ゲーミングデバイスメーカーとして有名な「Razer」。操作性はもちろん、耐久性や静音性、コスパに優れたモデルなど、さまざまなゲーミングキーボードを販売しています。クールなデザインが人気ですが、製品ごとに機能や特徴が異なるため、どのモデルを購入すればよいか迷いがちです。

そこで今回は、Razerのキーボードをテンキーレスとフルサイズに分けてご紹介します。選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Razerのキーボードの魅力

By: amazon.co.jp

プロeスポーツゲーマーも使用するRazerのキーボード。独自に開発したキースイッチを採用しており、「操作性」「耐久性」「静音性」など、重視したいポイントに合わせて選択できるのが特徴です。

「Razer Chroma」ライティング対応機器であれば、イルミネーションライトの同期が可能なので、見た目にこだわりたい方にはおすすめ。Razerのキーボードやマウス、ヘッドセットなどを揃えればデザインも統一感があり、ゲームへの没入感を高められます。

Razerのマウスやヘッドセットについて詳しく知りたい方はこちらもチェック


Razerのキーボードの選び方

テンキーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

「フルサイズ」と「テンキーレス」のどちらを選択するかは、Razerのキーボードを購入する際の重要なポイント。フルサイズキーボードは本体右側にテンキーを搭載しており、数字入力を多用する方におすすめです。

ただし、テンキーがある分サイズは大きめ。右手をマウスとキーボード両方で使用する場合には、テンキーが邪魔になりがちです。数字入力にこだわらない方や、キーボードを持ち歩きたい場合には、コンパクトなテンキーレスタイプを選びましょう。

配列をチェック

By: amazon.co.jp

Razerのキーボードには、「日本語配列」と「英語配列」の2種類が存在しており、キーの配置が異なります。市販のパソコンに付属しているキーボードは日本語配列が一般的ですが、慣れている配列のモデルを選んでみてください。

パソコンゲームでの使用が主となる場合は、英語配列がおすすめ。かなや英数などのキーがないので、誤入力を減らしやすいのがポイントです。

キースイッチの種類をチェック

グリーンスイッチ(緑軸)

By: amazon.co.jp

グリーンスイッチは、Razerのキーボードのなかでも人気のあるキースイッチです。「カチカチ」としたクリック音が特徴で、指先にしっかりとした打鍵感が得られます。静音性は高くありませんが、キー入力を指先の感覚や音で確認できるのがメリットです。

また、ゲームやタイピングのパフォーマンスを向上させるため、作動ポイントやリセットポイントが最適化されており、操作性にも優れています。打鍵感を重視する方や周囲の環境を気にせず使用したい方におすすめです。

イエロースイッチ(黄軸)

By: amazon.co.jp

高速なタイピングが可能なモデル。イエロースイッチのキーストロークは1.2mmと浅く、反応速度に優れています。グリーンスイッチやオレンジスイッチよりも静音性が高いので、静かな環境でゲームを楽しみたい方におすすめ。

軽いタッチでタイピングできるため、ゲーミング用途だけでなく、タイピング作業の多い方にも適しています。

オレンジスイッチ(オレンジ軸)

By: amazon.co.jp

静音性を重視して設計されているのが、オレンジスイッチ。クリック音が静かで反応性も兼ね備えており、使いやすいキースイッチです。操作性を重視したい方や、周囲に人がいる環境で使用する場合、夜間の使用が多い方に向いています。

グリーンスイッチとイエロースイッチの間にあたるモデルなので、初めてRazerのキーボードを購入する方にもぴったり。どのキースイッチを選択すればよいかわからない場合にもおすすめです。

オプティカルスイッチ

By: amazon.co.jp

オプティカルスイッチは、光学式のセンサーを採用したキースイッチです。メカニカルスイッチの金属接点の代わりに光を使用。金属接点を利用した感知方法よりも反応性に優れており、遅延が少ないのが特徴です。また、耐久性の高さも魅力。1億回のキーストロークに耐えうると謳う、高い耐久性能を備えています。

Razer メカ・メンブレン

By: amazon.co.jp

メカニカルとメンブレンのメリットを両方備えているのがメカ・メンブレンスイッチ。メンブレンスイッチの構造に金属性のバネを追加しており、軽快なクリック音と打鍵感が得られます。また、キーストロークは、一般的なメカニカルキーボードよりも短いので素早い操作が可能です。

静音性は高くありませんが、メカニカルスイッチの柔らかい感触は維持しながら、メカニカルスイッチのような操作性が得られるモデル。メンブレン式のキーボードが持つ柔らかいタッチ感を好む方におすすめです。

Hypershift対応かチェック

By: amazon.co.jp

「Hypershift」は、Hypershiftキーとして設定したキーを長押しすることで、2セット目のキー割り当てを発動できる機能です。ひとつのキーに2つの機能を割り当てられるので、使い勝手が向上します。例えば、ゲーム中、遠くにあり押しにくいキーを2セット目の押しやすいキーに割り振っておけば、より素早くコマンドの実行が可能です。

特に、Hypershiftは「HUNTSMAN MINI」など、大幅にキーが省略されているモデルで重宝する便利な機能。ゲームだけでなく、普段使いでも役に立つので、対応状況を確認しておきましょう。

Hypershiftキーは、 Razer製品専用のユーティリティソフト「Razer Synapse 3」対応のキーボードであれば、デフォルト設定ではFNキーに割り振られています。別のキーをHypershiftキーとして割り当てることも可能です。

Razer Synapse対応かチェック

By: amazon.co.jp

「Razer Synapse」は、Razer製品用のユーティリティソフトです。Razerの公式サイトからダウンロードできます。いくつかバージョンがありますが、基本的には最新バージョンをダウンロードしておくのがおすすめです。

Razer Synapseを活用することで、Razerのキーボードやマウスを好みに合わせて細かくカスタマイズできます。主に、ボタン割り当ての設定やマクロの設定、Hypershiftのカスタマイズ、ライティング機能「Razer Chroma RGB」のカスタマイズなどが可能です。

ただし、モデルによっては使えない機能もあるので、購入前に確認しておくのがおすすめ。活用することでデバイスの使い勝手が向上するため、Razerのキーボードを購入したら忘れずにインストールしましょう。

その他機能をチェック

アンチゴースト

By: amazon.co.jp

アンチゴーストとは、複数のキーを「同時押し」「連続押し」した際に、信号認識の不良を防ぐ機能。キーボードの入力作業中には、「押したキーが反応しない」または「押していないキーが反応する」トラブルが発生しがちです。

このトラブルを防ぐのが、アンチゴースト機能。パソコンゲームでは、Shift+各キーの同時押しや、素早い操作によるキーの連続押しを多用します。アンチゴースト機能を搭載していれば、コマンドの誤入力を防げておすすめです。

ロールオーバー

By: amazon.co.jp

ロールオーバーとは、連続して入力されたキーの順番を認識する機能。例えば、2キーロールオーバーであれば、連続押しを2キーまで順番に認識できます。

また、Nキーロールオーバーであれば、連続して入力したキーと、新たに入力したキーを識別して実行可能。素早いコマンド入力が必要になるパソコンゲームにおすすめです。

マクロ

By: amazon.co.jp

マクロとは、入力パターンを記録し、ひとつのキーで実行可能にする機能です。複数のキーを同時入力したり、連続入力する操作をあらかじめ任意の1キーに割り当てたりすることが可能。複雑なキー入力を省略できるメリットがあります。

ショートカットキーを割り当てておけば、作業効率のアップも図れ、複雑なコマンド入力があるパソコンゲームにもおすすめ。 ゲーム以外でも使用できる便利な機能なので、チェックしておきましょう。

掃除のしやすさもチェックしておこう

長期間愛用するキーボードは、掃除のしやすさもチェックしておきたいところ。ひとつひとつのキーが取り外せるタイプであれば、汚れた部分の清掃が簡単に行えます。ひとつの製品を長く清潔に使用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

Razerのテンキーレスキーボードのおすすめモデル

レイザー(Razer) HUNTSMAN TOURNAMENT EDITION RZ03-03080100-R3M1

主にパソコンゲームで使う方に適した英語配列モデルです。オンボードメモリやクラウドストレージへプロファイル構成やカスタム設定を保存できるのが魅力。パソコンが変わっても素早くカスタムできます。

また、「Razer Synapse 3」対応のため、細かくカスタマイズも可能。Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能を搭載しているので、誤入力を軽減しながら素早く複雑なタイピングができます。

キーには光学式のセンサーを使ったリニアオプティカルスイッチを採用。低遅延と、「最高1億キーストローク」に耐えうると謳われる高い耐久性もポイントです。一瞬の差が勝敗を分ける、eスポーツにも向いています。

レイザー(Razer) HUNTSMAN MINI JP Linear Optical Switch RZ03-03390800-R3J1

省スペースでセットできるキーボードです。着脱式USB-Cケーブルを採用しているので、携帯性に優れています。ソフトウェア不要で最大5つのキーボードプロファイルを呼び出せるのもおすすめです。

本製品は「Razer Synapse 3」に対応。「Razer Chroma RGB」などのカスタマイズが可能です。さらに、Nキーロールオーバーやアンチゴーストに対応しており、誤入力を抑えながら素早く入力できます。

レイザー(Razer) HUNTSMAN MINI ANALOG RZ03-04340100-R3M1

複雑な入力に適したキーボードです。「Razer アナログオプティカルスイッチ」により、キーの押し込み具合によって、異なるコマンドを設定できるのが特徴。1回の打鍵に対して2種類の機能を設定でき、スキルの切り替えやコンボ入力などに役立ちます。

さらに、360°全方向へスムーズに動くスイッチを搭載。ジョイスティックと似たスムーズな操作ができ、目まぐるしく視界を変えるFPSなどにもおすすめです。

「Razer Synapse 3」に対応しているため、ライティングやマクロ設定など自由なカスタマイズが可能。Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能を搭載しており、同時押しによる誤入力も軽減できます。

レイザー(Razer) HUNTSMAN V2 TENKEYLESS RZ03-03941000-R3J1

素早く応答する、リニアオプティカルスイッチを搭載したキーボードです。音を抑えた静音設計なので、配信などにもおすすめ。「ダブルショット PBT キーキャップ」やアルミ製のトッププレートにより、長くタフに使えます。

また、取り外し可能なType-Cケーブルを採用しているため、携帯性も良好。キーの設定を最大5つまで内蔵メモリに保存できるため、さまざまなパソコンで自分がカスタマイズした設定を呼び出せます。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW V3 TENKEYLESS JP Green Switch RZ03-03491400-R3J1

長くタフに使えるコンパクトなキーボードです。8000万回のキーストロークに耐えられると謳うタフな設計が魅力。トッププレートはアルミでできており、持ち運びが多い方に適しています。

キーには操作性に優れたグリーンスイッチ(緑軸)を採用。音でタイプを確認しやすく、しっかりとした打鍵感が得られます。Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能も搭載しており、同時押しが多いFPSゲームなどにもおすすめです。

また、最大5のプロファイルを内蔵メモリやクラウドのハイブリッドストレージへ保存し、さまざまなパソコンで使いやすいのもポイント。さらに「Razer Synapse 3」に対応しており、コマンドなども細かく設定できます。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW V3 MINI HYPERSPEED JP Yellow Switch RZ03-03891000-R3J1

省スペース性と機能性を兼ね備えたキーボードです。ファンクションキーやHomeキーなどを省く一方で、矢印キーを搭載。「Razer Synapse 3」にも対応しており、小さいながらも複雑なカスタマイズができます。

また、2.4Ghzの安定したワイヤレス接続に対応しているのもポイント。Bluetooth接続にも対応しており、3台まで接続してシームレスに切り替えられます。また、最大200時間使い続けられるなど、バッテリー持ちも良好です。

キーにはイエロースイッチ(黄軸)を採用。軽いタッチで、素早いタイピングに向いています。静音性も高いため、オフィスなどで使うのにもおすすめです。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW LITE RZ03-02640800-R3J1

静音性が高いオレンジスイッチ(オレンジ軸)を採用したキーボードです。8000万回のキーストローク寿命があり、静音性も良好。ゲーム配信やオフィスでの使用などで、タイピング音を抑えたい方におすすめです。

LEDバックライトは明るさを調節でき、オフにすることも可能。マクロの割り当てやショートカットの設定などが可能なので、作業効率を上げるのにも役立ちます。

ほかにも、キーキャップの取り外しに対応しているので掃除しやすく、長く清潔に使用可能。普段使いしやすく、初めてRazerのキーボードを使う方にもおすすめです。

Razerのフルサイズキーボードのおすすめモデル

レイザー(Razer) HUNTSMAN ELITE JP RZ03-01870800-R3J1

クリッキーオプティカルスイッチを採用したキーボードです。光学式のセンサーにより素早く反応するのが魅力。「最大1億キーストローク」を謳う高い耐久性で、長くタフに使えます。

10キーロールオーバーやアンチゴースト機能があるので、複雑な入力時の誤入力を軽減可能。さらに、長押しで別コマンドが発動する「Hypershift」にも対応しており、コンボやメニュー表示など、よく使うキーに合わせて自由に設定できます。

また、マルチファンクションデジタルダイアルや、3つのタクタイルメディアキーを搭載しているのもポイントです。本体にはマグネットで簡単に着脱できるレザーレット製リストレストを搭載。長時間のプレイ中に、手首への負担を軽減する効果が期待できます。

レイザー(Razer) HUNTSMAN V2 Clicky Optical Switch RZ03-03930300-R3M1

入力レイテンシーを抑えた、オプティカルゲーミングキーボードです。光速0.2msで応答するクリッキーオプティカルスイッチを採用。軽快な音と共に素早くタイプできるため、eスポーツなどにも適しています。

また、キーには「ダブルショット PBT キーキャップ」を使っており、耐久性も良好。ラベルも摩耗しにくく、長く綺麗に使用できます。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW V3 RZ03-03540100-R3M1

キーの設定やライティングを細かくカスタマイズできるキーボードです。透明なスイッチハウジングを採用しているため、より鮮やかなイルミネーションが楽しめます。

キーにはグリーンスイッチ(緑軸)を採用。指先の感覚や音で確認できる、しっかりとした打鍵感が魅力です。プラスチックを2層重ねた「ダブルショット ABS キーキャップ」を使っているため、印字の摩耗を軽減し、長く愛用できます。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW V3 PRO JP Yellow Switch RZ03-03532000-R3J1

ワイヤレス接続に加え、USB-Cの有線接続も可能なキーボードです。ワイヤレス2.4GHzにより、ワイヤレスでも低遅延かつ高感度で入力可能。Bluetooth接続対応で、最大3台デバイスをシームレスに切り替えられます。

キーにはイエロースイッチ(黄軸)を採用しているため、軽快なタッチで素早くタイピング可能。静音性が高いので、ゲーム配信などでタイピング音を抑えたい方にもおすすめです。

また、やわらかいレザー製の「エルゴノミック リストレスト」が付いているため、長時間のタイピングにも便利。キーには厚みがある「ダブルショット ABS キーキャップ」や、アルミ製のトップフレームを採用しており、長くタフに使えます。

レイザー(Razer) RAZER BLACKWIDOW RZ03-02860100-R3M1

軽快なクリック音としっかりとしたタクタイルが魅力的な、グリーンスイッチ(緑軸)を採用したキーボードです。ゲーム向けに設計された英語配列モデルで、eスポーツにもおすすめ。「Hypershift」により、素早くコマンドを実行できます。

また、スイッチは「デュアルサイドウォール」により、ホコリや液体がキーボード内部へ入りにくいのもポイント。キーストローク寿命も8000万回あるため、毎日タフに使えます。

レイザー(Razer) CYNOSA V2 JP RZ03-03401500-R3J1

キーのバックライトを個別に設定できるキーボードです。「Razer Synapse」や「Razer Chroma RGB」に対応しており、1つずつのキーを自分好みに設定可能。イルミネーションにこだわりを持ちたい方におすすめです。

耐水性に優れているのもポイント。専用メディアキーが付いているので、飲み物を飲みながら、映像コンテンツを視聴するときにもおすすめです。

レイザー(Razer) CYNOSA LITE JP RZ03-02741200-R3J1

エントリーモデルとしてもおすすめのキーボードです。比較的安いですが、ゲーム用機能が充実しており、「Razer Chroma」によるバックライトのカスタマイズもできます。

10キーロールオーバーモデルなので、FPSゲームで移動しながらメニューを開くときなど、複数のキーを同時押ししたいときにも便利。各キーのキー割り当てやマクロ機能の設定も可能なアイテムです。

レイザー(Razer) ORNATA CHROMA JP RZ03-02041300-R3J1

メカ・メンブレン方式を採用したキーボードです。ラバー素材のやわらかいタッチ感を好む方におすすめ。キートップの高さがやや抑えられているため、ストロークミスを軽減しながら、次のキーへスムーズに移動できます。

「Razer Chroma」や「Razer Synapse」に対応しており、ライティングやマクロ設定などを自分好みにカスタマイズできます。アンチゴースト機能や10キーロールオーバー備えているので、複雑なコマンド操作にも便利です。

また、「エルゴノミック リスト レスト」が付いているのもポイント。タイピング中に手首へかかる負担を軽減する効果が期待できます。