最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットで気軽にネットを楽しむ機会が増えたため、より快適なWi-Fi環境を整えることが重要です。自宅でWi-Fiを使うにはルーターが必要ですが、製品ラインナップが多く製品によってスペックはさまざま。

そこで、今回はWi-Fiルーターのおすすめ製品をご紹介します。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターとは?

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターとは、スマホやタブレットなどのデジタル機器を、無線通信で接続する機器のこと。有線LANのように、ケーブルの取り回しを意識せずにインターネット通信できるのがメリットです。

また、Wi-Fiルーターと接続した機器同士の連携も可能。例えば、タブレット内にあるファイルをプリンターに転送して、プリントアウトするなどの使い方ができます。

Wi-Fiルーターの選び方

規格で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fi通信規格で多く搭載される「11ac」

多くのWi-Fiルーターに搭載されている、無線通信規格「IEEE802.11ac」。従来の通信規格「11n」に比べ、理論上で最大約11倍の速さで通信できます。一度に送受信できるデータの量が多いので、オンラインゲームなど容量の大きい通信でも困りません。

「11ac」規格は5.0Ghz帯で通信するので、家電などの電波干渉が少なく接続できます。電子レンジを動かしたり、Bluetoothで通信したりしても安定して通信できるのが特徴。

発売されているWi-Fiルーターの中で「11ac」対応の製品が多くを占めており、インターネット通信に最適な規格です。なお、「11ac」規格で利用する5.0Ghz帯は、安定した通信が可能ですが、障害物に弱いことに留意しましょう。

2.4Ghz帯と5.0Ghz帯の周波数帯域で通信する「11n」

2つの周波数帯に唯一対応する、無線通信規格「IEEE802.11n」。速度は「11ac」規格に比べ遅いですが、2.4Ghz帯でも通信を行うため、障害物で通信しにくい場合でも安心です。

5.0Ghz帯と、2.4Ghz帯の2つから周波数帯を選べるので、使用する機器や、混雑具合に合わせて通信を分類できるのがメリット。2.4Ghz帯は、さまざまな電気製品で使用されるため、混雑を回避するには5.0Ghz帯で通信するのが最適です。

また、Wi-Fiルーターの中で「11n」規格のみに対応する製品は、安く手に入れやすいのもポイント。同時通信をすると繋がりにくくなってしまうなどのデメリットはありますが、家のWi-Fi機器が少ない方であれば十分に利用できます。

60Ghz帯で最も早い通信を行う「11ad」

「11ac」規格の2倍以上の速度を実現する「IEEE802.11ad」。約4600Mpsの速度で通信し、ほかの通信規格と併用できれば機器を分散して速度の低下を防げます。

速度が速いので、ゲームなど情報量の多い通信におすすめ。タイムラグや画面のカクツキが少なく快適に操作できます。

しかし、一般的に周波数帯が高いほど障害物に弱くなるため、「11ad」で通信できる距離が短いのがデメリット。市販の「11ad」に対応するWi-Fiルーターは少ないですが、ほかの通信規格と併用できる製品を選ぶことで、遠距離通信が可能です。

接続できる台数で選ぶ

Wi-Fiルーターを選ぶ際に見落としがちなのが、接続をする機器の台数です。Wi-Fiルーターには、対応する規格やアンテナの数で転送速度に上限があるため、接続機器が増えると1台当たりの電波分配が減少し、通信速度が低下します。

Wi-Fi規格のIEEE802.11a/b/g/n/ac/adのどのタイプが使用デバイスに対応しているかによっても、最適な機種が大きく違ってきます。そのため、使用デバイスの接続台数と対応するWi-Fi規格は、Wi-Fiルーター選びをする上で重要なポイントです。

周波数帯域で選ぶ

混雑して電波干渉もある2.4Ghz帯

Wi-Fiではチャネルごとにデータを伝送します。2.4Ghz帯で使用できる規格は「11b」と「11g」の2つで、前者は14チャネル、後者は13チャネルが使用可能です。

2.4Ghz帯はチャネルの数が少ない上に隣接したチャネルとは5Mhz程度しか離れていないため、近くのチャネルと周波数幅が重複して速度低下の原因になります。完全に重複しないチャネルは1chと6ch、そして13chの3つしかありません。なお、11b規格の場合はこれにやや離れた14chがあります。

また、対応している機器が多いため2.4Ghz帯は電波が混雑しています。マンションなどの集合住宅では無線LANのアクセスポイントが乱立状態となって、つながりにくいといった問題も発生。また、電子レンジやBluetoothによる電波干渉もデメリットです。

最高に快適なWi-Fiを楽しむなら5Ghz帯

5Ghz帯には全部で19のチャネルがあります。隣接したチャネルとも20Mhz離れているので重なり合うこともなくて安心。電子レンジやBluetoothによる電波干渉もありません。また、5Ghz帯は周波数幅が広いため、チャネルを占有できて動画視聴にも有利です。

そのうえ、11ac規格では「チャネルボンディング」という技術によって最大8つ(規格値)のチャネルを束ねて1ユーザーが利用できるようになりました。ただし、この場合は利用可能なチャネルが減るので、同時に利用できるユーザー数は減ります。一人暮らしの方におすすめの機能です。

アンテナの本数で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターには、「アンテナ」が付いています。11nと11acでは最大転送速度は、アンテナ数が多いほど電波強度も強く安定した高速通信が可能です。

一般的なWi-Fiルーターのアンテナ数は1~3本ですが、最近では、タブレットやスマホ、ゲームなど同時に多くの機器を接続するケースも増えてきました。そこで、安定した高速通信が可能でアンテナ数が多いWi-Fiルーター選びが重要です。

アンテナ内蔵タイプの場合は外から本数が確認できないため、商品カタログやメーカーのホームページで必ずチェックしましょう。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiが届きにくい場合は「ビームフォーミング」をチェック

Wi-Fiルーターのなかには、電波を特定の方向に集中させる「ビームフォーミング」機能を搭載しているモノもあります。これは、スマホなどの電波から位置を測定して、電波を最適に届ける機能です。実際に、ビームフォーミングをオンにすることで、通信速度が向上する場合もあります。

Wi-Fiの速度を求めるなら「IPV6パススルー」をチェック

従来のIPv4と呼ばれるプロトコルで接続をすると、プロバイダーの経由が必要なので利用者が増える時間帯は混雑の影響を受けて通信が遅くなってしまうのが難点。また、インターネット人口が増加したことからIPv4アドレスが枯渇してしまいます。

次世代規格であるIPv6ならプロバイダーを経由せずに接続ができるため、混雑の影響を受けず高速かつ安定した通信が可能です。そのため、Wi-Fiの速度を求める方はIPv6パススルーに対応したモデルを選んでみてください。

複数端末で接続するなら「MIMO・MU-MIMO」をチェック

Wi-Fiルーターの中には、「MIMO(マイモ)」と呼ばれる機能が存在。「Multi-Input Multi-Output」の略称であり、送信機と受信機の両方に複数のアンテナを展開して、通信の品質を高める無線技術です。

この技術をさらに進化させたのが、「MU(マルチユーザー)-MIMO」。通信相手を切り替える手間を省くことで、複数端末でWi-Fiルーターに接続しても、通信速度が低下しない優れた機能です。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、日本の大手パソコン周辺機器メーカー。リーズナブルな価格のモデルから法人向けモデルまで、数多くのWi-Fiルーターを展開しています。国内での市場シェアも高く、インターネットから得られる情報も豊富なので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは、台湾のパソコンおよびパソコン周辺機器メーカー。Wi-Fiルーターの世界では、ゲームに特化したモデルを販売しているところが特徴のひとつです。

複数のWi-Fiルーターを組み合わせてネットワークを構築する「AiMesh」など便利な機能が充実。広い空間の隅々までWi-Fiシステムを構築したいと考えている方におすすめのメーカーです。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

NECは国内最大手の電機メーカーです。20世紀の初頭から日本の通信技術を牽引してきたメーカーであり、Wi-Fiルーターも通信の安定性に定評があります。

NECのWi-Fiルーターは、独自機能を備えているのも特徴。他社製Wi-Fiルーターから簡単に設定の引き継ぎを行える「Wi-Fi設定引越し機能」などの便利な機能が用意されているのも魅力です。

メーカーのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) WRC-1167GHBK-S

エレコム(ELECOM) WRC-1167GHBK-S

CD-ROMやアプリなどを使わずに、誰でも簡単にセットアップできる無線LANルーター。ボタンを押すだけで接続可能なWPS設定を採用しているので、初期設定になるべく手間をかけたくないという方におすすめのモデルです。

全ポートがギガ(1000Mbps)通信に対応。ネット回線のスペックをフルに引き出すことができます。インターネットを快適に楽しめるのはもちろん、NetflixやHulu、Amazonプライムビデオといった動画配信サービスのように、大きなデータのやり取りもスムーズに行えるのが魅力です。

また、汎用性の高い「11n/g/b規格」と電波干渉に強い「11ac/n/a規格」に対応しており、安定したWi-Fi通信を利用できるのもポイント。快適なインターネット環境を構築したい方におすすめの無線ルーターです。

Wi-Fiルーターのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LANルーター WSR-2533DHPL

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LANルーター WSR-2533DHPL

バッファローのなかで人気があるおすすめのWi-Fiルーター。4本のアンテナを搭載しているので、機器の位置が変わっても、電波が広範囲にカバーします。寝転がりながらスマホやタブレットを使用しても、快適に利用できます。

また、電波を正確に子機へ届ける「ビームフォーミング」機能を搭載。親機のWi-Fiルーターが、通信先の子機の位置や距離を適切に判別し通信するので、安定して通信できます。子機が障害物で通信しにくいような場所でも、電波のロスなく通信可能です。

さらに、iPhoneやiPadを使用していれば、転送速度・安定性を向上させる「ビームフォーミングEX」機能を利用可能。「ビームフォーミング」機能で対応していなかったアップルの機器でも、「ビームフォーミングEX」機能で快適に操作できます。シンプルながらも通信機能が充実した、おすすめのWi-Fiルーターです。

バッファロー(BUFFALO) WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N

バッファロー(BUFFALO) WiFi 無線LAN ルーター WSR-300HP/N

コンパクトなサイズで設置しやすいWi-Fiルーター。本体サイズが幅14×高さ14cmと小型なことに加えて、縦置き・横置き・壁掛けに対応しているので、狭いスペースにも設置できるのが魅力です。

設置後は専用のスマホアプリで設定でき、ガイドに従うだけで設定可能。サポートサービスが充実しているので通信トラブルがあっても安心です。

通信規格は「11n」に対応。5.0Ghzと2.4Ghzで通信できるので、複数の機器を繋いでも安定して通信できます。機器の同時通信は3台まで可能。設置・設定が簡単で、初めて利用する方におすすめのWi-Fiルーターです。

日本電気(NEC) 無線LANルータ PA-WG2600HP3

日本電気(NEC) 無線LANルータ PA-WG2600HP3

日本電気のなかでハイスペックなWi-Fiルーター。5.0Ghz帯と2.4Ghz帯でそれぞれ4本ずつアンテナを搭載しているので快適に通信できます。通信速度は5.0Ghz帯で最大1733Mbps、2.4Ghz帯で最大800Mbpsと高速。子機との通信量が多くても、スムーズに動作します。

また、複数の端末と速度を落とさず同時通信する「MU-MIMO」機能を搭載。本モデルでは、最大3台まで減速せずに通信可能です。ビームフォーミング機能を搭載しているので、MU-MIMO機能と合わせて、複数の子機で安定して通信できます。

セキュリティ面では、接続機器をスマホで一覧表示する「見えて安心ネット」機能が便利です。専用のアプリをダウンロードし、ワンタッチで接続を許可・拒否できるので設定が簡単。多機能で高性能なモデルを探している方におすすめです。

ティーピーリンク(TP-Link) Wi-Fi無線LAN ルーター Archer A10

ティーピーリンク(TP-Link) Wi-Fi無線LAN ルーター Archer A10

外付けの3本のアンテナに加え、機器内に内蔵アンテナを1本搭載したおすすめのWi-Fiルーター。ビームフォーミングとMU-MIMO機能で、これまで電波が届きにくかった場所で、快適に通信できます。

また、Wi-Fi端末の通信を効率的に振り分ける「エアタイムフェアネス」機能を搭載。古い規格の端末と新しい規格の端末が混在しても、平等に通信するので、端末の規格次第で速度が遅くなることがありません。

さらに、空いているWi-Fi通信帯域へ自動接続する「ハンドステアリング」機能を採用。最適な周波数帯域を見つけ、Wi-Fi端末に接続するため、無駄なく通信できます。通信の補助機能が充実したおすすめのWi-Fiルーターです。

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1200CR

日本電気(NEC) 無線LANルーター PA-WG1200CR

光回線の1000Mbpsに対応した有線ポートを搭載したモデルです。映画や動画、ゲームなどを快適に楽しめます。

また、通信プロトコルの一つ「IPv6」に対応した「IPv6ブリッジ機能」を搭載。「IPv6」方式の通信時に、ルーターを介さずに通過させて通信するので、高速で通信できます。

通信規格は11acと11nの2種類。それぞれ、最大867Mbps、最大300Mbpsの速度が出るので、接続端末ごとに使い分けて利用できます。価格は約4000円程度とリーズナブル。コスパに優れたWi-Fiルーターを探している方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LAN ルーター WN-AX2033GR2/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LAN ルーター WN-AX2033GR2/E

高級感があるブルーカラーが特徴のおすすめのWi-Fiルーター。360°電波が飛ぶことを想定し、丸みを帯びたデザインを採用しています。本モデルは円形スタンド型で、縦置き・横置き・壁掛けが可能。狭い場所でもコンパクトに設置可能です。

また、360°全方向に電波が放出されるように最適化された「PIFA」アンテナを採用。基盤が合理的に配置され、上下・左右・奥行を問わず電波が届きやすい設計です。電波が届きにくい部屋で快適に通信できます。

さらに、次世代通信方式の「IPv6」に対応。インターネットの映像視聴や、生配信映像などを途切れることなく、快適に楽しめます。同時接続台数は16台。IPv6に対応したハイスペックなおすすめのWi-Fiルーターです。

ティーピーリンク(TP-Link) WiFi無線LANルーター Archer C6

ティーピーリンク(TP-Link) WiFi無線LANルーター Archer C6

長いアンテナが特徴のWi-Fiルーター。外部に4本、内部に1本の内蔵アンテナを搭載しているので、安定した無線接続が可能です。CPUは高性能なQualcommの製品を搭載し、円滑な処理が可能。処理能力が高く、素早くデータを送受信します。

また、速度を落とさずに複数の端末と同時通信する「MU-MO」機能を搭載。スマホやパソコンで、ダウンロードなどの重たい処理を複数行う時でも、快適に利用できます。ビームフォーミング機能がついているので、端末が移動しても通信が途切れにくいです。

Wi-Fi設定は、専用のスマホアプリで設定可能。ティーピーリンクの専用アプリ「Tether」を利用し簡単に設定できます。MU-MO機能やビームフォーミング機能がついた多機能でおすすめのWi-Fiルーターです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LANルーター WN-G300R3

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LANルーター WN-G300R3

手のひらサイズに収まるコンパクトなおすすめのWi-Fiルーター。本体サイズが、幅9.8×高さ13cmと小型なので部屋の置き場所に困りません。また、2.4Ghz帯のアンテナを搭載しているため、戸建ての2階建てや3LDKの部屋でも十分に電波が届きます。

本モデルは、買い替え後の設定を簡単にする「Wi-Fi設定コピー」機能を搭載。今まで使っていたWi-Fiルーターに「WPS」機能がついていれば、親機のボタンを1つ押すだけで設定を引き継げるので便利です。

また、悪質サイトをブロックするセキュリティ機能を完備。「ファミリースマイル」機能で不適切なサイトの閲覧を制限するので、子どもがインターネットを利用する時に安心して接続できます。価格は2000円台と安く、初めてWi-Fiルーターを導入する方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) WiFi ルーター無線LAN WRC-1167FSA

エレコム(ELECOM) WiFi ルーター無線LAN WRC-1167FSA

シンプルなボックスタイプのモデルです。通信規格は11acと11nの両方に対応しているので、電子レンジなどで電波が干渉しても、5.0Ghz帯で安定した通信が可能です。

本モデルは、iPhoneやiPadに電波を集中送信する「ビームフォーミングZ」機能を搭載。対応する端末に電波を集中的に送信するので、移動しながらの利用でも快適に接続可能です。

また、来客時専用の「友だちWi-Fi」機能を搭載。ブラウザーの画面で設定するだけで、来客専用にWi-Fiを提供できます。ゲストハウスや民泊を運営する方に便利な機能です。価格は2000円台とリーズナブルなので、価格重視の方にもおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LAN ルーター WSR-1166DHP3/MBK

バッファロー(BUFFALO) WiFi無線LAN ルーター WSR-1166DHP3/MBK

2階建ての一戸建ての家におすすめのWi-Fiルーター。アンテナは5.0Ghz帯で2本、2.4Ghz帯で2本搭載しているので、安定して通信できます。それぞれ866Mbps、300Mbpsの速度が出るので、動画などの映像を快適に視聴可能。

また、専用アプリケーション「QRsetup」で親機の設定が簡単にできます。親機に付属のQRコードを読み込むだけで、初期設定が可能。スマホやタブレットでスムーズにセッティングができるのが特徴です。

通信規格は11acと11nに対応し、速度はそれぞれ最大800Mbps、最大300Mbps。最大12台まで同時通信ができるので、Wi-Fi機器の多い方でも安心して利用できます。設定が簡単で初心者にも扱いやすいモデルを探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) WiFi無線LANルーター RT-AC68U

エイスース(ASUS) WiFi無線LANルーター RT-AC68U

通常の利用に加え、ゲーミングにもおすすめのWi-Fiルーター。ゲームの通信を優先する「Adaptive QoS」機能があるので、ほかの機器からの電波干渉を気にせずにゲームを楽しめます。

また、家中隅々まで電波を送る「メッシュWi-Fi」機能を搭載。エイスースの「Ai-Mesh」に対応している機種であれば、連携してより強力なネットワーク通信ができるのが特徴です。

速度は5.0Ghz帯で1300Mbps、2.4Ghz帯で600Mbpsと高速。オンラインゲームなど、データの転送量が多くても安心して通信できます。アンテナは外付けの3本タイプ。家中どこでも高速通信したい方におすすめのモデルです。

ネットギア(NETGEAR) WiFi無線LAN親機ルーター R9000-100JPS

ネットギア(NETGEAR) WiFi無線LAN親機ルーター R9000-100JPS

同時通信が最大で72台と、一度に多くのWi-Fi機器を接続できるモデルです。アンテナは4本と多いので安定して電波を送受信できます。

本モデルは、通信規格の11ac・11nに加えて、11adの通信が可能。「11ad」規格は、「11ac」規格の2倍以上の速さで通信できます。さらに、CPUは1.7GHzのクアッドコアを搭載しているため、遅延が少なくコンマを争うオンラインゲームなどで活躍します。周波数帯域を分けることで通常よりもスムーズに通信できます。

価格は4万円台と高価ですが、数少ない「11ad」の通信が可能なおすすめのWi-Fiルーターです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LANルーター WN-DX1167R/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) WiFi無線LANルーター WN-DX1167R/E

電波が安定して広範囲に届く、「360コネクト」技術を搭載したモデルです。通信規格は11acと11adに対応。それぞれ867Mbps、300Mbpsと高速に通信できます。

また、複数の同時通信を可能にする「MU-MO」機能を搭載。本モデルは最大2台まで、速度を落とさずに通信できます。複数のパソコンを使って、同時に高負荷な通信をするときなどにおすすめです。

さらに、通信プロトコルIPv6に対応。ビームフォーミング機能もついているので、安定した高速な通信ができます。シックな黒色のデザインなので、機能だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめのモデルです。