最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットで気軽にネットを楽しむ機会が増えたため、より快適なWi-Fi環境を整えることが重要です。自宅でWi-Fiを使うにはルーターが必要ですが、ユーザーの求める用途によって最適な機種も異なります。

そこで、今回はWi-Fiルーターのおすすめ製品をご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターと無線LANルーターの違いとは?

厳密には意味が異なる「Wi-Fiルーター」と「無線LANルーター」。先に誕生したのは無線LANルーターのほうで、当初は異なるメーカーの機器同士では接続が上手くできなかったり、使い勝手が悪かったりと制約の多い機器でした。

そこで、無線LAN製品の普及促進を目的としたWi-Fi Allianceという業界団体が標準規格を制定。規格を満たしている製品には「Wi-Fi」認証が与えられるようになりました。Wi-Fi認証を受けた製品は、メーカーが違っても接続できることから、ユーザーは無線LAN機器を気軽に選べるようになったのです。

現在の無線LANルーターは、互換性の高いWi-Fi規格を採用しています。それらのモデルには認証された印としてWi-Fiロゴを表示していることから、「Wi-Fiルーター」と呼ばれるようになりました。

このように厳密には異なるものですが、現在リリースされている無線LANルーターはWi-Fi認証を受けているものがほとんどのため、同一のモノと考えてもほぼ問題はありません。

Wi-Fiルーターを選ぶ際に確認したいポイント

By: asus.com

Wi-Fiルーター選びの基本。Wi-Fi規格とは?

無線LANの基本的な仕様はWi-Fi規格によって制定されています。技術の発展や電波状況の変遷により度々改訂されているため注意が必要。快適にWi-Fiを利用するためには、最近の規格に準拠したWi-Fiルーターを使用することを強くおすすめします。

現在、おすすめできる2つの規格は「IEEE802.11ac」と「IEEE802.11n」です。2014年に標準化された11acが現在主流の規格。使用する周波数は5Ghz帯で、最大伝送速度(規格値)は6.9Gbps。11nと比較して11倍以上の高速スピードです。

2009年に標準化された11nは2.4Ghzと5Ghzという2つの周波数帯を使用するデュアルバンド規格。最大伝送速度は600Mbpsです。

この他に11g,11a,11bなどの規格があります。しかし、いずれも約15年前以上に標準化された規格で最大伝送速度は54・11Mbps程度と低速。なお、11ac・11n対応のWi-Fiルーターは、11g・11a・11b規格の古い機器とも接続できて安心です。

使用デバイス

Wi-Fiルーターを選ぶ際に見落としがちなのが、接続をする機器の台数です。その理由は、Wi-Fiルーターには対応する規格やアンテナの数で転送速度に上限があり、接続機器が増えると1台当たりの電波分配が少なくなる結果、通信速度が低下するためです。

Wi-Fi規格のIEEE802.11a/b/g/n/acのどのタイプが使用デバイスに対応しているのかでも、最適な機種が大きく違ってきます。そのため、使用デバイスの接続台数と対応するWi-Fi規格は、Wi-Fiルーター選びをする上で重要なポイントといえます。

使用する目的

Wi-Fiルーター選びでは「使用する目的」も大事なポイント。使用目的がハッキリすれば、Wi-Fiルーターに必要な機能やスペックが具体的になるので、機種選びが楽になります。

SNSやブラウジング中心の使い方であれば、5000円以下の安価なモデルでも特に支障はありません。一方、仕事や動画鑑賞、パソコンやゲーム機でのオンラインプレイなど、安定かつ高速の通信が求められる場合は1万円以上の高性能なWi-Fiルーターがおすすめです。

2.4Ghzと5Ghzの違いとは?

混雑して電波干渉もある2.4Ghz帯

Wi-Fiではチャネルごとにデータを伝送します。2.4Ghz帯で使用できる規格は「11b」と「11g」の2つで、前者は14チャネル、後者は13チャネルが使用可能です。

2.4Ghz帯はチャネルの数が少ない上に、隣接したチャネルとは5Mhz程度しか離れていないため近くのチャネルと周波数幅が重複して速度低下の原因に。完全に重複しないチャネルは1chと6ch、そして13chの3つしかありません。なお、11b規格の場合はこれにやや離れた14chがあります。

また、対応している機器が多いため2.4Ghz帯は電波が混雑しています。マンションなどの集合住宅では無線LANのアクセスポイントが乱立状態となって、つながりが遅いといった問題も発生。また、電子レンジやBluetoothによる電波干渉もデメリットです。

最高に快適なWi-Fiを楽しむなら5Ghz帯

5Ghz帯には全部で19のチャネルがあります。隣接したチャネルとも20Mhz離れているので重なり合うこともなくて安心。電子レンジやBluetoothによる電波干渉もありません。また、5Ghz帯は周波数幅が広いため、チャネルを占有できて動画視聴にも有利です。

そのうえ、11ac規格では「チャネルボンディング」という技術によって最大8つ(規格値)のチャネルを束ねて1ユーザーが利用できるようになりました。ただし、この場合は利用可能なチャネルが減るので、同時に利用できるユーザー数は減ります。一人暮らしの方は活用したい機能です。

ちなみに、11n規格で束ねられるチャネル数は最大2つまででした。最新規格の11ac対応Wi-Fiルーターを利用することの大きなメリットです。

Wi-Fiが遅くなる3つの大きな要因

目立たない存在ですが、Wi-Fiルーターはインターネットにおいて重要な役割を果たしています。Wi-Fiが遅くなる原因をしっかりチェックして、Wi-Fiルーター選びの参考にしてみてください。

Wi-Fiによる通信が遅くなる大きな原因は以下のとおりです。これらの状況は適切なWi-Fiルーターを選ぶことによってしっかり改善できます。

1.最新のWi-Fi規格に対応していない

新しいWi-Fi規格に対応していないWi-Fiルーターを使用していると、パソコンやスマホ・ゲーム機など接続するデバイスが最新モデルであっても、その性能を引き出すことができません。

2.混雑する電波状態

電波の状態が良好でも、数多くのデバイスが接続していると1台あたりの速度は低下してしまいます。

3.機器の設置場所が悪い

Wi-Fiルーターの設置場所やパソコンなどの使用場所が適切でないと、電波が届きにくくなります。Wi-Fiルーターの設置場所については、このあと「Wi-Fiルーターを置く場所に注意しよう」の項目で説明しますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターの選び方

①価格帯で選ぶ

By: amazon.co.jp

5000円以下

ネットサーフィンやYouTubeなど動画を気軽に楽しみたい方におすすめ。製品によっては電波が弱くて、間に障害物や強い電磁波を発生するものがあると繋がりづらいこともあります。ルーターを置く場所には気を付けましょう。

5000円~10000円

PCやスマホなどのデバイスで安定した高速通信を使いたい方や、3LDKの広い間取りでも快適に使いたい方におすすめ。コストパフォーマンスに優れたモデルがこの価格帯に多い傾向があります。

10000円以上

動画コンテンツやオンラインゲームをフルに楽しみたいヘビーユーザーや、ファミリーで複数同時接続をする場合におすすめ。初期投資は大きくなりますが、快適に通信できるのは大きなメリットです。

②性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターの性能面での大きなチェックポイントは、現行のWi-Fi規格「11ac」または、1世代前の「11n」に対応のモデルなのかを確認することです。

特に11acは、電波の干渉が少なく安定した高速通信が持ち味で、ひと昔前のWi-Fi規格11b/11g/11aの機器にも幅広く対応しているなどのメリットがあります。

Wi-Fi規格「IEEE802.11ac」とは

Wi-Fi規格の11acは、従来の規格11nと比べて最大で約11.5倍ものスピードを実現しています。複数端末との同時通信を可能にした「MU-MIMO」をサポート。通信の安定性も大幅に向上しています。それに加えて、特定の端末に向けて集中的に電波を発信する「ビームフォーミング」機能との合わせ技で、つながりやすさと実行速度をアップさせています。

「ビームフォーミング」とは

ビームフォーミングとは、電波を特定の方向に向けてビームのように飛ばす技術です。通常、電波は全方位に飛ぶのですが、これを細く絞ることで、従来はつながらなかったところにも電波を届けることができます。

利用エリアが広がるだけでなく、通信速度もアップするのが魅力。11acに対応したデバイスはさらに増えていくので、今後のことを見据えるなら11ac対応のWi-Fiルーターがおすすめです。

③アンテナ本数で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターには、「アンテナ」が付いています。11nと11acでは最大転送速度は、アンテナ数が多いほど電波強度も強く安定した高速通信が可能です。

一般的なWi-Fiルーターのアンテナ数は1~3本ですが、最近ではタブレットやスマホにゲームと同時に多くの機器を接続するケースも増えてきました。そこで、安定した高速通信が可能でアンテナ数が多いWi-Fiルーター選びが大きなポイントになります。

アンテナ内蔵タイプの場合は外から本数が確認できないため、商品カタログやメーカーのホームページで必ずチェックしましょう。

戸建とマンションで違うの?

家の構造などが異なる戸建とマンションとでは、Wi-Fiルーターの選び方が変わります。Wi-Fiルーターには、内蔵アンテナタイプと外付けアンテナタイプの2種類があり、それぞれ電波の出方が異なるためです。

内蔵アンテナの場合は、ボールがWi-Fiルーターを包み込んでいる感じに電波が満遍なく放出されています。一方、外付けアンテナタイプは、アンテナの向きを変えることで、電波の出方を部屋の構造合わせて縦横自在にカスタマイズ可能です。

マンションタイプならば、広範囲をカバーできる内蔵アンテナタイプがおすすめ。2階や3階の戸建住宅であれば、電波の出方を部屋の構造合わせて縦横自在に変えられる外付けアンテナタイプが最適です。

Wi-Fiルーターを置く場所に注意しよう

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターは、屋内に均一に電波を飛ばすために「できるだけ家の中心」に設置するのが理想的です。また、Wi-FiルーターとスマホやPCの間に障害物があると、通信が不安定になったり、速度が出なかったりする原因になることがあります。そのため、Wi-Fiルーターは床から1~2mの高さの位置に置くのがポイントです。

しかし、ドアや家具などの配置や部屋の間取りによっては家の中央に置けないケースがあります。その場合、設置場所としては「普段スマホやPCを利用している場所」の周辺がベストです。

Wi-Fiの電波を減衰させやすい場所として、電子レンジのあるキッチン周辺、バスルームなどの水回り、金属製の棚、家具の中や下などが挙げられます。これらの近くに設置するのは避けましょう。

Wi-Fiルーターのおすすめ|戸建て

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4

バッファローが販売するこのWi-Fiルーターは、スマートフォンやタブレットなど端末の位置や距離を自動で判別して電波を届ける「ビームフォーミング機能」を搭載しており、Wi-Fiルーターから離れた場所でも電波が途切れることなく快適にインターネットが楽しめます。転送速度は、最大866Mbpsの「11ac」に対応しているので、ネットや動画などをサクサク楽しみたい方におすすめ。

QRコードを読み取るだけで設定ができる「QRsetup」を使えば、スマートフォンやタブレットから初期設定や設定変更などが手軽に行えるため、機械が苦手な方やWi-Fiルーター初心者の方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower Giga WXR-1750DHP2

電波の向きを自由に変えられる「大型可動式アンテナ」を搭載しているWi-Fiルーター。1台あれば縦長の戸建てから横長のマンション・アパートまで、家の形状に合わせて最適な無線環境が作れます。データ優先度を自分好みに設定できる「アドバンスドQoS」や、スマートフォンだけで簡単に接続設定ができる「AOSS2」など、便利な能が充実しているのも魅力。Wi-Fiルーター初心者の方にもおすすめです。

ちなみに、最大転送速度は高速の「1300Mbps」。大容量のファイル転送や、動画コンテンツの再生などもストレスなく快適に楽しめます。iPhoneやiPadの転送速度を向上させる「ビームフォーミングEX」対応モデルなので、Appleユーザーの方にもおすすめです。

ティーピーリンク(TP-Link) Archer C50

部屋がたくさんある広い家で使うなら、Wi-Fiルーター「Archer C50」がおすすめ。高性能な外部アンテナを4本搭載しているので、電波が届きにくい3階建ての戸建てでも部屋の隅々までしっかりと電波が届きます。

ゲストに安全なWi-Fiアクセスを提供する「ゲストネットワーク」や、有害サイトの閲覧を端末ごとに制限する「ペアレンタルコントロール」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。これだけ高性能にも関わらず、価格はわずか3000円弱とコストパフォーマンスも良好。価格重視でWi-Fiルーターを選びたい方にもおすすめです。

ネットギア(NETGEAR) Nighthawk X8 R8500-100JPS

トライバンド対応の高性能Wi-Fiルーター「Nighthawk X8」です。5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使用することで、最大5.3Gbpsの高速転送が可能になっています。数ある家庭用向けWi-Fiルーターの中でもトップクラスの転送速度を備えているので、ゲームや4K動画などをサクサク楽しみたい方におすすめです。

また、微弱な電波を増幅させる「アクティブアンテナ技術」が搭載されているのもポイント。電波の出力を上げられないモバイル機器でもしっかりと電波をキャッチできるため、親機から遠く離れた場所でも気軽に高速インターネットが楽しめます。

エイスース(ASUS) RT-AC65U

エイスースがリリースしている「RT-AC65U」は、オシャレなデザインが特徴。高級感のある見た目に仕上がっているので、リビングに置いておけばちょっとしたインテリア代わりに使うことも可能。最大1300Mbpsの高速転送を実現した「11ac対応アンテナ」や、複数の機器と同時に通信できる「MU-MIMO」を搭載しているので、ファミリーでシェアして使うのにもおすすめです。

ネットワーク接続や接続可能時刻の制限を行える「ペアレンタルコントロール機能」や、不正アクセスを遮断するセキュリティ機能「AiProtection」などのオプションが充実しているので、小さな子供がいるご家庭でも安心して使えます。

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower Giga WXR-2533DHP2

バッファローのハイエンドWi-Fiルーター。高感度の可動式大型アンテナを4本装備しているので、自宅の間取り・形状にあわせてフレキシブルなWi-Fi環境をセッティングできるのが大きなメリット。CPUは1.4Ghzのデュアルコアを搭載しています。

推奨利用環境は、戸建てなら3階建て、マンション4LDK。大きな住宅でも安心の実力です。ユーザー6人、最大18台の同時接続に対応します。

最新規格の11acをはじめ、すべてのWi-Fi規格に対応。最大速度は5Ghz帯なら1733Mbpsです。2.4Ghz帯でも800MbpsとまさにハイエンドなWi-Fi環境を利用できます。オンラインゲームや高画質のビデオオンデマンドサービスを利用する方にもおすすめです。

USBポートにNASを接続すれば、家中のパソコンやテレビでデータを共有することも可能。USB3.0対応のため高速にデータ転送できます。iPhoneなど「ビームフォーミング」対応のスマホやタブレットを自動追従。家中動きまわってもベストな状態で電波を転送できます。

さらに、機器に合わせて最高の暗号化方式を自動設定するマルチセキュリティ機能も搭載。また、来訪者のスマホやタブレットがWi-Fi接続されても家庭内ネットワークへの接続は許可されないゲストポート機能も装備しています。

エレコム(ELECOM) Wi-Fiルーター WRC-1167GH

リーズナブルな価格ながら、11ac規格対応のおすすめWi-Fiルーター。推奨利用環境は2階建て住宅、マンションなら3LDKです。同時接続は12台まで対応可能。1人暮らしの方、家族での利用にもおすすめです。

ハードウェア通信処理によってパケットロスを大幅に低減。リーズナブルなWi-Fiルーターでも最高867Mbpsという高速化が可能です。

iPhoneなどのスマホに電波をしっかり届ける「ビームフォーミングZ」機能搭載。電波の届けにくい場所にもスマホに電波をしっかり届けます。

Wi-Fiルーターのおすすめ|マンション・アパート

アイ・オー・データ(IODATA) PLANT EX-WNPR2600G

アイ・オー・データの新ブランド「PLANT」のWi-Fiルーター。電波の干渉を受けにくい5GHz帯に対応しているため、広めのマンション・アパートでも電波が途切れることなく快適にインターネットが楽しめます。また、最大1733Mbpsの高速インターネットが楽しめるだけでなく、全ポートが高速イーサネット規格の「Gigabit」対応。また、端末の位置や距離を自動で識別する「ビームフォーミング」に対応しているので、転送速度や通信品質を重視する方にもおすすめです。

本体のサイズは109×87×200mmとやや大きめですが、高性能なWi-Fiルーターが欲しい方におすすめ。自動ファームウェアアップデート機能がついているので、いつでも安全・快適に使えるのもポイントです。

ティーピーリンク(TP-Link) TL-WR802N

手のひらサイズのWi-Fiルーター「TL-WR802N」です。携帯しやすく非常にコンパクトなので、普段使いはもちろん、旅行や出張などのお供にも最適。本体には、処理速度の速い高性能チップセットを採用することで、小型ながら通信品質の高いインターネットが楽しめます。

なお、本製品には「ルーターモード」「ホットスポットモード」「中継器モード」「クライアントモード」「APモード」の5つの動作モードを搭載しているので、1台あればWi-Fiルーター以外にもいろいろな使い方が可能。価格もリーズナブルのため、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめの一台です。

日本電気(NEC) Aterm WG1900HP PA-WG1900HP

NECが販売するこのWi-Fiルーターは、電波を360度全方位へ飛ばす「μSRアンテナ」や、混雑していない周波数帯を自動選択する「バンドステアリング」、電波状況の良いチャネルを自動で切り替える「オートチャネルセレクト」を搭載。高速通信を安定して行えるのが特長です。

また、専用のアプリ「Aterm スマートリモコン」を使えば、手持ちのスマートフォンやタブレットから接続設定・ステータス確認などが簡単に行えるため、機械が苦手な方にもおすすめ。使うシチュエーションに合わせて設置スタイルが選べる「スマートデザイン」を採用することで、縦置きはもちろん、横置きや壁掛けなどさまざまな設置方法が楽しめるのも魅力のひとつです。

バッファロー(BUFFALO) AirStation HighPower Giga WSR-2533DHP

バッファローの内蔵アンテナモデルのハイエンドWi-Fiルーター。11acをはじめ、ほとんどのWi-Fi規格に対応。コンパクトなボディながら、最大速度は5Ghz帯1733Mbps、2.4Ghz帯でも800Mbpsを達成しています。

マンション・集合住宅で場所を取らずにWi-Fi環境を構築したい方におすすめのモデルです。家族はもちろん、一人暮らしで最新のオンラインゲームを楽しみたい方にもおすすめ。

お子さんが安心してインターネットを利用にできることを手助けしてくれるのが「ペアレンタルコントロール」機能。「キッズタイマー」は特定機器の利用時間を設定できます。お子さんのインターネットの使いすぎを防いでくれます。

ビームフォーミング機能搭載で、スマホを追いかけて最適な電波を届けるのもポイント。マルチセキュリティ機能で接続機器の暗号設定も手間要らずです。ゲストポート機能は来訪者が家庭のネットワークに入るのを防止してくれます。