDD LS220D1202G

12TBの大容量で、パソコンの容量不足が解消できる家庭用のネットワークハードディスク。Wi-Fiを介してWindowsやMac、スマートフォンなどのデータが保存できます。また、「WebAccess」を活用すれば、外出先から保存データにアクセスできるのも特徴です。

地デジ番組の録画が行えるDTCP-IP機能を標準搭載。違う部屋で番組を楽しみたい場合にもおすすめです。また、地上デジタル番組以外にもBSデジタルやスカパー!チャンネルにも対応しています。

6TBのHDDが2つ搭載しており、ミラーリングに対応しているのが魅力。万が一片方のHDDが故障しても、新しいHDDに入れ替えることで自動的にリビルドが行われます。容量の大きなデータを扱う機会が多い方におすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション ネットワーク対応HDD LS210D0601G

TimeMachine機能に対応しており、WindowsのパソコンとMacの両方のバックアップ先に指定できるネットワークハードディスク。スマートフォンやタブレットのデータも保存できるので、複数のデバイスを持っている方におすすめです。

DLNAガイドラインに準拠したサーバー機能を搭載しており、パソコンやデジカメから保存した音楽や動画データがテレビなどで楽しめるのが特徴。視聴や鑑賞方法の幅を広げられます。

専用アプリのWebAccessを使用することで、外出先からNASに保存したデータへアクセスできるのもポイント。スマートフォンやタブレットから簡単に初期設定ができるので、初めてネットワークハードディスクを購入する方にもおすすめのアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDL2-AAX16

RAIDモードをRAID0に設定することで、1秒間に最大226.6MBのデータがやり取りできる家庭用のネットワークハードディスク。高性能のデュアルコアCPUを搭載しており、複数のデバイスから同時にアクセスしても速度が低下しにくいのが魅力です。

専用アプリ「Remote Link Files」をインストールすることで、外出時スマートフォンからでも保存したデータへアクセスできるのが特徴。また、データの保存も可能なので、クラウドストレージのように活用できます。

ボディの素材にはビジネスNASで用いられるモノと同じ板金を採用しているため、高い耐久性と耐衝撃性を持つのがポイント。底面にはゴム足を装備しており、振動によるパフォーマンス低下を低減します。容量の大きなデータを頻繁にやり取りする方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDL2-AA12/E

高性能デュアルコアCPUを採用しており、RAID0にすることで1秒間に最大116MBのデータがやり取りできる家庭用のネットワークハードディスク。本体裏面にはUSB 3.1 Gen 1ポートが1つ備わっており、USBハードディスクへの読み書きも素早く行えます。

アイ・オー・データ独自のデータ保護技術である「拡張ボリューム」に対応。2台のHDDへ同時に保存することで故障によるデータ紛失を防ぎます。また、読み込みの際は片方のHDDのみを使用し、故障時期を分散するのも魅力です。

フォルダ構成を保ちながらデータが移行できる「データコピー機能」を搭載。古いNASのデータを新しいNASへそのまま引き継げます。買い替えを検討している方にもおすすめのアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDL-TA4

プライバシー設定のひとつ「じぶんフォルダー」に対応している家庭用のネットワークハードディスク。ユーザー名とパスワードを設定するだけで、自分しかアクセスできない専用フォルダが作成できます。

ファンレス構造を採用しており、駆動音の低減を実現しているのもポイント。夜中など音が気になる時間帯にも気兼ねなく立ち上げられます。また、ファンから異物やホコリが入り込む心配がなく、故障のリスクが少ないのも魅力です。

LANケーブルと電源ケーブルを接続するだけで、誰でも簡単に設置できるのが特徴。管理者パスワードを設定するだけですぐに使い始められます。初めてNASを購入する方におすすめのアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HVL-AAS4

外付けHDDやレコーダーに録画した番組をダビングするのにおすすめの家庭用ネットワークハードディスク。DTCP-IP対応テレビに接続することで、録画したテレビ以外でもダビングした番組が楽しめます。

「nasne」や「ブルーレイディーガ」など、自動ダビングに対応した機器と接続することで、操作することなくダビングされるのもポイント。専用アプリの「Magical Finder」をインストールすることで、スマートフォンからも設定が行えます。

「PC TV Plus」に対応しており、保存した録画番組がWindowsパソコンでも視聴可能です。また、カテゴリー別にフォルダを作成して整理できるのもポイント。テレビ番組を録画する機会が多い方におすすめのアイテムです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|NASキット

シノロジー(Synology) DiskStation DS220+

シノロジー独自の「Synology Drive Client」を使用することで、WindowsやMacなど幅広いデバイスからバックアップが取れるNASキット。同期やバックアップがシームレスに行えます。

「Moments モバイルアプリ」を使用し、「Photo Backup」を有効にすることで、元写真の画質そのままでバックアップできるのが特徴。アプリケーション内でファイルを探す際も、検索バーにキーワードを入れることで簡単にアクセスできます。

何度もログインを試みる不審なユーザーのIPアドレスを自動的にブロックする機能が備わっているなど、セキュリティの高さも魅力。柔軟性と安全性を兼ね備えているアイテムです。

シノロジー(Synology) DiskStation DS218play

1.4GHzのクアッドコアCPUを搭載しており、1秒間に最大112MBの読み書き速度を誇るNASキット。再生時間の長い動画や高音質な音楽など、容量の大きなデータを扱うのにおすすめの製品です。

シノロジー独自のDiskStation Managerを搭載しており、バックアップやファイルサーバーの管理が感覚的な操作で行えるのが特徴。また、「QuickConnect」により、複雑な設定をすることなく保存したデータにアクセスできます。

専用のアプリを使えば、外出先からでもスマートフォンから保存データにアプローチできるのも魅力。また、ボディにインジケーターが搭載されており、LANやドライブなどの状態が一目で視認できるのもポイントです。

シノロジー(Synology) DiskStation DS220j

DiskStation Managerを搭載しているので、誰でも直感的にデータのバックアップが取れるNASキット。1.4GHzのクアッドコアCPUを備え、1秒間に112MB以上の書き出し性能を持っているのが特徴です。

1つのデータを2つのHDDに書き込むRAID1に対応。突然のドライブ障害を回避して大切なデータを保護します。また、シノロジー独自の技術「Synology Hybrid RAID」対応で、簡単にRAIDタイプが切り替えられるのも魅力。初めてNASキットを購入する方におすすめです。

キューナップ(QNAP) TS-453Be

1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載しており、1秒間に最大225MBの読み書き速度を実現している家庭用のネットワークハードディスク。「Intel AES-NIハードウェアアクセラレート暗号化」に対応しており、安全にデータが保存できるのも魅力です。

システム状態やメタデータを記録するスナップショットを搭載。ファイルを誤って消したり変更したりしてしまっても、以前の状態に素早く戻せるのがポイントです。大切なデータを確実に保護したい場合におすすめのアイテムです。

キューナップ(QNAP) TS-251D

インテルの2.0GHzデュアルコアプロセッサと最大8GBのDDR4 RAMが備わっているNASキット。1秒間に最大982MBのダウンロード速度と892MBのアップロード速度を誇ります。

写真管理アプリ「QuMagie」を搭載しているため、保存した写真に地理情報などのタグ付けを行えるのが特徴。顔認識などの技術も備わっています。目的の写真へ簡単にアクセスできるのが魅力です。

本製品だけでなく、リモートサーバーやクラウドストレージへも手軽にバックアップできるのもポイント。突然の故障や災害時でも大切なデータが失われることがありません。スピードと安全性を兼ね備えるアイテムです。

キューナップ(QNAP) TS-451+

「QNAP NetBak Replicator」対応で、動画やドキュメントなどのデータだけでなくWindowsにあるスケジュールもバックアップできるNASキット。TimeMachine対応で、Macユーザーも使用できます。

キューナップ独自の検索アプリ「Qsirch」を活用することで、目的の保存データへ素早くアクセスすることが可能。検索履歴を記憶できるので、過去に検索したデータもすぐに見つけられます。

2段階検証やIPブロッキングなど、さまざまなセキュリティオプションに対応しているのもポイント。保存データは暗号化されるので、本製品自体が盗まれてしまった際のデータ漏洩リスクを軽減できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 超高速2ドライブ NASキット HDL2-AA0/E

内蔵HDDのないドライブレスモデルで、好みに合わせて構築できるNASキット。リプレイス時に役立つデータコピー機能が備わっていて、古いNASからの買い替えを検討している方におすすめです。

ボディにビジネス用のNASに採用されている板金を採用しているほか、内部構造を分厚くするなど耐久性や堅牢性は良好。外部からの衝撃によるデータ破損を防ぎます。また、底面にはゴム足が付いており、振動に強いのも特徴です。

高性能デュアルコアCPUを搭載しており、RAID0設定時に1秒間最大116MBの読み込み速度を発揮します。また、データ保護機能の拡張ボリュームやRAID1にも対応。ビジネスなどで使う大切なデータを保管するのにおすすめのアイテムです。

ASUSTOR AS3102T v2

インテルのデュアルコアプロセッサと2GBのデュアルチャンネルメモリを搭載しているNASキット。RAID1ながらも1秒間に113MBの読み込みと110 MBの書き込み速度を実現しています。

音楽プレーヤーの「SoundsGood」を使用すれば、NASに保存している音楽がインターネット経由で聴けるのがポイント。また、「AiMusic」アプリを使えば、直接音楽をストリーム配信することもできます。さまざまなジャンルの音楽を聴く方におすすめのアイテムです。

ネットワークハードディスク(NAS)のAmazonランキングをチェック

ネットワークハードディスク(NAS)のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。