より高音質で音楽を聴きたい方におすすめなのが「高級ヘッドホン」です。高級ヘッドホンはプロ向けに開発されたモノが多く、解像度が高いため、よりリアルな音を感じられます。しかし、機能もさまざまなうえ、高価なため、購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高級ヘッドホンをご紹介。ヘッドホンの種類や選び方もご紹介しているので、初めて高級ヘッドホンを選ぶ方も参考にしてみてください。

高級ヘッドホンの魅力

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンの魅力は解像度の高さです。解像度が高いと、ボーカルの息遣いや空間の響きなど細かな部分まで再生でき、より臨場感や没入感を味わえます。ライブ音源やコンサートホールの演奏会音源などを、生音のように楽しみたい方におすすめです。

また、高級ヘッドホンはプロ向けに作られていることが多く、ハイスペックです。高価なモノほど、楽器の音が個別に聴き分けられるほど、幅広いレンジを高音質で再生できます。

さらに、高級ヘッドホンは利便性や装着感にもこだわって作られています。イヤーパッドの構造に工夫を凝らしているので、長時間のリスニングも快適。高価ですが、価格に見合った素材や機能を備えています。

ヘッドホンの種類

開放型

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンとは、ハウジング部分にメッシュ素材などを使っているヘッドホンです。ドライバーユニットから発せられた音が外に漏れる設計で、音がハウジング内にこもりません。

密閉型と比べて音の抜けがよく、音場も広いのが魅力。高音もよく伸びるため、ボーカルメインの曲やクラシック、オペラなどの楽曲にもおすすめです。さらに、ハウジングが比較的軽く、首や肩への負担を減らせます。長時間のリスニングにも適しています。

ただ、開放型ヘッドホンの場合は密閉性の低さが難点。音漏れがしやすく外部のノイズも聞こえるため、電車内や街中など屋外での使用には向きません。また、比較的大きなモデルが多く、持ち運びには不向き。静かな空間で音楽を楽しみたい方におすすめです。

密閉型

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンとは、ドライバーユニットをハウジング部分で密閉しているヘッドホンです。ハウジング部分には樹脂や木材を使っており、外部に音がほとんど漏れません。

遮音性が高いため、街中など騒音の大きな場所で使用する方におすすめ。また、密閉型ヘッドホンにはノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルもあり、静かな空間を作り出したいときにも役立ちます。

低音を逃しにくい構造なので、EDMやロックなどで、ビートをしっかり感じられます。重低音の効いた曲を楽しみたい方にもおすすめです。

高級ヘッドホンの選び方

音の特徴をチェック

By: amazon.co.jp

同じように見える高級ヘッドホンでも、それぞれ音の特徴が異なるので、好みによって選びましょう。例えば、モニターライクな音が好みの方には、フラットな音質が得意なヘッドホンがおすすめ。解像度の高いモノなら、繊細な楽器表現も楽しめます。

一方、EDMやダンスミュージックなど、ビートが感じられる音楽が好きな方には、低音に比重をおいた音質のヘッドホンがおすすめです。密閉型でもクリアな高音再生に対応したモノなら、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。

また、同じ低音重視のモデルでもドライバーの大きさやハウジングの構造によって音の特徴が異なります。豊かな響きを重視したモノやタイトな音作りのモノなど、さまざまなので、自分好みのモデルを見つけましょう。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、高解像度を意味する「ハイレゾリューション」の略です。具体的には、高域再生性能が40000Hz以上のモノを指します。

「Hz」で表される再生周波数帯域とは、ヘッドホンが再生できる音下限から上限までを示した数値です。数値が大きなモノほど、広いレンジの音を再生でき、従来のCDでは再生できなかった繊細な音の表現まで再生できます。

ハイレゾ音源を再生するためには、オーディオ機器もハイレゾ対応している必要があるので、ハイレゾ音源を持っている方や高音質で聴きたい方は、ハイレゾ対応の高級ヘッドホンを選びましょう。

40000Hz以上あるハイレゾ対応の高級ヘッドホンでは、ハイレゾ音源の高解像度を保ったまま再生可能。ボーカルの息遣いやその場の空気感まで生音のように楽しめます。

インピーダンスをチェック

By: amazon.co.jp

インピーダンスとは、ヘッドホンケーブルの電流の流れやすさを表す数値で、「Ω」記号で表されます。高いほど電流が流れにくく、低いほど電流が流れやすいことを示しており、音質にも影響する数値です。

インピーダンスが高い高級ヘッドホンは、ノイズが少なくなり、クリアな音質で楽しめます。ただ、音量が小さくなるのが難点。高音質のまま大音量で再生したい場合は、アンプをつなげる必要があります。

一方、インピーダンスが低い高級ヘッドホンは音量が大きくなるのが特徴。大音量で聴きたい方におすすめです。ただ、ノイズが入りやすく音が歪みやすいので、繊細な音楽を聴くのには向いていません。

高級ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、ウォークマンでも有名な日本の大手電機メーカーです。やや低音寄りのフラットなサウンドが特徴。高音質なモデルは多くのスタジオで採用されています。

また、ソニーは数千円台のエントリーモデルから、10万円以上の高級ヘッドホンまで幅広くラインナップ。幅広い層から人気があります。ハイレゾ対応やノイズキャンセリング機能を搭載したモデルもあり、機能性の高さにも注目のメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーです。1968年に世界で初めてオープンイヤーヘッドホンを開発したことでも有名。古くに創設したメーカーですが、今でも世界中で根強い人気を誇ります。

また、幅広い価格帯のヘッドホンを取り扱っていますが、 なかでもハイエンドモデルの高級ヘッドホンが人気です。特に澄んでよく伸びる高音が特徴。中音域や低音域とのバランスもよく、さまざまなジャンルの音楽を高音質で再生できます。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic)

By: amazon.co.jp

1924年にドイツで設立したオーディオブランドです。世界で初めてダイナミック型ヘッドホンを開発したことで有名。解像度の高いモニターヘッドホンに人気があり、世界中のスタジオで採用されています。

また、モニターライクなモデルのなかでも低音を豊かに響かせるのが特徴。男性ボーカルの曲やチェロなど低音楽器の豊かな響きを感じたい方にもおすすめです。定位感に優れたモデルは方向を正確に把握できるため、FPSゲーマーなどからも人気があります。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|開放型

第1位 オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

オーディオテクニカ独自の「コアマウントテクノロジー」を採用した高級ヘッドホンです。耳からハウジングまでの中間部分にボイスコイルを配置。自然な音場を再生可能にしています。抜けもよく、ライブ音源などの臨場感が高まります。

また、大口径58mmドライバーを搭載しているのも特徴。ドライバーとバッフルを一体型にすることで、不要な音の歪みを抑えています。幅広いレンジをクリアに再生する、モニターライクな音質です。

さらに、アルミニウムベースのハウジングに、日本製のハニカムパンチングハウジングを採用。ドライバーの駆動力を最大に引き出しています。

イヤーパッドとヘッドバンド部分には、耐久性と通気性に優れたイタリア製のアルカンターラを採用。本体重量も270gと軽量で、長時間のリスニングも快適です。

第2位 シュア(SHURE) Professional Open Back Headphones SRH1840

シュア(SHURE) Professional Open Back Headphones SRH1840

プロ向けに製作された高級ヘッドホンです。なめらかに伸びる高音域とクリアで芯のある低音域が特徴。音の広がりも自然でリアリティが感じられます。ドライバーフレームに通気孔をつけることで内部共振を抑制。どの音量でも安定したパフォーマンスを発揮します。

また、耐久性が高く軽量なのも魅力です。ベロア素材のイヤーパッドが耳に吸い付くようにフィット。ヘッドバンドはプレミアムパッドを入れたエルゴノミクスデザインで、長時間のリスニングも快適です。

プラグには金メッキMMCXコネクターを採用しており、リケーブルにも対応しています。音質を追求したい方にもおすすめ。交換用ケーブルや保管ケースも付属しているので長期保管もしやすく、長く愛用できます。

第3位 アーカーゲー(AKG) Superior reference headphones K812

アーカーゲー(AKG) Superior reference headphones K812

フラッグシップモデルの高級ヘッドホンです。透明感のあるモニタリング向けのチューニングで、定位感にも優れています。銅被膜アルミニウムを使用した2層構造のボイスコイルを採用しており、軽量で、再生帯域も5〜54000Hzと広いのが特徴です。

また、大口径53mmドライバーを搭載しており、ダイナミックレンジですが、繊細な音の表現も再生できます。インピーダンスは36Ωと低く、ポータブル機器との接続時にも高音質再生が可能です。

イヤーパッドは、耳をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプ。耳の裏への設置面積を増やし、圧迫感を抑えています。素材には、吸湿性と保湿性に優れたプロテインレザーを採用しており、長時間の使用も快適です。

第4位 ハイファイマン(HIFIMAN) ヘッドフォン SUSVARA

ハイファイマン(HIFIMAN) ヘッドフォン SUSVARA

平面ドライバーに、ハイファイマンの特許技術「ステルスマグネット」を採用している高級ヘッドホンです。ほとんど全ての音が磁石を通ってから耳に届くため、音の劣化が発生しません。歪みが少なく、よりピュアなサウンドで再生可能です。

また、周波数応答は6〜75000Hzと、幅広いレンジで高音質再生が可能。インピーダンス60Ω、感度84dBなので、大音量で楽しみたい方にもおすすめです。ダイアフラムには、ナノメートルグレードの薄いモノを使用しており、レスポンスも優れています。

独特のハウジングデザインも魅力。機能性も良好で、余計な反響音を抑制します。人間工学に基づいた設計で、長時間のリスニングも快適なモデルです。

第5位 グラド(GRADO) GS3000e-balanced

 グラド(GRADO) GS3000e-balanced

木製ハウジングを使用した高級ヘッドホンです。天然無垢材のココボロ材を使用。大胆なデザインで、部屋のインテリアとしても楽しめます。重そうな見た目に反して、本体重量は約300gと軽量なので、長時間のリスニングも快適です。

内部には50mm口径のシグネチャーダイナミックドライバーを採用。周波数特性は4〜51000Hzと幅広くリッチなサウンドで、楽器の繊細な表現も楽しめます。

また、インピーダンスが32Ωと低く、音量を出しやすいのも特徴。音楽制作の際にも用いられるグラドのハイエンドモデルです。XLR4pinバランスプラグを採用しており、よりクリアなサウンドが味わえます。

第6位 グラド(GRADO) The White Headphone

グラド(GRADO) The White Headphone

ホワイトニカラーリングしたブラッターとアウターエンクロージャーが特徴的な高級ヘッドホンです。大胆なデザインで個性を出したい方におすすめ。ヘッドバンドには白いステッチをあしらい、細部までこだわっています。

また、複雑な削り出し加工を用いることで高音質再生が可能。ハウジング部分にはメープル材を使用し、さらに小さな通気孔を開けることで、深みと奥行きが感じられるサウンドに仕上がっています。

周波数特性は、14〜28000Hzとレンジが広く、音の階調もスムーズです。豊かな響きもあり、ホール会場で聴いているような感覚が味わえます。解像度が高く、楽器の音を聴き分けたい方にもおすすめのモデルです。

特に中低音域の抜けがよく、響きを十分に味わえます。ややタイトなチューニングですが、聴き疲れしにくい絶妙なバランスが魅力。長時間のリスニングにもおすすめです。

第7位 フォステクス(FOSTEX) プレミアム・ヘッドホン TH909

フォステクス(FOSTEX) プレミアム・ヘッドホン TH909

高級材の水目桜を使ったハウジングが特徴的な高級ヘッドホンです。漆塗りのボルドーでカラーリングし、色銀箔をちぎり絵のように貼り込んでいます。日本の伝統工芸を生かした高級感のある大胆なデザインです。

内部には、フォステクス独自開発の「バイオダイナ振動板」を搭載。解像度が高く繊細な音の表現まで再生できます。周波数帯域も、5〜45000Hzとワイドレンジです。

また、ハウジング開口部には2重構造のアルミニウム製エッチングパーツを採用。各パーツを微調整することで、聴き疲れしにくい自然な音の広がりを楽しめます。

さらに、イヤーパッドには、低反発性クッションを採用。耳の後方まで覆うオーバーイヤータイプで、フィット感に優れ、長時間快適に使用できます。

第8位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) DT 1990 PRO

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) DT 1990 PRO

スタジオでの導入実績も高い、プロ向けの高級ヘッドホンです。インピーダンスが250Ωと高く、ノイズを抑制。透明感のあるサウンドが特徴です。

また、45mmテスラ2.0ドライバーを搭載しているのも魅力。「テスラテクノロジー」は、1テスラを超える強力な磁束密度を生み出すベイヤーダイナミックの独自技術です。ダイナミックレンジで歪みを低減したクリアなサウンドが味わえます。

さらに、設計ロック可能なミニXLR端子を採用しており、簡単なケーブル交換が可能。ケーブル断線時にもすぐに交換できます。ヘッドバンドにはスプリングスティールを採用しており、長時間の装着も快適です。

イヤークッションが2種類付属し、好みに合わせて選べるのも特徴。低音域再生に向いている「バランスド」タイプと、フラットなサウンドで再生できる「アナリティカル」タイプから選べます。

第9位 ハイファイマン(HIFIMAN) ヘッドフォン HIFIMAN Jade II

ハイファイマン(HIFIMAN) ヘッドフォン HIFIMAN Jade II

ハイファイマンのなかでも高い人気を誇るJadeの後継機となる高級ヘッドホンです。発生させた静電気を使って振動膜を動かし音を発する「静電型」。ピュアで透き通ったサウンドが特徴です。

なかでも本製品は、7〜90000Hzの高音域まで再生可能。幅広いレンジで高音質なサウンドを楽しめます。自然な広がりも感じられ、長時間のリスニングにもおすすめです。

また、光沢のあるグリーンとパープルのドライバーも特徴。角度によってカラーが変化するモダンでスタイリッシュなデザインは、インテリアとしても映えます。

多機能ですが本体重量は比較的軽量。首や肩への負担を抑えて使用できます。なお、アンプの重量は11kgでサイズもやや大きいため、オーディオルームなど、設置スペースを確保しておくのがおすすめです。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|密閉型

第1位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

120000Hzの超高音域まで再生できる、大口径70mmHDドライバーユニットを搭載した高級ヘッドホンです。音の移動もスムーズで、クリアなサウンドを楽しめます。密閉型ですが自然な響きがあり、臨場感や没入感を味わいたい方にもおすすめです。

また、レゾナンスフリーハウジングで、微細な音も逃さず再生可能。密閉型ヘッドホン特有の共鳴を低減しており、ハイレゾ音源ならではの繊細な音も再生できます。

装着感にも注目して設計されているので、長時間快適に使用できるのも特徴です。着け心地のよいヘッドバンドカバーや、人間工学に基づいた立体縫製イヤーパッドを採用。装着感が安定しています。

着脱式ケーブルで、バランス接続にも対応。ケーブルの収納も可能な専用ハードケースも付属し、長期間大切に使用可能です。

第2位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-W1000Z

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-W1000Z

世界3大銘木として数えられる、天然チーク材を使用したウッドハウジングです。全ての製品が唯一の木目を持っており、高級感があります。

再生周波数帯域は5~42000Hzあり、ハイレゾにも対応。大型53mmドライバーを搭載しているため、低音も伸びやかに聴こえます。密閉型にも関わらず広い音場を感じられるのが特徴です。

また、マグネシウム合金一体のバッフルとフレームで不要な共振を抑え、ウッド本来の響きを引き出しているのも特徴。オーディオテクニカ独自の「3D方式ウイングサポート」を採用し、長時間のリスニングも快適です。

コードは、4芯の左右独立アース線を採用。絡みにくい高弾性エラストマーシースや、OFC6N+OFC導体を採用するなど、よりノイズの少ない音が伝えられるよう、コードの素材にまでこだわった製品です。

第3位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

大口径70mm振動板を搭載している高級ヘッドホンです。生音のような自然な響きが感じられるのが特徴。さらに、振動板のドームを大型化し形状を最適化することで、中低音域をクリアに表現できます。

ハイレゾ音源にも対応しており、再生周波数帯域は4〜100000Hz。「フィボナッチパターングリル」を採用することで、より原音に近い音質で再生可能です。加えて大型のネオジウムマグネットを搭載し、より高い解像度で再生できます。

また、「ビートレスポンスコントロール」を採用しているため、重低音のリズムを正確に再生可能です。本体は人間工学に基づいて設計されているので、遮音性が高く装着感も快適。低音をしっかりと感じ取れます。

さらに、リケーブルに対応しており、音質によりこだわりたい方にもおすすめです。4.4mmバランス標準プラグを採用。パワフルで音の抜けもよく、さまざまなジャンルの曲にマッチします。

第4位 ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドフォン HD 820

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ヘッドフォン HD 820

ハウジングにガラスカバーを使用したモダンテイストなデザインが魅力的な高級ヘッドホンです。ガラスカバーにはデザイン性を上げる役割だけでなく、反響音を抑制し透明感のあるサウンドを作り出す役割もあります。

密閉型ヘッドホンですが、澄んだ音で再生できるのが特徴。歪みが少なくクリアなサウンドで、自然な広がりも感じられます。しかし、密閉型ならではのパワフルさもあり、広いレンジで心地よく聴けるモデルです。

また、メタルヘッドバンドには耐久性の高い素材を使用しており、イヤーパッドにはマイクロファイバーをクッション材として使用。遮音性を高め、装着感も良好です。

さらに、バランス出力に対応したPentaconnコネクターを採用。歪みを抑え、よりクリアな音質で楽しめます。ただ、インピーダンスが300Ωと高いため、大音量で楽しみたい方は、アンプを使用するのがおすすめです。

第5位 デノン(DENON) AH-D9200

デノン(DENON) AH-D9200

ハウジングに、軽量で丈夫な竹素材を使用している高級ヘッドホンです。高知県で生産した孟宗竹を使っており、伐採から塗装まで、全ての工程を熟練の職人が手がけています。竹は手触りのよさと意匠性の高さから高級車のハンドルや内装に採用されることもある素材です。振動吸収性も優れており、機能面でも活躍します。

また、内部には50mmナノファイバー・フリーエッジ・ドライバーを内蔵。歪みが抑えられ、量感豊かな低音を再生できるのが魅力です。音のこもりが抑えられており、適度なキレもあるので、余韻も爽やかに聴こえます。

さらに、イヤーパッドには独自開発した人工皮革を使用。適切な側圧で視聴できるよう形状記憶フォームを採用しており、着け心地も快適です。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-W5000

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-W5000

ハウジングに音響特性に優れた黒檀材を採用している高級ヘッドホン。黒檀材は、硬く重いため加工が難しいですが、高級な楽器などにも使用される木材です。

密閉型ヘッドホン特有の不要な反響を抑え、より透明感のある音を再生できます。黒檀材ならではの木目も美しく、デザイン性も良好です。また、ハウジングを2重構造にしているため、特に低音の伸びがよく、ジャズやクラシックなどではチューバやチェロの余韻まで十分に楽しめます。

手触りのよいイヤーパッドも魅力。スペイン産ラムスキンを採用しており、タフさも兼ね備えています。独自設計で圧迫感が抑えられ安定感があり、長時間のリスニングにもおすすめです。

第7位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWKT

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWKT

ハウジングに天然木の黒檀を採用した高級ヘッドホンです。黒檀は、硬質で密度の高いため、不要な共振を抑えられるのが特徴。日本国内の工場で、職人が手作業で1つずつ組み立てています。また、黒檀は木目の美しさも魅力。縞模様は樹齢約200年を超えると表れる、貴重な木材の証です。管楽器やピアノなど、楽器にも使われています。

内部の音響室内は2室に分かれており、空気のバネを最大限に活用できる設計。密閉型特有のこもりもなく、伸びやかな低音を再生できます。

大口径53mmドライバーに、パーメンジュール磁気回路を採用。振動板の動きを最適化し、よりクリアな音場を楽しめるのも魅力です。

第8位 バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay H9 3rd gen

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay H9 3rd gen

ノイズキャンセリング機能を搭載した高級ヘッドホンです。最大25時間の連続再生が可能。バッテリーが長持ちなので、通勤通学などで持ち運ぶ方にもおすすめです。

また、周囲の音を取り込める「Transparencyモード」も搭載。街中での使用中も、電車のアナウンスなど、必要に応じて周囲の音を聞けます。

さらに、高音質コーデックaptX LLに対応しているため、低遅延でワイヤレスでも快適に楽しむことが可能です。専用アプリを使えば、自分好みのチューニングにイコライザもできます。

イヤーパッドには柔らかく耳を包むラムスキンを採用。通気性もよく、心地よい着け心地です。形状記憶フォームが耳にフィットするため、遮音性も良好。高級感のあるデザインは、ファッションアイテムとしても活躍します。

第9位 オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWAS

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWAS

ハウジングにアサダ桜を使用している高級ヘッドホンです。大胆なレッドのカラーリングと上品な木目のコンビネーションが個性的なデザイン。アサダ桜は音響特性も優れており、明確な中高音域と豊かな低音域を味わえます。

ケーブルは着脱式で、バランスケーブルの接続も可能。コネクター部分には耐久性に優れたA2DCを使用しており、音切れやノイズを低減して、より高音質に再生できます。

また、イヤーパッドとヘッドバンドには、なめらかな手触りの人工皮革を採用。さらに、軽量でタフなマグネシウム合金を使うことで、長時間快適に装着できます。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

ハウジングにフレイムメイプルを使用している高級ヘッドホンです。メイプル材はギターやバイオリンなどの弦楽器にも使われる素材で、炎が揺らぐような美しい木目が特徴。硬く音の立ち上がりに優れ、透明感のあるサウンドが楽しめます。

また、オーディオテクニカらしい伸びのよい中高音域も魅力。中高音域を支える低音域にも深みがあり、さまざまなジャンルの曲を心地よく聴けます。

さらに、着脱可能な高音質A2DCコネクターを搭載。バランス接続にも対応しています。スイーベル方式でコンパクトに収納できるため、高音質でおしゃれな高級ヘッドホンを持ち歩きたい方にもおすすめです。