PCでFPSやMMOなどのゲームをプレイするのに必要なアイテム「ゲーミングマウス」。最近は、PCでゲームをプレイするユーザーが増えたこともあり、さまざまなメーカーがゲーミングマウスを発売しています。そのため、どのメーカーのモデルがよいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、PCゲーム周辺機器メーカーとして有名な「Razer」のマウスをご紹介します。プロゲーマーも使用しているメーカーなので、ぜひチェックしてみてください。

Razerとは?

By: razer.com

Razerはゲーミングハードウェアにおいて世界トップクラスのシェアを誇るメーカー。カリフォルニア州カールズバッドで1998年に設立されてから、世界的な大会でプロゲーマーたちに愛用され続けています。最先端の技術を使った高い機能性と数多くの賞を獲得した高いデザイン性が魅力です。

スローガンは、「For Gamers. By Gamers.(ゲーマーの為にゲーマーが作る)」。ゲーマーに欠かせない要素を満たした製品を数多くラインナップしているので、プロゲーマーになりたい方や、もっとゲームがうまくなりたい方はRazerの製品を選んでみてください。

Razerのゲーミングマウスの特徴

By: razer.com

Razerのマウスは高精度のセンサーを搭載しているのが特徴です。感度を左右するマウス解像度(DPI)は、最大で16000DPIに対応しています。

マウス形状は持ちやすさにこだわった高度なエルゴノミクス設計です。手の平や手首にかかる負担を軽減させるモデルが多く、長時間の使用に適しています。有線接続と無線接続の両方に対応したモデルであれば、好みに合わせて接続タイプを選択可能。ユーザーの使い勝手がよく考えられた仕様です。

性能だけでなく、デザイン性も高くクールなブランドロゴと美しいライティングはゲームへの没入感をアップ。クリック可能回数は最大で5000万回の高耐久仕様なので、ゲームやビジネス、普段使い用としてハードに使用できます。

Razerのゲーミングマウスの選び方

設定できるDPIの範囲をチェック

By: razer.com

カーソル操作を精細にコントロールしたいのであれば、マウスの感度が重要なポイント。感度はマウス解像度とも呼ばれており、センサーが1インチ移動した際にカーソルが何ドット動くかを示す「DPI」という単位で表されます。

DPIの数値が高い場合、小さなマウスの動きでカーソルを大きく動かすことが可能。数値が低い場合、より細かなカーソル操作が可能です。ただ、ゲームの種類によって最適なDPIは異なります。ゲームに応じて細かくDPIを設定したい方は、ある程度DPIの幅を持たせたモデルがおすすめです。

ボタンの数や配置をチェック

FPS・TPSはサイドボタン2~4程度がおすすめ

By: razer.com

FPS・TPSなどをプレイする方はサイドボタンの数が少ない2〜4程度のモノがおすすめ。FPS・TPS系はマウスのコントロール精度が重要なので、基本的にサイドボタンは少なめで十分です。

それでも、まったくないよりは2〜4個ほどボタンがあれば、武器選択など操作性が向上するので便利。ボタン数が多くなるほどマウス本体の重量も重くなりやすい傾向にあり、カーソル移動がしにくくなります。自分のプレイしやすいボタン数をチョイスしましょう。

RPGやMOBAは多ボタンマウスがおすすめ

By: razer.com

RPGやMOBAなどをプレイする方はサイドボタンが多めのモノがおすすめ。単純にボタン数が多いほど割り当てられる操作が増えるため、RPGやMOBA系をプレイする際は快適に操作できます。目安として、ボタン数が7個以上のモノがおすすめです。

また、Razerのゲーミングマウスには、ボタンにマクロを割り当てられる機能を搭載。操作性を大きく向上できるので、スムーズにプレイできます。

ゲームに合わせてサイドパネルを付け替えられるモデルも

By: razer.com

特にプレイするゲームの系統が定まっておらず、FPS・TPS系もRPG・MOBA系も両方プレイしたい方は自由にサイドパネルを付け替えられるモデルがおすすめです。なかでも「Razer Naga Trinity」ならカスタマイズ性が高く、ゲームに応じて最大19個ものボタンに操作を割り当てられます。

それぞれに特化したモノよりも操作性はやや劣りますが、複数のゲームをプレイする方はぜひ検討してみてください。

有線・ワイヤレスか接続方式をチェック

By: razer.com

接続方式も重要なポイント。有線接続タイプは、安定した操作性が特徴。PCと直接ケーブルで接続するので使える場所は限られますが、遅延などのリスクも少ないのが魅力です。ゲームにおいては遅延は大きなデメリットになるため、ゲーミング用としては有線接続タイプが人気の傾向にあります。

ワイヤレス接続タイプはケーブルがないためスッキリ設置できるのが魅力。また、マウス操作時にケーブルの抵抗を感じず、ストレスなく使用できるのもポイントです。最近のゲーミングマウスはワイヤレスでもほとんど遅延を感じないほど性能が向上。長時間駆動できるバッテリーを搭載しているモデルも多く存在します。

どちらを選べばよいかわからない方は有線とワイヤレス両方に対応したモデルがおすすめ。価格は高めですが、利便性は高いので用途を考慮したうえで検討してみてください。

その他人気の機能

FPSプレイヤー注目の「オプティカルセンサー」

By: razer.com

FPSのプレイに特化したゲーミングマウスを探している方は、高度なセンサー反応を実現した「オプティカルセンサー」を搭載したモデルがおすすめ。オプティカルセンサーには大きく分けて「Razer 5G」と「Razer FOCUS+」の2タイプが存在します。

Razer 5Gは16000DPIの解像度、450IPSの対スピード性能を備えているのが特徴。Razer FOCUS+は20000DPIの解像度、650IPSの対スピード性能を備えており、Razer 5Gよりも高いスペックをほこります。

どちらも大型ディスプレイで精細なコントロールが可能ですが、Razer FOCUS+のほうがハイエンドモデルに位置づけられるため、価格はやや高め。自分の用途に応じて選んでみてください。

1680万色を自由にカスタマイズできる「Razer Chroma」

By: razer.com

デザイン重視で選びたい方は1680万色から自由に見た目の色合いをカスタマイズできる「Razer Chroma」に対応したモデルがおすすめ。「Chroma Studio」という専用ソフトを使って、光り方などを自由に設定できます。

性能面に影響の出る機能ではありませんが、PCや部屋のインテリアに合わせて楽しめるので、ぜひ検討してみてください。

大会会場でも設定をそのまま使える「オンボードメモリ」

By: razer.com

ゲーム大会や複数のPC、PS4などでゲーミングマウスを使う予定の方は「オンボードメモリ」を搭載したモデルがおすすめです。オンボードメモリとは、マウス自体にボタンの割り当てや感度などの設定を保存できる機能のことで、ほかのデバイスに接続しても同じ設定のまま利用できます。

特にPS4でゲーミングマウスを使う場合、オンボードメモリは必須。PS4ではマウスのボタンや操作の設定を変更できません。1台のPCに対して使用する分ではオンボードメモリ非搭載でも十分使えますが、PS4や複数のPCで使いたい方はオンボードメモリを搭載したモデルを選びましょう。

Razerのゲーミングマウスのおすすめモデル

レイザー(Razer) Basilisk X HyperSpeed RZ01-03150100-R3A1

Razer 5Gの高性能オプティカルセンサーを搭載したワイヤレスタイプのゲーミングマウス。16000DPIの高解像度を実現しており、マウスの小さな動きでもしっかり追跡して精細なコントロールが可能です。

最大285時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのも特徴。低遅延と高速通信を可能にした「Razer HyperSpeed ワイヤレス」の搭載により、ワイヤレスながら安定した通信をおこないます。

自由にカスタマイズできる6つのボタンを備えているのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

レイザー(Razer) Viper Ultimate RZ01-03050100-R3A1

重量わずか74gの軽量設計で、スムーズな操作性を実現したワイヤレスタイプのゲーミングマウス。低遅延かつ高速通信を可能にした「Razer HyperSpeed ワイヤレス」を搭載し、ワイヤレスながら途切れることなく安定した通信ができます。

Razer FOCUS+オプティカルセンサーを搭載しているのもポイント。解像精度99.6%の20000DPIにより、精細な動きまでしっかり追跡し、FPSゲームにおいて正確なエイムを発揮します。

1680万色のなかから自由に光らせてデスクを彩る「Razer Chroma」に対応したマウス充電ドックを付属しているのも魅力のひとつ。使っていないときもインテリアとして楽しめます。高性能なワイヤレスタイプのゲーミングマウスを探している方におすすめです。

レイザー(Razer) Basilisk Ultimate RZ01-03170100-R3A1

ボタンやスクロールホイールの抵抗度など、さまざまなカスタマイズ性能を備えたワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。最大11個のボタンにマクロと二次機能の割り当てが可能。特にRPGなど効率的な操作が求められるゲームをプレイする方におすすめです。

Razer FOCUS+オプティカルセンサーに対応しており、20000DPIの高解像度でより精細なコントロールが可能。ワイヤレスながら低遅延・高速通信を実現した「Razer HyperSpeed ワイヤレス」により、途切れることなく安定した操作ができます。

さらに、マウスの下のダイアルからスクロールホイールの抵抗度を自由にカスタマイズ可能。タクタイル感を調節すれば、より正確な操作をしやすくなります。「Razer Chroma」に対応したマウス充電ドックも付属しているので、デスク周りの彩りになるのも魅力です。

レイザー(Razer) DeathAdder V2 RZ01-03210100-R3M1

わずか82gの軽量設計を実現し、快適なカーソル移動が可能な有線タイプのゲーミングマウス。持ちやすさにこだわったエルゴノミック形状を実現し、長時間のプレイでも疲れにくいのが特徴です。また、オプティカルマウススイッチを搭載し、チャタリングや遅延を低減。0.2msの高速応答により、誤差のない操作が可能です。

スムーズなマウス操作を実現する「Razer Speedflex ケーブル」を採用しているのもポイント。ケーブルが柔軟に動くので、素早い操作でも引きずることなく快適にプレイできます。自由にプログラムできる8個のボタンを備えているのも魅力。有線で快適な操作性を備えたゲーミングマウスを探している方におすすめです。

レイザー(Razer) Viper Mini RZ01-03250100-R3M1

コンパクトな有線タイプのゲーミングマウス。手のサイズがやや小さめな方におすすめです。素早いスワイプ操作を実現しつつ、高い耐久性を備えているのが特徴。重量はわずか61gと軽量設計。ケーブルには柔軟性の高い「Razer Speedflex ケーブル」を採用しており、引きずることなくなめらかな操作が可能です。

デザインを重視したい方にうれしい「Razer Chroma RGB」にも対応。1680万色のカラーから自由にカスタマイズして、個性を強調できます。自分の設定をマウス自体に保存できる「オンボードメモリ」を搭載しているのもポイント。複数のPCやPS4で使用したい方におすすめのゲーミングマウスです。

レイザー(Razer) Naga Trinity RZ01-02410100-R3M1

最大19個のカスタマイズ可能なボタンを備えた有線タイプのゲーミングマウス。複雑なコマンドが必要なゲームに対して、細かく操作を割り当てられるので、効率よくゲームを進められます。また、ゲームだけでなく、入力が面倒なスペルなども割り当てられるので、ビジネスシーンなどさまざまなシーンで活用できます。

5Gのオプティカルセンサーを備えており、16000DPIの高解像度、対スピード性能450IPSの高いスペックを実現。高速なマウス操作でも正確なトラッキングが可能です。

高い耐久性を有する「Razerメカニカルスイッチ」を搭載しているのもポイント。5000万回のクリックに耐えうると謳っており、激しいクリックを繰り返しても安心です。さらに、デスクを彩る「Razer Chroma」にも対応。機能面だけでなくデザイン面でも優れたゲーミングマウスです。

レイザー(Razer) Mamba Wireless RZ01-02710100-R3M1

有線とワイヤレスの両方に対応した、利便性に優れたゲーミングマウスです。1回の充電で最長50時間持続する大容量バッテリーを備えています。充電中も有線で接続できるので、ゲームを中断せずにプレイし続けられるのが特徴です。

16000DPIの高解像度をほこる5Gオプティカルセンサーを備えているのもポイント。高い精度と高速な処理速度により、快適なプレイが可能です。さらに、プログラムが可能な7個のボタンを搭載。RPGやMOBAなど複雑な操作が必要なゲームにも適しています。

さまざまな操作を割り当ててマウス本体に保存できるオンボードメモリに対応しているのも魅力。有線とワイヤレスの両方で接続したい方や、複数のPCで使用したい方におすすめです。

レイザー(Razer) Mamba Elite RZ01-02560100-R3M1

先進的なデザインでデスク周りを彩る有線タイプのゲーミングマウスです。マウスホイール、メーカーロゴに加えて、マウスの両サイドから手前にかけて広い範囲を彩る「Razer Chroma」が特徴。20ものゾーンに個別でカラーを設定できるので、自分オリジナルのマウスを作れます。

性能面では高い解像度を備えた5Gオプティカルセンサーを搭載。99.4%の高精度で細かいマウスの動きをしっかりコントロールできます。5000万回のクリックにも耐えうると謳っている「Razerメカニカルスイッチ」を採用。高速レスポンスを実現し、快適なプレイが可能です。

オンボードメモリを搭載しており、マウス本体にボタンや操作の割り当てが可能。複数のPCやPS4など、さまざまな環境で同じ設定を使い回せます。

レイザー(Razer) Basilisk V2 RZ01-03160100-R3M1

高いカスタマイズ性能を備えた有線タイプのゲーミングマウスです。プログラム可能な11個のボタンを備えており、マクロや二次機能を自由に割り当て可能。オンボードメモリにも対応しているので、割り当てた設定を複数のPCやPS4で使い回せるのが特徴です。

ストレスなく快適な操作性を実現した「Razer Speedflex ケーブル」を搭載。柔軟なケーブルを採用することで、素早い動きでもケーブルを引きずらず、スムーズなマウス操作が可能です。

0.2msの高速レスポンスを実現したRazerオプティカルマウススイッチを搭載しているのもポイント。チャタリングや遅延を低減し、より正確な操作が可能です。さらに、高い解像度をほこるRazer FOCUS+オプティカルセンサーにも対応。小さなマウスの動きもしっかり追跡し、大型ディスプレイでも快適にゲームをプレイできます。

レイザー(Razer) Lancehead RZ01-02120100-R3A1

左右対称デザインを採用したワイヤレスタイプのゲーミングマウス。安定したデータ転送を実現したAFT(適応型周波数テクノロジー)を搭載し、ラグの少ないスムーズなプレイが可能です。

5Gレーザーセンサーを搭載し、16000DPIの解像度、210インチ/秒のトラッキング性能を実現。ボタンによりマウス感度を即座に調節できるので、さまざまな種類のゲームをプレイする方にもおすすめです。

マウスを1680万色から自分好みにライティングできる「Razer Chroma」を搭載しているのも利点。デスク周りを彩り、使っていないときもインテリアとして楽しめます。