ネットワークハードディスク(NAS)を導入する際に、併せて検討したいのが「NAS用HDD」の購入。一般的に利用されているパソコン用の製品に比べ、耐久性や信頼性に優れているのが特徴です。

今回は、NAS用HDDを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、NASの導入やHDDの換装を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

NAS用HDDとは?

By: seagate.com

NAS用HDDとは、ネットワークハードディスク(NAS)へ搭載することを目的に設計されたハードディスクドライブのことをさします。

一般的なHDDがパソコンと1対1でデータをやり取りするのに対し、NAS用HDDの場合は複数のユーザーやデバイスとデータを共有するのが特徴。Wi-Fiルーターに接続していればスマホやタブレットからでも容易にアクセスができるため、より幅広い用途で利用可能です。

ただし、データを読み書きする頻度が多くなる分、パソコン用のHDDよりも故障しにくく安定して動作する性能が求められるので、購入を検討している方は留意しておきましょう。

NAS用HDDの選び方

容量をチェック

写真や動画の保存なら「3〜4TB」

NAS用HDDの容量は1TBから10TBを超える大容量モデルまで、さまざまな製品が販売されています。スマホやデジカメで撮影した写真・動画の保存がメインの使い方であれば、3〜4TB程度の容量を搭載したモデルがおすすめ。多くのデータが保存できるのはもちろん、もっとも普及している容量帯であることからコスパがよいのも特徴です。

旅行先で撮った写真やビデオを家族と共有したり、スマホのストレージ容量不足を解消したりと幅広いシーンで活躍します。

テレビ番組などの録画には「8TB」

好きなテレビ番組をたっぷりと録画したい方には、8TBなど大容量のNAS用HDDがおすすめです。普段仕事が忙しく、テレビを見る時間がなかなか取れない場合でも、たまの休日に複数番組をまとめてチェックできるので便利。8TBの容量があれば、BSデジタル放送が約684時間、地デジ放送なら約965時間分の番組を記録できるので購入時の目安にしてみてください。

また、「DTCP-IP」に対応しているかも大切なポイントです。DTCP-IPとはデジタルコンテンツの著作権保護技術のこと。対応しているNAS用HDDなら、自宅のネットワークに接続しているパソコンやスマホからでも動画や音楽が楽しめます。

ほかにも、複数のパソコンをバックアップしたり大量のデータを扱ったりする業務用途なら、より大容量なモデルを購入するなど使い方に応じて余裕のある製品を選択するのが重要です。

回転数をチェック

By: amazon.co.jp

NAS用HDDに限らずハードディスクユニットの内部には、高速で回転する記憶媒体が組み込まれています。回転数とは、記憶媒体が1分間に回転する回数のこと。製品のスペック欄に「rpm」という単位で記載されており、5400rpmもしくは7200rpmのハードディスクが一般的です。

大量のファイルを頻繁に読み書きするNAS用HDDの多くは7200rpmを採用。回転数が上がるほどアクセス速度が速くなるため高性能になります。ただし、高回転モデルは性能が高い分、発熱や動作音が大きくなる傾向があるので留意しておきましょう。

回転振動センサー(RVS)の有無もポイント。搭載していると外部振動によるエラーの発生が抑えられます。複数のNAS用HDDを実装して稼働させる方は、併せて確認してみてください。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

NAS用HDDの静音性についてもしっかりとチェックしましょう。静かなオフィスに複数ベイのNASシステムを導入する場合は、動作音が大きいと仕事の妨げになる可能性があるため特に注意が必要です。

多くの製品がスペックにアイドル時やシーク時の騒音値を記載しており、30dBや20dBなど数字が小さいほど静かなモデルになります。NAS用HDDのなかには内部にヘリウムガスを充填することで、優れた静音性を実現している製品もあるので、静かさを求める方は検討してみてください。

発熱性と耐久性をチェック

By: seagate.com

ハードディスクユニットの内部では、駆動部やパーツの発熱による温度上昇が発生します。ハードディスクドライブは熱に弱く、高温環境での稼働は故障発生のリスクを高めるため要注意。特に、24時間連続で動作させる機会の多いNAS用HDDの場合はなおさらです。

低消費電力の製品ほど内部発熱が抑えられる傾向にあるので、購入時にチェックしてみてください。NASキット本体を排熱のしやすい場所へ設置する配慮も忘れずに行いましょう。また、ヘリウムガスを密封し記憶媒体が回転する際の抵抗を減らすことで、消費電力を削減している製品なども販売されています。高性能と高耐久性の両方を重視する方におすすめです。

保証をチェック

By: amazon.co.jp

業務用途で導入されるケースの多いNAS用HDDには、通常の製品と比較して長めの保証期間を付帯しているのが一般的です。多くの製品が3年の製品保証期間を設けています。なかには、5年の非常に長い保証期間を設定しているモデルもあるため、より高い安心感を求める方はチェックしてみてください。

ただし、正規代理店もしくは正規販売店からの購入でないと保証を受けられない場合が多いので、公式サイトなどで各メーカーの保証方針(Warranty Policy)を確認しておくと安心です。無償または有償による、データ復旧サービスをおこなっているメーカーもあります。

価格をチェック

NAS用HDDには、1万円前後のモデルから5万円を超えるモノまで、幅広い価格帯の製品があります。搭載するドライブの容量が大きいほど、また信頼性が高いモデルほどコストもアップする傾向にあるのが特徴。NAS用HDDを購入する際には、目的や用途に合わせて適切な価格の製品を選ぶことが大切です。

NAS用HDDのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東京に本社をもつ、日本を代表する総合電機メーカーです。半導体や電池といったデバイスから発電や送電システムまで、幅広い分野の事業を手掛けています。ストレージ関連製品は「東芝デバイス&ストレージ」が担当。NAS用HDDは3.5インチの「MNシリーズ」で、容量4〜18TBまでの製品をラインナップしています。

24時間稼働に対応しているのはもちろん、全モデル回転センサーを内蔵しており、複数ベイ利用時における優れた安定性を備えているのが特徴です。

ウエスタンデジタル(Western Digital)

By: rakuten.co.jp

「ウエスタンデジタル」はNAND型のフラッシュメモリーやハードディスクドライブ、及び関連製品を製造・販売するアメリカのメーカーです。

NAS用HDDは「WD Redシリーズ」ブランドで展開。ホームユースやSOHO向けの「WD Red」をはじめ、中規模事業者向けの「WD Red Plus」や大規模企業のニーズにも対応できる「WD Red Pro」をラインナップしています。目的や用途にあった製品が選びやすいので、ぜひチェックしてみてください。

シーゲート(SEAGATE)

By: seagate.com

世界最大クラスのシェアを有する、アメリカのハードディスクメーカーです。主にストレージ関連の製品やサービスを手掛けています。NAS用HDDは「IronWolf」と「IronWolf Pro」ブランドで販売。IronWolfは個人やSOHOでの使用におすすめのシリーズで、3年間の製品保証が付帯しています。 

また、IronWolf Proは5年間の長期製品保証が付いた、プロのクリエイターや中・大規模企業に適したシリーズです。いずれのシリーズとも3年間のデータ復旧サービスが無料で付いているため、安心して使用できます。 

NAS用HDDのおすすめモデル

東芝(TOSHIBA) 3.5インチ HDD 4TB MN08ADA400E/JP

4TBの容量を備えた、3.5インチのNAS用HDDです。デジカメで撮影した写真やビデオを保存する用途におすすめのモデル。自宅でプライベートクラウドストレージを構築するのにピッタリです。多くの画像や映像データが記録できるため、スマホのストレージ容量不足解消にも活躍します。

回転振動センサーを搭載しているのがポイント。複数ベイを備えたNASキットにも安心して実装できます。大容量データを扱う機会の多いSOHOなどにもおすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 3.5インチ HDD 12TB MN07ACA12T-3YW

24時間休みなく稼働させる、ハードなビジネス環境におすすめのモデルです。内部にヘリウムガスを充填しているのが特徴。記憶媒体が回転する際の空気抵抗や乱流の発生を軽減するとともに、温度や湿度による影響を最小限に抑えることで高い信頼性を実現しています。また、12TBの大容量NAS用HDDでありながら、消費電力が少ないのも嬉しいポイントです。

回転数7200rpmのドライブを採用しておりアクセス速度は良好。回転センサーを内蔵しているため、複数のNAS用HDDを実装する用途でも、振動によるエラーの発生が抑えられ安定して稼働させられます。

ウエスタンデジタル(Western Digital) 3.5インチ HDD 3TB WD Red WD30EFAX-EC

ウエスタンデジタルが展開する「WD Redシリーズ」のNAS用HDD。3TBの容量を搭載しているため、写真や動画などのデジタルコンテンツが家族と手軽に共有できます。そのほか、パソコンデータのバックアップ用途としても活躍するなど、ホームユースにおすすめのモデルです。

MTBF(平均故障間隔)は最大100万時間と信頼性は良好。大容量を必要としないのであれば、SOHOでの利用にも適しています。信頼性が高く手頃な価格で購入できる製品を探している方は、一度検討してみてください。

ウエスタンデジタル(Western Digital) 3.5インチ HDD 12TB WD Red Plus WD120EFBX-EC

12TBの大容量ドライブを搭載した「WD Red Plusシリーズ」のモデルです。中規模事業者におすすめのNAS用HDD。最大8ベイのNASシステムに適しているため、将来的に事業規模が拡大した場合でもしっかりと対応できます。記録方式にCMRを採用しているのが特徴。3年間の製品保証が付帯しているのもポイントです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) 3.5インチ HDD 8TB WD Red Pro WD8003FFBX

中規模事業者から大規模企業ユーザーにおすすめのNAS用HDDです。「WD Redシリーズ」のなかではハイエンドモデルに該当します。最大24ベイまでのNASシステムが構築できるなど、高い拡張性を備えているのが特徴。取り扱うデータ量やアクセスする従業員の人数に応じて、柔軟に対応可能です。

検出精度に優れた「多軸衝撃センサー」と、データの補完や保護をおこなう「フライハイトテクノロジー」を搭載することで、ハードディスクドライブの高い信頼性を実現しています。CMR技術を採用しているためアクセス速度は良好。大容量データの読み込みや書き込み作業を、効率的に実行可能です。5年間の長期製品保証が付帯しています。

シーゲート(SEAGATE) 3.5インチ 内蔵HDD 8TB IronWolf ST8000VN004

24時間稼働できる高い信頼性を備えたNAS用HDDです。ホームユースにおすすめのモデル。8TBの容量を搭載しており、デジタルコンテンツの共有やテレビ番組の録画用途などにピッタリです。

3年間の無料データ復旧サービスが付いているため、万が一ドライブが故障した場合でも慌てる心配が少なく済みます。ただし、テレビ番組の録画データは対象外となっているので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

回転振動センサーも内蔵。優れた耐振動性を有しており、マルチベイ環境でも安定して動作します。SOHOでの業務用途などにもおすすめなので、気になる方はチェックしてみてください。

シーゲート(SEAGATE) 3.5インチ HDD 8TB IronWolf Pro ST8000NE001

年間300TBの作業負荷に対応可能な、SOHOや小規模事業者におすすめのモデルです。120万時間のMTBFを有するなど信頼性の高さが特徴のNAS用HDD。5年間の長期製品保証が付いているため、重要データを保管したり共有したりする用途に導入できます。

高解像度の写真や映像データなど、大容量ファイルを頻繁に取り扱うプロのクリエイターにもピッタリです。最大24ベイまでのNASシステム構築に対応が可能。優れた拡張性を備えているのはもちろん、回転センサー内蔵型なので複数のNAS用HDDを稼働させても動作が安定します。

ウエスタンデジタル(Western Digital) 2.5インチ HDD 1TB WD Red Plus WD10JFCX

NAS用HDDでは珍しい、2.5インチドライブを採用した製品です。2.5インチ専用のコンパクトなNASキットを使いたい方におすすめのモデル。スペースの限られたオフィスなどでも、邪魔になりにくくスッキリと設置できます。

また、最大8ベイのNAS環境に対応できるよう設計されているため、事業規模の拡大などに応じて柔軟に拡張できるのも嬉しいポイントです。回転数5400rpmのドライブを搭載しており、最大144MB/sでのデータ転送がおこなえます。

低振動で発熱の少ない設計を採用。複数ユニットを並べる環境下でも、隣接するドライブに対する悪影響を抑えられます。

シノロジー(Synology) 3.5インチ HDD 12TB HAT5300-12T

大規模事業の利用におすすめのNAS用HDDです。12TBの大容量ドライブを搭載しています。400000時間以上もの社内検証試験を実施したと謳われているなど、エンタープライズグレードの高い信頼性を備えているのが特徴。技術サポートとハードウェア交換サービスを含めた5年間保証が付帯しているため、安心して導入することが可能です。

データ転送速度が最大242MB/sと高速なので、大勢の作業者が扱う大量データのバックアップや移行を効率的に実行できます。「パーシステントライトキャッシュ技術」を採用しているのもポイント。突然、電源が遮断されるようなケースでも、保存データの破損を抑えられるため、業務が停滞するリスクを軽減できます。

バッファロー(BUFFALO) TeraStation TS5010シリーズ 交換用HDD 6TB OP-HD6.0N

バッファローが販売するNASキット「TeraStation」向けの交換用HDDです。TS6000をはじめTS5010やTS3010シリーズに適合します。本製品は、カートリッジ方式を採用しているのが特徴。オフィスで働くスタッフなど、エンドユーザー自身で簡単に交換可能です。ネジの取り付けや取り外しなど面倒な作業は必要ありません。

内部のドライブユニットにはウエスタンデジタル「WD RED(CMR)」、シーゲート「IronWolf」、東芝「MNシリーズ」のいずれかが搭載されており、信頼性は良好。さらに、メーカーによる3年間の保証も付いているので、安心して購入できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) NAS用HDD 2TB HDLH-OP2R

ウエスタンデジタルのNAS用HDD「WD Red」を採用した製品です。アイ・オー・データが取り扱うNASキット「LAN DISK Hシリーズ」や「LAN DISK Xシリーズ」の交換・増設用途におすすめのモデル。熱や振動に対する対策が施されているため、長時間安定したパフォーマンスが発揮できます。

また、消費電力が低く抑えられており、24時間常時稼働における電気代を節約しやすいのも嬉しいポイントです。交換は各NASキットのロックを解除し、手前に引き出すだけと簡単。ZHD-UTXシリーズにも対応しているので、気になる方はチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDL2-AAシリーズ専用交換用ハードディスク 1TB HDLA-OP1BG

アイ・オー・データのNASキット「LAN DISK Aシリーズ」向けに設計されたモデルです。ウエスタンデジタルの3.5インチHDDを内蔵しており、信頼性は良好。ドライブの容量を拡張したいときはもちろん、万が一故障した際の交換用途にも活躍します。

パソコンデータのバックアップやテレビ番組の録画など、ビジネス・プライベートを問わず、幅広いシーンで安心して使用可能です。

番外編:NASのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) ネットワーク対応HDD 3TB LinkStation LS210D0301G

価格が手頃で気軽に購入しやすいNAS。パソコンはもちろん、スマホやタブレットからでも容易に設定作業が行えます。自宅に初めてNASシステムを導入する、初心者の方におすすめのモデルです。

パソコンデータのバックアップやスマホの容量不足解消など、幅広いシーンで活躍。macOSの「TimeMachine」に対応しているため、Macを使っている方なら定期的にバックアップ作業を実行する手間が省けます。内蔵ドライブの交換はできませんが、USBポートに外付けHDDを接続することで容量を拡張可能です。

「DTCP-IP」機能を搭載しているのも特徴。録画したテレビ番組を、ほかの部屋の対応するテレビで視聴したりDVDへ書き出したりできるので便利です。3TBの容量を搭載しており、BSデジタル放送を約265時間、地デジ放送なら約374時間分記録できます。

バッファロー(BUFFALO) ネットワーク対応HDD 8TB LinkStation LS710D0801/N

2.5GbEのイーサネットポートを搭載したモデルです。大容量のデータを高速転送したい方におすすめのNAS。6コアのCPUを内蔵しており処理性能も良好です。複数のデバイスから同時アクセスするようなシーンでも、データの移行や共有がスムーズに行えます。「DTCP-IP」機能を標準搭載しており、録画したテレビ番組を別の部屋で視聴も可能です。

スリープタイマーを備えているのが特徴。いつも利用する時間帯だけ電源をオンにできるため、SOHOなどの業務用途で重宝します。また、電源の消し忘れが防げるなど省エネ運転にも有効です。UPS(無停電電源装置)との連動に対応しているのもポイント。予期せぬ停電によるデータの消失が防げるので、データを安心して保存できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) NAS 2TB HDL-TA2/E

NAS初心者におすすめのホームユースモデルです。Wi-FiルータとLANケーブルで接続した後は電源コードをコンセントに挿すだけで設置が完了。専用アプリを利用することで、パソコンやスマホから簡単にセットアップ作業が行えます。家族みんなで写真を共有したり音楽を聴いたりと、さまざまな用途に使用可能です。

「じぶんフォルダー」機能を搭載しているのが特徴。ユーザー名とパスワードを設定するだけで、自分だけの保存スペースが作れる便利な機能です。プライバシーが守れるため、共有データと分けて管理したいシーンで重宝します。

ファンレス構造を採用しているのもポイント。ホコリなどの侵入による故障のリスクが軽減できるほか、静音性が高いため寝室や書斎にも設置可能です。