最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットで気軽にネットを楽しむ機会が増えたため、より快適なWi-Fi環境を整えることが重要です。自宅でWi-Fiを使うにはルーターが必要ですが、製品ラインナップが多く製品によってスペックはさまざま。

そこで今回は、Wi-Fiルーターのおすすめ製品をご紹介します。初めて購入を検討している方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。
さっそくおすすめ商品を見る

Wi-Fiルーターとは?

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターはパソコンやスマホ、ゲーム機器などを無線でインターネットに接続するための通信機器。パソコンは有線でもインターネットと接続できますが、自宅のインターネット回線を利用してスマホやタブレットでデータ通信を行う際には欠かせません。

Wi-Fiルーターには壁に設けた回線と接続するタイプのほか、携帯しながらデータ通信できるモバイルルーターがあります。モバイルルーターは配線不要で、通信会社の電波エリア内ならどこでも使用可能です。インターネット回線を引いていない部屋や賃貸で回線工事ができない事情がある場合でも、購入して回線契約をすればすぐに高速データ通信をはじめられます。

モバイルルーターについて詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

Wi-Fiルーターの選び方

間取りや人数に合わせたモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターは同時に使用する人数や端末数によっては、データの送受信がうまくいかないトラブルが発生する場合もあるため注意が必要です。転送速度が低下して動画や音楽、オンラインゲームなど高速データ通信を必要とする場合に遅延が発生します。

自宅の間取りのチェックも重要です。2階や3階の部屋で使用するなど、Wi-Fiルーターの設置場所と距離が離れるほど電波の通信速度が低下するほか、暑い壁やコンクリート造りの建物の場合も電波が届きにくい特性があります。

製品カタログやWebの販売サイトでは使用人数や間取りなど、推奨環境を表示している場合もあるため確認しておきましょう。また、指向性を変えられる外部アンテナや、家中どこでも電波を拾いやすい「メッシュWi-Fi」など便利なモデルもあるのでチェックしてみてください。

転送速度で選ぶ

データ転送速度も、Wi-Fi選びの重要なチェックポイントです。ルーターの転送速度は、対応しているWi-Fi規格によって異なります。現在主流なのが5GHz帯を利用する11ac対応ルーターです。データ転送スピードが速い傾向にあるため、動画視聴やダウンロードなどを高速で行えるのがメリットです。

また、2.4GHz帯と5GHz帯双方を利用できる11n規格に対応したモデルもおすすめ。それぞれの帯域で最大データ転送速度は300Mbpsと控えめですが、2.4GHz帯は障害物の影響を受けにくいのがポイントです。

エントリークラスでも11acの規格に対応したモデルが多いので、ルーター選びでは11acモデルを基本に考えましょう。

周波数帯域で選ぶ

混雑して電波干渉もある2.4Ghz帯

Wi-Fiではチャネルごとにデータを伝送します。2.4Ghz帯で使用できる規格は「11b」と「11g」の2つで、前者は14チャネル、後者は13チャネルが使用可能です。

2.4Ghz帯はチャネルの数が少ないうえに隣接したチャネルとは5MHz程度しか離れていないため、近くのチャネルと周波数幅が重複して速度低下の原因になります。完全に重複しないチャネルは1chと6ch、そして13chの3つしかありません。なお、11b規格の場合はこれにやや離れた14chがあります。

また、対応している機器が多いため2.4Ghz帯は電波が混雑しがちなので注意が必要です。マンションなどの集合住宅では無線LANのアクセスポイントが乱立状態となって、つながりにくいといった問題も発生。また、電子レンジやBluetoothによる電波干渉もデメリットです。

快適に通信するなら5Ghz帯

5Ghz帯には全部で19chあります。隣接したチャネルとも20Mhz離れているので重なり合うこともなくて安心。電子レンジやBluetoothによる電波干渉も軽減します。また、5Ghz帯は周波数幅が広く、チャネルを占有できるため、動画視聴の際も快適です。

そのうえ、11ac規格では「チャネルボンディング」という技術によって最大8つ(規格値)のチャネルを束ねて1ユーザーが利用できるようになりました。ただし、この場合は利用可能なチャネルが減るので、同時に利用できるユーザー数は減ります。一人暮らしの方におすすめの機能です。

便利な機能で選ぶ

Wi-Fiが届きにくい場合は「ビームフォーミング」をチェック

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターのなかには、電波を特定の方向に集中させる「ビームフォーミング」機能を搭載しているモノもあります。これは、スマホなどの電波から位置を測定して、電波を最適に届ける機能です。実際に、ビームフォーミングをオンにすることで、通信速度が向上する場合もあります。

Wi-Fiの速度を求めるなら「IPV6パススルー」をチェック

By: amazon.co.jp

従来のIPv4と呼ばれるプロトコルで接続をするとプロバイダーの経由が必要です。また、利用者が増える時間帯は、混雑の影響を受けて通信が遅くなってしまうのが難点。

一方、次世代規格であるIPv6ならプロバイダーを経由せずに接続ができるため、混雑の影響を受けず高速かつ安定した通信が可能です。そのため、Wi-Fiの速度を求める方はIPv6パススルーに対応したモデルを選んでみてください。

複数端末で接続するなら「MIMO・MU-MIMO」をチェック

By: rakuten.co.jp

Wi-Fiルーターのなかには、「MIMO(マイモ)」と呼ばれる機能を搭載したモデルもあります。「Multi-Input Multi-Output」の略称であり、送信機と受信機の両方に複数のアンテナを展開して、通信の品質を高める無線技術です。

この技術をさらに進化させたのが、「MU(マルチユーザー)-MIMO」。通信相手を切り替える手間を省くことで、複数端末でWi-Fiルーターに接続しても、通信速度が低下しない優れた機能です。

バンドステアリングやオートチャネルセレクトの有無をチェック

2.4Ghzと5Ghzでは、それぞれメリットとデメリットがあります。電波が広い範囲まで届く2.4GHzは、家電が出す電波の影響を受けやすく、通信速度が遅いのがデメリット。高速で安定した接続が可能な5GHzは、壁や床など障害物に弱いのが難点です。

「バンドステアリング機能」や「オートチャネルセレクト機能」とは、2.4GHzと5GHzを混雑していない周波数帯を自動で選択する便利な機能。快適にインターネットを楽しみたい方は、「バンドステアリング機能」「オートチャネルセレクト機能」搭載のWi-Fiルーターがおすすめです。

ワンタッチ接続機能の有無をチェック

Wi-Fiルーターと各端末を接続する場合には、端末側での暗号化キーを入力が必要。簡単な設定方法である「AOSS」や「WPS」であっても、Wi-Fiルーターのボタンを押し、端末側で接続設定を行う必要があります。

しかし「NFC」と呼ばれる近距離無線通信技術の国際標準規格に対応していれば、端末でWi-Fiルーターにタッチするだけで接続可能。ただし「NFC」利用するには、Wi-Fiルーターだけでなく、端末側も対応していなければいけないので注意が必要です。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、日本の大手パソコン周辺機器メーカー。リーズナブルな価格のモデルから法人向けモデルまで、数多くのWi-Fiルーターを展開しています。国内での市場シェアも高く、公式サイトから得られる情報も豊富なので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは、台湾のパソコンおよびパソコン周辺機器メーカー。Wi-Fiルーターとしては、ゲームに特化したモデルを販売しているところが特徴のひとつです。

複数のWi-Fiルーターを組み合わせてネットワークを構築する「AiMesh」など便利な機能が充実しているのもポイント。広い空間の隅々までWi-Fiシステムを構築したい方におすすめのメーカーです。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

NECは国内最大手の電機メーカーです。20世紀の初頭から日本の通信技術を牽引してきたメーカーであり、Wi-Fiルーターも通信の安定性に定評があります。

NECのWi-Fiルーターは、独自機能を備えているのも特徴。他社製Wi-Fiルーターから簡単に設定の引き継ぎを行える「Wi-Fi設定引越し機能」などの便利な機能が用意されているのも魅力です。

メーカーのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi HOME L02

360°全方位をカバーする4本の高感度アンテナを内蔵したホームルーター。シンプルな円筒形デザインによってアンテナ性能を向上させており、家全体のどこでも安定したデータ通信を可能にします。無線接続時の下り最大867Mpbs、有線接続1GMpbsの高速データ通信を実現。4K動画など大容量コンテンツを快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

古いルーターから接続情報を引き継げるWi-Fiお引越し機能を搭載。スマホやパソコン側での設定不要で簡単に切り替えられるため、買い替え時に重宝します。ルーター本体にSIMカードを挿せば使用できるため、手軽にインターネットを楽しみたい方におすすめです。

Wi-Fiルーターのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LAN ルーター WSR-A2533DHP3

4本のアンテナの向きを変えられるWi-Fiルーターです。マンションや一戸建てなど、さまざまな間取りや通信状態に合わせてアンテナの向きを調節できます。「MU-MIMO」対応により、最大4台の端末との同時通信も可能です。初期設定はAOSS/WPSボタンを押すだけで、ネットワークSSIDやパスワードを自動的に引き継ぐため簡単。買い換え時の操作や設定が簡単なモデルを探している方におすすめです。

電波を特定の方向に集中させる機能「ビームフォーミング」を搭載。端末の位置や距離を自動で判別して電波を送ることで、転送速度や安定性を向上させます。端末ごとにアクセス制限をかけられる「キッズタイマー」も便利。子供のインターネットの使いすぎを防止できます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LAN AirStation connect 親機+専用中継機2台セット WTR-M2133HS/E2S

家のどの部屋でも電波を拾いやすい「メッシュWi-Fi」タイプのWi-Fiルーターです。親機と中継機が連携して情報共有することにより、網目状のネットワークを自動構築。独自のアルゴリズムによって通信経路を複数パターンでシミュレーションし、もっとも効率的なメッシュネットワークを構築します。通常のWi-Fiルーターでは電波の届きにくい部屋で、動画などの高速データ通信を快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

新設計の5GHz指向性ハイパワーアンテナを独立させているのも特徴。テレビや中継機にアンテナを向ければ、より高速な通信が可能です。日本の主要なIPv6サービスに対応しており、アクセスが集中しているときも快適な高速インターネットを利用できます。

日本電気(NEC) 無線LANルーター Aterm PA-WG2600HP3

最大3台の端末を同時接続できるWi-Fiルーター。リビングや子供部屋、寝室などさまざまな部屋でインターネットを楽しめます。自動で適切なチャンネルに切り替える「オートチャンネルセレクト」が便利。電波干渉の影響を受けにくい快適な高速データ通信を可能にします。

11ac規格に対応しているほか、4×4ストリームの採用で最大1733Mpbsのハイスピードを実現。従来モデルと比較して、快適に通信できるエリアが約21%も拡大しています。3階建てのコンクリート造建物など、通常のWi-Fiルーターでは遅延が発生して困っている方におすすめのモデルです。

日本電気(NEC) 無線LANルーター Aterm PA-WG1200CR

2.4GHz帯と5GHz帯双方を利用できる11n規格に対応したWi-Fiルーター。スマホやタブレットは電波干渉の少ない5GHz帯、パソコンやゲーム機、プリンターなどは2.4GHz帯を使用するなど、異なる周波数帯域を同時に使い分けることが可能です。

米粒サイズながら電波を360°全方位に飛ばせる「μSRアンテナ」を搭載しているのもポイント。家のあらゆる場所で調節することなく快適な高速データ通信を楽しめます。ルーターの設定を自動的に引き継げる「Wi-Fi設定引っ越し機能」が便利。WPS対応ならメーカー問わず簡単に設定できるため、他社製ルーターからの買い換えを検討している方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ゲーミング Wi-Fi ルーター RT-AX88U

最高4804Mpbsの高速データ通信を可能にする「Wi-Fi6(11ax)」対応のWi-Fiルーター。有線LANレベルの高速通信が可能で、高画質動画を快適に視聴できるほか、FPSやレースなど遅延が気になるゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

たくさんのWi-Fi端末を接続してもスムーズな高速データ通信を維持でき、最大21台もの端末と接続可能。4LDK以上の広いマンションや戸建ての3階など、通常のWi-Fiルーターでは無線接続が難しい環境でも快適な高速データ通信を可能にします。

エイスース(ASUS) ゲーミングトライバンド Wi-Fi ルーター GT-AX11000

最大速度4804Mpbsの高速データ通信が可能なゲーミング向けWi-Fiルーターです。高速通信規格Wi-Fi6に対応しているほか、ゲームLANポートを搭載。さらに、ゲームの通信優先度を高める「Adaptive Qos」やタイムラグを軽減するゲームアクセラレータ「WTFast」も搭載しているなど、本格的なオンラインゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

LEDの明かりで自分なりのスタイルを演出できる「Aura RGB」も魅力のひとつ。1680色以上の組み合わせと5つのプリセットパターンを利用して、ゲームの雰囲気を盛り上げます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi 無線LAN ルーター WN-SX300FR/E

音楽CDケースほどのコンパクトなフォルムが特徴のWi-Fiルーター。幅約12.6cm、高さ約13.2cmと、本棚などちょっとしたスペースに設置可能です。縦置きと横置きにも対応する円形スタンドが付属。壁掛けもできるなど、設置の自由度の高いモデルを探している方におすすめです。

次世代規格IPv6対応でプロバイダーを経由せずに接続できるのもポイント。混雑の影響を受けない快適な高速データ通信が可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fi5 無線LAN ルーター WN-DX2033GR/E

複数の端末を接続しても通信速度が安定する「MU-MIMO」対応のWi-Fiルーター。最大24台もの端末と接続できるため、大家族はもちろんオフィスでの使用にもおすすめのモデルです。電波の位置を測定する「ビームフォーミングW」の搭載により、家のどこにいても快適な高速データ通信を可能にします。

高速な11a規格で最高速度1733Mpbsを実現。11nモデルと比較して約5.8倍もの高速データ通信が可能で、動画のストリーミングやオンラインゲームなどもストレスなく楽しめます。

グーグル(Google) Google Nest Wi-Fi ルーター メッシュネットワーク対応 GA00595-JP

家全体にムラなく電波を届けられる「メッシュWi-Fi」タイプのWi-Fiルーター。親機のルーターと拡張ポイントを併用すれば最大200台もの端末を接続できるほか、データ量が大きい4K動画のストリーミング再生も快適に楽しめます。

Google Homeアプリを使用して簡単にセットアップできるのもポイント。Googleアシスタントの音声操作にも対応しており、話しかけるだけで音楽の再生や天気予報をチェックできるなど、便利なおすすめモデルです。

エレコム(ELECOM) Wi-Fi 無線LAN ルーター WRC-2533GST2

プロバイダーを経由せずに接続できる次世代規格「IPv6」対応のWi-Fiルーターです。最大24台の端末と接続できるほか、戸建ての3階や4LDKの広いマンションでも快適な高速データ通信を可能にします。

動作確認ランプを隠せるカバーが付属しているのもポイント。寝室に設置する場合など、ランプの点灯が気になる方におすすめのモデルです。混雑状況を判別して空いている帯域を自動で誘導する「バンドステアリング」を搭載。回線の混雑ポイントを回避しながら、安定した高速データ通信を楽しめます。

モバイルルーターのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi NEXT W06

高性能ハイモードアンテナを搭載したモバイルルーターです。「Wi-Fi TX ビームフォーミング」によって端末を狙って電波を送信。通信の安定性が向上し、従来モデルと比較して受信速度が約20%もアップしています。

利用シーンにあわせて3つのモードから選択できるパフォーマンスモードが便利です。高速データ通信で動画を快適に楽しみたい場合や、外出先でバッテリーをセーブしたいときなどシーンによって使い分け可能。残り通信時間の目安も表示されるなど、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

携帯しながら外出先でもWi-Fiを利用できるモバイルルーターです。長時間通信に対応しており、Wi-Fi利用時で最大20時間、Bluetooth使用時では最大24時間使用できるバッテリーを搭載しています。厚さ約17.3mm、重さ約128gと軽量コンパクトで、持ち運びに便利なモデルです。

SIMロックフリー端末で、好きな通信会社を選んで使用可能。主要3社はもちろん、そのほかのさまざまな通信会社のネットワークにも対応しています。APN自動設定により、パスワードレスでアクセスできるのもポイント。手間のかかる設定が不要で、購入したらすぐ高速データ通信をはじめられます。

オプションのクレードルを使用すれば、自宅のWi-Fi非対応パソコンともLANケーブルなしで接続が可能。ロングライフモードでは電池の消耗を軽減できるほか、交換できる電池パックを採用しているなど機能性にも優れています。

日本電気(NEC) Aterm MR05LN 3B

SIMロックフリーのモバイルルーター。使用するシチュエーションにあわせて、好みのnanoSIMカードを選択して使えます。nanoSIMカードを2枚挿入できるデュアルSIMに対応しているのもポイント。サービスの異なる2枚のカードを組みわせて利用できるため便利です。

自動SIM切替機能を活用すれば、設定した時間で2枚のカードを切り替えて使用することも可能。時間帯や通信量で使い分けすれば、通信コストを節約できます。Wi-Fi利用時で約14時間連続使用できるほか、省電力ながら連続通信約30時間を実現するBluetoothデザリングにも対応。さらに、休止状態なら約1250時間の連続待受ができるなど、充電切れを気にせず使用できます。

無料ダウンロードアプリ「AtermらくらくQRスタート」を利用すれば、QRコードをスマホやタブレットで読み取るだけで接続できるのも便利。機器の操作が苦手な方でも難しい設定なしで接続できるおすすめモデルです。

NECプラットフォームズ モバイルルーター Aterm PA-MP01LN

本体サイズ約91×50mmと、一般的なカードよりコンパクトなモバイルルーター。重さもわずか約71gで、バッグやポーチに入れてもかさばらないモデルを探している方におすすめです。スマホやタブレットなど最大10台まで端末を接続可能。最大約433Mbpsの高速通信により、快適なデータ通信を楽しめます。

超小型タイプながら連続通信最大10時間を実現しており、外出先でも長時間の利用が可能です。接続しない状態が一定時間経過すると、自動的に休止状態に移行。無駄な電力消費を抑えるとともに、最大約900時間もの長時間スタンバイが可能になります。

GlocalMe G3 モバイルWi-Fiルーター

クレジットカードで入金して使用する「クラウド型SIM」を内蔵したモバイルルーターです。専用アプリを利用してアカウントにチャージするだけと、SIMの契約や差し替えが不要でAPN設定などの面倒な手間もなし。日本国内はもちろん世界100国以上で利用できるため、海外出張が多い方におすすめのモデルです。

4G LTEの高速通信により、海外でのインターネット接続時に便利。スマホやタブレット、ゲーム機器など最大5台までの端末を同時接続できるため、会議や家族旅行など複数人で接続したい場合にも便利です。