ノートパソコンやスマホなどを無線でインターネットに接続するために欠かせない「Wi-Fiルーター」。手軽にブラウジングや動画視聴などを楽しめて便利です。しかし、種類が豊富でどれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのWi-Fiルーターとゲーミングルーターをピックアップ。選び方やおすすめメーカーについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

Wi-Fiルーターとは?

By: tp-link.com

Wi-Fiルーターとは、デバイスを無線でインターネットに接続するために必要な機器。携帯ゲーム機、スマホなど有線接続しにくいデバイスでも、快適なネット環境を実現できます。

有線LANとは異なり、デバイス間をケーブルで接続する必要がないため、家中どこにいてもインターネット接続できるのが魅力。自宅の固定回線から通信するので、スマホのデータ通信量を消費せず、ギガを節約できます。

なかには、快適にオンラインゲームをプレイできるゲーミングルーターや、持ち運んで屋外でも使えるモバイルルーターなども存在。快適なネット環境を整えるために、用途を考慮したうえで選びましょう。

Wi-Fiルーターの選び方

通信速度とWi-Fi規格について

周波数帯域は5GHzと2.4GHzの2種類

Wi-Fiルーターを選ぶ際は周波数帯域をチェックしましょう。周波数帯域には大きく分けて「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。それぞれ性質が異なるので、シーンに応じて使い分けるのがおすすめです。

2.4GHzは、壁や家具などの障害物に強く、遠くまで電波が届きやすいのが特徴。一方、電子レンジなどさまざまな機器に対応している周波数帯域のため、電波が混雑しやすく接続が安定しにくいのが難点です。

5GHzは、対応している機器が少なく、電波干渉しにくいのが特徴。安定した通信が可能で、通信速度が速いのも魅力です。しかし、障害物に弱く、場所によっては繋がりにくいこともあります。

Wi-Fiルーターのなかには、2.4GHzと5GHzを切り替えられるモデルも販売されています。利用シーンに応じて使い分けられるため便利です。

Wi-Fi規格をチェックしよう

By: iodata.jp

通信速度を重視するなら、Wi-Fi規格にも注目。Wi-Fiルーターのスペック欄に記載されている「IEE802.2.11◯」という部分がWi-Fi規格を表しています。◯の部分に入る文字によって何世代に対応しているか把握可能です。

Wi-Fi規格は「Wi-Fi◯」と記載されていることもあり、◯に入る数字によっても判断できます。「Wi-Fi4」や「Wi-Fi5」など種類がありますが、最新のWi-Fi規格は「Wi-Fi6」。Wi-Fi6は従来のWi-Fi5と比べて約1.4倍の通信速度を有し、最大9.6Gbpsでの通信が可能です。

従来のWi-Fi4やWi-Fi5対応機種を使用していて通信速度が遅いと感じる方は、Wi-Fi6対応機種に変えるだけで通信速度が改善されることもあるので、試してみてください。

家の間取りに合ったモデルを選ぼう

By: tp-link.com

Wi-Fiの電波は壁の数などに影響を受けやすいため、快適なネット環境を整えるためには、家の間取りに合ったモノを選ぶことも重要。一人暮らしなどで間取りが1Rや1Kの場合は、壁の数が少ないため、そこまで高性能なモノは必要ありません。

一方、2階建ての戸建や大きめのマンションの場合は、壁の枚数を考慮したWi-Fiルーター選びが必要です。壁の枚数が多く電波が届きにくい場合は「中継機」を使用するのもおすすめ。親機のWi-Fiルーターから電波を受け取り、より遠くまで電波を届けられます。

同時に接続できる台数をチェック

By: buffalo.jp

家族でWi-Fiを使用する場合、複数接続ができると便利です。最近では、在宅ワークが増えてきたことにより、スマホだけでなくパソコンやタブレットなど、1人でも複数台同時に接続する機会が増えています。Wi-Fiルーターを購入する際は接続可能台数もチェックしておくのがおすすめです。

また、「MU-MIMO」に対応しているかもチェック。「MU-MIMO」対応機種は複数のアンテナにより、デバイスを複数同時接続しても速度低下しにくいのが特徴です。

現在ほとんどのWi-FiルーターがMU-MIMOに対応していますが、なかには対応していない機種もあります。Wi-Fiに接続できる機器を複数台持っている方は事前にチェックしておきましょう。

アンテナの種類をチェック

By: iodata.jp

Wi-Fiルーターを設置する場所や間取りなどを考慮して、適したアンテナの種類を選ぶことも重要です。Wi-Fiの電波を拡散させる役割のあるアンテナには、大きく分けて「内蔵タイプ」と「外付けタイプ」の2種類が存在します。

内蔵タイプは、その名の通りアンテナが本体内部に配置されているため、すっきりとした見た目が魅力。電波を放射状に拡散できるので、家の中心に配置する場合に適しています。

外付けタイプは、アンテナをWi-Fiルーターの外側に取り付けるタイプで、指向性が高く狙った方向に電波を飛ばせるのが特徴。たとえば家の隅に設置しても、2階の部屋やトイレなど離れた場所に電波を届かせやすいのも魅力です。設置場所を考慮して、適したタイプのモノを選んでみてください。

セキュリティ機能をチェック

By: iodata.jp

Wi-Fiルーターから出ている電波には、暗号化というセキュリティ機能が搭載されているのが一般的です。在宅ワークが増え、自宅で大切なファイルをやり取りする機会も増えているため、セキュリティ面も考慮して製品を選びましょう。

暗号化にはWEP・WPA・WPA2・WPA3などの種類があり、それぞれセキュリティ強度に違いが存在。WEPが最もセキュリティが弱く、WPAはあとに続く数字が高いほど優れたセキュリティを備えています。

セキュリティ強度が高いと、第三者に勝手にWi-Fiを使われたり、データを覗き見されたりするリスクが少ないので、安全性を重視したい方はチェックしてみてください。

あると便利な機能

AOSS

By: buffalo.jp

一般的にWi-Fiに接続するためには、接続する電波の名前を表す「SSID」を選択してから、「暗号化キー」を入力する必要があります。1度接続してしまえば2回目以降はそのまま接続されるので手間はかかりませんが、複数の機器を登録する場合はより簡単に接続したいところです。

バッファローのWi-Fiに搭載されている「AOSS(エーオーエスエス)」は、ボタン一つで簡単にWi-Fiに接続できる機能。暗号化キーを入力する手間が省けるので、暗号化キーの文字数が多い場合や、複雑な場合でも手軽に接続可能です。

ちなみに、AOSSはバッファローのWi-Fiルーターに搭載されている機能。同等の機能でも他メーカーのWi-Fiルーターでは名称が異なります。

メッシュWi-Fi

By: tp-link.com

家に壁が多かったり、3階建てだったりするとWi-Fiの電波が届きにくい場所が生まれてしまう場合があります。「メッシュWi-Fi」を搭載したWi-Fiルーターを設置することで、家中どこでも快適なネット通信が可能です。

メッシュWi-Fiとは、複数の対応したWi-Fiルーターを家中に配置することで、網目状に接続エリアを広げられる機能。親機や子機の認識も自動で行い、接続先を切り替える必要もありません。

導入コストは高めですが、自宅の間取りが特殊な場合や、家中移動してWi-Fiを使う機会が多い方におすすめです。

ビームフォーミング

By: buffalo.jp

狙った機器に優先的に電波を飛ばせる「ビームフォーミング機能」。接続するデバイス側もビームフォーミングに対応している必要がありますが、安定した通信ができるので、快適なネット環境を構築できます。

Wi-Fiが届きにくい場所にも電波を届けやすいため、Wi-Fiルーターから離れていても高速な通信が可能。自宅が2階建ての方や、家の隅にWi-Fiルーターを設置している方にもおすすめの機能です。

ゲーム環境を整えたいならゲーミングルーターがおすすめ

By: buffalo.jp

Wi-Fiルーターを選ぶ際は、利用シーンも考慮して選びましょう。とくにWi-Fiを利用してオンラインゲームを楽しみたい場合は、安定した通信・速度を兼ね備えた「ゲーミングルーター」がおすすめです。

ゲーミングルーターは、一般的なWi-Fiルーターに比べて、安定した通信速度を実現しているため、快適にオンラインゲームを楽しめるのが魅力。また、高性能なCPUやメモリを内蔵したハイスペックなモデルが多く、電波が遠くまで届きやすいようにアンテナが外側に配置されているのが特徴です。

ゲーミングルーターについて詳しく知りたい方はこちら

持ち歩き用ならモバイルルーターを

自宅以外に旅行先や出張先、通勤・通学など屋外でWi-Fiを利用したい方は、「モバイルルーター」がおすすめ。モバイルルーターとは、一般的なWi-Fiルーターのようにネット環境を整えるモノながら、スマホ程度の大きさで持ち運びしやすいのが魅力です。

ただし、モバイルルーターは、スマホと同様にキャリア回線などを使用して使うため、通信会社と契約が必要。自宅で別途回線を契約している場合は、2重で料金がかかってしまうので注意しましょう。

屋外でスマホやパソコン、ゲーム機などを使用する機会が多い場合は、データ容量の節約もできるため、料金も考慮して検討してみてください。

モバイルWi-Fiルーターについて詳しく知りたい方はこちら

Wi-Fiルーターの適切な置き場所は?

By: buffalo.jp

Wi-Fiルーターを購入したら、設置場所にも注意しましょう。Wi-Fiの電波は壁や距離によって届きやすさが異なるため、できるだけ広範囲に電波が届く場所に設置する必要があります。

Wi-Fiルーターはできるだけ高い場所に設置するのがおすすめ。電波は家具などにも影響を受けやすいので、できれば家具に隠れない高さに設置しましょう。

また、家の隅に設置すると電波が届きにくいエリアが増えてしまうため、家の中心付近に設置するのもおすすめです。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

日本電気は東京に本社を置く電機メーカーです。通称は「NEC」で、パソコンやモニター、パソコン周辺機器など幅広い製品を手掛けているのが特徴。通信設備やネットITサービスなどにおいても、国内で高い実績を残しています。

Wi-Fiルーターに関しては、リーズナブルなモデルから高性能なモデルまで幅広く取り揃えている「Aterm」シリーズを展開。暗号キー不要で接続できる「WPS機能」を備えているのも魅力です。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは愛知県名古屋市に本社を置く、国内のパソコン周辺機器メーカーです。Wi-Fiルーターはもちろん、パソコンのメモリやストレージ、マウス、キーボードなど数多くの製品をラインナップ。知名度も高く、品質面も良好です。

Wi-Fiルーターに関しては、低価格で購入しやすいモデルから、高性能なハイエンドモデルまで多数ラインナップ。暗号化キーを入力せずにワンタッチで接続できる「AOSS」を搭載しているのも魅力です。

エイスース(ASUS)

エイスースは台湾台北市に本社を置く、パソコンやスマホなどの周辺機器をメインに製造しているメーカーです。パソコンやモニター、スマホ、タブレットなど幅広い製品を製造・販売しています。

Wi-Fiルーターに関しては、高性能なモデルをラインナップ。ゲーミングルーターを販売しているのも特徴で、オンラインゲームを快適にプレイできたり、4Kストリーミングを快適に利用できたりします。高性能なWi-Fiルーターを探している方はぜひチェックしてみてください。

Wi-Fiルーターのおすすめモデル

日本電気(NEC) Aterm WG2600接続されている端末をわかりやすく管理できるHS

電波強度に優れた独自技術「ハイパワーシステム」を搭載したWi-Fiルーターです。Wi-Fi電波の送受信可能範囲が広がり、快適な通信環境を実現します。また、電波干渉が少なく、混雑していないチャンネルを使用する「オートチャンネルセレクト」を備えているのが特徴です。

ビームフォーミングに対応しているのも魅力。電波を広範囲に届けられるので、寝室や子供部屋など設置場所から遠い場所でも快適なネット環境を構築できます。

さらに、専用アプリを使うことで、接続されている端末をわかりやすく管理できるのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方にもおすすめです。

日本電気(NEC) Aterm AM-AX1800HP MC

複数の端末に同時接続できるWi-Fi6対応のWi-Fiルーターです。MU-MIMO対応により、複数同時接続を実現。ビームフォーミングを備えているので、安定した通信で快適に使用できます。

Wi-Fiエリアを拡張できる「メッシュ中継機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。最大9台まで接続でき、2階の角部屋など電波が届きにくい場所にも快適なネット環境を構築できます。

また、電波の混雑状況を回避して自動でチャンネルを切り替える「オートチャンネルセレクト」を備えているのもポイント。さらに、最新のファームウェアがリリースされた際に、指定された時刻に自動でアップデートを行う「自動時刻指定機能」も便利です。

日本電気(NEC) WiMAX HOME 02

コンパクトながら電波の広がりを強化したWi-Fiルーター

スペースを取らないコンパクトサイズのWi-Fiルーター。約50×118×100mmと手の平に乗る大きさで、カラーもナチュラルなホワイトなのでインテリアに馴染みます。下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsの通信速度により動画コンテンツも快適に再生できるのが特徴です。

従来品に比べて電波の広がりを強化したWi-Fi性能も魅力。Wi-Fi規格は2.5GHzと5.0GHzの2通りに対応します。自動で環境に適した周波数を選択する「バンドステアリング機能」を搭載しており、いつでも安定した通信が可能です。

スマホアプリを用いれば通信量や電波状態の確認ができるのもポイント。データ通信量が設定値を超えるとスマホにポップアップ通知が届きます。また、Amazon Alexa対応のスマートスピーカーで設定情報や状態を確認できるため、音声で確認したい方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 無線LANルーター WSR-1166DHPL2

快適な通信を実現するIPv6に対応したWi-Fiルーターです。自宅の回線がIPv6に対応している方におすすめ。ネット回線の接続方式が変更された場合に、自動で判別して切り替わる「回線自動切り替え機能」を搭載しています。

家族や友人など複数人で接続する場合などに生じる順番待ちを防ぐMU-MIMOに対応。また、コンパクト設計なので、一人暮らしの部屋など省スペースですっきりと配置できます。

さらに、スマホなど特定の端末に狙って電波を飛ばせる、ビームフォーミング機能を搭載しているのもポイント。便利な機能を備えた高コスパモデルを探している方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 無線LANルーター WSR-5400AX6S

パソコンやスマホなど複数の機器を接続しても快適な通信が可能なWi-Fiルーターです。Wi-Fi6に対応しており、高速かつ安定した通信ができるのが特徴。Wi-Fi6から対応した「OFDMA」により、24台同時接続しても途切れないと謳われています。

5GHzのアンテナを4本、2.4GHzのアンテナを2本内蔵。効率的なアンテナ配置を実現しているので、家中ムラなく電波を届けられます。対応機器を自宅の各場所に配置するだけで快適なネット環境を実現する、メッシュWi-Fiに対応しているのもポイントです。

また、本体を買い換えてもスムーズに設定を引き継げる「無線引っ越し機能」も便利。さらに、WPA3に対応しており、優れたセキリュティを備えているため、在宅ワークなどで大切なファイルを扱う方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 無線LANルーター WSR-3200AX4S

複数台のデバイスにパワフルな電波を届けられるWi-Fi6対応のWi-Fiルーターです。家族が多い家庭や、デスクワークなどでパソコンやスマホなど複数のデバイスに接続する機会が多い方にもおすすめ。21台のデバイズを同時接続可能です。

周波数帯域5GHz・2.4GHzのハイパワーアンテナをそれぞれ4本搭載しているのも魅力のひとつ。戸建てで3階まで、マンションで4LDKまで家中ムラなく電波を広げられます。

また、狙ったデバイスに適切な電波を届けられるビームフォーミングに対応しているのもポイント。さらに、MU-MIMO対応なので、最大4台同時に接続しても通信速度の低下を抑えて使用できます。

非常にコンパクトなデザインで、すっきり設置できるのも利点。機能性に優れたコンパクトなモデルを探している方もチェックしてみてください。

TP-Link メッシュWi-Fiシステム Deco M4 2ユニット AC1200

さまざまな間取りに対応できるWi-Fiルーターです。複数のユニットを設置することで、ムラなくWi-Fi環境を構築できるのが特徴。接続数にも優れており、最大100台まで接続できます。

専用アプリの指示に従って操作するだけで、簡単に初期設定ができるのも魅力のひとつ。機械が苦手な方や初心者の方にもおすすめです。音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応しているので、音声操作も可能です。

また、スタイリッシュなデザインのため、どこに設置してもインテリアとマッチするのもポイント。見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

TP-Link メッシュWi-Fiシステム Deco M9 Plus 3ユニット AC2200

メッシュWi-Fiに対応した、スタイリッシュなWi-Fiルーターです。複数のユニットを設置することで、網目状にムラなく電波を届けられるのが特徴。間取りが特殊な場合でも快適なネット環境を構築できます。

専用のスマホアプリをインストールすることで、簡単にセットアップできるのも魅力のひとつ。機械が苦手な方や初心者の方でも設定しやすく、快適に使用開始できます。

接続機器を保護する「アンチウイルス機能」や、特定のデバイスを優先して接続できる「QoS機能」など、便利機能を搭載しているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) Wi-Fiルーター WRC-X1800GS-B

複数台同時接続したシンプルなWi-Fiルーターです。基本性能が充実しており、複雑な機能がなく使いやすいのが特徴。Wi-Fi6に対応しているので、安定した高速通信が可能です。

パソコンなどがウイルスに感染してしまうリスクを低減できる「セキュリティーWi-Fi」を搭載しているのが魅力。在宅ワークなどで大切なファイルを扱う場合でも安心です。

縦置きや壁掛けなど、設置の自由度が高いのもポイント。コンパクトなため、デスク周りなど省スペースにもすっきり設置できます。利便性に優れた使い勝手のよいWi-Fiルーターを探している方もチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-SX300FR/E

CDケース程度のコンパクトなデザインが魅力のWi-Fiルーターです。縦置きはもちろん、横置きや壁掛けなど設置の自由度が高いのが特徴。部屋の雰囲気を崩すことなく設置できるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

快適な速度で快適に通信できるIPv6に対応しているのも魅力のひとつ。また、専用設計のアンテナを内蔵しており、ムラなく電波を届けられます。さらに、外部からWi-Fiに接続してきた端末の管理ができる「Wi-Fiマモル機能」を搭載。セキュリティ面でも優れています。

LEDが目立たない位置に配置されているので、部屋が暗くてもLEDのちらつきを軽減するのもポイント。比較的安く購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-DX1200GR/E

3階建ての戸建てや4LDKのマンションなど、広めの間取りにも対応するWi-Fiルーターです。IPv6ブーストの搭載により、優れた通信速度と安定性を実現しているのが特徴。現在使っているWi-Fiルーターの設定をボタンひとつで引き継げる「Wi-Fi設定コピー機能」を備えているのも魅力です。

また、電波の届く範囲を拡大できる「リピーター機能」を搭載。Wi-Fi電波の中継が可能です。さらに、有線LAN接続タイプのテレビやレコーダーに接続することで、機器を無線化できる「コンバーター機能」を備えているのもポイントです。

ほかにも、公式からファームウェアがリリースされた場合に自動でアップデートを行う「リモートメンテナンス機能」を搭載しているため、常に最新の状態で使用できます。リーズナブルなので、導入コストを抑えたい方にもおすすめです。

Wi-Fiルーターのおすすめモデル|ゲーミングルーター

バッファロー(BUFFALO) AirStation WXR-6000AX12S

高速インターネット「10Gbps回線サービス」対応のLANポートを備えたゲーミングWi-Fiルーター。快適にオンラインゲームをプレイできるだけでなく、4Kや8Kなどの高画質映像も快適に視聴できます。

電波に指向性を持たせて届けられる外付けタイプのアンテナを採用。5GHzのアンテナを8本、2.4GHzのアンテナを4本搭載しており、ルーターから離れた場所でもしっかりと電波を届けられます。

通信の優先順位を設定できる「アドバンスドQoS」の対応で、ゲームを優先して通信することも可能です。セキュリティ機能も充実しているのもポイント。汎用性の高いハイスペックなモデルを探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) ゲーミングルーター TUF-AX3000

快適にオンラインゲームができる「ゲーミング機能」を搭載したゲーミングルーターです。Wi-Fi6対応で、高速通信を実現しているのが特徴。スマホやパソコンなどさまざまな機器とも同時接続できます。

デバイスとのデータ通信間隔を指定できる「TWT(ターゲットウェイクタイム)」を備えているのも魅力。通信が行われていない端末はスリープ状態になるため、バッテリー寿命を延ばす効果が期待できます。

WPA3対応で、セキュリティ面も良好。汎用性の高い高性能なゲーミングWi-Fiルーターを探している方におすすめです。

エイスース(ASUS) ゲーミングルーター RT-AX82U

スタイリッシュなデザインが魅力のゲーミングルーターです。Wi-Fi6対応で、安定して高速通信が可能。「モバイルゲームモード」を備えており、スマホでも快適にゲームを楽しめます。

自分好みの照明効果を演出できる「AURA RGBライティング機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。ライティング機能を備えたキーボードやモニターなどともマッチします。

また、WPA3対応でセキュリティ面も良好。複数のWi-Fiルーターを繋ぎ合わせられるメッシュWi-Fi機能「AiMesh」を備えているのもポイントです。おしゃれで高性能なWi-Fiルーターを探している方は検討してみてください。

エイスース(ASUS) ゲーミングルーター GT-AX11000

幅広いシーンに対応できる汎用性の高いゲーミングルーター。ゲーミングLANポートやゲームの通信優先度を決める「Adaptive QoS」、ゲームのラグを軽減する「WTFast」などさまざまなゲーミング機能を搭載しているのが特徴です。

Wi-Fi6対応で、安定かつ高速通信ができるのも魅力。また、複数の端末を接続した環境下でも、優れた通信速度とパフォーマンスを発揮します。1680万色以上の色の組み合わせで好みの照明効果を演出できる「Aura RGB」に対応しているのもポイントです。

ほかにも、ビジネスレベルのセキュリティ機能を備えており、大切なデータを扱う在宅ワークにもぴったり。価格は高めですが、性能やデザインの優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

TP-Link ゲーミングルーター Archer GX90 AX6600

快適にゲームできる機能を多数搭載したゲーミングルーター。一般的な5GHz・2.4GHzの周波数帯域に加えて、ゲームに特化した5GHzを採用し、混雑することなくゲームに没頭できるのが魅力です。

有線ポートを備えているため、有線での安定した通信も可能です。音声アシスタント「Amazon Alexa」対応で、音声操作ができるのもポイント。さらに、「OneMesh」対応の中継機と接続することで、通信範囲も拡大できます。

Wi-Fiルーターの楽天市場ランキングをチェック

Wi-Fiルーターの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。