パソコンやスマホ、ゲーム機をワイヤレス接続する際に欠かせない「無線LAN」。利用するためには無線LANルーターと呼ばれる親機と無線LAN接続に対応する各ガジェットが必要です。最近のモデルは、無線LANに対応しているので問題はありませんが、古いパソコンは無線LANに対応していない場合もあります。

そこで今回は、無線LAN子機のおすすめモデルをご紹介。有線接続にしか対応していないパソコンを無線で使いたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

無線LAN子機とは?

By: tp-link.com

無線LAN子機とは親機である無線LANルーターと通信ができる機器。無線LANアダプターとも呼ばれることもあります。最近のスマホやパソコンは無線LANに対応していることが多く、無線LANルーターと接続設定をすればすぐにインターネットを利用できます。

しかし、古いパソコンには無線LAN子機が内蔵されていないことがあり、そのままでは無線接続できません。そこで必要なのが、外付け対応の無線LAN子機です。

なお、パソコンに無線LAN子機が内蔵されていても「通信速度が遅い」や「安定して通信できない」という場合は無線LAN子機が活躍します。パソコンの接続状況にストレスを感じている方は、通信環境の規格も確認してみてください。

無線LAN子機の選び方

使用する機器に合ったモデルを選ぶ

パソコン

By: elecom.co.jp

LANポートを利用してインターネット通信を行う場合はLANケーブルが必要です。また、多くのパソコンにはUSBポートが標準搭載されていますが、LANポートは搭載されていない場合もあります。

そういった場合には、USB接続タイプの無線LAN子機がおすすめ。親機とパソコンが離れている場合でもインターネットが簡単に利用できます。また、距離が離れている場合や障害物がある場合には、外部アンテナを搭載した無線LAN子機も便利です。所有するパソコンのインターフェイスをチェックし、使用環境にあった製品を選択しましょう。

テレビ

By: buffalo.jp

テレビに搭載されているUSBポートの多くは、パソコンと違って無線LANに対応していません。しかし、LANポートを備えているテレビは多いので、無線LAN子機を利用する際はLANケーブル接続対応モデルがおすすめです。

無線LAN親機とテレビの距離が離れている場合にはLANケーブルを引く手間がかかりますが、無線LAN子機を利用すればワイヤレスでインターネット接続が可能。地上波や有線でテレビ番組を楽しむだけでなく、動画配信サービスやWebサイトをテレビで閲覧したい方におすすめです。

ゲーム機

ゲーム機に使用する無線LAN子機は、接続の安定性と速度に優れたモデルがおすすめ。速度が遅いと遅延が発生してしまい、ゲームの勝敗にも関わってくるので注意が必要です。速い周波数帯域である5GHzの11acに対応したモデルを選びましょう。

また、PS4やニンテンドースイッチは無線LAN子機の接続が利用できません。インターネット接続が安定していない場合や速度が遅いと感じる場合には、無線LAN中継器を購入して、より広い範囲でインターネット接続できる環境を整えるのがおすすめです。

通信速度をチェック

By: tp-link.com

Wi-Fi通信で利用する周波数帯には5GHzと2.4GHzの2種類があり、5GHzは11aと11ac、2.4GHzには11bと11gがそれぞれ存在します。加えて、両方の周波数帯に対応する11nもあるので、購入前に無線LAN子機が対応している通信規格を確認しておきましょう。

5GHz帯を利用した通信は電波干渉が少なく、高速通信できる点がメリット。ただし、障害物に弱いデメリットがあります。2.4GHz帯を利用した通信は速度では劣りますが、障害物に強いのが特徴。多くの無線LAN子機は両方の周波数帯に対応していますが、低価格な製品の場合はスペックをチェックしておくのがおすすめです。

サイズをチェック

By: tp-link.com

無線LAN子機のサイズは、パソコンに挿した際に邪魔になりにくいコンパクトなモデルや外部アンテナを搭載したモデルなど、製品ごとにさまざま。デスクトップパソコンで使用する場合には、それほど気になりませんが、外出時に使用するノートパソコンで利用する場合にはコンパクトなモデルがおすすめです。

また、サイズは大きくなりますが、外部アンテナを備えた製品は接続感度に優れています。接続の安定性と使いやすさを考慮して選びましょう。

外部アンテナの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

外部アンテナとは、無線LAN子機本体の外側に備えられたアンテナをいいます。アンテナの角度を変えることで、指向性を調節できるのがメリット。外部にアンテナがついているためサイズは大きくなりますが、快適なインターネット通信を求めている方におすすめです。

また、アンテナの大きさや搭載されている場所によっては、USBポートに挿し込む際邪魔になったり、隣のUSBポートをふさいでしまったりする恐れがあるので注意しておきましょう。

無線LAN子機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

無線LAN機器はもちろん、パソコン周辺機器全般を広く扱っているメーカー。使い勝手に優れた製品を多数展開しています。

バッファローの無線LAN子機は、「AOSS」と呼ばれる簡単にネットワークに接続できる機能が搭載されているのがポイント。ワンタッチで接続できるため、初心者の方におすすめです。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

東京都港区芝五丁目に本社を置く、大手電機メーカーです。無線LANに関する製品は「エーターム(Aterm)」シリーズとして展開。シンプルで使いやすい製品が揃っています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: rakuten.co.jp

外付けハードディスクやUSBメモリなど、パソコンの周辺機器を数多く扱っているメーカーです。無線LANに関する製品も、数多くラインナップされています。

「WPS」という機能を搭載した機器同士なら、ボタンを押すだけでネットワークに接続可能。ほかにも機器に応じた設定方法が用意されています。

ティーピーリンク(TP-Link)

By: rakuten.co.jp

TP-Linkは、無線LANルーターの高いシェアを誇る中国のメーカーです。2016年から日本市場に参入しており、コストパフォーマンスの高い製品を数多く発売しているのが特徴。価格重視の方や初めて無線LAN子機を購入する方におすすめのメーカーです。

無線LAN子機のおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

可動式の高感度アンテナを搭載した無線LAN子機です。3軸方向に回転できるため、場所に応じて電波の向きを調節可能。ノートパソコンを使用する部屋によって、電波が繋がりにくかったり速度が出にくかったりと悩んでいる方におすすめのモデルです。

11ac規格に対応しており、最大433Mbpsでの通信が行えます。また、「ビームフォーミング」に対応しているのも本モデルの特徴。子機が接続されているデバイスを狙って、親機からの電波を最適化できる機能です。今まで電波の届きにくかった場所でも、安定して通信できます。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

テレビをワイヤレス接続するのにも適したモデルです。LANポートを搭載しているのが特徴。LANケーブルを使用しテレビと繋ぐだけで設置が完了します。電源はテレビ側のUSBポートから給電できるため、コンセントを使う必要もありません。

もちろん、パソコンやゲーム機にも使用可能。USB端子部は可動式を採用しているので、取り付ける位置や方向に合わせて調節できます。それでも取り付けが困難な場合は、付属のフレキシブルUSBケーブルを使用しましょう。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U3-866DS

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U3-866DS

USB3.0規格に対応した無線LAN子機です。USBポートの最大転送速度が5Gbpsと速いため、11ac規格の通信スピードをフルに活用可能。最大で866Mbpsの高速通信が行えます。ただし、パソコン側のポートがUSB2.0の場合、最大速度は480Mbpsに制限されるので留意しておきましょう。

フック付きのUSB延長ケーブルを付属しているのがポイント。ノートパソコンのモニター上部に装着することで、受信感度を上げられます。添付ソフト「クライアントマネージャ」を使えば、パソコン場面に表示される「AOSS」ボタンを押すだけで接続が完了。初期設定の容易さも本モデルの魅力です。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

USBメモリ感覚で手軽に使えるモデルです。本体寸法は33×18×8mmと非常にコンパクト。ノートパソコンに装着しても、飛び出す部分は19mmしかありません。無線LAN子機をつけたまま持ち歩く機会が多い方におすすめのモデルです。

ビームフォーミングに対応しているため、使用場所に関わらず安定した電波が受信可能。ただし、親機のWi-Fiルーターもビームフォーミングに対応している必要があるので、その点は留意しておきましょう。

高速通信が可能な5GHz帯を使用する11ac規格に対応しており、最大で433Mbpsの通信が行えます。

日本電気(NEC) 無線LAN子機 AtermWL300NU-GS

日本電気(NEC) 無線LAN子機 AtermWL300NU-GS

11n規格に対応した無線LAN子機です。2.4GHz帯を利用するシングルバンドモデル。最大通信速度は300Mbpsと控えめですが、壁や間仕切りなどの障害物に強いのが魅力です。

コンパクトなボディを採用しており、パソコンに装着した際のでっぱりも小さいので便利。ノートパソコンを頻繁に持ち運んで使う方にもおすすめのモデルです。親機に同社のAtermシリーズを使用していれば、ボタンを押すだけで設定ができるため重宝します。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC1300UA

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC1300UA

4本の可動式アンテナを搭載した無線LAN子機です。それぞれ自由な方向に動かせるため、設置場所に応じて適切な角度に調節可能。約1mのUSBケーブルが付属しており、机下のデスクトップパソコンと繋げても、電波を受信しにくい低い位置への設置を避けられます。

11ac規格に対応し、5GHz帯で最大1300Mbpsの高速通信が可能。また、2.4GHz帯でも最大600Mbpsでの通信ができるなど、パソコン内蔵のWi-Fiでは満足できない方にもおすすめのモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC433UA

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC433UA

パソコン内蔵のWi-Fiでは物足りないと感じている方におすすめの無線LAN子機です。上下左右に90°可動するハイパワーアンテナを搭載しているのが特徴。パソコンに取り付けるだけで受信感度の向上が図れます。

また、11ac規格に対応しているため、最大433Mbpsでの高速通信が可能。ビームフォーミングに対応しているのも本モデルの特徴です。子機の位置を親機が検出し、最も電波が強くなるように送信します。現在のWi-Fi環境に不満を持っている方は、ぜひチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC867U

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC867U

高速通信規格11ac対応モデルです。最大867Mbpsで通信可能。デスクトップパソコンはもちろん、Wi-Fiが遅くて悩んでいるノートパソコンの通信速度も改善できます。電波干渉の少ない5GHz帯を利用しているので、通信が安定しているのも魅力です。

2本のハイパワーアンテナを内蔵。90°の可動式を採用しているため、より電波が受信しやすいよう調節可能です。また、電波状況のよい場所では折りたたんでおけるので、ほかの作業の邪魔になることもありません。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC433UK

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC433UK

非常にコンパクトなモデルです。小型ながら11ac規格に対応しているのが特徴。5GHz帯で最大433Mbpsの通信を行えます。電波干渉により通信が不安定になることもありません。

また、セキュリティが充実しているのも本モデルの特徴です。従来の暗号化方式「WEP128/64bit」に加えて、より強固な「WPA-PSK(TKIP/AES)」と「WPA2-PSK(AES)」にも対応。安心してネット接続ができる無線LAN子機を探している方におすすめのモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T9UH

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T9UH

折りたたみ式のアンテナを採用したモデルです。広範囲がカバーできる4基のハイゲインアンテナを内蔵しているので、繋がりにくさや速度の出にくさを改善可能。デュアルバンドに対応しており、5GHz帯では最大1300Mbps、2.4GHz帯でも600Mbpsの高速通信が行えます。

専用クレードルと約1mのUSBケーブルが付属しているのもポイント。より電波が受信しやすい場所を探してアンテナを設置できるほか、机の下に置いてあるデスクトップパソコンにも容易に接続できます。もちろん、子機単体でも使用可能なため、フレキシブルに使用できる製品を探している方におすすめのモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T3U Plus

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T3U Plus

Mac・WindowsどちらのOSにも対応した無線LAN子機です。プライペートではMac、ビジネスではWindowsのPCを使用している方にもおすすめ。最大867Mbpsでの高速通信が可能なため、通信速度の改善が図れます。

また、「MU-MIMO」に対応しているのも本モデルの特徴です。2台のデバイスと同時接続ができる便利な機能。本機を装着している機器以外にルーターと通信しているデバイスがあっても、速度が落ちにくいので重宝します。

ただし、Wi-Fiルーター側もMU-MIMOに対応している必要があるので、購入を検討している方はあらかじめ確認しておきましょう。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LANアダプター Archer T4E

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LANアダプター Archer T4E

デスクトップパソコンのPCI-Eスロットに装着するタイプの無線LAN子機です。パソコン自作派の方にもおすすめのモデル。11ac規格に対応しているため、最大867Mbpsの高速通信環境が構築できます。

2つの外部アンテナを搭載しているのも特徴。あらゆる方向からの電波をしっかりとキャッチします。ビームフォーミングに対応しているため、親機から離れていても安定した通信が行えます。

ロープロファイルと標準、2種類のブラケットが付属しており、取り付け部の構造に合わせて装着できるので便利です。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Nano

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Nano

ナノデザインを採用した超小型の無線LAN子機です。幅15mm、長さ18.6mmのコンパクトなモデル。パソコンのUSBポートに差し込めば、装着していることをほとんど感じさせません。

小型ながら11ac規格とデュアルバンドに対応しているのが特徴で、 2.4GHz帯と5GHz帯で合計600Mbpsの通信が行えます。また、2.4GHzにも対応しているため、壁などの障害物があっても安定した電波を受信可能です。

持ち運びの邪魔にならない高性能モデルを探している方におすすめ。ただし、非常に小さいので置き忘れには注意しましょう。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2Uv3

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2Uv3

購入しやすい手頃な価格の無線LAN子機を探している方におすすめのモデルです。5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応。5GHz帯なら最大433Mbpsの高速通信が可能なため、高画質ビデオのストリーミングやオンラインゲームも快適に楽しめます。

コンパクトなので、ノートパソコンに挿したままでも簡単に持ち運び可能。ダブルショット成型で作られた筐体は、質感の高い洗練されたデザインが魅力。プライベートからビジネスまでさまざまなシーンで活躍します。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-433DU2H2

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-433DU2H2

高感度の可動式アンテナを搭載したモデルです。今まで電波が届きにくかった場所でも受信感度の改善が期待できます。3階建ての戸建てに住んでいる方にもおすすめのモデル。アンテナは180°でフレキシブルに動くため、最適な角度に調節できます。

また、WPSに対応しているので、親機も対応機器であればボタン1つで簡単に接続可能。初期設定の容易さも本モデルの魅力です。さらに、「WPA2-PSK」に対応しているなどセキュリティもしっかりしているため、安心してネットに接続できます。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-150SU2M

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-150SU2M

価格の安さが魅力の無線LAN子機です。気軽にワイヤレスネット環境を手に入れたい方におすすめ。11b・11g・11n規格に対応した、2.4GHzのシングルバンドモデルで、最大150Mbpsの通信が行えます。

コンパクトなボディも特徴。本体サイズは15×17×8mmで、パソコンから飛び出る部分はわずか5.5mmしかありません。装着した状態でも気にせず持ち運べるモデルです。

無線LAN子機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN子機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。