自宅でも外出先でも手軽にインターネットと繋げられる「モバイルルーター」。各社からさまざまなモバイルルーターが発売されており、どのキャリアやモデルを選べばいいのか、迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、モバイルルーターをキャリアやモデルごとにご紹介します。通信速度や速度制限の条件、実質月額などを含め、幅広い観点から自分にとって一番適したモノを選んでみてください。

モバイルルーターとは?

By: wimax-broad.jp

モバイルルーターとは、スマホやパソコンなどのWi-Fi対応の端末を、いつでもどこでもインターネットに接続できる通信機器のこと。軽量で小型なので持ち運びやすく、自宅はもちろん旅行や出張などの外出先でも活躍します。

固定回線のホームルーターとの違いは、回線を引く工事が不要で、契約後に端末が届けばすぐに使えて便利なところ。ケーブルを使わないので取り回しやすく、1台で複数のWi-Fi対応機器と接続することも可能です。

モバイルルーターは、サービスを提供している通信会社のほか、au・docomo・SoftBankの3大キャリアからも発売されています。各社提供している通信速度や通信制限の有無、キャンペーンなどが異なるため、自分にとってどのモデルを選ぶのが最もお得なのかチェックしてみてください。

また、海外に行く機会が多い方などは、海外でもモバイルルーターを利用できるプランがあるキャリアもあります。加えて、機種によって海外利用可能なプランが適用されるかどうかが異なるため、海外でも利用したい場合は事前に確認してみてください。

ポケットWi-Fiとの違い

By: ymobile.jp

モバイルルーターと同義の言葉として浸透している「ポケットWi-Fi」ですが、本来はY!mobile(旧イーモバイル)から発売されているモバイルルーターを指す言葉。モバイルルーターというカテゴリのなかの製品に付けられた名称のひとつです。どちらもインターネットを接続するために使用する小型通信機器であることは間違いありませんが、本来は棲み分けされるべき似て非なる言葉なので留意しておきましょう。

モバイルルーターのメリットとデメリット

メリット

モバイルルーターのメリットとしてまず挙げられるのは、いつでもインターネットと接続できること。アンテナから電波を受信できるエリアかつルーターから端末までの距離が通信可能範囲であれば、スムーズなネット環境を整えられます。スマホのテザリングよりも通信速度が速く、動画視聴やオンラインゲームをしたい方にもおすすめ。また、複数の端末に同時接続できるので、家族や友人とシェアすることも可能です。

加えて、設置や設定が簡単で、誰にでも使いやすい点もメリットとして挙げられます。固定回線に比べて、契約完了から使えるようになるまでの期間が短く、端末が届けばその場ですぐに設定して使用可能。工事の必要もありません。

さらに、固定回線よりも安く使えるモデルが多いのが魅力。各キャリアで端末本体の通信料プランを最大にして使うよりも、端末の通信料プランを低く設定し、無制限プランのモバイルルーターを使ったほうが、料金が抑えられる場合もあります。

デメリット

モバイルルーターには、基本的に契約期間の縛りがあるので注意が必要です。年単位の契約期間があるモノがほとんどで、契約期間内に解約すると高額な違約金が発生する場合があります。

また、契約したプランの通信容量を超えてしまうと、通信速度が遅くなるのもデメリットポイント。速度制限の条件はモデルやプランによって異なり、インターネットが全く使えない程度からYouTubeの動画を標準画質で見られる程度までさまざまです。仕事で毎月一定の通信容量が必要な場合や、動画視聴やオンラインゲームをする時間が長い方は、ストレスなく利用するためにも通信速度制限の条件をチェックしておきましょう。

加えて、モバイルルーターは接続できる範囲が限られているため、モバイルルーターから離れるとインターネットへの接続ができなくなります。家族で共用する場合、1人が外に持ち出すと一緒に行動しない限りインターネットが使えなくなるので、注意が必要です。

さらに、使用する環境や天気によって接続が不安定になることもあります。対応エリア外では圏外になってしまうため、使用するモバイルルーターが対応しているエリアであるか、事前確認が必須です。

モバイルルーターの通信キャリアとモデル比較

WiMAX

さまざまなキャリアのなかでも、最もおすすめなのが「WiMAX」です。地下鉄や地下街などの電波が届きにくい場所でも接続できるようエリアが拡大されており、場所を問わず快適にインターネットを使えます。

当キャリアにおける最大通信速度は下り最大1.2Gbpsと、高速接続が可能。月間データ容量の制限がない「ギガ放題プラン」があるのがポイントです。7GBまでの制限プランもあるため、使用頻度に合わせて選んでみてください。速度制限は、契約中のデータ容量を超えた場合か、3日間に10GB以上のデータ通信を行った場合にかかります。ただし、速度制限がかかった場合でも、最大1Mbps程度の速度で使用できるので、ストレスを感じにくいのが魅力です。

「BroadWiMAX」では、違約金保証や申し込み後8日以内の申請で「初期契約解除制度」が利用可能。店頭で端末を受け取れるサービスもあり便利です。

「GMOとくとくBB」は、契約から最短即日で端末を発送。ネット環境が急に必要になった場合でもすぐに対応できます。20日以内であれば解約違約金無料でキャンセル可能。実質月額料金は4,631円(税込)と全キャリアのなかでも最もお得になるので、契約するプロバイダを悩んでいる方には「GMOとくとくBB」がおすすめです。

日本電気(NEC) Speed Wi-Fi NEXT WX06

下り最大440Mbpsの速度でインターネットとの接続ができるモバイルルーターです。2.4GHzと5GHzのWi-Fi通信をサポートしており、周囲の電波状況を判断し、自動で最適な接続先を選択。バンドステアリング機能をオンにしておくことで、常に安定した通信を実現しています。

同時接続台数は最大16台。約160分でフル充電でき、標準のハイスピードモードで使用した場合、最大約14時間は連続で通信できます。

iOS・iPadOS・Android端末を接続する場合、搭載されているカメラを使用してQRコードを読み取るだけで簡単にWi-Fi設定が可能。さらに、3日間の「日時データ通信料」やハイスピードプラスエリアモードを使用した際の「月次データ通信料」をホーム画面でひと目で確認できるなど、便利な機能が搭載されているモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi NEXT W06

Type-Cケーブルを使用した有線接続の場合、下り最大1.2Gbpsの高速通信ができるモバイルルーター。無線接続時でも下り最大867Mbpsと、快適にインターネットを楽しめます。

Wi-Fi TXビームフォーミング機能に対応しており、安定した電波を送信可能。例えば、リビングに本体を置いていても、隣の洋室や和室にあるWi-Fi端末をインターネットに接続できます。最大16台まで接続可能なので、家族とシェアして使いたい場合にもぴったりです。

また、利用シーンに合わせて使えるパフォーマンスモードを採用しているのも魅力。高速通信を楽しみたいときにはハイパフォーマンスモード、スピードを落として長時間使いたいときにはバッテリーセーブモードに切り替えできます。専用アプリをスマホに入れておけば、スマホからルーターの状態や設定を確認できて便利です。

Y!mobile

格安SIMや格安スマホを提供している通信サービスブランドの「Y!mobile」。SoftBankの回線を利用しているため、ほか大手キャリアと同様に高速かつ安定してインターネットを楽しめます。

同社から発売されているモバイルルーターのなかでも、おすすめなのが「ZTE Pocket WiFi 803ZT」。下りの最大通信速度が988Mbpsと高速で、スムーズにインターネット接続が可能です。

7GBまで使えるベーシックプランのほか、アドバンスオプションに加入することでデータ通信容量が無制限になるプランを選べるのもポイント。ベーシックプランのみの場合、7GBを超えると最大通信速度128Kbpsまで制限されます。また、前日までの3日間の通信利用料合計が約10GB以上の場合にも速度制限がかかりますが、1Mbps程度で通信できるので、ストレスを感じにくいのも魅力です。

ベーシックプランにアドバンスオプションを追加しても、端末台を含め、実質月額5,606円(税込)で利用できます。大手キャリアの回線を使用する安心感とコスパを兼ね備えた通信キャリアを求めている方にぴったりです。

ZTE Pocket WiFi 803ZT

下り最大通信速度988Mbpsの高速通信と、3000mAhの大容量バッテリーを備えたモバイルルーターです。一度に大量のデータを通信できる技術に加え、5Gの有力技術である「Massive MIMO」に対応。混雑するエリアでも快適な通信環境を整えやすいのが魅力です。

3000mAhのバッテリーによって、最大約12時間と電池切れの心配が少ない仕様。出先でも長時間使用できて便利です。また、Wi-Fi接続の簡単さもポイント。スマホの場合、端末のディスプレイに表示されたQRコードをスマホカメラで読み込むだけで接続が完了します。

最大16台に接続できるので、自宅で家族と共用したい場合にもぴったり。生活防水タイプなので、万が一水滴や水しぶきがかかってしまったときでも影響を受けにくいモデルです。

SoftBank

3大キャリアの1つである「SoftBank」のモバイルルーターは、カバーしている通信エリアが広いのが魅力。SoftBankの携帯電話と同じ通信回線を利用しており、安定した通信を実現しています。

最大通信速度は下り988Mbps。HD動画もスムーズに視聴できる速度を有しています。プランは「メリハリプラン forデータ」を選べば、月間50GBまでデータ通信が可能。さらに、このプランでは月2GB以下しかデータ通信を行わなかった場合、月1,500円の割引が適用されるなど、お得なサービスも展開されています。

ただし、契約したプランの上限データ通信量を使い切ったり、3日間合計で約3GB以上のデータ通信を使ったりした場合、128Kbpsまで通信制限がかかるので注意が必要。トークアプリのメッセージも送りにくくなる程度の速度まで制限されます。「メリハリプラン forデータ」を選んだ場合、端末代金込みで実質月額は8,870円(税込)と、どのキャリアよりも高額であることも留意しておきましょう。

データ容量無制限のプランは用意されていないため、インターネットの使用頻度があまり高くない場合や、小さな子供が趣味で使う際のデータ使用量を制限したい場合などにおすすめ。データ容量に制限があっても、通信エリアが広めのモバイルルーターを探している方に適しています。

Pocket WiFi 802ZT

下り最大988Mbpsの高速で安定した通信が魅力のモバイルルーターです。5つの周波数帯を束ねる「5CA」や、複数のデータを同時に通信する「4×4 MIMO」技術に対応しています。また、一度に通信できるデータ量を増加させる「256QAM」技術にも対応しており、送受信問わず快適に使えるモデルです。

バッテリーは3000mAhと大容量で、省電力をオフにしていても最大約12時間の連続通信が可能。水回りでも利用できる生活防水タイプです。

PCやスマホとのデザインの相性がよいスタイリッシュなシルバーボディも魅力。約2.4インチのクォーターVGAを採用したディスプレイを搭載しており、操作性も良好です。

au

3大キャリアのなかでは唯一「データ容量無制限」のプランがあるのが魅力のau。データ容量無制限のプランのほか、7GBまでの制限プランも展開しています。

オプションなしの7GBプランの場合、7GBを超すと当月末までの通信速度が送受信最大128Kbpsまで制限。かろうじてメールなどのテキストデータを送信できる程度にまで制限されるため、注意が必要です。ただし、7GBの制限プランでもエクストラオプションを利用すれば、7GBのデータ通信量を超えても通信速度の制限なく利用できます。

データ容量無制限のプランでは、直近3日間の通信量合計が10GB以上だった場合に、ネットワークの混雑時間帯である18~26時の通信速度が1Mbps程度になります。また、ハイスピードプラスエリアモードに設定している場合は、月間7GB以上を超えると速度制限がかかるため、留意しておきましょう。

データ容量の上限がないプランで実質月額料金が4,721円(税込)と、3大キャリアのなかでは低めの価格設定。同社から発売されているモバイルルーターのなかでも「Speed Wi-Fi 5G X01」は、5G対応のエリアで受信時最大4.1Gbps、送信時最大481Mbpsと高速通信を実現しています。通信速度の速さにこだわり、通信回線が安定しているキャリアと契約したい方は、チェックしてみてください。

Speed Wi-Fi 5G X01

4Gと5Gのハイブリッドネットワークに対応しているモバイルルーター。5Gに対応しているエリアで使用する場合、受信時には最大4.1Gbps、送信時には最大481Mbpsと高速通信を実現しています。4G環境でも受信時最大1Gbpsに対応しており、さまざまな場所で快適にインターネットを使えるモデルです。

バッテリー容量も4000mAhと大容量。外出先でのバッテリー切れにおける心配を軽減できるほか、大容量のファイルを送受信したり、Web会議を行ったりする場合にも活躍します。また、2.5GBASE-Tの有線LANポートを内蔵しているため、別途クレードルを使わずに接続可能。Wi-Fiと有線の同時使用もでき、端末の接続状況や利用環境に合わせて接続方法を選べるのもポイントです。

さらに、無線LAN規格Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応しており、Wi-Fi通信時には受信時最大1.2Gbpsで接続できます。最大16台の同時接続ができるため、会議室内で複数台とシェア可能です。

docomo

無線通信サービスを提供する通信事業として時代をけん引してきたdocomo。スマホなどの端末における通信可能なエリア範囲の広さやサポートが充実しています。

同社からは、受信時最大4.1Gpsの5G通信に対応しているモデルから、受信時最大1288Mbpsの通信速度を有するモデルまでラインナップ。同社のスマホ端末「クロッシィ(Xi)」が対象である「ギガホ」プランでの使用であれば、毎月最大30GBまでデータの通信が可能です。さらに、30GBを超えても送受信最大1Mbpsでの速度で利用できるのも魅力。3日間合計で何GB以上使うと速度制限がかかるなどといった短期制限がないのもポイントです。

ただし、受信時の最大通信速度が1288Mbpsの「Wi-Fi STATION HW-01L」を上記プランで契約した場合、実質月額が8,664円(税込)と高額。データ通信容量の月上限を超えても動画を標準画質で見られる程度の速度で通信できますが、コスト面も考慮してモバイルルーターを選びたい方は注意しましょう。

ファーウェイ(HUAWEI) Wi-Fi STATION HW-01L

PREMIUM 4Gの進化によって、受信時の通信速度が最大で1288Mbpsと高速なモバイルルーター。高速なだけでなく、安定した通信を実現しています。また、送信時にも最大131.3Mbpsで通信できるため、動画や高画質な写真などの重たいファイルもスムーズにアップロード可能です。

連続して通信できる時間は、PREMIUM 4Gで約6時間。LTEネットワークを利用する場合は約11時間程度の連続通信が可能で、静止時のLTE連続待ち受け時間は約980時間です。

本体にはクレードルとUSB接続ケーブルが付属しているため、クレードルとモバイルルーター端末をつなげて使うこともできます。USBケーブルを使っての接続で1台、Wi-Fi接続の場合に16台まで、合計17台の同時接続ができるのもポイントです。同社のほかモデルに比べて実質月額を抑えられるので、コストをできる限り抑えたい方は本機種の導入を検討してみてください。

シャープ(SHARP) Wi-Fi STATION SH-52A

5G環境での受信時最大4.1Gbpsの通信速度に対応しているモバイルルーターです。大容量なデータを高速で伝送できるため、動画の視聴や大きいファイルのダウンロード時もスムーズに行えます。4G環境でも、受信時の最大通信速度は1.7Gbpsと高速です。

また、最新のWi-Fi 6規格に対応しており、最大速度1.2Gbpsの通信速度を実現。さらに、ミリ波に対応しているため、送信時も最大480Mbpsで通信可能。4Kや8Kの高精細画質の映像も快適にアップロードできます。

加えて、有線LANポート「2.5GBASE-T」を内蔵しているので、有線LANケーブルを使っての高速通信も可能です。ルーティング設定やフィルタリング設定など、さまざまなソリューションに対応できるルーター機能も充実。本体バッテリーの容量も4000mAhと大容量で、外出先で使うことが多い方にも適しています。

本機種は同社のほかモデルと比べて実質月額が高くなりますが、高速通信にこだわってモバイルルーターを選びたい方におすすめのモデルです。

モバイルルーターを選ぶときの5つのポイント

通信速度

By: au.com

インターネット利用の快適度を左右するといっても過言ではない通信速度。KbpsやMbps、Gbpsなどの単位で表され、数値が大きいほど通信速度が速く、インターネットが高速で繋がりやすいといえます。

ただし、各社から公表されている最大通信速度は「最も通信環境がよい状態で計測した数値」です。実質速度は使用環境によって変動するので、あくまでも目安として考えておきましょう。

データ通信容量

モバイルルーターはプランごとにデータ通信容量が異なります。容量が定められているプランと容量無制限で使えるプランがあるため、インターネットの使用頻度や使用目的に応じて選んでみてください。また、データ通信容量が大きければ大きいほどプランの料金も比例して高くなるので、予算も考慮して選びましょう。

ちなみに、データ通信容量が無制限のプランがあるのは、WiMAX・Y!mobile・auの3社。docomoとSoftBankの2社は、容量の限度が決められているプランのみの展開です。しかし、今使っているスマホが契約するモバイルルーターと同じキャリアである場合、契約中のスマホのデータ容量をルーターとシェアできるサービスがある場合も存在します。

どのキャリアを選ぶのが自分にとって最もお得なのか、手持ちの端末も踏まえて検討するのがおすすめです。

速度制限の有無と内容

毎月定められたデータ容量の上限を超えたり、各プランごとに取り決められた条件以上に使ったりすると、データ通信の速度制限がかかる場合があります。データ容量無制限のプランでも、一定の条件を満たすと速度制限がかかる場合があるため、注意しておきましょう。

速度制限の内容によっては、インターネットの接続スピードが極端に遅くなり、ストレスに感じることが多くあるので、速度制限の内容もチェックしておくべきポイントです。契約しているデータ通信容量を超過して利用すると128Kbpsまで速度制限がかかる機種の場合、動画視聴はもちろんインターネットで検索すらままならないほどになります。

WiMAX・Y!mobile・auの無制限プランを契約している場合は、3日で10GB以上使うと1Mbpsに速度制限がかかります。1MbpsはYouTubeの動画を標準画質で見られる程度の速度なので、速度制限の条件のなかではストレスを感じにくい速度です。

実質月額

各社からデータ容量の無制限プランと制限があるプランが打ち出されていますが、無制限プランのほうが月額料金が高くなるのは必然的。しかし、各社料金設定が異なっていたり、指定のキャリア端末を使用している場合は割引になったりと、別途キャンペーンが適用される場合があります。自分にとって最もお得に使える機種やプランはどれなのか、見極めてみてください。

バッテリー容量

自宅で使用するよりも、持ち歩いて外出先で使うことが多い方は、モバイルルーター本体のバッテリー容量も要チェックポイント。バッテリーの容量が小さいと充電切れを起こしやすく、使いたいときに使えないこともしばしばあります。

出先でモバイルルーターを使う頻度が高い方は、なるべく容量の大きいバッテリーを搭載しているモデルを選ぶのがおすすめです。ほぼ自宅で使用する場合は、通信速度や実質月額などのポイントと合わせてチェックしてみてください。

番外編|WiMAXのおすすめプロパイダーが気になる方はこちらもチェック