パソコンゲームを思いっきり楽しみたい方にピッタリな周辺機器のひとつが「ゲーミングキーボード」です。複数キーの同時押しを認識できる製品や、ハードな使い方に耐えられる高い耐久性を有するモノなどさまざまなモデルが販売されています。

そこで今回は、銀軸メカニカルスイッチを搭載したゲーミングキーボードのおすすめモデルをご紹介。素早いキー操作が可能なので、ゲームを快適かつ有利に進めたい方はぜひ参考にしてみてください。

銀軸の特徴とメリット

By: amazon.co.jp

メカニカルキーの一種である銀軸のキースイッチは、アクチュエーションポイントの浅さが特徴です。アクチュエーションポイントとは、キーを押し込んだ際にスイッチがOFFからONに切り替わる点のこと。少し押し込んだだけでも入力を認識するため、素早いキー操作にもしっかりと反応できるのがメリットです。

メカニカルキーにはそのほかにも、しっかりした打鍵感の青軸や、軽いキータッチの赤軸、両者の中間的な特性を持つ茶軸といった種類が存在します。

銀軸以外のメカニカルキーボードについて詳しく知りたい方はこちら

銀軸のゲーミングキーボードの選び方

キースイッチのメーカーと特徴

By: corsair.com

ゲーミングキーボードのキースイッチメーカーとして有名なのが「Cherry」と「kaihua」です。Cherryはドイツに本社を持つスイッチの老舗メーカー。銀軸タイプは「Cherry MX Speed Silver」として販売されており、アクチュエーションポイントが1.2mmと浅く設定されています。高い信頼性や耐久性を求める方におすすめのメーカーです。

kaihuaは中国のメーカー。銀軸スイッチは「Kailh Speed Silver」と呼ばれており、アクチュエーションポイントを含めCherry MX Speed Silverとほぼ同じスペックを有しています。コストが安く、コスパを重視する方におすすめです。

フルサイズかテンキーレスか

By: hyperxgaming.com

ゲーミングキーボードにはテンキーを搭載したフルサイズのモノと、テンキーレスの2タイプが販売されています。ゲームだけでなく、一般のパソコン作業にも使うのであればフルサイズタイプがおすすめ。スプレッドシートや会計ソフトなどへの数字入力が快適におこなえます。

一方、マウスが必須のタイトルを頻繁にプレイする方などにはテンキーレスタイプがおすすめです。フルサイズに比べてコンパクトなため、限られたデスクスペースでもマウスの操作エリアをしっかりと確保できます。銀軸のゲーミングキーボードを購入する際には、用途に応じて適した方のタイプを選んでみてください。

キー配列もチェック

By: corsair.com

ゲーミングキーボードのキー配列は大別すると「日本語配列」と「英語配列」の2種類です。日本語配列のキーボードには搭載されている「半角・全角」や「ひらがな・カタカナ」切り替えキーが、英語配列には備わっていないなど異なる部分がいくつか存在します。

ゲームをするうえではどちらの配列であっても大きな問題はありませんが、プレイ中にチャットをしたりほかのパソコン作業にも利用したりするのであれば注意が必要。普段から使い慣れている配列の製品を選択すると、文字入力がスムーズにおこなえるためおすすめです。

銀軸のゲーミングキーボードのおすすめメーカー

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

1994年に設立されたアメリカに本社を置く会社です。パソコンの周辺機器などを製造するメーカー。キーボードをはじめヘッドセットやCPUクーラーなど、主にゲーマーやコンテンツクリエイター向けの製品を数多く販売しています。

銀軸のキースイッチを搭載したゲーミングキーボードも展開しているなど、ゲーム好きの方には要注目のメーカーです。

ダッキー(Ducky)

By: amazon.co.jp

1998年に創業した台湾のキーボードメーカーです。東京に本社を構える「フェルマー」が日本における正規代理店として販売をおこなっています。

メカニカルキーボードはCherry MXのキースイッチを採用しており、銀軸だけでなく多様な軸タイプをラインナップ。携帯性に優れたコンパクトな「60% Version」は要チェックです。

キングストン(Kingston)

By: amazon.co.jp

アメリカに本社を構える世界最大クラスのメモリメーカーです。SSD・USBメモリ・SDカードといった多種多様なメモリ製品を取り扱っているのが特徴。ゲーミングキーボードやヘッドセットなど、ゲーム関連製品は「HyperX」ブランドで展開しています。

メカニカルキーボードには人気のCherry MX搭載モデルだけでなく、kaihuaの銀軸キースイッチ「Kailh Silver Speed」を採用する製品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

銀軸のゲーミングキーボードのおすすめモデル

コルセア(Corsair) K65 RAPIDFIRE コンパクトメカニカル ゲーミングキーボード CH-9110014-JP

テンキーレスのコンパクトなゲーミングキーボードです。マウスを利用する頻度の高い方におすすめのモデル。デスク上のスペースが限られている環境でも、マウスの操作エリアが確保しやすいので便利です。RGB機能付きの銀軸キースイッチ「Cherry MX speed RGB」を採用しており、ゲームの気分を盛り上げるライティングがおこなえます。

「キーキャップセット」が付属しているのも特徴のひとつ。W・A・S・Dのキートップにテクスチャー加工を施した特製のパーツです。打鍵時のグリップが向上するため、FPSやMOBAゲームが快適におこなえます。

大型のパームレストを搭載しているのも魅力。長時間に及ぶプレイシーンで重宝するのはもちろん、脱着式のため好みに応じて取り外すことも可能です。本体背面にマウスなどのデバイスが接続できるUSBポートを設けるなど、使い勝手を考慮した設計がされています。

コルセア(Corsair) K70 RAPIDFRE メカニカル ゲーミングキーボード CH-9101024-JP

筐体に軽量アルミ素材を採用した、フルサイズのゲーミングキーボードです。ブラックボディに浮かび上がる赤色LEDのバックライトがおしゃれ。Cherry MX Speed銀軸キースイッチを採用しており、アクチュエーションポイントが1.2mmと浅いため素早いキー入力がおこなえます。

Nキーロールオーバーとアンチゴースト機能に対応しているのも本モデルの特徴。複数のキーを同時に押し込むシーンでも、全ての入力を確実に認識します。高速なキー操作が要求されるFPSゲームなどにピッタリです。また、マルチメディアコントロール専用ボタンを備えているので、音量調節のためにプレイを中断する必要はありません。

日本語配列のキートップを採用。プレイ中のチャットはもちろん、レポートの作成など一般のパソコン用途にも便利です。

ダッキー(Ducky) One 2 Mini RGB 60% version メカニカル ゲーミングキーボード

携帯性に優れた銀軸のゲーミングキーボードを探している方におすすめのモデルです。テンキーやファンクションキー非搭載で、非常にコンパクト。また、「Cherry MX Speed Silver」キースイッチを搭載しているので、素早いキー入力に対応できます。

本体底面には、3段階の角度調節付き折りたたみスタンドを格納。タイピングのしやすい角度に合わせられて便利なうえ、未使用時には収納できるため運搬時の邪魔になることもありません。高機能かつ小型のメカニカルキーボードを求める方は、ぜひチェックしてみてください。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy FPS RGB ゲーミングキーボード HX-KB1SS2-US

kaihuaの銀軸キースイッチ「Kailh Silver Speed」を採用したゲーミングキーボードです。RGB機能を搭載したフルサイズのモデルながら、比較的気軽に購入できる手頃な価格が特徴。また、脱着可能なUSBケーブルを採用しているため容易に持ち運べます。

丈夫なスチール製のフレームを内蔵しているのも本モデルの特徴。激しくキーを押し込む白熱した戦闘シーンでも、安定した状態で操作することが可能です。

オンボードメモリに最大3つのプロファイルが保存できるので、どこでプレイするときでも好みの設定が利用できます。さらに、キートップに英語配列を採用した、シンプルかつクールな見た目も本モデルの魅力のひとつです。

エイスース(ASUS) ゲーミングキーボード X802 STRIX SCOPE TKL/SV/JP

コスパのよいゲーミングパソコンで人気の、エイスースが販売するゲーミングキーボードです。銀軸の「Cherry MX RGB」を搭載しており高速入力に対応することが可能。FPSゲームを好む方におすすめのモデルです。Nキーロールオーバーに対応しているため、複数のキーを同時押しするようなシーンでも確実な入力がおこなえます。

「Aura RGBライティング機能」を搭載しているのも本モデルの特徴。発光パターンがカスタマイズできるので、ゲームシーンを個性的なライティングで演出できます。また、テンキーレスのコンパクトなボディを採用しているため、友人宅や競技会場などへ容易に持ち運べるのもポイントです。