ダンスミュージックやクラブミュージックなどで人の心を躍らせる重低音。高音を支えるベース音としての低音もよいですが、強く心臓を揺さぶるようなビートも重低音の魅力です。

重低音ヘッドホンの奏でる低音は、一般的なヘッドホンとは違った迫力。ハイレゾ対応のモノを選べば、まるでライブ会場にいるような臨場感です。そこで今回は、低音の再生に特化した重低音ヘッドホンを紹介します。

重低音ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用もおすすめ。身体に響いてくる低音を心行くまで楽しめます。

特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。

一方、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視した音づくりではありません。高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングとなっています。

同じプロ向けでも音質に差があるので、重低音を楽しみたいならDJプレイ向けに開発された重低音を重視したモデルがおすすめです。

重低音ヘッドホンの選び方

形状をチェック

By: amazon.co.jp

まずは重低音ヘッドホンのハウジング部分をチェックしましょう。ハウジングとは耳に当てるイヤーカップ部分のことで、外観やデザインを左右するだけでなくドライバーを内蔵している部分でもあるため、音質にも大きな影響をおよぼします。

ハウジングの形状は大きく分けると開放型と密閉型の2種類。ハウジングやドライバーが密閉されていない重低音ヘッドホンを開放型、ハウジングやドライバーが密閉されている重低音ヘッドホンを密閉型と言います。

より詳細に分けるとハウジングに穴が開いている「半密閉」や「全開放型」などがありますが、ここでは「開放型」と「密閉型」の詳細を見てみましょう。

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型のヘッドホンは耳を密閉しないので、長時間着けていても快適で軽い装着感が魅力。音の抜けや高音域の伸びがよいという音質的な特徴を持っています。

一方、遮音性が低いので周囲の音が大きい街中での使用には向きません。音漏れも大きいので、人の密集する電車内での使用にも不向き。低音も漏れてしまうので、ダンスミュージックなど重低音の響きを感じたい方にはおすすめできません。

ただ、開放型のヘッドホンは音の抜けや再現性に優れています。より低音の音をクリアに聴きたい方や、キレのある低音を楽しみたい方におすすめです。

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れの心配がありません。街中の喧噪の中でもはっきりと聴きとれるのが大きな魅力。音質は重低音が響きやすい傾向にあります。

ただ、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。音がこもりがちなので、各楽器の音を聴きとりたい方や低音域から高音域までフラットに聴きたい方には不向きです。

密閉型のヘッドホンは、迫力ある重低音を楽しみたい方や、胸に響いてくるビートに乗りたい方におすすめ。耳全体を覆うタイプのオーバーイヤー型を選べば、外出中もほとんど音漏れしないので、周囲を気にせず楽しめます。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

同じ重低音ヘッドホンでも、解像度が高いモノや中高音域とのバランスがとれているモノなど、それぞれ音質に特徴があります。

重低音ヘッドホンを選ぶ際は特にハイレゾ音源に対応しているかを注目しておきましょう。ハイレゾとは解像度の高い音源のことで、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感が魅力。従来のCDでは録音しきれなかった細かな音も聞こえてきます。

WAVやFLACなど、ハイレゾ対応しているオーディオプレーヤーを持っている方は、より高解像度の音楽が楽しめるよう重低音ヘッドホンもハイレゾ対応のモノにするのがおすすめです。

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーがケーブルでつながっているモノのことを指します。

有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっているので音の劣化を防げます。また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。

ただ、有線タイプは断線や移動時に邪魔になるというデメリットがあります。ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には向いていません。また、収納時はケーブルが絡まって断線しないよう注意する必要があります。

有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や音質を重視している方におすすめです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーをケーブルでつなぐ必要がないモノのことです。ケーブルを気にする必要がないのでダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用できます。

従来なら有線タイプのモノが一般的でしたが、Bluetoothの登場によって無線タイプの重低音ヘッドホンも飛躍的に増加。無線の届く範囲内ならオーディオプレーヤーから離れられるのが魅力です。

ただ、無線タイプは有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。電波干渉などによって本来の音質を十分に楽しめません。また、一部のオーディオプレーヤーでは対応していない場合もあります。購入前に使用可能かチェックしておきましょう。

無線タイプの重低音ヘッドホンは、音質はそれほど重視しないが体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

ダイナミックドライバーをチェック

By: rakuten.co.jp

重低音ヘッドホン内部の空気を震わせる構造のことをドライバーと言います。ドライバーにはダイナミック型・バランスドアーマチュア型・コンデンサー型などがあり、多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイナミック型のドライバーです。

ドライバーは、マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されており、ダイナミックドライバーの重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて空気を振動させています。

高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。ダイアフラムの大きさは「ドライバー口径」とも呼ばれ、これが大きければ大きいほど重低音の迫力が増し、より高音質で楽しめます。

重低音ヘッドホンの人気メーカー

ビーツ(Beats)

By: amazon.co.jp

ビーツはアーティストプロデューサーとして有名なドクター・ドレーを中心に、レディガガやU2、エミネムなど世界のトップを描けるアーティストが所属するレコード会社の社長ジミー・アイオヴィン氏が設立した音響機器メーカーです。

設立は2006年と新しい会社ですが、その洗練されたフォルムとエッジのきいた低音ベースの音作りが人気を博し、今やアメリカを代表するブランドのひとつになっています。Apple社製品との相性も良好です。

ビーツのヘッドホンはどれも重低音が楽しめますが、中でもおすすめなのは「Solo3」。ワイヤレスで最長40時間連続使用できるのが特徴です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは世界的にも有名なメーカー。オーディオだけでなくテレビやカメラ、スマートフォンなど数多くのジャンルで活躍しています。オーディオのデジタル化にも注力し、フィリップス社と共同してCDを開発したことでも有名です。

また、1978年にはウォークマンを開発。ヘッドホンで音楽を聴くという新しい生活スタイルを確立しました。新しい機器や機能を次々と開発し、今なおオーディオ機器の最先端をひた走っています。

重低音が楽しめるモノとして代表的なのは「EXTRA BASS」シリーズ。中でもMDR-XB950N1は、「フルオートAI」と呼ばれるAIによるノイズキャンセリング技術を採用しており、ソニーの高い技術力がうかがえます。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは音響機器を中心に取り扱うメーカーです。ソニーと比べると小規模ですが、数多くの家電量販店で取り扱われています。

安価なモノから高価なモノまで幅広く展開しているのが特徴。オリンピックなどの国際的なイベントでも採用されるほど品質がよく、オーテクサウンドとも呼ばれる中高音域を重視したクリアなサウンドが魅力です。

重低音が楽しめるモノとして代表的なのは「SOLID BASS」シリーズ。バランスを重視したモノからキレを重視したモノまでさまざまな音質の重低音ヘッドホンが揃っています。オーディオテクニカならではの幅広い価格帯も魅力的です。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

世界で初めて開放型のヘッドホンを開発したドイツの音響機器メーカーです。高音の伸びのよさが特徴的ですが、重低音に比重をおいたシリーズも展開。中高音域を邪魔しないクリアな低音サウンドが魅力です。

重低音が楽しめるモノとして代表的なのは「MOMENTUM」シリーズ。しっとりとした滑らかな音質が特徴の密閉型ヘッドホンのシリーズです。しなやかな流線形のボディデザインも魅力。低音の迫力と中高音域の繊細さをあわせ持つモデルに仕上がっています。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはアメリカの研究開発企業です。1964年にマサチューセッツ工科大学の教授によって設立され、心理音響学の分野にまでわたる研究が注目を集めました。世界で初めてノイズキャンセリングの技術を開発したメーカーでもあります。

華やかなサウンドが特徴的で特に中音域の鮮明さが魅力的。低音の強く出ている曲でも、ボーカルの声が埋もれずはっきりと聞こえます。おすすめなのは「Quiet Comfort」シリーズ。ノイズキャンセリング機能を搭載したシリーズで、中でもQuiet Comfort 35はBluetooth機能も搭載しています。

重低音ヘッドホンのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-WS1100

オーバーヘッド型のヘッドホンは直径30~53mmのドライバーが多い中、この重低音ヘッドホンのドライバーは直径53mmと大経口。迫力のある低音が楽しめます。また、ハイレゾにも対応しているので鮮明な音質を楽しみたい方にもおすすめです。

不要なノイズを軽減するよう設計されているので、中音域もクリア。低音の迫力に埋もれず、どの音もバランスよく聞こえます。

さらに、装着感のよいイヤーパッドも魅力。柔らかなクッションと硬めのクッションの2層にすることで、高音質と心地よい装着感の2つを両立しています。耳しっかりと覆う密閉型ですが、長時間使用しても耳が痛くなりません。

有線タイプですが着脱コード式なのでメンテナンスが簡単に行えます。万が一断線してもコードを取り換えて長く使える重低音ヘッドホンです。

ビーツ(Beats) Solo3 Wireless

迫力のある重低音が心地よいビーツの重低音ヘッドホンです。本モデルは低音だけでなく幅広い音域をカバーし、繊細な表現もクリア。密閉型の重低音ヘッドホンなので遮音性が高く、重低音を楽しみたい方におすすめです。

また、最大40時間という大容量バッテリーも大きな魅力。ワイヤレスヘッドホンは充電切れが大きなデメリットですが、本モデルは5分の充電で最大3時間使用できます。

Apple社製品との相性がよく、重低音ヘッドホンひとつで電話応答・Siriの起動・音楽アプリの操作まで行えるのも特徴のひとつ。Class 1のBluetoothを採用しているので離れていてもスムーズに接続できます。

デザイン性が高く、折りたたんで持ち運べるのも魅力。光沢のあるボディと気持ちのよい着け心地が多くの人の心をつかみ、世界中で着々と人気を伸ばしています。

ボーズ(Bose) QC35 wireless headphones I

高いノイズキャンセリング性能を持つQuiet Comfortシリーズの重低音ヘッドホンです。搭載されているアコースティックノイズキャンセリング機能を使用すれば周囲のノイズが消え、クリアな音質を楽しめます。

Bluetoothに対応しているので、移動しながらの使用にもおすすめ。バッテリーは最長20時間持ち、15分の充電で約2時間半使用できます。イヤーパッドの素材にもこだわっており、ヘッドバンドには高級車にも使われているAlcantaraを使用。柔らかなイヤークッションが耳を包み込み、長時間の使用も快適です。

Bose Connectアプリをダウンロードすればペアリングの管理や設定も可能。直感的に操作でき、簡単に設定を変えられるのも魅力です。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-XB950

重低音の魅力的なEXTRA BASSシリーズの密閉型ヘッドホンです。ハウジング上にあるダクトがダイアフラムの振動を最適化。40mmの大口径ドライバーが重低音を響かせます。

重低音に比重をおいているものの、中高音域とのバランスもとっているのでボーカルの声もクリア。低音の迫力ある響きと音の鮮明さを併せ持つ重低音ヘッドホンです。

ヘッドバンドの接触面積が広いので長時間の装着でも安定しており、頭頂部だけ痛くなる心配もありません。ハウジング部は収納できるので持ち運びにも便利です。

ゼンハイザー(ZENNHEISER) ヘッドホン HD 700

大口径の40mmドライバーを搭載している開放型の重低音ヘッドホンです。大きなハウジング部が特徴的ですが、ケーブルを除いた重量は292gと軽量です。

ドライバーには「SYS 40mm トランスデューサー」を採用しており、音の歪みを軽減した高解像度の音質が魅力。傾斜しているアコースティックバックルが音の放射を可能にし、よりリアリティのある音を聴けます。

イヤーパッドには良質なマイクロファイバーベロアを採用。分厚いヘッドクッションで長時間の使用も苦になりません。ケーブルには伝導性の高い素材を使用しており、高音質を楽しめます。

有線の重低音ヘッドホンは断線しやすいのがデメリットですが、ケーブルを特殊繊維でカバーしているので簡単には断線しません。ケーブルは脱着できるので、万が一断線してしまった場合も安心です。音質のよさや使い心地のよさなどから、ビジュアルグランプリを受賞している重低音ヘッドホンでもあります。

JVCケンウッド(KENWOOD) アラウンドイヤーヘッドホン HA-XM20X

50mmの大口径で迫力ある音を感じられる重低音ヘッドホンです。密閉型のデメリットである音のこもりを解決できるようエクストリームディープバスポートを採用。独自構造で排気側の圧力を調節し、キレのある重低音が楽しめます。

ハウジングのカバーにはエラストマー素材を使用。強い衝撃にも耐えられるので、外出時の使用にもおすすめです。カバーは頑丈ですが、イヤーパッドは柔らか。密閉性が高く、長時間快適に使用できます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレス ステレオヘッドセット HA-SD70BT

ワイヤレスでもハイレゾを楽しみたい方におすすめの重低音ヘッドホンです。デジタル処理によって削られた音楽情報を復元する独自技術「K2 TECHNOLOGY」で、ハイレゾ音源に近い解像度まで引き上げます。

また、ドライバーユニットには40mmのハイレゾ対応チタンコートを採用。中高音域も鮮やかに聞こえるので、音の輪郭がぼやけがちなベース音もはっきりと聞こえます。タイトで華やかなバンドサウンドを楽しみたい方におすすめです。

イヤーパッドは柔らかなレザー素材。使いやすく音質を損なわないよう設計されています。折りたたみ可能なので、持ち運びにも便利。1回の充電で約20時間の連続再生が可能なので電池切れの心配もありません。

専用ヘッドホンケーブルが付属しているので、より高音質な音楽を楽しみたい方も安心。有線接続はハイレゾ対応しており、より繊細な表現まで堪能できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WS550

低音に比重をおいた「SOLID BASS」シリーズの重低音ヘッドホンです。直径53mmの大型ドライバーを採用し、圧倒的な重低音サウンドを演出します。心行くまで脈打つビートに乗りたい方におすすめです。

密閉型の重低音ヘッドホンですが、音がこもらないよう独自構造で空気の動きを制御。振動版の動きを正確にコントロールし、洗練された低音と抜けのよい高音を両立しています。

大きな円形が特徴的なエンクロージャーデザインは、見た目の美しさのためだけでなく不要な振動制御のことも考えて設計されたモノ。アルミニウム材でできた大きなリングでノイズを発生させる振動を制御し、タイトでクリアな音を再現します。

パイオニア(Pioneer) ヘッドホン SE-M531

40mmのドライバーを採用している重低音ヘッドホンです。パワフルな低音を楽しみたい方におすすめ。POWERFUL BASSダクトを採用し音のこもりを解消。低音から高音までクリアで臨場感あふれる音を楽しめます。

有線タイプですが、コードは3.5mと長いのでプレーヤーから離れた位置で作業したい時も快適。ヘッドバンドも自由な長さに調節でき、頭を締め付けられることもありません。イヤーパッドは柔らかく心地よい装着感で、長時間の使用にもおすすめです。

シュア(SHURE) ポータブルヘッドホン SRH145 マイク付き

しっとりとした芯のある低音を楽しみたい方におすすめの重低音ヘッドホンです。フルレンジオーディオに対応しており、重低音に比重をおきつつ高音から低音までバランスよく表現します。

シンプルでコンパクトなデザインも魅力。150gと缶コーヒーよりも軽く、折りたたみもできるので持ち運びにも便利です。調節可能なイヤーカップに分厚いパッド入りのヘッドバンドなので長時間使用しても耳が痛くなりにくく、快適に使用できます。

ドライバー口径36mmと重低音ヘッドホンとしては小ぶりですが、コスパのよさが魅力です。