より高音質で音楽を聴きたい方におすすめなのが「高級ヘッドホン」です。高級ヘッドホンはプロ向けに開発されたモノが多く、解像度が高いので、よりリアルな音を感じられます。しかし、機能もさまざまなうえ高価なため、購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高級ヘッドホンをご紹介。ヘッドホンの種類や選び方も解説しているので、はじめて高級ヘッドホンを選ぶ方も参考にしてみてください。

高級ヘッドホンの魅力

By: amazon.co.jp

高級ヘッドホンの魅力は解像度の高さです。解像度が高いと、ボーカルの息遣いや空間の響きなど細かな部分まで再生でき、より臨場感や没入感を味わえます。ライブ音源やコンサートホールの演奏会音源などを、生音のように楽しみたい方におすすめです。

また、高級ヘッドホンはプロ向けに作られていることが多く、ハイスペック。楽器の音が個別に聴き分けられるほど、高音質で再生できるモノもあります。

さらに、高級ヘッドホンは利便性や装着感にこだわって作られているのも特徴。イヤーパッドの構造に工夫を凝らしており、長時間のリスニングも快適です。高価ですが、価格に見合った素材や機能を備えているので、ぜひチェックしてみてください。

高級ヘッドホンっていくらから?

いくら以上のモデルであれば高級ヘッドホンであるという明確な定義はなく、一般的なヘッドホンは2~3万円台の製品が多め。より音質にこだわったモデルや最新のテクノロジーが搭載されたモデル、原音に忠実なサウンドを再生するモニターヘッドホンなどは、さら価格帯が上がる傾向にあります。

本記事では、5万円以上の高級ヘッドホンを中心にピックアップ。音質や装着性にこだわったプロ仕様のヘッドホンなど、高級モデルを求めている方におすすめの製品をご紹介します。

ヘッドホンの種類

開放型

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンとは、ハウジング部分にメッシュ素材などを使っているヘッドホンです。ドライバーユニットから発せられた音が外に漏れる設計で、音がハウジング内にこもりません。

密閉型と比べて音の抜けがよく、音場も広いのが魅力。高音もよく伸び、ボーカルメインの曲やクラシック、オペラなどの楽曲にもおすすめです。さらに、ハウジングが比較的軽いため、装着時の負担が軽く、長時間のリスニングにも適しています。

開放型ヘッドホンの難点は、密閉性の低さ。音漏れがしやすく外部のノイズも聴こえるので、電車内や街中など屋外での使用には向きません。また、比較的大きなモデルが多く、持ち運びには不向き。静かな空間で音楽を楽しみたい方におすすめです。

密閉型

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンとは、ドライバーユニットをハウジング部分で密閉しているヘッドホンです。ハウジング部分には樹脂や木材を使っており、外部に音がほとんど漏れません。

遮音性が高いため、街中など騒音の大きな場所で使用する方におすすめ。また、密閉型ヘッドホンにはノイズキャンセリング機能を搭載しているモデルもあり、静かな空間を作り出したいときにも便利です。

低音を逃しにくい構造なので、EDMやロックなどで、ビートをしっかり感じられます。重低音の効いた曲を楽しみたい方にもおすすめです。

高級ヘッドホンの選び方

音の特徴をチェック

By: amazon.co.jp

同じように見える高級ヘッドホンでも、それぞれ音の特徴が異なるので、好みによって選びましょう。例えば、モニターライクな音が好みの方には、フラットな音質で再生できるヘッドホンがおすすめ。解像度の高いモノなら、繊細な楽器表現も楽しめます。

一方、EDMやダンスミュージックなど、ビートを感じられる音楽が好きな方には、低音に比重をおいた音質のヘッドホンがおすすめ。密閉型でもクリアな高音再生に対応したモノなら、幅広いジャンルの音楽が楽しめます。

また、同じ低音重視のモデルでもドライバーの大きさやハウジングの構造によって音の特徴が異なります。豊かな響きを重視したモノやタイトな音作りのモノなど、さまざまな製品のなかから自分好みのモデルを見つけましょう。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、高解像度を意味する「ハイレゾリューション」の略です。具体的には、高域再生性能が40kHz以上のモノを指します。

「Hz」で表される再生周波数帯域は、ヘッドホンが再生できる下限から上限までを示した数値です。数値幅が大きなモノほど広いレンジの音に対応し、従来のCDでは再生できなかった音も表現できます。

なお、ハイレゾ音源をそのまま再生するためには、オーディオ機器もハイレゾ対応している必要があるので注意が必要です。

インピーダンスをチェック

By: amazon.co.jp

インピーダンスとは、ヘッドホンケーブルの電流の流れやすさを表す数値で、「Ω」記号を用いて表されます。高いほど電流が流れにくく、低いほど電流が流れやすいことを示しており、音質にも影響する数値です。

インピーダンスが高いヘッドホンは音量が小さい傾向にありますが、ノイズが少なくクリアな音質で楽しめます。高音質のまま大音量で再生したい場合は、アンプをつなげるといった対応が必要です。

一方、インピーダンスが低いヘッドホンは音量が大きい傾向にあるのが特徴。ただし、ノイズが入り音が歪みやすいので、繊細な音楽を聴くのには向いていません。

高級ヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

日本が誇るオーディオ機器メーカー「ソニー」。ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能を搭載したモデルが有名で、原音を忠実に再生できるモニターヘッドホンの製造でも知られています。

ソニーのヘッドホンはラインナップが豊富。高級ヘッドホンといえるモデルも製造されています。高音質なハイレゾ音源に対応しているモデルやバランス接続に対応したモデルなど、ハイスペックモデルにふさわしい機能を求める方におすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー」は、ヘッドホンやマイクの製造で有名。音質にこだわった音響機器を数多く販売しており、世界中で高い評価を得ているメーカーです。

ゼンハイザーの高級ヘッドホンは開放型が多く、空気感の表現に優れている傾向があります。また、ラインナップが豊富なので、好みのサウンドが再生できる製品を見つけやすい点でもおすすめのメーカーです。

グラド(GRADO)

By: rakuten.co.jp

ニューヨークに本社を構えるオーディオ機器メーカー「グラド」。ヘッドホンだけでなく、レコードのカートリッジを製造していることでも有名です。グラドの高級ヘッドホンは、音質はもちろんデザイン性が優れている点でも人気。1953年に設立されてから60年以上もハンドメイドでこだわりの製品を作り続けているメーカーです。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|開放型

第1位 ゼンハイザー(SENNHEISER) HD 660S

透明感のある音質とつけ心地の良さで長時間の使用にもおすすめ

ナチュラルで高い表現力を備えた開放型の高級ヘッドホンです。インピーダンスを150Ωに抑えることで汎用性を向上。透明感のある音質を実現しており、幅広いジャンルの音楽を楽しめるのが特徴です。

再生周波数帯域が9Hz〜41kHzでハイレゾ音源に対応しているのも魅力のひとつ。耳にフィットする楕円形のイヤーカップや厚みのあるヘッドバンド、取り外し可能なイヤークッションにより、長時間のリスニングを快適にします。

接続には6.35mmステレオプラグおよび4.4mmバランスステレオプラグを採用。ケーブルには伝導性の高いOFC銅線が使われており、ハンドリングノイズも低減されています。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ハイレゾリューション・ヘッドホン HD 800 S

クリアな高音と音楽の細かなニュアンスを味わえる

中音と低音の再現力を高めた開放型の高級ヘッドホン。4Hz~51kHzのワイドレンジに対応しており、ハイレゾ音源の高音質再生に対応しているのが特徴です。音質低下につながる「マスキング効果」を除去できると謳っている「アブソーバーテクノロジー」を採用。幅広い周波数帯域で音楽の細かなニュアンスを味わえます。

独自の大型トランスデューサー・システムの搭載に加えて、革新的なリングデザインによるダイヤフラムを採用。高周波数帯で起こりやすい音の歪みを軽減し、クリアな高音を楽しめます。

接続は6.3mmステレオプラグおよび4.4mm Pentaconnバランスプラグを採用。3mと余裕を持った長さのケーブルを付属しているので、オーディオ機器から離れたところで使用したい方にもおすすめです。

第3位 グラド(GRADO) RS1e

約200gの軽量さとおしゃれなデザインがポイント

おしゃれな見た目が特徴的な開放型の高級ヘッドホンです。ハウジングに高級感のある削り出しのマホガニー材を採用。ハウジングの質量を増やすことで、よりスピード感あふれるサウンドを楽しめます。

本体重量はわずか約200gと軽量設計なので、長時間でも快適にリスニング可能。インピーダンスは32Ωと低めで、大きめのサウンドが好みの方にもおすすめです。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-ADX5000

臨場感と迫力のあるサウンドを楽しみたい方に

ドライバーとバッフルを一体化させて音の歪みを抑えた、開放型の高級ヘッドホンです。大口径58mmドライバーユニットにより、迫力あるサウンドを実現。耳からハウジングまでを2分の1に仕切る位置にボイスコイルを配置しており、開放型ハウジングの魅力を引き出す抜け感のよい音を再生できます。

耐久性と通気性に優れたイタリアのアルカンターラを、イヤーパッドとヘッドバンドに採用。長時間着用しても負担になりにくく、快適なリスニング体験を実現します。ボーカルの息遣いなど臨場感を楽しみたい方におすすめの高級ヘッドホンです。

第5位 アーカーゲー(AKG) スーペリアリファレンスヘッドホン K812-Y3

自然な再生が特徴のプロ向けに作られた開放型の高級ヘッドホンです。53mm大口径ドライバーと強力な磁気回路を搭載しています。

銅被膜アルミニウムを使用した2層構造のボイスコイルを採用しているのも魅力のひとつ。軽量ながら5Hz~54kHzのワイドレンジ再生に対応しています。耳をしっかりと覆うアラウンドイヤータイプのイヤーパッドの採用により、快適な装着感を実現。モニターライクの音を好む方にもおすすめです。

第6位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) DT 1990 PRO

プロ向けに設計された開放型の高級ヘッドホンです。インピーダンス250Ω、45mmテスラ2.0ドライバーを採用。音の歪みを低減し、パワフルなサウンドを再生できるのが特徴です。

快適な装着感と音質を備えた、2種類のベロア製イヤーパッドを採用しているのも魅力のひとつ。低音域の表現を豊かに再生したい場合は「バランスド」、ニュートラルな音場表現を再現したい場合は「アナリティカル」など、目的に合わせて選べます。

高級ヘッドホンとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

第7位 メゼオーディオ(MEZE AUDIO) EMPYREAN MEMP

世界初の等磁力ハイブリッド配列ドライバーを搭載した開放型の高級ヘッドホンです。低域が得意なスイッチバックコイルと中高域が得意なスパイラルコイルの2つのコイルを配置することで、ワイドレンジな再生に対応。軽量ながら高音質サウンドを楽しめます。

本製品は、耳の形にフィットする卵型のイヤーカップや、圧迫を分配する「サスペンションヘッドバンド」を採用。ひとつずつ手作りで仕上げられており、デザインも高い評価を得ています。音質だけでなく、見た目も妥協したくない方におすすめです。

第8位 オーデジー(AUDEZE) LCD-2 Classic

ロングセラーモデル「LCD-2」を最新技術で復刻させた開放型の高級ヘッドホン。ドライバーにはAUDEZE独自開発の平面磁気技術を採用しています。超薄型ダイヤフラムは軽量で、正確な音源再生が可能です。

ヘッドバンドには軽量な素材のサスペンション機構を搭載。イヤーパッドには形状記憶素材を使用しているので、長時間着用しても負担になりにくいのが魅力です。

また、従来の「LCD-2」に付属していた頑丈なトラベルケースをなくしたことでコストパフォーマンスが向上。より手が出しやすい価格で販売されているのもおすすめポイントです。

第9位 ミスタースピーカーズ(MrSpeakers) AEON FLOW Open-Back MRS-AEFO-DRP18

長年培ったノウハウを活かして設計し、優れた音質を実現した開放型の高級ヘッドホン。ハウジング部を耳の形に近づけ、サイズを最小限に抑えたことで軽量化を実現し、装着時の快適性を高めているのが特徴です。

また、バンドワイヤとハウジングを固定するヒンジを失くすためのオリジナルパーツを設計することで、さらに軽量化されているのもポイント。ケーブルには、取り回しやすいDUMMERケーブルを採用しています。スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第10位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) T1 3rd Generation

第3世代の「テスラドライバー」を搭載した開放型高級ヘッドホンです。ひとつひとつの音をきめ細やかに再現するチューニングが施されているのが特徴。テスラドライバーの1テスラを超える磁力により、音の歪みなどを低減し、高解像度な再生を実現しています。

また、ドライバーを傾けて配置することで、臨場感あふれるサウンドを再生できるのも魅力のひとつ。まるでライブ会場で生演奏を聴いているかのような、立体的なリスニング体験を楽しめます。

繊細な高音質サウンドを楽しみたい方や、臨場感あふれるサウンドを体感したい方はぜひチェックしてみてください。

高級ヘッドホンのおすすめランキング|密閉型

第1位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

大口径70mm振動板により、まるで生演奏を聴いているかのような響きを再生する、密閉型の高級ヘッドホンです。ドームを大型化、形状を最適化することで中低音域のクリアな表現が可能。フィボナッチパターングリルを採用することで、ハイレゾ音源を忠実に再生できるのも特徴です。

また、ハウジングに搭載された通気孔により、空気の流れを調節。低音をコントロールし、振動板の動作を最適化することで正確にリズムを再現できるのも魅力です。

イヤーパッドは、頭の凹凸にフィットする形状に裁縫し、低反発ウレタンフォームを採用。密閉型ながら快適な着け心地を実現するので、長時間のリスニングにもぴったりです。

第2位 デノン(DENON) オーバーイヤーヘッドホン AH-D9200

高知県で生産された竹材をハウジングに採用した、おしゃれな高級ヘッドホンです。ひとつずつ職人により丁寧に仕上げられており、高い品質を実現。軽量性や高剛性などを備えた50mm径のナノファイバー振動板が採用され、低域の豊かなサウンドを楽しめます。

本製品は、着脱式シルバーコートOFCケーブルを採用。ハンガー部には軽量かつ堅牢なアルミダイキャストを使用しており、魅力的な音響パフォーマンスを実現しています。

イヤーパッドには、高い耐久性を備えた独自開発の人工皮革を採用。長時間でも快適にリスニングできるのもポイントです。デザインにこだわりたい方も、ぜひチェックしてみてください。

第3位 オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

日本国内の工場にて組み立てられる、密閉型の高級ヘッドホン。無垢削り出しハウジングの天面にフレイムメイプル材を張り合わせており、使い込むほど味が出てくるのも魅力です。

ドライバの通気性を最適化した新形状バッフルを採用。歪みのないクリアな中低域再生を楽しめます。また、イヤーパッドが頭の形状にフィットし、耳周りを均一に包み込むので、高い密閉性と装着性を得られるのもポイント。ナチュラルなサウンドを好む方にもおすすめの高級ヘッドホンです。

第4位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

空気感の表現を追求して設計された高級ヘッドホンです。ソニーの音響テクノロジーを注ぎ込んで作られたフラッグシップモデル。大口径の70mmHDドライバーユニットを搭載しており、ワイドレンジかつダイナミックなサウンドを楽しめます。

ボイスコイルで発生した振動をドーム部に効率よく伝送できるので、120kHzの超高域再生が可能。解像度の高いハイレゾ音源をしっかり再生したい方におすすめです。ステンレスワイヤーを繊細に編み込んで3次元曲面に成形したハウジングプロテクターを採用し、耐久性にも優れています。

さらに、頭にフィットするような立体縫製が施されたイヤーパッドを採用。長時間、高音質サウンドを聴きたい方にもおすすめです。

第5位 オーディオテクニカ(audio-technica) アートモニターヘッドホン ATH-A2000Z

二重構造ハウジングで、伸びのある低域再生を実現した高級ヘッドホンです。優れた音響特性と高剛性を兼ね備えた軽量チタニウムハウジングの中に、新開発の53mmドライバーを搭載。ドライバーの高い駆動力が魅力です。

再生周波数帯は5Hz〜45kHzとワイドレンジで、多くの情報を持ったハイレゾ音源の再生にも対応。適した密閉感で快適な装着感をキープする「新3D方式ウイングサポート」を採用しているのも特徴です。

低反発素材を使用した立体縫製イヤパッドにより、長時間リスニングしても疲れにくいのもポイント。高級ヘッドホンのなかでは比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

第6位 ゼンハイザー(SENNHEISER) ダイナミックステレオヘッドフォン HD 820

ゼンハイザー独自の「ガラストランスデューサーカバー」を採用した高級ヘッドホンです。透明感のあるナチュラルなサウンドが特徴。ハウジング部に曲面ゴリラガラスを採用することで、反響音を抑制します。

インナーダンパーが内蔵された堅牢なメタルヘッドバンドも魅力。イヤーパッドのクッション材に採用されているマイクロファイバーが、周囲の雑音を低減するのもポイントです。

接続には、6.3mmステレオ標準プラグと、4.4mm5極バランスPentaconnプラグを使用。密閉型ながら、透明感のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第7位 バング&オルフセン(Bang & Olufsen) PLAY Beoplay H9 3rd Generation

優れた機能性とデザイン性を兼ね備えた、ワイヤレスタイプの高級ヘッドホンです。約25時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵しているので、毎回充電するのが面倒な方にぴったり。周囲のノイズを低減して静寂のなかで音楽を楽しめる、高度なノイズキャンセリング機能も搭載しています。

形状記憶フォームで耳にしっかりフィットするのもポイント。長時間のリスニングにもおすすめです。ケーブルのわずらわしさを感じないので、屋外で高音質サウンドを楽しみたい方もチェックしてみてください。

第8位 ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) 密閉型Bluetoothヘッドホン Amiron Wireless JP

ハイレゾ音源に対応したワイヤレスタイプの高級ヘッドホン。Qualcomm aptX HDおよびaptX LLコーデックに対応しています。

ベイヤーダイナミック独自の「テスラテクノロジー」の採用により、ワイヤレスでもクリアな再生が可能。本体にはタッチパッドが搭載されており、音楽の再生や通話なども直感的に操作できます。

ひとつずつハンドメイドで作られているため、高品質な点も魅力。ワイヤレスでも音質を妥協したくない方におすすめです。

第9位 フォステクス(FOSTEX) プレミアム・リファレンス・ヘッドホン TH610

ハウジング部に黒胡桃無垢削り出し材を採用した、おしゃれな高級ヘッドホンです。美しい木目と艷やかなサウンドが特徴。50mmドライバーユニットを採用しており、歪みが少ないワイドレンジなサウンドを楽しめます。

振動板にはフォステクス独自の「バイオダイナ」を採用。低域・中域・高域がそれぞれ特徴的に再生されます。内部パーツにアルミニウムやマグネシウムを多用することで、高い質感と軽量化を実現しているのもポイントです。

ケーブルには特殊加工により優れた導電性を発揮する、純銅製高級ケーブルを採用。高級感ある見た目のモノを探している方にもおすすめです。

第10位 アーカーゲー(AKG) K872-Y3

AKGのなかでもハイスペックな高級ヘッドホンです。大口径53mmダイナミックドライバーを採用。広いダイナミックレンジを実現しつつ、微細な音も再生できるのが特徴です。

3Dスローリテンション技術を採用した、耳をすっぽり覆うイヤーパッドも魅力のひとつ。圧迫感を低減して心地よく密着するので、長時間でも快適にリスニングできます。

また、ダイヤフラムの中心部に「エアフロー・ドーム構造」を設けることで、密閉型ながら歪みの少ないサウンドを再現。モニター用ヘッドホンを探している方にもおすすめです。