趣味や仕事を問わず、DTMに欠かせないアイテムのひとつが「マウス」。多ボタンマウスやトラックボールマウスなど、DTMに適したマウスはさまざまな種類が展開されています。

そこで今回は、おすすめのDTM向けマウスを種類ごとに分けてご紹介。通常のマウスとトラックボールマウスの特徴もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

DTM向けマウスの選び方

マウスの種類をチェック

通常のマウス

By: amazon.co.jp

通常のマウスは底面にセンサーが搭載されており、マウス本体を動かしてカーソルを操作するタイプです。多くの方にとって馴染みがあるため、DTMの際もスムーズに使用できます。種類が多いので、自分に合ったモノを見つけやすいのも魅力です。

ただし、マウス自体を動かして操作するため、使用する場合はある程度のスペースが必要。あらかじめ留意しておきましょう。

トラックボールマウス

By: logicool.co.jp

トラックボールマウスとは、マウスに搭載されたボールを手のひらや指先で動かしてカーソルを操作するタイプのマウス。センサーが底面に搭載されたマウスとは異なり、使用場所の素材にかかわらず使えるのが特徴です。

また、カーソル操作にマウス本体を動かす必要がないため、省スペースで使用可能。機材などでデスクが埋まっていても使いやすいのがメリットです。

トラックボールマウスはボールの位置をチェック

親指タイプ

By: logicool.co.jp

親指タイプのトラックボールマウスは、一般的なマウスの親指が置かれる部分に比較的コンパクトなボールを搭載しています。通常のマウスに近い形状なので、違和感を最小限に抑えてトラックボールマウスに移行可能です。

ボタンやスクロールホイールの位置も標準的なモデルがほとんど。初めてトラックボールマウスを使う方におすすめのタイプです。

人差し指タイプ

By: elecom.co.jp

人差し指で支持球を操作するトラックボールマウス。一般的なマウスに似た形状のモデルが多く、握り心地に違和感を覚えにくい点が特徴です。

ただし、一般的なマウスとはクリックボタンの位置が異なるモデルが多いので、操作に慣れるまでは時間を必要とする場合もあります。時間をかけてじっくりとトラックボールの操作に慣れると、効率的に操作を行うことが可能です。

手のひらタイプ

By: amazon.co.jp

手のひらタイプのトラックボールマウスは、センターに比較的大型のボールを搭載したタイプ。一般的なマウスと形状が異なるため慣れは必要なものの、ボールが大きいので慣れてしまえば繊細なコントロールも可能です。

また、左右対称のモデルが多い点も特徴。中央の支持球を囲むように左右均等にボタンが搭載されているタイプが多く、右利き・左利きを問わず使用できます。利き腕を問わないため設置場所の自由度も高く、DTMにおすすめのタイプです。

接続方法をチェック

By: logicool.co.jp

DTM向けのマウスの接続方法には、主に有線接続とワイヤレス接続の2種類があります。有線接続は、ケーブルでマウスとパソコンを接続するタイプ。多くの有線マウスは、USBケーブルでパソコンと接続します。遅延が少なく充電の手間がかからない点が魅力です。

ワイヤレス接続は、Bluetoothと2.4GHzの2種類があります。2.4GHzタイプは、USBポートに専用のレシーバーを接続するアイテム。BluetoothタイプはUSBポートが不要なので、さまざまなデバイスで使用可能です。ケーブルがなく取り回しやすいため、持ち運びにも適しています。

ボタン数をチェック

By: logicool.co.jp

マウスは、モデルによって搭載されているボタンの数が異なります。左右のクリックボタンやサイドに進む・戻るボタンを搭載したタイプなどがあり、ボタンが多いとさまざまな作業を効率化することが可能です。

モデルによっては、10以上のボタンを搭載している場合もあります。多ボタンマウスはソフトウェアで柔軟に機能を割り当てられるうえ、アプリごとに機能を設定できるモノもあるので、複数のDTMソフトを使用している場合はチェックしてみてください。

サイズをチェック

By: logicool.co.jp

DTM向けのマウスを選ぶ際は、サイズもよくチェックしておきましょう。デスク上にDTM用の機材が多く並んでいる場合、あまり大型なマウスを選ぶと十分な設置スペースを確保できない場合があります。

また、手にフィットしやすいサイズを選ぶのも重要。手が大きい方は大きいマウス、小さい方は小さめのマウスを選ぶと違和感なく操作できます。外出先に持ち運ぶ場合は、コンパクトで収納性に優れたモデルがおすすめです。

DTM向けマウスのおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

手に自然な形でフィットしやすいワイヤレスマウス。人間工学に基づいた縦長の形状を採用しており、手首を捻らず自然な角度で操作できます。手首や腕に負担がかかりにくく、長時間作業する際も快適です。

左右のクリックボタンのほか、進む・戻るボタンも搭載。ウェブサイトの閲覧もボタン操作だけでページを行き来できるため、スムーズに行えます。カウント切り替えボタンも搭載されており、カーソル速度を3段階で調節可能です。

全てのボタンに静音スイッチが搭載されている点も特徴。深夜や朝方までDTMの作業をしていても、クリック音で周囲へ迷惑をかける心配を軽減できます。また、作業中にクリック音が気になりにくいので、DTMに集中しやすい点も魅力。価格も抑えられた、おすすめのDTM向けマウスです。

ロジクール(Logicool) ゲーミングマウス G600t

有線接続のDTM向けおすすめマウスです。有線接続を採用しているので、遅延やバッテリー切れなどを気にせずに使用可能。WindowsやMacなどの複数のOSに対応しているのも魅力です。

サイドに搭載された12個のボタンが最大の特徴。左右のクリックボタンやチルトボタンなども含めて、合計20ヶ所のボタンにさまざまな機能を割り当て可能です。DTMの際によく使うショートカットを登録すれば、作業を効率化できます。

右側にGシフトボタンを搭載しているのもポイント。Gシフトボタンをホールドしていると、各ボタンに通常とは別の機能を割り当て可能です。

RGBバックライトも搭載。複数の点灯パターンから、ほかのDTM機材に合わせた好みのパターンを選んで適用できます。

ロジクール(Logicool) ゲーミングマウス G903h

高性能で使いやすい、DTMにおすすめのワイヤレスマウス。「LIGHTSPEED」と呼ばれる独自のテクノロジーを採用しており、ワイヤレスながら高速で安定した接続を実現しています。遅延も少なく、DTMはもちろんゲームにも使用可能です。

左右対称なデザインのため、左右どちらの利き腕でも違和感なく使用できます。また、ソフトウェアをインストールすれば最大で11個のボタンをカスタマイズ可能。よく使う操作やショートカットをワンタッチで呼び出せます。

独自の「HERO25Kセンサー」の搭載もポイント。100~25600DPIの解像度に対応し直感的な操作をサポートします。さらに、バッテリー持ちのよさも魅力。フル充電すると、RGBライト使用時に最大140時間連続で使用できるため、充電の手間を軽減できます。

ロジクール(Logicool) アドバンスドワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200s

使い勝手に優れたおすすめのDTM向けワイヤレスマウス。独自の「FLOW機能」に対応しているので、1台のマウスで複数のパソコン間をシームレスに操作が可能です。WindowsやMacなどを問わず、別のパソコンへテキストやファイルのコピー&ペーストなどができます。

専用ソフトの「Logicool Options」をインストールすると、ボタンを使いやすいようにカスタマイズ可能。ジェスチャーボタンを活用すればさらに多くの操作を登録できるので、作業をより高速に行えます。ボタンへの機能の割り当てはアプリごとに設定・保存が可能です。

充電ポートはUSB Type-Cを採用。手のひらに合わせた形状のため、快適に操作しやすいマウスです。

DTM向けトラックボールマウスのおすすめ

ロジクール(Logicool) ワイヤレスマウス M575S

親指で操作するワイヤレストラックボールマウス。高性能なセンサーを搭載しており、2000DPIの精度でより正確なカーソル操作が可能です。ボールの表面へのコーティングにより、ソフトな質感を実現しています。

人間工学に基づいて設計された形状が特徴のひとつ。自然な形で手を置きやすく、長時間使用した際の手や腕の疲れを軽減できると謳われているのがポイントです。ボタンは左右のクリックボタン、スクロールホイール、進む・戻るボタンの合計5つを搭載しています。

独自のUnifyingのほか、Bluetoothにも対応しているので、USBポートがないパソコンにも接続できます。接続範囲は、最大で10mです。

ロジクール(Logicool) MX ERGO MXTB1s

人の手の形に合わせて設計されたワイヤレストラックボールマウスです。接続方法は、Unifying USBレシーバーとBluetoothの両方に対応。OSもWindowsとMacなどをサポートしており、さまざまな機器で使用できます。

機能を割り当てられるボタンを6つ搭載しており、作業の効率化が可能です。アプリごとに設定できるのも便利。プレシジョンモードボタンを押すと、トラッキング速度を切り替えられます。

また、フル充電で約120日間使用できるバッテリー持ちのよさも魅力。ボールを簡単に取り出せる仕組みもポイントです。汚れが気になる場合も気軽にメンテナンスできます。使い勝手に優れたおすすめのマウスです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール M-HT1DR

大型のボールを搭載した、おすすめのDTM向けワイヤレスマウスです。支持球には人工ルビーを採用し、滑らかな操球感を実現。高性能な光学式センサーも搭載しており、より正確な操作が可能です。

側面には、進む・戻るボタンとスクロールホイールを搭載。スクロールホイールはチルト操作にも対応しており、傾けるだけで左右のスクロールも可能です。「エレコム マウスアシスタント」をダウンロードすれば、8個のボタンと左右スクロールに頻繁に使う機能などを割り当てられます。

本体上部には低反発素材のパームレストを搭載し、手首の負担を軽減。本体裏面には電源スイッチが搭載されています。ローエナジー・ハイスピードの2つのモードを切り替えながら使用できるのもポイント。レシーバは裏面から本体内部へ収納可能なので、持ち運びの際も便利です。

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール M-DT2DR

人差し指で操作するタイプのワイヤレストラックボールマウス。支持球には、操球感に優れた直径2.5mmの大型人工ルビーを採用しています。高性能なセンサーも搭載しているため、より正確な操作が可能です。

本体には左右ボタンなどを含む合計8つのボタンを搭載しています。ボタンは好みのカスタマイズが可能。ツールの切り替えやファイルのコピー&ペーストなどよく使う機能を割り当てると、作業の効率化に繋がります。

チルトホイールの搭載もポイント。縦方向にスクロールできるのはもちろん、横に長い画面上ではホイールを傾けて横スクロールも可能です。また、ポインタ速度の切り替えにも対応。スイッチを動かして1500カウント・750カウントの2段階で調節できます。

ボールを簡単に取り外しやすい設計を採用。メンテナンスにも手間がかかりにくいおすすめのマウスです。

ケンジントン(Kensington) エキスパートマウス ワイヤレストラックボール K72359JP

手のひらで操作できるワイヤレストラックボールマウス。左右対称のデザインを採用しているため、利き腕を問わず使用できます。

2.4GHz接続のほか、Bluetoothにも対応。Bluetoothに対応したパソコンであれば、USBポートを節約できます。支持球を囲むように4つのボタンが搭載されており、ソフトウェアを利用して機能のカスタマイズも可能です。

支持球のサイズは直径55mmと大型で表面が硬く仕上げられています。スムーズでより正確なトラッキングが可能。ボール周りのダイヤルを回せばスクロールができます。

人間工学に基づいて設計された、着脱できるリストレストも付属。長時間の作業も快適に行えます。DTMにおすすめのマウスです。

ケンジントン(Kensington) スリムブレードトラックボール K72327JP

デザインに優れたトラックボールマウスです。手首側にかけて低くなるような斜めの形状をしているのが特徴。省スペースで使用できるため、DTM用の機材でデスクが埋まっている方にもおすすめです。

プラグ&プレイに対応しているのもポイント。USBケーブルを接続したら、複雑な設定不要で使い始められます。専用のソフトウェアをインストールすれば4つのボタンに機能を割り当てられるほか、カーソルやスクロールのスピード調節も可能です。

WindowsとMacなど複数のOSに対応しているのも魅力。デスクトップパソコンはWindows、ノートパソコンはMacのように使い分けている場合でも両方に接続して使用できます。