Wi-Fiの普及により、スマート化が進んでいる無線LAN接続。特に宿泊するホテルにおいては有線LANケーブルのみが用意されていることも多く、「ホテルルーター」で無線LAN対応に切り替えるとネット環境がより便利になります。

そこで今回はホテルルーターのおすすめモデルをピックアップ。対応周波数や通信速度、給電方法による違いについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ホテルルーターとは?

By: amazon.co.jp

「ホテルルーター」とはホテルの客室などに備え付けられている有線LANケーブルと接続することで無線LAN中継機の役割を果たすアイテム。有線LANしかない環境下ではひとつのデバイスとしか接続できませんが、ホテルルーターがあれば、複数のデバイスと接続することが可能となります。

特にスマホやタブレットはWi-Fi接続に対応することができるので、通信料金のコスト削減にもなります。旅行や出張が多い方はぜひ用意しておきましょう。

ホテルルーターの選び方

通信速度で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fiには遅い順にIEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g、IEEE 802.11n、IEEE 802.11acという5つの通信速度規格があります。もっとも遅いIEEE 802.11aが最大2Mbps、もっとも速いIEEE 802.11acが最大3.6Gbpsです。

「bps」とは、「1秒間に何ビット扱えるか」を表しています。つまり3.6Gbpsであれば、1秒間に3.6ギガビットが扱えるということです。動画を見たり、重たいデータをやりとりしたりする場合は、bpsの大きな規格のモノを選んだほうが快適です。

ただし、接続するデバイスが規格に対応していないと使えないという点には留意が必要。ホテルルーターを購入する際には、持っているデバイスがどの通信規格に対応しているか確認しておきましょう。

対応周波数で選ぶ

2.4GHz

By: amazon.co.jp

2.4Ghz帯で使用できる規格は「11b」「11g」「11n」の3つ。障害物に強く、遠くまで電波が飛ばせることが特徴です。多くのデバイスと接続することが可能なので、スマホやタブレットを接続するのに適しています。

一方で電波干渉を起こしやすいというデメリットもあります。家電製品の中にも2.4GHzの周波数を発するものがあるので、場合によっては影響を受けてしまい繋がりにくくなってしまうことがあります。そのような場合は5GHzに切り替えましょう。

2.4GHz帯は電子レンジなど多くの家電製品にも利用されているので、電波干渉の原因となります。干渉が起きると電波強度が低下したり、不安定になったりするので、それらから離して無線LAN中継機を設置するか、5GHz帯の電波で接続しましょう。

5GHz

By: amazon.co.jp

5GHz帯で使用できる規格は「11a」「11n」「11ac」の3つで、高速通信が可能なのが魅力。周波数幅が広く、チャネルを占有できるため、ストレスなく動画を視聴することができます。

また、隣接したチャネルとも20Mhz離れているので重なり合うこともなく、同一の周波数帯を使用する機器がないため、電波干渉が少ないも魅力です。

一方で、障害物にやや弱いというのがデメリット。壁越しであったり、背の高い家具が置かれていたりすると上手く繋がらないことがあるので、その点は留意しておきましょう。

給電方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

給電方法はUSBとコンセントの2つがあります。USBタイプはバッテリーが切れてしまってもパソコンやモバイルバッテリーから充電できるので、場所を選ばないのが魅力です。

コンセント給電タイプは直接AC電源に挿して充電するので、コードが不要。一方で、使用場所はある程度限られてしまうというデメリットがあります。

ホテルルーターのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

「エレコム」は大阪府に本社を置くメーカー。パソコン周辺機器を豊富に取り扱っているほか、イヤホンやスピーカーなどのオーディオ機器、スマホやタブレットのアクセサリーなど、幅広いアイテムをラインナップしています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

「バッファロー」は愛知県に本社を置くパソコン周辺機器メーカー。シンプルなモデルから多機能なモノまで豊富なラインナップを取り揃えています。特にWi-Fiルーターは人気で、使いやすさと快適さを兼ね備えたアイテムを取り揃えています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

「アイ・オー・データ」は石川県で設立されたパソコン周辺機器の老舗メーカー。シンプルな構造をしたアイテムを数多く手掛けているのが特徴のほか、カスタマーサポートが充実しているのも特徴です。

ホテルルーターのおすすめ

エレコム(ELECOM) ポータブルルーター WRH-583XX2-Sシリーズ

高速規格「11ac」に対応しているUSB充電式のホテルルーター。ノートパソコンはもちろん、スマホやタブレットをまとめて接続する際にも便利なアイテムです。

5Ghzと2.4GHz両方使えるのもポイント。作業をサクサクしたい場合は5Ghz、たくさんのデバイスを接続したい場合は2.4GHzと使い分けられます。

本体サイズは幅65×高さ20.5×奥行き35mmとコンパクト。カバンやポケットに入れて持ち運べるので出張や旅行に便利です。カラーブラックやホワイト、ブルーなど6色をラインナップしています。

エレコム(ELECOM) WiFiルーター WRH-300XX2-Sモデル

「11n」に対応しているホテルルーター。伝送速度は最大300Mbpsなので、ホテルなどの出張先で手軽に高速無線LANが楽しめます。周波数は2.4GHzなのでスマホやタブレットなど、さまざまなデバイスを接続するのに適しています。

本体サイズは幅24×高さ18×奥行65mm、重量は約20gと軽量でコンパクトです。スーツの内ポケットにも入るサイズで持ち運びにも便利です。価格は3000円台とリーズナブルなのもポイント。「とりあえずホテルルーターがほしい」という方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) ホテル用Wi-Fiルーター WMR-433W

「11ac」対応のUSB充電式軽量ホテルルーター。本体サイズが幅45×高さ45×奥行き15mm、重さは単三電池よりも軽いわずか19gで、旅行や出張での持ち運びに便利です。

5Ghzと2.4GHzの両方が使えるので、最新デバイスから従来機種まで多くの機器と接続することが可能。切り替えもワンタッチで、使い勝手は良好です。

カラーはブラックやホワイトなど全5色をラインナップ。表面には鏡面処理が施されており、見た目もスマート。価格は1000円台と格安なので、ホテルルーターの購入を検討しているはぜひチェックしておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) ポータブル無線LAN WMR-300

USBケーブルと本体が一体化しているUSB充電式ホテルルーター。サイズは幅58×高さ115×奥行き20mm。LANケーブルが収納できるケースがついており、持ち運びに便利です。

無線LANワンタッチ接続方式の「AOSS」に対応。親機と子機のボタンを押すだけなので、複雑な操作をすることなく、無線LAN環境を整えることができます。

最大300Mbpsで「11n」「11b」「11g」に対応するのもポイント。スマホやタブレットはもちろん、ポータブルゲーム機を接続する際にも便利なアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポケットルーター WN-AC583TRK

5GHzと2.4GHzの接続に対応したUSB充電式ホテルルーター。有線LANポートが搭載されており、Wi-Fiと同時に使用することが可能で、多くのデバイスと繋げられるのが魅力です。

本製品はNFC機能も搭載されており、クイック接続が可能。サイズは幅80×高さ22×奥行62mm、重量52gと持ち運びにも便利です。機能性はもちろん、モバイル性も良好なので、満足度の高いホテルルーターを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

プラネックス(PLANEX) ちびファイ2ac MZK-UE450AC

スティックタイプでUSBケーブル内蔵型のホテルルーター。本体寸法は幅65×高さ15×奥行23mm、重量23gと携帯性に優れたモデルです。

カバンに入れて持ち運べるのはもちろん、胸ポケットにも収納することが可能。シンプルな仕様ながらも、高速通信が可能な「11ac」に対応しており、機能性も良好です。

ワンタッチで2.4GHzと5GHzの切り替えも可能で、USBケーブルが内蔵されているのもポイント。価格は3000円台とお手頃なのも魅力です。

プラネックス(PLANEX) ちびファイ3 MZK-DP150N

コンセント給電タイプのホテルルーター。本体サイズが幅30×高さ45×奥行き55mm、重量55gと軽量コンパクトにまとまっているのが特徴です。

「11n」に対応しており、周波数は2.4GHz。AC電源に挿し込みさえすれば接続することが可能なので、有線LANがない場合でも安心して使用できます。価格も2000円台と安価なので、リーズナブルなホテルルーターを探している方にもおすすめです。

日本電気(NEC) AtermW300P PA-W300P

携行性に優れたUSB充電式ホテルルーター。本体寸法は幅43.8×高さ57.6×奥行13.3mmとコンパクトにまとめっているのが特徴です。重さも20g程しかなく、胸ポケットに入れることも可能です。

最大10台まで同時に繋ぐことができるほか、接続もワンタッチでできるので便利。なお、付属のLANケーブルも給電用のUSBケーブルも長さは50cmなので、その点は留意しておきましょう。

日本電気(NEC) AtermW500P PA-W500P

通信機能が豊富なUSB充電式ホテルルーター。有線LANを無線化にする「ローカルルーター」や、公衆無線LANと接続する「公衆無線LAN」など、さまざまなモードが搭載されています。

最大転送速度433Mbpsの「11ac」に対応しており、5GHzと2.4GHzの両方に対応。スイッチひとつで簡単に切り替えられるので、端末によって使い分けることもできます。

本体サイズは幅58×高さ15.8×奥行58mm、重量は34gとポータビリティも良好。出張や旅行に行く機会が多く、ホテルルーターの使用頻度が高い方におすすめです。

サテチ(Satechi) スマートトラベルアダプター ST-STAW

世界150ヶ国のコンセントに対応しているコンセント給電タイプのホテルルーター。日本はもちろん、アメリカやオーストラリアなど、4種類のコンセントプラグを用意しています。

アダプターボタンをスライドさせるだけで簡単にプラグの変更ができるので、使い勝手は良好。通信規格は「11n」「11g」「11b」に対応しており、周波数は2.4GHzです。

本体サイズは幅55×高さ60×奥行き70mm、重量は159g。キューブ型のシンプルな見た目で、デザイン性も良好。たくさんの機器と接続することが可能なので、海外の宿泊先でも充実したネットワーク環境を整えたい方におすすめです。