最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットで気軽にネットを楽しむ機会が増えたため、より快適なWi-Fi環境を整えることが重要です。自宅でWi-Fiを使うにはルーターが必要ですが、製品ラインナップが多く製品によってスペックはさまざま。

そこで、今回はWi-Fiルーターのおすすめ製品をご紹介します。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターとは?

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターとは、スマホやタブレットなどのデジタル機器を、無線通信で接続する機器のこと。有線LANのように、ケーブルの取り回しを意識せずにインターネット通信できるのがメリットです。

また、Wi-Fiルーターと接続した機器同士の連携も可能。例えば、タブレット内にあるファイルをプリンターに転送して、プリントアウトするなどの使い方ができます。

Wi-Fiルーターの選び方

間取りに合わせたモデルを選ぼう

快適にWi-Fiを利用するためには、環境に合わせてルーターを選ぶことが大切です。住宅の間取りや構造・材質によって電波の届き方は異なるため、Wi-Fiルーターの「2・3階建て」「ワンルーム」など使用推奨環境が記載されている箇所をチェックしましょう。

ルーターには、「内蔵アンテナ」「外付けアンテナ」の2タイプがあります。内蔵式はコンパクトですが、外付け式に比べて一般的に通信性能は劣るのがデメリット。一方、外付け式は大型のアンテナが採用されることが多く、電波が遠くまで届きやすいのがポイントです。

また、可動式アンテナを備えているモデルは、アンテナの向きを変えることで電波の届く範囲を調整できます。

接続できる台数で選ぶ

Wi-Fiルーターを選ぶ際に見落としがちなのが、接続をする機器の台数です。Wi-Fiルーターには、対応する規格やアンテナの数で転送速度に上限があるため、接続機器が増えると1台当たりの電波分配が減少し、通信速度が低下します。

Wi-Fi規格のIEEE802.11a/b/g/n/ac/adのどのタイプが使用デバイスに対応しているかによっても、最適な機種が大きく異なります。そのため、使用デバイスの接続台数と対応するWi-Fi規格は、Wi-Fiルーター選びをする上で重要なポイントです。

転送速度の速いモデルを選ぼう

データ転送速度も、Wi-Fi選びの重要なチェックポイントです。ルーターの転送速度は、対応しているWi-Fi規格によって異なります。現在主流なのが5GHz帯を利用する11ac対応ルーターです。データ転送速度が早い傾向にあるため、動画視聴やダウンロードなどを高速で行えるのがメリットです。

また、2.4GHz帯と5GHz帯双方を利用できる11n規格に対応したモデルもおすすめ。それぞれの帯域で最大データ転送速度は300Mbpsと控えめですが、2.4GHz帯は障害物の影響を受けにくいのがポイントです。

エントリークラスでも11acの規格に対応したモデルが多いので、ルーター選びでは11acモデルを基本に考えましょう。

周波数帯域で選ぶ

混雑して電波干渉もある2.4Ghz帯

Wi-Fiではチャネルごとにデータを伝送します。2.4Ghz帯で使用できる規格は「11b」と「11g」の2つで、前者は14チャネル、後者は13チャネルが使用可能です。

2.4Ghz帯はチャネルの数が少ない上に隣接したチャネルとは5MHz程度しか離れていないため、近くのチャネルと周波数幅が重複して速度低下の原因になります。完全に重複しないチャネルは1chと6ch、そして13chの3つしかありません。なお、11b規格の場合はこれにやや離れた14chがあります。

また、対応している機器が多いため2.4Ghz帯は電波が混雑しがちなので注意が必要です。マンションなどの集合住宅では無線LANのアクセスポイントが乱立状態となって、つながりにくいといった問題も発生。また、電子レンジやBluetoothによる電波干渉もデメリットです。

最高に快適なWi-Fiを楽しむなら5Ghz帯

5Ghz帯には全部で19のチャネルがあります。隣接したチャネルとも20Mhz離れているので重なり合うこともなくて安心。電子レンジやBluetoothによる電波干渉もありません。また、5Ghz帯は周波数幅が広く、チャネルを占有できるため、動画視聴の際も快適です。

そのうえ、11ac規格では「チャネルボンディング」という技術によって最大8つ(規格値)のチャネルを束ねて1ユーザーが利用できるようになりました。ただし、この場合は利用可能なチャネルが減るので、同時に利用できるユーザー数は減ります。一人暮らしの方におすすめの機能です。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiが届きにくい場合は「ビームフォーミング」をチェック

Wi-Fiルーターのなかには、電波を特定の方向に集中させる「ビームフォーミング」機能を搭載しているモノもあります。これは、スマホなどの電波から位置を測定して、電波を最適に届ける機能です。実際に、ビームフォーミングをオンにすることで、通信速度が向上する場合もあります。

Wi-Fiの速度を求めるなら「IPV6パススルー」をチェック

従来のIPv4と呼ばれるプロトコルで接続をすると、プロバイダーの経由が必要なので利用者が増える時間帯は混雑の影響を受けて通信が遅くなってしまうのが難点。また、インターネット人口が増加したことからIPv4アドレスが枯渇してしまいます。

次世代規格であるIPv6ならプロバイダーを経由せずに接続ができるため、混雑の影響を受けず高速かつ安定した通信が可能です。そのため、Wi-Fiの速度を求める方はIPv6パススルーに対応したモデルを選んでみてください。

複数端末で接続するなら「MIMO・MU-MIMO」をチェック

Wi-Fiルーターのなかには、「MIMO(マイモ)」と呼ばれる機能を搭載したモデルもあります。「Multi-Input Multi-Output」の略称であり、送信機と受信機の両方に複数のアンテナを展開して、通信の品質を高める無線技術です。

この技術をさらに進化させたのが、「MU(マルチユーザー)-MIMO」。通信相手を切り替える手間を省くことで、複数端末でWi-Fiルーターに接続しても、通信速度が低下しない優れた機能です。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、日本の大手パソコン周辺機器メーカー。リーズナブルな価格のモデルから法人向けモデルまで、数多くのWi-Fiルーターを展開しています。国内での市場シェアも高く、公式サイトから得られる情報も豊富なので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは、台湾のパソコンおよびパソコン周辺機器メーカー。Wi-Fiルーターとしては、ゲームに特化したモデルを販売しているところが特徴のひとつです。

複数のWi-Fiルーターを組み合わせてネットワークを構築する「AiMesh」など便利な機能が充実しているのもポイント。広い空間の隅々までWi-Fiシステムを構築したいと考えている方におすすめのメーカーです。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

NECは国内最大手の電機メーカーです。20世紀の初頭から日本の通信技術を牽引してきたメーカーであり、Wi-Fiルーターも通信の安定性に定評があります。

NECのWi-Fiルーターは、独自機能を備えているのも特徴。他社製Wi-Fiルーターから簡単に設定の引き継ぎを行える「Wi-Fi設定引越し機能」などの便利な機能が用意されているのも魅力です。

Wi-Fiルーターのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi無線LANルーター WCR-1166DS

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LANルーター WCR-1166DS

サイズが幅50×奥行110×高さ109mm、重量約139gと軽量コンパクトなWi-Fiルーターです。縦に配列されたケーブルがまとめやすく、テレビの横や本棚の隙間などの狭いスペースに設置しやすいのがメリット。Wi-Fi規格11acに対応しており、最大866Mbpsと通信速度も良好です。有線LANは最大100Mbpsのポートを1基搭載しています。

また、「ビームフォーミング」を搭載しているのもポイント。スマホなどのWi-Fi機器の位置を捉えて、電波を送受信するので、安定した高速な通信が期待できます。また、初期設定がスマホアプリだけで簡単に行えるのも特徴。QRコードを読み取んで、ガイドに従って入力するだけで設定することが可能です。

安価でコスパに優れているのも大きな魅力。1ルームマンションなどで手軽に使えるWi-Fiルーターです。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi無線LANルーター WSR-2533DHP2

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LANルーター WSR-2533DHP2

5GHz帯接続時は最大1733Mbpsと高速な、4×4アンテナを内蔵した11ac対応無線LANルーターです。2.4GHz帯でも最大800Mbpsの高速通信が可能。1.35GHzのデュアルコアCPUを搭載しており、通信速度が従来機種と比べて約50%向上しています。

また、最大4台のWi-Fi機器との同時通信ができる「MU-MIMO」に対応しているので、快適な通信ができるのがメリット。同機能を利用すると、複数端末を使用した時に約21%の速度向上が見込めます。

来訪者がWi-Fiを利用する時に便利なのが「ゲストポート」機能。インターネット接続だけを許可して、家庭内ネットワークへの接続はできないので安心して利用できます。そのほか、端末ごとに有害サイトへのアクセスや利用時間を制限できる「ペアレンタルコントロール」「キッズタイマー」 機能も搭載しており、セキュリティ性が良好なのも魅力です。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi無線LANルーター WXR-1900DHP3

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LANルーター WXR-1900DHP3

大型可動式アンテナを3本搭載した、11ac規格対応ルーターです。間取りに合わせて柔軟にアンテナの向きをセッティングできるので、さまざまな環境で使いやすいのがポイント。アンテナの送信性能が向上しており、鉄筋コンクリート家屋の1〜2階間での通信速度では、従来品に比べて5GHzで約20%、2.4GHzでは約26%の高速化を実現しています。

また、「干渉波自動回避」機能を搭載しているのもメリット。電子レンジやなどから出るノイズを検知した上で、干渉しないチャンネルへ自動で切り替わります。加えて、通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能に4Kモードが追加されたのも特徴。4K動画の配信を優先できます。

さらに、IPアドレス規格IPv6に対応しているほか、ビームフォーミング機能も搭載しています。Wi-Fi機器を数多く使用する方や、4K配信動画を視聴する方におすすめの高性能Wi-Fiルーターです。

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1200HP3

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1200HP3

3階建て・4LDK住宅向けの、15台までの端末と接続可能なWi-Fiルーター。11ac規格に準拠しており、通信速度は867Mbpsです。通信の混雑に強いIPv6に対応しているのもメリット。通信が混みあう時間帯でも、動画視聴・アプリダウンロードなどが快適です。さらに、独自のブースト機能「IPv6 High Speed」を搭載して、通常のIPv6と比べて約2倍の通信速度を実現しています。

混雑していない周波数帯を自動選択する「バンドステアリング」を内蔵しているのもポイント。Wi-Fi端末の電波強度や対応帯域を判別して、端末ごとに適切な周波数帯を利用します。お手頃価格で高機能な、おすすめモデルです。

日本電気(NEC) 無線LANルータ PA-WG2600HS

日本電気(NEC) 無線LANルータ PA-WG2600HS

送信・受信ともアンテナ数4本のWi-Fiルーターです。5GHz帯の11ac通信は、3ストリームの約1.3倍である最大1733Mbpsを実現。2.4GHz帯の11n通信においても800Mbpsの高速通信ができます。回路設計やチューニング技術を見なおした「ハイパワーシステム」により、電波のカバレッジが向上。快適に送受信できる範囲が従来機に比べて約18%拡大しています。

また、「Wi-Fiデュアルバンド中継」機能により、本機を中継器としても利用可能。5GHz帯対応Wi-Fi端末とは速度優先の5GHz帯で、2.4GHz対応端末とは2.4GHz帯で同時接続できます。離れた部屋に安定した電波を飛ばしたい時に便利です。なお、WPSに対応していれば、他社モデルも親機として利用できるのもポイント。拡張性に優れた、おすすめの高速モデルです。

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1900HP2

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1900HP2

5GHz帯11acでのデータ転送速度が、最大1300Mbpsと高速なWi-Fiルーターです。2.4GH帯でも600Mbpsの高速通信が可能なほか、有線LANはギガビットのポートを4基内蔵しています。「ハイパワーシステム」を搭載しているため、電波が遠くまで届きやすいのもメリットです。

また、新接続方式IPv6規格に対応しているとともに、「IPv6 High Speedブースト」機能を採用。回線混雑時における利用も快適です。加えて、使用中のスマホなどのWi-Fi端末を自動で検知して、電波を集中的に送信するビームフォーミング機能を搭載しています。

さらに、中継機能を有しているので、親機としてだけでなく子機・中継機としても利用可能。横置き・壁掛けでの設置もできます。3階建て住宅や4LDKマンションに住んでいる家族におすすめのWi-Fiルーターです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi無線LAN ルーター WN-AX1167GR2

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LAN ルーター WN-AX1167GR2

上下左右360°に電波を飛ばす、独自技術「360コネクト」搭載のWi-Fiルーターです。アンテナ位置・角度を最適化するとともに、高性能パワーアンプを内蔵したことにより、電波をあらゆる方向にパワフルに出力できます。3階建て・4LDKの間取りに対応しており、最大14台の機器を接続可能です。

また、最大速度867Mbpsの11ac、および300Mbpsの11n規格に対応。さらに、インターネット回線の遅延を軽減するIPv6にも対応しており、混みあう時間帯でも快適に利用できます。また、ビームフォーミング機能がパワーアップしているのもポイント。従来と違って、端末がビームフォーミング未対応の場合でも、安定した通信が可能です。

そのほか、ワンクリック・フィッシング詐欺サイトを除外するフィルタリング機能を5年間無料で利用できるのもメリット。リーズナブルながら、基本機能が充実したモデルです。

エイスース(ASUS) Wi-Fi無線LANルーター ROG Rapture GT-AC5300

エイスース(ASUS) WiFi無線LANルーター ROG Rapture GT-AC5300

VRゲームや4K動画のストリーミングといった高負荷通信に最適な、1.8GHz 64bitクアッドコアCPUを搭載した高性能モデルです。広範囲の帯域を持つほか、伝送できる情報量が多いNitroQAM(1024QAM)に対応しているので、11ac規格なら最大速度2167Mbps、11nでも1000Mbpsの高速通信ができます。

また、ゲーム通信を高速化する機能が充実しているのがポイント。ゲームブースト機能を有効化すれば、ゲーム用通信が最優先されます。そのほか、LANポート8基、USB3.0端子を2基備えており、ニーズに合わせて接続方法を選択できるのもポイント。高性能ルーターを探している方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) Wi-Fi無線LANルーター RT-AC67U

エイスース(ASUS) WiFi無線LANルーター RT-AC67U

サテライト機を増設することによって、Wi-Fi利用可能エリアを拡大する機能「AiMesh」を搭載した、エイスースの人気Wi-Fiルーター。中継器を介してWi-Fi範囲を広げる手段は、従来からありますが、ルーター(親機)の負担が減らないというデメリットがありました。

しかし、メッシュ機能は各サテライトが処理するため、1台のルーターに負荷がかかりすぎることがありません。そのため、家のどこでWi-Fiを利用しても最も電波強度が強いルーターで快適な無線通信を利用できます。しかも、自動で選択されるので、ユーザーがいちいち切り替える必要がありません。

また、本製品は通信速度が高速なのもポイント。5GHz帯域の11n規格では1300Mbps、11n規格は最大600Mbpsの高速通信ができます。ビームフォーミング・MU-MIMO・IPv6にも対応した高機能なWi-Fiルーターです。

ティーピーリンク(TP-Link) Wi-Fi無線LAN ルーター Deco M3

ティーピーリンク(TP-Link) Wi-Fi無線LAN ルーター Deco M3(2ユニットパック)

ルーターと中継機が各1つセットとなったモデルです。広いエリアでWi-Fiを利用できます。増設することで、より広範囲に無線通信を届けられる中継機は、コンセントに差し込むだけと設置も簡単です。

ルーターは、データ転送速度は2.4GHz帯で300Mbps、5GHzで最大867Mbpsと良好です。Wi-Fi端末が最速の経路を選択するAPS(最適経路選択)技術を採用。ネットワークを常に最高速度で利用できます。庭や地下室・ガレージなどさまざまな場所でWi-Fiを利用したい方におすすめのルーターです。