高速な無線通信が可能な「Wi-Fi 6」。Wi-Fi 6対応ルーターを使えば、オンラインゲームやネットを使った動画視聴が快適になります。しかし、種類が豊富なのでどれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Wi-Fi 6対応ルーターのおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

Wi-Fi6とは?メリット・デメリットを解説

By: amazon.co.jp

Wi-Fi 6とは、第6世代にあたるWi-Fi規格のことです。2019年に登場したWi-Fiの規格で、IEEE 802.11axや11axとも呼ばれます。

Wi-Fi 6は高速で通信できるのがメリットです。最大通信速度はWi-Fi 5と比べて約1.4倍。通信の安定性に優れた5GHz帯と、遠くまで電波が届きやすい2.4GHz帯の両方に対応しているのも魅力です。

Wi-Fi 6はOFDMAという技術により混雑にも強く、多数の機器と同時接続しても順番待ちが発生しません。スマホやパソコンなどのバッテリー消費を抑えられるのもポイントです。

ただしWi-Fi 6を使う場合は、端末側もWi-Fi 6に対応していなければなりません。なお、Wi-Fi 6には下位互換性があります。以前のWi-Fi規格を用いれば、Wi-Fi 6非対応の機器と通信すること自体は可能です。

Wi-Fi 6対応ルーターの選び方

速度を気にするならIPv6に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

通信速度を重視する方には、IPv6に対応しているルーターがおすすめです。IPv6は通信方式の1種で、通信速度が高速なのがメリット。セキュリティを強化しやすいのが魅力です。

ただし、IPv6で通信するためには、利用するWebサイトやサービスがIPv6に対応している必要があります。プロバイダーとルーターがIPv4 over IPv6に対応していれば、IPv6で通信しながらIPv4も利用できるのでチェックしてみてください。

同時接続台数をチェック

By: tp-link.com

Wi-Fi 6対応ルーターを購入する際は、同時接続台数をチェックしましょう。同時接続台数以上の機器と接続しようとしても、多くの場合は接続できないか、接続できたとしても通信速度が低下します。

Wi-Fi 6対応ルーターの同時接続台数は、目安として記載されていることがほとんどです。必ずしもその台数での接続を保証するわけではないので、多数の機器を接続する場合は注意しましょう。

接続台数が多いならトライバンド対応モデルをチェック

By: tp-link.com

多くの機器と接続したい方には、トライバンド対応のルーターがおすすめです。トライバンドに対応していれば、5GHz帯と2.4GHz帯を含む合計3つの電波を利用できます。

利用できる電波が増えることで多くの機器と接続できるうえ、各電波は互いに影響を受けにくいのがメリットです。どれか1つの電波でテレビやパソコンなどの大容量通信を行い、別の電波でスマホやタブレットと接続するといった使い方ができます。

近年はWi-Fi接続に対応したデジタル機器が総じて増えているため、IoT家電などを多数使っている方はチェックしてみてください。

戸建てなら安定性に優れたメッシュWi-Fi対応かチェック

By: buffalo.jp

戸建てに住んでいる方には、メッシュWi-Fi対応のルーターがおすすめです。メッシュWi-Fiとは、網目のようにネットワークを構築する通信形態のこと。広範囲に電波を届けられる点や、一部で障害が発生しても迂回してオンライン状態を維持できる点などが魅力です。

メッシュWi-Fiを構築するには、Wi-Fiルーターとサテライトと呼ばれる中継機を組み合わせる必要があります。複数のネットワーク機器を導入した場合は自動的に構成が組まれるため、セットアップが簡単なのもメリットです。

アンテナの形状や本数をチェック

By: amazon.co.jp

Wi-Fi 6対応ルーターを購入する際は、アンテナの形状や本数をチェックしましょう。アンテナは外付けタイプと内蔵タイプに分かれています。

外付けタイプはアンテナの角度を調整できるのがメリットです。電波を飛ばす方向を改善できるため、遠くまでつながりやすくなります。一方、内蔵タイプは突起物であるアンテナが内部に収納されているので、安全性を重視する方におすすめです。

多くの場合、アンテナの本数は5GHz帯と2.4GHz帯のそれぞれについて記載されています。本数が増えるほど通信速度が速く、遠くまで電波が届きます。

リモートワークをするなら「セキュリティ機能」を確認

By: buffalo.jp

無線LANは電波が届く場所であれば通信内容を盗聴される危険性があります。リモートワークをする場合は、セキュリティ機能を確認しましょう。

Wi-Fi 6の必須要件として、WPA3というセキュリティ規格に準拠していることが定められています。WPA3は通信内容を暗号化し、データの漏洩や改ざんを防ぎます。

なかには、メーカー独自のセキュリティ機能を搭載している製品もあるため、セキュリティ性を重視する方はチェックしてみてください。

オンラインゲームをするなら「ゲーミングモデル」に注目

By: rakuten.co.jp

オンラインゲームをしたい方には、ゲーミングモデルのWi-Fi 6対応ルーターがおすすめです。高速通信ができる製品は、FPSや格闘ゲームなど速度が求められるゲームに適しています。

なかには、ゲームプレイ専用の周波数帯が用意されているモデルも販売されています。別の周波数帯で動画視聴や大容量のダウンロードなどを行っても、ゲームの通信に使っている周波数帯と競合しないのがメリットです。

Wi-Fi 6対応ルーターのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: buffalo.jp

バッファローは、デジタル家電やパソコン周辺機器の開発・製造・販売を行っている日本のメーカーです。ルーターのラインナップが豊富で、Wi-Fi 6対応ルーターも手掛けています。

Wi-Fi EasyMeshに対応している製品を展開しており、手軽にメッシュWi-Fiを構築できるのがメリットです。特定の方向へ電波を強化したい方は、3軸回転機構の外付けアンテナを搭載しているモデルをチェックしてみてください。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

日本電気は、ITサービス事業と社会インフラ事業を手掛けている日本のメーカーです。パソコンや周辺機器など幅広くラインナップ。ルーターはAtermシリーズを展開しており、IPv6を通じたネット接続を提供しています。

Aterm独自のブースト機能であるIPv6 High Speedを搭載しているモデルは、大容量データのダウンロードがスムーズです。コンテンツの読み込み速度を重視する方はチェックしてみてください。

TP-Link

By: amazon.co.jp

TP-Linkは、世界170ヵ国以上でネットワーク製品を展開しているグローバル企業です。IDCが選出する無線LAN機器プロバイダーとして、12年連続で世界No.1を獲得しています。

Wi-Fi 6対応ルーターは、TP-Link HomeShieldというセキュリティ機能を搭載したモデルをラインナップ。セキュリティ性を重視する方におすすめです。トライバンドに対応したゲーミングモデルも展開しているので、オンラインゲームをプレイする方はチェックしてみてください。

Wi-Fi 6対応ルーターのおすすめ

バッファロー(BUFFALO) WSR-1800AX4Pシリーズ WSR-1800AX4P

バッファロー(BUFFALO) WSR-1800AX4Pシリーズ WSR-1800AX4P 2023

Wi-Fi EasyMeshにより、手軽にメッシュWi-Fiを構築できるWi-Fi 6対応ルーターです。広範囲をカバーできるので、戸建てに住んでいる方におすすめ。アンテナは内蔵タイプを採用しており、5GHzを2本、2.4GHzを2本搭載しています。

ネット脅威ブロッカー2のベーシック機能を1年間無料で使えるのもメリットです。スマート家電をサイバー攻撃から保護できます。i-フィルター for BUFFALOに登録すれば、有害サイトへの接続を一括でブロック可能。子供にインターネットを使わせている方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) WSR-3200AX4B/Dシリーズ WSR-3200AX4B/D

バッファロー(BUFFALO) WSR-3200AX4B/Dシリーズ WSR-3200AX4B/D

コンパクトなWi-Fi 6対応ルーターです。サイズが37.5×160×160mmとスリムなので、狭い隙間に置きたい方におすすめ。縦置きはもちろん、ネジを別途用意すれば壁掛けにも対応できます。

QRsetupというスマホの無料アプリに対応。同梱のQRコードを読み取ってガイドに従うだけで、インターネットが使えるようになります。StationRadarアプリを使えば、セキュリティやゲストポートなどの変更もスマホから可能。簡単にセットアップできる製品がほしい方にもおすすめです。

ゲストポート機能により、来訪者のスマホやパソコンにインターネット接続のみ許可できます。家庭内ネットワークへのアクセスは許可しないため、安心してWi-Fi環境を開放できるのがメリットです。IPv4 over IPv6に対応しているのも魅力。IPv6で高速通信しながらIPv4の接続にも対応できます。

バッファロー(BUFFALO) WXR-6000AX12Pシリーズ WXR-6000AX12P

バッファロー(BUFFALO) WXR-6000AX12Pシリーズ WXR-6000AX12P/N 2023

外付けタイプのアンテナを搭載しているWi-Fi 6対応ルーターです。アンテナは3軸回転機構を採用しており、アンテナの方向を細かく調整できます。特定の方向へ電波を強化したい方におすすめ。アンテナ数が5GHzは8本、2.4GHzは4本と多いのが特徴です。

Wi-Fi EasyMeshに対応しており、対応商品を組み合わせることでメッシュWi-Fiを構築できます。IPv4 over IPv6に対応しているのが魅力です。IPv6で高速通信しながら、IPv4のみ対応のサイトやサービスにアクセスできます。

帯域制御機能のアドバンスド QoSにより、ゲームの通信を優先可能。マルチギガに対応した10Gbpsポートを搭載しているので、eスポーツをプレイする方にもおすすめです。USB 3.0ポートを搭載しており、外付けHDDを接続することでNASとしても使用できます。

日本電気(NEC) Aterm WX1500HP PA-WX1500HP

日本電気(NEC) Aterm WX1500HP PA-WX1500HP

独自技術のハイパワーシステムを採用している人気のWi-Fi 6対応ルーターです。電波が遠くまで届くのがメリット。接続台数の目安が18台と多いのが魅力です。バンドステアリングに対応しており、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動的に振り分けられます。

IPv6に準拠しているため、通信速度を重視する方におすすめです。IPv4 over IPv6にも対応しています。Aterm独自のブースト機能であるIPv6 High Speedを搭載しており、コンテンツの読み込みや大容量データのダウンロードをスムーズに行えるのもポイントです。

ネットワーク分離機能を使えば、テレワークとプライベートのネットワークを分離できます。万一のウイルス感染や不正アクセスなどによる被害の拡大を抑えられるため、セキュリティ性を重視する方にもおすすめです。

TP-Link AX6000 8ストリームWi-Fi 6ルーター Archer AX80/A

TP-Link AX6000 8ストリームWi-Fi 6ルーター Archer AX80/A 2022

最大約100台と通信できる人気のWi-Fi 6対応ルーターです。多数のデバイスと接続したい方におすすめ。OneMeshに対応しており、同機能を搭載している中継機と併用すればメッシュWi-Fiを構築できます。ルーターが常に最適な接続先を選んでくれるため、シームレスなインターネット接続が可能です。

詳細な設定ができるWeb管理画面と、手軽に使えるTetherアプリに対応しています。メッシュWi-Fiを構築している機器をまとめて管理できます。VPNクライアント機能を使えば、VPNソフトウェアなしでVPN接続が可能です。

IPv4 over IPv6に対応しています。IPv6で通信しながらIPv4へ接続できるのがメリットです。USB 3.0ポートを搭載しており、外付けドライブを接続すれば簡単にファイルの共有ができます。パーソナルクラウドサーバーに外出先からアクセスしたい方にもおすすめです。

TP-Link AX7800トライバンドメッシュWi-Fi 6システム Deco X95

TP-Link AX7800トライバンドメッシュWi-Fi 6システム Deco X95 2022

トライバンドの通信ができるWi-Fi 6対応ルーターです。5GHzの電波を2つ、2.4GHzの電波を1つ飛ばせます。最大接続台数が200台と多いため、スマホ・ゲーム機・IoT家電など、多数の機器と接続したい方におすすめです。

Deco X95同士のメッシュWi-Fiに対応しています。電波が届かない場所があっても、ユニットを追加するだけで範囲を拡張できるのがメリットです。各スマホやタブレットは最も速度の出るDecoと自動的に接続されます。家の中を歩き回りながら、シームレスなインターネット接続が可能です。

4本のハイゲインアンテナと2本のスマートアンテナを内蔵しており、電波干渉の低減が期待できます。2.5Gbpsポートと1Gbpsポートを搭載しているので、有線接続が可能です。ほかにも、Alexa正規認証のWorks with Alexaを取得しています。

TP-Link AX3000 デュアルバンド ギガビット Wi-Fi 6ルーター Archer AX55

TP-Link AX3000 デュアルバンド ギガビット Wi-Fi 6ルーター Archer AX55 2021

セキュリティ性を重視する方におすすめのWi-Fi 6対応ルーターです。TP-Link HomeShieldというセキュリティ機能を搭載。セキュリティ問題をリアルタイムで検出したり、子供のオンライン時間を管理して不適切なコンテンツをブロックしたりできます。

外付けタイプのハイゲインアンテナを4本搭載。ビームフォーミング技術により、接続しているデバイスを検出して無線信号を集中的に送ります。効率的に広いエリアをカバーできるのがメリットです。OneMeshに対応しており、簡単にメッシュWi-Fiを構築できます。

大きなヒートシンクと放熱性が考慮された筐体設計により、ルーターの性能を保つと謳っています。長く使える製品を探している方にもおすすめです。USB 3.0ポートを搭載しており、外付けドライブをつなぐことでファイルの共有が簡単に行えます。

TP-Link AX6600 トライバンドWi-Fi 6ゲーミングルーター Archer GX90

TP-Link AX6600 トライバンドWi-Fi 6ゲーミングルーター Archer GX90 2021

ゲーミングモデルのWi-Fi 6対応ルーターです。トライバンドに対応しており、最大速度4.8Gbpsのゲーム用バンドが用意されています。ほかの周波数帯で動画視聴などの大容量通信をしても、ゲーム用バンドと競合することがありません。

ゲーム統計のダッシュボードから、レイテンシー・プレイ時間・システムの利用状況をリアルタイムで確認可能です。トレンドマイクロ社のHomeCareに対応しています。悪意あるサイトのチェック・ポート侵入防止・感染デバイスの隔離などが可能です。

着脱可能な外付けタイプのアンテナを8本搭載しています。OneMeshに対応しており、メッシュWi-Fiを構築可能。Tetherアプリを使えば数分でセットアップが完了するため、簡単にインターネットが使える製品がほしい方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-DEAX1800GRシリーズ WN-DEAX1800GR

アイ・オー・データ(I-O DATA) WN-DEAX1800GRシリーズ WN-DEAX1800GR 2020

価格が比較的安いWi-Fi 6対応ルーターです。コスパを重視する方におすすめ。2本の外付けアンテナを搭載しており、電波を好きな方向に飛ばせます。独自の通信技術であるIPv6ブーストにより、高速なインターネット通信が可能です。

ビームフォーミングWに対応しており、受信端末の位置で電波が重なるように調整することで、ノイズなどによる速度低下を防げます。受信側がビームフォーミングに対応していなくても使えるのがメリットです。

Wi-Fiミレルというアプリを使えば、電波の強さをヒートマップで可視化できます。どこにルーターを置けばよいか迷ってしまう方にもおすすめです。ほかにも、リモートメンテナンス機能を搭載しており、新しいファームウェアが公開された場合は自動的に適用します。

エムエスアイ(MSI) RadiX AX6600 WiFi 6 Tri-Band Gaming Router GRAX66

エムエスアイ(MSI) RadiX AX6600 WiFi 6 Tri-Band Gaming Router GRAX66 2023

ゲームのために作られたと謳っているWi-Fi 6対応ルーターです。2.4GHz・5GHz-1・5GHz-2のトライバンドに対応しています。5GHz-2は最大4804Mbpsの通信に対応しており、合計で最大6600Mbpsの高速転送が可能。速度を重視する方におすすめです。

トラフィックの優先度を自動的に決めるAIエンジンにより、ゲーム・動画視聴・オンライン会議などを快適に行えます。ルーターの制御はWebブラウザやスマホアプリのほか、MSI Centerという管理ツールでも可能です。

ヒートパイプとグラフェンコーティングヒートシンクにより、冷却性能にも優れています。

Wi-Fi 6対応ルーターの売れ筋ランキングをチェック

Wi-Fi 6対応ルーターのランキングをチェックしたい方はこちら。