長時間パソコン作業を行う方にとって、マウスの使いやすさは重要なポイント。特に手や腕にかかる負担が軽い製品を使用すれば、作業効率のアップも図れます。しかし、パソコン周辺機器メーカーからは、数多くのマウスが販売されているので、どのモデルを購入すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの疲れにくいマウスをランキング形式でご紹介します。マウスの選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

疲れないマウスの選び方

手のサイズにあったもの選ぶ

By: logicool.co.jp

マウスのサイズは、各モデルによってさまざま。ユーザーの手の大きさによって最適なマウスの大きさも異なります。手の大きな方やマウスを覆うように持つ方は、大型のマウスがおすすめ。密着感が得やすく、手首をデスクに置いて操作できる点がメリットです。

人差し指や中指とマウスの間にすき間を開けて持つ方には、標準サイズのマウスがおすすめ。細かなマウスコントロールが可能なので、精密な作業に向いています。また、市販のパソコンに付属しているマウスの多くは標準サイズを採用しているので、自分の手の大きさにフィットするかチェックしてみましょう。

形状やボタンの位置で選ぶ

By: razer.com

マウスの形状やボタンの位置、数はモデルごとに異なります。左右のクリックとスクロールホイールを備えたモデルが一般的ですが、複数のボタンを搭載しているモデルや、人間工学に基づいた形状をしているモデルも存在します。

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインのマウスはフィット感が高く、手や腕にかかる負担を軽減可能。ボタンの数や位置は作業のしやすさにも関係します。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

疲れにくいマウスを選択するには、大きさだけでなく重量もチェックが必要。マウスを軽快に操作したい場合には、軽量モデルがおすすめです。また、マウスを動かす際の力が少なくて済むので、疲れにくく快適。

ただし、ある程度の重量があった方が操作しやすい場合もあるので、操作性と手や腕への負担を考慮して選択しましょう。

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスは、BluetoothやUSBレシーバーを使用してパソコンと接続するタイプ。ケーブルを煩わしく感じる方や、パソコン周りをすっきりとさせたい方におすすめです。有線接続タイプに比べると入力遅延が起こりやすいですが、最近では安定した接続が可能なモデルも多数販売されています。

また、電源はバッテリー内蔵タイプと乾電池使用タイプに分かれるので、注意が必要。本体内に充電式バッテリーを備えているモデルは、使用可能時間や充電時間、高速充電の対応有無もチェックしておきましょう。

有線

By: amazon.co.jp

有線接続タイプは、USBケーブルをパソコンに挿して使用するマウスが一般的。ケーブルを繋ぐだけで、パソコン側が自動的にマウスを認識するので、簡単に接続できる点が魅力です。

また、無線接続タイプに比べて、安定した接続が可能な点もメリット。入力遅延が気になる方におすすめです。ワイヤレスマウスよりも安価な場合が多いので、コストを重視する方にも向いています。

疲れないマウスのおすすめランキング

第1位 ロジクール(Logicool) ワイヤレストラックボール MX ERGO MXTB1s

ロジクール(Logicool) ワイヤレストラックボール MX ERGO MXTB1s

親指でトラックボールを操作するタイプのワイヤレスマウスです。本体には独自の調節式ヒンジが搭載されており、0~20°の間でマウスの角度を変更可能。自然な手の角度で作業が行えるので、負担が少なく腱鞘炎の予防にも効果的です。

バッテリーは内蔵式で、1度フル充電しておけば、最長4ヶ月間の使用が可能。急速充電に対応しており、1分の充電で約1日使用できるのもポイントです。接続はロジクールの「Unifyingレシーバー」を使用。同社製のキーボードを使用している方にもおすすめです。

また、2台のデバイスと同時に接続ができ、切替えも簡単に行えます。「Logicool FLOW テクノロジー」を利用すれば、複数パソコン間でテキストや画像、ファイルのコピーやペーストが行える点も魅力です。

第2位 ぺリックス(Perixx) PERMICE-608 Programmierbare Ergonomische Maus

ぺリックス(Perixx) PERMICE-608 Programmierbare Ergonomische Maus

垂直型の右利き用ワイヤレスマウスです。手の形にあう自然なデザインが施されており、手首や肘への負担を軽減可能。人差し指・中指・親指のあたる位置にボタンが配置されており、無理なくクリックできます。

接続には小型のUSBレシーバーを使用。本体に電源スイッチを備えているので、無駄な電池の消耗を抑えられます。左右のクリック・スクロールホイール・DPI切替えボタンに加えて、ブラウザの「進む」「戻る」ボタンも搭載。本体の重量が約96gと、比較的軽量な点もおすすめです。

第3位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴレーザーマウス MA-ERG5

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴレーザーマウス MA-ERG5

手首を自然な形に保てる有線タイプのマウスです。垂直型のデザインをしており、マウスを持った際、手首にかかる負担が小さいのがポイント。指先があたる部分に左右のクリックが配置されており、無理な力を入れずボタンクリックができます。また、着脱式の滑り止め付きリストレストが付属しているのも魅力です。

センサーには、高性能レーザータイプを採用。光沢感のある素材表面でも読み取りできます。カーソルの速度は800・1600・2400の3段階で切替え可能。ケーブル長が1.6mの有線タイプなので、簡単にパソコンと接続できる点もおすすめです。

第4位 マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Mouse L6V-00013

マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Mouse L6V-00013

愛用者の多いエルゴノミクスデザインのワイヤレスマウスです。エルゴノミクスマウスの代名詞的モデルである「Natural Wireless Laser Mouse 6000」の後継機にあたり、ボールのようなコンパクトな形状が特徴。手や手首を自然な状態に保てるので、負担が軽く長時間のパソコン作業におすすめです。

クリックするだけで、スタート画面に切替えられる「Windowsボタン」を搭載。上下左右に操作できる「4方向スクロール」も備えており、操作性のよさも人気の秘密です。接続にはUSBレシーバーを使用し、単3乾電池2本で駆動。約9ヶ月の持続時間を誇ります。

本体サイズは約98×75×57mm。コンパクトながら疲れにくいマウスを探している方におすすめです。

第5位 ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705M

ロジクール(Logicool) MARATHON MOUSE M705M M705m

最長3年間の電池寿命を誇るワイヤレスマウスです。電池代や電池交換にかかる手間を大幅にカット可能。インジケーターライトが、電池残量を知らせてくれる点も便利です。ホイールは高速スクロールに対応しており、Webページを素早く移動できます。

サイドには2つのボタンを搭載しており、ユーザー好みのカスタマイズが可能。よく使う入力操作を割り当てて、作業効率のアップが図れます。快適性と操作性を考慮したデザインなので、手や指を自然な状態で休ませ、ボタン操作がしやすいのもポイントです。

比較的リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、高い性能を備えているのもおすすめ。パソコン付属のマウスから、初めて買い替える方にも最適です。

第6位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothエルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothエルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

静音性に優れたエルゴノミクス形状のマウスです。搭載されているすべてのボタンが静音タイプなので、周囲に人がいる環境や夜間のパソコン作業に最適。55°の角度がつけられたデザインにより、手首への負担が少なく、腱鞘炎の予防にも役立ちます。

DPIは800・1200・1600の3段階で切替え可能。サイドにはブラウザの「進む」「戻る」ボタンも搭載されています。本体の重量は約94gと、比較的軽量なのもポイント。無線接続にはBluetoothを利用するので、タブレットと接続するマウスとしてもおすすめです。

第7位 レイザー(Razer) VIPER ULTIMATE RZ01-03050100-R3A1

レイザー(Razer) VIPER ULTIMATE RZ01-03050100-R3A1

ワイヤレスタイプながら、超軽量なゲーミングマウスです。ゲーミング周辺機器で有名なレイザーらしいクールなデザインが特徴。バッテリー内蔵型のワイヤレスマウスながら、本体重量は約74gなので、軽快な操作が可能です。

また、左右両方の手で使用できるのもポイント。プログラム可能な8つのボタンを搭載しており、5つのプロファイルをボードメモリに保存できる点も魅力です。バッテリーの持続時間は、約70時間なので、長時間パソコンゲームする方や作業を行う方に最適。

高速充電にも対応しており、10分間の充電で約5時間使用可能になる点も便利です。

第8位 エレコム(ELECOM) EX-G ワイヤレスBLueLEDマウス M-XGM10DBBK

エレコム(ELECOM) EX-G ワイヤレスBLueLEDマウス Mサイズ M-XGM10DBシリーズ M-XGM10DBBK

握り心地のよさを追求したワイヤレスタイプのマウスです。「AskDoctor確認済み商品」であり、100人中98%の医師が推奨。マウス操作時に使用頻度の高い薬指と親指が馴染むボディデザインを施し、握りやすさを実現しています。

接続にはUSBレシーバーを使用。本体裏面に電源スイッチがあり、単3乾電池1本での連続使用時間は約370時間を誇ります。左右のクリックには、OMRON社のスイッチを採用。クリック感にも定評があり、高い耐久性を誇る点が人気です。

また、無料でダウンロードできる「エレコム マウスアシスタント」を利用すれば、ボタン機能の割り当ても可能。よく使用するショートカットキーを割り当てられる点はおすすめです。

第9位 バッファロー(BUFFALO) BSMBU515Mシリーズ BSMBU515M

バッファロー(BUFFALO) BSMBU515Mシリーズ BSMBU515M

さまざまな持ち方に対応できる有線タイプのマウスです。かぶせ持ち・つめたて持ち・つまみ持ちの3つの持ち方に対応できるエルゴノミクスデザイン仕様。本体後部がせり出した「バックボーン形状」なので、手の平にしっかりとしたフィット感が得られます。

マウスは外側に角度がついており、手首のひねりを解消できる設計。本体サイズは約80×41×106mmと、比較的コンパクトなので手の小さい方にもおすすめです。

また、バッファローのオリジナルソフトを利用すれば、2つのサイドボタンとスクロールホイールにショートカットキーの割り当てが可能。頻繁に使用する操作を割り当てておけば、作業効率のアップが図れて便利です。

第10位 Jelly comb Ergonomic Mouse MV009

Jelly comb Ergonomic Mouse MV009

リーズナブルな価格で購入できるエルゴノミクスデザインのワイヤレスマウスです。人間工学に基づいたデザインを採用しており、自然な手の角度でマウス操作が可能。手首にかかる負担が小さいので、腱鞘炎の予防に効果的です。

DPIは、800・1200・1600の3段階でDPI切替えできるので、作業にあわせてカーソルスピードを調節できます。本体サイズは約105.2×68.5×58.3mmとスリムなので、握りやすく手の小さい方にもおすすめ。

2.4GHzの無線伝送技術を使用しており、付属のUSBレシーバーを利用して接続します。単3乾電池1本で駆動するので、バッテリー切れの心配がないのもポイント。側面にブラウザの「進む」「戻る」ボタンを備えている点も便利です。