ダンスミュージックやクラブミュージックなどで人の心を躍らせる重低音。高音を支えるベース音としての低音も重要ですが、強く心臓を揺さぶるようなビートも重低音の魅力です。

特に、重低音ヘッドホンの奏でる低音は、一般的なヘッドホンとは違った迫力を体感できます。そこで今回は、低音の再生に強い重低音ヘッドホンをご紹介。おすすめメーカーもピックアップしているので、チェックしてみてください。

重低音ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用にもぴったり。身体に響いてくる低音を心ゆくまで楽しめます。

特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。

なお、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視して設計されていないのは注意点。高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングが特徴です。

重低音ヘッドホンの選び方

形状をチェック

密閉型ヘッドホン

By: amazon.co.jp

密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れしにくいのが特徴です。周囲を気にせず音楽を楽しめるのが魅力。音質は重低音が響きやすく、迫力ある重低音を楽しみたい方や、ビートに乗りたい方におすすめです。

ただし、密閉型のヘッドホンは音がこもりがちなので、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。各楽器の音を聴きとりたい方や、低音域から高音域までフラットに聴きたい方は、開放型をチェックしてみてください。

開放型ヘッドホン

By: tascam.jp

開放型のヘッドホンは、音の抜けや高音域の伸びのよさが特徴です。また、耳を密閉しないので装着感が軽く、長時間のリスニングも快適に楽しめます。

一方、遮音性が低く音漏れも大きいため、周囲の音が大きい街中や電車内での使用にはやや不向きです。大音量で重低音をしっかり聞きたい方は、密閉型をチェックしておきましょう。

音質をチェック

By: amazon.co.jp

同じ重低音ヘッドホンでも、解像度が高いモノや中高音域とのバランスがとれているモノなど、それぞれ音質に特徴があります。どのような音質のヘッドホンかを事前に確認しておくことが必要です。

また、ハイレゾ音源に対応しているかも注目しておきましょう。ハイレゾは解像度の高い音源のことで、まるで目の前で演奏しているかのような臨場感を楽しめるのが魅力です。

WAVやFLACなど、ハイレゾ対応しているオーディオプレーヤーを持っている方は、より高解像度の音楽が楽しめるようハイレゾに対応したモデルをチェックしておきましょう。

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーをケーブルでつなげて使うモノのことを指します。

有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっている分、音の劣化を低減できます。また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。

ただし、有線タイプは断線したり、移動時に邪魔になったりすることがあります。ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には不向き。さらに、収納時はケーブルが絡まないよう注意する必要があります。

有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や、音質を重視している方におすすめです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。ケーブルを気にする必要がないので、ダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用可能。無線の届く範囲内であれば、オーディオプレーヤーから離れられるのも魅力です。

ただし、電波干渉などの影響で、有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。また、使用前に充電する必要があることにも留意しておきましょう。無線タイプの重低音ヘッドホンは、体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

ダイナミックドライバーをチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドホン内部の音を鳴らす構造を「ドライバー」といいます。多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイミック型のドライバーです。マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されているのが特徴。なお、ダイナミックドライバーを搭載した重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて音を作る仕組みです。

高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。「ドライバー口径」が大きいモノほど、より高音質で楽しめます。

重低音ヘッドホンの人気メーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は世界的なオーディオ・ビジュアル機器メーカー。CDやウォークマンを開発するなど、常に世界をリードするオーディオ技術を生み出してきました。

ヘッドホンにおいては、定評のある技術力を生かした、高性能で多機能なモデルが多いのが魅力です。「EXTRA BASSシリーズ」は重低音を強化したアイテム。迫力のある重低音を楽しめるのがポイントです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: victor.jp

「JVCケンウッド」の前身であるJVCは、1959年に日本で生まれたブランド。「日本ビクター株式会社」が海外展開する際に使っていましたが、現在は世界共通ブランドのJVCとして、国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。

なお、日本ビクターはケンウッド(KENWOOD)と2008年に合併し、それぞれのブランドで製品を発売。JVCでは「原音探求」の考え方を基にしたオーディオ製品開発が行われてきました。振動板素材に木材を使用することで、リアルなサウンドを追求した「ウッドコーンスピーカー」が特徴的です。

重低音ヘッドホンにも積極的で、高音質とキレのある重低音を両立させたモデルなどを展開しています。

コス(KOSS)

By: tascam.com

「コス」は、アメリカの老舗ヘッドホンメーカーです。放送局や録音スタジオなどの現場で用いられるプロユース製品を長年にわたり展開。一般用ヘッドホンも手掛けており、世界的に人気があります。

存在感のある低音が特徴。プロ向け機器を手掛けるメーカーのヘッドホンを使ってみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

重低音ヘッドホンのおすすめ|有線

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

重低音のリズムを正確に再現できる「ビートレスポンスコントロール」を搭載した重低音ヘッドホンです。40mmHDドライバーユニットを備えており、ハイレゾ音源の再生ができるのも特徴。広帯域再生を実現し、引き締まった低音域だけでなく、繊細な高音域、可聴帯域を超える100kHzの超高音域の再生もできます。

小型・軽量設計により、長時間快適にリスニングできるのも魅力のひとつ。低反発ウレタンフォームを採用した立体成形イヤーパッドを備えている点もメリットです。

左右の音を完全に分離してノイズの少ないサウンドを楽しめるバランス接続に対応しているのもポイント。重低音だけでなく、高音域まできれいに聴こえる高音質モデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

生演奏を聴いているかのような響きを楽しめる大口径70mm振動板を採用した重低音ヘッドホンです。空気の流れを調節して重低音のリズムを正確に再現できる「ビートレスポンスコントロール」を搭載。さらに、「フィボナッチパターングリル」を採用しており、ハイレゾ音源も忠実に再生できます。

全方位に広がる音に包まれる感覚を味わえる「360 Reality Audio」を備えているのも魅力のひとつ。直径3.5mmのステレオミニプラグ・直径4.4mmバランス標準プラグを採用したケーブルを同梱しているため、幅広い機器と接続して高音質サウンドをリスニングできます。

「エルゴノミック立体縫製イヤーパッド」を備えており、快適に装着できるのもおすすめ。気密性も高いので、重低音の迫力を余すことなく再現できます。

JVCケンウッド(KENWOOD) スタジオモニターヘッドホン HA-MX100V

独自の音響技術でハイレゾ音源を忠実に再現できる高音質な重低音ヘッドホンです。低音を増強する「デュアル・クリアバスポート構造」を採用しているのも特徴。歪みの少ない自然で繊細なサウンドを再生できます。

独自技術の「サウンドディフーザー」を搭載しており、伸びやかで高解像度な高域再生、音場の自然な広がりを楽しめるのも魅力。高音質再生できる3.5mmプラグを採用したケーブル、ネジ式の6.3mm変換アダプターを同梱しており、幅広い機器で使用できます。

ビクターブランドの象徴である「犬マーク」を刻印し、デザイン性に優れているのもポイント。高耐入力・高耐久性を両立しているので、ハードな環境でも問題なく使用できます。

コス(KOSS) PORTAPRO

優れた音質・性能を実現する開放型のヘッドホンです。「Comfort Zone機構」を採用し、ヘッドバンドの側圧を3段階で調節できるのも特徴。イヤークッションも着け心地に優れているので、長時間でも快適にリスニングできます。

スマホのボリューム調節や楽曲操作、ハンズフリー通話などができるリモコンを搭載している点もメリット。折りたたみ式の採用、専用キャリングケースの付属により、持ち運びもしやすいのもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン SOLID BASS ATH-WS1100

ハイレゾサウンドを再生できる高音質な重低音ヘッドホンです。迫力ある重低音を再生できる「SOLID BASS」シリーズ。圧倒的な重低音再生ができる専用ドライバー「ディープモーション・ハイレゾオーディオドライバー」を搭載しているのが特徴です。

「制振デュアル・エンクロージャーデザイン」を採用して、不要な共振を低減して歪みの少ない中高域も再生可能。2層のクッション材で構成されたイヤパッドを使用しているので、快適な装着感と一定の音響空間を両立しています。

迫力ある重低音を楽しめる高音質モデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) DJヘッドホン ATH-PRO5X

DJプレイからリスニングまで幅広いシーンで使える重低音ヘッドホンです。DJ用に設計された直径40mmドライバーを搭載。高解像度なサウンドを楽しめるのが特徴です。

遮音性が高い「アラウンドイヤータイプ」を採用しているため、長時間使用しても疲れにくく快適にリスニング可能。イヤパッドは交換可能なだけでなく、耐久性に優れているので、長く愛用できます。

1500mWの高耐入力を実現し、プロの現場に通用する点もメリット。DJ用カールコード・ポータブル用ストレートコードの2種類の着脱式コードを同梱しているので、利用シーンに応じて付け替えられます。

デノン(DENON) ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン AH-D1200

大口径50mmドライバーを搭載した重低音ヘッドホンです。低域の量感だけでなく、中高域の抜けのよさを表現するのも特徴。ハイレゾオーディオに対応しているので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

ハンガー部に軽量かつ堅牢なアルミダイキャストを採用。クリック感のあるアジャスターを備えているので、簡単に自分に合ったサイズに調節できます。折りたたみ機構により、手軽に持ち運べるのもおすすめ。フィット感の優れた形状記憶フォームを採用しているため、長時間でもストレスなく使用できます。

手元でiOSデバイスのボリューム調節・楽曲操作などができるiOS対応リモコンケーブルを同梱。マイクも内蔵されているので、ヘッドホンを外さずハンズフリー通話がこなせます。

重低音ヘッドホンのおすすめ|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-XB910N

デュアルノイズセンサーテクノロジーを採用し、高性能ノイズキャンセリングを実現したワイヤレスヘッドホン。周囲が騒がしくても迫力ある重低音に没入できるのが特徴です。

量感のある重低音とクリアな高音を両立した「EXTRA BASS」サウンドに対応しているのも魅力。ヘッドホンを装着したまま自然に周囲の状況を把握できる外音取り込みも搭載しています。

ワイヤレスながらハイレゾ相当のサウンドを楽しめるLDACコーデックに対応している点もメリット。機能性・音質の優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WH-XB700

迫力ある重低音を楽しめる「EXTRA BASS」サウンドに対応した重低音ヘッドホンです。圧縮音源の高域をクリアに再現できる独自の「DSEE」を搭載しているのも特徴。さまざまな機器で高音質・低遅延を実現できるAAC・aptXコーデックに対応しているのも魅力のひとつです。

最長30時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているので、時間を気にせず音楽を楽しめます。有線接続もできるため、バッテリーが切れても使い続けられるのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS990BT

キレのある重低音・高解像度を両立した重低音ヘッドホンです。ワイヤレスでも鮮明な重低音を再生できる「直径53mm”ディープ・モーション”ドライバー」を搭載。周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリング機能を備えているので、周囲が騒がしくても音楽に集中できます。

ヘッドホンを外さずに周囲の状況を確認できる「ヒアスルー機能」を備えているのも魅力。有線接続にも対応しており、有線接続すれば、ハイレゾ音源も楽しめます。

約30時間再生できるロングバッテリーを内蔵。高性能な重低音ヘッドホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン SOLID BASS ATH-WS660BT

「大口径直径53mm”ディープ・モーション”ドライバー」を搭載し重低音を楽しめるワイヤレスヘッドホン。ワイヤレスでも高音質・低遅延を実現できるaptX・AACコーデックにも対応しています。

1回の充電で40時間連続再生できるロングバッテリーを実現。バッテリーが切れても有線接続で使い続けられます。耳元で音楽や動画、通話などを簡単に操作できるのもおすすめポイントです。

コンパクトにまとまる折りたたみ機構を採用しているので、持ち運びにも適しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-WS330BT

重厚な低域を楽しめる「SOLID BASS」シリーズの重低音ヘッドホンです。専用チューニングの「直径40mm SOLID BASSドライバー」を搭載しているため、厚みのある重低音だけでなく、メリハリの効いた中高域も再生できます。

167gの軽量・薄型ボディを実現しており、長時間快適にリスニングできるのも魅力。コンパクトかつ折りたためる「スイーベル機構」を採用しているので、持ち運びにも適しています。

1回の充電で最大70時間再生できるロングバッテリーを内蔵。わずか10分の充電で約4時間再生できる急速充電にも対応しています。

シュア(SHURE) ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン AONIC 50 SBH2350

スタジオクオリティのサウンドを楽しめるワイヤレスヘッドホンです。周囲の雑音を低減して臨場感あふれるサウンドに集中できる「アジャスタブル・ノイズキャンセリング」を搭載。引き締まった低音の音楽を楽しめます。

簡単操作で周囲の状況を把握できる外音取り込みモードも搭載。最長20時間再生できるため、時間を気にせず音楽を楽しめるのも魅力です。耐久性も優れているので、頻繁に使う方にも適しています。

折りたたみに対応しているため、持ち運びしやすいのもポイント。aptX・aptX HD・aptX LL・LDAC・AACなどさまざまな高音質コーデックに対応している点もメリットです。

ビーツ(Beats) STUDIO3 Wireless MX3X2PA/A

臨場感あふれるサウンドを楽しめる「空間オーディオ」に対応したワイヤレスヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲が騒がしくても音楽に集中できるのが特徴。迫力のある低音が楽しめます。

Appleデバイス間で設定や切り替えをシームレスに行える「Apple W1ヘッドフォンチップ」も備えているのも特徴。人間工学に基づいたイヤーカップを採用しており、1日中快適に音楽を楽しめるのも魅力です。耐久性にも優れているので、長く愛用できます。

ノイキャンON時で最大22時間再生できるロングバッテリーも内蔵。わずか10分の充電で3時間再生できる「Fast Fuel機能」を備えているため、急なバッテリー切れにも対応できます。スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

スカルキャンディ(Skullcandy) Hesh Evo

響き渡る重低音を再生できる重低音ヘッドホンです。40mmドライバーを搭載しており、高品質なサウンドを楽しめるのが特徴。同価格帯のヘッドホンに比べて優れた音響パフォーマンスを発揮できるので、コスパも良好です。

シンプルかつスタイリッシュなデザインのため、幅広いシーンで使いやすいのも魅力のひとつ。遮音性が高いイヤーパッドを備えているので、快適な装着感を実現できます。

最長36時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているため、時間を気にせず音楽を楽しめるのもポイント。折りたたみに対応しているので、持ち運びしやすい点もメリットです。