今やヘッドホンでの音楽鑑賞はオーディオの主流になっています。ヘッドホンの性能や音質が上がったことはもちろん、スマホやポータブルプレーヤーなどの携帯再生機との組み合わせが増えたことも要因です。

細かい音が聴き取りやすいヘッドホンは、CDを上回る音質の「ハイレゾ音源」との相性もバッチリ。ヘッドホン業界の拡大とともに、これまで以上に高音質な高級ヘッドホンも増加しています。そこで今回は、人気の高級ヘッドホンを比較しつつ、ランキング形式でご紹介。あわせて選び方のポイントについても解説します。

高級ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンとは、価格の高さもさることながら、音質にもモノとしての品位にもこだわった優れたヘッドホンのことです。

それぞれのメーカーが自社の最高級品として妥協なく開発するモデルでは、コストや販売価格の制約を取り払った結果、驚くほど高価なモノもあります。高音質のための独自技術がアピールポイントになることも多く、実際に高音質なモデルばかりです。

高級ヘッドホンと普通のヘッドホンの違い

音質面の違い

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンと通常モデルの大きな違いは、何と言ってもその音質のよさ。数万円程度までの普通のヘッドホンでは、コスト・技術面の限界により、音質面の要素がどうしても不足しがちです。再生音域の広さ、音の情報量、楽器や声のリアルな質感、表現力など、高級ヘッドホンの音質はさまざまな面において優れています。

つまり、よりリアルで音楽に没頭できる音質の高さを備えているのが高級ヘッドホンの基本です。ただし、ひと口に高級ヘッドホンと言っても、メーカーやモデルごとに個性はさまざま。各メーカーが重視する音の要素は異なり、そのため多種多様な製品が登場しています。こうした個性の違いも踏まえた上で、選び取って楽しめるのも高級ヘッドホンの面白さです。

価格とモノとしての魅力

By: amazon.co.jp

「どこからが高級ヘッドホンか?」という明確な区切りはありませんが、価格的にはだいたい10万円以上からと定義できます。ただし、大手メーカーでは量産効果によるコストメリットが大きいため、5万円程度の製品でも十分に高級ヘッドホンとみなせるクオリティを備えている場合もあります。いずれにしても、数千円程度が中心の通常モデルとは、価格の面で大きく異なります。

また、高級ヘッドホンの中には、デザイン性や素材の高級感を備え、モノとしての魅力を高めているものも存在。本革や高級木材を使用したり、凝った塗装を施したりと、普通のヘッドホンでは見られないディテールが特徴です。

これらは単に見た目のためではなく、装着性や音質向上を目的とした合理的な設計。音の面だけでなく、所有欲を満たす面でも優れている高級ヘッドホンは、よりよい音楽鑑賞環境を目指す方におすすめです。

高級ヘッドホンの選び方

密閉型か開放型か

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの音の方向性・装着感に関わる大きな要因が、「密閉型」か「開放型」かの違いです。

「密閉型」は音漏れが少なく、細かい音が聴き取りやすいのがメリット。その反面、音のこもりが起きやすく、重めで蒸れやすい装着性がデメリットと言えます。

一方、「開放型」は自然で音抜けのよい高音質と、本体が軽めで装着感も軽快な点がメリット。ただし、音漏れしやすいため人前での使用には適さないほか、低音が逃げやすいので重低音は不得意です。

一般的に、室内で音楽鑑賞するには開放型が適しているとされます。しかし、密閉型の高級機もラインナップされているため、好みに応じて選びましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンは、有線接続専用で単機能のモノがほとんど。その理由は、現在普及しているBluetoothワイヤレスや外部の騒音を低減するノイズキャンセリング機能は、音質追求の面ではマイナスであると考えるメーカーが多いためです。

ただし、大手メーカーの中には、高級機でもこれらを搭載するモデルもあります。高級ヘッドホンでもこうした機能を備えたモノを探しているという方は、音質とのバランスを確認して選ぶとよいでしょう。

また、高級ヘッドホンの多くは、使用時の断線トラブルを防ぐ「ケーブル着脱機構」を持ちます。さらに、この機構を利用して、左右の信号が混ざるのを防ぎ、高音質再生を実現する「バランス接続」に対応したモデルも増加。バランス接続にこだわる方は要チェックです。

個性の強い高級ヘッドホンの特徴をつかんで選ぶ

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンはそれぞれに音の違いがあり、存在価値を高めている面もあります。音の違いをもたらすのは、発音方式の違いです。

普通のヘッドホンでは、ほとんどが「ダイナミック型」という方式を採用。一方、高級ヘッドホンでは「静電型」「平面駆動型」などがあります。これらはダイナミック型よりも繊細で空間表現力に優れる一方、低音が弱めといった点が違いです。

選び方として、「迫力」「雰囲気」「ボーカル」「楽器の質感」といった自分の重視するポイントを意識した上で、実際に試聴することをおすすめします。

なお、有名大手メーカーは、すでに確立され定評のある音質傾向を有しているところがほとんど。それを踏まえた上で買えば、イメージと違うといった失敗も防げます。この点では、定評ある大手メーカー製から選ぶのがおすすめです。

装着感と素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホン使用時の快適さに大きく関わるのが装着感です。柔らかくフィット性のよいイヤーパッド、ヘッドバンド素材を使っているモデルでは、良好な装着感が得られます。

コスト面の制約が少ない高級機では、ベロアや本革などの上質な素材を採用。また、人工皮革でも「アルカンターラ」といった高級素材を使い、普及品とは一線を画す肌触りのよさを持つモノもあります。こうしたヘッドホンは見た目にも豪華で、質感に優れるだけでなく、所有欲を満たすという点でもおすすめです。

高級ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

日本が誇る世界的な大企業。「ウォークマン」を世に送り出し、外でもヘッドホンやイヤホンで音楽を聴く文化を世界に広めたメーカーです。

ヘッドホンにおいても、音楽制作用標準機の「MDR-CD900ST」を擁するなど、業界をリードする存在。常に先進的な技術と「世界初」「世界一」となるハイスペックなアイテムで世界を驚かせ続けています。

最近では、「ハイレゾ対応」「LDACコーデック」「4.4mm径バランスヘッドホン端子」の推進などにより、ヘッドホン音質のさらなる向上を実現。大企業ならではのコストメリットの面でも幅広くおすすめできます。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

世界を代表するヘッドホンメーカーです。1967年に世界で初めて開放型ヘッドホンを開発。その後も開放型ヘッドホンを得意としています。

ダイナミック型とは思えない、繊細で滑らかな音質が持ち味。クラシック音楽をはじめ、アコースティック楽器を使用した音楽との相性がよいのも特徴です。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic)

By: amazon.co.jp

1937年に世界で初めてのダイナミック型ヘッドホンを開発した、老舗中の老舗です。業務用を中心に、現在も絶大な支持を集めています。

独自技術の開発力が高いことでも有名です。最近では、強い磁力で高音質を実現する「テスラテクノロジー」を搭載したヘッドホンが人気。ダイナミック型の密閉型高級機がおすすめのメーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

国内では「ソニー」と並ぶヘッドホンメーカーです。非常に幅広いラインナップが特徴。高級ヘッドホンにも長年取り組んでおり、モニター用よりも音楽を楽しく聴かせる音作りを意識しています。

また、開放型ヘッドホンを得意とする数少ない存在でもあるメーカー。特に、多くの海外メーカー製とは違い、低インピーダンスで鳴らしやすい高級機に定評があります。

高級ヘッドホンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) MDR-Z1R

ソニーの最高級ヘッドホンです。業界最大級の大口径70mmドライバーユニットを搭載。「マグネシウムドーム」の使用により、120kHzという世界最高レベルの超高音再生も実現するハイスペックな逸品です。

イヤーカップ部には、密閉型ながら通気性を高める「音響レジスター」を採用。密閉型特有の音のこもりを排除し、開放型のような広々とした音場を聴かせます。それでいて、密閉型らしい情報量と音の密度感も両立。従来のヘッドホンの弱点を克服した万能型です。

ヘッドバンドカバーに牛革と羊革を立体縫製したイヤーパッドは、使い心地もよく、モノとしても魅力的。もちろん、バランス接続にも対応します。高級ヘッドホンとして、まずおすすめしたい1台です。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 800 S

「ゼンハイザー」のダイナミック型・開放型ヘッドホンの最高級機です。独自開発した56mmの大型トランスデューサーを搭載。これにより、ワイドレンジと情報量の多さを極限まで向上させているのが特徴です。

さらに、ゼンハイザーならではの反応のよい繊細な音にも磨きがかかっています。特に、他と比較しても自然な音場空間は、目の前に演奏者がいると錯覚するほどクオリティです。

未来的なデザインも魅力で、バランス接続ケーブルへの付け替えにも対応。なお、高級開放型ならではの300Ωというハイインピーダンスを鳴らせる環境を用意する必要があります。

第3位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) T 1 2nd Generation

強力な磁力によって振動板を駆動し、原音を忠実に再現する独自の「テスラテクノロジー」を採用した密閉型ヘッドホン。従来機よりも共鳴や共振を抑制することにより、正確で力強い低音とバランスのよい音場を聴かせます。

また、「ホローファイバー繊維」と「ソフトベロア素材」を採用したイヤーパッドは装着感も良好。さらに、別売りのバランス接続対応ケーブルも用意されています。インピーダンスは600Ωとかなり高めなので、しっかり駆動できるヘッドホンアンプとの併用がおすすめ。完成度の高い密閉型高級イヤホンです。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

同社最高級の開放型ヘッドホンです。硬質樹脂成型の「バッフル一体型58mm径ドライバー」は、パーツ構成を絞り込むことで音の歪みを極限まで抑え、自然でリアルなサウンドを鳴らします。

また、1テスラを超える「高磁束密度磁気回路」と超硬素材の「タングステン」をコーティングした振動板は、広帯域にわたって情報量を向上。こうした大掛かりな発音機構を持ちながら、重さ約270gに収めているのも魅力です。

さらに、別売りでXLR端子でのバランス接続にも対応。標準ケーブルはポータブル機には向かない標準プラグなので注意が必要です。部屋で長時間くつろいで音楽を聴いていられる名機としておすすめします。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD 660 S

高級ヘッドホンの定番である「HD 650」をベースに、より幅広い環境で鳴らしやすくした開放型モデル。

リアリティーのある再現をベースにしながら、音楽的な表現性と情感を両立した「HD 650」のよさはそのままに、インピーダンスを300から150Ωへと大幅に下げました。これにより、スマホやDAPといったポータブルプレーヤーでも十分に音量を取れるように進化。

また、ハイレゾ対応のハイスペックに加え、バランス接続対応ケーブルへの付け替えも可能です。使いやすい開放型の高級ヘッドホンを探している方におすすめします。

第6位 スタックス(STAX) 静電型ヘッドホン SRS-3100

「静電型」を採用した開放型ヘッドホンシステムです。非常に薄い膜を前後に振動させることで音を出す方式で、一般的な「ダイナミック型」とは異なり、微細な音の表現力と自然な質感再現に優れています。

高度な技術を要するためメーカーは少なく、日本の「スタックス」はその世界的権威。本モデルはエントリーモデルながら、静電型のよさを存分に堪能できるハイコスパ機です。ただし、高い電圧で動作する専用ヘッドホンアンプが必要。

まるで演奏の場にいるかのようなリアルな音を体験できるのが魅力です。ダイナミック型の高級機との使い分けにもおすすめします。

第7位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2

「多機能で高音質なヘッドホンといったらこれ」という人気モデルです。Bluetoothワイヤレス接続とノイズキャンセリング機能を両搭載。装着状態や環境に合わせて騒音低減動作を最適化する「NCオプティマイザー」をはじめ、業界最高レベルの消音性能を備え、いつでもどこでも静かに音楽を聴けます。

また、Bluetoothでもハイレゾ相当の伝送が可能な「LDACコーデック」や、「HDドライバーユニット」によるハイレゾ対応、CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE HX」など、豊富な内容も特徴的。Bluetooth使用時には、スマホアプリから音質を自在に調整することもできます。

さらに、有線接続も可能。幅広いシーンでじっくりと高音質を楽しめます。内容の割にリーズナブルなのは、大手メーカーならではの魅力。より高級なヘッドホンを持っている方のサブ機としてもおすすめします。

第8位 オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-DSR9BT

先進的なBluetooth対応ヘッドホンです。デジタル信号をドライバーまで高純度伝送する新技術「Pure Digital Drive」を搭載。通常はアナログ信号に変換されてしまうデジタル信号を、振動板までそのまま伝送することで、これまでにない鮮度の高いサウンドを聴かせます。

また、USBでの有線デジタル入力にも対応。24bit/96kHzまでのハイレゾ音源にも対応します。ヘッドホンに定評のあるメーカーならではの、完成度の高い装着感もポイント。新たな音楽体験を求める方にもおすすめの高級ヘッドホンです。

第9位 デノン(DENON) オーバーイヤーハイレゾ音源対応ヘッドホン AH-D7200

日本を代表する老舗オーディオメーカーによる意欲作です。「デノン」は高級単品コンポで名を馳せていますが、最近では高級ヘッドホンにも注力。コンポでの音作りのノウハウを生かした、繊細さと力強さを両立したサウンドで人気です。

本モデルでは、新開発の大口径50mm「フリーエッジ・ナノファイバー・ドライバー」を搭載。柔軟なエッジにより、従来よりも正確で歪みの少ないサウンドを再生できます。

また、天然のアメリカン・ウォールナット材イヤーカップを採用。響きの美しさに加え、モノとしての質感も高めています。他と比較しても鳴らしやすいスペックで、幅広い機器環境におすすめの高級ヘッドホンです。

第10位 アーカーゲー(AKG) Superior Reference Headphones K812

業務用モニター向けヘッドホンで世界的に評価の高いメーカーによる最高級モデルです。新開発の53mm大口径ドライバーと、磁束密度1.5テスラもの強力な磁気回路を搭載。ハイレゾ対応の広帯域を、密度感の高い音で鳴らし切ります。高級開放型では珍しい36Ωの低インピーダンスで、幅広い機器で鳴らしやすいのもポイントです。

モニター用ながら開放型を採用し、演奏空間の細かな様子も分かるほどの描写力を備えたモデル。心地よい装着感の「3Dスローリテンション技術」を採用したプロテインレザーイヤーパッドも魅力です。

第11位 フォステクス(FOSTEX) プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH900mk2

日本の「フォステクス」は、スピーカーやヘッドホンのユニットを他社に多数OEM供給する世界的メーカーであり、隠れた名門です。自社ブランドにおいては、そこで得られた技術とノウハウを投入したこだわりの高級機をラインナップしています。

本モデルでは、高磁束密度1.5テスラの新開発50mmドライバーユニットに、独自の「バイオダイナ振動板」を採用。広帯域と高い情報量で、目の覚めるようなリアルサウンドを鳴らします。また、バランス接続に対応する機能性もポイントです。

創業110年の老舗「坂本乙造商店」による「漆・ボルドー仕上げ」のイヤーカップ外装は工芸品のような趣。日本のモノづくりの確かさを示す逸品としてもおすすめの高級ヘッドホンです。

第12位 JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応ヘッドホン CLASS-S WOODシリーズ HA-SW01

世界で唯一「JVCケンウッド」だけが実用化している「木製振動板」を使用した高級ヘッドホンです。楽器にもスピーカー筐体にも使われる木材は音響振動板としても理想的ながら、技術的な困難さから実用化されてきませんでした。ジェイブイシーは木を日本酒に漬け込むといった独自の技術と発想で製品化を実現。

本モデルは、ハイレゾ対応の新開発40mm径「大口径ウッドドームユニット」搭載モデルです。木製ならではの温かみのあるサウンドに、オーディオ的な高音質を加えています。

また、目に見える部分にも木材をふんだんに使用。音質面だけでなく、モノとしての魅力も高めています。完成度の高いサウンドで、幅広い音楽にマッチするおすすめの高級ヘッドホンです。

第13位 ウルトラゾーン(ULTRASONE) Edition 8 EX

高級ヘッドホンブームを築いた人気メーカーによる高級モデル。プロユースの製品で人気を集めてきた同社による、音楽鑑賞向けヘッドホンシリーズです。

ユニット配置を工夫することで、ヘッドホン特有の、頭の中で音が鳴る感じを低減する「S-LOGIC」を採用。また、特殊なシールドを施すことでヘッドホンが発する電磁波の影響を低減するという「ULE」技術を搭載しています。また、ハイレゾ対応広帯域、鏡面仕上げイヤーカップなども特徴です。

ポータブル機でも鳴らしやすい設計も同社が先駆け。言わば高級ヘッドホンの「レジェンド」として、一度は触れておきたいおすすめのアイテムです。

第14位 パイオニア(Pioneer) SE-MASTER1

国内メーカー製のダイナミック型ヘッドホンでは最高級のモデル。熟練した専任マイスターが1台ずつハンドメイドで組み立てており、1日に5台しか生産できないというプレミアム製品です。

もちろん、音質も高レベルです。アルミニウム振動板と「PEEK複合フィルムエッジ」を搭載した新開発の口径50mmドライバーユニットによって、5Hz~85kHzが再生可能なハイスペック。演出を排しながらも聴きやすいサウンドで、音源のよさを引き出します。

また、側圧を調整できるテンションロッドと、肌触りがよく疲れにくいイヤーパッドで使用感も極上。所有する喜びも味わえる高級ヘッドホンとしておすすめします。

第15位 オーデジー(AUDEZE) 平面駆動型ヘッドホン SINE on-ear headphone standard cable EFPIGS

Lightning接続対応のヘッドホン。ステレオミニ接続のできなくなったiPhone 7以降のモデルにおいても簡単にハイレゾ再生ができ、高音質が楽しめます。

「オーデジー」は平面駆動型ヘッドホン専門メーカーで、ダイナミックながら歪みの少ないサウンドで人気です。大変高価な製品も多い中、本モデルでは価格を大幅に抑えているのも魅力。通常接続にも対応するので、平面駆動型ヘッドホンの入門機としてもおすすめです。

第16位 ミスタースピーカーズ(MrSpeakers) AEON FLOW MRS-AEF-DRP18

ダイナミック型とは異なる、歪みの少ない音が魅力の「平面駆動型」ヘッドホンです。本モデルでは、大きく重くなりがちで、ポータブル機では鳴らしにくいという平面駆動型の欠点を克服。屋外でスマホを使って聴くといった用途にも対応します。

一方、屋内で本格的な機器で鳴らしても、クリーンなサウンド性を存分に発揮。幅広く使える高級ヘッドホンとしてもおすすめです。

第17位 グラド(GRADO) オーバーヘッドヘッドホン GS1000e

「グラド」は、独特の臨場感に優れた高音質と個性的なデザインでヘッドホン愛好家に人気のブランド。高級機ではイヤーカップ部に木材を採用しているのも特徴です。本モデルでは、響きのよいマホガニー木材を使用。削り出し加工による高い質感も魅力です。

大きめのイヤーパッドを採用し、耳との間に大きな空間を作り出すことで、コンサートホールにいるような広大なステージ感を再現します。迫力のあるサウンドは、分析的な音になりやすい高級ヘッドホンにあっては貴重です。クラシックよりも、ロックやジャズが好みの方におすすめします。

第18位 バウワース&ウィルキンス(Bowers & Wilkins) P9 Signature

イギリスの「バウワース&ウィルキンス」による最高級ヘッドホンです。世界の録音現場で使われるモニタースピーカーの定番メーカーとして培ってきたノウハウを投入しています。

独自技術により、発音ユニット部のピストンモーション領域を拡大。これにより、ダイナミック型の弱点である高域の正確な再生能力を高めています。透明感が高く、深みのあるサウンドが魅力です。

外装には、高級ハンドバッグなどで使われるイタリア製「サフィアーノ・レザー」を採用し、ヘッドバンドの内側とイヤーパッドにはシープスキンを使用。豪華なデザインに仕上がっています。

さらに、本格機ながら折り畳みに対応し、iPhone対応マイク付きリモコンも装備。外にも持ち出せる極上のヘッドホンとしておすすめします。