高性能の無線LANルーターを購入したにも関わらず電波の状態が悪いという際に便利なのが、「無線LAN中継機」。親機から発せられるWi-Fiの電波を中継して補強できるので、家の隅々までネット環境をカバーしてくれるのが特徴です。

そこで今回は、無線LAN中継機についての説明と人気メーカーを取り上げつつ、おすすめ製品をランキング形式でご紹介。家中どこでも通信できる中継機の仕組みを理解して、快適なネット環境を整えてください。

無線LAN中継機とは?

By: amazon.co.jp

無線LANを使用する際、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、無線LAN中継機と言います。無線を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められるのが特徴です。

無線LAN中継機のメリット

無線LANルーターの電波は、障害物を通るたびに弱くなってしまいます。特に部屋の数が多い場合や部屋の階が異なると顕著になり、ルーターの位置を見直したとしても限界があるので、どんなに無線LANルーターの性能が高くても広い建物の中を隅々までカバーするのは困難です。

無線LAN中継機を活用すると広範囲に電波を届けられるようになるので、例えば1階に無線LANルーターを設置していても3階の部屋でネット接続ができるようになります。

無線LAN中継機の選び方

有線LANポートの有無

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機のなかには、有線LANポートを搭載していているモデルがあります。有線LANポートがあれば、パソコンに無線LAN機能がない場合でも有線で接続できるので便利です。

古い機種のノートパソコンを使っている方や無線LANに対応していないデスクトップパソコンを使っている方は、無線LAN中継機に有線LANポートが搭載されているかをチェックしましょう。

電源の取り方

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機の給電方法は、主にケーブルで電源を取るタイプとコンセントに無線LAN中継機を直接差し込むタイプがあります。コンセントに直接差し込むタイプは比較的コンパクトなモノが多いですが、使っていない差込口を無線LAN中継機で塞いでしまう恐れがあるので注意しましょう。

無線LAN中継機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器を中心に取り扱っているメーカーです。無線LAN中継機のラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。価格と性能のバランスに優れた製品が充実しているので、初めて無線LAN中継器を購入する方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

アイ・オー・データの製品は、幅広い価格帯がメリット。中継機の種類も形や電源供給ごとにさまざまな製品をラインナップしているので、使用環境や価格などを考慮して最適な製品を見つけられます。

エレコム(ELECOM)

311fr527i8l

By: amazon.co.jp

高いセキュリティとリーズナブルな価格を重視している方におすすめ。価格もリーズナブルなモノから高価なモノまで幅広く、コスパに優れた製品を取り揃えています。

無線LAN中継機のおすすめランキング|第1位〜第10位

第1位 バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-733DHP

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-733DHP

バッファローのコンセントに直挿しタイプの無線LAN中継機。コンセントプラグが本体上部にあるので、上のコンセント口を塞ぐことなく使用できます。本体のWPSボタンを押すだけで設定が完了し、スマホやタブレット側の設定を変更する必要もないのですぐに使い始めることが可能。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しています。2帯域同時利用が可能なので一度にたくさんの機器を同時接続しても安定した速度で利用可能。Wi-Fi接続が必要な端末をいくつも所有している方や家族の人数が多い方におすすめの製品です。簡易パッケージ版もラインナップされているので、そちらを選択すれば価格を抑えられるのも嬉しいポイント。

中継機用のSSIDに接続を切り替えることもできるので、うまく中継機と接続できない場合でもこの機能を利用すれば確実に繋げられます。また、LEDの点灯状態から電波の強度を確認可能。ボタンひとつで非点灯にもできるので便利です。

第2位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-F1167AC

エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-F1167AC

エレコムのスタイリッシュなデザインが特徴の無線LAN中継機です。店頭パッケージ版と簡易パッケージ版がラインナップ。コンセントに直挿しして使用するタイプで、同社から販売されている「平型トリプルタップ(T-TR3WH)」が本体上部のスペースに収まるように設計されています。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応。通信速度は最大867Mbpsの高速通信が可能です。4つの中継モードを搭載しており、環境に合わせて最適なモードを自動で選択してくれるので常に最適な速度で通信ができます。

また、デュアルバンドに対応しているので両周波数帯を同時に中継可能。WPSボタンを押すだけで簡単に設定できるので便利です。本体に搭載されたランプからは電波の強度を確認でき、適切な設置場所が一目でわかるのもポイント。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

第3位 バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-1166DHP2/N

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-1166DHP2/N

バッファローの高機能なWi-Fi中継機。2mのL型AC延長コードとスタンドが付属するので、コンセント直挿しだけでなく据え置きでの設置も可能です。コンセント直挿しした場合でも上のポートを塞がない設計になっています。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、最大866Mbpsの高速通信が可能。デュアルバンドに対応しているので、一度にたくさんの機器を接続しても快適に通信できます。設定はWPSボタンを押すだけなので簡単。

本体上部のアンテナは可動式なので、電波を強調したい方向に向けることでより快適な通信環境を構築できます。端末の位置や距離を判別して適切に電波を届けてくれる「ビームフォーミング機能」にも対応。また、テレビを無線でインターネット接続する際に必要となる「イーサネットコンバーター」としても使用できるので便利です。

第4位 アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LANルーター中継機 WN-AC1167EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LANルーター中継機 WN-AC1167EXP

アイ・オー・データのコンセント直挿しタイプの無線LAN中継機。隣のコンセントを塞がないコンパクトなデザインが特徴です。WSPボタンを押すだけで簡単に設定ができるので、詳しい知識がなくても簡単に接続して使用できます。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、デュアルモード搭載なのでどちらの帯域も同時に接続可能。親機が2.4GHzにしか対応していない場合でも、本製品と端末は5GHzで接続ができます。11ac規格に対応した867Mbpsの高速通信が可能なのも嬉しいポイントです。

中継機用SSIDを手動で変更すれば、間違って電波の弱い親機に繋がってしまう心配もないので安心。また、中継機を2台設置すれば、さらに電波の範囲を拡大できるので便利です。

第5位 エレコム(ELECOM) 超薄型11ac対応Wi-Fi中継機 WTC-1167US-B

エレコム(ELECOM) 超薄型11ac対応Wi-Fi中継機 WTC-1167US-B

エレコムの超薄型タイプの無線LAN中継機。業界最薄を謳っており、35×10×115mmのコンパクトサイズを実現しています。コネクタはUSBタイプなのでコンセントに接続する場合は電源アダプタが必要になりますが、モバイルバッテリーなどに接続して使用することも可能なので便利です。

また、コネクタ部分は可動式になっているので、設置場所を選ばないのも嬉しいポイント。通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、それぞれ867Mbpsと300Mbpsの通信速度を実現しています。

端末と接続する際、電波の混雑状況を把握して自動で空いている帯域に誘導してくれる「バンドステアリング」を搭載。また、本製品に搭載された「ビームフォーミングZ」機能により、電波の届きにくい場所や障害物の多い場所でも快適な通信が可能です。

第6位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE200

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE200

ティーピーリンクの多機能なWi-Fi中継機。コンセント直挿しタイプで、隣接するポートを塞がない仕様になっています。本製品にはイーサネットポートがあるので、有線機器をWi-Fi接続するための無線アダプターとしても使用可能。

また、ルーターに有線接続してアクセスポイントとしても使用できます。通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、デュアルバンドで最大750Mbpsの通信速度を実現。

WSPボタンを押すだけで簡単に設定できるので使い慣れていない方でも安心です。また、WSPでの接続ができない場合でも専用のアプリ「Tether」を使用すれば簡単に接続可能。価格も抑えめでコスパに優れたおすすめの製品です。

第7位 アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

アイ・オー・データのコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機です。本体サイズは幅42×奥行き42×高さ33mmと非常にコンパクト。コンセントに挿した際、ほかのポートの邪魔になることもありません。

通信帯域は2.4GHzに対応しており、最大300Mbpsの通信速度を実現。WSPボタンを押すだけで簡単に接続でき、スマホやタブレットなどの端末は設定を変更する必要がないのも嬉しいポイントです。

また、親機がWSPに対応していない場合でも、スマホから簡単に設定できるので便利。「SSID変更機能」が搭載されているので、誤って電波の弱い親機に繋がってしまう心配もないので安心です。

第8位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE300

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機  RE300

ティーピーリンクのコンセントに直接挿して使用するタイプのWi-Fi中継機。本製品を複数台接続することにより、従来の中継機よりも親機に負担をかけることなく広範囲に安定した電波を届けられる「メッシュWi-Fi環境」を構築できます。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、最大867 Mbpsの高速な通信速度を実現。デュアルバンドにも対応しており、最大32台の端末を同時に接続できます。設定はWSPボタンや専用アプリ「Tether」から簡単に行えるので便利です。

また、本体前面に搭載されたシグナルインジケーターが電波強度を教えてくれるので、最適な場所に設置できます。メッシュWi-Fi環境を構築できる製品なので、広い家に住んでいる方やWi-Fi接続が必要な端末をいくつも持っている方におすすめです。

第9位 日本電気(NEC) 無線LAN中継機 PA-W1200EX

日本電気(NEC) 無線LAN中継機 PA-W1200EX

NECの多機能なWi-Fi中継機。コンセント直挿しタイプで、隣のコンセント口を塞がない仕様になっています。LANポートを1つ備えているのでパソコンや親機と直接接続して使用することも可能。「こども安心ネットタイマー」を活用すれば子どものWi-Fiの使用に制限をかけられるので、子どもがいる方にもおすすめの製品です。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯で、最大867Mbpsの高速通信を実現。デュアルバンド対応なので両方の帯域を同時に使用可能です。本製品のアンテナには基盤から発生する電磁ノイズを遮断する「マイクロEBG構造」が採用されているので、より安定した通信速度を実現しています。

端末の位置を検出して集中的に電波を送信してくれる「ビームフォーミング」機能を備えているのも魅力のひとつです。専用アプリ「Aterm スマートリモコン」を使用すれば、接続されている端末の管理や詳細な設定が行えるので便利。照明やセンサーとしての役割を果たす人感センサーを搭載したランプを備えているのも嬉しいポイントです。

第10位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE650

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE650

ティーピーリンクの4つの高品質なアンテナを備えたコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機。このアンテナは可動式で、Wi-Fiの範囲を最大1300m²まで拡大してくれます。LANポートを1つ備えているので、アクセスポイントとしての使用や有線LANしか使用できない端末のWi-Fi化が可能です。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応。通信速度はそれぞれ1733Mbpと800Mbpsという優れた性能を備えています。デュアルバンド接続に対応しているので、どちらの帯域にも同時に接続可能。設定はWSPボタンやティーピーリンクの専用アプリ「Tether」などから簡単に行えます。

ビームフォーミング機能により本製品が端末の位置を把握して電波を飛ばしてくれるので、常に安定した通信が可能です。本体前面の「インテリジェント信号ライト」を確認すれば、最適な設置位置を素早く確認できるのも嬉しいポイント。高速な通信速度を誇り、効果的に無線LANの通信エリアを拡大してくれるおすすめの製品です。

無線LAN中継機のおすすめランキング|第11位〜第20位

第11位 ネットギア(NETGEAR) Wi-Fi中継機 NighthawkX6S EX8000-100JPS

ネットギア(NETGEAR) Wi-Fi中継機 NighthawkX6S EX8000-100JPS

ネットギアの据え置きタイプのWi-Fi中継機。通信帯域は2.4GHz帯と2つの5GHz帯に対応したトライバンド仕様の製品です。通信速度はぞれぞれ400Mbps・866Mbps・1733Mbps。これらのうち1つの帯域を中継用として使用するので中継時、帯域の半減を回避することが可能。

使用中のルーターと同じSSIDのまま接続でき、メッシュWi-Fiにも対応しています。電波が弱く感じる部屋に本端末を増設すれば、さらに広範囲に快適な通信環境を構築可能。また、部屋を移動した際、途中でWi-Fiを切り替える必要もないので便利です。

セットアップはWSPボタンを押すだけで簡単にできます。4つのLANポートを備えているので、親機や複数の端末と有線接続可能。さまざまな端末に接続でき、高速な通信環境を整えることが可能なおすすめの製品です。

第12位 バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS

バッファローのコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機。ハイパワーながらもコンパクトなデザインが特徴の製品です。隣接するコンセントを塞ぐことなく設置できるように設計されています。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、最大866Mbpsの通信速度を実現。本体下部にLANポートが搭載されているので、親機や有線機器と直接接続して使用することも可能。

端末を狙って適切に電波を届けてくれるビームフォーミング機能を搭載しているので、より高速で安定した通信が行えます。また、バッファローの専用アプリ「StationRadar」を使用すれば、簡単に適切な設置場所を見つけられるので便利です。

第13位 WAVLINK Wi-Fi無線LAN中継機 WL-WN575A3-WI

WAVLINK Wi-Fi無線LAN中継機 WL-WN575A3-WI

WAVLINKのコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機。本体から飛び出た4本の可動式アンテナが特徴で、電波を飛ばしたい方向に向けることでより安定した通信が可能です。本体下部にはWANポートとLANポートを備えています。有線機器との接続やアクセスポイントとしても使用できるので便利です。

通信帯域は5GHzと2.4GHzに対応。通信速度はそれぞれ867Mbpsと300Mbpsと良好です。デュアルバンドに対応しているので、両帯域を同時に使用できるので、一度にたくさんの端末を接続できます。WSPボタンを押すだけで簡単にセットアップできるので、使い慣れていない方でも安心です。

また、本体前面に搭載されたインテリジェントランプは電波の強度を示してくれるので、最適な設置場所を見つけられます。あまりなじみのないメーカーですが、技適マークを取得しているので日本でも安心して使用できる製品です。

第14位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 TL-WA855RE

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 TL-WA855RE

ティーピーリンクのコスパに優れたWi-Fi中継機。コンセント直挿しタイプで左右から飛び出た2本のアンテナが特徴です。LANポートが搭載されているので、ルーターに接続させてアクセスポイントとしても使用可能。

通信帯域は2.4GHzに対応しており、通信速度は300Mbpsです。設定はルーターのWPSボタンと本製品のREボタンを押すだけなので簡単。また、LEDランプが電波の受信状況を示してくれるので、適切な設置場所を見つけるのに役立ちます。

ティーピーリンクの専用アプリ「Tether」を使用すれば、接続状況のモニタリングや設定を行えるので便利です。電源のオンオフの時間を設定できる「電源スケジュール 」機能が搭載されているのも魅力のひとつ。コンパクトで価格も抑えめな使い勝手のよいおすすめの製品です。

第15位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WRC-300FEBK-R

第15位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WRC-300FEBK-R

バッファローの据え置きタイプのWi-Fi中継機。縦置き・横置き・壁掛けに対応しているので場所を選ばず、使用環境に合わせて好みの設置方法を選べるので便利です。また、約3cmの薄型ボディなので、狭い隙間などへの設置も可能。

11n規格に対応しており、最大300Mbpsの通信速度を実現しています。WSPボタンを押すだけで簡単に設定でき、SSIDをそのまま引き継ぐのですぐに端末を接続して使用可能。

LANポートは4つ搭載されています。有線機器の無線化や端末と直接有線接続して高速通信ができるので便利です。また、中継機用のSSID設置設定することができるので、電波の弱い親機と間違って接続されてしまう場合に役立ちます。

第16位 WAVLINK Wi-Fi中継機 WLAMJP2C-WN575A4

WAVLINK WiFi中継機 WLAMJP2C-WN575A4

WAVLINKのコンセント直挿しタイプのWi-Fi中継機。本体はコンパクトで冷却用の通気口があるので高い放熱性能を有しています。コンセントプラグは本体上部にあるので、隣接するコンセント口を塞ぐ心配もありません。

通信帯域は5GHzと2.4GHzに対応しており、最大867Mbpsの高速通信が可能。左右に搭載された2本の稼働式アンテナがより広範囲へと電波を届けてくれます。WSPボタンを押すだけで簡単にセットアップでき、端末側の設定変更は必要ないのですぐに使い始められるのが魅力です。

本体下部にLANポートを備えているので、無線機器の有線化やアクセスポイントとしても使用できるので便利。高速な通信速度と基本的な性能を有したおすすめの製品です。

第17位 プラネックス(PLANEX) 無線LAN中継機 DANBOARD DB-WEX01

プラネックス(PLANEX) 無線LAN中継機 DANBOARD DB-WEX01

プラネックスの可愛らしい見た目が特徴のWi-Fi中継機。人気漫画「よつばと!」シリーズに登場するキャラクターである「ダンボー」を再現した製品です。給電は本体背面に搭載されたmicroUSB端子から行います。

通信帯域は2.4GHzに対応。設定は親機と本製品のWSPボタンを押すだけで簡単に行えるので便利です。背面に搭載されたLANポートを活用することで有線機器を無線化して使用することもできます。

頭の横のスイッチを押すことで目の部分が光る仕様になっており、消灯・点灯・ステータスに切り替え可能。遊び心があり、部屋を彩るアクセサリーとしても活躍してくれるおすすめの製品です。

第18位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE305/A

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継機 RE305/A

ティーピーリンクの高性能なアンテナを搭載したコンパクトなWi-Fi中継機。隣接するコンセント口を塞がないコンセント直挿しタイプの製品です。LANポートを搭載しているので、無線アクセスポイントとしても使用可能。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しており、通信速度はそれぞれ867Mbpsと300Mbpsを実現。デュアルバンドに対応しているので、一度にたくさんの端末と接続しても快適に通信できます。

また、本体上部のシグナルインジケーターが適切な設置場所を教えてくれるので便利。専用アプリを使用すれば詳細な設定なども行えます。安定した性能を備えたおすすめの製品です。

第19位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-300HWH

エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-300HWH

エレコムのコンパクトな無線LAN中継機。厚さ22mm・高さ47.5mmのスリムなデザインなので、隣接するコンセント口を塞ぐことなく狭いスペースでも設置できるのが特徴です。

通信帯域は2.4GHzで300Mbpsの通信速度に対応。電波の強度を示してくれるLEDランプが搭載されているので設置場所に困ることはありません。設定はWSPボタンから簡単に行えるので便利です。価格も抑えめでコスパに優れたおすすめの製品です。

第20位 NETVIP 無線LAN中継機 ZQ-HX519

NETVIP 無線LAN中継機 ZQ-HX519

NETVIPのコンセント直挿しタイプの無線LAN中継機。LANポートを備えているので有線機器の無線化やアクセスポイントとしても使用できる製品です。通信帯域は2.4GHzに対応。

設定はWSPボタンを押すだけで簡単にでき、端末側で設定の変更を行うことなくすぐに使い始められます。価格も抑えめなので、気軽にWi-Fiの電波を拡張できるおすすめの製品です。

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

無線LAN中継機を設置する際の注意点

By: amazon.co.jp

無線LANに関しては親機だけでなく、無線LAN中継機の設置場所も重要。Wi-Fiを受信するノートパソコンやスマホとの距離は近い方が望ましいですが、ほかの通信機器と電波が干渉しないようにするのがポイントです。

床への直置きや低い場所は避ける

Wi-Fiの電波は障害物を通り抜けられますが、その分電波の強度が弱くなってしまいます。そのため、床や棚の下段など、低い場所に設置するのはおすすめできません。

窓際や部屋の隅は避ける

無線LAN中継機の電波は円状に広がるので、窓際や部屋の隅に置くと効率がよくありません。電波を広く行き渡らせるためには部屋の中心に近い場所に設置するのがおすすめです。

無線LAN中継機の周囲5cm以内に物を置かない

無線LAN中継機を安定的に使い続けるためには、熱がこもらない環境を整えるのもポイント。パソコンの排気が当たる場所に設置するのは避けましょう。また、スタンドなしで横置きする場合、下に布を敷いてしまうと無線LAN中継機が温まりやすくなるので注意が必要です。

水槽や花瓶、加湿器の近くに置かない

水槽や花瓶、加湿器など中に水が入っているモノの近くに設置すると電波に影響を及ぼす可能性があるので、水が入った家具やインテリアの近くは避けて設置するのがおすすめです。

電子レンジの近くに置かない

Wi-Fiの電波には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がありますが、2.4GHz帯は電子レンジなど多くの家電製品にも利用されているので、電波干渉の原因となります。干渉が起きると電波強度が低下したり、不安定になったりするので、それらから離して無線LAN中継機を設置するか、5GHz帯の電波で接続しましょう。

複数設置は広範囲だが安定性は低下

無線LAN中継機を設置したにもかかわらず、Wi-Fiの電波が届きにくい場合は、さらに中継機を追加する選択肢もあります。無線LAN中継機を複数用意することでさらに広範囲に拡大可能です。

ただし、Wi-Fiの電波は中継される回数が多いほど通信の安定性が低下してしまうので、その点は留意しておきましょう。