パソコンやスマホ、ゲーム機をワイヤレス接続する際に欠かせないのが「無線LAN」。利用するためには無線LANルーターと呼ばれる親機と無線LAN接続に対応する各ガジェットが必要です。最近のモデルは、無線LANに対応しているので問題はありませんが、古いパソコンは無線LANに対応していない場合もあります。

そこで今回は、無線LAN子機のおすすめモデルをご紹介。有線接続にしか対応していないパソコンを無線で使いたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

無線LAN子機とは?

By: iodata.jp

無線LAN子機とは親機である無線LANルーターと通信ができる機器。無線LANアダプターとも呼ばれることもあります。最近のスマホやパソコンは無線LANに対応していることが多く、無線LANルーターと接続設定をすればすぐにインターネットを利用できます。

しかし、デスクトップパソコン・ノートパソコンに限らず、古いパソコンには無線LAN子機が内蔵されていないことがあり、そのままでは無線接続することができません。そこで必要なのが、外付け対応の無線LAN子機です。

なお、パソコンに無線LAN子機が内蔵されている場合でも「通信速度が遅い」や「安定して通信できない」という場合にも無線LAN子機は活躍します。パソコンの接続状況にストレスを感じている方は、通信環境の規格も確認してみてください。

無線LAN子機の選び方

セキュリティで選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LANで利用されているセキュリティ規格には「WPA2-PSK(AES/TKIP)」「WPA-PSK(AES/TKIP)」「WEP(128/64bit)」などありますが、なかでも「WPA2-PSK(AES)」が最も安全とされており、無線LANを安心して利用するためにも安全なセキュリティ規格の無線LAN子機がおすすめです。

もし無線LANルーターのセキュリティ規格が古い場合はそちらも買い替えを検討しましょう。

通信規格で選ぶ

無線LANで使用される通信規格は、5GHz帯と2.4GHz帯の2つに周波数が分けられ、5GHz帯には「11ac」「11a」、2.4GHz帯には「11g」「11b」、そして両方の周波数帯に対応できる「11n」があります。

5Ghz帯は電波障害が少なく安定した通信が行えるほか、通信速度が速いため動画の視聴などにおすすめの規格です。しかし、障害物に弱いので、壁や家具などで通信がつながりにくくなることがあります。

2.4Ghz帯は、障害物に強く遠くまで電波が飛ぶ一方、同じ周波数帯域を使用する機器と電波障害を起こしやすいという欠点があります。5Ghz帯の規格に比べると速度が遅くなることもありますが、以前からある規格のため対応機器が多いのも特徴です。

選ぶポイントとしては、利用したい場所や速度、通信の安定性などを考慮して5Ghz帯、2.4Ghz帯のどちらも使える無線LAN子機をチョイスするようにしましょう。

速度・受信感度で選ぶ

By: rakuten.co.jp

無線LAN子機を選ぶ際は、通信速度も重要です。11nと11acでは、アンテナ数によって最大転送速度と安定性が変わります。

無線LAN子機もアンテナ数によって速度が異なるため事前に確認しておきましょう。なお、アンテナの数が異なる製品同士の通信では、アンテナ数の少ない方の速度に制限が課されます。

無線LANルーターと同じ室内で利用するか、それとも離れた場所で利用するのかによって通信の状況は異なってくるので、選択に迷ったら最新の規格に対応している無線LAN子機を選ぶようにしましょう。

接続インターフェースで選ぶ

By: rakuten.co.jp

パソコンと無線LAN子機を接続するには有線LANポートか、USBのポートを利用します。最近のノートパソコンは有線LANのポートが付いていないことも多く、USB子機は手軽にUSBに挿し込んで使えることから、USBタイプの無線LAN子機を選ぶ方が無難です。

なお、USBにはUSB2.0とUSB3.0の2つの規格があり、従来からあるUSB2.0の最大転送速度は480Mbps、それに対してUSB3.0の最大転送速度は5Gbpsと規格値だけで言えば10倍以上の差があります。

高速モデルは、インターフェースもUSB3.0を採用していることがほとんど。もしインターフェースがUSB3.0の無線LAN子機をUSB2.0に挿入しても下位互換があるためUSB2.0として動作しますが、高速モデルのスペックを活かすには、USB3.0のポートが必要になってきます。

サイズで選ぶ

By: iodata.jp

無線LAN子機のサイズは指の爪と同等ぐらいの小型のモノから、アンテナを要した手のひらサイズのタイプまであります。

後者のほうがより感度は高く、家の中でも離れて通信ができるため便利ですが、小型の方が使用時のストレスにならないので複数台をネット接続させたい場合は使い勝手も考慮しましょう。

無線LAN子機のおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

無線LAN機器はもちろん、パソコン周辺機器全般を広く扱っているメーカー。無線LANに関する商品は「エアステーション(Air Station)」シリーズと位置付けです。同シリーズは無線LANルーターだけでなく、無線LAN子機や無線LAN中継器、専用オプションなどもラインナップしています。

「AOSS」という専門知識なしでネットワークに接続できる機能が搭載されているのもポイント。ワンタッチで接続できるため、バッファロー製品以外にも数多くのテレビやゲーム機、スマートフォンなどでこのAOSSが採用されています。AOSS搭載機器同士なら容易にネットワークに接続できるので、初心者の方にもおすすめです。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

豊富な製品ラインナップが特徴のパソコンメーカーです。無線LANに関する商品は「エーターム(Aterm)」シリーズと呼ばれています。

「らくらく無線スタート」という機能が搭載されているモデル同士あれば設定が簡単にできるため、パソコンに不慣れなシニア層でも扱いやすいのがポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

外付けハードディスクやUSBメモリなど、パソコンの周辺機器を数多く扱っているメーカーです。無線LANに関する商品では、無線LANルーターや無線LAN子機だけではなく、中継器やアクセスポイントなど、オプションも数多くラインナップされています。

こちらも、「WPS」という機能を搭載した機器同士ならボタンを押すだけでネットワークに接続できます。なお、「WPS」のほかにもQRコードを読み込んで設定できる「QRコネクト」など、機器に応じた設定方法が用意されています。

ティーピーリンク(TP-Link)

By: rakuten.co.jp

TP-Linkは、無線LANルーターの高いシェアを誇る中国のメーカーです。2016年から日本市場に参入しており、コストパフォーマンスの高い製品を数多くリリースしているのが特徴。国内での知名度は決して高いとは言えませんが、徐々に注目度が高まっているメーカーです。

無線LAN子機のおすすめモデル|11ac対応(高速)

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U3-866DS

バッファロー(BUFFALO)  無線LAN子機 WI-U3-866DS

USB3.0に対応した小型タイプの無線LAN子機。全長は7cmとコンパクトなので、パソコンを持ち出す機会が多い方や、省スペースなモノを探している方にぴったりなモデルです。

コンパクトでありながら、5GHz帯で最大866Mbps、2.4GHz帯で最大300Mbpsの高速通信を実現。セキュリティ規格はWPA2-PSKなので、外出先でも安心してインターネットを楽しめます。

付属のCD「ナビゲーターソフトウェア」を活用すれば、初心者でも簡単に初期設定ができておすすめです。

日本電気(NEC) 無線LAN子機 Aterm WL900U

日本電気(NEC) 無線LAN子機 Aterm WL900U

親機にAtermシリーズのモノを使えば、2ストリームによる高速通信が可能な無線LAN子機。5GHzなら最大867Mbps、2.4GHzなら最大300Mbpsに対応できます。

接続やセキュリティ設定は親機のボタンを押すだけなので、無線LAN子機を使い慣れていない方でもスムーズな導入が可能です。最新のWPA2-PSKに対応しており、セキュリティ対策が万全な点も魅力。

付属のフレキシブルケーブルを接続すれば、通信場所の微調整もできるため、適応性の高いモノを探している方におすすめのモデルです。スペースが狭く、ほかのUSBポートとの距離が近い場合でも、快適な高速通信を楽しめます。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WRH-583BK2-S

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WRH-583BK2-S

LANポートを搭載した無線LAN子機。子機モードに切り替えることで、有線の通信環境しかない家電でも無線通信が可能になります。

付属のUSBケーブルを使えば、有線接続と無線接続を同時に行えるフレキシブルさもポイント。カラーも豊富で、ホワイト・ブルー・ブラックの3色が展開されています。

難しい設定がないため、パソコンに刺せばすぐにアクセスポイントとして使用できます。さらに、複数のデバイスを同時に接続でき、接続は本体のWPSボタンを押すだけなので、素早く接続ができておすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-867DU3S

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機  WDC-867DU3S

小型なのに高速通信ができる無線LAN子機。USB3.0に対応しており、5GHzでは最大867Mbps、2.4GHzでは最大300Mbpsに対応しています。11nと比較すると、約2.7倍の高速化を実現しました。

セキュリティ面が高く、WPA2-PSKに対応しています。初期設定の方法も環境に応じた選択が可能で、付属のCDから行う方法と、オンライン上でソフトウェアをダウンロードする方法から選べます。

接続がワンタッチで済むこともポイントで、Windows10ではUSBポートに挿すだけでインターネットが使えて便利なモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T9UH

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T9UH

5GHzでは最大1300Mbps、2.4GHzでは最大600Mbpsの高速通信ができる無線LAN子機。オンラインゲームやストリーミング動画も快適に楽しめます。

4本のアンテナを内蔵しており、離れた場所からでも安定性した通信ができる人気のモデルです。場所に応じた接続方法が選べる点も魅力で、付属のUSBケーブルを接続すれば、設置場所の変更も可能。

床にデスクトップパソコンの本体を設置している場合でも飛び出すことなく接続でき、作業やインテリアの邪魔になりません。使い勝手に優れた無線LAN子機を探している方におすすめです。

無線LAN子機のおすすめモデル|11ac対応(中速)

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

5GHz帯に対応しており、電子レンジなどの電波干渉に対する強さが魅力の無線LAN子機。Wi-Fiを使えば、負荷がかかりやすいハイビジョン映像もスムーズに再生できます。アンテナを動かせるため、利用場所に合わせて快適な通信環境で作業ができます。

11acを搭載していないパソコンでも、USBポートに接続するだけで11ac接続が可能。通信速度は最大433Mbpsなので、オンラインゲームも快適に楽しめます。ゲーム中の遅延に悩まされていた方におすすめのモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Plus

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Plus

障害物に強い5GHzと、広範囲での通信が可能な2.4GHzに対応した無線LAN子機。通信規格は自由に変更できるため、利用場所に合わせた通信が可能です。高速で通信できるので、ゲームや動画を見る方も快適に楽しめます。

アンテナを上下左右に動かせるため、どんな場所でも電波をキャッチしやすい点も魅力。ほかの類似モデルよりもコンパクトで、飛び出し部分は4.2cmしかありません。WPA/WPAに暗号化するので、外出先でも安心して使えます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機 WN-AC433UMK

アイ・オー・データ(I-O DATA) 無線LAN子機  WN-AC433UMK

小型かつ高速通信できるのが特徴の無線LAN子機。全長1.7cmの小型モデルなので、ノートパソコンに挿したままでも持ち出せます。このためパソコンとの一体感があり、使用中に圧迫感がありません。

LEDランプが付いていないため、使用中の点滅を気にすることなく作業に集中できるのもポイント。5GHz専用モデルですが、5GHz非搭載のパソコンでも11acや5GHzでの高速通信が可能です。

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

バッファロー(BUFFALO) 無線LAN子機 WI-U2-433DMS

使用時はもちろん、移動時にも邪魔にならないコンパクトさが魅力の無線LAN子機。デスクトップパソコンとノートパソコンの両方で使えるため、さまざまな使い方ができます。持ち歩きに便利な仕様で、幅は1.9cm、厚さは0.8cmの小型モデルです。

電波が安定しやすい5GHzに対応しており、ハイビジョン映像などの大容量なデータの通信もスムーズ。セキュリティ規格はWPA2-PSKを採用しているので、セキュリティ面においても優れています。

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Nano

ティーピーリンク(TP-Link) 無線LAN子機 Archer T2U Nano

場所に合わせたWi-Fiの切り替えが不要な無線LAN子機。Wi-Fiローミング機能により、自動で使用場所に合ったフリーWi-Fiに切り替わります。利用場所が変わるごとにネットワークを設定する必要がないため、作業に集中できます。

飛び出し部分のカラーは、パソコンのデザインに馴染みやすいブラック。高さ0.7cm、幅が1.5cmの小型モデルなので、持ち出す場合でもバッグの中で邪魔になりません。外出先でフリーWi-Fiを使いながら作業をすることが多い方にぴったりです。

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-433DU2H2-B

エレコム(ELECOM) 無線LAN子機 WDC-433DU2H2-B

電波の強さが魅力の無線LAN子機。電波が届きにくいとされる3階でも、快適な高速通信が楽しめます。アンテナは180°可動式なので、場所に合わせた最適な通信環境でインターネットを利用できるのも嬉しいポイント。

WPSを搭載した機器同士であれば、ワンタッチでの接続も可能です。オフライン環境でも付属のCDを使えば簡単にインストールができるため、無線LAN子機に慣れていない方でもスムーズに導入できます。

インストーラーは、インターネットからのダウンロードも可能。環境に合わせたインストール方法が選べる、汎用性に優れたモデルです。

プラネックス(PLANEX) 無線LAN子機 GW-450D2

プラネックス(PLANEX) 無線LAN子機 GW-450D2

コンパクトサイズな無線LAN子機。16.6×30.3×7.9mmとボケットにも簡単に収まる大きさで、ノートPCに挿した際に邪魔にならないのがメリット。挿しっぱなしで持ち運ぶこともできます。

家電による影響を受けにくい5GHzと、接続先が多い2.4GHzを使い分けられるので、ニーズにぴったりな通信環境を整えられます。5GHzでは最大433Mbps、2.4GHzでは最大150Mbpsの通信が可能。WindowsだけでなくMacにも対応しており、互換性の高さも魅力のモデルです。

プラネックス(PLANEX) 無線LAN子機 GW-450S

プラネックス(PLANEX) 無線LAN子機 GW-450S

購入を初めて検討されている方におすすめの無線LAN子機。5GHz専用のモデルのため、2.4GHzと5GHzを使い分ける必要がありません。

USBポートに差し込んだ際の横幅は、0.6cmと気にならないサイズ感です。縦幅も1.6cmなので、使用感がなく作業ができます。側面にあるボタンを押すだけで簡単に接続ができるため、初心者の方にぴったりなモデルです。

無線LAN子機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

無線LAN子機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。