ダンスミュージックやクラブミュージックなどで人の心を躍らせる重低音。高音を支えるベース音としての低音もよいですが、強く心臓を揺さぶるようなビートも重低音の魅力です。

重低音ヘッドホンの奏でる低音は、一般的なヘッドホンとは違った迫力を体感できます。そこで今回は、低音の再生に特化した重低音ヘッドホンをご紹介。おすすめメーカーもピックアップしているのでチェックしてみてください。

重低音ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用もおすすめ。身体に響いてくる低音を心行くまで楽しめます。

特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。

一方、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視した音づくりではありません。高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングとなっています。

同じプロ向けでも音質に差があるので、重低音を楽しみたいならDJプレイ向けに開発された重低音を重視したモデルがおすすめです。

重低音ヘッドホンの選び方

形状をチェック

開放型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

開放型のヘッドホンは耳を密閉しないので、長時間着けていても快適で軽い装着感が魅力。音の抜けや高音域の伸びのよさが特徴です。

一方、遮音性が低いので周囲の音が大きい街中での使用には向きません。音漏れも大きいので、人の密集する電車内での使用に不向き。低音も漏れてしまうので、ダンスミュージックなどを聞きたい方は密閉型をチェックしておきましょう。

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れの心配がありません。街中の喧噪の中でもはっきりと聴きとれるのが大きな魅力。音質は重低音が響きやすい傾向にあります。

ただ、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。音がこもりがちなので、各楽器の音を聴きとりたい方や低音域から高音域までフラットに聴きたい方には不向きです。

密閉型のヘッドホンは、迫力ある重低音を楽しみたい方や、胸に響いてくるビートに乗りたい方におすすめ。耳全体を覆うタイプのオーバーイヤー型を選べば、外出中もほとんど音漏れしないので、周囲を気にせず楽しめます。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

同じ重低音ヘッドホンでも、解像度が高いモノや中高音域とのバランスがとれているモノなど、それぞれ音質に特徴があります。

重低音ヘッドホンを選ぶ際は特にハイレゾ音源に対応しているかを注目しておきましょう。ハイレゾとは解像度の高い音源のことで、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感が魅力です。

WAVやFLACなど、ハイレゾ対応しているオーディオプレーヤーを持っている方は、より高解像度の音楽が楽しめるようハイレゾに対応したモデルをチェックしておきましょう。

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーがケーブルでつながっているモノのことを指します。

有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっているので音の劣化を防げます。また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。

ただ、有線タイプは断線や移動時に邪魔になるというデメリットがあります。ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には向いていません。また、収納時はケーブルが絡まって断線しないよう注意する必要があります。

有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や音質を重視している方におすすめです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。ケーブルを気にする必要がないのでダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用できます。

従来なら有線タイプのモノが一般的でしたが、Bluetoothの登場によって無線タイプの重低音ヘッドホンも飛躍的に増加。無線の届く範囲内ならオーディオプレーヤーから離れられるのが魅力です。

ただ、無線タイプは有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。電波干渉などによって本来の音質を十分に楽しめません。また、一部のオーディオプレーヤーでは対応していない場合もあります。購入前に使用可能かチェックしておきましょう。

無線タイプの重低音ヘッドホンは、音質はそれほど重視しないが体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

ダイナミックドライバーをチェック

By: rakuten.co.jp

重低音ヘッドホン内部の空気を震わせる構造のことをドライバーといいます。ドライバーにはダイナミック型・バランスドアーマチュア型・コンデンサー型などがあり、多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイミック型のドライバーです。

ドライバーは、マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されており、ダイナミックドライバーの重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて空気を振動させています。

高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。ダイアフラムの大きさは「ドライバー口径」と呼ばれ、これが大きければ大きいほど重低音の迫力が増し、より高音質で楽しめます。

重低音ヘッドホンの人気メーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは世界的なオーディオ・ビジュアル機器メーカー。CDやウォークマンを開発するなど、常に世界をリードするオーディオ技術を生み出してきました。

ヘッドホンにおいては、定評の技術力を生かした、高性能で多機能なモデルが多いのが魅力です。モニター用やスポーツ用など、用途に合った音質・特徴を備えたラインナップを用意しています。

「EXTRA BASSシリーズ」は重低音を強化したヘッドホン。独自の技術で量感の豊かな低音を鳴らすのに加えて、音のクリアさや解像度の高さも追求しているのがポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: jvc.com

JVCケンウッドの前身であるJVCは1959年に日本で生まれたブランド。「日本ビクター株式会社」が海外展開する際に使っていましたが、現在は世界共通ブランドのJVCとして、国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。

なお、日本ビクターはケンウッド(KENWOOD)と2008年に合併し、「株式会社JVCケンウッド」となり、それぞれのブランドで製品を発売。イヤホン・ヘッドホン分野においてはJVCブランドをおもに使用しています。

JVCでは「原音探求」の考え方を基にしたオーディオ製品開発が行われてきました。振動板素材に木材を使用することで、リアルなサウンドを追求しているのも特徴です。

重低音ヘッドホンにも積極的で、「重低音&タフボディ」をコンセプトにした「XXシリーズ」は独特のデザインも相まって、世界的な人気を博しています。

コス(KOSS)

By: rakuten.co.jp

アメリカの老舗ヘッドホンメーカーです。放送局や録音スタジオといった現場で用いられるプロユース製品を長年にわたり販売。一般用ヘッドホンも手掛けており、世界的に人気があります。

音質は、存在感のある低音が特徴。プロ向け機器を手掛けるメーカーらしく、堅牢性に優れているのも魅力です。

重低音ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

高音質と多機能性が特徴のヘッドホンです。Bluetooth接続時にLDACコーデックに対応。CDの約3倍となる情報量の最大96kHz/24bitまでのハイレゾ再生ができます。また、非ハイレゾのMP3音源もハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできるので、音源を選ばずに高品位でリスニングできます。

Bluetooth接続時に専用アプリを使用することで、プリセットや好みの音質に設定可能。重低音を強調したサウンドを堪能できます。ステレオミニジャックによる有線接続もできるので、幅広い機器と接続可能です。

最大30時間のロングバッテリーと長時間の使用も問題ありません。さらに、持ち運びに便利な折りたたみ構造を採用しているので、外出時の使用にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドホン EXTRA BASS MDR-XB650BT

重低音再生を強化した「EXTRA BASSシリーズ」のヘッドホン。重低音を増幅する「ベースブースター」機構と、EXTRA BASS専用設計の振動板により、ライブハウスやクラブで聴いているような臨場感のある低音が楽しめます。低音を逃さないために気密性を強化しているため、遮音性が高いのも特徴です。

ヘッドバンドからスライダー部分まで、つなぎ目のない金属部品を使用することで、堅牢性と快適な装着性を両立させているのもポイント。シンプルでスタイリッシュな外観も魅力です。

8台までの機器とペアリングできる「マルチペアリング」のほか、音楽再生用と通話用にそれぞれ1台ずつ同時接続できる「マルチポイント」に対応。多多機能なBluetoothヘッドホンを探している方におすすめです。

JVCケンウッド(JVC) 密閉型オンイヤーヘッドホン XXシリーズ HA-XS10X

重低音再生能力を重視した「XXシリーズ」のエントリーモデル。大口径40mmの「ネオジウムドライバーユニット」と「エクストリームディープ」バスポートにより、圧倒的な重低音を響かせます。

装着感のよいソフトイヤーパッドと布製ヘッドパッドもポイント。衝撃に強いエラストマー素材のラバープロテクターは個性的な外観を演出しています。本格的な密閉型ヘッドホンとしては価格が安いのも魅力です。

JVCケンウッド(JVC) Bluetoothワイヤレス密閉型ヘッドホン XXシリーズ HA-S900XBT

重低音重視「XXシリーズ」のBluetoothヘッドホン。磁力を最適化することで高解像度サウンドを再現する「ダブルマグネット」を採用。また、ハウジングの背面に振動をコントロールする新開発の「Xダンパー」を搭載し、クリアな中高音とキレのある低音を鳴らします。

内蔵アンプに低音を増強するバスブースト機能を搭載しており、好みに応じて低音の量を増減できるのも魅力。AAC・aptXコーデックに対応する汎用性の高さもポイントです。

コス(KOSS) Bluetooth対応ヘッドホン BT540i

低音再生を重視したBluetooth対応ヘッドホン。エンジニアが研究を重ねてチューニングした新開発ドライバー「PLX40」を搭載しており、コス伝統の豊かで深みのある重低音をワイヤレスで楽しめます。

また、高い遮音性を備えた低反発メモリーフォームイヤーパッドも特徴。耳を包み込むような感触により、長時間の使用でも快適です。高音質・低遅延コーデックのaptXに対応しているのもポイント。スマホとの接続でハンズフリー通話に対応しているのも便利です。

本体はコンパクトに折り畳めることに加え、収納と携帯に便利な専用ケースが付属。旅行のような遠出にもおすすめの重低音ヘッドホンです。

ビーツ(Beats) ワイヤレスヘッドホン Beats Solo3 Wireless

重低音とおしゃれなデザインが特徴のヘッドホンです。ビーツは伝説的なヒップホップ・アーティストのドクター・ドレが中心となって立ち上げたブランド。ストリートを意識したファッション性と、重低音を効かせたノリのよいサウンドが持ち味です。現在はApple傘下となり、iOSデバイスとの親和性の高さもメリットとなっています。

本モデルは、iPhoneとの組み合わせも意識した音質チューニングにより、幅広い音域でクリアなサウンドをバランスよく再生。ヒップホップやロックを中心に、迫力のある音楽を楽しめます。

バッテリー駆動は最長40時間とハイスペック。また、5分の充電で最長3時間の再生が可能な急速充電機能の「Fast Fuel」も便利です。さらに、「Apple W1チップ」を組み込んだことで、iOSデバイスとのペアリングの設定や切り替えがスムーズにできます。全部で6種類のカラーバリエーションが用意されているのも魅力です。

スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless S6CRW-K590

重低音が体感できるワイヤレスヘッドホンです。超低音域の立体的な再生が可能なステレオサブウーファー「Stereo Haptic Bass」を内蔵。重低音がさまざまな方向から飛んでくるように聴こえるので、音楽の世界に入り込んだような一体感が味わえます。

振動機能を搭載するのもポイント。重低音に反応してヘッドホンから振動が伝わってくるため、ライブを最前列で聴いているような大迫力の音響効果が味わえます。振動効果の強さはイヤーカップで無段階に調節でき、オフにすれば通常のヘッドホンとしても使用が可能です。

バッテリーの駆動時間は最長40時間。音楽はもちろん、ゲーム・VR・映画での使用にもおすすめできます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

重低音の再生に特化したコンパクトなワイヤレスタイプのヘッドホンです。重量がわずか約220gの軽量ボディながら、53mmの大口径ドライバーを搭載。さらに、硬度の異なる2層のクッション材を採用したイヤーパッドが、耳にかかる圧力を軽減しつつ、体に響く迫力のある重低音を実現しています。

バッテリーの駆動時間は最長40時間。また、ヘッドホンコードが付属するので、バッテリー残量が少なくなった場合でも有線接続で引き続き音楽が楽しめます。ハウジング部はフラットに動かせるほか、内側に折りたたんでコンパクトに収納も可能。また、耳元で音楽や通話の遠隔操作もできます。汎用性の高いハイコスパな重低音ヘッドホンとしておすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-WS990BT

硬度が異なる2層のクッション材を使用した「2レイヤード・イヤパッド」が特徴のノイズキャンセリングヘッドホン。メーカー独自の53mm径「ディープ・モーションドライバー」を採用しており、ワイヤレスながら、クオリティの高い重低音サウンドが堪能できます。

また、有線接続に切り替えればお気に入りの音楽をハイレゾ音源で楽しめるのも魅力です。1回の充電で最長30時間のワイヤレスリスニングが可能なロングバッテリーもポイント。

ヘッドホンを耳から外すことなく周囲の音が確認できる「ヒアスルー機能」、持ち運びに便利な「スイーベル機構」を採用しているので、通勤・通学で音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) DJ向けヘッドホン HDJ-1500

DJ向け音響製品に定評のあるパイオニアによるDJ向けヘッドホンのロングセラー。強磁力希土類マグネット搭載の大口径50mmドライバーユニットと、強度も重視した38μm厚の振動板により、豊かな低音を再現します。加えて、中低域の音をクリアに再生するので、曲のビートを瞬時に把握することも可能です。

また、周囲の音を遮断してDJプレイに集中できる構造も、重低音の充実に一役買っています。ハンガー部にマグネシウム合金を採用することで、DJ用途に適した堅牢さと軽量さを備えているのも魅力。重低音を存分に楽しめるヘッドホンとして、音楽鑑賞用にもおすすめです。

ビーツ(Beats) 密閉型オンイヤーヘッドホン Beats EP

重低音再生に優れたビーツの魅力を手軽に楽しめるエントリーモデルの有線ヘッドホン。細かなチューニングにより幅広い音域とクリアなサウンドをバランスよく実現しているので、ビーツならではの充実した音楽体験が可能です。

また、ハウジング部はステンレススチール製で、耐久性と軽さが両立しているため持ち運びも簡単。ヘッドバンドはぴったりとフィットできるよう上下に調節できるのもポイントです。

付属のケーブルは「Remote Talk」機能に対応。スマホを取り出すことなく、音楽や通話のコントロールがケーブルのボタンだけで操作できます。ビーツのヘッドホンとしては価格が安いのもポイントです。

アーカーゲー(AKG) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン N90QLE

高性能なノイズキャンセリングヘッドホン。ユーザーごとに耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて最適な音を自動セットアップする「オートキャリブレーション機能」を搭載しているのが特徴です。

また、52mm径と大口径なダイナミックドライバーを採用することで、豊かに広がるワイドレンジな音場を実現しているのもポイント。さらに、自分の好みに合わせてサウンドをカスタマイズできる「トーンコントロール機能」を活用すれば、重低音を効かせたサウンドも鳴らせます。音楽ジャンルや曲などに合わせてサウンドステージの広さを切り替えられる「DSP機能」も便利な機能です。

本体の素材にはスタイリッシュな金属と、高級感のある革を採用しているのも魅力。ヘッドホンの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。高価ではありますが、満足度の高いヘッドホンを求めている方はぜひチェックしてみてください。