LANを介して、複数のパソコンとデータ共有できるHDD「NAS」。データを共有するという点では自宅サーバーと同じですが、NASならば複雑な設定をする必要がありません。また、特別な維持管理も不要。気軽に導入できるのがNASの特長です。そこで今回は、メリットや選び方のポイントと合わせて、おすすめの家庭用NASをご紹介します。

NASとは?

By: amazon.co.jp

NASとは、「Network Attached Storage」の略で、ネットワーク上(LAN)に接続して利用するHDDのことです。一般的な外付けHDDと異なり、ネットワークで接続されている複数のパソコンやスマホ、タブレットなどで自由にデータの保存や読み込みができます。以前は高価な設備でしたが、近年は低価格化が進み、家庭用大容量ストレージの新たな選択肢として注目されています。

NASを使うメリット

複数のデバイスでデータ共有ができる

By: buffalo.jp

NASの最も大きなメリットは、データの共有が簡単になることです。例えば、写真や動画などのコンテンツを家族でシェアしたり、デスクトップパソコンとノートパソコンのストレージを一本化したり、さまざまな使い方があります。

利用シーンがオフィスの場合、NASを使えば複数のパソコンとファイルやデータを自由に移行することが可能。USBメモリや外付けHDDを介することなく、安全にデータを移行することができます。よって、PC作業の効率化を目指している方におすすめです。

大切なファイルを安全にバックアップできる

By: iodata.jp

お気に入りの写真や音楽、動画などのバックアップができるので、大切なファイルやデータを守ることができます。自宅のパソコンで仕事をする方には特におすすめです。

データを自動的にバックアップする「ミラーリング」機能を有するNASならば、いざというときの被害を最小限に抑えられるだけでなく、パソコンが壊れた際の復旧作業も短時間で済みます。

スマホやタブレットからも利用できる

By: buffalo.jp

NASは、スマホやタブレットとも簡単にデータを共有できます。NASに動画や音楽を保存して、Wi-Fiネットワークで接続すればモバイル端末でも手軽にファイルを再生することが可能です。

また、NASにデータを保存すれば、スマホやタブレットが抱えるストレージ容量の不満も解消されます。さらに、WEBアクセス機能を有するNASの場合、外出先からも気軽にアクセスできるのが魅力。ちょっとした移動時間や空き時間などに、録画したテレビ番組を見たい方にもおすすめです。

NASの選び方

HDD搭載の有無で選ぶ

NASには、HDD搭載の「完成品」とHDDが別売の「NASキット」があります。それぞれ、設定のしやすさや拡張性などに違いがあるので、自分の用途を考えて選ぶことがポイントです。

HDD内蔵の「完成品」モデル

By: amazon.co.jp

完成品は、買ってすぐに使い始められる手軽さが特長。ラインナップも豊富で、用途に合わせてHDDの容量や機能を選べます。初めてNASを導入する方におすすめです。ただし、完成品はストレージを交換・換装するとメーカーサポートが切れてしまう可能性があるので、留意しておきましょう。

HDD別売の「NASキット」モデル

By: qnap.com

NASキットは、ケースのみでHDDは別売りのタイプ。導入の手間はありますが、HDDの容量や性能、メーカーなど自由に選んで装着できるのが魅力です。なお、HDDの組み合わせ次第では「完成品」よりもコストを抑えることができます。

HDDの搭載台数

By: iodata.jp

NAS選びでは、HDDの搭載台数も重要なポイント。HDDを格納する部分を「ベイ」と呼び、HDDが1台の場合なら1ベイです。安価で手軽な1ベイモデルも便利ですが、安心してデータバックアップを取るなら、HDDが2台搭載できる2ベイモデルがおすすめです。

HDDが2台あるタイプならば、ミラーリング(RAID1)設定にすることで自動的にデータがバックアップされます。一方のHDDが故障しても、もう一方の正常なHDDからデータ復旧が可能なので安心です。

マルチメディア機能で選ぶ

By: iodata.jp

家庭用NASの多くは、動画や音楽などのファイルを気軽に楽しめる「マルチメディア機能」を備えています。しかし、対応している方式によって利用可能なファイルや配信できる範囲が異なるため、注意が必要です。

DLNA

DLNAは、パソコンやスマホをはじめ、デジタルAV機器などでマルチメディアファイルを共有するためのガイドライン(基本ルール)のこと。DLNAに対応した、デジタルAV機器やパソコン、スマホなどのアプリがあれば、それらのファイルを再生することが可能です。著作権保護されたコンテンツを楽しむためには、「DTCP-IP」か「DTCP+」に対応している必要があります。

DTCP-IP

DTCP-IPとは、地上デジタル放送などの録画データなど、著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワーク上で利用するための技術。

著作権保護されたコンテンツを複数のデバイスで楽しむためには、それぞれの機器がDTCP-IPに対応していなければなりません。利用範囲は自宅内のネットワーク内に限定されます。

DTCP+

DTCP+とは、DTCP-IPの新バージョン。NESと携帯端末がDTCP+に対応していれば、家庭内ネットワークだけでなく、インターネットを経由して外出先でも著作権保護のある動画や音楽を気軽に楽しめます。

NASのおすすめモデル(完成品)

アイ・オー・データ(I-O DATA) LAN DISK 2TB HDL-T2NV

LANケーブルをつないで数クリックするだけで、すぐに使える「LAN DISKコネクト」機能が便利。インストールなどの細かい作業は不要なので、手軽にNASを試してみたい方におすすめです。

保存したデータは、Dropboxなどのオンラインストレージサービスと自動同期することが可能。大切なデータを二重に管理できるので、HDDの破損をはじめ、震災によるデータ消失のリスクにも対応できます。

ウェスタンデジタル(WESTERN DIGITAL) WD Cloud 3TB WDBAGX0030HWT-JESN

手軽に使える家庭用NASを探しているなら「WD Cloud」がおすすめです。セットアップは、わずか3ステップというお手軽さが魅力。高速通信規格のギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応しているので、大容量のファイルにもスムーズにアクセスできます。

なお、データにアクセスする際にはパスワードが必要なため、セキュリティ面も安心。また、USB接続の外付けHDDを接続することで容量拡張も可能など、使い勝手も良好でおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) Link Station MyBox 2.0TB LS411D0201X

DTCP+規格に対応している家庭用NASです。専用アプリ「DiXiM Play SE」を使えば、外出先でもスマートフォンを通して、NASに保存した映画や音楽などのコンテンツを気軽に楽しめます。

最大の特長は、動画データをスマートフォン・タブレットサイズに圧縮してくれる「トランスコーダー」機能。リモートアクセスした際も、途切れずに動画を視聴できます。

アイ・オー・データ機器(I-O DATA) LAN DISK 4TB HDL2-AA4

ひとつのデータを2台のHDDに保存してバックアップを行う「ミラーリング」機能を有したハイエンドモデル。外装部分には分厚い金属を使用しており、耐衝撃性は十分です。物理的なデータ消失リスクに備えられるのは大きなメリットといえるでしょう。

また、内蔵のHDDを簡単に換装できる拡張性の高さもポイントで、容量が少なくなってきたときも安心。完成品とNASキットのいいとこ取りをしたコストパフォーマンスの高い製品です。

バッファロー(BUFFALO) Link Station 4.0TB LS520D0402

デュアルコアCPU搭載したモデル。家族がそれぞれ複数のデバイスから同時にアクセスした場合でも、写真・動画・音楽を快適に楽しめます。DTCP-IP対応のため、レコーダーに録画した番組の配信も可能。メディアサーバー用としておすすめです。

2台のHDDを搭載。購入時は自動でバックアップを行うミラーリングモード(RAID 1)が標準設定にされていますが、この機能を切れば、高速で読み書きできるモード(RAID 0)にすることができます。利用スタイルに応じて使い分けましょう。

NASのおすすめモデル (NASキット)

シノロジー(Synology) DiskStation DS216j

シノロジーの「DS216j」は、完成品のNASからのステップアップに最適な2ベイNASキット。基本性能とコスパの高さで人気のモデルです。

デュアルコアCPUを搭載し、同時アクセスしても動作もサクサクと快適。設定画面や専用のモバイルアプリはシンプルで操作も簡単など、使いやすさが好評です。

独自のオペレーティングシステム「Synology DSM」は、デスクトップのバックアップ、ファイル管理と共有サービス、マルチメディアなど一括管理が可能です。別途パッケージを購入することでDTCP-IPに対応。強力なメディアサーバーとして機能します。基本性能とコスパを重視する方におすすめです。

キューナップ(QNAP) SOHO/ホーム用 2ベイNASキット TS-231P

「TS-231P」は、高性能な入門機として選ばれているNASキット。前面から簡単にアクセス可能なトレイ式ホットスワップベイを2機搭載しています。本体の電源を落とさずHDDの換装ができる使い勝手のよさが特長です。

本製品はさらに、アプリを追加することで機能を強化できるのも魅力。「App Center」からアプリを追加することで、Googleドライブなどのクラウドストレージとの連携や、映像や音楽のストリーミング再生など、NASの機能を拡張できます。NASキット初心者からパソコンの中級者まで、幅広い層におすすめです。

NASのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

NASのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。