快適なインターネット通信のために欠かせない「Wi-Fiルーター」。家族で住んでいる方はもちろん、一人暮らしでもスマートフォンやパソコンを利用するなら1台置いておくと便利です。ひとくちにWi-Fiルーターといっても、さまざな製品がラインナップされており、どれを選ぶべきか悩んでしまいがち。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしでWi-Fiルーターは必要?

By: tp-link.com

インターネットに接続する方法はさまざまです。モバイルWi-Fiやスマートフォンの通信を利用することでインターネットを楽しめますが、通信量に制限がかかっていたり、電波の状況によって不安定になったりする場合があります。

Wi-Fiルーターは、複数の電子機器をまとめてインターネットに接続できるうえ、高速通信によって高画質の動画視聴やオンラインゲームの遅延を軽減できるのがメリットです。最近では手のひらサイズのコンパクトモデルもラインナップされており、ワンルームの狭いスペースでも設置できます。

また、物件によってはWi-Fi環境が整備されているところもあり、本体を用意すればすぐにインターネットに繋げられるのも便利。自宅でも趣味や仕事で通信環境が必要な一人暮らしの方は、Wi-Fiルーターの購入がおすすめです。

一人暮らし向けWi-Fiルーターの選び方

接続可能台数をチェック

By: netgear.com

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、接続可能な台数をチェックしましょう。パソコンやスマートフォンだけでなく、ゲーム機やテレビ、ブルーレイレコーダーなどをインターネットに接続する方は、6台以上の接続に対応したモデルがおすすめです。

また、頻繁に家族や友人が訪れる場合、さらに接続機器が増えることも想定されます。上位機種だと同時に10台以上のデバイスをインターネットに繋げられるモノもあるので、接続台数に余裕を持たせたい方はぜひチェックしてみてください。

対応周波数をチェック

By: iodata.jp

Wi-Fiルーターには2.4GHzと5GHzの周波数帯域があり、2.4GHz帯はほとんどの機器が対応しています。また、壁や天井といった障害物が多い場所でも電波が届きやすいため、インターネット通信が途切れにくいのがメリットです。

ただし、2.4GHz帯は、IHクッキングヒーターやBluetoothなどほかの機器も利用する帯域であるのに加え、接続に必要なチャネル数が少ないので注意が必要。マンションなどの集合住宅だと、混雑による電波干渉が起こりやすく、インターネットの通信速度が低下してしまいます。

一方、5GHzは対応している機器が少なく、電波干渉が起こりにくいため安定性に優れているのがポイント。また、高速通信であるため、ストリーミングの動画再生やオンラインゲームのプレイなども快適に楽しめるのが特徴です。

しかし、2.4GHzと異なり、障害物に対して弱いのがデメリット。壁や家具などによって電波が遮られ、Wi-Fiに繋がりにくくなる場合があるため、部屋のレイアウトに注意しておきましょう。

アンテナ数をチェック

By: asus.com

快適にインターネットを利用するためには、アンテナ数も重要です。無線LANの通信規格である「11n」や「11ac」には、受信用と送信用のアンテナを搭載し、「2×2」や「4×4」のように記載されています。

最大転送速度の理論値もアンテナ数によって決まっており、数が多ければ多いほど高速での通信が可能です。さらに、電波も遠くまで届きやすくなるため、部屋のレイアウトやインターネットの利用目的に応じて選びましょう。

また、スマートフォンやパソコンなどの「子機」をインターネットに接続する場合、アンテナ数が少ない方を優先します。たとえば、Wi-Fiルーターのアンテナが「4×4」であっても、電波を受信する側が「2×2」だと、後者の速度に制限されてしまう点には注意が必要です。

通信規格は「11ac」に対応したモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

Wi-Fiルーターを購入する際、通信規格のひとつである「11ac」に対応しているか確認しましょう。アンテナ1本あたりの最大転送速度が867Mbpsで、4K画質の動画やオンラインゲームも快適に楽しめるのがポイント。

また、5GHz帯域の電波であるため、ほかの機器から発生する電波に干渉されにくく、安定したインターネット接続が可能。ただし、11ac規格での通信を行うためには、Wi-Fiルーター本体だけでなく、スマートフォンやパソコンも対応していなければなりません。

「ビームフォーミング」搭載モデルがおすすめ

By: elecom.co.jp

ビームフォーミングを搭載しているモデルがおすすめです。一般的なWi-Fiルーターは、360°の方向に複数の波を発生させ干渉させるため、電波が強くなる部分もあれば、弱くなる部分も出てしまうのが難点。

一方、ビームフォーミング搭載モデルは、受信端末に対して集中的に電波を届けられます。本体から離れている場所でも安定した通信を可能としており、ストリーミング再生やオンラインゲームなどで速度遅延による影響を軽減できるのがポイントです。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: buffalo.jp

愛知県名古屋市に拠点を置く周辺機器の大手メーカーです。キーボードやハードディスク、ブルーレイドライブなど幅広い製品をラインナップし、プライベートだけでなくビジネスシーンでも人気があります。

バッファローのWi-Fiルーターは、部屋のサイズに合わせて選べるのがポイントです。3階まで電波を届けられる家庭用から、一人暮らし用のワンルームに適したモノまで展開しているため、さまざまな環境でインターネットを楽しめます。

さらに、メーカー独自のアプリも魅力。対応モデルを購入すれば、スマートフォンやタブレットからQRコードを読み込むことで、機械操作が苦手な方でも簡単に接続できます。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

総合電機メーカーとして100年以上の歴史がある「NEC」。LAVIEシリーズのパソコンやタブレットといった製品をラインナップしているだけでなく、社会インフラなどにも携わっています。

NECのWi-Fiルーターは、「Aterm」シリーズとしてラインナップ。スマートフォンのアプリと連携しているのが特徴で、端末の接続状況を確認できます。さらに、インターネットに接続していないときに、自動で電源をオフにできるタイマーなど独自機能を搭載しているのがポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

「アイ・オー・データ」は、石川県金沢市に拠点を置く精密機器メーカーです。HDDやSSDといった記憶装置だけでなく、外付けディスプレイやブルーレイドライブなどパソコン周辺機器も取り扱っています。

アイ・オー・データのWi-Fiルーターは、本体を買い替えても簡単に設定できる「引っ越し機能」に対応しているモデルが便利。ボタンひとつで引き継げるため、煩わしい操作や機械が苦手な方におすすめです。低価格のモノも多くラインナップされており、コストパフォーマンスに優れています。

一人暮らし向けWi-Fiルーターのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-1500AX2B

高速通信でコスパも良好

通信スピードを重視する、一人暮らしの方におすすめのWi-Fiルーターです。最新の11ax(Wi-Fi 6)規格に対応した高速モデル。2.4GHz帯で最大300Mbps、5GHz帯なら最大1201Mbpsの高速なワイヤレス通信がおこなえます。Wi-Fi 6対応品のなかではエントリーモデルに該当するため、購入しやすい手頃な価格が魅力です。

TWT(Target Wake Time)に対応しているのも特徴。モバイルデバイスの待受時間を制御することで、バッテリーの消費を抑える便利な機能です。長時間スマホゲームを楽しむようなシーンでも、電池残量の心配が少なく済みます。

コンパクトなボディを採用しているのもポイント。ワンルームなどの小さな部屋にもスッキリと設置できます。壁掛けにも対応しているため、デスクサイドや本棚の横などに取り付けることが可能です。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WCR-1166DS


QRコードで簡単に初期設定

手のひらサイズのコンパクトなWi-Fiルーター。ワンルームなど、一人暮らし用の小さな部屋におすすめのモデルです。有線LANポートを搭載しているため、テレビやレコーダーなどのWi-Fi非対応機器も、まとめてネットに接続できます。

各種設定を簡単におこなえるのも特徴。モバイル端末用のアプリ「QRsetup」をインストールすれば、スマホやタブレットのカメラを使い同梱されているQRコードを読み込むだけで初期設定が完了します。設定の変更もスマホの画面上で操作できるなど、使い勝手は良好。パソコンを起動させる面倒はありません。

2×2のアンテナを内蔵しているので、部屋の中を動き回っても高速で安定した通信がおこなえます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-300HP


コンパクトで場所を取らない

価格の安いシングルバンド仕様のWi-Fiルーターです。2.4GHz帯に対応しており、最大300Mbpsのワイヤレス通信が可能。通信速度よりコスト優先の方におすすめのモデルです。幅140×高さ140×奥行31mmのコンパクトなボディなので、小さな部屋でも邪魔になりにくくスッキリと設置できます。

レイアウトフリーの筐体構造を採用しているのが特徴。縦置き・横置き・壁掛けと、設置環境に応じた置き方が選択できます。また、放熱穴を塞がない設計がされており、設置方向に関わらず安定したパフォーマンスが維持できるのも嬉しいポイントです。

日本電気(NEC) Wi-Fiルーター Aterm WG2600HS2

11ac(Wi-Fi 5)規格に対応したWi-Fiルーターです。ビームフォーミングに対応しているのが特徴。対応するデバイスなら、使用する場所に関わらず安定した通信が見込めます。また、MU-MIMOに対応しており、最大4台の端末との同時通信も可能です。遊びに来た友人と一緒にスマホを使うような場合でも、ネットを快適に利用できます。

IPv6に対応しているのもポイント。プロバイダーの認証が不要で混雑しにくいため、従来方式のIPv4に比べて安定した通信が期待できます。より快適で高速な環境を求める方におすすめ。ただし、接続先のサイトもIPv6に対応している必要があるので、あらかじめ留意しておきましょう。

日本電気(NEC) Wi-Fiルーター Aterm WG1900HP2


「らくらく『かざして』スタート」機能を搭載したモデルです。面倒な設定作業を、できるだけ簡単に済ませたい方におすすめのWi-Fiルーター。添付シートのNFCタグにスマホをかざすことで、Wi-Fi接続やセキュリティ設定が自動でおこなえます。さらに、インターネット接続設定にも対応するなど、使い勝手は良好です。

NECの独自技術を採用したアンテナも内蔵。電波を360°全方位へ送信できるため、本体の設置場所の違いによる通信速度のバラツキが最小限に抑えられます。バンドステアリングに対応しており、混雑の少ない周波数帯に自動で切り替えられるのも便利です。

日本電気(NEC) Wi-Fiルーター Aterm WG1200HS3


独自技術「ハイパワーシステム」を採用したWi-Fiルーターです。Wi-Fi電波の送受信可能な範囲が広がり、快適な通信環境を作ることができます。

マルチSSID機能を搭載しており、仮想のアクセスポイントに2種類の暗号化設定を割り当てられるのが特徴。ゲーム機はWEPで接続しつつ、パソコンとはより強固な暗号化方式であるAESで繋げられます。高いセキュリティ性を維持しつつ、多様なデバイスを使用したい方におすすめです。

「Wi-Fi設定引っ越し機能」を搭載。WPS対応製品であれば他社製Wi-Fiルーターからの買い替えでも、設定情報の移行は簡単です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-DEAX1800GR


設定の簡単な、Wi-Fiルーターが欲しい方におすすめのモデルです。インターネットへの接続方法を、自動で判別し設定できる機能を搭載。煩わしい初期設定作業は必要ありません。プロバイダーや回線事業者を乗り換えた際にも自動設定されるので安心です。デバイスとのWi-Fi接続は、付属のQRコードをカメラで読み込むだけで完了します。

また、Wi-Fi 6規格に対応しており通信速度は高速。手軽に快適なネット環境を構築したい、一人暮らしの方にピッタリです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-DX1167GR


新技術「ビームフォーミングW」を採用したWi-Fiルーターです。ビームフォーミングに対応した端末だけでなく、非対応の機器に対しても有効的に動作するのが特徴。多様なデバイスで、安定した高速通信を求める方におすすめのモデルです。MU-MIMOにも対応しており、最大2台の端末と同時通信がおこなえます。

独自のメッシュ機能を搭載しているのもポイント。別途メッシュ子機を準備すれば、シームレスに繋がるネットワークエリアを拡大することが可能です。将来的に一人暮らしの部屋から間取りの多い物件に引っ越した場合でも、柔軟に対応できます。

また、「かんたんセットアップガイド」が付属。分かりやすく図解で解説されているので、初心者の方でも安心です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-SX300FR


初期設定不要の手軽さが特徴の、一人暮らしを予定している方におすすめのWi-Fiルーターです。本体とモデムをLANケーブルで接続し、電源を入れるだけでインターネットに繋がります。後は手持ちのデバイスとWi-Fi接続するだけなので、購入したその日からSNSや動画の視聴を楽しむことが可能です。ただし、契約回線がPPPoE接続方式の場合は初期設定が必要なため、あらかじめ確認しておきましょう。

また、「360コネクト」技術を採用。全方位へ電波を放出できるので、設置場所にかかわらず安定した通信環境が構築できます。

エレコム(ELECOM) e-Meshルーター WMC-M1267GST2-W


「友だちWi-Fi」機能を備えたWi-Fiルーターです。友達や家族など、ゲスト用のSSIDを提供できるのが特徴。自分が使用するWi-Fiとはセキュリティで分離されているため、安心してネットを利用できます。設定方法もブラウザからオンするだけと簡単です。

LED遮光パネルを搭載しているのも特徴。LEDランプの光が気になりにくいので、夜間の睡眠にも邪魔になりにくいのが嬉しいポイントです。必要に応じて取り外すこともできます。「ビームフォーミングZ」を採用しているため、iPhoneなどの対応端末をはじめ、多様なデバイスで快適に通信できます。

エレコム(ELECOM) Wi-Fiポータブルルータ WRH-300BK3


持ち運びに便利なポケットサイズのWi-Fiルーターです。コンパクトなうえ、重さも約20gと軽量なので、カバンやリュックの中でかさばらず容易に携帯することが可能。出張や旅行先に持ち運ぶ機会が多い一人暮らしの方におすすめのモデルです。自宅ではWi-Fiルーター、宿泊先ではホテルルーターとして活躍します。

専用アプリを利用すれば設定は簡単。同梱のQRコードを読み取るだけで、インターネットに接続するための初期設定が済ませられます。また、ルーター設定用のウィザードを搭載しており、画面の指示に従い入力するだけなのも嬉しいポイントです。

TP-Link Wi-Fiルーター Archer AX80 AX6000


通信速度にこだわる、一人暮らしの方におすすめのWi-Fiルーターです。Wi-Fi 6規格に対応しており、5GHz帯で最大4804Mbpsの高速なワイヤレス通信が可能。アンテナ内蔵型のスッキリとしたデザインなので、スペースの限られた場所にも無理なく設置できます。縦置きのほか横置きや壁掛けが選べるなど、設置方法の自由度が高いのも嬉しいポイントです。

USB 3.0ポートを搭載しているのも特徴。外付けストレージを接続すれば簡易NASとして利用できます。パソコン・スマホ・タブレットなど、復数のデバイス間でデータの共有ができて便利です。

TP-Link Nano 無線LANルーター TL-WR802N


携帯性に優れた小型のWi-Fiルーターです。自宅だけでなく、旅行先のホテルでもWi-Fi接続したい方におすすめのモデル。最大300Mbpsのワイヤレス通信に対応しており、動画の視聴やオンラインゲームが気軽に楽しめます。

ACアダプターは付属していないものの、スマホの充電器やノートパソコンのUSBポートから給電ができるので便利。余分な充電器を持ち運ぶ煩わしさがありません。1台のWi-Fiルーターを有効活用したい、一人暮らしの方にピッタリです。

エイスース(ASUS) ゲーミングWi-Fiルーター RT-AX86U


ゲーム好きの方におすすめのWi-Fiルーターです。Wi-Fi 6規格に対応しており通信速度は高速。スマホやタブレットで、オンラインゲームが快適にプレイできます。また、ゲームブースト機能を備えており、ゲーム通信を優先処理できるのも便利です。

ゲーミングLANポートを搭載しているのもポイント。低遅延で快適に遊べるため、ゲーミングデスクトップPCのパフォーマンスを最大限に発揮できます。有線と無線、どちらの接続方式でも、高速な通信環境を構築したい方におすすめのモデルです。

ネットギア(NETGEAR) Wi-Fi 6ルーター RAX20 AX1800


2本の外部アンテナを搭載したモデルです。部屋の隅々まで電波を飛ばせる、おすすめのWi-Fiルーター。Wi-Fi 6規格に対応しているため、最大1201Mbpsの高速なワイヤレス通信がおこなえます。4Kや8K動画のストリーミング再生が快適です。

Nighthawkアプリを利用すればセットアップは容易。作業が数分で完了するので、ネットをすぐに使いはじめられます。接続中のデバイスの表示やインターネット速度の確認ができるなど、使い勝手のよさが魅力です。