自宅でインターネットを利用する際は有線を引き、Wi-Fiルーターを設置するのが最近の主流ですが、旅行や出張時など外出先でもインターネットを自由に使いたいという方には「モバイルルーター」が便利です。

そこで今回は、おすすめのモバイルルーターをご紹介。用途に合わせてさまざまなモデルが販売・レンタルされているので、導入を検討されている方は事前にしっかりとポイントを押さえておきましょう。

モバイルルーターとは?

By: amazon.co.jp

モバイルルーターとは、簡単に言うとWi-Fiルーターのモバイル版です。場所を選ばずインターネットに接続でき、”ポケットWi-Fi”とも呼ばれます。最近では高速規格である「LTE」や「WiMAX」による回線が主流です。

モバイルルーターの最大のメリットは、スマホと同じように基地局からの電波さえ入ればどこでも簡単にインターネットに接続でき、その回線を利用して複数のデバイスをつなげられる点です。自宅で使用する場合も回線工事などをする必要がなく、手軽にインターネットを使用できます。

また、パケット代が節約できるのも魅力です。スマホやタブレットを使っていると通信制限に悩まされがちですが、モバイルルーターならば通信量無制限のプランも用意されているため、データ容量を気にせず使うことができます。

モバイルルーターの種類

SIMカードとセットのモバイルルーター

By: wimax-broad.jp

基本的にモバイルルーターを購入する場合は、SIMカードがセットになって販売されているタイプが主流です。SIMカードがセットになっているものはSIMフリーのように個別にSIMカードを用意する必要がなく、契約すればすぐに使用可能なのが特徴です。

SIMフリーモバイルルーター

By: amazon.co.jp

SIMフリーのモバイルルーターは、本体とは別に通信会社と契約したSIMカードを自分で用意する必要があります。ただし、モバイルルーター本体には最大通信速度といった端末固有のスペックがあり、たとえSIMカードの通信速度が速くてもそれを最大限に活かせないこともあるので注意が必要。使用するSIMカードに合わせたモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

また、SIMカードは会社によって価格や使用可能エリアもさまざま。自分の使用スタイルにあったSIMカードを自由に選ぶことができるのがメリットです。最近では格安SIMカードと言われる比較的料金の安い通信会社も充実しており、データ容量は限られますが月々の利用料を大幅に抑えることもできます。自分にあったモバイルルーターを格安で使いたい方は、SIMフリーのモデルがおすすめです。

モバイルルーターの選び方

通信規格をチェック

LTE

By: amazon.co.jp

LTEとはスマホや携帯電話の通信規格のひとつで、3Gと4Gの中間に位置付けられるもの。LTEサービスとしては、NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」が2010年にスタートし、2012年にauが「au 4G LTE」を、同時期にソフトバンクが「SoftBank 4G LTE」を開始したという経緯があります。なお、呼び方として4Gとセットになっている場合がありますが、これは2010年に国際電気通信連合がLTEを4Gと呼称することを認めたため。バラつきがあるので、その点は留意しておきましょう。

WiMAX

By: nwcs.co.jp

WiMAXとは無線通信技術の規格のひとつ。日本での事業者は、auをブランドとして持つKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」があり、サービスとしては2009年から「UQ WiMAX」が、2013年からWiMAX 2.1規格を採用した「WiMAX 2+」があります。

それぞれ料金プランやオプションがあり、月額に則してサービス内容はさまざま。なお、サービスエリアは同社のホームページで確認できるので、気になる方はチェックしておきましょう。

データ容量をチェック

モバイルルーターは月額料金と利用できるデータ容量によってプランが決まっています。利用する際は自身が端末をどれくらい使用するかをあらかじめ把握しておきましょう。

通信環境やコンテンツの内容よって変動はしますが、1GBで利用できる目安としてはニュースサイトなどの閲覧程度であれは約7000ページ、メール送受信は約2000通、LINEでの音声通話時間は約40時間、YouTubeなどの動画閲覧は約1.5時間程度。なお、通信量の合計が料金プランで設定されたデータ容量を超えると通信速度に制限がかかることがあるので、その点は注意しておきましょう。

通信速度をチェック

最近のモバイル用インターネットは高速回線が増えてきてはいますが、モバイルルーターによっては速度に違いがみられることもあります。簡単なネット検索程度であればそれほど通信速度は気にならないですが、動画の視聴などをメインで使用する場合は通信速度をしっかりチェックしておきましょう。

また、通信事業者の通信回線の速度とは別に、モバイルルーター本体にも対応回線速度があります。いくら通信事業者側の回線速度が速くても、本体がそれに対応していなければ回線を十分に活かせない点には注意が必要です。

サービス対応エリアをチェック

通信可能なエリアに自分の使用予定の場所が含まれているかどうかは選ぶうえで重要なポイントです。特に格安SIMなどとの組み合わせで使う場合は、せっかく安くインターネット環境を手に入れられたと思っても使い物にならない、なんてことにもなりかねません。

海外で使用する場合も、使用回線によっては国ごとや同じ国でもエリアによって細かく分かれている場合もあるので、購入前にしっかりと確認するようにしましょう。なかには、2つのSIMカードを挿入でき、手軽に切り替えができる”デュアルSIM”と呼ばれるモデルもあるので、海外と国内の両方で使いたい方にはこのモデルがおすすめです。

バッテリー容量で選ぶ

モバイルルーターは外出先での使用が基本のため、バッテリー容量も重要な要素です。自宅などすぐに充電できる場所で使用するのであればあまり気にする必要はありませんが、旅行や出張で持ち歩く場合は、少なくとも朝出て夕方まではバッテリーが持って欲しいところ。

なお、大容量バッテリーを内蔵したモバイルルーターのなかには、それ自体がモバイルバッテリーとして使える場合もあります。その分サイズは大きくなりますが、持ち物をあまり増やしたくない方におすすめです。

モバイルルーターのおすすめモデル|SIMカード・ルーターセット

ファーウェイ(HUAWEI) Speed Wi-Fi NEXT W05

WiMAX 2+やau 4G LTEに対応し、広いエリアで使用できるスタイリッシュなデザインのモバイルルーター。

WiMAX使用時は下り最大通信速度558Mbps、LTE使用時は下り最大通信速度758Mbpsを実現し、上り・下りどちらも高速のモバイルルーターとして人気を誇っています。

また、取り外し可能なバッテリーは2750mAhの容量を備え、ノーマルモードで約9時間、バッテリーセーブモードで最長約10時間半の連続通信が可能。性能・デザインともに初めて使用する方にもバランスのよいモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) Pocket WiFi 603HW

複数の周波数をひとつにまとめる「キャリアアグリゲーション」や、4本のアンテナを使い複数のデータを同時に通信できる「4×4 MIMO」などの技術を用い、LTEで下り最大通信速度612Mbpsを記録する、Y!mobileやYahoo!Wi-Fiの有力モデル。

同時接続台数は14台と優秀で、電源を入れてから約5秒で起動するほか、省電力モードがONの状態で約8.5時間の連続通信が可能です。

Triprouter TPR001W

By: nwcs.co.jp

3WiMAX・カシモWiMAX・advent WiMAX 2+に対応したモバイルルーター。バッテリー容量は2500mAhを備え、スマホに繋ぐことでモバイルバッテリーとしても使えるのが最大の特徴です。

付属のSpeed USB STICK U01をWi-Fi機能のないPCに繋げばWiMAX回線を利用したデータカードとして使うことも可能。

データカード・モバイルルーター・モバイルバッテリーの3役をこなす端末を探している方におすすめのモデルです。

モバイルルーターのおすすめモデル|SIMフリー

日本電気(NEC) Aterm MR05LN

日本電気(NEC) Aterm MR05LN

デュアルSIMスロット搭載の万能型SIMフリーモバイルルーター。2GHz・1.5GHz・800MHzと3つの周波数を束ね高速通信を可能にする技術に対応し、下り最大通信速度はLTEで375Mbpsを記録します。

連続通信時間は約14時間と十分ですが、取り外し可能なバッテリーを複数持ち運べば更に通信時間を延ばすことも可能です。

デュアルSIMスロットはわずか10秒ほどでスムーズにSIMを切り替え可能。例えば国内用SIMと海外用SIMを1枚ずつ差しておいたり、無制限の格安SIMと高速SIMを併用したり、私用SIMと社用SIMを切り替えたりなど、さまざまな利用シーンに対応します。

富士ソフト +F FS030W

富士ソフト +F FS030W

容量3060mAhのバッテリーで最大20時間の連続通信が可能なモバイルルーター。74×74×17.3mmと手のひらサイズでポケットに入れやすく、持ち運びが苦になりません。

無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、下りはLTE時に最大150Mbps、Wi-Fi時は最大433Mbps。有料の専用クレードルは有線LAN端子を備え、モバイルとブロードバンドネットワークをシームレスに切り替えることが可能です。

設定アプリがリリースされているため、スマホから設定を変更できるほか、電池残量や使用データ量などをチェックすることもできます。

ファーウェイ(HUAWEI) Mobile WiFi E5577

ファーウェイ(HUAWEI) Mobile WiFi E5577

さまざまな周波数に対応し、海外でも安定して使うことができるSIMフリーモバイルルーターです。

重量は112gと軽量で、持ち運びが苦にならないサイズ。バッテリー容量は3000mAhで連続通信時間12時間を可能にしているほか、スマホなどに繋げばモバイルバッテリーとしても使うことができます。

価格もリーズナブルなため、格安SIMと併用することで安価に運用できるコストパフォーマンス抜群のモデルです。

ネットギア(NETGEAR) AirCard 785

ネットギア(NETGEAR) AirCard 785

デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)対応のモバイルルーターで、最大15台の同時接続が可能。比較的リーズナブルな価格なので、SIMフリーモバイルルーターとしては十分なコストパフォーマンスです。

93カ国で利用が可能なうえ、国内ではドコモ系のLTE対応SIMカードをほぼ網羅。2000mAhのバッテリーは取り外し可能で、予備を持ち運ぶことで充電切れの心配はありません。

初期設定が簡単なので、初めて使うモバイルルーターとしておすすめできるモデルです。

ZMI Battery Wi-Fi MF855

ZMI Battery Wi-Fi MF855

7800mAhの大容量バッテリーを備え、モバイルバッテリーとして使うことができるSIMフリーモバイルルーター。連続通信時間は18.5時間と、通信中にバッテリー切れの心配がありません。

本体重量は235gですが、モバイルバッテリーを別に携帯することを考慮すると本製品1台のみの方が、荷物がかさばらず済みます。

そのほか、本端末の充電とモバイル機器の充電を同時に行うことができる「おっかけ充電」に対応しています。バッテリー切れのストレスなく使いたい方におすすめのモデルです。

日本電気(NEC) Aterm MP01LN

日本電気(NEC) Aterm MP01LN

軽量かつコンパクトなサイズ感が特徴のモバイルルーターで、シャツのポケットなどに入れて違和感なく持ち運ぶことができます。重量はわずか71g、大きさもカードより小さい幅約50×奥行き91×高さ12mmと軽量コンパクトなモデル。

少し丸みを帯びたデザインで、パネルのメタリックカラーが綺麗な本製品は女性の手にもすっぽり収まるためおすすめです。また「LTEオート接続」機能を搭載し、nanoSIMカードを挿入するだけで自動的にAPNを選択して接続を完了します。

バッテリー容量は1670mAhと少なめですが、連続通信時間は約10時間と十分。自動スリープモード搭載で待機中は、省電力状態で持ち運ぶことができます。

フリーテル(FREETEL) ARIA2 FTJ162A-ARIA2

フリーテル(FREETEL) ARIA2 FTJ162A-ARIA2

格安ながら基本的な機能は一通り網羅した、使いやすいSIMフリーモバイルルーター。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、2300mAhのバッテリーを備え約17時間の連続通信が可能です。

microSDカードを挿し込んでおくと、ファイルストレージとしても使うことができます。ドコモ系・au系のSIMであればプラチナバンドに対応していますが、IMEI制限のあるSIM(WiMAX2+など)での利用ができない点は注意が必要です。