快適なインターネット通信のために欠かせない「Wi-Fiルーター」。家族で住んでいる方はもちろん、一人暮らしでもスマートフォンやパソコンを利用するなら1台置いておくと便利です。ひとくちにWi-Fiルーターといっても、さまざな製品がラインナップされており、どれを選ぶべきか悩んでしまいがち。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしでWi-Fiルーターは必要?

By: buffalo.jp

一人暮らしの方で、Wi-Fiルーターを購入するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。モバイルWi-Fiやスマートフォンの通信を利用することでインターネットを楽しめますが、通信量に制限がかかっていたり、電波の状況によって不安定になったりする場合があります。

一方、Wi-Fiルーターは、複数の電子機器をまとめてインターネットに接続できるうえ、高速通信によって高画質の動画視聴やオンラインゲームの遅延を軽減できるのがメリットです。最近では手のひらサイズのコンパクトモデルも発売しており、ワンルームの狭いスペースでも設置できます。

また、物件によってはWi-Fi環境が整備されているところもあり、本体を用意すればすぐにインターネットに繋げられるのも便利。自宅でも趣味や仕事で通信環境が必要な方は、Wi-Fiルーターの購入をおすすめします。

一人暮らし向けWi-Fiルーターの選び方

接続可能台数をチェック

By: buffalo.jp

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、接続可能な台数をチェックしましょう。パソコンやスマートフォンだけでなく、ゲーム機やテレビ、ブルーレイレコーダーなどをインターネットに接続する方は、6台以上の接続に対応したモデルがおすすめです。

また、頻繁に家族や友人が訪れる場合、さらに接続機器が増えることも想定されます。上位機種だと同時に10台以上のデバイスをインターネットに繋げられるモノもあるので、接続台数に余裕を持たせたい方はぜひチェックしてみてください。

対応周波数をチェック

By: netgear.com

Wi-Fiルーターには、2.4GHzと5GHzの周波数帯域あります。2.4GHz帯は、ほとんどの機器が対応しています。また、壁や天井といった障害物が多い場所でも電波が届きやすいため、インターネット通信が途切れにくいのがメリットです。

ただし、2.4GHz帯は、IHクッキングヒーターやBluetoothなどほかの機器も利用する帯域であるのに加え、接続に必要なチャネル数が少ない点がデメリット。マンションなどの集合住宅だと、混雑による電波干渉が起こりやすく、インターネットの通信速度が低下してしまいます。

一方、5GHzは対応している機器が少なく、電波干渉が起こりにくいため安定性に優れているのがポイント。また、高速通信であるため、ストリーミングの動画再生やオンラインゲームのプレイなども快適に楽しめるのが特徴です。

しかし、2.4GHzと異なり、障害物に対して弱いのがデメリット。壁や家具などによって電波が遮られ、Wi-Fiに繋がりにくくなる場合があるため、部屋のレイアウトに注意しておきましょう。

アンテナ数をチェック

By: amazon.co.jp

快適にインターネットを利用するためには、アンテナ数も重要です。無線LANの通信規格である「11n」や「11ac」には、受信用と送信用のアンテナを搭載し、「2×2」や「4×4」のように記載されています。

最大転送速度の理論値もアンテナ数によって決まっており、数が多ければ多いほど高速での通信が可能です。さらに、電波も遠くまで届きやすくなるため、部屋のレイアウトやインターネットの利用目的に応じて選びましょう。

ただし、スマートフォンやパソコンなどの「子機」をインターネットに接続する場合、アンテナ数が少ない方を優先します。たとえば、Wi-Fiルーターのアンテナが「4×4」であっても、電波を受信をする側が「2×2」だと、後者の速度に制限されてしまう点に注意が必要です。

通信規格は「11ac」に対応したモノを選ぼう

By: buffalo.jp

Wi-Fiルーターを購入する際、通信規格のひとつである「11ac」に対応しているか確認しましょう。アンテナ1本あたりの最大転送速度が867Mbpsで、4K画質の動画やオンラインゲームも快適に楽しめるのがポイント。

また、5GHz帯域の電波であるため、ほかの機器から発生する電波に干渉されにくく、安定したインターネット接続が可能。ただし、11ac規格での通信を行うためには、Wi-Fiルーター本体だけでなく、スマートフォンやパソコンも対応していなければなりません。

「ビームフォーミング」搭載モデルがおすすめ

By: rakuten.co.jp

ビームフォーミングを搭載しているモデルがおすすめです。一般的なWi-Fiルーターは、360°の方向に複数の波を発生させ干渉させるため、電波が強くなる部分もあれば、弱くなる部分も出てしまうのが難点。

一方、ビームフォーミング搭載モデルは、受信端末に対して集中的に電波を届けられます。本体から離れている場所でも安定した通信を可能としており、ストリーミング再生やオンラインゲームなどで速度遅延による影響を軽減できるのがポイントです。

Wi-Fiルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

愛知県名古屋市に拠点を置く周辺機器の大手メーカーです。キーボードやハードディスク、ブルーレイドライブなど幅広い製品をラインナップし、プライベートだけでなくビジネスシーンでも人気があります。

バッファローのWi-Fiルーターは、部屋のサイズの合わせて選べるのがポイントです。3階まで電波を届けられる家庭用から、一人暮らし用のワンルームに適したモノまで発売しているため、さまざまな環境でインターネットを楽しめます。

さらに、メーカー独自のアプリも魅力。対応モデルを購入すれば、スマートフォンやタブレットからQRコードを読み込むことで、機械操作が苦手な方でも簡単に接続できます。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

総合電機メーカーとして100年以上の歴史があります。LAVIEシリーズのパソコンやタブレットといった製品を発売しているだけでなく、社会インフラや宇宙開発にも携わっています。

NECのWi-Fiルーターは、モバイルWi-Fiでもお馴染みの「Aterm」シリーズとしてラインナップ。スマートフォンのアプリと連携しているのが特徴で、端末の接続状況をモニターできます。さらに、インターネットに接続していないときに、自動で電源をオフにできるタイマーなど独自機能を搭載しているのがポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: iodata.jp

石川県金沢市に拠点を置く精密機器メーカーです。HDDやSSDといった記憶装置だけでなく、外付けディスプレイやブルーレイドライブなどパソコン周辺機器も取り扱っています。

アイ・オー・データのWi-Fiルーターは、本体を買い替えても簡単に設定できる「引っ越し機能」に対応しているモデルが便利。ボタンひとつで引き継げるため、煩わしい操作や機械が苦手な方におすすめ。低価格のモノも多く発売されており、コストパフォーマンスに優れています。

一人暮らし向けWi-Fiルーターのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WSR-300HP/N

狭い部屋にも設置できるWi-Fiルーターです。140×140×31mmのコンパクトサイズで、スペースが限られている場所にも置けます。また、縦置き・横置き・壁掛けが可能で、さまざまなレイアウトに対応できるのがポイント。

1000Mbpsの高速通信に対応した有線LANポートを搭載しています。光インターネット回線を契約している場合、高画質の画像や動画といった大容量データのやりとりも可能。さらに、独自のアンテナ設計によって、安定したWi-Fi環境を実現しています。

スマートフォンやタブレットで本体を設定できるのも魅力のひとつ。専用アプリを利用し、本体に付属したQRコードを読み込むことで簡単にインターネットに繋げられます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WCR-1166DS

ワンルームでの設置に最適なWi-Fiルーターです。幅109×奥行50×高さ110mmと、手のひらに乗せられるほどのコンパクトサイズで、スペースを使わずに置けます。また、専用のアプリでQRコードを読み込むことによって、簡単にインターネットに接続できるのも便利なポイントです。

ビームフォーミング機能を搭載しており、使用するデバイスに対して集中的に電波を送れます。さらに、高速通信規格の「11ac」に準拠し、最大866Mbpsの通信速度に対応。有線LANポートも取り付けられているため、Wi-Fi電波が不安定な際にも安定してインターネットを楽しめます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fiルーター WMR-433W2

携帯性に優れたWi-Fiルーターです。重さ19gと軽量設計なうえ、幅45×奥行15×高さ45mmのコンパクトサイズでカバンにも収めやすいのが特徴。カラーラインナップも豊富なので、好みに応じて選べます。

小型モデルながら、有線LANポートを搭載しているのも魅力のひとつ。ホテルのLANケーブルを本製品に差し込むことで、素早くWi-Fi環境を作り出せます。また、高速通信が可能な「11ac」規格にも対応しているため、高画質の動画視聴や容量が大きいファイルのダウンロードに最適です。

スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、簡単に初期設定を行えます。さらに、ワンタッチでWi-Fiに接続できる「WPSボタン」によって、パスワードを入力する手間を省けるのが便利です。

日本電気(NEC) Aterm WG1900HP2

接続状況を確認できるWi-Fiルーターです。「Atermスマートリモコン」をスマートフォンやタブレットにダウンロードすることで、本製品に繋がっている機器をまとめて表示可能。不審な端末に対しては、アプリから素早く接続解除できるため、安全に使用したい方におすすめです。

幅110×奥行33×高さ169.5mmのコンパクトサイズで、ワンルームの限られたスペースにも設置可能。横置き・壁掛けにも対応しているため、部屋のレイアウトに合わせて自由に選べます。接続していない際にはタイマーで自動で電源がオフになる「無線LANスケジュール機能」を搭載した省エネ設計のモデルです。

日本電気(NEC) Aterm WF1200CR

ビームフォーミングに対応したWi-Fiルーターです。スマートフォンやゲーム機などを自動で検出し、集中的に電波を送信できます。「11ac」規格に準拠しており、最大867Mbpsでの高速通信が可能です。

省エネ設計も本製品の魅力のひとつ。無線LANを使っていないときに自動で節電する「オートECO」を搭載しています。さらに、メーカー独自の技術「μEBG構造」を採用し、電磁ノイズを遮断することで安定したインターネット通信を楽しめるのがポイント。

専用アプリ「Aterm スマートリモコン」を利用することで、簡単に設定を行えます。また、電波状況に応じて自動的にチャネルを切り替える「オートチャネルセレクト機能」も本製品の特徴です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-SX300FR/E

最大4台まで接続可能なWi-Fiルーターです。スマートフォン・パソコン・ゲーム機など複数の機器をインターネットにつなげられます。また、360°電波を放出する「360コネクト」や、高速通信方式「IPv6」に対応しているのもポイント。

幅126×奥行71×高さ132mmのコンパクト設計により、一人暮らしでも部屋のスペースを気にせずに設置できます。さらに、付属のスタンドを取り付けることで、縦置きだけでなく横置き・壁掛けも可能。「Wi-Fi設定コピー機能」を搭載しており、Wi-Fiルーター買い替える際にも簡単に設定できます。

外部からの不正接続を防げる機能もポイント。受信機器を管理する「Wi-Fiマモル」を搭載し、許可されていない端末をブロックできます。インターネットの安定性だけでなく、セキュリティ性能も重視する方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) Wi-Fiルーター WN-AC1167R

「11ac」規格に準拠したWi-Fiルーターです。最大867Mbpsでの高速通信に対応し、スマートフォンやパソコンなどで快適にインターネットを楽しめます。また、2.4、5GHzのそれぞれに対して設計した独立アンテナを採用しているため、通信の安定性に優れています。

セットアップが簡単なのもポイントです。「かんたんセットアップガイド」が用意されており、初めての方でも安心して設定可能。専用のアプリをダウンロードし、本体のQRコードをスキャンするだけで素早くWi-Fiに接続できます。

ファーウェイ(HUAWEI) 無線LANルーター WS5200

4つの可動式ハイパフォーマンスアンテナを搭載したWi-Fiルーターです。同じ周波数の干渉を少なくすることで、快適なインターネット通信を楽しめます。また、LDPCアルゴリズムによって、壁や障害物による通信速度の低下を軽減できるのも魅力。

ビームフォーミング機能も本製品のポイントです。電波を特定の方向に集中させることで、高速でのWi-Fi通信を可能。2.4GHzと5GHzの信号が結合されており、デバイスの設置場所に応じて、最適な周波数で接続できます。

安定性・圧力・高温多湿の環境など全7つのテストにクリアしており、耐久性に優れているのも魅力。さらに、部外者からの接続を遮断するセキュリティシステムも備えており、安全性を重視する方におすすめです。

ネットギア(NETGEAR) AC1750 デュアルバンドWiFiルーター R6350-100JPS

5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応したWi-Fiルーターです。「11ac」規格に対応しており、最大1450Mbpsでの高速通信が可能。大容量データの転送でも遅延が発生しにくく、ストリーミング再生やオンラインゲームなどを快適に楽しめます。

一人暮らしに嬉しいコンパクトサイズも魅力のひとつです。A4用紙よりも小さく収まる幅235×奥行151×高さ55mmの寸法は、狭い場所での設置にも便利。また、小型モデルながら、複数端末を接続しても速度が落ちにくい「MU-MIMO」に対応しています。

専用のアプリを利用することで、速度テストや端末の管理を行えるのも便利なポイント。最大16台まで接続できるため、家族や友人が訪問してきても安心です。

フォン(Fon) Wi-Fiルーター FON2601E-SE

高速での通信が可能なWi-Fiルーターです。「11ac」規格に準拠しており、最大866Mbpsの速度でインターネットを楽しめます。また、1000Mbpsに対応した有線ポートが取り付けられているのも魅力です。

スマートフォンやパソコンだけでなく、テレビやデジタルカメラ、プリンターなどさまざまなWi-Fi搭載端末で使用できます。 幅109×奥行109×高さ37mmのコンパクトサイズで場所を取らずに置けるのもポイント。本体は約117gの軽量設計で、設置する場所を変更する際にも便利です。

WAVLINK AC1200 WL-WN531G3

置き場所を選ばないWi-Fiルーターです。横置きはもちろん、壁掛けにも対応しているため、スペースが限られているワンルームでの設置に便利。また、メーカー独自のアプリを使用することで、いつでも接続状況を確認できます。

Wi-Fiネットワークを最適化する「TURBOボタン」も魅力のひとつ。さらに、高感度のアンテナを4つ搭載しており、安定したインターネット通信が可能。4K動画の視聴やオンラインゲームに最適な「11ac」規格にも対応しています。

TP-Link AC1750 デュアルバンド Wi-Fiルーター Archer C7 V5

安定性を重視する方におすすめのWi-Fiルーターです。本体に外部アンテナを3つ搭載しているため、電波を届ける方向を手動で調節できます。また、2.4、5GHzのデュアルバンドに対応しており、快適にインターネットを楽しめるのがポイント。

プリンターやハードディスクなどと接続できるUSBポートを搭載しています。さらに、1000Mbpsの高速通信に対応した4つの有線LANポートは、Wi-Fi通信が不安定な際に便利です。

メーカー独自のアプリ「Tether」をインストールすることで、初期設定やデバイスの接続状況を確認できます。縦置きスタンドを付属したモデルもラインナップしており、狭いスペースでの設置にも最適です。