HDDと同程度の容量を持ち、高速にデータを読み書きできる「SSHD」。とはいえ、製品によって回転数やキャッシュ、細かい規格の違いなどがあって、どれを選べばよいのか分からない方も多いのでは。

そこで今回は、おすすめのSSHDをご紹介。ノートパソコン・デスクトップパソコン・ゲーム機器などに適したSSHDをインチサイズごとにラインナップしたので、購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

SSHDとは?

By: seagate.com

SSHDとは、「Solid state Hybrid Drive」の略で、小型のSSDである「NAND型フラッシュメモリ」を、母体のHDD上へ搭載した補助記憶装置のことです。別名「ハイブリッドSSD」とも呼ばれ、HDDのメリットである容量の大きさと、SSDのメリットである読み書きスピードの速さの両方の利点を生かして使えます。

長期的なデータ保存は母体であるHDD領域で行いますが、一時的なデータ保存は、SSD領域を使用するのが特徴。SSHDは、大容量データを保存できるだけでなく、パソコンの起動も早められる、まさに両者のいいとこ取りをした補助記憶装置です。

SSHDのメリット・デメリット

メリット

SSHDを使用するメリットのひとつに、データ読み書き速度の高速化が挙げられます。基本的に長期間使わないデータはHDD部分に保存されますが、特定のWebサイトやパソコンの起動など、頻繁に利用するデータはフラッシュメモリ部分にキャッシュされるため、立ち上げ時の起動速度を早められるのがポイントです。

また、大容量データを保存できるのもSSHDのメリットのひとつ。動画編集をしたり、ゲームを大量に保存したりしたい方でも十分に使用できます。

さらにコストパフォーマンスに優れているのも特筆すべき点。HDDと比べてもそれほど高くなく、よい性能の製品を購入可能です。

デメリット

ストレージにSSHDを選ぶデメリットは、HDDのデメリット同様に衝撃に弱く、発熱量が多いことです。データを記録する磁気ヘッドが衝撃に弱いほか、消費電力が多く発熱しやすいため、パフォーマンスの低下を招くこともあります。また重量が大きいため、SSDから乗り換える方は、以前よりも機器全体が重く感じてしまうことも。

さらに、HDDやSSDに比べると製品ラインナップが少ない点も挙げられます。価格は一般的にHDDよりも高いので、必要なスペックとコストパフォーマンスを吟味しながら購入するようにしてみてください。

SSD・HDDとの比較

SSHDのデータの読み書き速度は、HDDよりも速く、SSDよりも遅い特徴を持ちます。データの記憶容量はHDDと同様に大容量なので、動画や写真をたくさん保存しつつ、パソコンの起動速度を上げたい場合に選ぶのが最適です。

SSHDはHDDやSSDと比べて、データの読み書き速度や価格が中程度なので、両者のメリットを折衷して使いたい方におすすめです。

SSHDの選び方

利用機器に合う規格を選ぶ

ノートパソコンやゲーム機に適した「2.5インチ」

ノートパソコンやゲーム機など、ストレージを配置するスペースが少ないときは、2.5インチのSSHDを選ぶのがおすすめ。2.5インチのSSHDは直径約6.4cmで、サイズの小さい通信機器に搭載されます。

2.5インチのSSHDは、3.5インチのモノと比べて、低電力で対衝撃性に優れているのが特徴。SSHDを購入する前に必ず、所有する通信機器に搭載されるストレージのサイズを確かめるようにしてみてください。

デスクトップPCへの換装には「3.5インチ」

デスクトップPCなど、ストレージを配置するスペースを十分に確保できる機器には、3.5インチのSSHDがおすすめ。3.5インチのストレージを標準搭載する通信機器に、2.5インチのSSHDを換装もできますが、3.5インチSSHDの方が平均性能が高く、価格が安い傾向があります。

なお、3.5インチSSHDは直径約8.9cm。ストレージの配置場所を十分に確保できる通信機器を所有していれば、迷わず3.5インチのSSHDを選びましょう。

用途に合った容量を選ぶ

SSHDにはHDDの磁気ディスクを搭載し、たくさんデータを保存できるのが特徴。テキストデータや写真、音楽など、比較的小容量のデータを保存する場合は500GB〜1TBのSSHDを選ぶのがおすすめです。

また、小容量のデータを大量に保存したり、動画やゲームなど容量が大きいデータを保存したりする場合は、2TB以上のSSHDを選ぶのがおすすめ。特にゲームソフトの容量は、小さいモノで1本あたり6GB、大きいモノで1本あたり40GB以上とさまざまです。

一般的に、容量が増えれば増えるほど価格が高くなる傾向にあるので、保存するデータの種類や量に合わせて最適な容量のSSHDを選びましょう。

主なスペックをチェック

回転速度

回転速度は1分間にHDDやSSHDのディスクが何回転したかを表し、単位に「rpm」が使われます。「rpm」の数値が大きければ大きいほど、データの処理速度や転送速度が速くなるのが特徴。

市販で購入できるSSHDの代表的な回転数には「5400rpm」「7200rpm」の2種類があります。7200rpmのSSHDの方が、データアクセスまでの時間が速いものの、発熱量が多く駆動音が大きい点に留意が必要。

しかしSSHDは、頻繁に使うデータへのアクセスを、SSDで使用するNAND型フラッシュメモリで行うので、簡易的な通信であればディスクの回転数を気にせずに高速通信を行えます。あまり使わない大量のデータにアクセスする機会が多いときなどは、SSHDに表記されている回転数をチェックしながら選んでみてください。

キャッシュ容量

By: amazon.co.jp

ストレージに使われる「キャッシュ」は「バッファ」とも呼ばれ、データを転送する際に一時的に保存されるメモリのことを指します。キャッシュ容量が多ければ多いほど、一度にたくさんのデータをやり取りでき、転送速度が速いのが特徴。

市販のSSHDのキャッシュは64〜256MBのモノが一般的です。データの転送速度はSSDに劣りますが、できるだけ高い数値のキャッシュ容量をもつSSHDを選ぶことで、読み書きのスピードが向上します。

インターフェースと転送速度

SSHDに使われる代表的なインターフェースは「SATA(Serial ATA)」規格です。古くから使われた「IDE」規格よりも、データの転送速度が速いのが特徴。SATA規格には「SATA」「SATAII」「SATAIII」の3バージョンがありそれぞれ下位互換できます。

初期バージョンの「SATA」は1.5GB/s、「SATAII」は3.0GB/s、「SATAIII」は6.0GB/sの速度でデータを転送し、例えばSATAとSATAIIで接続すれば1.5GB/sの速度でデータ転送を行うのが特徴です。

もし、所有する機器のマザーボードがIDEのみの対応であったら、変換ケーブルを購入することでSSHDを換装できます。できるだけ上位のSATA規格を選択し、快適な転送速度を目指すのがベストです。

SSHDのおすすめメーカー

シーゲート(SEAGATE)

By: amazon.co.jp

シーゲートはアメリカで創業されたハードディスクドライブ製造メーカー。SSHDのほか、HDDやSSDを販売しています。シーゲートのSSHDは、容量や機能が違う製品が豊富に揃っているので、機能や容量にこだわりがある方は、本メーカーを選択するのがおすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は日本の大手電機メーカー。HDDやSSD、SSHDといったストレージを販売・製造しています。東芝のSSHDは、壊れにくく長く安心して使えるのが特徴。ストレージが故障した経験がある方などは、東芝のSSHDを使うのがおすすめです。

SSHDのおすすめ|2.5インチ

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 2.5″ ST2000LX001

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 2.5" ST2000LX001

シーゲートのなかで2TBの容量を有するSSHD。ノートパソコンやゲーム機に収まるサイズなので、ゲームや動画を大量に保存したいときに活躍します。インターフェースはSATAIIIで6.0GB/sと高速にデータ転送できるのが特徴。

また、キャッシュ容量が128GBあり、キャッシュに保存した情報を一度にたくさん取り出せるのが魅力です。データの読み書きが速いので、ゲームやアプリケーションの起動が早まり快適に操作できます。

本製品の回転速度は5400rpm。頻繁に使うデータであればフラッシュメモリで高速に読み書きするので、パソコンの起動やデータの読み込みが非常にスムーズです。価格は約1万円前後で購入可能。キャッシュ容量が多く、高速転送ができるおすすめのSSHDです。

シーゲート(SEAGATE) fireCuda 2.5 ST1000LX015

シーゲート(SEAGATE) fireCuda 2.5 ST1000LX015

HDDよりも高速に通信しながら、大量のデータを記憶できるSSHDです。映画や撮影した動画をひとつのストレージに保存して、長期間見続けられます。

シーゲートのFireCudaシリーズは、読み込み速度が優れているため、ゲームの起動やロードが速く快適。ゲーマーはもちろん、クリエイティブな動画編集をする方でも安心して使えます。

本製品のインターフェースはSATAIIIで、6.0GB/sの高速な転送速度。マザーボードの取り付け部がSATAIIIに対応していれば、速度を落とすことなく通信できます。ゲーミング用途で使いたい方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) SSHD MQ02ABD100H

東芝(TOSHIBA) SSHD MQ02ABD100H

1TBの容量と高速データ通信を実現した、おすすめのSSHD。1TBあるので動画やゲームをたくさん保存できます。また、本製品のインターフェースはSATAIIIに対応。通信先のバージョンが対応していれば、高速にデータ転送できます。読み書きの性能は、東芝の従来HDD製品よりも約3倍高速化し、アプリケーション起動時間が40%程短縮されるので、コストを抑えながら高機能で使えるのが魅力。

キャッシュ容量は64MBと、データ転送を問題なく使えます。一度使ったデータを瞬時に取り出し、快適に使えて便利。ほかの製品に比べて少し高価ですが、機能性に優れたおすすめのモデルです。

SSHDのおすすめ|3.5インチ

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 3.5″ ST2000DX002 2TB

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 3.5" ST2000DX002 2TB

デスクトップパソコンへの使用に最適な、おすすめの3.5インチSSHD。厚さが7mmながら、2TBの大容量。無駄にスペースをとらずに、気軽に設置できて便利です。写真や音楽、動画を大量に保存したい方におすすめ。

また、本製品はゲーム用に設計されているのが最大の特徴です。HDDを使うよりも、読み込み時間が速いのが魅力。シーゲート独自の「AdaptiveMemory」技術によって、よく使うファイルがSSDメモリに保存され、起動速度が改善します。

さらに、ドライブの寿命を延ばす「GreenHybrid」機能を搭載。7200rpmの回転速度ながら消費電力を抑えるので、ドライブの持ちがよく安心して使えるのが魅力です。保証は5年と、長期間故障に悩む心配がありません。ゲーミングに適した、長く安心して使えるおすすめのSSHDです。

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 3.5″ ST1000DX002 1TB

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 3.5" ST1000DX002 1TB

シーゲートの3.5インチモデルのなかで1TBの保存ができる、おすすめのSSHD。容量が大きいゲームや撮影した動画を、大量に保存できて便利です。本製品もゲーミングに適した設計なので、専用のゲーム機器への換装におすすめ。もちろん、デスクトップパソコンへも設置できます。

また、本製品は「フラッシュ・アクセラレーテッドHDD」技術を搭載。パソコンの読み書き時に発生する電力と発熱量を軽減し、快適にパソコンを使ったりゲーム機器を動かせたりします。電源を切った直後にストレージ部分が熱すぎることがなく安心です。

HDDの製品と比べると、本製品は最大5倍の高速転送ができ、大容量ながら読み書きを素早く行えるのが魅力。価格も手頃で、2TBの同シリーズよりも安く購入できる、おすすめのSSHDです。

シーゲート(SEAGATE) Desktop SSHD ST4000DX001

シーゲート(SEAGATE) Desktop SSHD ST4000DX001

4TBの大容量を備えた、おすすめのSSHDです。大きい容量のゲームや動画を大量に保存しても、十分に余るくらいの空きデータを確保でき、ストレージを気にせず安心して使えます。

インターフェースはSATAIIIなので、接続先次第では高速な6GB/sで転送可能。HDDと同程度の容量で、高速にデータを読み書きしたい方に適しています。

データの読み書き速度を左右する回転速度は5900rpmで、通常の5400rpm製品と同程度の性能を発揮します。数値が高いモノよりも低電力、低発熱で安心。高価ではありますが、大容量のSSHDを探している方におすすめです。