ダンスミュージックやクラブミュージックなどで人の心を躍らせる重低音。高音を支えるベース音としての低音も重要ですが、強く心臓を揺さぶるようなビートも重低音の魅力です。

重低音ヘッドホンの奏でる低音は、一般的なヘッドホンとは違った迫力を体感できます。そこで今回は、低音の再生に強い重低音ヘッドホンをご紹介。おすすめメーカーもピックアップしているので、チェックしてみてください。

重低音ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用にもぴったり。身体に響いてくる低音を心行くまで楽しめます。

特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。

一方、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視した音づくりではありません。高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングが特徴です。

重低音ヘッドホンの選び方

形状をチェック

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型のヘッドホンは、音の抜けや高音域の伸びのよさが特徴です。また、耳を密閉しないので装着感が軽く、長時間のリスニングも快適に楽しめます。

一方、遮音性が低く音漏れも大きいため、周囲の音が大きい街中や電車内での使用には向きません。大音量で重低音をしっかり聞きたい方は、密閉型をチェックしておきましょう。

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れしにくいのが特徴です。周囲を気にせず音楽を楽しめるのが魅力。音質は重低音が響きやすく、迫力ある重低音を楽しみたい方や、ビートに乗りたい方におすすめです。

ただし、密閉型のヘッドホンは音がこもりがちなので、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。各楽器の音を聴きとりたい方や、低音域から高音域までフラットに聴きたい方は、開放型をチェックしてみてください。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

同じ重低音ヘッドホンでも、解像度が高いモノや中高音域とのバランスがとれているモノなど、それぞれ音質に特徴があります。どのような音質のヘッドホンかを事前に確認しておくことが必要です。

また、重低音ヘッドホンを選ぶ際は、ハイレゾ音源に対応しているかも注目しておきましょう。ハイレゾは解像度の高い音源のことで、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感を楽しめるのが魅力です。

WAVやFLACなど、ハイレゾ対応しているオーディオプレーヤーを持っている方は、より高解像度の音楽が楽しめるようハイレゾに対応したモデルをチェックしておきましょう。

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーをケーブルでつなげて使うモノのことを指します。

有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっており、音の劣化を低減できます。また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。

ただし、有線タイプは断線したり、移動時に邪魔になったりすることがあります。ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には不向き。さらに、収納時はケーブルが絡まないよう注意する必要があります。

有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や、音質を重視している方におすすめです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。ケーブルを気にする必要がないので、ダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用可能。無線の届く範囲内であれば、オーディオプレーヤーから離れられるのも魅力です。

ただし、電波干渉などの影響で、有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。また、使用前に充電する必要があることにも留意しておきましょう。無線タイプの重低音ヘッドホンは、体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

ダイナミックドライバーをチェック

By: rakuten.co.jp

重低音ヘッドホン内部の音を鳴らす構造を「ドライバー」といいます。ドライバーにはダイナミック型・バランスドアーマチュア型・コンデンサー型などがあり、多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイミック型のドライバーです。

ドライバーは、マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されています。ダイナミックドライバーの重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて音を作る仕組みです。

高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。ダイアフラムの大きさである「ドライバー口径」が大きいほど、より高音質で楽しめます。

重低音ヘッドホンの人気メーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは世界的なオーディオ・ビジュアル機器メーカー。CDやウォークマンを開発するなど、常に世界をリードするオーディオ技術を生み出してきました。

ヘッドホンにおいては、定評のある技術力を生かした、高性能で多機能なモデルが多いのが魅力です。「EXTRA BASSシリーズ」は重低音を強化したヘッドホン。迫力のある重低音を楽しめるのがポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: jvc.com

JVCケンウッドの前身であるJVCは、1959年に日本で生まれたブランド。「日本ビクター株式会社」が海外展開する際に使っていましたが、現在は世界共通ブランドのJVCとして、国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。

なお、日本ビクターはケンウッド(KENWOOD)と2008年に合併し、それぞれのブランドで製品を発売。JVCでは「原音探求」の考え方を基にしたオーディオ製品開発が行われてきました。振動板素材に木材を使用することで、リアルなサウンドを追求した「ウッドコーンスピーカー」が特徴的です。

重低音ヘッドホンにも積極的で、高音質とキレのある重低音を両立させたモデルなどを展開しています。

コス(KOSS)

By: rakuten.co.jp

アメリカの老舗ヘッドホンメーカーです。放送局や録音スタジオといった現場で用いられるプロユース製品を長年にわたり販売。一般用ヘッドホンも手掛けており、世界的に人気があります。

音質は、存在感のある低音が特徴。プロ向け機器を手掛けるメーカーのヘッドホンを使ってみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

重低音ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン MDR-XB950N1

重低音の再生に特化したソニーの人気モデルです。重低音のグルーブ感をダイレクトに伝達する「ベース・ブースター」と、重低域をブーストする「エレクトロ・ベース・ブースター」組み合わせることで、クラブで音楽を聴いているような大迫力の重低音が体感できます。

機能面では、その場に適したキャンセリングモードを自動選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」、最大8台までのデバイスと接続できるマルチペアリングなどに対応。ハウジング部をコンパクトに折りたためる、「スイーベル&折りたたみ」機構を採用しているのも魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) N_W SOLIDEGE HA-SD70BT

高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」を搭載した重低音ヘッドホン。ケーブルを気にせず使えるワイヤレスタイプながら、ハイレゾ相当の高音質で音楽が楽しめるのが特徴です。

40mmドライバーユニットを採用しており、力強くキレのある重低音が楽しめるのも大きなポイント。イヤーパッドには、ソフトなレザー素材を採用しているので、長時間のリスニングでも快適に使えます。1回の充電で約20時間使える駆動時間の長さも魅力です。

コス(KOSS) Porta Pro Wireless

コンパクトで扱いやすい重低音ヘッドホンです。重量わずか70gの軽量設計と、通気性に優れた柔らかいイヤークッションを採用することで、長時間の使用でも疲れにくい快適な装着感を実現しています。

高音質伝送が可能なQualcomm aptXを採用しているのも特徴のひとつ。開放型ながら低音の表現力にも優れているので、重低音を楽しみたい方におすすめです。

そのほか、曲の再生・停止や音量調節が可能なインラインボタン、ハンズフリーの音声通話が可能な内蔵マイクなど基本性能も充実。衝撃を和らげる丈夫な専用セミハードケースが付属しているので、外出先にも気軽に持ち運んで使えます。

スカルキャンディー(Skullcandy) CRUSHER ANC S6CPW-M448

機能が充実したスカルキャンディーの人気モデルです。重低音を響かせる特許技術「センサリーベース」を搭載。低音のレベルは、イヤーカップのスライダーで簡単に調節できます。専用アプリを使えば、各ユーザーに合ったサウンドプロファイルを作成できるのも大きなポイントです。

重量は308gで、接続方法はケーブルレスで使えるBluetoothを採用。バックグラウンドノイズを低減する「アクティブノイズキャンセリング」を搭載しているので、室内はもちろん外出先でも快適に音楽が楽しめます。

パイオニア(Pioneer) DJヘッドホン HDJ-X5BT

機能性とデザイン性のバランスに優れたDJ向けの重低音ヘッドホン。アメリカ軍の調達規格である「MIL-STD-810G」に準拠した試験をクリアしており、高い耐久性を実現しています。

解像度が高くバランスのよいチューニングと、バスレフ方式のチャンバーを組み合わせることで、パワフルな低音が楽しめるのが魅力。コーデックは、SBC・AAC・aptX・aptX Low Latencyに対応しているので、ワイヤレスでも高音質でリスニングできます。

カラーバリエーションも豊富にラインナップ。ヘッドホンの見た目や色にこだわりたい方にもおすすめの1台です。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-WS990BT

直径53mmの「ディープ・モーションドライバー」を採用した重低音ヘッドホン。ケーブルを気にせず使えるワイヤレスタイプながら、クオリティの高い重低音サウンドが堪能できます。有線接続すれば、ハイレゾ音源が楽しめるのも大きなポイントです。

イヤーパッドには、硬度が異なる2層のクッション材を使用した「2レイヤード・イヤパッド」を採用。コンパクトに収納できるスイーベル機構により、持ち運びがしやすいのも特徴です。

ほかにも、外からの騒音をシャットアウトするノイズキャンセリング機能や、ヘッドホンを装着したまま外部音を取り込めるヒアスルー機能など、便利な機能を多数搭載。Bluetooth接続時、1回の充電で約30時間使える駆動時間の長さも魅力です。

デノン(DENON) オーバーイヤーヘッドホン AH-D7200

天然のアメリカン・ウォールナット材を採用した、高級な重低音ヘッドホン。音質に影響を与える不要な振動を低減します。

ヘッドホンの音質を大きく左右するドライバーには、低域の量感豊かなサウンドを実現する、50mm径のナノファイバー振動板を採用。ワンランク上の重低音ヘッドホンが欲しい方におすすめのモデルです。

高品質な7N OFCを導体に用いたケーブルが付属しているのもおすすめのポイント。柔らかな質感の天然シープスキンを使用したヘッドバンドや、軽量かつ堅牢なアルミダイキャストハンガーなど、細かいところまでこだわって作られているのも魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

基本性能が充実したゼンハイザーの人気モデルです。音楽を聴きながら外音を取り込める「トランスペアレントヒアリング機能」を搭載。移動中でも周囲の音を確認しながら安心して音楽が楽しめます。

再生周波数帯域は6Hz~22kHzで、コーデックはSBC・AAC・aptX・aptX Low Latencyに対応。専用アプリ「Smart Control App」を使えば、ノイズキャンセルモード切替やイコライザーなどのカスタマイズができるのも大きな特徴です。

アクティブノイズキャンセルは、最大モード・風切り音低減モード・圧迫感低減モードの3つモードに対応。シチュエーションに応じて適したモードに切り替えて使えるのでおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) TUNE 500BT

コスパに優れたおすすめの重低音ヘッドホンです。価格は安いものの、32mm径ドライバーとJBL Pure Bassサウンドを搭載。接続方法には、ケーブルを気にせず使えるBluetoothを採用しているので、外出先でも快適に使えます。

駆動方式はダイナミック型で、コーデックはSBCに対応。5分の充電で約1時間の再生が可能な、急速充電に対応しているのも嬉しいポイントです。

そのほか、複数のデバイスに同時接続可能なマルチポイント機能、ハンズフリー通話が楽しめる内蔵マイクなど、機能面も充実。多機能ボタンを押すだけで、音声認識アシスタントにアクセスできるのも魅力のひとつです。

ビーツ(Beats) Beats EP

重低音に力を入れたビーツのヘッドホン。上下に調節できるヘッドバンドを採用しており、頭にぴったりフィットします。フレームの素材には、丈夫で壊れにくい軽量ステンレススチールを採用。耐久性が気になる方でも安心して使えます。

接続方法は3.5mmオーディオプラグで、電池残量を気にせずに長時間リスニングが可能。通話や音楽の再生、ボイスアシスタントの起動が行える「RemoteTalkケーブル」を採用しているのも魅力です。

緻密なチューニングにより、低音から高音までバランスよく再現できるのも大きなポイント。カラーバリエーションが豊富なので、ヘッドホンの色にこだわりたい方にもおすすめです。

フィリップス(Philips) Fidelio X3/00

二層構造のイヤーシェルを採用したフィリップスのヘッドホン。振動・共振を軽減させて音の細部までしっかりと再現できるのが特徴です。緻密にチューニングされた50mmのアコースティックドライバーを採用することで、臨場感あふれるパワフルな低音が再生可能なのもポイント。

音の細部までの再現できるハイレゾオーディオ対応モデルなので、お気に入りの音楽を高音質で楽しめます。インパクトのある重低音に加え、中高域にもこだわりたい方におすすめです。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840-BK

40mm径のダイナミック型ドライバーユニットを搭載したヘッドホンです。スムーズな高域と、解像度の高い豊かな低音表現が可能。オープンバック構造を採用することで、広がりのあるステレオサウンドが聴けるのも魅力です。

人間工学に基づいたヘッドバンドは調節可能で、装着感に優れているのも特徴。自宅でラクに重低音を楽しめるヘッドホンを探している方におすすめです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) DT 1990 PRO

独自技術「テスラ2.0ドライバー」を搭載したヘッドホン。開放型で、奥行きのある音場表現を楽しめるのが特徴です。高域と低域のどちらも楽しみたい方に適しています。

イヤーパッドはバランスド・アナリティカルの2種類が付属。好みに合わせてつけ替えられるのがおすすめポイントです。コイルケーブル・ストレートケーブル・専用キャリングケースなど、付属品も充実しています。

アーカーゲー(AKG) Y400

携帯性に優れた重低音ヘッドホンです。重量は約170gと軽量で、小さく折りたためるコンパクト設計を採用。場所を気にせずどこにでも持ち運んで使えます。扱いやすいサイズながら、ドライバーサイズは36mmと十分です。

ヘッドホンを外さずに周囲の音を確認できるアンビエントアウェア機能や、音量を小さくして会話をしやすくするトークスルー機能に対応しているのも嬉しいポイント。外出先でも安心してリスニング可能です。

カラーバリエーションは、グリーン・ピンク・ブルーなどを幅広く展開。ファッション感覚で自分好みの色が気軽に選べるのもおすすめのポイントです。

ボーズ(Bose) Noise Cancelling Headphones 700

スタイリッシュな見た目が特徴的な、おすすめの重低音ヘッドホンです。シチュエーションに応じて、11段階の調節が可能なノイズキャンセリング機能を搭載しているのがポイント。音質は迫力のある重低音が特徴で、外部のノイズを気にせず、どこでもパワフルな低音を聴けます。

右イヤーカップのボタンを押すだけで起動する音声アシスタントや、15分の充電で2時間の音楽再生が可能な急速充電、クリアな音声通話が楽しめるボイスピックアップなど、機能面も充実。専用アプリ「Bose Music」を使えば、お気に入りの音楽がより快適に楽しめます。