コンパクトなサイズでデスク上のスペースを取らない「テンキーレスキーボード」。右手をマウスに移動させる際の距離が短くなるため、快適なゲームプレイが可能です。しかし、各メーカーからさまざまな製品が多数発売されているので、どれを購入すればよいか迷いがち。

そこで今回は、おすすめのテンキーレスゲーミングキーボードをご紹介します。選び方のポイントをチェックして、好みの製品を見つけてみてください。

テンキーレスゲーミングキーボードの魅力とは?

By: rakuten.co.jp

テンキーレスゲーミングキーボードは、一般的なキーボードの右側に配置されているテンキー(数字キー)がなく、コンパクトなサイズに設計されているのが魅力。携帯性に優れており、リビングや寝室、書斎、外出先など、さまざまな場所で使用する方におすすめです。

また、右手をマウスに移動する際の距離が短くなるので、スムーズな操作が可能。デスク上のスペースを有効に使いたい場合にも向いています。

FPSやTPSなど、素早い操作が要求されるゲームの操作にも最適。また、腕や手にかかる負担を軽減する効果が期待できるので、長時間ゲームを楽しみたい方におすすめの製品です。

テンキーレスゲーミングキーボードの選び方

キーの種類で選ぶ

メンブレン方式

By: amazon.co.jp

メンブレン式のテンキーレスキーボードは構造がシンプルなので、比較的リーズナブルな価格で購入可能。初めてのゲーミングキーボードにもおすすめです。市販のパソコンに付属しているキーボードはメンブレン式が多いので、使い慣れた馴染みのある感覚でタイピングできるのもポイント。

メカニカル方式に比べると入力精度や応答性で劣りますが、打鍵感がソフトでタイピング音が小さいというメリットがあります。機能やスペックよりも、価格を重視してテンキーレスゲーミングキーボードを選びたい方におすすめです。

メカニカル方式

By: rakuten.co.jp

メカニカル方式は、ゲーミングキーボードに採用されている最もスタンダードなキースイッチ。キーにはスイッチやバネが内蔵されており、入力精度や応答性に優れているのが特徴です。

また、メカニカル方式には、赤、青、茶、黒軸などのさまざまな種類があり、押下時の感触や打鍵感、タイピング時の音がそれぞれ異なります。静音性に優れた赤軸やしっかりとした押下感が得られる青軸、バランスの取れた茶軸など、好みやプレイするゲームジャンルにあわせて選択するのがおすすめです。

静音容量無接点方式

By: amazon.co.jp

静音容量無接点方式のゲーミングキーボードは、内部に物理的な接点がないので、パーツの摩耗が少なく耐久性に優れています。また、独特の軽いキータッチは、疲れにくくスムーズなタイピングができるため人気です。

ただし、メンブレン式はもちろん、メカニカル方式と比較しても価格は高め。予算に余裕のある方や打鍵感にこだわりたい方におすすめです。

機能で選ぶ

複数キー同時押し

By: amazon.co.jp

テンキーレスゲーミングキーボードには、「Nキーロールオーバー」や「アンチゴースト」と呼ばれる機能を搭載しているモデルがあります。Nキーロールオーバー機能は、複数のキーを同時押しした場合に押されたキーを正確に検出できる機能。「N」の部分に入る数字の分だけ、押されたキーを順番に認識できます。

一方、アンチゴースト機能を搭載しているモデルは、複数のキーを素早く入力した場合の信号認識不良を防ぐことが可能。素早い操作が必要なゲームをプレイしたい場合は、Nキーロールオーバー機能とアンチゴースト機能を搭載した製品を選ぶのがおすすめです。

バックライト調節

By: rakuten.co.jp

バックライトが搭載されている製品は、暗い場所でもキーを認識しやすいのが特徴。部屋を暗くしてゲームに没入したい場合におすすめです。また、テンキーレスキーボードの種類によっては、バックライトの明るさや色、光り方などを調節できるモデルも存在します。

パソコンやマウスのライティングとあわせたい方や、性能だけでなく外観にもこだわりたい方におすすめです。

特定キーの無効化

By: rakuten.co.jp

テンキーレスゲーミングキーボードには、ゲームに必要ないキーを無効にしておけるモデルも存在します。タイピング時にほかのキーに指が当たって入力されてしまうと、意図しない操作が行われてしまうので注意が必要。

特に「Windowsキー」を押してしまった場合には、ゲームプレイが強制中断されてしまう可能性があります。あらかじめ使用しないキーを無効化しておけば、誤入力やゲームの中断が防げて便利です。

テンキーレスゲーミングキーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) PROシリーズ PRO Xキーボード G-PKB

キースイッチの入れ替えが可能なテンキーレスゲーミングキーボードです。メカニカル方式を採用しており、「GX Blueクリッキー」「GX Redリニア」「GX Brownタクタイル」の3種類の軸が用意されています。

別売りのキースイッチセットを購入することで、好みやプレイするゲームにあわせて最適なスイッチが選択できます。本体サイズは約361×153×34mmとコンパクトで、シンプルなデザイン。接続用のmicroUSBケーブルは着脱できるので、携帯性にも優れています。

時限アクションやコマンドをFキーにプログラムできる便利な機能やバックライトが搭載された、おすすめのモデルです。

エレコム(ELECOM) メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UKBK

メカニカル方式のテンキーレスゲーミングキーボードです。5000万回の高耐久スイッチキーを採用しており、激しいキー入力にも耐える設計。「全キーロールオーバー機能」を搭載しているので、キー入力を正確に反映します。

ゲームプレイに多用する「W」「A」「S」「D」キーなど、8つのゲーミングキーキャップが付属。表面に凹凸があり、操作性の向上が期待できます。また、Windowsキーとメニューキーの操作を無効化するゲーミングモードを搭載しているのもポイント。市販のパソコンに多い日本語配列が採用されており、使いやすい製品です。

レイザー(Razer) BlackWidow Lite RZ03-02640100-R3M1

シンプルでスタイリッシュなデザインが人気のテンキーレスゲーミングキーボードです。キースイッチには高い精度と応答性を誇る「RAZER メカニカルスイッチ」を採用。静音性に優れたオレンジメカニカルキーを使用しているだけでなく、タイピング音を抑える「O-リング」も付属しています。

全てのキーに「トゥルーホワイト LED バックライト機能」が搭載されており、暗い場所でも快適にゲームプレイが可能。「10キーロールオーバー機能」や「アンチゴースト機能」にも対応しています。長期間愛用できるおすすめのテンキーレスゲーミングキーボードです。

レイザー(Razer) Huntsman Tournament Edition RZ03-03080100-R3M1

応答性に優れたキースイッチを採用した、テンキーレスゲーミングキーボードです。金属接点を介して作動するメカニカル方式とは異なり、スイッチシステムを光が通りぬけて作動する「Razer リニアオプティカルスイッチ」を採用。最高1億キーストロークの耐久性がテストで実証されています。

キーキャップには、堅牢性の高い熱可塑性の樹脂素材「PBT」を使用。ダブルショット射出成形によって刻印されているので、文字が摩耗しにくいのも魅力です。

キーボード本体にはオンボードメモリを搭載しており、最大5つのプロファイル構成を保存可能。接続には取り外しできるUSB Type-Cケーブルを採用しており、携帯性に優れているのもおすすめポイントです。

東プレ(Topre) REALFORCE キーボード R2TLA-JP4G-BK

キースイッチのON位置を調節できる、テンキーレスゲーミングキーボードです。東プレ独自の「APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能」により、1.5・2.2・3mmの3段階でキーストロークの深さを変更可能。

静電容量無接点方式を採用しているので、ゲームプレイ時に指先にかかる負担を軽減できます。キースイッチ自体の耐久性が高いだけでなく、2色成型のキーキャップにより、文字が摩耗しにくい点も魅力です。

「Nキーロールオーバー機能」にも対応しているので、正確で素早いキー入力が可能。独自の軽い押し心地を体験したい方におすすめの製品です。

コルセア(CORSAIR) ゲーミングキーボード CH-9110014-JP

高級感あるデザインが特徴的なテンキーレスゲーミングキーボードです。ボディには、つや消しのアルミニウム素材を採用。耐久性に優れている点もメリットです。また、キースイッチには「CHERRY MX SPEED」を使用しており、高い応答性能を有しています。

キーボード背面にはUSBパススルーポートを備えており、マウスやヘッドセットを接続可能。ボリュームキーも搭載されているので、ゲームサウンドの大きさを簡単に調節できます。ゲームプレイに多用するキーについては、テクスチャード加工が施された「FPS/MOBA キーキャップセット」が付属。脱着式のパームレストが付属している点もおすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) APEX PRO TKL 64737

キーごとに感度がカスタマイズできる、テンキーレスゲーミングキーボードです。応答性だけでなく、耐久性にも優れた「OmniPointメカニカルスイッチ」を採用。プレイするゲームジャンルにあわせて、キーの反応する深さを0.4~3.6mmの間で調節できます。

キーボードの右上に有機ELスマートディスプレイを備えており、プロファイルや設定、アップデートに関する情報などが表示できるのもポイント。ボディには、航空機グレードのアルミニウム合金が使用されており、激しいキー入力をしっかりとサポートします。

フィルコ(FILCO) キーボード FKBN91MPS/JMW2

静音性に優れたテンキーレスゲーミングキーボードです。クリック感が軽くタイピング音の静かな「Cherry MX SILENTスイッチ」を採用。周囲や時間帯を気にせずゲームを楽しみたい方におすすめです。

「Nキーロールオーバー機能」にも対応しているので、複数のキーを同時に押した場合でも正確に入力が行われます。また、2色成型のキーキャップを採用しており、キー文字が摩耗しにくい点も魅力です。

キングストン(Kingston) HyperX キーボード HX-KB7RDX-JP

コンパクトながら頑丈なテンキーレスゲーミングキーボードです。フルアルミ仕様のボディにより、高い耐久性と安定性を実現。キーボードの脚は3段階で調節できるので、好みの角度でタイピングできます。

接続用のUSB Type-Cは脱着可能。持ち運ぶ際に簡単に取り外せる点もメリットです。キースイッチには正確性と応答性に優れた「カスタムHyperXメカニカルスイッチ」を採用。「HyperX NGENUITY」ソフトウェアを使用することで、ライティングカスタマイズやマクロ作成も簡単に行えます。