パソコンでゲームを思う存分楽しみたい方は、それに特化した周辺機器を揃えるのがおすすめ。特にキーボードは、打鍵感などの操作性に配慮されているのが特徴で、ゲームプレイの快適さに大きく影響します。ただ、モデルによってタッチ感やデザインはさまざまなので、どれを選べばよいかわかりにくいのが難点です。

そこで今回は、「ゲーミングキーボード」のおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ゲーミングキーボードとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングキーボードとは、文字通りゲームを快適にプレイするために作られた専用キーボードのこと。主に「キーボードを押したときの打鍵感がよい」「長時間使い続けても疲れにくい」「キーの複数同時認識ができる」などの特徴があります。

特に機敏なプレイが要求されるFPSや、迅速なコミュニケーションが必要なMMOなどで活躍するので、これらのゲームをプレイするときはゲーミングキーボードを活用しましょう。

ただし、ゲーミングキーボードは製品ごとに大きな違いがあります。自分のプレイするゲームに合っているのかどうかをしっかりとチェックしてから選ぶのも重要です。

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違い

By: razer.com

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違いはさまざまですが、特に大きく異なっているポイントは、キーの複数同時押し機能やマクロ機能の有無です。

例えば、通常のキーボードでは一度に3つ以上のキーを押すと反応しなくなる場合があります。しかし、ゲーミングキーボードにはこのような同時押しにも対応。ゲームによっては有利にプレイできます。

また、マクロ機能は、キーの組み合わせを自由に割り当てられる機能のこと。どちらの機能も、ゲームをより快適に楽しむためには必要不可欠な機能なので、パソコンでゲームをプレイする方はしっかりとチェックすべきポイントです。

ゲーミングキーボードの選び方

キーの種類をチェック

By: steelseries.com

メンブレン方式

メンブレン方式のキーボードは、ゲーミングキーボードのなかで最もシンプルな構造で、押下時の感覚があまりないのが特徴です。一般のキーボードにも多く採用され、価格が比較的リーズナブルなのが魅力。

打鍵感はソフトで、静音性が高いのでタイピングの音が気になりません。メンブレン方式よりもスイッチの精度や反応性に劣りますが、価格を重視して選びたい方におすすめです。

メカニカル方式

メカニカル方式のキーボードは、ゲーミングに特化した機能を多く搭載しているのが特徴。キーの内側に特殊なスイッチやバネを使用しているので、快適な打鍵性と反応性を実感できます。

また、キーの耐久性に優れたモデルや、複数のキー同時押しを認識する機能を搭載したモデルが多いので、特にゲーミングにおすすめのキー方式です。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式のキーボードは、スイッチに物理的な接点がないのが特徴。ボタンを押下した時の抵抗感が少なく、長時間の使用にも対応できます。

また、キーボード本体への負荷も少ないので寿命が長いのもポイント。価格帯は高めですが、高耐久であることを考えるとコスパに優れた方式といえます。

プレイするゲームジャンルで選ぶ

FPS

By: amazon.co.jp

特にFPSで遊ぶ際に重要になるのが、ボタンの同時押し。移動キーボタンを押しながら銃を撃ったり、視点を変えながらアクションをしたりと、FPSにおいてキー同時押しは欠かせません。

一般的なキーボードだと、ボタンの複数同時押しを認識できないこともあるので「キーロールオーバー」といった同時認識が可能なゲーミングキーボードを選ぶようにしましょう。最大で、10キーまで可能なモノから「Nキーロールオーバー」と呼ばれる無制限に同時認識が可能なモノまであるので、用途に応じて選んでみてください。

また、FPSは特定ボタンの連続押しや長押しが多いのも特徴。入力スピードの速いモノや、耐久性のよいキーボードを選ぶことで、ボタン反応の精度を上げられます。

MMO

By: amazon.co.jp

MMOで遊ぶ際に重要になるのが、ショートカット動作。連続したスキルの使用やパスワードの入力など、決まった動作の時間を減らすことで効率のよいプレイができます。あらかじめ「マクロキー」機能が搭載されたキーボードで設定することで、一連の動作を短縮できるのが便利です。

また、マクロキーは製品ごとにボタンの数やキーの配置が大きく異なるので、選ぶ際には自分に合った使いやすいモノを選ぶようにしましょう。

フルサイズかテンキーレスかを確認

By: amazon.co.jp

フルサイズかテンキーレスかどうかもゲーミングキーボードを選ぶ際に重要なポイントです。フルサイズのキーボードは右側にテンキーを搭載。数字を入力する際、テンキーでの入力が慣れている方であれば、フルサイズのゲーミングキーボードがおすすめです。

しかし、マウスを頻繁に動かすゲームをするときは、テンキーが場所をとってしまいがち。テンキーでの数字入力にこだわらない方であれば、机にスッキリ収まるテンキーレスのキーボードを選びましょう。

ゲーム以外でも使うならキー配列も重要

By: razer.com

ゲーミングキーボードの配列には、大きく分けて「日本語配列」と「英語配列」があります。日本語配列は「JIS配列」とも呼ばれ、全角や半角の切り替えやかな入力をできるのが特徴です。

しかし、海外のゲーミングキーボードは「英語配列」が主流。英語配列は「ASCII配列」「US配列」とも呼ばれ、海外ゲームをプレイする際にキーの割り当てを変更せずに利用できるのが魅力です。

ゲーミングキーボードのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: logicool.co.jp

マウスやキーボードなどのPC周辺機器を発売しているロジクール。通常のマウスやキーボードだけでなく、ゲーミング向けの機器も「Logicool G」というブランドで多数発売しています。

Logicool Gシリーズは、デザイン性とユーザビリティを兼ね備えた設計で、ゲーミングキーボードのメーカーとして高い人気を集めています。

「Gキー」と呼ばれるショートカットキー設定ができるモノや、「ARXコントロール」アプリを利用してタブレットやスマホをセカンドディスプレイとして利用できるモノなど種類も豊富。はじめてゲーミングキーボードを購入する方から、上級モデルを探している方まで幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

レイザー(Razer)

By: razer.com

1998年にアメリカ・サンフランシスコで設立されたレイザーは、ゲーミングデバイスを専門に販売しているメーカーです。

レイザーのゲーミングキーボードは耐久性・機能性・デザイン性の3拍子が揃っており、高いクオリティの製品が世界中の多くのゲームユーザーから支持されています。ゲーミングキーボードらしい製品を探している方にはレイザーがおすすめです。

東プレ(Topre)

自動車用プレス部品やコンピューター用部品の製造開発を行う東プレ。ゲーミングキーボードのなかでも、数少ない「静電容量無接点方式」を採用した製品を発売しているのが特徴です。

東プレのゲーミングキーボードの中でも「REALFORCE」シリーズが有名で、キー入力の正確性や確実性がゲーミングで活躍。ゲームの操作中にまれに発生する誤入力が減り、快適な操作が可能です。

耐久性が高く、タイピングで指が疲れにくい点も特徴で、FPSを始めとする多くのユーザーから支持されています。高価格帯の製品が多いですが、機能性にこだわるのであれば、東プレがおすすめです。

ゲーミングキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) LIGHTSYNC RGB G512r-TC

打鍵感を重視する方におすすめのゲーミングキーボードです。メカニカル方式を採用しており、しっかりとした感触を得ながらタイピングを行えます。また、耐久性に優れたアルミ合金の筐体は、高級感のあるデザインです。

メーカー独自のソフトウェア「Logicool G HUB」も魅力のひとつ。各キーの色、ライト効果、ゲームプロファイル、マクロコマンドなどを自分好みにカスタマイズできます。さらに、USBパススルーポートを搭載しており、周辺機器との接続も可能なモデルです。

ロジクール(Logicool) ワイヤレス メカニカル ゲーミング キーボード G613

ワイヤレス接続に対応したゲーミングキーボードです。2.4GHzとBluetoothの2種類の方法を装備しており、ボタン1つで切り替えられます。また、単三形乾電池2本による駆動で、最大18ヶ月の連続使用が可能なのも魅力です。

しっかりとした打鍵感を得られるメカニカルスイッチを搭載しています。1.5mmでの短焦点のアクチュエーションによって、一般的なメカニカルスイッチと比較して25%高速で反応。さらに、専用のメディアコントロールが搭載されており、音楽・再生・一時停止・ミュートといった操作を素早く行えます。

ロジクール(Logicool) RGBゲーミング キーボード G213

高速入力性を求める方におすすめのゲーミングキーボードです。メンブレン方式を採用しており、ソフトな打鍵感を得ながらタイピングを行えます。また、2段階で調節可能なレッグによって、理想的な姿勢を保ちながら快適にゲームを楽しめるモデルです。

カスタマイズ機能も魅力のひとつ。1680万のカラーから、5種類のライトゾーンをゲームコンテンツや好みに合わせて変更できます。さらに、専用ソフトウェアを使用することで、特定キーへの割り当てを行い、入力時間の節約も可能です。

レイザー(Razer) Cynosa V2 RZ03-03401500-R3J1

カスタマイズ可能なゲーミングキーボードです。メーカー独自のソフトウェアである「Razer Synapse 3」でコマンドをマッピングすることによって、より効率的なゲームプレイが可能。また、静音性のキーを採用しており、夜間でも周りに配慮しながらゲームを楽しめます。

利便性に優れているのも魅力です。専用のメディアキーを本体右上に搭載し、停止・再生・スキップ・明るさ・音量をキーボード上で調節できます。白熱したゲームセッションにも耐えられる頑丈な設計に加え、液体をこぼしても影響が出にくい防滴性を備えたモデルです。

レイザー(Razer) Huntsman Tournament Edition RZ03-03080100-R3M1

より高速でキー入力を行いたい方におすすめのゲーミングキーボードです。1.0mmの動作点と信号処理の遅延を軽減したオプティカルスイッチを搭載しており、コンマ数秒で勝敗が決まってしまうゲームコンテンツにぴったり。また、1億回のキーストロークを可能と謳っているため、長期間の激しい操作にも耐えられるのがポイントです。

テンキーレスタイプなので、省スペースで設置できます。さらに、パソコンとの接続には脱着可能なUSB Type-Cケーブルが使われており、本体をゲーム大会などへ持ち運ぶ際に便利です。カスタマイズした内容をキーボード内のオンボードメモリに保存できるため、ゲームごとに再設定を必要とせずに遊べます。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB TKL R2TLA-JP4G-BK

静電容量無接点方式キースイッチ採用したゲーミングキーボードです。入力時に機械的な接触や摩擦が起きないため、スムーズにタイピングを行えるのに加え、耐久性に優れています。また、1.5・2.2・3mmの3段階からキーストロークの深さを選べる仕様で、ゲームコンテンツに応じてキースイッチの反応速度を調節できるのも魅力。

1680万色に光るバックライトも本製品のポイントです。キースイッチの色や光り方をホットキーやソフトウェアを使用して、自分好みに変更できます。本体各列に段差を設けたステップスカルプチャー構造を採用しており、快適にキー入力を行えるモデルです。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Origins Core RGB メカニカルゲーミングキーボード HX-KB7RDX-JP

3段階で高さを調節できるゲーミングキーボードです。手首の位置を合わせやすいように、3・7・11°で傾斜角度の設定を可能としており、長時間のタイピングでも疲れにくいのが特徴。また、応答性と正確性に優れたカスタムデザインのメカニカルスイッチを採用し、快適に文字の入力を行えます。

航空機グレードの強固なボディも魅力。耐久性に優れたアルミ素材を採用しており、白熱したゲームプレイでも安定感を有しています。本体に接続しているUSB Type-Cケーブルはいつでも取り外せるため、外出先への持ち運びにも便利なモデルです。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Core RGB メンブレンゲーミングキーボード HX-KB5ME2-JP

耐水性を備えているゲーミングキーボードです。120mlの液体をこぼしても本体への影響が出ないようにテストが行われているので、飲み物を近くに置いても安心。また、本体は強化プラスチックフレーム製で、長期にわたって使用可能なモデルです。

オリジナル性を高められるのも本製品のポイント。キーボードの5つのゾーンを選択した色でカスタマイズすることで、ゲームの雰囲気を盛り上げられます。さらに、誤入力を防げるアンチゴースト機能を搭載しているほか、専用メディアキーを搭載しており、利便性にも優れたモデルです。

ロキャット(ROCCAT) Vulcan 100 AIMO RGB ROC-12-411-BN

メーカー独自開発の「Titan」スイッチを搭載したゲーミングキーボードです。高品質な導電性の材質を採用することによって、機械的な跳ね返りを抑えており、高速での処理が可能。また、防塵性能を備えているため、ホコリなど小さな異物の混入が原因とされる故障を予防します。

耐久性に優れた強固なデザインも本製品のポイント。アルマイト処理が施されたアルミニウム製トッププレートは、磨耗や損傷から本体を保護します。さらに、テンキーを搭載しており、数字入力も容易に行えるモデルです。

エレコム(ELECOM) ARMA FPSゲーミングキーボード TK-ARMA50

FPSのプレイに適したゲーミングキーボードです。素早いタイピングを行える独自の薄型メカニカルスイッチを搭載し、入力時のわずかな遅れを防げます。また、専用ソフトウェアを使用することで、各キーの割り当ての変更や誤操作しやすいキー機能を無効にするといった自由なカスタマイズが可能です。

耐久性を重視する方にもおすすめ。5000万回の入力テストにクリアしており、タイピングをメインとするゲームコンテンツにおすすめです。さらに、メッシュ被膜を採用した高耐久仕様のケーブルを採用しているため、長期間にわたって使用できます。

スティールシリーズ(SteelSeries) Apex 7 TKL Red Switch 64649

スムーズなタイピングを可能としたゲーミングキーボードです。ソフトなタッチが特徴の赤軸スイッチを採用しており、滑らかに文字入力を行えます。また、マグネットリストレストを付属し、長時間のゲームプレイでも疲れが残りにくいのがポイント。

バックライト機能も魅力です。各キーには、カスタマイズに対応したフルRGBのLEDライトが搭載されており、ゲームの雰囲気に合わせてさまざまなイルミネーションを設定できます。さらに、USBパススルーポートを搭載しているため、マウスのUSBレシーバーや記録メディアの接続に便利です。

コルセア(Corsair) K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT CH-9110014-JP

誤入力を防ぎやすいゲーミングキーボードです。フルキーロールオーバーとアンチゴースト機能によって、高速でタイピングを行っても正確に認識されます。また、アルミニウム素材を採用したフレームは、強めのキー入力でも壊れにくい耐久性が魅力です。

1680万色で発色するLEDバックライトを採用しています。さらに、メーカー独自のソフトウェア「Corsair Utility Engine」を使用することで、各キーの役割やカラーのパターンを自由にカスタマイズ可能。日本語配列に加え、英語配列の2モデルをラインナップしており、海外ゲームのプレイにもおすすめです。

エイスース(ASUS) ROG STRIX FLARE XA01

着脱式のリストレストを搭載したゲーミングキーボードです。長時間のゲームプレイでも腕全体が疲れにくいほか、不必要なときには簡単に取り外せます。また、本体背部にあるUSBパススルーポートは、ゲーミングマウスやヘッドセットなどの接続に便利です。

2種類のメカニカルスイッチをラインナップしています。静音性に優れた赤軸、しっかりとした打鍵感のある青軸から好みに合わせて選べるのが魅力。メーカー独自のソフトウェア「AURA SYNC」によって、キーごとにバックライトの設定や、発光パターンを自由にカスタマイズできます。

e元素 メカニカル式ゲーミングキーボード Z88

メカニカル方式のゲーミングキーボードです。それぞれのキーは独立した茶軸スイッチによって制御されており、柔らかい打鍵感を得られます。また、2ステップでの高さ調節に対応し、タイピングをしやすい姿勢を維持しながらゲームに集中できるのも魅力。

さらに、本体裏面に水抜き用の穴を設置しているため、汚れや異物が内部に入ってしまった際の洗い流しが可能です。5000万回の入力に耐えられると謳われているほか、耐腐食性優れたのABS素材で作られており、長期にわたって使用できるモデルです

HOKONUI ゲーミングキーボード G38

ゲームの雰囲気に合わせて光の演出が可能なゲーミングキーボードです。6つの点灯パターンで本体が光るほか、1680万色のRGBバックライトは3段階で輝度を調節できます。また、最大25キーの同時押しに対応しており、操作性にも優れたモデルです。

耐久性が高いのも魅力。1000万回の入力に耐えられるというメカニカルスイッチを採用し、入力頻度の多いゲームコンテンツにおすすめです。

ゲーミングキーボードのAmazonランキングをチェック

ゲーミングキーボードのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。