長時間パソコン作業を行う方にとって、マウスの使いやすさは重要。手や腕にかかる負担が軽い製品を使用すれば、作業効率のアップも図れます。しかし、パソコン周辺機器メーカーからは、数多くのマウスが販売されているので、どのモデルを購入すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの疲れにくいマウスをランキング形式でご紹介します。マウスの選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

疲れないマウスの選び方

手のサイズに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

マウスのサイズは、モデルによってさまざま。ユーザーの手の大きさによって適したマウスの大きさも異なります。手の大きな方やマウスを覆うように持つ方は、大型のマウスがおすすめ。密着感が得やすく、手首をデスクに置いて操作できる点がメリットです。

人差し指や中指とマウスの間にすき間を開けて持つ方には、標準サイズのマウスがおすすめ。細かなマウスコントロールが可能なので、精密な作業に向いています。また、市販のパソコンに付属しているマウスの多くは標準サイズを採用しているため、自分の手の大きさにフィットするかチェックしてみましょう。

形状やボタンの位置で選ぶ

By: amazon.co.jp

マウスの形状やボタンの位置、数はモデルごとに異なるのが特徴。左右のクリックとスクロールホイールを備えたモデルが一般的ですが、複数のボタンを搭載しているモデルや、人間工学に基づいた形状をしているモデルもあります。

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインのマウスはフィット感が高く、手や腕にかかる負担を軽減可能です。ボタンの数や位置は作業のしやすさにも関係します。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

疲れにくいマウスを選択するには、大きさだけでなく重量もチェックする必要があります。マウスを軽快に操作したい場合には、軽量モデルがおすすめ。マウスを動かす際の力が少なくて済むので、疲れにくく快適に使えます。

ただし、ある程度の重量があった方が操作しやすい場合もあるため、操作性と手や腕への負担を考慮して選択しましょう。

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスマウスは、BluetoothやUSBレシーバーを使用してパソコンと接続するタイプ。ケーブルが煩わしく感じる方や、パソコン周りをすっきりとさせたい方におすすめです。有線接続タイプに比べると入力遅延が起こりやすいものの、最近では安定した接続が可能なモデルも多数販売されています。

また、電源はバッテリー内蔵タイプと乾電池使用タイプに分かれるので、注意が必要。本体内に充電式バッテリーを備えているモデルは、使用可能時間や充電時間、高速充電の対応有無もチェックしておきましょう。

有線

By: amazon.co.jp

有線接続タイプは、USBケーブルをパソコンに挿して使用するマウスが一般的。ケーブルを繋ぐだけで、パソコン側が自動的にマウスを認識するので、簡単に接続できる点が魅力です。

また、無線接続タイプに比べて、安定した接続が可能な点もメリット。入力遅延が気になる方におすすめです。ワイヤレスマウスよりも安価な場合が多いので、コストを重視する方にも向いています。

疲れないマウスのおすすめランキング

第1位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音ワイヤレスエルゴノミクスマウス MA-ERGW10N

自然な角度で手首の負担を軽減できるワイヤレスマウス。本製品はエルゴノミクス形状を採用し、手首をひねらずに快適な操作を実現したモデルです。

ボタンは一般的な右・左クリックに加えて、ホイールボタンと戻る・進むボタンも搭載しています。すべてのボタンに静音スイッチを採用しているので、深夜の作業や、公共の施設などでの利用にもぴったり。カーソル速度の変更も可能で、800・1200・1600の3段階切り替えに対応します。

レシーバーはサイズが14.5×19mmとコンパクトで、パソコン接続時の出っ張りを軽減。電源は単四乾電池を2本で駆動します。

第2位 エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール 親指操作タイプ M-XT3DRBK

トラックボールの操作性に優れたワイヤレスマウスです。本製品は直径2.5mmの大型人工ルビーを支持球に採用し、操作性を向上。また、支持球の大径化により、手垢などのゴミに埋もれにくいのもポイントです。

マウスの形状は、手の骨格や筋肉を考慮し作られており、手のフィット感にも優れています。ボタンは、戻る・進むボタンを搭載。加えて、カスタマイズが可能なボタンも1つ備えており、快適な操作を実現します。

ホイールは、左右にスクロールが可能なチルトホイールを採用しているのも嬉しいポイントです。カーソルの移動速度は750と1500カウントの2段階に切り替えられます。

第3位 ロジクール(Logicool) PRO X マウス SUPERLIGHT G-PPD-003WL

軽量性に特化したワイヤレスマウスです。本体の重量はわずか63gと軽量。加えてゼロ添加物PTFEフィートの採用により、スムーズな滑りを実現します。ゲーム用に設計されたモデルのため、遅延の少ないマウス操作が可能です。

ロジクールGブランド独自の「25Kセンサー」により、高い操作精度と速度でカーソル移動を行えます。少ない操作で大きくカーソルを移動できるので、手首が疲れにくい設計です。「POWERPLAY」対応モデルのため、専用のマウスパッドを使えば、ワイヤレス充電にも対応します。

第4位 ロジクール(Logicool) ERGOワイヤレス トラックボール M575S

エルゴノミック形状かつトラックボールの搭載により、快適に作業を行えるワイヤレスマウスです。カーソルを動かす際に腕を動かす必要がないので、手首が疲れにくい仕様です。デスク上にマウスを動かすスペースがない方にもおすすめです。

本体の形状は人間工学に基づいて作られており、さまざまな手のサイズにフィットします。トラックボールは精度に優れるほか、摩擦の少ないトラッキングを実現。高パフォーマンスのオプティカルセンサーを搭載し、電力の消費も抑えています。

デバイスへの接続は「Bluetooth Low Energy」もしくは付属のUSBレシーバーを使用。2種類の接続方法により、WindowsとMacに切り替えが可能です。

第5位 ペリックス(Perixx) 有線 エルゴノミクス マウス 人間工学デザイン PERIMICE-515II

垂直型のデザインで、手首をひねらずに握れる右手用の有線マウス。手首が横向きの状態になるので、長時間の作業でも疲れにくい設計です。サイズがやや大きめのため、手の大きい方にぴったり。価格の安さも魅力で、エルゴノミクスマウスを初めて導入したい方にもおすすめです。

本体には、戻る・進むボタンとDPIスイッチを搭載。DPIは800・1200・1600の3段階切り替えに対応します。有線式のため、動作が安定しやすく、電池の残量を気にしなくてよいのもポイントです。

第6位 ロジクール(Logicool) MX MASTER 3 アドバンス ワイヤレスマウス MX2200s

多機能のボタンと手にフィットしやすい形状が魅力のワイヤレスマウス。本製品はクリエイターやコーダーにおすすめのモデルで、随所に便利な機能を搭載しています。

ホイールは高速スクロールに対応し、膨大なページをチェックするのに便利。モードシフトボタンを押せば、ホイールをラチェットモードとフリースピンモードに切り替えが可能です。サムホイール付きで、水平スクロールにも対応します。

サムホイールの下部には戻る・進むボタンを搭載。ページの前後移動などをスムーズに行えます。ジェスチャーボタンも搭載し、ボタンをクリックしながら専用のコマンドをスムーズに入力することも可能です。

センサー解像度は4000DPIで、精度の高い操作を行えます。ガラス面を含めたさまざまな表面にトラッキングできるのもポイントです。電池の容量は、1回フル充電することで最長70日持続。接続端子はUSB TYPE Cに対応します。

第7位 ロジクール(Logicool) MX ERGOアドバンス ワイヤレス トラックボール MXTB1s

人間工学に基づいて設計されたワイヤレスマウス。本製品は手の形状に合わせて作られているほか、トラックボールの搭載により、手首が疲れにくいモデルです。また、本体は0°と20°に角度を変えられるので、使用する人に合った快適な使い心地が得られます。

スクロールホイールはカスタマイズが可能なミドルクリックに加えて、左右チルトも備えているのが便利。トラッキング速度の切り替えボタンやデバイスの切り替えボタン、戻る・進むボタンも備えており、スムーズな作業を実現します。使用するアプリ毎にボタンのカスタマイズも可能です。

バッテリーは1回のフル充電で最長4ヶ月持続。電池が切れても1分充電すれば、最長1日動作します。トラックボールは取り外しが可能なため、メンテナンス性も良好です。

第8位 スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス AEROX 3 2022エディション

本体表面を肉抜きしていることで、軽量化を実現したワイヤレスマウスです。本体の重量は68gと軽量で、手首が疲れにくい仕様。ハードな使い方が予想されるゲーム用に作られたモデルのため、高い強度と耐久性も有しています。

接続方法は、ワイヤレスドングルもしくはBluetoothの2種類です。ドングルで接続すれば、遅延が少なく操作できるのが魅力。Bluetoothは簡単に対応するデバイスへ接続できます。充電はUSB TYPE-Cで行うので、接続が容易かつ急速充電も可能です。

第9位 レイザー(Razer) Viper Ultimate RZ01-03050100-R3M1

軽量性と機能性を備えたワイヤレスマウス。本体重量はわずか74gと軽量ながらも、強度に配慮された仕様です。解像精度20000DPIを有し、マウスの繊細な動きにも対応。レイザーの「HYPERSPEED」技術により、ワイヤレスながらも高速通信が可能です。

また、内部のスイッチ構造は赤外線を利用しており、素早い応答時間を実現。誤動作が発生しにくい設計です。電池は充電式で、最大70時間使用可能。マウスフィートはPTFE素材を採用し、滑らかに操作できるのもポイントです。

第10位 ロジクール(Logicool) LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス G502 910-005572

遅延の少ない操作と豊富な機能が魅力のワイヤレスマウス。本製品は快適なゲームプレイのために設計されたマウスです。25600DPIに対応する高速トラッキングにより、最小限の動きでカーソルを操作できます。

マウスの重量は114gと軽量なのもポイント。重さが物足りない場合は、最大16gまで付属のウェイトで重さを付加できます。ロジクールのワイヤレス充電システム「POWERPLAY」にも対応しているので、専用のマウスパッドを使えば、充電の手間もかかりません。

第11位 ペリックス(Perixx) ワイヤレス エルゴノミクス マウス Mサイズ PERIMICE-608

価格が比較的安い、右手用のワイヤレスエルゴノミクスマウスです。本製品は垂直型にデザインされており、手首を自然な形に保つことが可能。手首や腕の負担を軽減できるので、長時間の作業でも疲れにくい仕様です。

本体はカスタマイズが可能なボタンを5つ搭載。機能を設定して、作業を効率化できます。表面はラバー加工を施し、滑りにくいのがポイントです。DPIは800・1200・1600に切り替え可能。電源は単四乾電池を2個使用します。

第12位 レイザー(Razer) NAGA PRO RZ01-03420100-R3A1

ボタンのカスタマイズ性を求める方におすすめのワイヤレスマウスです。本製品は3つのサイドプレートに取り替えが可能。2ボタン・6ボタン・12ボタン構成のプレートから選べるので、用途に応じて使い分けられます。

マウスとサイドプレートのボタンは、人間工学に基づいて配置されているため、操作が簡単。ゲームプレイを想定して作られており、クリックのレスポンスやセンサーの解像度に優れているのもポイントです。

第13位 Swiftpoint ProPoint SM600

鉛筆やペンを持つようにしてカーソルを操作できるワイヤレスマウスです。本体寸法は約幅44×奥行33×高さ56mmとコンパクト。手と手首を自然な位置に向けるようにデザインされており、快適な操作を実現します。マウスは充電式で、USB端子から充電が可能です。

接続はワイヤレスレシーバーおよびBluetoothに対応。Bluetoothは最大3つのデバイスにペアリングを保存できるので、デスクトップやiPadなどを使い分けている方におすすめです。

マウス本体を傾けながら操作することで、上下スクロールや横パンが可能。ジェスチャー機能も利用できます。マウスの操作は、従来の方法以外にも「プレゼンテーションモード機能」を選べるのも特徴。また、マウスを手に取ってレーザーポインターのように使用できます。

第14位 ナカバヤシ(Nakabayashi) 高速スクロール Bluetooth5.0 エルゴノミクス5ボタン BlueLEDマウス MUS-BKF177

人間工学に基づいて設計された形状と、高速スクロール機能が魅力のワイヤレスマウス。本体は約57°の傾斜角度がついており、自然な角度で握りやすい設計です。スクロールホイールは、高速スクロールと通常スクロールの2種類に切り替えられます。

また、加速度をマウスが検知して、カーソルの移動速度を自動調節する「おまかせ速度調整モード」を搭載。一般的な速度で操作する「固定モード」からワンタッチで切り替えが可能です。

デバイスとの接続はBluetoothを使用。マルチペアリング機能により、最大3台のデバイスとのペアリングに対応します。複数台のデバイスを使い分ける方におすすめです。

第15位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エルゴノミクスマウス MA-ERGBT20

スティックタイプで、握る角度がほぼ垂直になるワイヤレスマウスです。本製品はエルゴノミクス形状で、手首をひねらずにマウス操作が可能。手首部分には柔らかい素材を使用したリストレスト付きのため、手首が疲れにくい仕様です。

接続はBluetoothに対応。IRセンサーを搭載しており、省電力で長時間使用できます。電源のオン・オフスイッチも搭載し、電池の消耗を抑えられるのもポイントです。

公式サイトから専用のドライバーをダウンロードすれば、ホイールボタンの割り当て変更が可能。カーソルのスピードも、ボタンを押すだけで簡単に800と1600カウントに切り替えられます。