HDDと同程度の容量を持ち、高速にデータを読み書きできる「SSHD」。とはいえ、製品によって回転数やキャッシュ、細かい規格の違いなどがあって、どれを選べばよいのか分からない方も多いのでは。

そこで今回は、おすすめのSSHDをご紹介。ノートパソコン・デスクトップパソコン・ゲーム機器などに適したSSHDをインチサイズごとにラインナップしたので、購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

SSHDとは?

By: seagate.com

SSHDとは、「Solid State Hybrid Drive」の略で、小型のSSDである「NAND型フラッシュメモリ」を、母体のHDD上へ搭載した補助記憶装置のことです。別名「ハイブリッドSSD」とも呼ばれ、HDDのメリットである容量の大きさと、SSDのメリットである読み書きスピードのという両方の利点を生かして使えます。

長期的なデータ保存は母体であるHDD領域で行いますが、一時的なデータ保存は、SSD領域を使用するのが特徴。SSHDは、大容量データを保存できるだけでなく、パソコンの起動も早められる、まさに両者のいいとこ取りをした補助記憶装置です。

SSHDのメリット・デメリット

メリット

SSHDを使用するメリットのひとつに、データ読み書き速度の高速化が挙げられます。基本的に長期間使わないデータはHDD部分に保存されますが、特定のWebサイトやパソコンの起動など、頻繁に利用するデータはフラッシュメモリ部分にキャッシュされるため、立ち上げ時の起動速度を早められるのがポイントです。

また、大容量データを保存できるのもSSHDのメリットのひとつ。動画編集をしたり、ゲームを大量に保存したりしたい方でも十分に使用できます。

さらにコストパフォーマンスに優れているのも特筆すべき点。HDDと比べてもそれほど高くなく、よい性能の製品を購入可能です。

デメリット

ストレージにSSHDを選ぶデメリットは、HDDのデメリット同様に衝撃に弱く、発熱量が多いことです。データを記録する磁気ヘッドが衝撃に弱いほか、消費電力が多く発熱しやすいため、パフォーマンスの低下を招くこともあります。また重量が大きいため、SSDから乗り換える方は、以前よりも機器全体が重く感じてしまうことも。

さらに、HDDやSSDに比べると製品ラインナップが少ない点も挙げられます。価格は一般的にHDDよりも高いので、必要なスペックとコストパフォーマンスを吟味しながら購入するようにしてみてください。

SSD・HDDとの比較

SSHDのデータの読み書き速度は、HDDよりも速く、SSDよりも遅い特徴を持ちます。データの記憶容量はHDDと同様に大容量なので、動画や写真をたくさん保存しつつ、パソコンの起動速度を上げたい場合に選ぶのが最適です。

SSHDはHDDやSSDと比べて、データの読み書き速度や価格が中程度なので、両者のメリットを折衷して使いたい方におすすめです。

SSHDの選び方

利用機器に合う規格を選ぶ

ノートパソコンやゲーム機に適した「2.5インチ」

ノートパソコンやゲーム機など、ストレージを配置するスペースが少ないときは、2.5インチのSSHDを選ぶのがおすすめ。2.5インチのSSHDは直径約6.4cmで、サイズの小さい通信機器に搭載されます。

2.5インチのSSHDは、3.5インチのモノと比べて、低電力で対衝撃性に優れているのが特徴。SSHDを購入する前に必ず、所有する通信機器に搭載されるストレージのサイズを確かめるようにしてみてください。

デスクトップPCへの換装には「3.5インチ」

デスクトップPCなど、ストレージを配置するスペースを十分に確保できる機器には、3.5インチのSSHDがおすすめ。3.5インチのストレージを標準搭載する通信機器に、2.5インチのSSHDを換装もできますが、3.5インチSSHDの方が平均性能が高く、価格が安い傾向があります。

なお、3.5インチSSHDは直径約8.9cm。ストレージの配置場所を十分に確保できる通信機器を所有していれば、迷わず3.5インチのSSHDを選びましょう。

用途に合った容量を選ぶ

SSHDにはHDDの磁気ディスクを搭載し、たくさんデータを保存できるのが特徴。テキストデータや写真、音楽など、比較的小容量のデータを保存する場合は500GB〜1TBのSSHDを選ぶのがおすすめです。

また、小容量のデータを大量に保存したり、動画やゲームなど容量が大きいデータを保存したりする場合は、2TB以上のSSHDを選ぶのがおすすめ。特にゲームソフトの容量は、小さいモノで1本あたり6GB、大きいモノで1本あたり40GB以上とさまざまです。

一般的に、容量が増えれば増えるほど価格が高くなる傾向にあるので、保存するデータの種類や量に合わせて最適な容量のSSHDを選びましょう。

主なスペックをチェック

回転速度

回転速度は1分間にHDDやSSHDのディスクが何回転したかを表し、単位に「rpm」が使われます。「rpm」の数値が大きければ大きいほど、データの処理速度や転送速度が速くなるのが特徴。

市販で購入できるSSHDの代表的な回転数には「5400rpm」「7200rpm」の2種類があります。7200rpmのSSHDの方が、データアクセスまでの時間が速いものの、発熱量が多く駆動音が大きい点を留意しておきましょう。

しかしSSHDは、頻繁に使うデータへのアクセスを、SSDで使用するNAND型フラッシュメモリで行うので、簡易的な通信であればディスクの回転数を気にせずに高速通信を行えます。あまり使わない大量のデータにアクセスする機会が多いときなどは、SSHDに表記されている回転数をチェックしながら選んでみてください。

キャッシュ容量

ストレージに使われる「キャッシュ」は「バッファ」とも呼ばれ、データを転送する際に一時的に保存されるメモリのことを指します。キャッシュ容量が多ければ多いほど、一度にたくさんのデータをやり取りでき、転送速度が速いのが特徴。

市販のSSHDのキャッシュは64〜256MBのモノが一般的です。データの転送速度はSSDに劣りますが、できるだけ高い数値のキャッシュ容量を持つSSHDを選ぶことで、読み書きのスピードが向上します。

インターフェースと転送速度

SSHDに使われる代表的なインターフェースは「SATA(Serial ATA)」規格です。古くから使われた「IDE」規格よりも、データの転送速度が速いのが特徴。SATA規格には「SATA」「SATAII」「SATAIII」の3バージョンがありそれぞれ下位互換できます。

初期バージョンの「SATA」は1.5GB/s、「SATAII」は3.0GB/s、「SATAIII」は6.0GB/sの速度でデータを転送し、例えばSATAとSATAIIで接続すれば1.5GB/sの速度でデータ転送を行うのが特徴です。

もし、所有する機器のマザーボードがIDEのみの対応であったら、変換ケーブルを購入することでSSHDを換装できます。できるだけ上位のSATA規格を選択し、快適な転送速度を目指すのがベストです。

メーカー保証期間をチェック

前述の通り、SSHDは衝撃に弱く発熱量が多いことがデメリット。場合によっては故障して使えなくなってしまうこともあります。そのため、SSHDを選ぶ際にはメーカーの保証期間をチェックしておくことがおすすめです。

SSHDの保証期間はメーカーによって大きく異なります。基本的には保証期間の長いSSHDを選びましょう。また、保証期間が長いモデルは耐久性や堅牢性に優れているモノが多い傾向にあるので、製品を選ぶ際の判断材料のひとつにできるのがポイントです。

SSHDのおすすめメーカー

シーゲート(SEAGATE)

By: seagate.com

シーゲートはアメリカで創業されたハードディスクドライブ製造メーカー。SSHDのほか、HDDやSSDを販売しています。シーゲートのSSHDは、容量や機能が違う製品が豊富に揃っているので、機能や容量にこだわりがある方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝は日本の大手電機メーカー。HDDやSSD、SSHDといったストレージを販売・製造しています。東芝のSSHDは、壊れにくく長く安心して使えるのが特徴。ストレージが故障した経験がある方などは、東芝のSSHDを使うのがおすすめです。

SSHDのおすすめ|2.5インチ

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 2TB ST2000LX001

ノートパソコンやゲーム機など、配置スペースが少ない機器への搭載におすすめの2.5インチSSHD。データ容量は2TBあり、動画など容量の大きなデータを保存するのに適しています。

回転速度は5400rpmで、発熱量が少なく駆動音が小さいのが特徴。夜などの音が気になる時間帯でも気兼ねなく使用できます。また、NAND型フラッシュメモリが備わっており、簡易的なモノであれば高速で通信が行えるのも魅力です。

キャッシュ容量は128MB、1秒間の最大データ転送速度は6.0GBで、一度にたくさんのデータをやり取りできるのもポイント。容量の大きなゲームを保存するのにおすすめのアイテムです。

シーゲート(SEAGATE) 2.5inch Hybrid Laptop Thin SSHD ST500LM000

データ容量は500GBで、手軽に使用できる2.5インチのSSHD。WordやExcelなど比較的容量の少ないファイルの保管におすすめです。本体の厚さが7.0mmしかなく、ノートパソコンやPS4などへの搭載に適しています。

回転速度は5400rpmで発熱量が少なく、搭載する機器への負荷を低減したい場合におすすめ。また、駆動音が小さいので、時間帯を気にせず駆動できるのも魅力です。

8GBのMLC NANDを搭載しており、堅牢性に優れているのもポイント。インターフェースにはSATAIIIが採用されています。価格が安く設定されており、コストパフォーマンスにも優れたアイテムです。

東芝(TOSHIBA) MQ02ABD100H

8GBのNAND型フラッシュメモリをキャッシュメモリとして用いることで、高い性能と容量の確保を同時に実現している2.5インチSSHD。データ容量は1TBで、WordやExcelなどの文章データや音楽など、比較的小さなデータを保存するのに適しています。

回転速度は5400rpmで、発熱量や駆動音が小さいのが特徴。音が気になる時間帯でも気兼ねなく動かせます。また、NAND型フラッシュメモリで、簡単な通信であれば高速通信も可能です。

インターフェースにはSATAIIIを採用。通信先が同じバージョンであれば1秒間に最大6.0GBと高速でデータのやり取りが行えます。本体の厚さが9.5mmと薄く、ノートパソコンやPC4への搭載におすすめのアイテムです。

マーシャル(MARSHAL) MAL21000HSA-T54

2.5型HDDと同等のフォームファクタで、特別なドライバソフトウェアを必要としない2.5インチのSSHDです。厚さは9.5mmで、PS4やPS4 Proにも換装可能。裏面のHDDソケットを外すだけで簡単に入れ替えられます。

回転数は5400rpm。発熱量や駆動音が少なく、搭載機器に負担がかかりにくいのがポイント。また、NAND型フラッシュメモリを搭載しているので、簡単な通信であれば回転数を気にする必要がないのも魅力です。

データの容量は1TBあり、容量の少ないゲームや再生時間の短い動画などの保管におすすめ。WordやExcelなど、ビジネスシーンで使用するファイルの保管にも適しています。容量が多く、かつ安価な2.5インチのSSHDを探している方におすすめです。

SSHDのおすすめ|3.5インチ

シーゲート(SEAGATE) ST4000DX001

データ容量が4TBあり、ゲームや再生時間の長い動画などの保存におすすめのSSHD。容量の大きなデータやファイルの保管に適しています。サイズは3.5インチで、デスクトップPCやゲーミングPCへの換装にもおすすめです。

回転数は7200rpmで、従来HDDの最大5倍に相当する速度を実現。充実したゲーム体験が楽しむことが可能です。マップが瞬時に読み込まれるので、MMOやオープンワールドのゲームで力を発揮します。

アクセス頻度の高いファイルをNAND型フラッシュメモリに送る「アダプティブメモリテクノロジー」を搭載。高い応答性を誇ります。また、専用のソフトウェアを必要とせず簡単にインストールできるのもポイント。容量とスピードを兼ね備えているアイテムです。

シーゲート(SEAGATE) FireCuda 2TB ST2000DX002

デスクトップPCやゲーミングPCなど、ストレージを配置するスペースが広い機器への搭載におすすめの3.5インチSSHD。データ容量は2TBあり、1本あたり25GBのゲームが約80本保存可能です。そのほか、動画などの容量が大きなデータの保存に適しています。

回転速度は7200rpm。データアクセスまでの時間が短く、従来のHDDと比較して最高5倍高速でゲームがプレイできるのがポイント。独自の「フラッシュ・アクセラレーテッド・ドライブ」は高耐久なうえに、消費電力と発熱量の低減を実現しています。

1秒間の最大データ転送速度は6.0GBで、一度にたくさんのデータがやり取り可能です。また、標準的なHDDと同じ手順で取り付けられるほか、ソフトウェアの追加インストールが必要ないのも魅力。購入してすぐに使い始められるSSHDを探している方におすすめのアイテムです。

シーゲート(SEAGATE) ST2000DX001

8GBのMLC NANDが搭載されている3.5インチのSSHD。素早い処理速度や転送速度を誇り、堅牢性に優れているのも魅力です。デスクトップPCやゲーミングPCに搭載することで、SSDのようなパフォーマンスを付加します。

64MBキャッシュを備え、かつ1秒間に6GBの転送が可能なインターフェースを搭載。通信先が同じバージョンであれば高速でのやり取りが行えます。また、下位互換性を持っているのもポイントです。

アプリケーションの起動やロードを素早く行う「アダプティブメモリテクノロジー」を採用。頻繁に使用するデータに高速でアプローチできます。複数のアプリケーションを同時に実行する場合やファイルの編集を行うのにおすすめのアイテムです。

シーゲート(SEAGATE) ST1000DX001

アクセス頻度の高いデータを特定する「アダプティブメモリテクノロジー」を採用している3.5インチのSSHD。アプリケーションやデータの読み込みが素早く行えます。また、起動時間を短縮できるのも魅力です。

回転数は7200rpmで、データアクセスまでの時間が短いのもポイント。高い処理能力や転送能力を誇ります。また、NAND型フラッシュメモリが搭載されているので、よく使用するデータにより早くアプローチできるのも特徴です。

データ容量は1TBあり、25GBのゲームソフトが約40本保存可能。そのほか再生時間の短い動画やWord、Excelなど容量の少ないデータの保存に適しています。作業を効率よく行いたい方におすすめのアイテムです。

4TB以上の容量が必要ならHDDもチェック

SSHDは、SSDとHDDの中間的な性能を持っています。SSHDのデータ読み込み速度はSSDと比較するとやや劣りますが、HDDを大きく上回り、かつSSDよりも安く手に入れられるのが魅力です。

一方で、最近では記録容量の大きなSSHDもラインナップされているものの、容量だけにフォーカスした場合、HDDの方が優れている点には留意が必要。容量が大きくなるにつれてHDDの方が求めやすくなる傾向にあります。

特に4TBの容量が必要であればHDDをチェックすることも視野に入れるのがおすすめです。容量が4TBを超えると同じデータ容量であってもSSDよりもHDDの方がリーズナブルな価格で手に入ります。