無線LAN非対応の機器を無線接続対応にしたり、パソコンの通信速度を速くしたりしたいときに役立つ「無線LAN子機」。モデルによって通信速度や形、サイズなどさまざまモノがあるので、何を選べばよいか悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、無線LAN子機のおすすめモデルや選び方をご紹介。パソコンを無線接続対応にしたい方、通信速度で困っている方はぜひチェックしてみてください。

無線LAN子機とは?

By: tp-link.com

無線LAN子機とは、親機である無線LANルーターと通信ができる機器。無線LANアダプターと呼ばれることもあります。最近のスマホやパソコンは無線LANに対応していることが多く、無線LANルーターと接続設定をすればすぐにインターネットが利用可能です。

しかし、古いパソコンには無線LAN子機が内蔵されていないことがあり、そのままでは無線接続できません。そこで必要なのが、外付け対応の無線LAN子機です。

なお、パソコンに無線LAN子機が内蔵されていても、通信速度が遅かったり、安定して通信できなかったりする場合は無線LAN子機が活躍します。パソコンの接続状況にストレスを感じている方は、通信環境の規格も確認してみてください。

無線LAN子機の選び方

使用する機器に合ったモデルを選ぶ

パソコン

By: elecom.co.jp

LANポートを利用してインターネット通信を行う場合は、LANケーブルが必要です。また、多くのパソコンにはUSBポートが標準搭載されていますが、LANポートは搭載されていないこともあります。

そういった場合には、USB接続タイプの無線LAN子機がおすすめ。親機とパソコンが離れているときでもインターネットが簡単に利用可能です。

さらに、距離が離れている場合や障害物がある場合には、外部アンテナを搭載した無線LAN子機も便利。所有するパソコンのインターフェイスをチェックし、使用環境にあった製品を選択しましょう。

テレビ

テレビに搭載されているUSBポートの多くは、パソコンと違って無線LANに対応していません。しかし、LANポートを備えているテレビは多いので、無線LAN子機を利用する際はLANケーブル接続対応モデルがおすすめです。

無線LAN子機を利用すれば、ワイヤレスでインターネット接続が可能。地上波や有線でテレビ番組を楽しむだけでなく、動画配信サービスやWebサイトをテレビで閲覧したい方はチェックしてみてください。

PS4・Switchには「無線LAN中継器」を

PS4やNintendo Switchなど、据え置き型の家庭用ゲーム機は、周辺機器の接続に使えるUSBポートが搭載されていません。そのため、無線LAN子機を接続できないので注意が必要です。

家庭用ゲーム機で無線LAN接続を使用する際の電波状況を改善したい場合は、無線LAN中継器を使用するのがおすすめ。親機から離れた場所でも、親機のモノに近い転送速度でワイヤレス通信の使用が可能です・

また、ゲーム機と無線LAN中継機をLANケーブルで繋げば、より安定した高速通信で快適にゲームが楽しめます。

無線LAN中継器が気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

通信速度をチェック

By: tp-link.com

Wi-Fi通信で利用する周波数帯には5GHzと2.4GHzの2種類があり、5GHzは11aと11ac、2.4GHzには11bと11gがそれぞれ存在します。加えて、両方の周波数帯に対応する11nもあるので、購入前に無線LAN子機が対応している通信規格を確認しておきましょう。

5GHz帯を利用した通信は電波干渉が少なく、高速通信できる点がメリット。ただし、障害物に弱いデメリットがあります。2.4GHz帯を利用した通信は速度では劣りますが、障害物に強いのが特徴。多くの無線LAN子機は両方の周波数帯に対応していますが、購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

サイズをチェック

By: tp-link.com

無線LAN子機のサイズは、パソコンに挿した際に邪魔になりにくいコンパクトなモデルや外部アンテナを搭載したモデルなど、製品によってさまざま。外出時に使用するノートパソコンで利用する場合は、コンパクトなモデルがおすすめです。

また、サイズは大きくなりますが、外部アンテナを備えた製品は接続感度に優れています。接続の安定性と使いやすさを考慮して選んでみてください。

外部アンテナの有無をチェック

外部アンテナとは、無線LAN子機本体の外側に備えられたアンテナを指します。アンテナの角度を変えることで、指向性を調節できるのがメリット。外部にアンテナがついているためサイズは大きくなりますが、快適なインターネット通信を求めている方におすすめです。

また、アンテナの大きさや搭載されている場所によっては、USBポートに挿し込む際の邪魔になったり、隣のUSBポートをふさいでしまったりする恐れがあるので注意しておきましょう。

無線LAN子機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

無線LAN機器はもちろん、パソコン周辺機器全般を広く扱っているメーカー「バッファロー」。使い勝手に優れた製品を多数展開しています。

バッファローの無線LAN子機は、「AOSS」と呼ばれる簡単にネットワークに接続できる機能が搭載されているのがポイント。ワンタッチで接続できるため、初心者の方におすすめです。

日本電気(NEC)

By: aterm.jp

東京都港区芝五丁目に本社を置く、大手電機メーカー「NEC」。パソコンやタブレットといった製品を展開しているだけでなく、社会インフラや宇宙開発にも携わっているのが特徴です。

無線LANに関する製品は「エーターム(Aterm)」シリーズとして展開。シンプルで使いやすい製品を揃えているおすすめのメーカーです。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムは、さまざまなPC周辺機器を扱う国内メーカー「エレコム」。装着したままでも気にならないコンパクトモデルや、可動式アンテナを搭載したハイスペックモデルなど、豊富なラインナップを展開しています。

製品の種類が充実しているだけでなく、価格が比較的リーズナブルなのも特徴なので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのメーカーです。

ティーピーリンク(TP-Link)

By: amazon.co.jp

ティーピーリンクは、無線LANルーターの高いシェアを誇る中国のメーカーです。2016年から日本市場に参入しており、コストパフォーマンスの高い製品を数多く発売しているのが特徴。価格重視の方や、初めて無線LAN子機を購入する方におすすめのメーカーです。

無線LAN子機のおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

機械が苦手な方でも簡単に接続できる

さまざまなデバイスに接続して使える無線LAN子機です。パソコンやテレビ、ゲーム機など無線LAN化したいデバイスのUSB・LAN端子に挿し込むだけでWi-Fi通信の利用が可能。

本製品と無線LAN親機のAOSSボタンを押すだけで接続できる使いやすさも魅力なので、機械が苦手な方でも戸惑うことなく安心して使えます。

無線LAN規格はIEEE802.a/b/g/nをサポートしており、対応周波数は2.4GHz・ 5GHzのデュアルバンドに対応。付属のフレキシブルUSBケーブルを使えば、デバイスの位置や向きに合わせて角度調節ができるのも大きなポイントです。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

大型の高感度アンテナ搭載で、安定した通信が可能

大型の高感度アンテナを搭載したハイパワーモデル。電波の利用効率を高める「ビームフォーミング」と組み合わせることで、遠距離や障害物が多い環境でも安定した通信が可能です。

ボタンを押すだけで面倒な接続設定ができる「AOSS」や、最大433Mbpsの高速転送を実現する「11ac」など、基本性能が充実しているのも大きな特徴。電波干渉に強い5GHz帯を使えば、大容量ファイルのダウンロードやデータ転送もサクサク快適に行えます。

OSはWindows OSとmacOSに対応しているので、さまざまなデバイスでシェアして使うことも可能。気軽に購入できるリーズナブルな価格も魅力のひとつです。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

通信速度が低下しにくく快適に利用できる

IEEE802.11ac規格に対応したコンパクトな無線LAN子機。USB端子からの張り出しが19mmと小さく、邪魔になりにくいのが特徴です。

ビームフォーミング機能に対応しているのも本モデルの特徴。Wi-Fiルーターから発せられる複数の電波を同時に受信可能です。通信速度が低下しにくいため障害物が多い環境でも快適に利用できます。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U3-1200AX2/N

最新のWi-Fi6規格に対応

最新規格Wi-Fi6(11ax)に対応した、USB接続タイプの無線LAN子機です。通信速度は5GHz帯なら最大1201Mbps、2.4GHzなら最大573Mbps。親機がWi-Fi6に対応していれば、高速通信ができます。USB 3.2(Gen1)と転送速度も高速で、11axのスピード性能を存分に活かせるのが特徴です。

また、複数端末の同時接続ができる「OFDMA」や、複数端末の接続時でも速度が落ちにくい「MU-MIMO」に対応しているのもポイント。多くの端末でWi-Fi接続をする環境でも安心して使えます。

卓上用USB延長ケーブルが付属しているため、直挿しだけでなく据え置きタイプとしても使用可能。より安定した通信が期待できる場所に置いて使えます。現在使っているパソコンの通信速度を、手軽に高速化したい方におすすめのモデルです。

日本電気(NEC) Aterm WL900U

本体のボタンを押すだけで設定ができる

シンプルで扱いやすいNECの人気モデル。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応する2本の内蔵アンテナを搭載しており、2.4GHz帯で最大300Mbps、5GHz帯なら最大867Mbpsでの高速インターネット通信が可能です。

本体のボタンを押すだけで設定ができる「らくらく無線スタート」を使えば、SSIDや暗号化キーなどの面倒な作業もすべて自動で設定が可能。強力な暗号化方式WPA2-PSKをはじめ、WPA-PSKやWEPなど、セキュリティも充実しています。隣り合うUSBポートの間隔が狭いときに活躍する「フレキシブルケーブル」がついているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-433DU2H2-B

使い勝手に優れたモデルを探している方に

高感度のフレキシブルアンテナを搭載した無線LAN子機。親機が1階で子機が3階のようなルーターから距離が離れている環境でも、電波が途切れることのない安定した通信が可能です。

一般的な通信帯域である2.4GHz帯は150Mbps、電波干渉に強い5GHz帯は433Mbpsの通信速度を実現しているので、インターネットや動画視聴もサクサク快適に楽しめます。

アンテナ部分は任意の方向に180°可動ができ、使うシチュエーションに応じて適した通信環境を構築することが可能。WPSに対応した製品同士であれば、ボタンひとつで面倒な設定作業が行えます。使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-150SU2M

コストパフォーマンスを重視する方におすすめ

価格と性能のバランスに優れた無線LAN子機です。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、無線LAN規格はIEEE802.11b/g/n、通信速度は最大150Mbpsを実現。Webブラウジングや動画視聴をする程度ならノンストレスで快適に使えます。

本体サイズは横幅15×奥行き17×高さ8mmとコンパクトなので、ノートパソコンに装着した状態でも邪魔にならず気軽に持ち運ぶことが可能。WPA2・WPAなどの各種無線セキュリティに対応しているのも大きな特徴です。

カラーバリエーションは、ブラック・ホワイトの全2色から選択でき、パソコンの色と合わせて選ぶことも可能。コストパフォーマンスを重視する方におすすめの1台です。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-867DU3S

コンパクトで扱いやすいエレコムの人気モデルです。ほかの子機が接続中でも安定した通信が可能な「MU-MIMO」や、ボタンを押すだけで設定が完了する「WPSボタン」、データの漏洩や回線の乗っ取りを防ぐ「WPA2」など、便利な機能を多数搭載。

本体サイズは横幅16×高さ8×奥行き34mmと小さいため、パソコンに装着したまま持ち運んでも気になりにくく快適です。パソコンのOSがWindows 10なら、USBポートに挿すだけで手軽に使えます。

ティーピーリンク(TP-Link) Archer T9UH

4つの高感度アンテナを搭載したハイパワーモデル。より遠くまで電波を届けられる「ビームフォーミング」と組み合わせることで、安定したWi-Fi接続を広範囲で楽しむことが可能です。

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acをサポートしており、通信速度は2.4GHz帯で最大600Mbps、5GHz帯で1300Mbpsを実現。高速インターネット通信できるのもポイントです。

ほかにも、USBポートに差すだけでそのまま使える「かんたんセットアップ」や、ボタンひとつで安全に接続できる「WPSセットアップ」など、便利な機能が充実。面倒な設定がなく、気軽に使えるモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) Archer T2U Nano

コンパクトで扱いやすいティーピーリンクの人気モデルです。横幅15×高さ18.6×奥行き7.1mmのコンパクトなサイズを実現していながら、無線LAN規格はIEEE802.11ac/n/a/g/b、対応周波数は2.4GHz・5GHzのデュアルバンドに対応。

動画配信サービスやオンラインゲームもサクサク快適に楽しめます。機能面では、移動しながらでも適切なWi-Fi接続先に自動接続する「Wi-Fiローミング機能」、シンプルで使いやすい「簡単セットアップ」を搭載。気軽に購入できるリーズナブルな価格も魅力です。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T3U Plus

2本のハイゲインアンテナが内蔵されているUSBタイプのWi-Fi子機。離れた場所のWi-Fiルーターの電波もしっかりとキャッチできるのが特徴です。壁を複数枚隔てても遅延を抑えたWi-Fi接続を行えます。

2つの周波数帯に対応できるデュアルバンド方式なのも魅力。2.4GHz帯と5GHz帯を環境や用途に応じて使い分けられます。

WPAとWPA2の暗号化方式に対応しているのもポイント。セキュリティ面にも配慮されています。Windows OSとmacOSに対応した扱いやすいおすすめの製品です。

ティーピーリンク(TP-Link) Archer T2U V3

機能性とデザイン性を兼ね備えた無線LAN子機。ダブルショット成型による洗練されたデザインを採用することで、ほかの製品とはひと味違ったスタイリッシュな見た目に仕上がっています。

横幅41×高さ8.7×奥行き19.5mmのコンパクトなサイズを実現していながら、無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acをサポートしており、対応周波数は2.4GHz・ 5GHzに対応。

最大433Mbpsの高速通信で、お気に入りのゲームやビデオストリーミングがサクサク楽しめるのも魅力です。面倒な接続設定などは付属のCDをインストールして画面に従って操作をするだけなので、誰でも簡単にセットアップして使えます。

ティーピーリンク(TP-Link) Archer T4U Plus

長さ1mのUSBケーブルが付属しており、パソコンなどの機器から離れた場所にセットできる製品です。設置場所を自由に選びやすいのが特徴。最大で180°の可動域を持つハイゲインアンテナを2本搭載しているため、設置場所にかかわらずよりよい受信環境が得られます。机の下に設置するデスクトップパソコンなどにおすすめの無線LAN子機です。

IEEE802.11ac規格に対応しており、最大867Mbps(5GHz帯)での高速通信が可能。大容量データのダウンロードのほか、ゲームやストリーミング再生などの用途に適しています。アンテナを折りたためばカバンにスッキリと収納できるので、ノートパソコンと一緒に持ち運んで使用することも可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC1300UA

Gigabit有線LANに迫る高速性能を実現した無線LAN子機。5GHz帯の通信速度は最大1300Mbpsと非常に高速なので、有線LAN接続をしなくても、高品質な4K動画コンテンツやストリーミング配信がストレスなく快適に楽しめます。親機であるWi-Fiルーターが「256QAM」に対応していれば、2.4GHz帯でも600Mbpsの高速インターネット通信が可能です。

本体に搭載した4基のアンテナはそれぞれ個別に動かせるほか、Wi-Fiルーターの設置場所に合わせて適した角度に調節が可能。USBケーブルを1本接続するだけで使える「USBバスパワー」に対応しているので、PC周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WNPU583B

安定した高速通信が利用できる無線LAN子機です。インターネットが快適に楽しめる無線LANとしてだけでなく、Bluetoothアダプターとしても利用可能。Wi-Fi機器もBluetooth周辺機器も同時に使えます。

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acをサポートしており、通信速度は2.4GHz帯で最大150Mbps、5GHz帯で433Mbpsを実現。安定した通信品質とノイズなどによる速度低下を防ぐ「ビームフォーミング」に対応しているのもポイントです。

エイスース(ASUS) 無線LAN子機 PCE-AC88

基本性能が充実したエイスースの人気モデルです。親機であるWi-Fiルーターが高速化技術「NitroQAM」に対応していれば、最大2167Mbpsの超高速インターネット通信が可能。高画質な動画の視聴や大容量データを扱うコンテンツも快適に楽しめます。

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acをサポートしており、対応周波数は2.4GHz・5GHzのデュアルバンドに対応。離れていても安定した接続が可能な「AiRadar」と、4本の強力なアンテナを組み合わせることで、広い室内でも安定した送受信を行えます。

設置場所や受信状況に応じてアンテナを好きな場所に設置できる、外付けのアンテナベースが付属しているのも大きな特徴です。

エイスース(ASUS) 無線LAN子機 PCE-AX58BT

デスクトップパソコンのPCI-E拡張スロットに組み込むタイプの無線LAN子機です。最新規格Wi-Fi6(IEEE802.11ax)に対応しているのが特徴。5GHz帯で最大2402Mbps、2.4GHz帯でも最大574Mbpsという高速な通信を実現しています。ネットワーク環境をアップグレードしたい方など、速度を求める方におすすめのモデルです。

Bluetooth 5.0機能を搭載しているのも本モデルの特徴。マウス・キーボード・ヘッドセットなど、対応するさまざまな周辺機器が接続できます。多くのデバイスがケーブルレスで利用できるため、デスク周りをスッキリとさせることが可能です。

最新のWPA3規格に対応しているなど、セキュリティ面でも安心して使用できます。自作パソコンの製作を検討している方にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

無線LAN子機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN子機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。