高性能の無線LANルーターを購入したにも関わらず電波の状態が悪いという際に便利なのが、「無線LAN中継機」。親機から発せられるWi-Fiの電波を中継して補強できるので、家の隅々までネット環境をカバーしてくれるのが特徴です。

そこで今回は、無線LAN中継機についての説明と人気メーカーを取り上げつつ、おすすめ製品をランキング形式でご紹介。家中どこでも通信できる中継機の仕組みを理解して、快適なネット環境を整えてください。

無線LAN中継機とは?

By: amazon.co.jp

無線LANを使用する際、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、「無線LAN中継機」と言います。無線を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められるのが特徴です。

無線LAN中継機のメリット

無線LANルーターの電波は、障害物を通るたびに弱くなってしまいます。特に部屋の数が多い場合や部屋の階が異なると顕著になり、ルーターの位置を見直したとしても限界があるので、どんなに無線LANルーターの性能が高くても広い建物の中を隅々までカバーするのは困難です。

無線LAN中継機を活用すると広範囲に電波を届けられるようになるので、例えば1階に無線LANルーターを設置していても3階の部屋でネット接続ができるようになります。

無線LAN中継機の選び方

有線LANポートの有無

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機の中には、有線LANポートを搭載していているモデルがあります。有線LANポートがあれば、パソコンに無線LAN機能がない場合でも有線で接続できるので便利です。

古い機種のノートパソコンを使っている方や無線LANに対応していないデスクトップパソコンを使っている方は、無線LAN中継器に有線LANポートが搭載されているかをチェックしましょう。

電源の取り方

By: amazon.co.jp

無線LAN中継器の給電方法は、主にケーブルで電源を取るタイプとコンセントに無線LAN中継機を直接差し込むタイプがあります。コンセントに直接差し込むタイプは比較的コンパクトなモノが多いですが、使っていない差込口を無線LAN中継機でふさいでしまう恐れがあるので注意しましょう。

無線LAN中継機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

無線LAN中継器のラインナップ製品が豊富に取り揃っているバッファロー。用途に合わせて買い替えの必要が生じたときも、ほぼ確実にユーザーのニーズにあった製品を選べるのが特徴です。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

アイ・オー・データの製品は、幅広い価格帯がメリット。中継器の種類も形や電源供給ごとにさまざまな製品をラインナップしているので、使用環境や価格などを考慮して最適な製品を見つけられます。

エレコム(ELECOM)

311fr527i8l

By: amazon.co.jp

高いセキュリティとリーズナブルな価格を重視している方におすすめ。価格もリーズナブルなモノから高価なモノまで幅広く、総じて価格に対して機能性に優れた製品を取り揃えています。

無線LAN中継機のおすすめランキング|第1位〜第10位

第1位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE200

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE200

初めての方でも使いやすいおすすめの無線LAN中継機です。所有しているルーターのWPSボタンと本モデルのREボタンを押すだけで、ネットワーク接続が完了します。AndroidまたはiOSの専用アプリをダウンロードすれば、さらに詳細な設定ができて便利です。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応。それぞれ433Mbps・300Mbpsの速度が出るので快適に通信できます。高速通信をしたいなら5GHz、障害物の電波干渉が気になるなら2.4GHzと使い分けて利用できるのがポイント。

また、本モデルは安定して通信できる有線LANポートを搭載しています。一般的な無線LANルーターと互換性があり、幅広く使えるのが魅力。ネットワーク機器の操作に不慣れな方でも安心して使える、高性能なおすすめの無線LAN中継機です。

第2位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHPS

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHPS

通信環境が悪いところへも高速にしっかり電波を届けられる無線LAN中継機です。内蔵された2×2本のアンテナによって親機の電波をしっかりキャッチし、所有する通信機器へ安定して電波を送信します。電波の届かないお風呂場などでも快適に使えるのがうれしいポイントです。

また、最適な設置場所を探しやすいLEDランプを採用しています。3段階で電波強度を確認できるので、接続状況を把握する際にも便利。WPSボタンを押せば非点灯にできるため、寝室に設置した場合でも夜に光が気になりません。

さらに、iPhoneやiPadの通信環境を改善するビームフォーミング機能を搭載しています。対応した製品の距離や位置を判別して適切に電波を届けるので、通常よりも通信環境が安定するのがメリット。親機の電波を通信機器へしっかり届けられるおすすめの無線LAN中継機です。

第3位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継器 WRC-300FEBK-R

エレコム(ELECOM) 無線LAN中継器 WRC-300FEBK-R

テレビにつないで有線接続できる無線LAN中継機。テレビが無線LANに対応していなくても、中継機の有線LANポートを使って無線通信できるのが便利です。LANケーブルが付属しているので、中継機とテレビを簡単に繋げます。

また、接続する親機に制限がない「ユニバーサルリピーター方式」を採用しているのもポイント。一般的なWi-Fiルーターであれば広く対応しているので、安心して設定できるのが魅力です。

本モデルの電源方式はケーブルを採用しています。コンセントから離れた場所に自由に設置できるのが特徴です。有線LANポートは合計で4つ搭載。Wi-Fi非対応機器の接続にも対応したおすすめの無線LAN中継機です。

第4位 アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

設置しても邪魔になりにくい無線LAN中継機。わずか4.2cmのコンパクト設計なので、コンセントに差し込んでもほかの機器を接続する余裕が取れるのがメリットです。

また、電波の強さが分かる3段階のランプ機能を搭載しています。赤と青、点滅のパターンで電波の接続状況が分かるため、状況に合わせて設置場所を柔軟に変更できるのがうれしいポイントです。

Wi-Fiの設定は、親機と本製品のWPSボタンを押すだけで完了します。再設定が不要で購入してからすぐに使えるのが魅力。ホワイトカラーで部屋の雰囲気になじみやすく使いやすいおすすめの無線LAN中継機です。

第5位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE650

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE650

高速通信ができる無線LAN中継機です。転送速度は5GHz帯で1733Mbps、2.4GHz帯で800Mbpsと良好なので、親機の電波をすばやく通信機器へ届けられます。外に付けられた4本のアンテナで通信の安定性を増強することが可能です。

また、同時通信をしても速度が落ちない「MU-MIMO」機能を搭載しています。2台のスマホを同時に接続しても、どちらかの機器の速度が落ちることなく均等に通信できるのが特徴です。

さらに、高性能なインテリジェント処理エンジンを搭載しています。Wi-Fi端末の要求をバランスよく処理するので、子機との通信をスムーズに安定して行えるのが魅力。ハイエンドな無線LAN中継機を探している方におすすめの無線LAN中継機です。

第6位バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-G300

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-G300

無線LANルーターの形に似たおすすめの無線LAN中継機。設置は縦置き・横置き・壁掛けを使い分けられるので、部屋の環境に合わせて柔軟に対応できます。

また、有線LANポートを合計で4つ搭載しているのもポイント。テレビを繋げて無線通信できるので、イーサネットコンバーターとしても使えます。電源方式はケーブルなので、有線機器と近づけやすいのもメリットです。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しています。5GHz帯では最大300Mbpsの速度が出るので、高速通信をしたい方にもおすすめ。無線LAN中継機としてはもちろん、有線LANの無線化も可能な便利モデルです。

第7位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-733DHP

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-733DHP

広範囲に電波を飛ばすことができる無線LAN中継機。HighPower機能を採用することで、今まで電波の届かなかった死角のエリアでも快適に通信できるのが魅力です。建物は3階の高さまで対応しています。

また、Wi-Fi対応機器の引継ぎ設定が簡単に設定可能。本機のWPSボタンを押すだけで、詳細な設定をせずに中継機として使えます。手動の中継機用SSIDを切り替えるスイッチによって、電波の強い通信機器へと手動で切り替えられるのも特徴です。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しています。それぞれ433Mbps、300Mbpsの速さで通信が可能です。必要な機能が揃っていて使いやすい、おすすめの無線LAN中継機です。

第8位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2

据え置きとコンセント直挿しのどちらにも対応できるWi-Fi中継機。しっかりとWi-Fiルーターの電波を拡大できるので、バスルームなどのドアを隔てた部屋でもスマホやタブレットを使いたい方におすすめです。

本製品はビームフォーミング機能を搭載しているのが特徴。子機となる端末の位置を自動で判別し、中継器からの電波をピンポイントで届けることができるので、電波ロスが少ないのが魅力です。

また、5GHzと2.4GHzの2帯域同時利用が可能なので通信帯域が広く、さまざまな機器を同時に接続する際も安心。さらに可動式アンテナを採用しているので、縦方向ないし横方向への電波強化を行いたい際にも便利です。現状のネット環境に不満がある方はぜひ導入を検討してみてください。

第9位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 TL-WA850RE

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 TL-WA850RE

コンパクトなサイズで使いやすい無線LAN中継機。コンセント直差しタイプにも関わらず、ほかのコンセント穴を邪魔しにくいのがうれしいポイントです。

有線LANポートを搭載し、ゲーム機・Blu-rayプレーヤー・DVRといったさまざまな機器を無線通信できるのが特徴。イーサネットコンバーターと無線中継機の2つの用途で使えるため、ビジネスから家庭まで幅広く活用できます。

また、接続までの設定が簡単なのも魅力です。ボタンを押した後に、親機のWPSボタンを2分以内に押下すればネットワーク接続が完了します。コストパフォーマンスに優れてコンパクトなおすすめの無線LAN中継機です。

第10位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2/N

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2/N

コンセント直差しとケーブル接続を選択できる無線LAN中継機。コンセント直差しで邪魔になる場合はケーブルに変えて接続するというように、利用環境に合わせて柔軟に設置できるのが特徴です。

また、大きなアンテナが親機の電波をキャッチしやすいのもうれしいポイント。1階にある親機の電波を2階で受信して、3階へ届けるといった使い方もできます。5GHz帯と2.4GHz帯に対応しているため、障害物の有無に合わせて自由に帯域変更できるのが便利です。

さらに、電波を適切に届けるビームフォーミング機能を搭載。普段届きにくい場所でも、通信機器の種類を認識して集中的に電波を送信します。必要な機能が揃ったおすすめの無線LAN中継機です。

無線LAN中継機のおすすめランキング|第11位〜第20位

第11位 ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE205

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN中継器 RE205

設定が簡単にできる無線LAN中継機。Wi-Fiルーターと無線LAN中継機のWPSボタンを押せば、即座に接続が完了します。スマホやパソコンのブラウザや、専用のアプリを介して詳細な設定ができるのが便利です。

通信速度は5GHz帯で433Mbps、2.4GHz帯で300Mbpsと高速なのもポイント。これまでWi-Fiが届かなかった場所でも快適に通信できます。「ハイスピードモード」を設定すれば、使われていない帯域を所有する機器と通信して伝送速度が向上させることが可能です。

さらに、最大32台までの機器と接続できるのも魅力。家にスマホやパソコンといった通信機器がたくさんあっても、中継機がスムーズに電波を送信します。簡単に設定できる上、高速に通信できるおすすめの無線LAN中継機です。

第12位 ワブリンク(Wavlink) Wi-Fi無線中継器 WL-WN518W2-BL

ワブリンク(Wavlink) Wifi無線中継器 WL-WN518W2-BL

滑らかなカーブデザインが特徴のおすすめの無線LAN中継機。電源方式はコンセント直差しで、有線LANポートを搭載しています。テレビやゲームといった有線機器を無線化できて便利。

また、高速通信ができる「11ac」の無線規格に対応しています。最大300Mbpsと伝送速度が速いのが魅力です。動画やゲームなど容量が大きいデータを送る際に快適に通信できるのがうれしいポイント。

通信帯域は2.4GHz帯に対応しています。障害物があっても遠くまで電波が届きやすいのがメリットです。なお、本体の説明書は英語なので注意してください。価格も安価でコストパフォーマンスに優れたおすすめの無線LAN中継機です。

第13位 アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-AC1167EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi中継機 WN-AC1167EXP

面倒な設定が不要な無線LAN中継機。「SSID変更機能」を搭載しているので、通信機器の位置が変わっても再度親機のアクセスポイントを設定する必要がなく、簡単に通信可能です。

また、親機と中継器の接続設定は、WPSボタンを押せばすぐに接続が完了します。親機のSSIDと暗号キーをそのまま利用するため、子機で設定する必要がなく快適です。

通信帯域は5GHz帯と2.4GHz帯に対応。中継機との距離や障害物の有無に合わせて、適切な帯域を選択できるのが魅力です。通信速度はそれぞれ867Mbps、300Mbpsと良好。子機や中継機、親機の面倒な設定が必要ないおすすめの無線LAN中継機です。

第14位 ネットギア(NETGEAR) Wi-Fi中継機 EX7300-100JPS

ネットギア(NETGEAR) Wi-Fi中継機 EX7300-100JPS

高速な通信速度を誇る無線LAN中継機。5GHz帯と2.4GHz帯に対応したデュアルバンド型で、2200Mbpsと高速に中継できます。特にオンラインゲームなどで通信量の多い機器を使用する方におすすめです。

また、通信の品質を向上させる「メッシュWi-Fi」機能を搭載しているのもポイント。対応するルーターを組み合わせることで、接続台数が増えても通信が重くなりにくく、快適に通信できるのが特徴です。

さらに、通信速度の低下を防ぐ「Fast Lane」機能を採用しています。中継器用と子機用で帯域が分かれるので、シンプルで高速な通信ができて快適。価格は約1万円前後と高めですが、できるだけ速く通信したいときにおすすめの無線LAN中継機です。

第15位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-F1167AC

エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-F1167AC

シンプルな形で設置しやすい、おすすめの無線LAN中継機。幅68mm、高さ98mmで3個口タイプのコンセントに収まるスッキリした設計です。自宅の壁やインテリアになじみやすいシンプルカラーなのもうれしいポイント。

本モデルは、多様な中継機能を搭載しています。5GHz帯または2.4GHz帯で中継しそのまま送信する「シングルモード」、5GHz帯と2.4GHz帯両方の電波を中継し送信する「デュアルモード」、それぞれを中継機で変換して送信する「クロスバンドモード」など、多彩な通信方法を選べるのが魅力です。

また、最大で867Mbpsと高速の通信速度を有しています。アンテナの配置が最適化された「ハイパワーアンテナ」を搭載し、電波を出力しやすいのが特徴。多彩な通信方法を選べる上、設置もしやすいおすすめの無線LAN中継機です。

第16位 dodocool 無線LAN中継器 FRWEGETH0369

dodocool 無線LAN中継器 FRWEGETH0369

コンパクトに設置できる、おすすめの無線LAN中継機。電源方式はコンセント直差し型です。左右に大きなアンテナがついているのが特徴で、受信電波の損失を低減し、安定して送信できるのが魅力。

通信帯域は2.4GHz帯に対応しています。最大300Mbpsの速度なので、中継しても極端に速度が落ちることなく快適に通信できるのがうれしいポイントです。WPSボタンを押すだけで簡単に親機との接続が完了するため、初めて無線LAN中継機を使う方でも安心して使えます。

さらに、有線LANポートを搭載。有線のみに対応したゲームやテレビといった機器を無線化できるのが便利です。これまで死角だった場所へ安定して電波を届けられる、おすすめの無線LAN中継機です。

第17位 エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-300HWH

エレコム(ELECOM) 無線LAN中継機 WTC-300HWH

小型タイプで自宅のコンセントに差しやすい、おすすめの無線LAN中継機。大きさは幅約58.5mm、奥行き22mm、高さ47.5mmと極小サイズなので設置しやすいのがメリットです。簡易的な通信であれば十分に活躍します。

また、親機との設定が簡単なのもポイント。両方のWPSボタンを押すだけで完了するので、Wi-Fiの知識がない方でも迷わずに接続可能です。さらに、中継機の設定や詳細の設定はブラウザの管理画面でスムーズに行えます。

通信帯域は2.4GHz帯に対応。最大300Mbpsの速度が出るので、極端に通信速度が低下する恐れがありません。特に少ない台数で簡素な通信をしたい方におすすめ。シンプルな小型デザインで自宅に設置しやすい無線LAN中継機です。

第18位 アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN中継機 WN-AG300EXA

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN中継機 WN-AG300EXA

有線や無線で接続できるおすすめの無線LAN中継機。有線LANポートを2つ搭載しているので、テレビやゲームなどの無線化に便利です。5GHz帯と2.4GHz帯に対応しているので家や家具の状況に合わせて柔軟に電波を変更できます。

また親機と子機の設定が簡単なのも魅力。親機と本モデルのWPSボタンを押せば接続が完了し、子機との設定が必要ないため、初めて使う方でも安心して利用できます。

さらに、障害物が多い環境や離れた場所でもつながりやすくする「ハイパワー設計」なのも特徴。特に2世帯住宅や3階建ての家でも、十分に電波を届けることができます。簡単に設定できる上、マルチな使い方ができるおすすめの無線LAN中継機です。

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

無線LAN中継機を設置する際の注意点

By: amazon.co.jp

無線LANに関しては親機だけでなく、無線LAN中継機の設置場所も重要。Wi-Fiを受信するノートパソコンやスマホとの距離は近い方が望ましいですが、ほかの通信機器と電波が干渉しないようにするのがポイントです。

床への直置きや低い場所は避ける

Wi-Fiの電波は障害物を通り抜けられますが、その分電波の強度が弱くなってしまいます。そのため、床や棚の下段など、低い場所に設置するのはおすすめできません。

窓際や部屋の隅は避ける

無線LAN中継機の電波は円状に広がるので、窓際や部屋の隅に置くと効率がよくありません。電波を広く行き渡らせるためには部屋の中心に近い場所に設置するのがおすすめです。

無線LAN中継機の周囲5cm以内に物を置かない

無線LAN中継機を安定的に使い続けるためには、熱がこもらない環境を整えるのもポイント。パソコンの排気が当たる場所に設置するのは避けましょう。また、スタンドなしで横置きする場合、下に布を敷いてしまうと無線LAN中継機が温まりやすくなるので注意が必要です。

水槽や花瓶、加湿器の近くに置かない

水槽や花瓶、加湿器など中に水が入っているモノの近くに設置すると電波に影響を及ぼす可能性があるので、水が入った家具やインテリアの近くは避けて設置するのがおすすめです。

電子レンジの近くに置かない

Wi-Fiの電波には2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がありますが、2.4GHz帯は電子レンジなど多くの家電製品にも利用されているので、電波干渉の原因となります。干渉が起きると電波強度が低下したり、不安定になったりするので、それらから離して無線LAN中継機を設置するか、5GHz帯の電波で接続しましょう。

複数設置は広範囲だが安定性は低下

無線LAN中継機を設置したにもかかわらず、Wi-Fiの電波が届きにくい場合は、さらに中継機を追加する選択肢もあります。無線LAN中継機を複数用意することでさらに広範囲に拡大可能です。

ただし、Wi-Fiの電波は中継される回数が多いほど通信の安定性が低下してしまうので、その点は留意しておきましょう。