ネット経由で複数の端末とデータの共有ができるHDDの「ネットワークハードディスク(NAS)」。家庭用モデルは複雑な設定を必要としないので、手軽に導入できるのが特徴です。

そこで今回はおすすめの家庭用ネットワークハードディスクをご紹介。種類や選び方、メーカーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ネットワークハードディスク(NAS)とは?

By: amazon.co.jp

ネットワークハードディスク(NAS)とはネットワーク接続して利用するHDDのこと。一般的な外付けHDDと異なり、パソコンやスマホ、タブレットなどのネットワーク経由で自由にデータの保存や読み込みができます。以前は高価でしたが、近年は低価格化が進み、家庭用でも大容量ストレージのモデルが登場しています。

ネットワークハードディスクを使うメリット

ネットワークハードディスクを活用するメリットは、データの共有が簡単になることです。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したりと、さまざまな使い方ができます。

例えば利用シーンがオフィスの場合、ネットワークハードディスクを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、データを移行することができます。

ネットワークハードディスクの選び方

HDDが搭載されているかどうかで選ぶ

ネットワークハードディスクには、あらかじめHDDが搭載されている「完成品」とHDDが別売りになっている「NASキット」の2種類があります。設定の仕様や拡張性が異なるので、用途に応じて選ぶのが重要です。

RAID機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

「RAID」とは、データの自動バックアップを高速化する仕組みのこと。RAIDにはデータを複数のHDDに分散して保存する「RAID0」やデータを2台のHDDへ同時に書き込む「RAID1」など、いくつかのレベルに分かれています。機種によってその種類は異なるため、ネットワークハードディスクを選ぶ際にはどのRAIDに対応しているかをチェックすることも大切です。

HDDの搭載台数で選ぶ

By: iodata.jp

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、安心してデータバックアップを取るなら、HDDが2台搭載できる2ベイモデルがおすすめです。

HDDが2台あるタイプならば、ミラーリング(RAID1)設定にすることで自動的にデータがバックアップされます。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧が可能なので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

By: iodata.jp

家庭用NASの多くは、動画や音楽などのファイルを気軽に楽しめる「マルチメディア機能」を備えています。しかし、対応している方式によって利用可能なファイルや配信できる範囲が異なるため、注意が必要です。

DLNA

DLNAは、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドライン(基本ルール)のこと。DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、それらのファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

DTCP-IPとは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術。

著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応していなければなりません。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されます。

DTCP+

DTCP+とは、DTCP-IPの新バージョン。NESと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

ネットワークハードディスクのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

「エレコム」は大阪府に本社を置くメーカー。パソコン周辺機器を豊富に取り扱っているほか、イヤホンやスピーカーなどのオーディオ機器、スマホやタブレットのアクセサリーなど、幅広いアイテムをラインナップしています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

「バッファロー」は愛知県に本社を置くパソコン周辺機器メーカー。シンプルなモデルから多機能なモノまで豊富なラインナップを取り揃えています。特にWi-Fiルーターは人気で、使いやすさと快適さを兼ね備えたアイテムを取り揃えています。

シノロジー(Synology)

By: amazon.co.jp

「シノロジー」は企業用から家庭用までさまざまなNASキットを手掛けるメーカー。設定をユーザーが自由にカスタマイズできる先進的機能を搭載した製品が多いのが特徴。また、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

アイ・オー・データ(IODATA)

By: iodata.jp

「アイ・オー・データ」は1976年に石川県で設立されたパソコン周辺機器の老舗メーカー。シンプルな構造をしたアイテムを数多く手掛けているのが特徴です。国内に拠点を持ち、カスタマーサポートがしっかりしていることでも知られています。

キューナップ(QNAP)

By: amazon.co.jp

「キューナップ」は台湾に本社を持つNASキットメーカー。ユーザー目線に立ったユニークな製品を数多く手掛けています。主に家庭用のアイテムを扱っていますが、そのスペックは企業用モデルと遜色ないほどにハイスペックです。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

「ネットギア」はアメリカに本社を置くネットワーク機器専門のメーカー。ビジネスモデルの製品を数多く手掛けていますが、近年では家庭向け製品の開発にも着手。データの保護や通信速度を重視したい方におすすめです。

アサスター(ASUSTOR)

By: amazon.co.jp

「アサスター」はプライベートクラウドストレージとビデオ監視ソリューションで知られる企業。家庭用から企業向けまで豊富なNASキットを手掛けているメーカーです。

メーカーのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) 2ベイLinux搭載NAS 2TB NSB-5A2T2BL


高性能CPUを搭載した2TBのNASです。Annapurna Labs社のマルチコアプロセッサを採用することで、ギガビットインタフェースの限界に迫る転送速度を実現。大容量データのアップロード・ダウンロードも快適に行えます。また、NAS専用のHDD「WD RED」を採用しているのもポイント。長時間にわたる連続稼働にも対応可能です。

「RAID1」と「RAID0」の2つのモードに対応。複数のHDDに同じデータを保存するRAID1は、大切なデータを保管したいときに便利です。一方、データを分割して保存するRAID 0は書き込み・読み込み速度が速いので、大容量のファイルを扱う場合に向いています。使い勝手がよく、信頼性の高いNASを探している方におすすめです。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|完成品

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション LS210DG

Wi-Fi経由でデータの保存ができる家庭用ネットワークハードディスク。複数台のパソコンやスマホ、タブレットからデータを保存したり共有したりすることができます。WindowsとMacの双方に対応しており、バックアップ先に設定できる点にも注目です。

保存した動画や音楽をテレビで楽しめるメディアサーバー機能を搭載。録画番組などを他のテレビから観られる「DTCP-IP」にも対応しており、さまざまな楽しみ方が可能です。価格は1万円台とリーズナブルなので、初めてNASを導入したいと考えている方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) リンクステーション LS520DG

デュアルコアCPU搭載の家庭用ネットワークハードディスク。複数台が同時にアクセスしても速度が遅くならず、スムーズに通信できるのが特徴です。

複数のHDDに同じデータを保存するRAID1に対応。1台が故障してもデータが完全に消えることがないので安心です。保証期間は1年あり、万が一データが消えてしまっても保証期間内での軽度障害であれば無償でのデータ復旧サービスが受けられます。なお、本製品シリーズの容量は2・4・6・8TBをラインナップ。使いやすく、信頼性の高いアイテムを使いたいという方におすすめです。

アイ・オー・データ(IODATA) LAN DISK HDL-TA2

プライバシー保護に配慮した家庭用ネットワークハードディスク。管理者がユーザー登録やアクセス権を設定せず、利用者がユーザー名とパスワードを設定するだけで自分専用の保存フォルダを作成できるのが魅力です。

パソコンやスマホ、タブレットから同時にアクセスでき、特にスマホからはQRコードを読み取るだけでアクセスすることが可能。初心者でも簡単に設定できます。ガイドブックが付属しているのでスムーズに使い始められるのもポイント。価格も1万円台とリーズナブルなので、初めて家庭用ネットワークハードディスクの購入を検討している方におすすめです。

アイ・オー・データ(IODATA) LAN DISK A HDL2-AA4/E

通信スピードが高速の家庭用ネットワークハードディスク。高性能デュアルコアCPUの「Marvell Armada382 88F6821」を搭載しており、読み込み速度は1秒当たり116MBです。

RAMを512MB標準で実装しており、メモリーの消費を抑えた設計になっているのもポイント。ひとつのファイルを2台のHDDに同時に書き込む「RAID1」に対応しているので、データを安全に保管できます。なお、内蔵HDDは工具なしで交換することが可能。容量の拡張も簡単に行えます。完成品ながらもカスタマイズ性に優れている製品です。

ネットワークハードディスクのおすすめモデル|NASキット

シノロジー(Synology) DiskStation DS218j CS7088

デュアルコアCPU搭載の多機能NASキット。「Googleドライブ」や「Dropbox」など、さまざまクラウドサービスに対応しているアイテムです。Windows・Mac・Linuxの保存先として設定することが可能。異なるデバイスから同じファイルにアクセスできるのも魅力のひとつです。

画面はシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に扱うことが可能。直感的な操作が行えるのもポイントです。ニーズに応じて機能を追加できるなど自由度も高く、自分好みにカスタマイズしたいという方におすすめの製品です。

シノロジー(Synology) DiskStation DS119j

シンプルで誰でも簡単に操作できる家庭用NASキット。複雑なネットワーク設定なしにデータへアクセスできます。消費電力が少ないので経済的に使えるのも魅力です。

セキュリティツールは常に更新されるので安心してデータの保存・シェアをすることが可能。直感的で使いやすい専用OS「Disk Station Manager」を搭載しており、誰でも簡単に操作できます。価格も1万円台と安価なので、コスパ重視でネットワークハードディスクを導入したい方におすすめです。

アイ・オー・データ(IODATA) LAN DISK A HDL2-AA0/E

ドライブレスモデルのNASキット。お好みの内蔵HDDで構築できる製品です。2本のHDDを片方ずつ交換することで、データを保持したまま容量を増やすことが可能。簡単に容量が拡張できるのが魅力です。

ひとつのファイルを2台のHDDに同時に書き込む「RAID1」に対応。万が一片方のハードディスクが破損してもデータは安全に保護されます。筐体の素材には企業向けモデルと同水準のメタルパーツを採用。衝撃に強く、耐久性も良好です。

キューナップ(QNAP) TS-431P

「One Drive」や「DropBox」など、さまざまなサービスと連携できるNASキット。「iTunes」や「TimeMachine」にも対応しているのでMacユーザーにもおすすめです。スマホやタブレットからはアプリで簡単に初期設定ができ、バックアップやシェアもアプリ経由で効率よく対応することができます。

また、「RAID1」に対応しているので、仮にHDDが1本破損してもデータは安全に保護されるのが魅力のひとつ。また、履歴を遡ってファイルを復元できるスナップショット機能を搭載しているので、誤ってデータを消してしまっても安心です。使い勝手がよいネットワークハードディスクを探している方におすすめです。

ネットギア(NETGEAR) ReadyNAS 212 RN21200-100AJS

初期設定が簡単な家庭用のNASキット。基本設定はWebプラウザで5回クリックするだけと容易で、誰でもすぐに導入できるのが魅力です。「ReadyCLOUD」というアプリで操作ができるので、スマホやタブレットからいつでもどこからでも保存したデータにアクセスすることができます。

データの破損・劣化に対しては自動修復で対応することが可能。過去に残した思い出の写真や動画を保存しておくのにも適しています。

アサスター(ASUSTOR) AS1004T v2

デュアルコア1.6GHzプロセッサーを搭載している家庭用のNASキット。読み取りスピードは1秒あたり110MB以上、書き込みスピードは1秒あたり98MB以上と高速対応できるのが特徴です。

システムの初期化とインストールや電源管理、ファームウェアの更新など、あらゆる操作をスマホやタブレットで対応できるのも魅力。利便性の高いネットワークハードディスクです。