「高性能の無線LANルーターを購入して設置したのに、電波の状態が悪い」と思った時に活用すべきなのが、無線LAN中継機。親機から発せられるWi-Fiの電波を中継して補強してくれるので、家の隅々までカバーしてくれるのが特長です。

そこで今回は、無線LAN中継機についての説明と人気メーカーを取り上げつつ、おすすめ製品をランキング形式でご紹介。家中どこでも通信できる中継機の仕組みを理解して、快適なネット環境を整えてください。

無線LAN中継機とは?

By: amazon.co.jp

無線LANを使用する時、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、無線LAN中継機と言います。無線を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められるのが、無線LAN中継機の特長です。

無線LAN中継機のメリット

%e7%84%a1%e7%b7%9alan%e4%b8%ad%e7%b6%99%e6%a9%9f%e7%94%bb%e5%83%8f

By: buffalo.jp

無線LANルーターの電波は、障害物を通るたびに弱くなってしまいます。特に部屋の数が多い場合や部屋の階が異なると顕著になり、ルーターの位置を見直したとしても限界があり、どんなに無線LANルーターの性能が高くても広い建物の中を隅々まで届けるのは困難です。

無線LAN中継機を活用すると広範囲に電波をカバーできるようになるので、例えば1階に無線LANルーターを設置して3階の部屋でネット接続できるようになるのが無線LAN中継機のメリットです。

無線LAN中継機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ラインナップ製品が豊富に取り揃っているバッファロー。用途に合わせて買い替えの必要が生じたときも、ほぼ確実にユーザーのニーズにあった製品を選べるのが特長です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

31ahkihkll

By: amazon.co.jp

アイ・オー・データの製品は、価格帯がメリット。なお、そこまで大きな不具合は発生しないものの、電波環境が鉄壁になるかと言えばそこまでではないので、許容範囲は階がひとつ違う程度までなので、購入する際はユーザーのニーズと懐事情と考慮しましょう。

エレコム(ELECOM)

311fr527i8l

By: amazon.co.jp

セキュリティとリーズナブルな価格を重視している方におすすめ。コスパ良好とまでは言えないモデルもありますが、総じて価格帯に対して機能性が見合う製品を取り揃えています。

無線LAN中継機の選び方

有線LANポートの有無

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機の中には、有線LANポートが搭載していているモデルがあります。これは、例えばパソコンに無線LAN機能がない場合に活用が考えられます。

無線LANの親機からWi-Fiの電波を飛ばして中継機でキャッチし、有線LANケーブルを経由してパソコンと接続するという仕組みです。古い機種のノートパソコンを使っている方や無線LANに対応していないデスクトップパソコンを使っている方は、チェックすべき項目です。

電源の取り方

By: amazon.co.jp

主に、ケーブルで電源を取るタイプとコンセントに無線LAN中継機を直接差し込むタイプがあります。コンセントに直接差し込むタイプはおおむねコンパクトなモノが多いですが、使っていない差込口を無線LAN中継機でふさいでしまう恐れがあるので注意しましょう。

無線LAN中継機を設置する際の注意点

By: amazon.co.jp

無線LANに関しては親機(本機)だけでなく、無線LAN中継機の設置場所も重要。Wi-Fiを受信するノートパソコンやスマホ(子機)との距離は近い方が望ましいが、電波が干渉しないようにするのがポイントです。

床への直置きや棚の下段に設置するのは避ける

Wi-Fiの電波は障害物を通り抜けられるが、その分弱くなってしまいます。よって、無線LAN中継機を床に直接置いてしまったり、棚の下段に置くのはおすすめできません。

窓際や部屋の隅は避ける

無線LAN中継機の電波は円状に広がるので、窓際や部屋の隅に置くと非効率的。電波を広く行き渡らせるためには中心となる位置に設置するのがおすすめです。

無線LAN中継機の周囲5cm以内に物を置かない

無線LAN中継機を安定的に使い続けるためには、熱がこもらない環境を整えることもポイント。パソコンの排気が当たる場所に設置するのはNGです。また、スタンドなしで横置きする場合、下に布を敷いてしまうと無線LAN中継機が温まりやすくなるので、注意しましょう。

水槽や花瓶、加湿器の近くに置かない

水槽や花瓶、加湿器に関しては中に入っている水が電波障害に大きな影響を及ぼすので、近くに無線LAN中継機を設置するのはやめましょう。

電子レンジの近くに置かない

Wi-Fiの電波には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がありますが、2.4GHz帯は電子レンジなど多くの家電製品にも利用されているので、電波干渉の原因となります。解決策としてはそれらから離して無線LAN中継機を設置するか、5GHz帯の電波で接続しましょう。

複数設置は広範囲だが安定性は低下

無線LAN中継機を設置したにもかかわらず、Wi-Fiの電波が届きにく場合はさらに中継機を追加するのも選択肢としてはアリ。無線LAN中継機を複数用意することでさらに広範囲に拡大することができます。

ただし、Wi-Fiの電波は中継される回数が多いほど通信の安定性が低下してしまうので、その点は留意しておきましょう。

無線LAN中継機のおすすめランキング|1位~10位

第1位 バッファロー(BUFFALO) WEX-1166DHP

電波の届きづらかったお風呂などでもしっかり電波を届ける無線LAN中継機。従来製品のモノと比較すると2倍以上の速度でWi-Fiの電波を届けるのが特長です。

親機から中継機、中継機から子機をそれぞれ違った帯域で同時使用するデュアルバンド同時接続方式を採用しているので、通信速度の低下を防ぐことが可能。また、子機の位置を自動判別し最適に電波を届けるビームフォーミング機能があるので使い勝手も良好です。

第2位 ティーピーリンク(TP-Link) RE200

ルーターのWPSボタンと本製品のREボタンを押すだけで接続が完了し、以後再設定不要で使える無線LAN中継機。パソコンが不慣れな方にも扱いやすいのでおすすめです。

有線LANアダプターも搭載しているので、無線が使えないPCのための中継機としても役立ちます。実勢価格3000円以下とリーズナブルなのもポイントです。

第3位 バッファロー(BUFFALO) WEX-G300

LANポートが4つも搭載されている無線LAN中継機。ちなみに、本製品を有線接続で使うと1000Mbpsの高速通信が可能なので、インターネット光回線を使用している家庭におすすめです。

Wi-FiルーターにSmart ExRate対応のバッファロー製ルーターを使用すれば、より通信を安定させることが可能。設置方法も縦置き、横置き、さらに壁掛けまで対応できるのもポイントです。

第4位 日本電気(NEC) PA-W1200EX

2ストリーム対応の無線LAN中継機が本製品。データの流れがスムーズになり、安定した高速通信に対応できるのが特長です。

中継機を複数台つないで「親機-中継機-中継機-子機」のように使用することも可能。中継機と子機を並列に接続することもできます。

さらに、専用アプリをインストールすれば、中継機に接続している子機一覧を表示することができるので、外部からの不正な侵入を見張ることもできるのもポイントです。

第5位 アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-G300EXP

コンセントに差し込んで使用するタイプのの無線LAN中継機。縦横42mm×奥行33mmとコンパクトサイズかつ、親機と本製品のWPSボタンを押すだけで接続できるため、スマートにネットワーク環境を拡張できます。

赤点灯が「未接続」、青点滅が「電波が弱い」、青点灯が「快適な電波」と接続状況がしっかりと把握できるのも特長。Wi-Fiの電波を目で確認したい方におすすめです。

第6位 バッファロー(BUFFALO) WAPM-1266R

本製品1台を親機とした際に、計256台の子機と接続することができる無線LAN中継機。Wi-Fi以外の機器から出るノイズを自動的に感知して、チャンネルを変更する機能が搭載しているので、ビルが密集する環境でも快適にネット接続できます。オフィスのWi-Fi環境を改善したい際におすすめです。

第7位 バッファロー(BUFFALO) WEX-733DHP

コンセントに差し込む形で使用する無線LAN中継機が本製品。標準の2個口コンセントであれば、他の差込口を圧迫することなく使用できるモデルです。

電波の強度をLEDの点滅で表示するため、現在の電波状況が直感的にわかります。ボタンひとつで親機と接続できるので、使い勝手も良好です。

第7位 ティーピーリンク(TP-Link) RE450

3本のアンテナが特徴的なコンセントに差し込むタイプの無線LAN中継機。隅々にまで電波を中継できるのが特長で、広い住宅環境でも対応できる1台です。

インテリジェントシグナル探知システムを搭載し、親機から距離が遠すぎるかどうかを青と赤の光で本体前面に表示。ギガビットの有線LANポートもひとつ搭載しているのもポイントです

第8位 ヤマハ(YAMAHA) WLX202

コンパクトなオフィスや店舗でのWi-Fi環境改善におすすめの無線LAN中継機。2.4GHz帯、5GHz帯でそれぞれ50台まで同時に接続することができるのが特長です。

なお、本製品はネットワークに関するすべての設定をGUIで対応。「L2MSスレーブ」という機能もあり、LANマップから配線状態や端末の接続状況の把握や監視を行うことが可能です。

第9位 プラネックスコミュニケーションズ(Planex Communications) MZK-EX750NP

本体前面が犬の顔になっている可愛らしい無線LAN中継機。コンセントに差し込んで使用するモデルですが、本体前面にコンセントのソケットがついているため、コンセント口がふさがれる心配がありません。

LEDインジケータが親機との最適な距離を測ってくれるので、常に快適に電波を中継することが可能。また、LEDがまぶしくなったときは消灯することもできます。WPSボタンで一発で親機と接続可能。親機にWPSボタンが付いていなくても、簡単に設定することができます。

第10位 バッファロー(BUFFALO) WXR-1750DHP

無線LANルーターには中継機能を搭載した機種もあります。純粋な無線LAN中継機と比べて、通信速度が優れているのが特長です。

無線LAN中継機はアンテナが多くても2×2しかなく、通信速度にストレスを感じる場合も考えられます。無線LAN中継の専用機と比較すると高価ではありますが、検討する余地はあります。

本製品は3本の大型可動式アンテナを搭載しており、全方向に高速かつ安定した電波を届けることができるのがポイント。また、電波の混雑を解消する「バンドステアリング」にも対応しているので、使い勝手は良好です。

無線LAN中継機のおすすめランキング|11位~20位

第11位 バッファロー(BUFFALO) WAPM-1750D

法人向け無線LAN中継機の高性能モデル。公平通信制御機能が搭載しているため、例えばタブレットで同時に接続した場合も、すべてのタブレットで平等にデータ通信を行うことが可能です。

なお、端末対応数は100台。無線LAN集中管理システムの「WLS-ADT」に対応しているため、導入や障害対応を一目で確認できるのもポイントです。

第12位 プラネックスコミュニケーションズ(Planex Communications) DB-WEX01

大人気アニメキャラクターのダンボーデザインの無線LAN中継機。無線としてだけではなく、背面の2つのLANポートと接続してテレビやレコーダーなどを優先で接続することも可能です。

本体のソフトウェアは自動的に更新される仕組みなのもポイント。電源はスマホの充電と同じmicroUSB経由での充電方式を採用しています。

第13位 ヤマハ(YAMAHA) WLX402

法人向け無線LAN中継機。無線の電波を最適化するための反射板、通信状況に対応するための外部アンテナなどの機能が搭載されたモデルです。

また、本体のUSBポートにUSBメモリーを差し込むことによって無線ログを集約する機能があるため、トラブル時の無線ログなどもすべて確認することが可能です。

第14位 エイスース(ASUSTek) RP-AC52

持ち運びにも便利なコンセントタイプの無線LAN中継機。Wi-Fiアクセスポイントの機能を搭載しているため、外出先のホテルの有線LANを接続すれば、Wi-Fi化することも可能です。

通常の無線LAN中継機としての機能以外にも、スピーカーと接続してスマホとのワイヤレス通信で音楽を流したり、LEDのライトとして活用できたりと、あると便利な機能も搭載しています。

第15位 ネットギア(NETGEAR) EX7300-100JPS

無線LAN中継機の機能に加えて、親機とLANでつないでWi-Fiアクセスポイントにする機能や本体のLANポートで有線接続する機能が搭載されているモデル。専用アプリ「NETGEAR WiFi Analytics」を利用すると、混雑状況やネットワークの状態を確認することも可能です。

第16位 ティーピーリンク(TP-Link) EAP245

シーリングライトのように天井に取り付けるタイプの無線LAN中継機。EAPコントローラーソフトウェアを使用すれば、数百台のアクセスポイントをコントロールして、アクセス管理することが可能。

また、コーヒーショップや空港の無線LANで見かけるキャプティブポータル機能を搭載しているため、セキュリティ高いWi-Fi環境を構築することができるモデルです。

第17位 エレコム(ELECOM) WTC-1167HWH

2.4GHzと5GHzの周波数帯を自動的に調整して、最適な通信設定ができる無線LAN中継機。コンセントに差し込むタイプで、最大2台による「親機-中継機-中継機-子機」の接続が可能で、電波の強度がランプで一目でわかるのもポイントです。

第18位 ネットギア(NETGEAR) WAC720-10000S

ビジネス向けの無線LAN中継機。通常、無線LAN中継機は子機それぞれに対してネットワーク接続を行う必要がありますが、本製品は管理画面から一括で設定する「アンサンブルモード」を搭載しているので、容易にWi-Fi環境を整えることができます。

また、夜間など利用時間に合わせて電波のオンオフ切り替えも可能。効率的な無線LAN中継機を求めている方におすすめです。

第19位 アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-AC1167EXP

アンテナ内蔵のコンセントに差し込むタイプの無線LAN中継機。サイズは約W71×H33×D103mmで重量は約130gです。

今まで親機と直接接続していたスマホやパソコンなども、親機のSSIDと暗号キーをそのまま中継する仕様のため、再設定の必要がないのが特長。実勢価格は5000円以下なので、コスパ良好のおすすめモデルです。

第20位 アイ・オー・データ(I-O DATA) WHG-AC1750A-E

法人向けの無線LAN中継機。認証サーバーと組み合わせることによって、特定のユーザーだけに接続を許可することができるのが特長です。

また、有料にはなりますが、オフィスの電波環境を事前に調査して、オフィスの設置場所や正しい設定を検証するサービスも利用することが可能。オフィスでセキュリティに配慮した無線LAN中継機を設置したい際におすすめです、

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。