「無線LAN中継機」は、無線LANルーターが発するWi-Fiの電波を補強するためのアイテム。家の隅々までネット環境をカバーするのに役立ちます。また、高性能な無線LANルーターを使用してもWi-Fiの電波状態が悪い場合に便利です。

そこで今回は、無線LAN中継機のおすすめモデルをご紹介。選び方も詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

無線LAN中継機とは?

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機は、無線LANを使用する際、電波が届く範囲を広げるための機器。Wi-Fiの電波を発信する無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強化できるのが特徴です。

無線LAN中継機のメリット

無線LANルーターの電波は、扉などの障害物を通るたびに弱くなってしまうのが懸念点。特に、部屋数が多い場合や階層が異なると顕著になります。ルーターの設置場所を見直しても強度には限界があるので、無線LANルーターの性能が高くても、広い建物の中を隅々までカバーするのは困難です。

無線LAN中継機を活用すれば、広範囲に電波を届けられるようになります。例えば、無線LANルーターを1階に設置した場合も3階の部屋で快適にネット接続ができるなど、便利に活用可能です。

無線LAN中継機の選び方

有線LANポートの有無をチェック

By: amazon.co.jp

無線LAN中継機のなかには、有線LANポートを搭載しているモデルもあります。Wi-Fiに対応していないパソコンなども、有線LANポートが備わったモデルを接続すれば無線化することが可能です。

特に、古い機種のノートパソコンを使っている方や、無線LANに対応していないデスクトップパソコンを使っている方は、無線LAN中継機に有線LANポートが搭載されているかをチェックしましょう。

電源方式をチェック

By: rakuten.co.jp

無線LAN中継機の給電方法には主に、コンセントに直接挿し込むタイプと、ケーブルを介して電源を取る据え置きタイプがあります。

コンセントに直接挿し込むタイプは、ケーブルなしですっきりと設置しやすいのがメリット。ただし、使っていない挿込口を無線LAN中継機本体でふさいでしまう場合もあるので、留意しておきましょう。一方、据え置きタイプは、比較的コンセントの場所を気にせずに設置しやすいのが魅力です。

無線LAN中継機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

パソコン周辺機器やガジェット類を製造する国内メーカー「バッファロー」の無線LAN中継機は、豊富なラインナップが魅力。「AOSS」システムによる無線LANの自動接続を開発したメーカーとしても知られています。

データ転送速度に優れたモデルや安定した接続が可能なモデルから、リーズナブルな価格で購入できるモデルまで多彩な製品が揃っており、ニーズに合わせて選べるのもメリットです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: rakuten.co.jp

「アイ・オー・データ」は、1976年に創業された日本国内のパソコン周辺機器メーカー。無線LAN中継機においては、コンパクトで使い勝手に優れたモデルが多くラインナップされています。コンセント直挿しモデルや、ハイパワーで安定した接続が可能なモデルを多数販売しているのも特徴です。

エレコム(ELECOM)

By: rakuten.co.jp

リーズナブルなパソコン周辺機器やガジェット類で有名な「エレコム」。同社の無線LAN中継機は、多彩な機能を搭載したモデルが人気です。特定の機器に電波を集中できる「ビームフォミング機能」や、混雑していない周波数帯を自動で使用する「バンドステアリング機能」など、便利な機能を搭載したモデルもラインナップされています。

無線LAN中継機のおすすめランキング

第1位 ティーピーリンク(TP-Link) AC750 無線LAN中継器 RE200

ティーピーリンク(TP-Link) AC750 無線LAN中継器 RE200

安い価格で人気の無線LAN中継機です。本体サイズは幅75.2×奥行き65.8×高さ110mmとコンパクト。コンセントに直接挿し込んで使用できるので、邪魔になりにくいのもメリットです。

ワンプッシュで簡単に接続できるのも魅力。ルーター側のボタンを押した後、2分以内に本製品の「REボタン」を押すだけで接続できます。WPSで接続できない場合も、同社のアプリ「Tether」やパソコンから設定可能。また、本体下部にLAN端子を搭載しているため、有線でも端末と接続できます。

そのほか、2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯が利用可能。2.4GHzで最大300Mbps、5GHzで最大433Mbpsの転送速度を備えています。

第2位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2

高速規格である「11ac」に対応した無線LAN中継機です。2.4GHzと5GHzのデュアルバンド仕様。2つの帯域を同時使用できるので、通信速度を保ったまま快適なインターネット接続が叶います。

「ビームフォーミング機能」が搭載されているのも特徴。接続機器の位置を自動で判別し、電波を効率よく届けます。また、1000Mbpsの速度を誇る「Giga LANポート」を備えているため、高画質映像の鑑賞やゲームプレイにもおすすめです。

さらに、親機・中継機・子機の通信状況を確認し、最適な設置場所を簡単に見つけられるスマホアプリ「StationRadar」も使用可能。設置方法はコンセント直挿しと据え置きの両方に対応しています。

第3位 日本電気(NEC) Aterm W1200EX-MS

日本電気(NEC) Aterm W1200EX-MS

日本電気の先端技術を搭載した無線LAN中継機です。基盤から放射される電磁ノイズを遮断し、アンテナへの干渉を抑える「μ(マイクロ)EBG構造」を採用。受信感度を高めて、安定した通信を維持します。

また、高性能な「μ(マイクロ)SRアンテナ」を採用することにより、電波の放射効率を向上。360°方向にしっかり電波を飛ばします。コンセント直挿しタイプで、設置スペースを取りにくいのもポイントです。

「こども安心ネットタイマー」機能が利用できるのも魅力。Wi-Fi接続できる時間帯を端末ごとにコントロールできます。

第4位 ネットギア(NETGEAR) ワイヤレスエクステンダー 中継機 EX6110-100JPS

ネットギア(NETGEAR) ワイヤレスエクステンダー 中継機 EX6110-100JPS

最大1200Mbpsの速度を備えた無線LAN中継機です。11ac対応のデュアルバンドWi-Fi通信により、高速で安定した接続を実現。中継機と子機接続用の周波数を分ける「FastLaneテクノロジー」で、電波干渉を低減しているのもポイントです。

コンパクトなボディ内には、高出力アンプとアンテナを内蔵。広い範囲でのWi-Fi接続が期待できます。他社ルーターとの接続に対応しているのも魅力。なお、本製品はコンセントからの給電で駆動します。

第5位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEM-1266WP

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEM-1266WP

同社の「AirStation connect」シリーズ専用の無線LAN中継機です。独自のメッシュ機能を搭載しているのが特徴。網目状のネットワークを自動で構築できるので、手動で設定する手間が省けます。同シリーズの親機と中継機を合計10台まで使用でき、一戸建てに住んでいる方にもおすすめです。

本製品はコンセントからの給電に対応しており、2口コンセントの上ポートをふさぎにくいコンパクト設計。また、専用アプリで設置場所の電波状況を診断できるのも魅力。電波中継できる場所を簡単に確認できて便利です。

第6位 ティーピーリンク(TP-Link) AX1500 Wi-Fi 6 中継器 RE505X

ティーピーリンク(TP-Link) AX1500 Wi-Fi 6 中継器 RE505X

Wi-Fi 6規格に対応した無線LAN中継機。2.4GHzで最大300Mbps、5GHzで最大1200Mbpsの転送速度を備えています。ルーターと中継機間の経路を自動で選定し、安定した通信速度を維持可能です。

また、同社の専用アプリ「Tether」を利用すれば、スマホやタブレットからも簡単に設定管理が行えます。電波状況は、本体に搭載されているLEDで確認可能。コンセントに直挿しで使える点も魅力です。

第7位 アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps(規格値) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps(規格値) Wi-Fi中継機 WN-G300EXP

リーズナブルな価格で購入できる無線LAN中継機です。コンセント直挿しなので、設置スペースを取りにくいのが特徴。また、本体サイズが幅約42×奥行き42×高さ33mmと、隣のコンセントをふさぎにくいコンパクト設計もメリットです。

本体にWPSボタンを搭載しているため、簡単に親機と接続できるのもポイント。通信周波数は2.4GHzのみに対応しており、通信速度は最大300Mbpsです。手軽な価格で購入できるので、初めて無線LAN中継機を購入する方にも適しています。

第8位 ネットギア(NETGEAR) Orbi AC3000 トライバンドメッシュWiFiシステム サテライト RBS50

ネットギア(NETGEAR) Orbi AC3000 トライバンドメッシュWiFiシステム サテライト RBS50

Orbiの「WiFiトライバンドメッシュテクノロジー」に対応した、無線LAN中継機です。最大175平方メートル範囲でのWi-Fi通信が可能。ネットワーク名を変更せずに使用できるので、接続機器を新しく設定する手間が省けます。

本製品はLANポートを4基も備えているため、家庭用ゲーム機を有線接続したい方にもおすすめ。専用アプリを利用すれば、Wi-Fi接続の設定や管理だけでなく、速度テストも行えます。また、就寝時刻やインターネット接続の制限時間も設定できるので、子供のいる家庭にもぴったりです。

第9位 エレコム(ELECOM) 11ac 867+300Mbps 無線LAN中継器 WTC-1167HWH

エレコム(ELECOM) 11ac 867+300Mbps 無線LAN中継器 WTC-1167HWH

低価格ながら、5GHzの11ac規格に対応した無線LAN中継機です。最大867Mbpsの速度を備えており、5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応しています。

多彩な中継モードを搭載しているのもポイント。通信状態のよい周波数帯を選択する「オプティマイズモード」のほか、5GHzと2.4GHzのいずれかのみ中継する「シングルモード」や、両方の周波数帯を中継する「デュアルモード」、別の周波数帯に変換して中継する「クロスバンドモード」が利用できます。

なお、本製品はコンセント直挿しタイプ。本体背面にスペースを設けているので、平型の3口タップを併設できるのも魅力です。

第10位 アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11ac/n/g/b準拠 867Mbps(規格値) メッシュ子機/Wi-Fi中継機 WN-DX1300EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11ac/n/g/b準拠 867Mbps(規格値) メッシュ子機/Wi-Fi中継機 WN-DX1300EXP

アイ・オー・データ独自のメッシュ機能を搭載した無線LAN中継機です。対応親機と接続すれば、メッシュネットワークの構築が可能。広い範囲に電波が届けられるので、一戸建てに住んでいる方にもおすすめです。

親機と本製品の接続を自動で切替えられるのもポイント。スマホやノートパソコンを持ち運んで部屋を移動する際などに、通信速度の低下を防ぎます。

内蔵アンテナには「360コネクト」技術を採用。上下や左右、奥行などさまざまな方向に電波を放出します。同じフロア内はもちろん、階の違う場所へも電波を届けることが可能です。

第11位 バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-733DHPS

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi中継機 WEX-733DHPS

初期設定が簡単な無線LAN中継機です。スマホ専用アプリ「StationRadar」を利用すれば、画面に表示される本製品をタッチするだけで設定画面を開けます。また、本体のWPSボタンをプッシュ後に親機のWPSボタンを押すだけでも接続可能です。

すっきりとしたコンパクトなボディも魅力。2.4GHzと5GHzのデュアルバンド同時使用にも対応しており、高速で安定した接続を叶えます。また、本体にLANポートが備わっているのもポイントです。

第12位 ティーピーリンク(TP-Link) AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器 RE650

ティーピーリンク(TP-Link) AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器 RE650

4本の外部アンテナを搭載した無線LAN中継機。Wi-Fi接続の範囲を最大14000平方フィートまで拡大できます。2.4GHzで800Mbpsと、5GHzで1733Mbpsの高速インターネット通信を同時利用できるのも魅力です。

また、「ビームフォーミング機能」も搭載されており、接続機器に安定して電波を届けられます。LANポートも備わっているので、ゲームや高画質映像の視聴にもぴったりです。

「インテリジェント信号ライト」によって、設置場所の信号強度を確認できるのもポイント。さらに、同社が製造するほかの無線LAN中継機と同様、スマホアプリ「Tether」での接続設定にも対応しています。

第13位 ヤマハ(YAMAHA) 無線LANアクセスポイント WLX202

ヤマハ(YAMAHA) 無線LANアクセスポイント WLX202

企業や事業所向けに設計された無線LAN中継機。高速通信規格11acに対応しています。2.4GHzと5GHzのデュアルバンド仕様で、最大伝送速度は866Mbps。シンプルなデザインで、壁や天井への設置もおすすめです。

周囲温度0〜50℃の環境で動作する堅牢性も魅力。そのほか、「WEP」はもちろん、「WPA」や「WPA2」などの暗号方式にも対応しています。一戸建て住宅はもちろん、小規模オフィス用のモデルを探している方にもおすすめです。

第14位 アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11ac/n/a/g/b準拠 867Mbps(規格値)Wi-Fi中継機 WN-AC1167EXP

アイ・オー・データ(I-O DATA) IEEE802.11ac/n/a/g/b準拠 867Mbps(規格値)Wi-Fi中継機 WN-AC1167EXP

コスパに優れた、コンパクトな無線LAN中継機です。コンセント直挿しタイプで、幅約71×奥行き103×高さ33mmの小型ボディが特徴。隣のコンセントをふさぎにくいのもメリットです。

接続設定はWPSボタンを押すだけの簡単仕様。また、親機のSSIDや暗号キーをそのまま利用できるので、設定の手間が省けるのも魅力です。

リーズナブルな価格ながら、2.4Ghzで300Mbpsと5GHzで867Mbpsの通信速度に対応しているのもポイント。そのほか、親機が2.4GHzの周波数帯にしか対応していない場合でも、本製品と端末間で5GHzでの接続ができます。

第15位 ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X4メッシュWiFiエクステンダー EX7300

ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X4メッシュWiFiエクステンダー EX7300

高速デュアルバンドWi-Fi通信が可能な無線LAN中継機です。最大2200Mbpsの通信速度を備えているだけでなく、高出力アンプと内蔵アンテナによって、広い範囲に安定した電波を届けられます。

「ビームフォーミング機能」も搭載されおり、接続機器に向けて効率よく電波が飛ばせるのも特徴。「MU-MIMO機能」によって複数台の子機に同時接続した場合でも、通信速度を維持しやすいのがポイントです。

また、中継機と子機接続用の周波数を分ける「FastLaneテクノロジー」にも対応可能。ギガビットLANポートによって、有線による機器接続に対応できるのも魅力です。

第16位 プラネックス(PLANEX) 11n/g/b 300Mbps 無線LAN中継機 DANBOARD WIRELESS LAN EXTENDER DB-WEX01

プラネックス(PLANEX) 11n/g/b 300Mbps 無線LAN中継機 DANBOARD WIRELESS LAN EXTENDER DB-WEX01

かわいらしい外観が特徴的な無線LAN中継機です。ボディには、人気マンガ「よつばと!」に登場する段ボールキャラクター「ダンボー」の顔がデザインされています。

原作通りに、目が光るギミックを搭載しているのも特徴。また、海洋堂が販売するフィギュアシリーズ「リボルテックダンボー」と合体できます。

本製品の周波数帯は2.4GHzのみ対応で、速度は最大300Mbpsほど。デザイン性を重視する方におすすめの製品です。

第17位 エレコム(ELECOM) 11bgn300Mbps無線LAN中継器 WTC-300HWH

エレコム(ELECOM) 11bgn300Mbps無線LAN中継器 WTC-300HWH

内蔵アンテナを2本搭載した、リーズナブルな無線LAN中継機です。本体サイズは約幅58.5×奥行き22×高さ47.5mmのコンパクト設計。コンセント直挿しタイプながら、隣のコンセントをふさぎにくいのがポイントです。

WPSボタンを搭載しており、親機との接続も簡単。そのほか、暗号方式に「WPA2」を採用しているので、セキュリティ面が気になる方にも適しています。

第18位 アライドテレシス(Allied Telesis) IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応 無線LANアクセスポイント AT-TQm1402

アライドテレシス(Allied Telesis) IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応 無線LANアクセスポイント AT-TQm1402

コンパクトながら、高性能な無線LAN中継機。2.4GHzと5GHzの同時使用ができるほか、「MU-MIMO」に対応しているので、複数端末への同時送信処理が可能です。また、周囲の電波状況に合わせて周波数帯域を選択する「バンドステアリング機能」も搭載されています。

接続する機器に絞って電波を届けられる「ビームフォーミング機能」を備えているのもポイント。「WPA2」よりもセキュリティ性能に優れた「WPA3」に対応している点も魅力です。

第19位 ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X6Sトライバンド メッシュWiFiエクステンダー EX8000

ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X6Sトライバンド メッシュWiFiエクステンダー EX8000

トライバンドに対応した高性能無線LAN中継機です。独自の「FastLane3テクノロジー」により、合計3.0Gbpsの高速Wi-Fi通信が可能。1733・866・400Mbpsのうち1つを中継用バンドとして利用するので、複数機器をインターネット接続した場合でも速度の低下が抑制できます。

自宅で使用中のWi-Fiネットワーク名をそのまま使用できるのもポイント。また、スマホやノートパソコンを持ち運びながら部屋を移動した際に、接続が途切れにくいのもメリットです。そのほか、本体背面にギガビットLANポートを4基備えているため、複数の機器を有線で接続できます。

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN中継機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

無線LAN中継機を設置する際の注意点

By: amazon.co.jp

無線LANを快適に利用するためには、親機だけでなく無線LAN中継機の設置場所も重要。Wi-Fiを受信するノートパソコンやスマホとの距離をできるだけ近付けるのがおすすめですが、ほかの通信機器と電波が干渉しないようにするのもポイントです。

床への直置きや低い場所は避ける

Wi-Fiは扉や家具などの障害物を通り抜けた分、電波の強度が弱くなってしまいます。そのため、床や棚の下段など、低い場所に設置するのはおすすめしません。

窓際や部屋の隅は避ける

一般的に、無線LAN中継機の電波は円状に広がるので、窓際や部屋の隅に設置するのは非効率的。電波を広く行き渡らせるためには、部屋の中心に近い場所へ設置するのがおすすめです。

無線LAN中継機の周囲5cm以内に物を置かない

安定的に使い続けるためには、熱がこもりにくい環境を整えることも大切。パソコンの排気が当たる場所への設置は避けましょう。横置きする場合は、下に布があると本体が熱くなりやすいので、注意が必要です。

水槽や花瓶、加湿器の近くに置かない

花瓶や加湿器など、中に水が入っているモノの近くは、電波に影響を及ぼす場合があります。水の近くは避けて設置するのがおすすめです。

電子レンジの近くに置かない

Wi-Fiの周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯の2種類。2.4GHz帯は電子レンジなどの家電製品にも利用されており、電波干渉の原因となります。電波強度が低下したり不安定になったりする場合もあるので、なるべく離して設置しましょう。

複数設置は広範囲だが安定性は低下

無線LAN中継機を1つ設置してもWi-Fiの電波が届きにくい場合は、同時に複数設置するのもひとつの手。アイテムを追加することで、範囲をさらに拡大できます。ただし、Wi-Fiの電波は中継回数が多いほど通信の安定性が低下するため、その点には留意しておきましょう。