PCで行う作業内容が増えるにつれ、マウスも用途に合わせた多種多様なタイプが開発されています。「薄型マウス」はコンパクトで鞄やPCケースにも収納しやすく、携行性に優れているのが魅力です。

そこで今回は、薄型マウスの選び方とおすすめモデルをご紹介。リーズナブルな製品もピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

薄型マウスの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

薄型マウスの接続方法として主流なのは、ワイヤレス式です。ケーブルが不要なため手軽に接続して使用可能で、可動範囲を制限せずに使えるのが魅力。ワイヤレス接続には大きく分けて「USBレシーバー式」と「Bluetooth式」の2種類が存在し、それぞれ特徴が異なります。

USBレシーバー式は、レシーバーをUSBポートに接続して使用するタイプ。USBポートが1つ必要なほか、レシーバーを紛失すると使えなくなってしまうのがデメリットですが、手軽さやリーズナブルなモデルの多さが魅力です。

Bluetooth式は、レシーバーを使わずにワイヤレスでPCと接続できるタイプ。PC以外にスマートフォンやタブレットに対応したモノもあります。複数のデバイスで使用する場合は、シームレスで切り替えられるモデルがおすすめです。

有線

By: mco.co.jp

有線式は、マウスとPCを直接ケーブルで接続して使用する接続方法。有線式はケーブルから電力を供給するため、バッテリーの充電切れや電池切れの心配がないのが特徴です。また、信号の送受信はケーブルを通して行うので、追従性が高く操作の遅延がおきにくいのもポイント。マウスの操作性を重視したい方にもおすすめです。

さらに、有線式はPCと直接接続して使用するため、ペアリングなど細かい初期設定が不要なのも魅力。ワイヤレス式に比べてリーズナブルなモデルが多いので、コスパを重視したい方にもぴったりです。

読み取り方式で選ぶ

By: rakuten.co.jp

薄型マウスの読み取り精度に大きな影響を与えるのが、センサーの方式です。マウスに採用されているセンサーの主な方式は4種類。それぞれのメリットとデメリットをチェックし、作業台の材質や使うシーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

「レーザー式」は不可視光線を利用した読み取り方式。光沢のある机でも使えますが、ガラスなどの透明な面を読み取るのは苦手です。「Blue LED」は周波数の短い青色光線を利用した方式で、ガラス面の読み取りも可能。レーザー式に次いで精度が高く、低コストなことから人気の方式です。

「IR LED」は消費電力が少なく、電池寿命の長さがメリット。外出時などの使用におすすめです。「Red LED」は赤色光を使用した方式で、リーズナブルな製品が多いのが魅力。読み取り精度は低いため、場合によってはマウスパッドを併用する必要があります。

静音性で選ぶ

マウスのクリック音は意外と響きやすいので、使用するシーンによっては静音性もチェックしておくのがおすすめ。図書館や会議中、深夜などの静かなシーンで薄型マウスを使いたい場合、静音設計のモデルだと安心です。

静音マウスを探している方には、クリック音が30db以下のマウスがぴったり。ただし、静音性を重視しているマウスのなかにはクリック感が少ないモデルもあるため、マウスのカチカチとした感触が好きな方はクリック圧もチェックしておきましょう。

電力供給の方法から選ぶ

By: sanwa.co.jp

有線式のモデルはケーブルによってPCから直接電力を供給するため、電池切れの心配がありません。また、電池代がかからないので、ランニングコストを含めるとリーズナブルに使えます。

ワイヤレス式のモデルは、電池式と充電式の2種類に分けられます。電池式はランニングコストがかかりますが、電池が切れても充電の完了を待つ必要がなく、新たな電池を入れればすぐに使えるのがメリットです。一方、充電式はバッテリーを内蔵しているので電池交換が不要。ランニングコストを抑えられるメリットがあります。

充電の時間を取れない出先での使用には電池式がおすすめ。予備の電池を鞄に入れておけば、電池切れの際も安心です。コンセントをいつでも利用できる環境なら、ランニングコストを抑えられる充電式が向いています。

薄型マウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) PEBBLE ワイヤレスマウス M350

豊富なカラーバリエーションが揃うモダンなデザインの薄型マウス。手のひらへ自然にフィットする丸みのある形状で、長時間快適に使用できます。軽量なので、持ち運びにも最適です。

単三型乾電池1本で駆動し、未使用時はバッテリーを節約するスリープモードへ自動的に入ります。最長約18ヶ月の電池寿命で、ランニングコストを抑えられるのもメリット。接続方法はUSBレシーバーとBluetoothの両方に対応しています。また、USBレシーバーは本体内に収納可能です。

左右のボタンには、従来のクリック感を維持しながらノイズが約90%軽減された静音スイッチを採用。さらに、スクロールホイールも静かに滑るため、公共施設やカフェなどでも周りを気にすることなく使用できます。

ロジクール(Logicool) BLUETOOTH MOUSE M557

Bluetooth接続式の薄型マウスです。手にフィットしやすい左右対称型のデザインを採用しており、利き手を選ばず使用できます。本体サイズは幅99×奥行57×高さ34mmで、重量は約107g。

カラーはグレー・ホワイト・レッドの3色がラインナップされています。ボタン数は6個で、スクロールホイールは水平スクロールにも対応。無料の専用ソフトをダウンロードすれば、用途や好みに合わせて各ボタンに動作の割り当てを設定できます。

電源には単二形乾電池を2本使用。最大約12ヶ月の電池寿命が実現されています。1000dpiの高解像度なオプティカルセンサーを採用しているので、さまざまな表面上を快適にトラッキング可能です。

マイクロソフト(Microsoft) Arc Mouse ELG-00007

フリップ式で本体を折りたためる薄型マウス。使用時は丸みを帯びたアーチ状になり、携帯時は折りたたんで平らな状態にできます。折りたたんだ状態の厚さは約14mm。ポケットに入れてもかさばらないので、モバイル用途にぴったりのマウスです。

電源はアーチ状にするとオンになり、平らにするとオフになります。接続はBluetooth式で、単四形乾電池を2本使用。最長6ヶ月のバッテリー寿命が実現されています。

外見上左右のボタンは分離されていませんが、一般的なマウスと同様に左側を押せば左クリック、右側を押せば右クリックに対応。また、スクロールホイールは搭載されておらず、パッド部分を指で縦方向になぞることでスクロール操作ができます。

マイクロソフトが提供する無料のユーティリティソフト「マウス キーボード センター」を使用すれば、左右ボタンの入れ替えなどがカスタマイズできるため、左利きの方でも快適に使用可能です。

マイクロソフト(Microsoft) モダン モバイル マウス KTF-00062

スタイリッシュでシンプルなデザインの薄型マウス。形状は左右対称なので、利き手を問わず使用できます。重量は約78gで、最厚部は約26mmの軽量小型設計も魅力。

接続方法はBluetooth式で、背面の電源ボタンを押せば簡単にペアリングできます。パソコンだけでなく、スマホやタブレットで使用したい方にもおすすめです。

電源には単四電池を2本使用します。最大12ヶ月のバッテリー駆動時間を実現しているため、ランニングコストを抑えることが可能。そのほか、無料でダウンロードできるユーティリティソフト「マウス キーボード センター」使用すれば、各種ボタン類のカスタマイズができます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetooth IRセンサーマウス MA-BTIR116BK

持ち運びに便利な、厚さ約17mmの薄型マウスです。Bluetoothでの接続に対応し、最大3台までのペアリングが可能。パソコンだけでなくスマホやタブレットでも使用でき、ペアリングしておけば裏面の接続切り替えスイッチから簡単にデバイスを切り替えられます。

使用しないときや持ち運びの際は、本体をフラットな状態にできて便利。形状を変えると自動でオン・オフが切り替わります。電源は充電式で、専用のUSBケーブルで充電可能です。

読み取り方式には、消費電力の少ない「IR LED」を採用。カーソル速度の切り替え機能も搭載されており、800・1200・1600dpiの3段階で調節できます。

エレコム(ELECOM) Bluetooth4.2マウスM-TM10シリーズ M-TM10BB

移動の多いテレワークにぴったりの薄型マウスです。厚さ約28mmの薄型設計で、ソフトレザー製の収納ポーチが付属。本体を汚れや傷から守りながら持ち運べます。全6色の豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力のひとつ。パソコンのカラーや好みに合わせて選択できます。

また、クリック時のカチカチ音がしにくい静音スイッチを採用しているため、公共施設などの音が気になる場所でも使用可能。ボタン数は合計4つで、スクロールホイールの下には「戻る」ボタンが搭載されています。シンメトリーデザインなので、利き手を問わず使用できるのもメリットです。

読み取り方式には、場所を選ばず快適に使用できる「Blue LED」を採用しています。また、スライド送りや戻しなどの操作ができる便利な「プレゼンテーションモード」にも対応。なお、本製品はBluetooth接続タイプですが、USBレシーバー式のモデルも販売されています。

Rapoo 超小型マルチモード ワイヤレス・サイレントマウス M600mini

手のひらサイズの軽量コンパクトな薄型マウス。本体サイズは幅73×奥行46×高さ22mmで、重量は約37g。アルミ合金のボディを採用した、シンプルかつスタイリッシュなデザインが特徴です。カラーはシルバー・ブラック・ローズゴールドの3色をラインナップ。

接続方法は、BluetoothとUSBレシーバー両方に対応しています。Bluetooth接続で2台、USBレシーバーによる接続で1台の最大3台までペアリングが可能。USBレシーバーは本体内に収納できるので、持ち運びや収納の際も邪魔になりません。

クリック音を低減した静音設計で、場所を選ばず使用できるのもメリット。電源には単四電池を1本使用します。

バッファロー(BUFFALO) FLEXUS BSMBW335

ビジネスシーンでの使用にぴったりの薄型マウスです。カバンにすっきり収まり、重ねても持ち運びやすい約26mmのスリムボディを採用。表面のデザインは「ノーマルデザイン」と「ジオメトリーデザイン」の2種類から選択でき、カラーはそれぞれブラックとシルバーの2色がラインナップされています。

スリムな形状ながら、握りやすさを考慮して設計されたサイドエッジが設けられているので、快適に使用可能。表面には、擦れや指紋汚れに強い防指紋コーティングが施されています。読み取り方式には、木目やガラステーブル、ソファーなどでもしっかり作動する「Blue LED」を採用。カーソルの速度は600と1200dpiの2通りで切り替えができます。

左右のボタンとスクロールホイールは静音設計で、場所や時間を選ばず使用可能。さらに、PowerPointのスライド操作ができる「プレゼンテーションモード」も搭載しています。

ミヨシ USBフラットマウス SRM-MA02

携帯性を重視した薄型マウス。スクロールホイールをサイドに配置した、特徴的なデザインを採用しています。接続方法は、USB接続による有線式。着脱可能なコードリール式で、絡まりや断線を気にすることなく持ち運べます。ケーブルの長さは最大約700mmです。

カラーはブラック・シルバー・ブルー・レッドの4色をラインナップ。専用の収納ポーチが付属するので、マウス本体とケーブルをまとめて収納できます。

読み取り方式には、マウスパッドのない環境でも快適に使用できる「Blue LED」を採用。リーズナブルな価格で購入できるため、予算を抑えたい方にもおすすめです。

アイクレバー(iClever) ワイヤレスマウスGMN4-01B

手のひらにフィットする流線型のデザインを採用した薄型マウス。表面には指紋を防ぐ加工が施されているので、汚れや指紋を気にすることなく使用できます。

重量は54gと軽量で手への負担も少なく、長時間快適に使用可能。また、左右のボタンには静音スイッチが採用されています。図書館などの公共施設で使用したい方にもおすすめ。接続方法はUSBレシーバー式で、使用後はレシーバーをマウスの裏に収納できます。