PCで行える作業内容が増えるにつれ、マウスも用途に合わせた多種多様なタイプが開発されています。「薄型マウス」はコンパクトで鞄やPCケースにも収納しやすく、携行性に優れているのが魅力です。

普段ノートパソコンのタッチパネルで操作を行っている方も、作業によってはマウスの方が適していることがあります。ノートパソコンと共に持ち歩くなら、薄型マウスが便利でおすすめです。そこで、今回は薄型マウスのおすすめモデルをご紹介。リーズナブルな製品もあるので、ぜひ試しに使ってみてください。

薄型マウスの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

薄型マウスの接続方法として最も主流であるワイヤレス式。ケーブルが不要なため手軽に接続して使用することが可能で、可動範囲を制限せずに使えるのが魅力です。ワイヤレス接続には大きく分けて「USBレシーバー式」と「Bluetooth式」の2種類が存在。それぞれ特徴が異なるので確認しておきましょう。

USBレシーバー式は、レシーバーをUSBポートに接続して使用するタイプ。USBポートが1つ埋まってしまったり、レシーバーを紛失したら使えなくなってしまったりなどのデメリットもありますが、手軽さやリーズナブルなモデルの多さが特徴です。

Bluetooth式は、レシーバーを使わずにワイヤレスでPCと接続できるタイプ。PC以外にスマートフォンやタブレットに対しても使えるモノもあります。複数のデバイスに対して使用する場合も、シームレスに切り替えられるのでおすすめです。

有線

By: amazon.co.jp

有線式はマウスとPCを直接ケーブルで接続して使用する接続方法。有線式はケーブルから電力供給をおこなうため、バッテリーの充電切れや電池切れの心配がないのが特徴です。また、信号の送受信をケーブルを通しておこなうため、追従性が高く操作の遅延がおきにくいのもポイント。マウスの操作性を重視したい方にもおすすめです。

さらに、有線式はPCと直接接続して使用するため、ペアリングなど細かい初期設定が不要な点も魅力のひとつ。ワイヤレス式に比べてリーズナブルなモデルも多いので、コスパを重視したい方にもピッタリです。

読み取り方式で選ぶ

By: rakuten.co.jp

薄型マウスの読み取り精度に大きな影響を与えるのがセンサーの方式です。現在マウスに採用されているセンサーの主な方式は4種類。それぞれのメリットとデメリットをチェックし、机の材質や使うシーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

「レーザー式」は最も読み取り精度が高い方式。不可視光線を利用し、LEDセンサーではうまく認識されない光沢のある机でも使えます。ただし、ガラスなどの透明な面を読み取るのは苦手です。「Blue LED」は周波数の短い青色光線を利用した方式で、ガラス面の読み取りも可能。レーザー式に次いで精度が高く、低コストなことから主流の方式です。

「IR LED」は最も消費電力が少なく、電池寿命の長さがメリット。外出時などの使用におすすめです。「Red LED」は赤色光を使用した方式で、リーズナブルな製品が多いのが魅力。読み取り精度が低いため、場合によってはマウスパッドを併用する必要があります。

静音性で選ぶ

マウスのクリック音は意外と響き耳につくので、使用するシーンによっては静音性もチェックするのがおすすめ。図書館や会議中、深夜などの静かなシーンで薄型マウスを使いたい場合、静音設計のモデルだと安心です。

静音マウスを探している方は、クリック音が30db以下のマウスがおすすめ。ただし、静音性を重視しているマウスのなかにはクリック時の手ごたえが減っているモデルもあるので、マウスのカチカチという触感が好きな方はクリック圧もチェックしましょう。

電力供給の方法から選ぶ

By: sanwa.co.jp

有線式はケーブルによってPCから直接電力を供給するため、電池切れの心配がありません。また、電池代がかからないので、ランニングコストを含めるとリーズナブルに使えます。

ワイヤレス式の場合は電池式と充電式の2種類に分けられます。電池式はランニングコストがかかりますが、電池が切れても充電の完了を待つ必要がなく、新たな電池を入れればすぐに使えるのがメリットです。一方、充電式はバッテリーを内蔵しているので電池交換が不要。ランニングコストを抑えられるメリットがあります。

充電の時間を取れない出先での使用には電池式がおすすめ。予備の電池を鞄に入れておけば電池切れの際も安心です。コンセントをいつでも利用できる環境なら、ランニングコストを抑えられる充電式が向いています。

薄型マウスのおすすめモデル

マイクロソフト(Microsoft) Arc Mouse ELG-00007

手にフィットするようにデザインされた薄型マウス。スナップ式を採用しており、自在に折りたためて携帯性に優れているのが特徴です。

カーブの位置にスナップするだけで電源の操作が可能。コンパクトながら利便性に優れた薄型マウスを探している方におすすめです。

垂直方向と水平方向の両方にスクロールできるため、直感的な操作に対応。カラーバリエーションも豊富なので、自分のPCとデザインを合わせやすいのも嬉しいポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Modern Mobile Mouse KTF-00007

高級感があるシンプルなデザインの薄型マウス。本製品はワイヤレスのBluetooth接続に対応しており、PCと手軽にペアリングできるのが特徴です。

スムーズで快適なスクロールができるホイールを採用しているのも魅力のひとつ。前機種よりデザインが一新されており、指にしっくり馴染みスムーズで自然なスクロールをサポートします。

薄型デザインのコンパクト設計なためバッグにすっきり収納可能。携帯性に優れているため、出張先や旅行先で使用する機会が多い方にもおすすめです。

マイクロソフト(Microsoft) Basic Optical Mouse for Business 4YH-00003

利き手にとらわれない汎用性の高いデザインを採用した有線タイプの薄型マウス。オプティカルテクノロジーを採用しており、スムーズかつ正確なコントロールを実現。右クリックボタンはカスタマイズが可能で、自分好みのショートカットキーを設定できます。

有線タイプのため、電池残量などを気にせず使用できるのも特徴。高性能ながらもリーズナブルに購入できます。コスパを重視したい方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BlueLEDマウス BSMBW330N

厚さ26mmのスリムボディを実現した薄型マウス。コンパクトながらも高い操作性と握り心地を実現し、サイドエッジをホールドしやすく快適に使用できるのが特徴です。表面に「3H対摩耗性・防指紋コーティング」を施しており、綺麗に保ちやすいのも魅力のひとつ。持ち運ぶ際の傷や汚れが気になる方におすすめです。

パワーポイントのスライドショーなどに役立つ「プレゼンテーションモード」を搭載しているのもポイント。スライド送り・戻し・ブラックアウトをマウス上で簡単に操作できるのでビジネスシーンにも最適です。

読み取り方式には「BlueLEDセンサー」を採用しており、さまざまなデスク環境にもしっかり対応。静音性も高いので、静かなカフェやオフィスで使用する方にもピッタリです。

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 4Y50U45359

コンパクトにバッグへ収納できる、携帯性に優れた薄型マウスです。本体にジャイロセンサーを搭載することで、画面から離れた位置でもパワーポイントやPDFスライドなどをハイライトできます。また、ハイライトした箇所の拡大もできるため、ビジネスシーンでの使用に最適です。

2.5GHzワイヤレスおよびBluetoothの2通りで接続できる「デュアルワイヤレスモード」に対応。人間工学に基づいたユニークなV字形状で手にフィットしやすく、高い操作精度を実現しているのもポイントです。

USB Type-Cの急速充電に対応しており、充電が切れても復帰までの時間が短いため安心して使えます。限られたスペースにも収納できるので、屋外で使用する機会が多い方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) M-CC2BRS

キャップにクリップが付いており、ポケットやPCなどに挟んで固定できる薄型マウス。持ち運ぶ際はキャップに本体を収納してコンパクトに、使用する際はキャップを付け替えて大きく変形できるのが特徴です。

本体をキャップに収納すればホコリや傷から守れるため、持ち運ぶ際にも安心。大きく変形した際には握りやすく、利便性にも優れています。

さらに、静音スイッチを搭載しているため、音が気になる場所や時間帯での使用にも最適。繰り返し充電可能なリチウムイオン電池を搭載しており、1回のフル充電で約1ヶ月使用できます。持ち運ぶ機会が多く、コンパクトなモデルを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) M-FIR08DR

消費電力の少ないIR LEDを採用した薄型マウスです。左右対称で持ち方を選ばないシンメトリーデザインで利き手に左右されないため、複数人で共有する方にもおすすめです。また、操作をスムーズに行える分解能1200カウントを採用。さまざまなシーンでストレスのない快適な操作が可能です。

無線方式は2.4GHz帯を採用し、最大約10m、スチールデスクなどの磁性体でも約3mの範囲で使用可能。可動範囲が制限されていないため、自由に操作できます。

接続にはUSBレシーバー式を採用しており、PCとのペアリングも簡単。レシーバーはマウス本体に収納できるため、失くすリスクを軽減できるのも嬉しいポイントです。

ロジクール(Logicool) Pebble M350

モダンかつスリムなデザインで携帯性に優れている薄型マウス。クリック音を前機種に比べて90%以上軽減しており、オフィスや図書館など音が気になる環境でも快適に使えるのが特徴です。

非常にスリムながらも手のひらに自然に馴染むデザインを採用。サイドのソフトなカーブにより、長時間の使用でも疲れにくく扱いやすいのも魅力です。

Bluetooth式とUSBレシーバー式の2種類の接続に対応しているのもポイントです。さらに、好みやデスク周りの色に合わせて選べる、オフホワイト・グラファイト・ローズの3色をラインナップ。単3形乾電池1本で最長18ヶ月間使用できるので、ランニングコストも抑えられます。

アップル(Apple) Magic Mouse 2 MLA02J/A

Macユーザーから高い人気を集めるBluetooth式の薄型マウス。アップル製品らしい洗練された高いデザイン性を備えているのが特徴です。重量は約99gと軽量設計で、高い携帯性を実現。旅行や出張などに持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。

機能面に関して、シンプルなジェスチャーでWEBページをスワイプしたり、書類をスクロールしたりできる「Multi-Touch」に対応。快適な操作性を実現しているのもポイントです。電源は充電式を採用。iPhoneやiPadと同様「Lightningケーブル」で充電できるため、アップル製品を愛用している方にピッタリです。

一方、対応OSがMac OSのみでWindowsに対して使用できない点には注意が必要。Mac OSを使用していて、薄型マウスを探している方はぜひ検討してみてください。

idudu ワイヤレスマウス A112

コンパクトに収納できるUSBレシーバー式の薄型マウス。本体裏面に収納されたレシーバーを取り出し、PCのUSBポートに差し込むだけで手軽に使用できるのが特徴です。

2.4GHz無線転送により、最大10mの範囲で操作可能。3段階精度(800・1200・1600DPI)で調節できるため、正確なトラッキングを実現し、マウスの速度などを制御します。

静音設計と人体工学設計により、快適な操作性を実現。音が気になる環境でも安心して操作ができるうえ、マウスが手にしっかりフィットするため長時間でも楽に作業できます。高性能ながらも比較的リーズナブルに購入可能。コスパを重視する方にもおすすめです。