より高音質で音楽を聴きたい方におすすめなのが「高級ヘッドホン」です。高級ヘッドホンはプロ向けに開発されたモノが多く、解像度が高いため、よりリアルな音を感じられます。しかし、機能もさまざまなうえ、高価なため、購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高級ヘッドホンをご紹介。ヘッドホンの種類や選び方も解説しているので、初めて高級ヘッドホンを選ぶ方も参考にしてみてください。

高級ヘッドホンの魅力

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンの魅力は解像度の高さです。解像度が高いと、ボーカルの息遣いや空間の響きなど細かな部分まで再生でき、より臨場感や没入感を味わえます。ライブ音源やコンサートホールの演奏会音源などを、生音のように楽しみたい方におすすめです。

また、高級ヘッドホンはプロ向けに作られていることが多く、ハイスペックです。高価なモノほど、楽器の音が個別に聴き分けられるほど、幅広いレンジを高音質で再生できます。

さらに、高級ヘッドホンは利便性や装着感にもこだわって作られています。イヤーパッドの構造に工夫を凝らしているので、長時間のリスニングも快適。高価ですが、価格に見合った素材や機能を備えています。

高級ヘッドホンっていくらから?

いくら以上のモデルであれば高級ヘッドホンであるという明確な定義はありませんが、一般的なヘッドホンは2~3万円台の価格帯が多め。より音質にこだわったモデルや最新のテクノロジーが搭載されたモデル、原音に忠実なサウンドを再生できるモニターヘッドホンなどは、さらに価格が上がる傾向があります。

この記事では高級ヘッドホンを紹介するので、5万円以上のハイエンドモデルを中心にピックアップ。音質や装着性にこだわったプロ仕様の製品を求めている方におすすめの製品が主になります。

ヘッドホンの種類

開放型

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンとは、ハウジング部分にメッシュ素材などを使っているヘッドホンです。ドライバーユニットから発せられた音が外に漏れる設計で、音がハウジング内にこもりません。

密閉型と比べて音の抜けがよく、音場も広いのが魅力。高音もよく伸びるため、ボーカルメインの曲やクラシック、オペラなどの楽曲にもおすすめです。さらに、ハウジングが比較的軽く、首や肩への負担を減らせます。長時間のリスニングにも適しています。

ただ、開放型ヘッドホンの場合は密閉性の低さが難点。音漏れがしやすく外部のノイズも聞こえるため、電車内や街中など屋外での使用には向きません。また、比較的大きなモデルが多く、持ち運びには不向き。静かな空間で音楽を楽しみたい方におすすめです。

密閉型

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンとは、ドライバーユニットをハウジング部分で密閉しているヘッドホンです。ハウジング部分には樹脂や木材を使っており、外部に音がほとんど漏れません。

遮音性が高いため、街中など騒音の大きな場所で使用する方におすすめ。また、密閉型ヘッドホンにはノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルもあり、静かな空間を作り出したいときにも役立ちます。

低音を逃しにくい構造なので、EDMやロックなどで、ビートをしっかり感じられます。重低音の効いた曲を楽しみたい方にもおすすめです。

高級ヘッドホンの選び方

音の特徴をチェック

By: amazon.co.jp

同じように見える高級ヘッドホンでも、それぞれ音の特徴が異なるので、好みによって選びましょう。例えば、モニターライクな音が好みの方には、フラットな音質が得意なヘッドホンがおすすめ。解像度の高いモノなら、繊細な楽器表現も楽しめます。

一方、EDMやダンスミュージックなど、ビートが感じられる音楽が好きな方には、低音に比重をおいた音質のヘッドホンがおすすめです。密閉型でもクリアな高音再生に対応したモノなら、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。

また、同じ低音重視のモデルでもドライバーの大きさやハウジングの構造によって音の特徴が異なります。豊かな響きを重視したモノやタイトな音作りのモノなど、さまざまなので、自分好みのモデルを見つけましょう。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、高解像度を意味する「ハイレゾリューション」の略です。具体的には、高域再生性能が40kHz以上のモノを指します。

「Hz」で表される再生周波数帯域とは、ヘッドホンが再生できる下限から上限までを示した数値です。数値幅が大きなモノほど広いレンジの音を再生でき、従来のCDでは再生できなかった繊細な音の表現まで再生できます。

ハイレゾ音源を再生するためには、オーディオ機器もハイレゾ対応している必要があるので、ハイレゾ音源を持っている方や高音質で聴きたい方は、ハイレゾ対応の高級ヘッドホンを選びましょう。

40kHz以上あるハイレゾ対応の高級ヘッドホンでは、ハイレゾ音源の高解像度を保ったまま再生可能。ボーカルの息遣いやその場の空気感まで生音のように楽しめます。

インピーダンスをチェック

By: amazon.co.jp

インピーダンスとは、ヘッドホンケーブルの電流の流れやすさを表す数値で、「Ω」記号で表されます。高いほど電流が流れにくく、低いほど電流が流れやすいことを示しており、音質にも影響する数値です。

インピーダンスが高い高級ヘッドホンは、ノイズが少なくなり、クリアな音質で楽しめます。ただ、音量が小さくなるのが難点。高音質のまま大音量で再生したい場合は、アンプをつなげる必要があります。

一方、インピーダンスが低い高級ヘッドホンは音量が大きくなるのが特徴。大音量で聴きたい方におすすめです。ただ、ノイズが入りやすく音が歪みやすいので、繊細な音楽を聴くのには向いていません。

高級ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本が誇るオーディオ機器メーカー「ソニー」。ノイズキャンセリング機能や外音取込み機能を搭載したモデルが有名ですが、原音を忠実に再生できるモニターヘッドホンの製造でも知られています。

ソニーのヘッドホンはラインナップが豊富。高級ヘッドホンと呼ばれるモデルももちろん製造されています。高音質なハイレゾ音源に対応しているモデルやバランス接続に対応したモデルなど、ハイエンドモデルにふさわしい機能を求める方におすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ドイツの音響機器メーカーである「ゼンハイザー」は、ヘッドホンやマイクの製造で有名。音質にこだわった音響機器を数多く販売しており、世界中で高い評価を得ているメーカーです。ゼンハイザーの高級ヘッドホンは開放型が多く、空気感の表現に優れている傾向があります。

また、高級ヘッドホンと呼ばれるモデルのラインナップが豊富なので、好みのサウンドが再生できる製品を見つけやすい点でもおすすめのメーカーです。

グラド(GRADO)

By: rakuten.co.jp

ニューヨークに本社を構えるオーディオ機器メーカー「グラド」。ヘッドホンだけでなく、レコードのカートリッジを製造していることでも有名です。グラドの高級ヘッドホンは、音質はもちろんデザイン性が優れている点でも人気。

1953年に設立されてから60年以上もハンドメイドでこだわりの製品を作り続けているメーカーです。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|開放型

第1位 ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 660 S

ナチュラルで臨場感あふれるサウンド再生が可能な開放型の高級ヘッドホンです。インピーダンスを150Ωに抑えながらも、歪みの少ない透明感ある音質を実現。電気信号を音波に変換するダイヤフラム制御の向上と、軽量なアルミニウムボイスコイルにより、明瞭な低音と自然な高音再生を可能にしています。

軽量ながらも頑丈な構造は、快適なリスニングもサポート。耳にフィットする楕円形のイヤーカップや厚みのあるヘッドバンド、交換可能なイヤークッションにより、長時間の音楽鑑賞時にかかる耳や頭への負担を軽減します。

接続には、6.35mmステレオプラグおよび4.4mmバランスステレオプラグを使用。着脱式のケーブルには伝導性の高いOFC銅線が使われており、ハンドリングノイズを効果的に抑制できます。

第2位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) DT 1990 PRO

スタジオヘッドホンとしても定番な開放型の高級ヘッドホンです。250Ωのインピーダンスを誇り、45mm口径の「テスラ2.0ドライバー」を搭載。強力な磁束密度を生み出すベイヤーダイナミック独自の技術により、広いダイナミックレンジと歪みの低減を実現しています。

イヤークッションは、低音域の表現を豊かにする「バランスド」と、フラットなサウンドが再生できる「アナリティカル」の2種類が付属。使用するシーンにあわせて使い分けできるのでおすすめです。

第3位 HIFIMAN ヘッドフォン Arya

スリムな振動板を採用した高級ヘッドホンです。平面型ドライバーに非対称型マグネットを採用。振動板から耳に届く音を阻害しにくい設計です。特許を取得した「ウインドウ・シェード」システムは、ドライバーの保護と開放型の音響特性を両立しています。

艶消しブラックのイヤーカップは、高級感のあるデザインです。接続には6.3mmステレオ標準プラグを使用。イヤーカップとの接続側には、3.5mmステレオミニプラグが採用されています。

金属製のヘッドバンドと高品質なプラスチック素材で構成されており、堅牢性と快適性の両方に優れている点もおすすめです。

第4位 オーディオテクニカ(audip-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

バッフル一体型58mmドライバーが搭載された高級ヘッドホンです。硬質樹脂成を採用し、不要な音の歪みを抑制。音の純度を維持したまま伝送できるので、音源に忠実なサウンドが再生できます。

ハウジングにはアルミニウムをベースとした「特殊ハニカムパンチングハウジング」を採用。日本の職人によるプレス技術により、ドライバーの駆動力を最大限活かせるよう作られています。また、自然な音場と抜けのよい音を実現できるオーディオテクニカの独自技術「コアマウントテクノロジー」が採用されている点もおすすめです。

イヤーパッドやヘッドバンドには、肌触りがよく通気性に優れたイタリア製アルカンターラを採用。本体質量が約270gと比較的軽量なので、長時間使用時の負荷が小さいのもメリットです。

第5位 アーカーゲー(AKG) K812 スペリアリファレンスヘッドホン

ピュアで自然なサウンドが再生できるプロ向けに設計された高級ヘッドホンです。ミキシングやマスタリングなど、音楽制作の場に適しています。繊細なサウンドディティールまで表現できる点が魅力です。

53mmの大型ドライバーを採用して、5Hz~54kHzの再生帯域を確保。1.5Tの磁気システムによって、正確かつナチュラルな音色が再生できます。プロテインレザーを採用したイヤーパッドは、立体的な構造と低反発技術により快適な装着が可能。

アーカーゲー独自の技術が採用されたハウジングが不要な共鳴を抑え、自然な音場が実現している点もおすすめです。

第6位 グラド(GRADO) RS1e Referential Treatment

おしゃれで特徴的なデザインを採用した高級ヘッドホンです。ハウジングにマホガニー材を使用し、質量を増やしてスピード感あふれるサウンドを実現。ドライバーには50mm口径のダイヤフラムを使用しています。

ケーブルに8芯UHPLC無酸素銅線を採用しているのもポイント。リッチで解像度の高いサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第7位 メゼオーディオ(MEZE AUDIO) EMPYREAN

世界初の「等磁力ハイブリッド配列」の平面磁界型ドライバーを採用した高級ヘッドホンです。メゼオーディオとRINAROの共同開発により誕生。軽量ながら、歪みの少ないサウンドが再生できます。

耳の形にフィットする卵形のイヤーカップや、圧力を分配する「サスペンションヘッドバンド」を採用。職人の手でひとつひとつ丁寧に組み立てられており、快適な装着感と高品質なサウンドを実現しています。

イヤーパッドが交換できるので、長期間愛用できる点もおすすめです。

第8位 AUDEZE LCD-2 Classic

ロングセラーモデルである「LCD-2」を改良して復刻させた高級ヘッドホンです。ドライバーには、AUDEZE独自開発の平面磁気技術を採用。薄型のダイヤフラムにより、正確な音源再生が可能です。

ヘッドバンドにはサスペンションを搭載。長時間でも疲れにくい形状記憶素材のイヤーパッドが採用されているのもポイントです。高品質なヘッドホンケーブルが付属していますが、LKD-2に付属していたトラベルケースはカット。コストを削減し、購入しやすい価格を実現している点もおすすめです。

第9位 フォーカル(FOCAL) CLEAR

クリアでダイナミックなサウンド再生が可能な高級ヘッドホンです。40mmの「M字型アルミニウム-マグネシウム・ドーム振動板」を搭載。軽量化がはかられたボイスコイルにより、高解像度サウンドも実現されています。

インピーダンスは55Ωと低いので、出力レベルの小さいポータブルオーディオでの使用にもおすすめです。XLR-4Pinバランス・6.3mmステレオ標準・3.5mmステレオミニの3種類のケーブルが標準で付属。スタイリッシュなデザインもおすすめのポイントです。

第10位 ファイナル(final) D8000

ファイナル独自の振動板制動技術「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」を採用した高級ヘッドホンです。平面磁界型の振動板がマグネットに接触してしまう問題を解決し、量感豊かな低音域を実現。

軽量フィルムの振動板に薄いアルミ箔のコイルがエッチングされているので、繊細な高域の再生も可能です。購入後、長期間愛用できるように多くのパーツがビスで分解できる構造。修理やアップグレードが試みやすい点もおすすめです。

接続用のOFCケーブルは、3.5mmステレオミニと6.3mmステレオ標準の2種類が標準で付属。密閉度が高いにも関わらず、通気性にも優れたイヤーパッドが採用されているのも魅力です。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|密閉型

第1位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

生の演奏を聴いているような自然な響きが特徴の高級ヘッドホンです。大口径の70mmHDドライバーユニットを採用。平面に近い音の波面を再現でき、100kHzの高音域を再生できます。

中高音域の表現は艶やかかつクリア。解像度も高く、高音質なハイレゾ音源にも対応しています。ハウジング部のサイドには通気孔が設けられており、空気の流れを調節して低音のコントロールが可能。正確な重低音リズムが聴き取れる仕様です。

イヤーパッドには低反発のウレタンフォームを使用しており、快適に装着可能。特殊加工が施された合皮は、高い吸放湿性を実現しています。ヘッドバンドやイヤーカップの可動部は、がたつきを低減するサイレントジョイントを採用。音楽鑑賞に没入したい方におすすめです。

第2位 アステル&ケルン(Astell&Kern) AK T5p 2nd Generation

ドイツのオーディオ機器メーカー、ベイヤーダイナミックとのコラボにより生まれた高級ヘッドホンです。強力な磁束密度により、幅広い帯域で原音を忠実に再現。ベイヤーダイナミックの独自技術「テスラテクノロジー」による高解像度サウンドが楽しめます。

ヘッドホンケーブルは、高純度無酸素銅の7N OCC銅線に4N純銀をコーティングした構造。伝導性が高くワイドレンジ再生をサポートしています。イヤーパッドとヘッドバンドには肌触りのよい合性皮革を採用。

パッド部には形状記憶タイプのフォームクッションが内蔵されており、しなやかにフィットします。快適な装着感が得られるので、長時間音楽を鑑賞する方におすすめです。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

クリアな音場とあたたかみのある音色が人気の高級ヘッドホンです。弦楽器にも使用されるフレイムメイプルを使用。薄くスライスした木材を貼りあわせて作られているので、音の立ち上がりがよく、明瞭なサウンド再生が可能です。53mm口径のドライバーは、低音から高音までフルレンジのサウンド楽しめます。

強磁力マグネットにより優れた低域特性を実現しているほか、ドライバーの前室と後室の通気を最適化してクリアな中域特性も実現しています。ヘッドパッドと立体縫製が施されたイヤーパッドには人工皮革を使用。低反発パッドが内蔵されており、長時間リスニングでも疲れにくくおすすめです。

第4位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

空気感の表現を追求して設計された高級ヘッドホンです。ソニーの音響テクノロジーを注ぎ込んで作られたフラッグシップモデル。大口径の70mmHDドライバーユニットを搭載しており、広帯域、広ダイナミックレンジ再生を実現しています。

軽量で高剛性が求められるドーム部には、薄膜のマグネシウムを使用。ボイスコイルで発生した振動をドーム部に効率よく伝えられるので、120kHzの高域再生が可能です。解像度の高いクリアな音質はハイレゾ音源の再生にもおすすめ。ステンレスワイヤーを繊細に編み込んで3次元曲面に成形したハウジングプロテクターが採用されているので、耐久性にも優れています。

フィット感を高めるβチタン製ヘッドバンドや本革を採用したヘッドバンドカバー、エルゴノミック立体法縫製が施されたイヤーパッドなど、快適なリスニングをサポートする仕様もおすすめです。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 820

ゼンハイザー独自の「ガラストランスデューサーカバー」が採用された高級ヘッドホンです。透明感があり、リアルで自然なサウンドが特徴。ハウジング部に曲面ゴリラガラスを使用し、反響音を抑制する設計です。

インナーダンパーが内蔵された堅牢なメタルヘッドバンドや、非アレルギー性合成皮革を使ったイヤーパッドなども魅力。クッション材に採用されているマイクロファイバーが周囲の雑音を遮断します。

接続には6.3mmステレオ標準プラグ、または4.4mm5極バランスPentaconnプラグを使用。密閉型ながら、クリアで透明感にあふれたサウンドを実現しているハイエンドなヘッドホンとしておすすめです。

第6位 フォーカル(FOCAL) STELLIA

音質だけでなくデザイン性にも優れた高級ヘッドホンです。「モカ」と「コニャック」と名付けられた2種類のブラウンカラーが美しいコントラストを生み出しており、高級感のただよう外観を引き立てています。

フォーカル独自の「M字型ドーム振動板」にはピュアベリリウムを採用。高純度銅フレームボイスコイルとの組み合わせにより、ボリュームが小さくても量感豊かな低域と繊細な高域の再生を実現しています。

接続には3.5mmステレオミニプラグ、または6.3mmステレオ標準プラグを採用。コンパクトながら剛性に優れたハードケースが付属している点もおすすめです。

第7位 デノン(DENON) AH-D5200

高音質かつ高品質ながら、コスパに優れた高級ヘッドホンです。フラッグシップモデルの「AH-D7200」に採用されている技術・パーツ・構造の多くを継承しているにも関わらず、コストを抑えて購入しやすい価格を実現。

50mm口径のドライバーは、振動板外周をロールエッジでサポートする構造なので、量感豊かな低域の再生が可能です。ハウジングには縞模様が特徴的な「ゼブラウッド」を採用。硬度が高く、透明感あるサウンド再生を可能にしています。

接続コードは、着脱式の4N OFCケーブルを使用。強度を高める布巻きが施されている点もおすすめです。ハンガー部には、軽量かつ堅牢なアルミダイキャストを採用。イヤーパッドには、独自開発により耐久性を高めた人工皮革が使われています。

第8位 フォステクス(Fostex) TH Premium Series TH610 プレミアム・リファレンス・ヘッドホン

ハウジング部に黒胡桃無垢削り出し材を使用した高級ヘッドホンです。美しい木目と艶やかなサウンドが特徴。磁気回路には、磁束密度1Tの50mmドライバーユニットを採用。歪みが少なく広いダイナミックレンジを実現します。

振動板には、フォステクス独自のバイオ・セルロース技術を搭載した「バイオダイナ」を採用。豊かな低域と素直な中域、プレゼンスに優れた高域を実現しています。内部パーツにアルミニウムやマグネシウムを多用しているので、堅牢ながら質量が軽いのもポイントです。

音を遮断するバッフル板には高比重型樹脂を使用。共振音を低減し、高解像度サウンドを実現している点もおすすめです。

第9位 マスター&ダイナミック(MATER&DYNAMIC) MW65 Active Nise-Cancelling Wireless Headphones

ワイヤレス接続に対応した高級ワイヤレスヘッドホンです。Bluetooth4.2を利用した無線接続と、3.5mmステレオミニケーブルを利用した有線接続の両方に対応。バッテリーでの連続再生可能時間は約24時間を誇ります。

また、15分のクイックチャージで約12時間の連続再生が可能になる点も魅力です。本製品にはノイズキャンセリング機能が搭載されているので、周囲の雑音を気にせず、集中して音楽が楽しめます。

ドライバーには、高性能な40mmベリリウムドライバーを採用。ヘッドバンドとイヤーカップには人工皮革が使われており、高級感があります。ノイズアイソレーション・マイクロホンが搭載されているので、クリアな音声通話ができる点もおすすめです。

第10位 ULTRASONE Signature PRO

密閉型ながら自然な音の広がりが感じられる高級ヘッドホン。「S-Logic plus」と呼ばれるテクノロジーにより、長時間での疲れにくい精確なサウンド再生が可能です。

ワイドでボリュームのあるヘッドバンドと肌触りのよいイヤーパッドには、柔らかく耐久性も高いエチオピアンシープスキンを採用。また、携帯時に便利な専用収納ボックスが付属している点もおすすめです。