仕事やプライベートでパソコンを使う時間が長くなるにつれ、手首や腕の痛み、肩こりが身近な悩みとして広がっています。最近では、人間工学を取り入れ長時間使用しても疲れない「エルゴノミクスデザイン」を採用した製品も多く発売されています。

そこで今回は、パソコン操作に欠かせないマウスの中から、手首への負担軽減や腱鞘炎予防に効果があり、快適に使えるおすすめ商品を人気ランキング形式にしてご紹介します。

疲れないマウスのおすすめランキング
第1位 ロジクール(Logicool) ワイヤレストラックボール M570t

商品価格 ¥ 4,899

マウス本体を動かす必要がなく、手首や腕にやさしいワイヤレストラックボール。自然と手にフィットする緩やかなカーブのフォルムで、長時間の操作でも疲れにくいほか、通常のマウスにはない操作性が人気です。

ロジクールUnifyingレシーバーに対応し、USBポート1つでキーボードなどのデバイスを追加接続できます。専用ソフトウェアをPCにインストールすれば操作ボタンをカスタマイズが可能。また、単三形乾電池1本で最大18ヶ月間使用できるなど、操作性と快適性に優れたマウスをお探しの方におすすめです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第2位 ペリックス(Perixx) エルゴノミクスマウス PERIMICE-608

商品価格 ¥ 1,999

垂直型のエルゴノミクスデザインを採用し、マウスを握ると自然と指が左右ボタンに当たるので手首の負担を軽減。ラバーコーティングを施された本体は、滑りにくく長時間使用しても快適です。

Webブラウザの操作が快適に行える、戻る・進むボタンを搭載。多彩な機能の割り当てが出来る6ボタンの採用で、高い操作性を実現しています。多機能かつワイヤレスなのにリーズナブルな価格が嬉しいおすすめのコスパモデルです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第3位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレスエルゴノミクスマウス 400-MA069

商品価格 ¥ 6,980

人間工学に基づいた自然な手の形で握れる形状は、手首への負担を抑え長時間使っても快適な使い心地です。このマウスの最大の特長は、マグネット接続の大中小3種類のフラップを装備していること。手の大きさや使い方に合わせた最適な形にカスタマイズできます。

表計算・文書作成・web閲覧などに便利な6つのボタンで様々な場面に対応するので、効率的な操作が可能。機能面や使いやすさ重視のマウスをお探しの方におすすめです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第4位 マイクロソフト(Microsoft) Sculpt Ergonomic Mouse L6V-00013

商品価格 ¥ 4,600

エルゴノミクスデザインに定評のあるマイクロソフトの独特なスタイルのマウス。ボールのような形状とグリップ感のあるラバー素材が、手や手首を自然なポジションにキープ。長時間のパソコン操作でも疲れを軽減し、快適な使い心地を実現しています。

スタートメニューにワンタッチでアクセスできるWindowsボタンと、上下左右に操作可能な4方向スクロールで、Webや表計算シートなどの画面操作も快適。戻るボタンも搭載されており、専用ソフトウェアをインストールすれば好みの設定に変更可能です。仕事で長時間Windows搭載パソコンを使う方におすすめ。

疲れないマウスのおすすめランキング
第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレスエルゴレーザーマウス MA-ERGW6

商品価格 ¥ 3,318

腱鞘炎になりにくいエルゴノミクスデザインを採用したワイヤレスモデル。ジョイスティックのようなスタイルで握ることにより、手首のねじれを抑えて負荷を軽減。長時間のパソコン操作でも疲れにくいマウスです。

マウスを握った時に自然に指が右左のボタンの位置にくるので操作も軽快。サイドには、戻る・進むボタンがあり、Webブラウザの操作も効率的に行えるなど使い勝手のよさもおすすめです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第6位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴレーザーマウス MA-ERG3

商品価格 ¥ 1,845

横から軽く手を添えて使う設計で手首をひねらず握ることができるので、長時間の使用でも手首への負担が少ないマウス操作ができます。

カーソルスピードの4段階切替やネットやエクセルの操作に便利なホイールボタンなど、作業効率と使い勝手のよい便利な機能も豊富。使いやすさとリーズナブルな価格がおすすめのモデルです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第7位 アプフェル(Apfel) VESSEL 腱鞘炎防止 人間工学ミニマウス AF-2207

商品価格 ¥ 1,799

エルゴノミクスマウスは大型のモデルが多いですが、本製品は手の小さい方でも握りやすく女性にもおすすめです。「何も握らない自然な状態」の手首の角度に近いマウス形状で設計されており、手に吸い付くような握り心地で長時間の使用でも疲れにくい構造です。

ネット閲覧に便利なスクロールホイールボタンをはじめ、戻る・進むボタンも搭載し、快適なマウス操作が可能。価格もリーズナブルで、他の製品ではサイズが大きいという方におすすめです。

疲れないマウスのおすすめランキング
第8位 スイフトポイント(Swiftpoint) Swiftpoint GT SM500

商品価格 ¥ 17,630

マウスの操作性とタッチパッドの快適性を兼ね備え、56×40×33mmと超小型のBluetoothマウス。重量も24gと軽量で、パソコンだけでなくスマホやタブレットなど、幅広いデバイスで利用可能です。ビジネスシーンや複数のモバイル機器を持っている方におすすめ。

さらに、スワイプやフリック、ズームなどWindows8以降のチャームメニューやアプリの切り替えを指と手首によるジェスチャー操作で行えます。ペンを使うようなスタイルで握るので、手に負担が掛からないのも魅力です。

疲れないマウスの選び方

自分の用途に合ったタイプで選ぶ

用途によってマウスのタイプもさまざまです。自分の使用シーンに最適なモデルを選ぶことで快適さに大きな差がでます。

有線タイプ

By: amazon.co.jp

ケーブルによってパソコンと接続するので、電池切れの心配もなく動作も安定しているのが特長。マウス本体が軽量で手首や腕への負担も少ないというメリットもある一方、ケーブルが絡まるなどのデメリットもあります。

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

USBポートにレシーバーを指して使うタイプと、Bluetooth接続の2タイプがあります。ケーブル接続する必要がなく、使い勝手のよさが最大のメリット。ただし、電池切れの心配やマウス本体が重くなるというデメリットがあります。

トラックボール

By: amazon.co.jp

マウス本体を動かさずボールを指で動かして操作を行うので、手首に優しく狭い場所でも使えます。ただし、通常のマウスと操作性が異なるので慣れるのに時間が掛かるという面も。また、直線的にカーソルを移動するのも苦手としています。

手のサイズに合ったもの選ぶ

靴と同じでマウスも自分の手の大きさに合ったものを選ぶことが重要です。手の収まりが悪いと疲れの原因になります。サイズに合ったもの選ぶことで、手首や腕への負担が軽くなり、長時間の操作でも疲れを感じずパソコンの操作性がアップします。

マウスの形状や操作ボタンの位置で選ぶ

By: amazon.co.jp

疲れないマウスの選びでは、マウスの形状も重要なポイントです。マウスの形状は、握ったときのフィット感の良し悪しにつながります。また、操作ボタンの位置も大切なポイントで、少ない動作で効率的な操作ができるだけで手首や腕へのストレスの軽減につながります。