高速な無線通信を可能にする「Wi-Fi 7対応ルーター」。Wi-Fi 7対応のスマホやパソコンを持っている方におすすめです。しかし、機能が豊富なのでどれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Wi-Fi 7対応ルーターのおすすめモデルをご紹介します。MLO機能やMulti-RUについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

Wi-Fi 7とは?Wi-Fi 6・Wi-Fi 6Eとの違いをチェック

By: rakuten.co.jp

Wi-Fi 7とは、Wi-Fi 6・Wi-Fi 6Eをベースに開発された最新のWi-Fi規格のことです。最大通信速度や帯域幅が改善されているため、従来のWi-Fi規格よりも高速かつ安定した通信を行えます。

Wi-Fi 7対応ルーターは現時点で製品数が少ないものの、バッファローなどの大手メーカーがラインナップしているのでチェックしてみてください。

Wi-Fiの規格認証を行っているWi-Fi Allianceによると、Wi-Fi 7は今後急速に普及すると予想されています。スマホ・タブレット・パソコンのほか、ARやVRなどのデバイスに活用されると考えられるので、チェックしてみてください。

Wi-Fi 7対応ルーターの特徴

最大通信速度や帯域幅

By: tp-link.com

Wi-Fi 7対応ルーターの特徴として、非常に高速である点が挙げられます。Wi-Fi 7の理論上の最大通信速度は46Gbpsであり、Wi-Fi 6・Wi-Fi 6Eの約4.8倍です。

利用できる帯域幅が拡張されているのもポイント。Wi-Fi 6・Wi-Fi 6Eの160MHzに対し、Wi-Fi 7は320MHzと倍増しています。したがって、従来の2倍の速度で通信可能です。

Wi-Fi 7はこれまでにない速度で無線通信ができるため、大容量ファイルのダウンロードを素早く行いたい方や、オンラインゲームをプレイしたい方におすすめです。

MLO機能

By: buffalo.jp

MLO(Multi-Link Operation)機能を搭載しているWi-Fi 7対応ルーターは、2.4GHz・5GHz・6GHzのなかから複数の帯域を同時に利用できるのが特徴です。

MLO機能によって通信容量を拡大できるので、より高速で通信できるようになります。ある帯域がほかの機器から電波干渉を受けた際に別の帯域を利用できるため、安定性に優れている点もメリットです。

Multi-RU

By: buffalo.jp

Multi-RU(Multi-Resource Unit)をサポートしているWi-Fi 7対応ルーターは、各ユーザーに効率よく周波数を割り当てられます。そのため、周波数の使用率を向上できるのがメリットです。

従来は1人のユーザーに対して1つのRUしか割り当てられず、未使用のRUがあるためリソースを活かしきれませんでした。Multi-RUを活用することで、伝送効率の向上が期待できます。

パンクチャリングに対応しているモデルであれば、干渉波が発生した際に悪影響を少なくできるのもメリットです。干渉を受けた周波数のみ避けてチャンネルを利用できるため、通信効率を改善できます。

Wi-Fi 7対応ルーターの選び方

自宅の間取りに合ったモデルをチェック

マンション

Wi-Fi 7対応ルーターを購入する際は、自宅の間取りに合わせてモデルを選ぶのがおすすめです。モデルによっては、間取りの目安が記載されている場合があるのでチェックしてみてください。

マンションに住んでいる場合は、戸建てほど広範囲に電波を行き渡らせる必要がないため、自宅の全範囲をカバーするのが比較的容易です。

戸建て

戸建てに住んでいる方には、メッシュWi-Fiに対応しているモデルがおすすめです。メッシュWi-Fiを使うことで網目状にネットワークを構築でき、広範囲に電波を届けられます。ネットワークの一部で障害が起きた際に、その経路を避けてインターネットに接続できるのもメリットです。

一般的に、メッシュWi-Fiを構築するためには子機となるサテライトルーターが必要なほか、異なるメーカーの製品を併用できません。しかし、EasyMeshに対応しているWi-Fi 7対応ルーターであれば、別メーカーの製品と組み合わせることが可能です。

また、スマートローミングに対応しているモデルは、快適に利用できるアクセスポイントに随時接続します。部屋を移動する際に、スマホのオンライン状態を維持したまま接続先を切り替え可能です。

一人暮らしなど利用人数に合った同時接続台数をチェック

By: amazon.co.jp

Wi-Fi 7対応ルーターには同時接続台数が決められています。ルーターの電波には限りがあるため、利用人数に合わせた製品を選びましょう。同時接続台数を超えて接続しようとすると、通信速度が遅くなったり、接続自体ができなかったりするので注意が必要です。

なお、スマホやパソコンはもちろん、そのほかのIoT家電もこの制限に含まれます。テレビ・エアコン・冷蔵庫などの家電を多く所有している方は、同時接続台数を超えないように注意しましょう。

なかには、最大で200台以上のデバイスと接続できるモデルもラインナップされています。多数のIoT家電と接続したい方はチェックしてみてください。

セットアップが簡単かチェック

Wi-Fi 7対応ルーターを購入する際は、セットアップ方法もチェック。なかには、スマホアプリで初期設定や管理を行えるモデルもラインナップされています。イラスト付きの説明が表示されるモノであれば、通信機器にあまり詳しくない方でも導入しやすいのでおすすめです。

使っていたルーターの設定を引き継げるモデルも販売されています。プロバイダーの接続情報などを移動できるモデルもあるため、セットアップが面倒な方はチェックしてみてください。

セキュリティ機能をチェック

By: tp-link.com

Wi-Fi 7対応ルーターのなかには、強固なセキュリティを備えている製品もラインナップされています。ウイルス感染やDoS攻撃を防ぐために、セキュリティ機能も確認しておきましょう。

有償のライセンスを購入することで、より強力なセキュリティサービスを利用できるモノも販売されています。セキュリティを重視する方には、ルーター購入時に一定期間の有償ライセンスが付属するモデルがおすすめです。

本体サイズやデザインをチェック

By: buffalo.jp

ルーターは基本的に据え置きで使うことになるので、生活の邪魔にならないよう本体サイズもチェックしておきましょう。なかには、コンパクトかつおしゃれな製品もラインナップされています。デザイン性を重視する方におすすめです。

また、アンテナが外付けされているモデルも販売されています。アンテナを調整して電波を飛ばす方向を変えられるモノは、間取りや家電の配置に合わせて最適化できるのがメリットです。

Wi-Fi 7対応ルーターのおすすめメーカー

TP-Link

By: rakuten.co.jp

シンガポールに本社を構えるネットワーク機器メーカー。1996年に設立され、世界170ヶ国以上で17億人以上のユーザーに製品を提供していると謳っています。

Wi-Fi 7対応ルーターもラインナップ。最大で200台以上のデバイスと接続できる製品を販売しているので、IoT家電を多く所有している方におすすめです。HomeShieldに対応しているモデルであれば、潜在的な脅威やセキュリティ問題をリアルタイムで検出できます。

バッファロー(BUFFALO)

By: buffalo.jp

バッファローは、愛知県名古屋市に本社を置き、デジタル家電やパソコン周辺機器の開発・製造・販売を行うメーカー。Wi-Fi Allianceが認定するWi-Fi CERTIFIED 7を国内メーカーで初めて取得しています。

Wi-Fi 7対応ルーターにおいては、外付けアンテナ搭載モデルをラインナップ。特定の方向に電波を飛ばせるのがメリットです。

AirStationアプリに対応しているモデルは、アプリで初期設定を行えます。それまで使っていたルーターの設定も引き継げるので、セットアップが簡単な製品を探している方にもおすすめです。

Wi-Fi 7対応ルーターのおすすめ

TP-Link BE19000 トライバンドWi-Fi 7ルーター Archer BE805

TP-Link BE19000 トライバンドWi-Fi 7ルーター Archer BE805 2024

10本のアンテナとビームフォーミング技術を組み合わせたWi-Fi 7対応ルーターです。最大19Gbpsのトライバンドに対応しています。MLO機能を搭載しているため、高速な無線通信が可能。電波干渉に強いので、安定性を重視する方におすすめです。

豊富なインターフェースを搭載している点もメリット。10GbpsのWANポートとLANポートに加え、ギガビットポートを4つ、USB 3.0ポートを2つ搭載しています。有線接続でゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

EasyMeshに対応しており、メッシュWi-Fiを構築しやすいのもポイント。スマートローミングに対応しているので、部屋を移動した際もオンライン状態を維持したまま別の接続先に切り替えられます。

HomeShieldを搭載しており、ネットワークスキャナーが可能です。Wi-Fiと接続しているデバイスの利用状況も確認できます。

TP-Link BE22000 トライバンドメッシュWi-Fi 7ルーター Deco BE85

TP-Link BE22000 トライバンドメッシュWi-Fi 7ルーター Deco BE85 2023

200台以上のデバイスと接続できるWi-Fi 7対応ルーターです。単品だけでなく、2台セットもラインナップしており、簡単にメッシュWi-Fiを構築できます。

AIメッシュテクノロジーを搭載している点も特徴。AIがネットワーク環境、クライアントの種類、ユーザーの行動を自動で学習します。学習したデータをもとに、最適な接続先へとシームレスに切り替え可能。快適にWi-Fiを利用したい方におすすめです。

スマホアプリのDecoに対応しており、初期設定と管理を行えます。工程ごとにイラスト付きの説明が表示されるため、セットアップが簡単。Amazon AlexaとGoogle アシスタントに対応している点も便利です。

円筒形のデザインを採用しており、おしゃれな見た目の製品を探している方にもおすすめ。サイズは128×128×236mmとコンパクトです。

バッファロー(BUFFALO) WXR18000BE10Pシリーズ WXR18000BE10P

バッファロー(BUFFALO) WXR18000BE10Pシリーズ WXR18000BE10P 2024

外付けアンテナを調節することで、狙った方向へ電波を飛ばせるWi-Fi 7対応ルーターです。3軸回転機構により、アンテナの配置をカスタマイズ可能。間取りに応じて柔軟に調整できる製品がほしい方におすすめです。

MLO機能に対応しており、2.4GHz・5GHz・6GHzの周波数帯から複数の帯域を利用できます。通信速度の向上が期待できるほか、干渉波に強く安定しているのが魅力です。Multi-RUとパンクチャリングにも対応しています。

AirStationアプリで初期設定を行えるのもポイント。スマート引っ越しを使えば、それまで使っていたルーターから設定を引き継げます。プロバイダーの接続情報なども移動できるので便利です。

そのほか、「ネット脅威ブロッカー2 プレミアム」の1年間無料ライセンスが付属しており、スマート家電をサイバー攻撃から保護できます。セキュリティを重視する方にもおすすめです。