「ゲーミングヘッドセット」はゲーム世界への没入感をサポートする重要なアイテムです。なかでも7.1chサラウンド機能付きのヘッドセットなら、発砲音や爆発音、敵の足音などがよりリアルに感じられます。

FPSなどコンマ1秒の音ずれが勝敗を左右するゲームでは、ヘッドセットの性能が重要。今回はゲーミングデバイスメーカーとして有名なRazerのなかから、プロゲーマーも認めるおすすめのゲーミングヘッドセットをご紹介します。

レイザー(Razer)とは?

By: razer.com

Razerは世界的に有名なゲーミングデバイスメーカーです。1998年にKärna LLCのブランドのひとつとして誕生し、1年後には高解像度のゲーミングマウス「Boomslang」を発売して大ヒットしました。

2005年にRazerとして独立。長年人気を誇るマウスやキーボードなどを中心に、ノートPCやスマートフォンなどシステム製品も取り扱っています。

その技術力は世界で認められており、世界最大規模の電子機器見本市CESでは7年連続で最優秀CES賞を受賞。中華圏を中心として主にアジア地域で人気を博しています。

Razerのヘッドセットの選び方

接続方法で選ぶ

有線接続

By: razer.com

有線接続にはUSB接続とアナログ接続があり、PCやPS4で使用するならUSB接続のヘッドセットがおすすめです。電波の影響を受けにくいので接続が安定しており、クリアな音でゲームを楽しめます。

また、有線接続の方が音ずれも少ないので、FPSなど一瞬のラグが命取りになるゲームでもストレスフリーで使用可能。ただし、USB接続はPCやPS4などUSBポートのあるモノでの使用に限られます。

iPhoneなどUSBポートのない端末で使用したい方には、ミニプラグで接続できるアナログ接続のヘッドセットを検討してみてください。汎用性の高いアナログ接続のヘッドセットなら、ゲームだけでなく通話でも使用できます。

価格もアナログ接続のヘッドセットの方がリーズナブルなので、とりあえず試してみたい方にもおすすめです。ただし、有線接続の場合、コードが邪魔になることがあるので購入前に長さをチェックしておきましょう。

無線接続

By: razer.com

無線接続のヘッドセットは、ケーブルを気にせず使用できるのが大きなメリット。2.4GHzの無線接続やBluetooth接続のヘッドセットが主流です。

一般的な無線接続は、有線接続と比べてほかの電波の影響を受けやすく、映像と音のずれが発生しやすいので、FPSなどコンマ1秒の遅れでも勝敗が分かれるゲームには向いていません。

FPSなどで無線接続のヘッドセットを使用したい場合は、遅延のほとんどないデジタル伝送方式のモノを選びましょう。比較的販売数が少なく高額になりがちなのが難点ですが、Razerでは遅延の少ない無線接続のヘッドセットを複数取り扱っています。

また、Bluetooth接続のヘッドセットより2.4GHzのモノの方が比較的音質がよく、遅延しにくい傾向にあります。Bluetooth接続のモノを使いたい方は、安定しやすいBluetooth 4.1以上の規格を選びましょう。

使用環境で選ぶ

PCで使う

By: razer.com

PCへの接続方法はUSB接続からアナログ接続、ワイヤレス接続まで可能で、ほとんどのヘッドセットが接続できます。ただ、なかにはPCに対応していないヘッドセットもあるので、自身のPCに対応しているか購入前に要チェックです。

また、購入前はPCのUSBポートの数や、ケーブルの長さを確認しておくことも大切。特にPC周りにファンなどを設置している場合は、遮音性やノイズカット機能にも注目しましょう。密閉型のヘッドセットや単一指向性のマイク付きヘッドセットがおすすめです。

PS4で使う

By: razer.com

PS4はUSB接続とアナログ接続の両方に対応しています。USBポートを使った無線接続もできますが、遅延が心配な方には有線接続がおすすめです。アナログ接続ならヘッドセットをコントローラーに直接接続して使えるので、ケーブルの長さを気にせず使えます。

また、音質重視の方はサラウンド機能に対応しているかチェックしておきましょう。PCではサラウンド機能に対応しているヘッドセットでも、PS4の場合に限りアナログになるヘッドセットもあります。

バーチャルサラウンド対応の有無で選ぶ

By: razer.com

臨場感を楽しみたい方は、バーチャルサラウンドに対応しているモデルがおすすめです。サラウンドとは、前後左右に立体的なサウンドが再生される技術のことで、コンサートホールにいるかのような感覚を味わえるのが特徴。

また、バーチャルサラウンドは、ゲーム用途にも最適です。自分の後ろで爆発音が聞こえたり、環境音を全方向で感じとれたりと、ゲーム世界への没入感をより一層高められるため、ぜひチェックしてみてください。

Razerヘッドセットおすすめモデル

レイザー(Razer) Kraken Black ゲーミングヘッドセット RZ04-02830100-R3M1

プロゲーマーからの評価も高い50mmの大型オーディオドライバーを採用したヘッドセットです。背後から忍び寄る敵の足音や爆発音の位置などがわかりやすく、迫力感のあるサウンドも楽しめます。また、単一指向性のマイクを備えており、ゲーム内での円滑なコミュニケーションを行えるのが魅力です。

イヤークッションも本製品の特徴。冷却ジェルが注入されているため、長時間のゲームプレイも快適に装着できます。さらに、厚みのあるヘッドバンドのパッドによって、頭部全体への圧迫感を抑えられるモデルです。

レイザー(Razer) Kraken Ultimate 7.1 ゲーミングヘッドセット Chroma RZ04-03180100-R3M1

立体音響テクノロジーを備えたヘッドセットです。 7.1chサラウンドを超える正確な空間オーディオ情報によって、ゲームの世界にいるかのような臨場感を楽しめます。また、50mmの大型オーディオドライバーを採用しており、かすかな足音や銃声を判別することでFPSゲームなどを有利に進められるのがポイント。

1680万色に対応したライティングエフェクトも魅力です。 専用ソフト「Razer Chroma」を使用することで、ヘッドセットのイヤーカップを自由にライトアップできます。さらに、周囲のノイズを遮断するアクティブノイズキャンセリングマイクを搭載しており、ボイスチャットで相手にクリアな声を届けられるモデルです。

レイザー(Razer) Kraken Pro V2 ゲーミングヘッドセット RZ04-02050200-R3M1

着け心地を重視する方におすすめのヘッドセットです。冷却ジェル注入型のイヤークッションを備えており、長時間の装着による不快感を軽減できます。また、メガネを着けていながらでも圧迫感がなく、ゲームに集中しやすいのが魅力です。

単一指向性のマイクも本製品のポイント。FPSやMMOといったチームプレイが必要なコンテンツにおいて、相手との音声通話を快適に行えます。3.5mmステレオミニプラグを採用しており、パソコンやPS4、Xbox oneなどさまざまなデバイスに接続できるモデルです。

レイザー(Razer) Kraken for Console ゲーミング ヘッドセット RZ04-02830500-R3M1

PS4やNintendo Switch向けを想定したゲーミングヘッドセット。接続端子は、PS4のコントローラーや、Nintendo Switchに接続できる3.5mmプラグのモデルです。
楕円形構造を採用しており、耳全体に心地よくフィットします。また、冷却ジェルを注入したイヤークッションによって、本体内部での蓄熱を抑え、長時間装着していても蒸れにくいのが特徴です。

カスタムチューニングされた50mmの大型オーディオドライバーも搭載。基本的には、PCのプロゲーマーにも愛用される「Kraken」の特徴を踏まえたうえで、コンソール機向けにアレンジされています。コンソール機向けのゲームで、周りと差をつけたい方におすすめのモデルです。

レイザー(Razer) BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1

ゲーム世界への没入感を高められるヘッドセットです。耳全体を完全に覆う密閉型のイヤーカップによって、外部からのノイズを抑えられます。また、高音や中音、低音の音域に合わせて再生するチタンコート50mmの大型オーディオドライバーも魅力的なポイント。

通気性に優れたイヤークッションも特徴です。汗や肌の接触による熱の蓄積を抑え、夏場でも快適に装着できます。さらに、取り外し可能なマイクにはUSBサウンドカードを搭載しており、専用ソフトウェアを使用することでクリアな音声を相手に届けられるモデルです。

レイザー(Razer) Tiamat 2.2 V2 ゲーミングヘッドセット RZ04-02080100-R3M1

重低音のサウンドを楽しめるヘッドセットです。サブウーファー専用ドライバーを2つ搭載しており、ゲーム内の爆発音や銃声など、パンチの効いた重低音を味わえます。また、7.1chバーチャルサラウンドエンジンは、PCでのゲームへの没入感を高めてくれるのが魅力。

インラインリモコンも本製品の特徴です。音量の調節やマイクのミュート設定を手元で切り替えられるため、パソコンの音声コントロールでの操作を行う必要がありません。レザーレット製のイヤークッションを採用しており、快適な着け心地を実現しているモデルです。

レイザー(Razer) Tetra 片耳 ヘッドセット RZ04-02920100-R3M1

片耳用のヘッドセットです。外部の音声を聞きながら、Web会議などの通話を行えます。また、調節可能なヘッドバンドスライダーによって、頭全体にフィットするフレキシブルさが魅力です。

単一指向性のマイクもポイント。周囲の環境音を遮断することで、相手にクリアな音声を相手に届けられます。さらに、ミュート機能付きのコントローラーを搭載しており、一時的な離席などの場面に便利です。

レイザー(Razer) ManO’War RZ04-01490100-R3A1

1680万色による光の演出が可能なヘッドセットです。専用ソフトウェア「Razer Synapse」を使用することで、ゲームコンテンツに合わせて自由にカスタマイズできます。また、1度の充電で最大14時間の連続使用に対応しており、長時間のゲームプレイ中でもバッテリー切れの心配が少なくなるのが嬉しいポイント。

2.4GHzによるワイヤレス接続が可能。音声遅延が軽減されており、ちょっとした映像とのズレがゲーム展開に影響するFPSなどにも使えます。さらに、PCゲームでは、7.1chバーチャルサラウンドに対応した50mmの大型ドライバーを搭載。戦闘シーンなどの臨場感を楽しめます。

レイザー(Razer) Thresher 7.1 RZ04-02230100-R3M1

2.4GHzのワイヤレス接続に対応したヘッドセットです。音声遅延が少ないため、コンマ数秒の遅延が命取りになるFPSゲーマーにもおすすめ。また、フル充電の状態から最大16時間の連続使用に対応しているのも魅力です。

PS4でDolby7.1chバーチャルサラウンドに対応しているのもポイント。敵の足音や爆発音など音が発生している方向を立体的に判別できます。さらに、低反発スポンジとレザーレット製のイヤークッションを採用し、長時間のゲームプレイでも圧迫感を抑えられるモデルです。

レイザー(Razer) Opus – Midnight Blue ノイズキャンセリング搭載 ワイヤレスヘッドホン RZ04-02490100-R3M1

ノイズキャンセリング機能が魅力のヘッドセットです。 ハイブリッド型アクティブノイズキャンセリングを採用し、ヘッドホン内部と外部の2つのマイクでノイズキャンセリングを行います。周囲の音がボリュームアップされる「クイックアテンションモード」を搭載しており、外出時に装着をしていても安心。

バッテリー性能も魅力的なポイント。フル充電の状態から、最大25時間の連続再生に対応しています。256gの軽量設計に加え、ソフトなレザーレット製のクッションを採用しており、外出時や長時間の移動をする際にも便利なモデルです。