高性能の無線LANルーターを購入したにも関わらず、電波の状態が悪いという際に便利なのが「無線LAN中継機」。親機から発せられるWi-Fiの電波を中継して補強できるので、家の隅々までネット環境をカバーできるのが特徴です。

そこで今回は、無線LAN中継機のおすすめモデルをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

無線LAN中継機とは?

By: amazon.co.jp

無線LANを使用する際、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、無線LAN中継機といいます。無線を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められるのが特徴です。

無線LAN中継機のメリット

無線LANルーターの電波は、障害物を通るたびに弱くなってしまいます。特に部屋の数が多い場合や部屋の階が異なると顕著になり、ルーターの位置を見直したとしても限界があるので、どんなに無線LANルーターの性能が高くても広い建物の中を隅々までカバーするのは困難です。

無線LAN中継機を活用すると広範囲に電波を届けられるようになるので、例えば1階に無線LANルーターを設置していても3階の部屋でネット接続ができるようになります。

無線LAN中継機の選び方

有線LANポートの有無

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機のなかには、有線LANポートを搭載しているモデルがあります。有線LANポートがあれば、パソコンに無線LAN機能がない場合でも有線で接続できるので便利です。

古い機種のノートパソコンを使っている方や、無線LANに対応していないデスクトップパソコンを使っている方は、無線LAN中継機に有線LANポートが搭載されているかをチェックしましょう。

電源の取り方

By: rakuten.co.jp

無線LAN中継機の給電方法は、主にケーブルで電源を取るタイプとコンセントに無線LAN中継機を直接差し込むタイプがあります。コンセントに直接差し込むタイプは比較的コンパクトなモノが多いですが、使っていない差込口を無線LAN中継機で塞いでしまう恐れがあるので注意しましょう。

無線LAN中継機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

パソコン周辺機器を中心に取り扱っているメーカーです。無線LAN中継機のラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。価格と性能のバランスに優れた製品が充実しているので、初めて無線LAN中継器を購入する方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: rakuten.co.jp

アイ・オー・データの製品は、幅広い価格帯がメリット。中継機の種類も形や電源供給ごとにさまざまな製品をラインナップしているので、使用環境や価格などを考慮して最適な製品を見つけられます。

エレコム(ELECOM)

311fr527i8l

By: amazon.co.jp

高いセキュリティとリーズナブルな価格を重視している方におすすめ。価格もリーズナブルなモノから高価なモノまで幅広く、コスパに優れた製品を取り揃えています。

無線LAN中継機のおすすめランキング|1〜10位

第1位 バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-733DHP

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-733DHP

コスパの高さで人気の無線LAN中継機です。手頃な価格で購入できる製品にも関わらず、デュアルバンド同時接続に対応しているのが特徴。「親機-中継機」と「中継機-接続機器」の通信を別々の帯域で使用できるため、通信速度が半減せず、快適なWi-Fi環境を実現できます。

接続方法はコンセントへの直挿し方式。上のポートを塞がないすっきり設計なので、2個口コンセントを有効に活用できます。また、WPS対応なので、対応Wi-Fiルーターとの組み合わせであれば、WPSボタンを押すだけで簡単に設定できるのも魅力です。対応のWi-Fi規格は11ac/a/n/g/b。最高433Mbpsの転送速度が利用できます。

第2位 バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-1166DHP2/D

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-1166DHP2/D

設置場所を選ばない多機能な無線LAN中継機です。接続方法はコンセントへの直挿しのほか、付属の延長コードを利用した据え置きの両方に対応。加えて、WPSボタンも搭載されているので、初心者でも簡単に使用できます。

ビームフォーミング機能に対応しているのも特徴。接続機器の位置を自動で判別して最適な電波を届けられるので、安定した転送速度でWi-Fiが利用できます。また、縦横両方向への送信に対応する可動式アンテナを採用しているので、2階建て以上の住宅にもおすすめです。

対応のWi-Fi規格は11ac/a/n/g/bで、最高転送速度は866Mbps。ギガビット対応のLANポートを搭載しているのもポイントです。

第3位 ティーピーリンク(TP-Link) RE200/R

ティーピーリンク(TP-Link) RE200/R

無線LAN機器で人気のメーカーが手掛けるモデルです。気軽に導入できる価格にも関わらず、デュアルバンドで最高750Mbpsという高速通信を実現しているのが特徴。最新規格の11acのほかに下位規格にも互換性があるので、幅広い機器で使用できます。

接続方法はコンセントへの直挿し。また、本体底部にLANポートを備えているのも特徴で、利用時は下側のコンセントを使用できなくなるのは難点ですが、付属のLANケーブルを挿入することで有線LAN接続も利用できます。WPSボタンや、接続状況が一目でわかるLEDインジケーターを搭載しているのもポイントです。

第4位 ティーピーリンク(TP-Link) RE450

ティーピーリンク(TP-Link) RE450

戸建て住宅におすすめのハイスペックな無線LAN中継機です。コンパクトなデザインにも関わらず、デュアルバンドに対応するアンテナを3基備えているのが特徴。2.4GHz(最高450Mbps)と5GHz(最高1300Mbps)の両帯域を同時利用することで広範囲で快速なWi-Fi通信を実現しています。

WPS対応の「REボタン」で導入も簡単。本体前面にあるLEDシグナルインジケーターが良好な接続状態を示するので、適切な置き場所を探しやすいのも特徴です。

ギガビット対応のLANポートも搭載。さらに、本製品を無線アクセスポイントとしても使えるので、有線LANルーターを無線化できます。

第5位 バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-733DHPS

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-733DHPS

コンパクト設計で置き場所を選ばない無線LAN中継機です。接続には直挿し方式を採用しており、コンセントのある場所ならどこでも設置が可能なので、トイレや浴室の前など据え置き型の中継機を置きにくい場所にも簡単に設置できます。

電波強度を示すLEDインジケーターを搭載するので、最適な置き場所を楽に探せるのも特徴。また、初期設定はWPSボタンを押すだけと簡単なのも魅力です。

中継機用SSIDを使用して親機との接続切り替えが手動でできるのもポイント。うまく接続できない場合も使用機器を確実に中継機と繋げられます。また、デュアルバンド同時接続に対応するのも特徴です。

第6位 日本電気(NEC) Aterm W1200EX PA-W1200EX

日本電気(NEC) Aterm W1200EX PA-W1200EX

NECが誇る独自の先端技術「極技」が盛り込まれたハイスペックな無線LAN中継機です。電磁ノイズを遮断する「μEBG構造」と電波の放射効率をアップさせる「μSRアンテナ」を搭載。加えて、最新規格の11acと2ストリーム(2×2)に対応するので、最高867Mbpsでの安定した高速通信が利用できます。

中継機-接続機器間を5GHz帯と2GHz帯両方の周波数帯で同時接続できる「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」を搭載。親機となる無線LANルーターや接続機器の通信規格を気にすることなく、快適に中継接続が行えます。

接続方法はコンセントへの直挿し。WPSボタンで初期設定が簡単にできるのも魅力です。

第7位 バッファロー(BUFFALO) AirStation WEX-G300

バッファロー(BUFFALO) AirStation WEX-G300

使い勝手のよさで人気の無線LAN中継機です。Wi-Fi規格は11n/g/bに対応し、転送速度は最高300Mbps。中継機としての性能はやや控えめですが、価格が安いので気軽に導入できます。

ギガビット対応のLANポートを4基内蔵するのも特徴で、無線LAN接続に対応していない機器も簡単に無線化が可能。デスクトップPCやプリンターなどを無線LANルーターから離れた場所で使いたい方におすすめです。

Smart ExRateに対応するバッファローの無線LANルーターと組み合わせれば、より安定した通信を利用できるのもポイント。ウェブサイトのページ表示やファイルのダウンロードがスムーズに行えます。

第8位 バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-1166DHPS

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower WEX-1166DHPS

コンパクト設計にも関わらず高速Wi-Fi通信が利用できる無線LAN中継機です。上方のコンセント口を塞がないデザインや、デュアルバンド同時接続などの便利な機能に加えて、通信速度の速さが特徴です。

高速Wi-Fi規格11acへの対応と2×2アンテナを内蔵しているのがポイント。2GHz帯では下位機と同じ最高300Mbpsですが、5GHz帯では倍の最高866Mbpsまで高速化しています。また、通信品質の安定性も向上しているので、複数のスマホやPCを繋いでも動画再生やダウンロードがスムーズにできるのが魅力です。

第9位 アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-G300EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-G300EXP

テーブルタップでも使用できる無線LAN中継機です。壁のコンセントへの直挿し以外に、タコ足配線用のテーブルタップでも使えるのが特徴。本体サイズも幅約4.2×奥行き約4.2×高さ約3.3cmと小型なので、隣のコンセントを塞がずに使用できます。

対応Wi-Fi規格は11n/g/bで、通信速度は最高300Mbps。性能はやや控えめですが、ボタン1つで簡単に接続が開始できるWPSボタンや、電波強度が一目でわかるLEDインジケーターなどの便利な機能を搭載しています。

親機の無線LANルーターとは別のSSIDを設定できる「SSID変更機能」もポイント。使う場所に合わせて接続先をスムーズに選べます。

第10位 ティーピーリンク(TP-Link) RE650

ティーピーリンク(TP-Link) RE650

部屋数の多い住宅におすすめのハイスペックな無線LAN中継機です。強力な4基のアンテナとデュアルコアCPUを内蔵するのが特徴。接続機器の位置や距離を判別して最適な電波を届けるビームフォーミングと組み合わせることで、親機の通信範囲を大きく凌駕する広範囲で安定したWi-Fi通信を実現しています。

デュアルバンド同時接続にも対応。4ストリームによって帯域が増強されており、2.4GHz帯で最高800Mbps、5GHz帯で最高1733Mbpsの高速通信が利用できます。4K解像度でのゲーミングや動画配信などの高負荷な通信用途にもおすすめです。また、ギガビット対応のLANポートも搭載しています。

無線LAN中継機のおすすめランキング|11〜20位

第11位 エレコム(ELECOM) WRC-300FEBK-R

エレコム(ELECOM) WRC-300FEBK-R

コンパクトなデザインと手頃な価格で人気の無線LAN中継機です。対応Wi-Fi規格は11n/g/b、通信速度は最高300Mbpsと性能はやや控えめですが、価格が安いのが魅力。1人暮らしの方で寝室のWi-Fi環境を手軽に改善したい方などにおすすめです。

接続方法はACアダプターを使用した据え置き。WPSボタンを搭載するのでワンタッチで接続が開始できます。また、小型デザインながらLANポートを内蔵するのも特徴。無線LAN非対応のデスクトップPCを無線化したり、据え置き型ゲーム機の通信速度を改善したりする際などに重宝します。

第12位 アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-AC1167EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-AC1167EXP

複数台中継に対応したコンパクトな無線LAN中継機です。複数台の製品を並列または直列で接続することでWi-Fi電波の有効範囲をさらに広げられるのが特徴。本製品1台だけでは電波が届きにくい場所がある場合に重宝します。

接続方法はコンセントへの直挿しですが、隣のコンセントを塞がないコンパクトなデザインも特徴。また、LEDインジケーターで電波の強度が一目でわかるので、最適な設置場所を探しやすいのも魅力です。

対応Wi-Fi規格は11ac/a/n/g/b。5GHz帯で最高867Mbpsの転送速度が利用できます。

第13位 ティーピーリンク(TP-Link) TL-WA855RE

ティーピーリンク(TP-Link) TL-WA855RE

手軽にWi-Fiの有効範囲を広げられる安価な無線LAN中継機です。11n対応の外部アンテナを左右に搭載しており、コンパクトなボディながら最高300Mbpsの転送速度を実現。コンセントに直挿しするだけで自宅のWi-Fi環境をより快適なものに改善できます。

設定は無線LANルーターのWPSボタンと本製品の「REボタン」を押すだけと簡単。電波強度を表示するLEDインジケーターを備えるので、適切な置き場所が楽に探せます。

「電源スケジュールモード」の搭載もポイント。専用アプリから電源のオン/オフを切り替える時間帯の設定ができます。

第14位 バッファロー(BUFFALO) AirStation connect WEM-1266

バッファロー(BUFFALO) AirStation connect WEM-1266

無線LANルーターと同等の通信品質を実現するメッシュWi-Fi中継機。利用するには親機となるAirStation connectシリーズのメッシュWi-Fiルーターが必要ですが、独自の「メッシュ機能」に対応しているのが特徴です。

ルーターと中継機が相互に連携して情報共有しつつWi-Fiネットワークを移動構築するので、従来の無線LAN中継機と違って手動での設定が必要ありません。また、安定して繋がる中継機への接続を自動でアシストするため、どの部屋にいても高画質な動画再生やオンラインゲームが快適に楽しめます。

対応Wi-Fi規格は11ac/a/n/g/bで、通信速度は最高866Mbps。多数の機器を繋げても安定したWi-Fi接続が維持できるため、多くの機器を一度に利用する家庭におすすめです。

第15位 日本電気(NEC) Aterm W1200EX-MS PA-W1200EX-MS

日本電気(NEC) Aterm W1200EX-MS PA-W1200EX-MS

人感センサーを搭載した、無線LAN中継機です。設定した時間帯に人の動きを検知すると照明ランプが一定時間点灯するので、夜間トイレに行く際などちょっとした移動時に重宝します。

また、設定した時間帯で人感センサーが人を検知した場合は、専用アプリやメールを通じて通知を受け取れるのも特徴。指定した時間帯に検知しなかった場合にも通知が届くので、子供や高齢の親など家族の帰宅を外出先からでも把握できます。

専用アプリでは中継機に接続している機器の一覧表示も可能。各接続機器に対して接続の許可や拒否、制限など詳細な設定を行えます。

第16位 ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X4 EX7300-100JPS

ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X4 EX7300-100JPS

1台で3役がこなせる使い勝手の優れた無線LAN中継機です。中継機として使える「エクステンダーモード」以外に、有線LANルーターを無線化できる「アクセスポイントモード」にも対応。さらに、ギガビット対応のLANポートを備えるので、無線LANルーターから離れた場所にあるデスクトップPCや、ゲーム機などの有線機器をWi-Fiに接続できます。

対応Wi-Fi規格は11acで、デュアルバンド合計で最高2200Mbpsの通信速度を実現。独自の「FastLane機能」で中継用と子機用の周波数を分けるため、Wi-Fiに接続する機器が増えても通信速度が遅くなりにくいのが特徴です。

第17位 エレコム(ELECOM) WTC-1167US-B

エレコム(ELECOM) WTC-1167US-B

設置場所を選ばない超薄型の無線LAN中継機です。本体サイズは幅約3.5×奥行き約1×高さ約11.5cmで、スリムなデザインが採用されているのが特徴。また、接続方式は可動式USBコネクタによる直挿しのため、USB充電器やモバイルバッテリーでも使用できます。

コンパクトボディながら高速規格の11acに対応し、5GHz帯で最高867Mbps、2.4GHz帯で最高300Mbpsの通信速度が利用可能。WPSボタンで簡単に設定もできるので、帰省時の実家やイベント会場などでWi-Fi電波を補強する用途にもおすすめです。

第18位 ティーピーリンク(TP-Link) Deco M3W

ティーピーリンク(TP-Link) Deco M3W

家中を移動しても接続が途切れず利用できるメッシュWi-Fi中継機です。使用にはDecoシリーズのメッシュWi-Fiルーターが必要ですが、導入後は本製品をコンセントに直挿しするだけでWi-Fiを簡単に拡張できます。

メッシュWi-Fiでは単一のSSIDによる広大なネットワーク環境を構築できるのが特徴。従来の無線LANルーターと中継機のように場所を移動する度に接続が途切れないので、自宅内の移動中でもシームレスに動画やゲームが楽しめます。

ペアレンタルコントロール機能の搭載もポイント。専用アプリからはフィルターレベルや時間制限を設定できるので、子供を過剰なネット利用や有害サイトの脅威から遠ざけられます。

第19位 プラネックス(PLANEX) DANBOARD WIRELESS LANEXTEND DB-WEX01

プラネックス(PLANEX) DANBOARD WIRELESS LANEXTEND DB-WEX01

つい人に見せたくなる可愛らしい無線LAN中継機です。ベストセラーコミック『よつばと!』から生まれた人気キャラクター「ダンボー」を忠実に立体再現したデザインが特徴。原作通りに目が光るなどのギミックも搭載されているので、他人とは違ったユニークな無線LAN中継機を探している方にもおすすめです。

無線LAN中継機としての機能も十分。対応Wi-Fi規格は11n/g/bで、通信速度は最高300Mbpsが利用できます。給電はmicroUSBポートから行うので、スマホ用の充電器やケーブルが使用可能です。また、専用アプリ「見えルンです!」からは接続機器の一覧表示・個別無効化・利用制限などが行えます。

第20位 バッファロー(BUFFALO) AirStation Pro WAPM-1266R

バッファロー(BUFFALO) AirStation Pro WAPM-1266R

店舗・スクール・イベント会場などのWi-Fi環境の拡張におすすめの無線LAN中継機です。プロ向け機能として「DFS障害回避機能」を搭載。レーダー監視専用アンテナで干渉しないチャンネルを常に把握しており、航空レーダーや気象レーダーを検知しても無線LANを止めずに自動で瞬時にチャンネルを切り替えられるので、中断することなくWi-Fiを利用できます。

対応Wi-Fi規格は11ac/a/n/g/bで、通信速度は最高866Mbps。また、省電力モードの多台数のタブレットとも滞りなく通信できるように設計されているので、カルチャースクールやセミナー会場でも重宝します。

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

無線LAN中継機を設置する際の注意点

By: amazon.co.jp

無線LANに関しては親機だけでなく、無線LAN中継機の設置場所も重要。Wi-Fiを受信するノートパソコンやスマホとの距離は近い方が望ましいですが、ほかの通信機器と電波が干渉しないようにするのがポイントです。

床への直置きや低い場所は避ける

Wi-Fiの電波は障害物を通り抜けられますが、その分電波の強度が弱くなってしまいます。そのため、床や棚の下段など、低い場所に設置するのはおすすめできません。

窓際や部屋の隅は避ける

無線LAN中継機の電波は円状に広がるので、窓際や部屋の隅に置くと効率がよくありません。電波を広く行き渡らせるためには部屋の中心に近い場所に設置するのがおすすめです。

無線LAN中継機の周囲5cm以内に物を置かない

無線LAN中継機を安定的に使い続けるためには、熱がこもらない環境を整えるのもポイント。パソコンの排気が当たる場所に設置するのは避けましょう。また、スタンドなしで横置きする場合、下に布を敷いてしまうと無線LAN中継機があたたまりやすくなるので注意が必要です。

水槽や花瓶、加湿器の近くに置かない

水槽や花瓶、加湿器など中に水が入っているモノの近くに設置すると電波に影響を及ぼす可能性があるので、水が入った家具やインテリアの近くは避けて設置するのがおすすめです。

電子レンジの近くに置かない

Wi-Fiの電波には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がありますが、2.4GHz帯は電子レンジなど多くの家電製品にも利用されているので、電波干渉の原因となります。干渉が起きると電波強度が低下したり、不安定になったりするので、それらから離して無線LAN中継機を設置するか、5GHz帯の電波で接続しましょう。

複数設置は広範囲だが安定性は低下

無線LAN中継機を設置したにもかかわらず、Wi-Fiの電波が届きにくい場合は、さらに中継機を追加する選択肢もあります。無線LAN中継機を複数用意することでさらに広範囲に拡大可能です。

ただし、Wi-Fiの電波は中継される回数が多いほど通信の安定性が低下してしまうので、その点は留意しておきましょう。