スマホやタブレット端末の普及にともない、自宅にも不可欠な存在となっているのが無線LANルーター。月々のデータ通信量を気にせず、動画の視聴やダウンロードを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、バッファローが販売する無線LANルーターのおすすめアイテムをご紹介します。豊富なラインナップが展開されているので、使用環境や使い方に合ったモデルを見つけてみてください。

無線LANルーターとは?

By: buffalo.jp

無線LANルーターとは、スマホやタブレットなどのデバイスをインターネット回線へ接続するために必要な機器です。ワイヤレス接続ができるのでLANケーブルを必要としないのが魅力。パソコンやプリンターなどWi-Fiに対応しているさまざまな機器をつなげられるため、部屋やデスク周りが配線で煩雑になることもありません。

通信方式に国際標準規格の「IEEE 802.11」を採用しているのも特徴。「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」といった複数の規格があり、「11n」や「11ac」などと省略して呼ばれることもあります。

使用される周波数帯は2.4GHzと5GHzの2種類。前者は通信速度が控えめながら壁など障害物の影響を受けにくく、後者はテータ転送速度に優れています。

バッファローの無線LANルーターの選び方

間取りや人数に合ったモデルを選ぶ

By: buffalo.jp

無線LANルーターを選ぶ際には、設置する家の間取りや利用する人数に合ったモデルを選ぶことが大切です。部屋数が多いほど、つながりにくい場所が発生しやすいので注意が必要。また、戸建ての場合は部屋数だけでなく、2階建や3階建など縦方向の距離にも影響されます。

可動式のアンテナを搭載しているモデルなら、設置環境に応じて方向や角度をカスタマイズすることが可能です。ネットにつながっても速度が上がらず悩んでいる方は、「メッシュWi-Fi」対応モデルも検討してみましょう。複数のルーターを設置することで、家中どこでも快適なネット環境を構築できるためおすすめです。

接続する機器の数をチェック

利用人数だけでなく、無線LANルーターに接続する機器の数もしっかりと把握しておきましょう。スマホやタブレット、パソコンなど、同時に接続するデバイスの数が増えると、その分ルーターの負担が重くなってしまうため通信速度は低下します。

そんなときにおすすめなのが、Wi-Fi6に対応した無線LANルーター。OFDMA技術が採用されており、1通信で複数のデバイスに電波が届くので順番待ち時間が発生せず快適に使えます。常時使用するデバイス数が多い環境におすすめです。

対応する通信規格をチェック

By: buffalo.jp

無線LANルーターの通信規格には「11a」「11b」「11g」「11n」「11ac」「11ax」の6種類が存在。対応する規格により、使用周波数帯や最大通信速度など性能が異なります。現在の主流は、5GHz帯を使用する「11ac」規格。最大通信速度が6.9Gbpsと高速なのが特徴です。

今後注目したいのが第6世代の通信規格「11ax」。通称「Wi-Fi 6」と呼ばれています。2.4・5GHzの両周波数帯を使用するうえ、最大9.6Gbpsの超高速通信が可能です。5Gの普及と合わせてIoT時代には不可欠な製品となるので、より快適な通信環境を求める方はぜひチェックしてみてください。

バッファローの無線LANルーターおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WXR-5950AX12

次世代規格「Wi-Fi6(11ax)」に対応した無線LANルーターです。5GHz帯で最大4803Mbpsの高速データ通信を行えるのが特徴。10Gbpsの有線LANポートを備えているため、光やケーブルTVなどの高速インターネット回線もフルに活用できます。

また、「デュアルスタックダイポールアンテナ」を搭載しているのもポイント。3軸回転機構を備えており自在に可動するので、設置環境に応じて角度や方向を適切にカスタマイズできます。戸建なら3階建、マンションなら4LDKまでの環境におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター AirStation connect WRM-D2133HP/E1S

3LDKくらいまでの住まいの方におすすめの、親機と中継機がセットになったモデルです。独自のメッシュ機能を搭載しており、両機器が自動で連携して最も効率的なネットワークを構築します。「11ac」規格に対応しており、最大1733Mbpsの高速通信を行うことが可能です。

部屋のインテリアにも溶け込みやすい、コンパクトでシンプルなデザインもポイント。おしゃれな製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター AirStation connect WTR-M2133HS/E2S

3階建ての戸建てなど、大きな住まいにも対応できる無線LANルーターです。2つの中継機が付属しており、家中をくまなくカバー。メッシュ機能を搭載しているため、環境に応じて適したネットワークが構築できます。

2.4GHzと2つの5GHzを備えたトライバンド仕様。混雑時に自動で空いている帯域へ誘導する「バンドステアリング機能」を搭載しているので、複数のデバイスを接続してもスムーズな通信が行えます。また、専用アプリが設定をサポートするのもポイント。使い勝手にも優れたおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WXR-2533DHP2

4本の高感度アンテナを搭載したモデルです。部屋の間取りや階数に応じて、縦横自由にカスタマイズすることが可能。親機1台で、さまざまな家の形状に合わせて調節できるのが特徴です。

ビームフォーミング機能を搭載しているのもポイント。スマホの位置を自動で検出し、効率的に電波を送る便利な機能です。家の中でスマホを持って動き回るようなシーンでも、安定して高速通信が行えます。

また、「MU-MIMO機能」を備えているのも魅力。最大3台のデバイスなら、同時接続しても速度を落とさず通信できます。複数のスマホを一緒に使うような場面でも活躍するおすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WSR-A2533DHP3

コンパクトながら高速通信が可能な無線LANルーター。高効率アンテナを内蔵したシンプルな外観が特徴。幅37.5mmの薄型設計なので、設置場所を気にせず設置しやすいのも魅力です。また、「11ac」規格に対応しており、5GHz帯で最大1733Mbpsの通信が行えます。

「無線引っ越し機能」を備えているのもポイント。利用しているSSIDを、そのまま使うことが可能です。ルーターを買い替えてもスマホやタブレットの再設定をする必要がなく、快適に使えます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WSR-2533DHPL-C

手頃な価格で購入できる「11ac」規格に対応した無線LANルーター。5GHz帯なら1733Mbpsでの通信が可能です。あらゆる方向や角度をカバーする4本のアンテナを内蔵しているため、縦・横どちらの方向でスマホを使っても安定して電波が受信できます。

ビームフォーミング機能を搭載しているのもポイント。デバイスの位置を狙って電波を送信するので、快適にインターネットが使えます。ただし、デバイス側も本機能に対応している必要があるので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WSR-1166DHPL2

2階建の住宅や3LDK程度のマンションで使用できる無線LANルーター。最大12台までの端末利用を推奨しています。安価なモデルながら「MU-MIMO」にも対応しているのがポイント。最大2台までなら、同時に接続しても通信速度が落ちにくいので便利です。

また、有線LANポートを3つ備えているため、テレビやレコーダーをネットにつなげたいときなどにも重宝します。価格も比較的安いので、コスパに優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WCR-1166DS

ワンルームマンションなどでの使用に適した無線LANルーター。「11ac」規格に対応しており、最大866Mbpsで通信することが可能です。また、価格も安いので手軽にワイヤレス環境を構築できます。

約11×5cmのコンパクトでスリムなデザインもポイント。テレビ台の隅や本棚の隙間にもスッキリと設置できるため便利です。セットアップに関しても、専用アプリでQRコードを読み込むだけと簡単に行えます。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WSR-300HP

気軽にネットワーク環境を構築したい方におすすめの無線LANルーターです。「11b」「11g」「11n」規格に対応。最大通信速度は300Mbpsです。

レイアウトフリーの筐体設計をされているのが特徴。縦置きや横置きはもちろん、壁掛けにも対応しています。ワンルームマンションなど、スペースに余裕のない部屋でも設置しやすいので便利です。

バッファロー(BUFFALO) Wi-Fi 無線LANルーター WMR-433W2

旅行や出張の機会が多い方におすすめの無線LANルーターです。宿泊先のホテルや旅館にWi-Fiがない場合でも、手軽にワイヤレスネットワークを構築することが可能。接続作業もLANケーブルをつないでUSBで給電するだけと簡単です。

コンパクトなラウンドデザインを採用しており、本体重量も約19gしかないため持ち運びも容易。携帯に便利なポーチも付属しているおすすめのモデルです。