自宅でインターネットを利用する際には有線を引き、Wi-Fiルーターを設置するのが最近の主流ですが、旅行や出張時など外出先でもインターネットを自由に使いたいという方には「モバイルルーター」が便利です。

そこで今回はおすすめのモバイルルーターをご紹介。用途に合わせてさまざまなモデルが販売・レンタルされているので、導入を検討されている方は事前にしっかりとポイントを押さえておきましょう。

モバイルルーターとは?

By: amazon.co.jp

モバイルルーターとは、簡単に言うとWi-Fiルーターのモバイル版です。場所を選ばずインターネットに接続でき、”ポケットWi-Fi”とも呼ばれます。最近では高速規格である「LTE」や「WiMAX」による回線が主流です。

また、モバイルルーター本体購入時にはあわせて通信会社との契約が必要。多くの場合、通信会社との契約とセットにすることで本体価格に割引が適用されます。

なお、モバイルルーターには必ずSIMカードが必要。通信会社との契約とセットで購入する場合は最初からSIMカードが入っていますが、あらかじめSIMロックが掛けられていないSIMフリーのモデルもあります。SIMフリーのモバイルルーターを購入した場合は、別途SIMカードを契約して本体に差し込まないと使用できません。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターの最大のメリットは、スマホと同じように基地局からの電波さえ入ればどこでも簡単にインターネットに接続でき、その回線を利用して複数のデバイスをつなげられる点です。

また、自宅で使用する場合も回線工事などをする必要なく、手軽にインターネットを使用できるようになるのもメリットです。有線での回線工事は時間も費用もかかるので、モバイルルーターの手軽さはメリットと言えるでしょう。

モバイルルーターを使うメリットとしては、パケット代の節約も挙げられます。スマホやタブレットなどは通信会社とパケット契約をしている方も多いと思いますが、どうしても通信制限に悩まされがちです。その点、モバイルルーターは通信量無制限のプランも用意されているので、スマホやタブレットなど複数のデバイスを使っている方も容量を気にしないで済みます。

モバイルルーターの種類

By: amazon.co.jp

SIMカードとセットのモバイルルーター

基本的にモバイルルーターを購入する場合は、SIMカードがセットになって販売されているタイプが主流です。SIMカードセットになっているものはSIMフリーのように個別にSIMカードを用意する必要がなく、契約すればすぐに使用可能なのが特徴です。

レンタルモバイルルーター

最近では SIMカードがセットになった状態ですぐに借りられるレンタルサービスも行われています。国内用のレンタルモバイルルーターでは「Softbank pocket WiFi」や「WiFiレンタルどっとこむ」など、海外用では「イモトのWiFi」や「グローバルWiFi」などが人気です。

また、最近では国内・海外の両方に対応した「G3000」といったモバイルルーターもあります。これらは1日あたり数百円~とリーズナブルな価格でレンタルできるため、短期の旅行や出張にもおすすめです。

SIMフリーモバイルルーター

SIMフリーのモバイルルーターは、本体とは別に通信会社と契約したSIMカードを自分で用意する必要があります。ただし、モバイルルーター本体には最大通信速度といった端末固有のスペックがあり、たとえSIMカードの通信速度が速くてもそれを最大限に活かせないこともあるので注意が必要。使用するSIMカードに合わせたモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

また、SIMカードは会社によって価格や使用可能エリアもさまざま。自分の使用スタイルにあったSIMカードを自由に選ぶことができるのがメリットです。最近では格安SIMカードと言われる比較的料金の安い通信会社も充実しており、データ容量は限られますが月々の利用料を大幅に抑えることもできます。自分にあったモバイルルーターを格安で使いたい方は、SIMフリーのモデルがおすすめです。

LTE・WiMAX・Wi-Fiの違い

モバイルルーターで使用する回線の主流は「LTE」と「WiMAX」ですが、意外と紛らわしいのが「Wi-Fi」です。この3つはいずれも通信規格のことを指し、このうちLTEとWiMAXはモバイル用の通信回線のこと。一方、Wi-Fiは無線LANのことで、インターネットはもちろん機器同士でデータを共有したり機器同士をつないで連携させたりといった利用もできます。

なお、LTEの主要な提供会社はNTTドコモ・KDDI・Softbankの3社。加えて、WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しています。それぞれMVNOと呼ばれる形態で回線を他社に貸し出しており、それを基にサービスを行っている事業者も多く存在している点には注意しましょう。

モバイルルーターの選び方

By: ymobile.jp

サービス対応エリアで選ぶ

通信可能なエリアに自分の使用予定の場所が含まれているかどうかは選ぶ上で重要なポイントです。特に格安SIMなどとの組み合わせで使う場合は、せっかく安くインターネット環境を手に入れられたと思っても使い物にならない、なんてことにもなりかねません。

海外で使用する場合も、使用回線によっては国ごとや同じ国でもエリアによって細かく分かれている場合もあるので、購入前にしっかりと確認するようにしましょう。中には、2つのSIMカードを挿入でき、手軽に切り替えができる”デュアルSIM”と呼ばれるモデルもあるので、海外と国内の両方で使いたい方にはこのモデルがおすすめです。

料金プランと通信容量で選ぶ

料金プランもモバイルルーターを選ぶ上では重要です。できるだけ安くインターネットを使いたいと考えるところですが、契約期間や1日の使用時間・使用データ量などによっても最適なモバイルルーターは変わってきます。

また、データ容量に上限がないプランもありますが、データ容量が決まっているプランと比べると割高です。通信速度にも違いがあるので、普段からどの程度インターネットを使用するのかによって最適な料金プランを選びましょう。

通信速度で選ぶ

最近のモバイル用インターネットは高速回線が増えてきてはいますが、モバイルルーターによっては速度に違いがみられることもあります。簡単なネット検索程度であればそれほど通信速度は気にならないですが、動画の視聴などにメインで使用する場合は通信速度をしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

また、通信回線の速度とは別に、モバイルルーター本体にも対応回線速度があります。いくら回線速度が速くても、本体がそれに対応していなければ回線を十分に活かせない点には注意が必要です。

バッテリー持ちで選ぶ

モバイルルーターは外出先での使用が基本のため、バッテリー持ちも重要な要素です。自宅などすぐに充電できる場所で使用するのであればあまり気にする必要はありませんが、旅行や出張で持ち歩く場合は、少なくとも朝出て夕方まではバッテリーが持って欲しいところ。

なお、大容量バッテリーを内蔵したモバイルルーターの中には、それ自体がモバイルバッテリーとして使える場合もあります。もちろんその分サイズは大きくなりますが、持ち物をあまり増やしたくない方にとっては有力な選択肢です。

モバイルルーターのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi NEXT W05

UQ WiMAXなどWiMAX提供各社でセット販売されている人気のモバイルルーター。下り最大708Mbpsを実現した高速回線「WiMAX 2+」をメインとしていますが、au 4G LTEにも対応しているため広いエリアでストレスなく使えます。

本体はスマートな長方形デザインで持ちやすく、サイズもH130×W55×D12.6mmとコンパクトです。連続通信時間は約9時間と十分。使いやすさと高機能が魅力のおすすめモバイルルーターです。

ファーウェイ(HUAWEI) Pocket WiFi 603HW

ワイモバイルやYahoo! WiFiなどでセット販売されている「Pocket WiFi」シリーズのおすすめモバイルルーター。下り最大612Mbpsの高速回線に対応し、LTEでの使用がメインです。

電源を入れてからわずか5秒で立ち上がる高速起動が本機の魅力。使いたいときにすぐ使えるため、余計なバッテリー消費を抑えることもできます。バッテリー容量は2400mAh、本体サイズW109.9×H65.1×D15.5mmとコンパクトではありますが、省電力設定をONにして使用すれば約8.5時間の連続通信が可能です。

SIMフリーモバイルルーターのおすすめモデル

ファーウェイ(HUAWEI) SIMフリーモバイルルーター E5577S-324

バッテリー容量は3000mAhで、最長12時間使用可能なモバイルルーターです。クレジットカードほどのコンパクトなサイズで、バッグのサイドポケットやズボンのポケットなどにもすっぽりと入ります。Wi-Fi規格は2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応しているので、使用場所によって通信速度や電波強度を柔軟に選択・切り替えが可能です。

また、本機種はモバイルルーターとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使用できます。丸みを帯びたスタイリッシュかつシンプルなデザインのため、使い手を選ばないのもおすすめポイントです。

日本電気(NEC) LTEモバイルルーター Aterm MR05LN

“デュアルSIM”に対応したおすすめのハイスペックモバイルルーター。SIMカードを2枚挿入できて、簡単に使用するSIMの切り替えが可能。海外出張が多い方や旅行好きな方に便利な機能が満載です。

また、本機種は3つの周波数を束ねて通信を高速化する技術を採用しています。高画質な動画などの再生にもしっかりと対応してくれるのも魅力です。操作はタッチパネル式の液晶を採用しており、直感的に操作できます。

外出先でモバイルルーターを使用するとなるとセキュリティ面も心配ですが、本機種は仮想アクセスポイントを2つ設けることができ、それぞれ個別で暗号化の設定が可能です。

ネットギア(NETGEAR) モバイルルーター SIMフリー AC785-100JPS

高速規格4G LTEに対応しているほか、最大で15台もの同時接続が可能なモバイルルーター。1.77インチの液晶ディスプレイを備えており、バッテリーの残量やデータ使用量などをひと目で確認できます。Wi-Fiの暗号化にも対応し、ビジネスシーンでモバイルルーターを使う方のセキュリティ面も安心です。

また、本機種はスマートフォンやタブレットから管理できるアプリと合わせることで、より便利に使うことも可能です。毎月のデータ使用料を記録できるほか、各種設定やそれらの確認も一元化できるというのも面白いポイント。デュアルバンドに対応し、連続通信時間も10時間以上と長持ちなので、長期の旅行などにもおすすめのモバイルルーターです。

Battery Wi-Fi SIMフリーモバイルWi-Fiルーター MF855

7800mAhもの大容量バッテリーを搭載したモバイルルーター。モバイルバッテリーとしても使用可能なため、外出先でのスマホやタブレットの電池切れにも対応できる優れモノです。

これほどの大容量バッテリーを搭載したモバイルルーターは珍しく、海外旅行や出張など何日も電源を確保できないような場合や、移動時にゲームやネットをがっつり楽しみたいという方にもおすすめのモバイルルーターです。

フリーテル(FREETEL) SIMフリー対応 Wi-Fiモバイルルーター ARIA2 FTJ162A-ARIA2

最大で17時間の連続通信ができるモバイルルーター。バッテリーの取り外しが可能なので、別売りの予備バッテリーを使えばさらに長時間使えます。表面にはマットなラバーコーティングが施されており、滑らかな触り心地に仕上がっているのが特徴です。

スマホやタブレットなどの端末と接続を簡単に行えるのもポイント。モバイルルーター本体に表示されるQRコードを専用アプリなどで読み取れば、ラクに繋げられます。また、microSDカードが差し込めるので、ファイルを保存しておくストレージとしても活用できるおすすめのモデルです。