ダンスミュージックやクラブミュージックなどで人の心を躍らせる重低音。高音を支えるベース音としての低音も重要ですが、強く心臓を揺さぶるようなビートも重低音の魅力です。

特に、「重低音ヘッドホン」の奏でる低音は、一般的なヘッドホンとは違った迫力を体感できます。そこで今回は、低音の再生に強い重低音ヘッドホンをご紹介。おすすめメーカーもピックアップしているので、チェックしてみてください。

重低音ヘッドホンとは?

重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用にもぴったり。身体に響いてくる低音を心ゆくまで楽しめます。

特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。

なお、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視して設計されていないのは注意点。高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングが特徴です。

重低音ヘッドホンの選び方

形状をチェック

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れしにくいのが特徴です。周囲を気にせず音楽を楽しめるのが魅力。音質は重低音が響きやすく、迫力ある重低音を楽しみたい方や、ビートに乗りたい方におすすめです。

ただし、密閉型のヘッドホンは音がこもりがちなので、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。各楽器の音を聴きとりたい方や、低音域から高音域までフラットに聴きたい方は、開放型をチェックしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: rakuten.co.jp

開放型のヘッドホンは、音の抜けや高音域の伸びのよさが特徴です。また、耳を密閉しないので装着感が軽く、長時間のリスニングも快適に楽しめます。

一方、遮音性が低く音漏れも大きいため、周囲の音が大きい街中や電車内での使用にはやや不向きです。大音量で重低音をしっかり聞きたい方は、密閉型をチェックしておきましょう。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

同じ重低音ヘッドホンでも、解像度が高いモノや中高音域とのバランスがとれているモノなど、それぞれ音質に特徴があります。どのような音質のヘッドホンかを事前に確認しておくことが必要です。

また、ハイレゾ音源に対応しているかも注目しておきましょう。ハイレゾは解像度の高い音源のことで、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感を楽しめるのが魅力です。

WAVやFLACなど、ハイレゾ対応しているオーディオプレーヤーを持っている方は、より高解像度の音楽が楽しめるようハイレゾに対応したモデルをチェックしておきましょう。

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーをケーブルでつなげて使うモノのことを指します。

有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっている分、音の劣化を低減できます。また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。

ただし、有線タイプは断線したり、移動時に邪魔になったりすることがあります。ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には不向き。さらに、収納時はケーブルが絡まないよう注意する必要があります。

有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や、音質を重視している方におすすめです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。ケーブルを気にする必要がないので、ダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用可能。無線の届く範囲内であれば、オーディオプレーヤーから離れられるのも魅力です。

ただし、電波干渉などの影響で、有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。また、使用前に充電する必要があることにも留意しておきましょう。無線タイプの重低音ヘッドホンは、体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

ダイナミックドライバーをチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドホン内部の音を鳴らす構造を「ドライバー」といいます。多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイミック型のドライバーです。マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されているのが特徴。なお、ダイナミックドライバーを搭載した重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて音を作る仕組みです。

高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。「ドライバー口径」が大きいモノほど、より高音質で楽しめます。

重低音ヘッドホンの人気メーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は世界的なオーディオ・ビジュアル機器メーカー。CDやウォークマンを開発するなど、常に世界をリードするオーディオ技術を生み出してきました。

ヘッドホンにおいては、定評のある技術力を生かした、高性能で多機能なモデルが多いのが魅力です。「EXTRA BASSシリーズ」は重低音を強化したアイテム。迫力のある重低音を楽しめるのがポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: victor.jp

「JVCケンウッド」の前身であるJVCは、1959年に日本で生まれたブランド。「日本ビクター株式会社」が海外展開する際に使っていましたが、現在は世界共通ブランドのJVCとして、国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。

なお、日本ビクターはケンウッド(KENWOOD)と2008年に合併し、それぞれのブランドで製品を発売。JVCでは「原音探求」の考え方を基にしたオーディオ製品開発が行われてきました。振動板素材に木材を使用することで、リアルなサウンドを追求した「ウッドコーンスピーカー」が特徴的です。

重低音ヘッドホンにも積極的で、高音質とキレのある重低音を両立させたモデルなどを展開しています。

コス(KOSS)

By: tascam.com

「コス」は、アメリカの老舗ヘッドホンメーカーです。放送局や録音スタジオなどの現場で用いられるプロユース製品を長年にわたり展開。一般用ヘッドホンも手掛けており、世界的に人気があります。

存在感のある低音が特徴。プロ向け機器を手掛けるメーカーのヘッドホンを使ってみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

重低音ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-XB910N

躍動感のある重低音とクリアな中高音を両立したワイヤレスヘッドホンです。内蔵したアンプで重低域をブーストすることで、迫力の低音サウンドを再生します。ソニーの独自技術「DSEE」により、圧縮された音源では失われがちな高音域をヘッドホン内で補完できるのも魅力です。

ヘッドホンに内蔵した2つのマイクで騒音を打ち消す「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用。こだわりの重低音を存分に楽しめます。また、専用アプリ「Headphones Connect」も便利。ノイズキャンセリングや風ノイズ低減など、各種操作を手軽におこなえます。

ヘッドホンを付けたまま周囲の音を拾える「クイックアテンションモード」も搭載。タッチセンサーコントロールパネルに触れている間は一時的に音量を絞れるので、電車のアナウンスや急に話しかけられたときも周りの状況をすぐに把握できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

全方位に広がるサウンド体験を提供する「360 Reality Audio」に対応したワイヤレスヘッドホンです。専用アプリ「Headphones Connect」により、音量設定などをスマートフォンからおこなえます。

イヤーパッドは柔らかい低反発のウレタン素材を採用。設置面積を広くしており、圧力を分散できます。また、内側に倒れ込む構造により、耳を包むような高い機密性を実現。音漏れを低減できるため、重低音域の迫力を存分に楽しめます。

大容量バッテリーを内蔵しており、連続使用時間はノイズキャンセリングをオフにした状態で最長38時間。クイック充電にも対応しており、10分の充電で5時間の連続再生ができます。

JVCケンウッド(KENWOOD) スタジオモニターヘッドホン HA‐MX100V

低音再生力を増強する「デュアル・クリアバスポート構造」を採用したヘッドホンです。高い解像力を持つハイレゾ音源も忠実に再現できます。歪みが少なく、自然な音場表現が可能です。

ハイレゾ対応モニタードライバーユニットを搭載。スタジオでのモニタリングに必要な優れた分解能を持ち、楽器やボーカルの質感を豊かに表現します。

コス(KOSS) KOSS PORTAPRO KTC

快適なフィット感を得られるオープン型ヘッドホンです。ヘッドバンドの側圧を左右3段階に調節できる「comfort Zone」機構を採用。頭の大きさや形に合わせて使用できます。

音質に優れているのはもちろん、ファッショナブルなデザインを採用しているのも特徴。ヘッドホンの見た目を重視している方におすすめです。また、コンパクトに折りたためる設計もポイント。付属している専用キャリングポーチに収納することで、持ち運びも便利です。

ケーブルに配置された「KOSS Touch Control」により、スマートフォンなどのデバイス操作が可能。楽曲の再生や停止・音量調節・早送り・巻き戻しなど、手軽にコントロールできます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS990BT

キレのある重低音と高解像度を両立したワイヤレスヘッドホンです。より鮮明に迫力のある音を再現する「φ53mmディープ・モーションドライバー」を搭載。ワイヤレスながら低音再生力を強化しています。

独自のイヤパッド構造を採用。硬度が異なる2層のクッション材により装着時の快適性を高めています。また、収音マイクと収音孔の位置関係から創り出す自然なノイズキャンセリング空間で、クリアな音場表現を楽しめます。

ヘッドホンを装着したまま周囲の音を確認できる「ヒアスルー機能」を搭載。人の声にフォーカスして音を取り込めます。連続再生時間はノイズキャンセリング未使用で約30時間なので、長時間のリスニングにもおすすめです。さらに、スイーベル機構を採用しているため、持ち運びも便利。屋内でも屋外でも活躍するモデルです。

スカルキャンディ(Skullcandy) Crusher ANC

特許取得済みのセンサリーベースを採用したワイヤレスヘッドホンです。再生周波数帯のレンジを拡大することで、音量を上げても歪みの少ないサウンドを再現します。低音のレベルはイヤーカップのスライダーで調節可能です。

「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。外部のノイズを低減するため、明瞭なサウンドを実感できます。また、専用アプリの聴力テストにより、自分だけのパーソナルサウンドを再現可能。さらに、マイクを内蔵しているため、通話もおこなえます。

最長24時間連続使用できる大容量バッテリーを内蔵。急速充電にも対応しているので、短時間の充電でも使用できます。折りたたみ設計を採用。コンパクトに収納できるため、持ち運びも便利です。

パイオニア(Pioneer) オーバーイヤー型 DJヘッドホン HDJ-X5BT

高い遮音性と迫力のある低音再生を実現したヘッドホンです。バスレフ方式のチャンバーを搭載。DJプレイはもちろん、楽曲チェック時も躍動感のあるサウンドを再生できます。SBCやAACなど複数のコーデックに対応しており、ワイヤレス接続でも高音質のリスニングが可能です。

スマートフォンやパソコンなど、Bluetoothに対応したデバイスと接続すれば、ワイヤレスでリスニングを楽しめます。また、ハンズフリー通話ができるのも魅力です。3時間の充電で、最長20時間の連続使用が可能。しっかり充電すれば、電源を確保できない場所でも音楽を楽しめます。

付属の1.2mカールコードを使用する場合は、Bluetooth機能・ファンクションボタンが自動的にオフに切り替わるため、リスニングに集中できるのも魅力です。そのほか、クッション性と肌触りのよさを追求したイヤーパッドを採用しており、快適な着け心地を実感できます。

デノン(DENON) オーバーイヤーヘッドホン AH-D7200

50mmフリーエッジ・ナノファイバー・ドライバーを搭載したヘッドホンです。軽量性・高剛性を実現しているのが特徴。低域を豊かに表現します。

ハウジングは、耐久性に優れた天然のアメリカン・ウォールナット材を採用。音に影響を与える振動を少なくし、クリアなサウンドを届けます。形状・厚み・仕上げなど、細かい部分にこだわっているのも魅力です。

音楽信号の純度を保つために「7N ONC」を導体に用いたケーブルを採用。ケーブルは手触りがよく、強度にも優れています。ヘッドバンドの外側には、柔らかな質感がポイントの天然シープスキンを使用。外観の美しさと耐久性を両立しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM 3 Wireless 508234

原音を忠実に再現するワイヤレスヘッドホンです。音楽と通話の切り替えやボリュームコントロール、ボイスアシスタントなど、各種設定をワンタッチで操作できます。サウンドはもちろん、使いやすさにこだわっているのが魅力です。

環境音や声などを低減するアクティブノイズキャンセルを搭載。最大モード・風切り音低減モード・圧迫感低減モードの3種類を使い分けられます。外音を取り込むトランスペアレントヒアリング機能により、音楽を聴きながら外部の音も把握可能です。

ヘッドバンドとイヤーパッドには、シープスキンの本革を使用。長時間のリスニングでも快適な着け心地を実現しています。専用アプリと連携すれば、スマートフォンを使ってノイズキャンセリングモードの切り替えやイコライズなどの設定が可能です。

ボーズ(Bose) Bose Noise Cancelling Headphones 700

ボーズ独自の「アクティブノイズキャンセリングテクノロジー」を採用したワイヤレスヘッドホンです。イヤーカップの内側と外側のマイクを使って周囲の音をモニターし、逆位相の信号を発生させることでノイズを低減します。周囲の環境に合わせ、ノイズキャンセリングレベルを調節可能です。

右側のイヤーカップにはタッチセンサーを搭載。音量・通話・音楽をコントロールできます。内蔵ボタンから、ノイズキャンセリングのプリセットやGoogleアシスタント、Alexaなどの音声アシスタントにもアクセス可能です。

1回の充電で、最大20時間の連続再生に対応。約15分の急速充電で2時間の再生ができます。

ジェイビーエル(JBL) JBL Tune 500BT JBLT500BT

迫力のあるサウンドを実現する「JBL Pure Bass」を搭載したヘッドホンです。ワイヤレスタイプなので煩わしいコードに悩まされることなく、スマートフォンで高品質な音楽を楽しめます。

折りたたんでコンパクトに収納できる設計を採用。軽量で携帯性に優れているため、持ち運びに便利です。また、クッション性の高いイヤーパッドを採用しており、長時間の使用でも快適な着け心地を実感できます。

連続使用可能時間は最長16時間。急速充電にも対応しており、約5分の充電で1時間の再生が可能です。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1840

伸びのよい高域と迫力のある低音を実現するヘッドホンです。40mmのダイナミック型ネオジム磁石を採用した左右のドライバーにより、臨場感のあるサウンドを楽しめます。

人間工学に基づいてデザインしたパッド入りデュアルフレームヘッドバンドを採用。長時間の使用でも快適な着け心地を実感できます。イヤーパッドには、高密度の交換用ベロア素材を使用。形状復元性が高く、フィット感も良好です。そのほか、金メッキMMCXコネクターを採用したケーブルは、スムーズな着脱を叶えます。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) 開放型プロ用モニターヘッドホン DT1990PRO

豊かな低域と高解像度での再生を実現した開放型スタジオモニターヘッドホンです。生演奏のような奥行きと立体感のあるサウンドを楽しめます。

ベロア製の交換イヤーパッドを2種類付属。バランスドタイプとアナリティカルタイプがあり、装着するイヤーパッドにより音の傾向を変えられます。バランスドは低音表現に優れているので、音楽・映画鑑賞などを楽しみたいときにおすすめ。アナリティカルはニュートラルな音場を表現したいときに適しています。

アーカーゲー(AKG) モニターヘッドホン K371-Y3

大口径50mmドライバーを搭載したヘッドホンです。密閉性の高い低反発イヤーパッドにより、原音の迫力をそのまま楽しめます。ヘッドホンを通して聞いているとは思えない、豊かな低音が魅力です。

チタンコーティングを施したダイヤフラムを採用。中高域の再現性能にも優れており、臨場感あるサウンドを楽しめます。楕円形のイヤーカップは回転させてヘッドバンドの内側に収納可能。コンパクトに折りたためるので、持ち運びも便利です。

また、上下左右に可動することに加え、厚みのあるイヤーパッドが側頭部にかかる圧力を分散。長時間の使用でも快適な着け心地を実感できます。

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Wireless

幅広い音域とクリアなサウンドを実現したワイヤレスヘッドホンです。Apple W1チップを搭載しており、Appleデバイス間でシームレスに接続を切り替えられます。連続使用時間は最長40時間。急速充電にも対応しており、5分の充電で約3時間再生できます。

クッション性の高いイヤーパッドを搭載。フィット感を細かく調節できるため、長時間のリスニングも快適におこなえます。また、オンイヤーコントロールとデュアルビームフォーミングマイクにより、通話・音楽の再生・ボイスアシスタントをスムーズに操作できるのも魅力です。