パソコンの作業に欠かせないマウスですが、クリック音は気になるものです。自分では気にならなくても、知らず知らずのうちにマウスの音で周りを不快にさせている恐れも。そのような場合に活躍するのが「静音マウス」。クリック音が気になるにくい優れものです。

そこで今回は、タイプ別におすすめの製品をピックアップ。選び方やおすすめのメーカーもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

静音マウスのメリット

By: elecom.co.jp

クリック音が小さい静音マウスは、場所を選ばずに使えるのがメリットです。静かな喫茶店や図書館など、音が気になりやすい場所でも気兼ねなくパソコンで作業ができます。

また、静音マウスはオフィスにも最適です。本人は軽快にパソコン作業を進めていても、知らないうちにマウスの音で周囲に迷惑をかける恐れがあります。しかし、静音マウスはクリック音が小さく、周りに配慮できるのでおすすめです。

静音マウスの選び方

有線かワイヤレスで選ぶ

ワイヤレスタイプ

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプの静音マウスは、作業中に自由に手を移動しやすいのがメリットです。ディスプレイと作業箇所が離れている方におすすめ。また、ケーブルの断線を気にせず収納できるので、持ち運びの多い方にも便利です。

ただし、定期的な電池交換が必要なのがネック。Bluetooth機能が内蔵されていない場合はレシーバーが必要です。有線よりも遅延するリスクが高いので、オンラインゲームなどで遅延が気になる方は有線タイプを選びましょう。

また、パソコンからかなり離れて作業する場合は、2.4GHz帯を採用したモノがおすすめ。2.4GHz帯を採用したモノなら、最大10m離れた場所からでも操作できます。

有線タイプ

By: sanwa.co.jp

有線タイプの静音マウスは、セットアップを容易に行えるのがメリットです。USBケーブルをパソコンに差し込むだけで使用できるため、ドライバをインストールする手間が不要。複数のパソコンを使う方におすすめです。

リール式の有線マウスであれば、マウスを使用しないときにケーブルを本体に収納できます。また、パソコン本体から給電できるため、マウスの充電や電池切れによって作業を中断する必要がありません。

一方、ケーブルが届く範囲内のみでしかマウスを操作できない点がデメリット。さらに、マウスのケーブルが、ほかのケーブルやイヤホンと絡みやすいのが欠点です。

目的で選ぶ

ビジネス

By: elecom.co.jp

仕事でマウスを持ち運ぶ方は、ワイヤレスタイプのマウスがおすすめです。ワイヤレスタイプのマウスはケーブルがないので、カバンの中でケーブルが絡まらず断線の恐れがありません。

また、レシーバータイプを選ぶ場合は、コンパクトな設計のモノが便利。コンパクトなモノなら、パソコンのUSBに挿したまま移動でき、セッティングの手間が省けます。

なお、ワイヤレスタイプのモノはバッテリーを内蔵しており、有線の静音マウスよりもやや重くなるのがネックです。仕事で長時間静音マウスを使用する場合は、バッテリー持ちのよさにも注目して選びましょう。

ゲーミング

By: elecom.co.jp

プレイするゲームにもよりますが、複雑な操作を要するゲームをする場合は、マウス本体だけで複数の操作ができるモデルがおすすめです。例えばマウス本体に多くのボタンがついていれば、片手だけでさまざまなアクションを瞬時に出せます。

ボタンが複数ついている静音マウスを選ぶ場合は、それぞれのボタンをカスタマイズできるモノがおすすめです。キャンセルボタンや攻撃ボタンなど、使用頻度の高い操作を割り当てれば、より快適にプレイできます。

瞬発力が試されるFPSなどのゲームをする場合は、遅延の少ない有線タイプの静音マウスがおすすめ。ケーブルの長さや使い心地にも注目して選ぶと、長時間快適にプレイできます。

マウスの形状で選ぶ

スタンダード

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプは、手の大きさによってサイズを合わせられるのがメリットです。手が全体を覆うような大型タイプから手のひらに収まる小型タイプまで、さまざまなマウスを選べます。また、薄型化されたモノは、荷物が嵩張りにくく、持ち運びが多い方におすすめです。

エルゴノミクス

By: rakuten.co.jp

エルゴノミクスタイプのマウスは、人間工学に基づいて作られており、手にフィットしやすいデザインが特徴です。マウスの操作による手首の疲れや腱鞘炎が気になる方におすすめ。また、ポインタが正確に止まることや、ボタンが押しやすいなどのメリットがあります。

トラックボール

By: sanwa.co.jp

トラックボールタイプのマウスは、スペースを使わずにマウス操作ができるのがメリットです。マウス自体を動かさずに、トラックボールを操作するだけでカーソルを移動できます。

また、腕を動かさずに使用できるため、長時間の作業でも疲れが出にくいのが魅力。スタンダードのマウスで、指や手首に痛みを感じる方は、トラックボールタイプがおすすめです。

静音マウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: rakuten.co.jp

パソコン周辺機器を展開している世界的なメーカー「ロジクール」。ワイヤレスマウスやトラックボールマウスを開発するなど、技術力は革新的です。

ロジクールの静音マウスは、世界で初めてイギリスの騒音防止団体Quiet Markによって認定されました。

エレコム(ELECOM)

By: rakuten.co.jp

大阪に本社を持つパソコン周辺機器メーカー「エレコム」。パソコン用メモリやUSBケーブルからキャリングバッグなど幅広い製品を展開しています。

静音マウスはもちろん、省電力タイプのモノもラインナップしているのが特徴。女性向けのかわいいデザインのモノなど、見た目重視の方におすすめのメーカーです。

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

ハードディスクやUSBメモリなどのストレージ製品を多く販売しているパソコン周辺機器メーカー「バッファロー」。

2004年からマウスの販売を開始し、低価格の製品を取り揃えているのが特徴です。静音マウスは価格が安く、コストパフォーマンスに優れた製品を販売しています。

静音マウスのおすすめ|ワイヤレスタイプ(Bluetooth)

エレコム(ELECOM) CAPCLIP PRO M-CCP1BB

モバイル用途に特化したコンパクトな静音マウスです。使用時はキャップを本体にマウントし、収納や持ち運びの際は本体をキャップの中に収納しておけます。キャップにはクリップが搭載されているので、ポケットやパソコンなどにつければ、持ち運びにも便利です。

シンメトリーデザインが採用されているので、右利き・左利きを問わず使用できます。ボタン数は合計4つ。コンパクトながらも、ホイールボタンの下に便利な「戻る」ボタンが搭載されています。また、ホイールを傾けると横スクロールができるチルトホイールにも対応。

読み取り方式には、従来のBlue LEDよりも読み取り感度が高められた同社独自の「ULTIMATE Blue LED」を採用しています。素材の種類や色を選ぶことなく、さまざまな環境で快適に使用可能。電源はリチウムイオン電池を内蔵した充電式で、1回の充電で約1ヶ月使用できます。

エレコム(ELECOM) モバイルトラックボール 人差し指操作タイプ M-MT2BRSBK

モバイル用途に適した静音トラックボールマウスです。人差し指でトラックボールを操作するタイプで、ボタン数は全部で5つ。Webページ閲覧の効率を上げる、戻る・進むボタンも搭載されています。トラックボールの読み取り方式には光学式を採用。モバイルサイズながらも、直径34mmの大型ボールを搭載しているので、快適に操作できます。

ポインタの移動速度は750DPI・1500DPIに対応しており、ポインタ速度切り替えスイッチから好みに合わせて変更可能です。背面の穴から簡単にボールを取り出せるのもメリットのひとつ。ボールや内側のボール受けを簡単にメンテナンスできるので、常にきれいな状態を保ちながら使用できます。

電源には単四型乾電池を1本使用。また、専用のセミハードケースが付属するので、持ち運びの際も安心です。場所を選ばず気軽に使用できるトラックボールマウスを探している方は、チェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 静音マウス BSMBB500M

快適な握り心地を追及して開発された静音マウスです。持ち上げやすいくぼみ形状と手の支えになるバックボーンフォルムを採用。また、側面のラバーグリップも握りやすさと使いやすさの向上に役立っています。

戻る・進むなどの操作の際に役立つサイドボタンが搭載されており、誤操作を軽減するために本体下部に搭載されているのが特徴です。

読み取り方式にはBlue LEDを採用しており、ポインタの速度は1000DPI・1600DPIに対応。電源には単三型乾電池を1本使用します。リーズナブルな価格で購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ワイヤレスマウス MA-BTBL155

コンパクトで持ちやすい形状の静音マウス。凹凸の少ないすっきりとしたスマートなデザインで、手の小さい方にもおすすめです。ボタン数は全部で5つ。ホイールボタンと2つのサイドボタンには、好みの機能を割り当てできます。

マウスを1インチ移動させたときにポインタが何インチ移動するかを表すDPIは、1000DPI・1600DPI・2400DPIの3段階で調節可能。スクロールホイールの下にあるカウント切り替えボタンから素早く変更でき、好みや用途に合わせてポインタの移動速度を調節できるので便利です。

読み取り方式には、精度が高く、光沢面を除くさまざまな場所で快適に使用できるBlue LEDを採用。電源には、単四型乾電池を2本使用します。

ナカバヤシ(Nakabayashi) Digio2 静音エルゴノミクスマウス MUS-BKF165BK

高速スクロール機能を搭載した静音マウス。ホイールを押すと高速・通常それぞれのスクロールモードへと切り替えができます。ホイールから指を離すことなく切り替えられる効率のよさが魅力。縦に長いExcelデータやpdfファイルの閲覧におすすめです。

また、横にもスクロールできるチルトホイールにも対応。横に長いファイルやWebサイトも快適に閲覧できます。サイドには戻る・進むボタンも搭載。マウス本体は、約14°の傾斜がつけられたエルゴノミクスデザインを採用しているのもポイントです。手首のねじれを軽減し、より自然な握り心地で使用できます。

読み取り方式にはBlue LEDを採用し、ポインタの速度は800DPI・1200DPI・1600DPIの3段階で切り替えが可能です。接続に関しては、2台のパソコンをペアリングしておけるマルチペアリング機能に対応。マウス底面のスイッチから簡単に切り替えられます。

静音マウスのおすすめ|ワイヤレスタイプ(2.4GHz)

ロジクール(Logicool) MULTI-DEVICE SILENT Mouse M590

クリック感はそのままに、従来モデルに比べて90%を超えるノイズリダクションが実現された静音マウス。カラーはブラック・グレー・レッドの3色がラインナップされています。

USBレシーバーによる接続に加え、Bluetooth接続にも対応。接続先は、スクロールホイールの下のボタンから素早く切り替えられます。また、2台のパソコン間でカーソルを移動させたり、コピペしたりできる便利な「Logicool Flow機能」も使用可能です。

サイドには2つのサムボタンが搭載されています。専用ソフト「Logicool Options」を使用すれば、用途や好みに合わせてボタン割り当てのカスタマイズが可能。

電源には単三型乾電池を1本使用します。自動スリープモードを備えており、約2年間の電池寿命を実現。ランニングコストが低いのもメリットです。

ロジクール(Logicool) Pebble M350

モダンなデザインを採用したスリムな静音マウス。ソフトで丸みのある形状を採用しているので、手のひらに自然にフィットします。豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力のひとつ。好みやデスク周りのほかのアイテムに合ったカラーを選択できます。

ボタンは静音タイプながらも、一般的なマウスと同じクリック感で使用可能。スクロールホイールも静かに滑ります。接続方法はUSBレシーバーに加え、Bluetoothにも対応。左右対称デザインなので、利き手を問わず使用できるのもメリットです。

電源には単三型乾電池を1本使用。約18ヶ月の電池寿命が実現されており、操作をしていなければ自動的にスリープモードに入ります。比較的リーズナブルで、カバンやポケットにも入れやすいスリムな静音マウスなので、持ち運び用のサブ機としてもおすすめです。

ユニーク(UNIQ) Rapoo ワイヤレス・サイレントマウス M600mini

スペースの限られた狭い空間でも扱いやすいコンパクトな静音マウス。本体重量約37.4gの軽量ボディなので、気軽に持ち運べます。カラーはブラック・シルバー・ローズゴールドの3色がラインナップ。アルミ合金を採用した上品でスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

接続はUSBレシーバーに加え、Bluetoothにも対応しています。USBレシーバー1台、Bluetooth2台の最大3台までのデバイスとペアリングが可能。接続先は本体裏面のボタンから切り替えできます。また、USBレシーバーは本体内に収納できるので、持ち運びの際、邪魔になることはありません。

電源には単四型乾電池を1本使用して、最大約6ヶ月使えます。図書館などの公共施設やオフィスなどに持ち込んでの使用にもおすすめの静音マウスです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音ワイヤレスエルゴノミクスマウス MA-ERGW10N

人間工学に基づいて設計されたエルゴノミクス形状の静音マウスです。本体に約55°の傾斜がついており、手首をひねることなく自然な角度で握れるのがメリット。長時間のパソコン作業にもおすすめです。

ボタン数は、サイドボタンを含む合計5つ。読み取り方式にはBlue LEDを採用し、ポインタの速度は800DPI・1200DPI・1600DPIの3段階で調節できます。全ボタンに静音スイッチが採用されているので、深夜や静かなカフェなどでも安心して使用可能。

電源には単四型乾電池を2本使用します。USBレシーバーモデルの本製品のほかに、有線モデルとBluetoothモデルもラインナップ。用途に合ったモデルを選択できます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) Digio2 トラックボールマウス MUS-TRLF132

スペースをとらないコンパクトサイズのトラックボール静音マウス。34mmトラックボールを搭載し、薬指と小指を自然な位置における扱いやすいフォルムを採用しています。Webサイトの閲覧に便利な戻る・進むボタンを含む合計5つのボタンを搭載。全てのボタンが静音設計なので、周りを気にせず作業に集中できます。

ポインタの速度は450~1200dpiに対応。トラックボールの動きに合わせてポインタの速度を調節できる「おまかせ調整機能」が搭載されています。電源には単四型乾電池を2本使用。手の小さい方や頻繫に持ち運びたい方に適した静音マウスです。

静音マウスのおすすめ|有線タイプ

エレコム(ELECOM) EX-G 有線BlueLEDマウス M-XGM10UBS

合計5つのボタンを搭載した静音マウス。マウスを操作するときに使用頻度の高い親指と薬指に着目し、手になじみやすい形状に設計されているのが特徴です。

本体側面にはレザー調のサイドグリップを搭載。手が滑るのを防ぐとともに、質感の向上にも役立っています。ボタン数は合計5つで、全てのボタンに静音スイッチを採用しているのもポイントです。

読み取り方式には、小さな凹凸や埃がある場所でも正確に読み取れるBlue LEDが使用されています。無料でダウンロードできる専用ソフト「エレコムマウスアシスタント」を使用すれば、各ボタンに好みの機能を割り当てることが可能です。

バッファロー(BUFFALO) ネオフィットマウス BSMBU515M

快適な使い心地を実現するエルゴノミクス形状の静音マウス。かぶせ持ち・つめたて持ち・つまみ持ちの3通りの持ち方を想定して設計されているのが特徴です。

接続端子にはUSB Type-Aを採用し、ケーブルの長さは約1.5m。読み取り方式には、光沢面を除くさまざまな場所で快適に使用できるBlue LEDが採用されています。同社の専用ソフトを使用すれば、2つのサイドボタンとホイールクリックに各種機能の割り当てが可能です。

ポインタの速度は1000DPI・1600DPIの2パターンに対応。ボタンひとつで簡単に切り替えられる操作性の高さもおすすめのポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 有線トラックボール MA-TB128BK

手の置き心地を追求して設計されたエルゴノミクス形状の有線トラックボールマウス。親指でトラックボールを操作するタイプで、本体には15°の傾斜がつけられています。手首に負担をかけることなく操作でき、手のひらを軽く添えるだけでしっかりと手にフィット。快適な操作性が実現されています。

ケーブルの長さは約1.8mで、接続端子にはUSB Type-Aを採用。離れた位置にパソコンがあっても問題なく接続できる長さです。ポインタの速度は600・800・1200・1600に対応。スクロールホイール下のカウント切り替えボタンから、適した速度に調節できます。

ボールは本体裏面から簡単に取り出せるのもおすすめのポイント。メンテナンス性に優れているので、いつでもきれいな状態で使用できます。

東プレ(Topre) REALFORCE MOUSE RFM01U11

左右のボタンに静電容量無接点方式のスイッチを採用した静音マウス。チャタリングを起こしにくい構造で、5000万回以上のクリック耐久性が実現されています。フェザータッチと呼ばれる指に優しい押し心地も特徴です。

読み取り方式は光学式で、プロゲーマーなどにも定評のある高性能センサー「PixArt PMW3360センサー」を搭載。普段使いに加え、ゲーミング用途にもぴったりです。操作性を追求するために、直径約2.8mmの極細ケーブルが採用されているのも魅力のひとつ。

本体に搭載されたスイッチからDPIやレポートレートの切り替えが可能です。さらに、専用アプリも用意されており、ボタンの割り当てなどを好みに合わせてカスタマイズできます。高性能な静音マウスを探している方におすすめです。

ケンジントン(Kensington) Pro Fit Ergo K75403JP

腕や手首への負担を軽減するためにエルゴノミクスデザインを採用した静音マウス。腕と手のひらをより自然な位置に置けるように設計されているので、長時間のマウス操作も快適に行えます。

ボタン数は全部で5つ。親指の位置に搭載されたサイドボタンで戻る・進むの操作を素早く行えるので、Webページの閲覧などがより快適に。また、無料でダウンロードできる専用ソフト「KensingtonWorks」を使用すれば、ボタンの割り当てなどを好みに合わせてカスタマイズ可能です。

ポインタの速度は1000・1600・2400・3200の4段階に対応しており、本体に切り替えスイッチが搭載されています。