長時間パソコン作業を行う方にとって、マウスの使いやすさは重要なポイント。とくに手や腕にかかる負担が軽い製品を使用すれば、作業効率のアップも図れます。しかし、パソコン周辺機器メーカーからは、数多くのマウスが販売されているので、どのモデルを購入すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの疲れにくいマウスをランキング形式でご紹介します。マウスの選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

疲れないマウスの選び方

手のサイズにあったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

マウスのサイズは、モデルによってさまざま。ユーザーの手の大きさによって最適なマウスの大きさも異なります。手の大きな方やマウスを覆うように持つ方は、大型のマウスがおすすめ。密着感が得やすく、手首をデスクに置いて操作できる点がメリットです。

人差し指や中指とマウスの間にすき間を開けて持つ方には、標準サイズのマウスがおすすめ。細かなマウスコントロールが可能なので、精密な作業に向いています。また、市販のパソコンに付属しているマウスの多くは標準サイズを採用しているので、自分の手の大きさにフィットするかチェックしてみましょう。

形状やボタンの位置で選ぶ

By: razer.com

マウスの形状やボタンの位置、数はモデルごとに異なります。左右のクリックとスクロールホイールを備えたモデルが一般的ですが、複数のボタンを搭載しているモデルや、人間工学に基づいた形状をしているモデルも存在します。

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインのマウスはフィット感が高く、手や腕にかかる負担を軽減可能。ボタンの数や位置は作業のしやすさにも関係します。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

疲れにくいマウスを選択するには、大きさだけでなく重量もチェックが必要。マウスを軽快に操作したい場合には、軽量モデルがおすすめです。また、マウスを動かす際の力が少なくて済むので、疲れにくく快適。

ただし、ある程度の重量があった方が操作しやすい場合もあるので、操作性と手や腕への負担を考慮して選択しましょう。

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスは、BluetoothやUSBレシーバーを使用してパソコンと接続するタイプ。ケーブルを煩わしく感じる方や、パソコン周りをすっきりとさせたい方におすすめです。有線接続タイプに比べると入力遅延が起こりやすいですが、最近では安定した接続が可能なモデルも多数販売されています。

また、電源はバッテリー内蔵タイプと乾電池使用タイプに分かれるので、注意が必要。本体内に充電式バッテリーを備えているモデルは、使用可能時間や充電時間、高速充電の対応有無もチェックしておきましょう。

有線

By: amazon.co.jp

有線接続タイプは、USBケーブルをパソコンに挿して使用するマウスが一般的。ケーブルを繋ぐだけで、パソコン側が自動的にマウスを認識するので、簡単に接続できる点が魅力です。

また、無線接続タイプに比べて、安定した接続が可能な点もメリット。入力遅延が気になる方におすすめです。ワイヤレスマウスよりも安価な場合が多いので、コストを重視する方にも向いています。

疲れないマウスのおすすめランキング

第1位 ロジクール(Logicool) アドバンス エルゴノミック マウス MX Vertical MXV1s

ユニークな形をした、エルゴノミクスデザインのマウスです。ある程度の慣れは必要ですが、肩を自然に下ろした状態で使えるため、手首が疲れにくいと人気。カーソル速度も切り替えでき、より少ない動きで操作できます。

ワイヤレスタイプで、3台までのパソコンを同時接続可能。カーソルの精度も切り替えでき、最高4000dpiと高精度です。複数のディスプレイ間の操作や、大画面でのマウス操作も快適にできます。

また、1分間の高速充電で最大3時間使用可能。急速充電に対応しており、昼休みなどの短時間に素早く充電できます。フル充電で最大4ヶ月間使用でき、1日中マウス操作をする方など、長時間の使用にもおすすめです。

第2位 ロジクール(Logicool) ワイヤレストラックボール M570T

トラックボールを使ってカーソルを操作できるマウスです。マウス本体を動かさないので、腕や手首などが疲れにくいモデル。マウスに緩やかなカーブをつけることで、自然な手の形で操作できるよう設計されています。

本体サイズはやや大きめながら、マウス本体を動かさずに使えるため、省スペースに使用可能。デスクを広く使いたい方にもおすすめです。

接続には高機能レシーバーを使っており、ワイヤレスで最大6台まで接続できます。マウス本体には「戻る/進む」ボタンを搭載しており、多画面の操作も快適。単3形電池1本で1年以上使えるため、バッテリー持ちも良好です。

第3位 マイクロソフト(Microsoft) スカルプト エルゴノミック マウス L6V-00013

Windowsユーザーの方におすすめのモデル。手指が疲れにくいエルゴノミクスデザインを採用。手首をひねらずに使えるボール型なので自然な姿勢をキープでき、長時間快適に使えます。

操作性も良好。Windowsボタンや4方向スクロールホイールのほか、カスタマイズ可能な戻るボタンを搭載しています。スプレッドシートやエクセルなど、広い画面のマウス操作も快適です。

単3電池2本で約9ヶ月使用可能。少々重めなので、力の強い方や、適度な重さを感じられる方が好きな方におすすめです。

第4位 バッファロー(BUFFALO) マウス BSMBW510M

「3WAYホールド形状」を採用した、エルゴノミクスデザインのマウスです。「かぶせ持ち」「つめたて持ち」「つまみ持ち」の3通りの持ち方に対応。手の形や力の入り方に合わせて、快適な姿勢でマウスを操作できます。

また、2つのサイドボタンを搭載。ホイールクリックにも対応しており、それぞれのボタンにショートカットキーを割り当てられます。より疲れにくい設計で、1日中マウス操作をしている方にもおすすめです。

単3電池1本で最大3年使え、電池持ちのよさも魅力。本体価格も比較的安く、コストパフォーマンス重視の方にもおすすめのマウスです。

第5位 Swiftpoint ProPoint SM600

ペンを持つように指先で使える、小さいマウスです。人間工学に基づいて設計されたエルゴノミクスデザインを採用しています。

ティルトジェスチャーなど独特な機能もありますが、慣れるとほとんど手を動かさずにブラウジング可能。長時間の作業も快適です。非常に軽量なので、持ち運びにも便利。

本製品はBluetooth接続のワイヤレスタイプ。高速充電に対応しており、30秒の充電で1時間使用できます。パソコンからの給電も可能。フル充電で最大4週間使用でき、バッテリー持ちのよさもおすすめのポイントです。

第6位 ペリックス(Perixx) エルゴノミクスマウス PERIMICE-719

傾斜をつけたエルゴノミクスデザインのマウスです。自然な姿勢で握れるため、手首の負担を軽減。ラバーコーティングがされており、手にフィットします。コンパクトサイズなので、手のひらが小さい方にもおすすめです。

マウス本体の側面には、親指で操作できるボタンを搭載。より手指の動きを抑えられるため、長時間マウスを使う方にもおすすめです。

また、800・1200・1600dpiの3段階に対応しており、ディスプレイサイズに合わせて使えます。Windowsのみに対応したモデルですが、静音性にも優れており、オフィスなど静かな場所でも便利です。

第7位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音Bluetoothエルゴノミクスマウス MA-ERGBT11N

全スイッチに静音機能を採用したマウスです。静かなオフィスやカフェなどでも手軽に使えるのが魅力。傾斜がついているため、手首をひねらず自然な角度で持てます。疲れにくいエルゴノミクスデザインで、長時間のマウス操作も快適です。

また、「戻る」「進む」のサイドボタンを搭載しており、カーソル速度も3段階調節に対応。800・1200・1600dpiから選択でき、さまざまな画面でスムーズにブラウザ移動できます。

底面には光沢面にも強いブルーLEDを採用しており、より高精度な読み取りが可能。手が疲れにくいマウスを初めて使う方にもおすすめです。

第8位 JTD マウス

有線タイプのエルゴノミクスマウスです。自然な角度で握れる縦持ちタイプで、着脱式のパームレストも付属。慣れは必要ですが、長時間マウスを使う方におすすめです。

また、600・1000・1600dpiの3段階に対応。画面の広さなどに合わせて調節でき、マウス移動を減らすことが可能です。サイズが異なる、複数のディスプレイを併用する方にも適しています。

大きめのサイズなので、手のひら全体にフィット。重さもあるので、どっしりとしたマウスが好みの方や、マウスのカーソル移動が少ない方に適しています。

第9位 ロジクール(Logicool) MX ANYWHERE 2S MX1600s

手の小さい方にもおすすめのコンパクトな手が疲れにくいマウスです。Bluetoothまたはレシーバーから選べるワイヤレスタイプ。最大3台までのパソコンを接続でき、マルチディスプレイでも便利に使えます。

マウス解像度も最大4000dpiと高精度。広いスプレッドシートなどでも高速スクロールが可能です。クリック・トゥ・クリックスクロールへの切り替えもでき、大画面モニターでもスムーズに使用できます。

マウス本体にはバッテリーを内蔵しており、急速充電にも対応。約3分の充電で約8時間使用できます。フル充電した場合は、1日8時間の使用でも2ヶ月以上使用でき、長時間のマウス操作にもおすすめです。

第10位 ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE サイレント マウス M590

クリック感覚を残したまま、静かに使えるマウスです。オフィスでの使用にもおすすめ。ワイヤレスタイプで、2台のパソコンへ接続できます。単3乾電池1本で最大2年間使用でき、長時間の使用にも便利です。

側面には2つのサムボタンを搭載。ブラウザの「進む」「戻る」もスムーズにできます。専用のソフトウェアを使えばカスタマイズもでき、よく使うアプリなどの登録にも便利です。

マウス解像度は1000dpiと、大画面でも快適。左右のチルトスクロールにも対応しており、より高速にスクロールできます。

第11位 マイクロソフト(Microsoft) Surface Precision Mouse

なめらかで高精度なスクロールを搭載したマウス。比較的高価ですが、追随性や正確性が魅力です。

手が疲れにくい人間工学に基づいた設計を採用。サイドグリップがついており、マウスの移動も快適にできます。Bluetoothと有線の両方に対応しており、3台のパソコンに接続可能です。

また、左右のクリック面積が広く、指への負担を軽減できるのも特徴。3つのサムボタンはカスタマイズ可能で、必要なソフトへ素早くアクセスできます。

第12位 ロキャット(ROCCAT) Kone Pure Ultra 超軽量エルゴノミクスゲーミングマウス ROC-11-730

ゲームプレイに適したコンパクトサイズのゲーミングマウスです。サイズは高さ3.9×幅7×長さ11.5cm。エルゴノミクスデザインを採用しており、素早いマウス移動が可能です。

有線タイプで、1.8mケーブルを搭載。ケーブルが長いため、デスクトップでも快適に使えます。16000dpiと高精度で、狙ったポイントへ素早く正確に移動できるのも魅力です。

激しいゲーミングにも耐えられるようタフに設計されており、手入れも簡単。とくにフィット感が良好で、手に汗握るゲームプレイにもおすすめです。

第13位 ペリックス(Perixx) エルゴノミクスマウス PERIMICE-804

自然な姿勢で持てる縦持ちタイプのエルゴノミクスデザインを採用したマウス。手のひらや親指に力が入りにくく、疲れにくい設計です。93gと軽量なので、長時間の使用にも向いています。

Bluetoothワイヤレス接続に対応しており、サイドボタンで簡単に操作可能。スクロールの下にはホットキーも搭載しており、3段階のdpiにも対応しています。カーソルの速度を変え、より快適に操作可能です。

第14位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 有線エルゴノミクスマウス MA-ERG7

手軽に使える、人間工学に基づいてデザインされたマウスです。安価なため、縦持ちのマウスを初めて使う方にもおすすめ。傾斜がついており、より自然な角度で持てます。

サイドボタンもついているので、よりスムーズな操作が可能。カーソル移動スピードも、1000dpiまたは1600dpiから2段階切り替えできます。大きさの異なるディスプレイを使う方にもおすすめです。

第15位 エレコム(ELECOM) ワイヤレスレーザーマウス M-LS14DL

光沢感のあるテーブルなどでも、スムーズに操作できるレーザー式のマウスです。2000dpiと高精度。レシーバーを用いたワイヤレスタイプなので、接続も安定しています。

エルゴノミクスデザインに基づいて設計されているため、長時間の快適なマウス操作が可能。側面にはラバーグリップがついているので、触り心地も快適です。

マウス本体のみで約60gと軽量なので、マウス移動もスムーズ。コストパフォーマンスのよさからも人気がある製品です。