より高音質で音楽を聴きたい方におすすめなのが「高級ヘッドホン」です。高級ヘッドホンはプロ向けに開発されたモノが多く、解像度が高いので、よりリアルな音を感じられます。しかし、機能もさまざまなうえ高価なため、購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高級ヘッドホンをご紹介。ヘッドホンの種類や選び方も解説しているので、はじめて高級ヘッドホンを選ぶ方も参考にしてみてください。

高級ヘッドホンの魅力

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンの魅力は解像度の高さです。解像度が高いと、ボーカルの息遣いや空間の響きなど細かな部分まで再生でき、より臨場感や没入感を味わえます。ライブ音源やコンサートホールの演奏会音源などを、生音のように楽しみたい方におすすめです。

また、高級ヘッドホンはプロ向けに作られていることが多く、ハイスペック。楽器の音が個別に聴き分けられるほど、高音質で再生できるモノもあります。

さらに、高級ヘッドホンは利便性や装着感にこだわって作られているのも特徴。イヤーパッドの構造に工夫を凝らしており、長時間のリスニングも快適です。高価ですが、価格に見合った素材や機能を備えているので、ぜひチェックしてみてください。

高級ヘッドホンっていくらから?

いくら以上のモデルであれば高級ヘッドホンであるという明確な定義はなく、一般的なヘッドホンは2万円ほどの製品が多め。より音質にこだわったモデルや最新のテクノロジーが搭載されたモデル、原音に忠実なサウンドを再生するモニターヘッドホンなどは、さらに価格帯が上がる傾向にあります。

音質や装着性にこだわったプロ仕様のヘッドホンなど、高級モデルを求めている方なら5万円以上の高級ヘッドホンがおすすめです。

ヘッドホンの種類

開放型

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンとは、ハウジング部分にメッシュ素材などを使っているヘッドホンです。ドライバーユニットから発せられた音が外に漏れる設計で、音がハウジング内にこもりません。

密閉型と比べて音の抜けがよく、音場も広いのが魅力。高音もよく伸び、ボーカルメインの曲やクラシック、オペラなどの楽曲にもおすすめです。さらに、ハウジングが比較的軽いため、装着時の負担が軽く、長時間のリスニングにも適しています。

開放型ヘッドホンの難点は、密閉性の低さ。音漏れがしやすく外部のノイズも聴こえるので、電車内や街中など屋外での使用には向きません。また、比較的大きなモデルが多く、持ち運びには不向き。静かな空間で音楽を楽しみたい方におすすめです。

密閉型

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンとは、ドライバーユニットをハウジング部分で密閉しているヘッドホンです。ハウジング部分には樹脂や木材を使っており、外部に音がほとんど漏れません。

遮音性が高いため、街中など騒音の大きな場所で使用する方におすすめ。また、密閉型ヘッドホンにはノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルもあり、静かな空間を作り出したいときにも便利です。

低音を逃しにくい構造なので、EDMやロックなどで、ビートをしっかり感じられます。重低音の効いた曲を楽しみたい方にもおすすめです。

高級ヘッドホンの選び方

音の特徴をチェック

By: amazon.co.jp

同じように見える高級ヘッドホンでも、それぞれ音の特徴が異なるので、好みによって選びましょう。例えば、モニターライクな音が好みの方には、フラットな音質で再生できるヘッドホンがおすすめ。解像度の高いモノなら、繊細な楽器表現も楽しめます。

一方、EDMやダンスミュージックなど、ビートを感じられる音楽が好きな方には、低音に比重をおいた音質のヘッドホンがおすすめ。密閉型でもクリアな高音再生に対応したモノなら、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。

また、同じ低音重視のモデルでもドライバーの大きさやハウジングの構造によって音の特徴が異なります。豊かな響きを重視したモノやタイトな音作りのモノなど、さまざまな製品のなかから自分好みのモデルを見つけましょう。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、高解像度を意味する「ハイレゾリューション」の略です。具体的には、高域再生性能が40kHz以上のモノを指します。

「Hz」で表される再生周波数帯域は、ヘッドホンが再生できる下限から上限までを示した数値です。数値幅が大きなモノほど広いレンジの音に対応し、従来のCDでは再生できなかった音も表現できます。

なお、ハイレゾ音源をそのまま再生するためには、オーディオ機器もハイレゾ対応している必要があるので注意が必要です。

インピーダンスをチェック

By: amazon.co.jp

インピーダンスとは、ヘッドホンケーブルの電流の流れやすさを表す数値で、「Ω」記号を用いて表されます。高いほど電流が流れにくく、低いほど電流が流れやすいことを示しており、音質にも影響する数値です。

インピーダンスが高いヘッドホンは音量が小さい傾向にありますが、ノイズが少なくクリアな音質で楽しめます。高音質のまま大音量で再生したい場合は、アンプをつなげるといった対応が必要です。

一方、インピーダンスが低いヘッドホンは音量が大きい傾向にあるのが特徴。ただし、ノイズが入り音が歪みやすいので、繊細な音楽を聴くのには向いていません。

高級ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本のオーディオ機器メーカー「ソニー」。ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を搭載したモデルが有名で、原音を忠実に再生できるモニターヘッドホンの製造でも知られています。

ソニーのヘッドホンはラインナップが豊富。高級ヘッドホンといえるモデルも製造されています。高音質なハイレゾ音源に対応しているモデルやバランス接続に対応したモデルなど、ハイスペックモデルにふさわしい機能を求める方におすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: rakuten.co.jp

ドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー」は、ヘッドホンやマイクの製造で有名。音質にこだわった音響機器を数多く販売しており、世界中で高い評価を得ているメーカーです。

ゼンハイザーの高級ヘッドホンは開放型が多く、空気感の表現に優れている傾向があります。また、ラインナップが豊富なので、好みのサウンドが再生できる製品を見つけやすい点でもおすすめのメーカーです。

グラド(GRADO)

By: rakuten.co.jp

ニューヨークに本社を構えるオーディオ機器メーカー「グラド」。ヘッドホンだけでなく、レコードのカートリッジを製造していることでも有名です。

グラドの高級ヘッドホンは、音質はもちろんデザイン性が優れている点でも人気。1953年に設立されてから60年以上もハンドメイドでこだわりの製品を作り続けているメーカーです。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|開放型

第1位 グラド(GRADO) GS3000e-Balanced

高い音質とデザイン性を兼ね備えるヘッドホン

音質だけでなく、デザイン性に優れている高級ヘッドホンです。大型のハウジングには、中米原産のココボロ材を使用。深みとインパクトがあるだけでなく、リッチなサウンドを再生できるのも魅力です。

ドライバーには、50mm口径のシグネチャーダイナミックドライバーを採用。広大な音場を実現しているのがポイントです。バランスプラグコードの長さは約2.1m。4.5mの延長ケーブルも付属しており、取り回しに優れている点もおすすめです。

第2位 HIFIMAN ヘッドフォン SUSVARA

ピュアで調和のとれたサウンドを再生可能

劣化の少ない美しいサウンドが楽しめる高級ヘッドホンです。HIFIMAN独自設計の「ステルスマグネット」を採用しているのが特徴。歪みを軽減できるだけでなく、ピュアで調和のとれたサウンドが再生できます。

また、ヘッドバンドを人間工学に基づいてデザインしているのもポイント。フィット感が高く、長時間でも快適にリスニングできる仕様です。

第3位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) High-end Tesla Headphones T1 3rd Generation

立体的で臨場感あふれるサウンドを再生できる

ベイヤーダイナミックのヘッドホン「T1」の素材やパーツを見直して設計されている高級ヘッドホン。細かい部分まで高品位なパーツが採用されており、高音質が楽しめる仕様です。

ドライバーは、ベイヤーダイナミック独自開発の「テスラドライバー」を使用。解像度が高いだけでなく、広いダイナミックレンジや歪みの低減を実現しているのがポイントです。

ハウジング部は開放型なので、クリアですがすがしい音場表現が可能。立体的で臨場感あふれるサウンドを再生できる点もおすすめです。

第4位 Audeze LCD-2 Classic

あたたかみのあるサウンドが魅力的な高級ヘッドホンです。100mmのプレーナーマグネティックドライバーを採用しているのが特徴。応答性が高く、リアルで臨場感あふれる音質を有しています。

また、Audeze独自の「ガラス注入ナイロンリング」が使われているのもポイント。音質だけでなく、耐久性のアップにも役立っています。さらに、スチール製のサスペンションヘッドバンドや低反発フォームイヤーパッドが採用されているのもメリット。快適なフィット感が得られる仕様です。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 650

ゼンハイザーが製造する開放型ヘッドホンのなかでもベストセラーモデルにあたる製品です。開放型ながら、迫力ある低音域を再生できるのが特徴。下位モデルの「HD600」に使用されている材料を改善し、音質を高めているのが魅力です。

本体の重量は約260gと比較的軽量にデザインされているのもポイント。付け心地が軽いだけでなく堅牢性にも優れており、長期間使用できる点もおすすめです。

第6位 オーロオーディオ(OLLO AUDIO) REFERENCE HEADPHONES S4X

レトロな外観を有している高級ヘッドホンです。デザイン性に優れており、見た目にも楽しめるのが特徴。ハイブリッド・ベルベットやレザーを使用したイヤーパッドは大きめに設計されているので、快適に装着できます。

音質なナチュラルで、原音に忠実なサウンドが再生できる仕様。ミキシングやマスタリングに使用するモニターヘッドホンとしてもおすすめの製品です。

第7位 HIFIMAN ヘッドフォン SUNDARA

古代サンスクリット語で「美しい」を意味する「SUNDARA」の名を冠した高級ヘッドホンです。新開発の薄型ダイアフラムを採用しているのが特徴。周波数帯域が広く、再生する楽曲の細部までしっかりと表現できるのが魅力です。

ヘッドバンドの素材には、アルミと皮革を使用。ハイブリッド構成により、軽量かつ快適な装着性を実現しているのがポイントです。着脱式のケーブルには、3.5mm端子を採用。携帯する際にケーブルを外しておけるだけでなく、断線時に交換できる点もおすすめです。

第8位 シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840

ミキシングやマスタリング作業時にも利用できる高級ヘッドホンです。40mmダイナミック型ネオジム磁石を採用しているのが特徴。左右のドライバー特性を揃えることで、伸びやかな高音域と正確なリズムを刻む低音域を実現しているのがポイントです。

再生できるサウンドはナチュラル。開放型らしい奥行や広がりのある音質が楽しめます。また、本体素材に航空機グレードのアルミ合金ヨークやステンレス製グリルを採用しているのもメリット。軽量かつ耐久性に優れており、利便性に優れているのも魅力です。

ヘッドバンドは人間工学に基づいたデザイン。細かく調節できるので、長時間のリスニングも快適に行えます。ケーブルには、金メッキMMCXコネクターを採用。保管時や携帯時に便利なだけでなく、ケーブル交換による音質のカスタマイズも可能です。

第9位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) Tesla high-end stereo headphone AMIRON HOME

自宅でゆったりと音楽鑑賞する際に便利な高級ヘッドホンです。ベイヤーダイナミック独自の「テスラドライバー」を搭載しているのが特徴。1テスラを超える磁力を実現しており、歪みを抑えた広いダイナミックレンジや高解像度が魅力です。

音質は、低音域が明瞭で中高音域はクリア。余計な振動を抑える設計が採用されており、幅広い音楽ジャンルに対応できます。また、ヘッドバンドにアルカンターラマイクロファイバー、イヤーパッドにマイクロベロアなどの素材を使用しているのもポイント。本体の重みを感じにくいだけでなく、やわらかな装着感が得られる点もおすすめです。

第10位 HIFIMAN ヘッドフォン Edition XS

HIFIMAN独自の「ステルスマグネット技術」や「NEOスーパーナノ振動板」を採用している高級ヘッドホンです。開放型らしい広大かつ自然な音場を実現しているのが特徴。原音に忠実なサウンドを求める場合にもおすすめです。

また、人間工学に基づいてデザインされたヘッドバンドを採用しているのもポイント。外装にマットブラックな素材を使用しており、高級感ただよう外観を有している点も魅力です。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|密閉型

第1位 ファイナル(final) D8000

「AFDS:エアフィルムダンピングシステム」を搭載している高級ヘッドホンです。振動板がマグネットに接触する問題を解決することで、再生できる低音域を広げているのが特徴。ダイナミック型らしい量感ある低音域と繊細な高音域を両立しています。

また、イヤーパッドの通気性に優れているのもポイント。長時間のリスニングを快適に行える点も魅力です。さらに使用されているほぼすべての部品を分解できるのもメリット。修理や将来的なアップグレードに対応しやすい点もおすすめです。

ボディの素材には、アルミマグネシウム合金を使用。ブラック部分にはレザー塗装仕上げ、シルバー部分は硬質アルマイト加工が施されています。

第2位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

大口径な70mmの振動板を採用している高級ヘッドホンです。耳殻を上回る振動板により、平面に近い波面を再現しているのが特徴。生の演奏を聴いているようなナチュラルなサウンドを楽しめるのが魅力です。

中低音域は艶やかかつクリア。くっきりとしたボーカルを鑑賞できる仕様です。また、高音質なハイレゾ音源に対応しているのもポイント。なめらかな超高音域が再生でき、解像度の高い臨場感あふれるサウンドを実現しています。

ハウジング部には通気孔が開いており、空気の流れをコントロール可能。重低音のリズムを正確に再生できる点もおすすめです。付属のケーブルは約3.0mのヘッドホンケーブルと約1.2mのバランス接続ヘッドホンケーブルが同梱。バランス接続に対応している点もメリットです。

第3位 デノン(DENON) AH-D9200

ハウジング部の素材に高知県産の孟宗竹を使用している高級ヘッドホンです。熟練の木工加工職人の手によって、ひとつひとつ丁寧に作られているのが特徴。組み立てはデノンのマザー工場「白河オーディオワークス」で行われており、品質に優れているのが魅力です。

50mm径のナノファイバー振動板は、軽量かつ高剛性。歪みの少ない量感豊かな低音域サウンドを実現しています。着脱式のケーブルは、シルバーコーティングが施されたOFC(無酸素銅)線を使用。アウターシースには強度の高い布巻きが採用されています。

第4位 オーディオテクニカ(audio-tecnica) ダイナミックヘッドホン ATH-AWKT

濁りの少ないサウンドが楽しめる高級ヘッドホンです。層ごとに硬さの異なる黒檀をハウジング部に採用しているのが特徴。不要な振動をしっかりと抑えられるのが魅力です。

53mm径のドライバーは本製品専用。ドイツ製のパーメンジュール磁気回路によって、パワフルかつ広大な音場を実現しています。脱着可能なケーブルは、バランス接続に対応。線材には、高音質な伝送ができる6N-OFCを採用しています。

イヤーパッドにはシープスキンを使用。音質を考慮したイヤーパッドにより、高い密閉性を保てる点もおすすめです。

第5位 ULTRASONE Signature PULSE

プロのDJ用に設計されている高級ヘッドホンです。クリアかつパワフルなサウンドを実現しているのが特徴。50mmのマイラードライバーによって再生される歪みの少ない重低音により、DJプレイ時にしっかりとしたモニタリングが可能です。

また、組み立てを自社工場で行っているのもポイント。品質に優れている点も魅力です。イヤーパッドには、装着感と耐久性を両立したプロテインレザーを使用。長時間のリスニングを快適に行える点もおすすめです。

付属品としては、専用のキャリングケースが同梱。携帯性に優れており、スタジオやクラブ、ライブハウスへ頻繁に持ち運ぶ場合にも便利です。

第6位 オーディオテクニカ(audio-tecnica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

弦楽器由来のフレイムメイプルをハウジング部に使用している高級ヘッドホンです。クリアな音場を再現しているのが魅力。ウッド製のハウジングらしく、音の立ち上がりに優れているのがメリットです。

また、加工から塗装までの工程をギターメーカー「フジゲン」が担当しているのもポイント。職人の手によって仕上げられた美しい外観を備えています。ヘッドパッドには、なめらかな人工皮革を使用。立体縫製のイヤーパッドも採用されており、快適にフィットする点もおすすめです。

第7位 フォステクス(FOSTEX) プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH610

ハウジング部に黒胡桃無垢削り出し材を使っている高級ヘッドホンです。粘りのある重硬材を採用しているのが特徴。美しい木目だけでなく、艶やかな響きが楽しめます。

50mmのドライバーユニットは、磁束密度1テスラの超強力磁気回路を採用。歪みが少ない広大なダイナミックレンジを実現しています。振動板にはフォステクス独自の「バイオダイナ」を搭載。豊かな低域と素直な中域、プレゼンスに優れた高域再生が可能です。

また、純銅製の高級ケーブルを使用しているのもポイント。導電性が高く、全帯域をクリアに表現できる点もおすすめです。

第8位 バウワース&ウィルキンス(Bowers & Wilkins) PX

ノイズキャンセリング機能を搭載している高級ヘッドホンです。周囲の雑音を軽減し、集中して音楽を鑑賞できるのが特徴。飛行機のエンジン音を遮断したい場合にも便利です。

また、Bluetooth4.1に対応しており、ワイヤレス接続できるのもポイント。ノイズキャンセリングONの状態で最大22時間、OFFの状態で最大29時間のバッテリー駆動が可能です。Bluetoothのコーデックは、aptX HDに対応。ワイヤレス接続ながら、高音質を実現している点もおすすめです。

第9位 シュア(SHURE) プレミアム・スタジオ・ヘッドホン SRH1540

プロのエンジニアやミュージシャン向けに設計されている高級ヘッドホンです。40mmのネオジム磁石ダイナミックドライバーを採用しているのが特徴。クリアかつ伸びやかな高音域と、あたたかみのある低音域を実現しているのが魅力です。

また、遮音性に優れた密閉型サーカムオーラルデザインを採用しているのもポイント。耳全体をしっかりと包み込み、周囲の雑音を軽減できるのがメリットです。

ヘッドバンドは人間工学に基づいて設計されており、頭部に快適にフィット。やわらかで耳にやさしいイヤーパッドが採用されている点もおすすめです。

第10位 バング&オルフセン(Bang & Olufsen) BEOPLAY HX

Bluetooth通信を利用したワイヤレス接続に対応している高級ヘッドホンです。2台のデバイスとペアリングできるのが魅力。スマホやタブレット、パソコンなど複数の機器で音楽を再生する場合にも便利です。

連続再生はノイズキャンセリングONの状態で最大35時間。OFFであれば最大40時間連続で音楽が鑑賞できます。また、チューニングがフラットで、耳疲れしにくいのも魅力です。さらに、高感度マイクが搭載されているのもポイント。ハンズフリー通話に対応できる点もおすすめです。