映画鑑賞に適したヘッドホンを利用すると、自宅で見る映画も映画館で見るような迫力のある音に感じられます。動画配信サービスの普及により自宅でも手軽に映画鑑賞を楽しめるようになった今、ヘッドホンは手軽に映画の視聴環境を向上できる便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめの「映画鑑賞向けヘッドホン」をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

映画鑑賞向けのヘッドホンの選び方

ハウジング構造で選ぶ

迫力ある低音と遮音性が魅力の「密閉型」

By: amazon.co.jp

ドライバーユニットが密閉され、外部に音を漏らさない構造のヘッドホンが密閉型です。遮音性が高く周囲の音が気にならないため、音に集中しやすいのが特徴。音漏れしにくいので、夜間など大きな音が出せない環境で使いやすいのもメリットです。

密閉構造のハウジングそのものが共鳴するため、迫力のある低音を楽しめる点も魅力。ただし、開放型と比較すると圧迫感があるので、長時間装着していると疲れを感じる場合があります。映画鑑賞において、迫力や低音を重視する方におすすめです。

スピーカーのように自然な音響で楽しめる「開放型」

By: amazon.co.jp

開放型は、ハウジングがメッシュなどで開放されている構造のヘッドホンです。ドライバーユニットから発した音をハウジングの外へ放出する設計のため、広がりのある自然な音質を得られるのが特徴。伸びのある高音が得意なヘッドホンです。

軽快な装着感で、ストレスなく長時間使用できるのが魅力。ただし、密閉型と比較すると音漏れしやすく、周囲の環境音も聞こえやすい点には要注意。軽快な着け心地や、自然な音響を求める方におすすめです。

接続方法で選ぶ

高音質・低遅延で楽しめる「有線接続」

By: rakuten.co.jp

再生機器とヘッドホンを直接ケーブルで繋ぐのが有線接続タイプです。音の途切れやノイズなどのトラブルが少なく、接続が安定しているのが特徴。デバイスと直接接続できるため遅延が少なく、音声と映像のズレが生じにくいのもメリットです。

音が劣化しにくいので、高音質で映画を楽しめる点も魅力。基本的に充電を必要とせず、長時間使えます。視聴できる範囲はケーブルの長さに依存するため、テレビや大画面のモニターで映画を見たい場合は、長いケーブルを備えたモデルがおすすめです。

スマホやタブレットで手軽に楽しみたいなら「Bluetooth接続」

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続のヘッドホンは、再生機器とヘッドホンを無線で接続するタイプ。ケーブルがないため、ケーブルの断線や絡まるトラブルが発生せず、再生機器から離れた位置でも音声を聴けるのが特徴です。

ヘッドホンを装着した状態で自由に動けるので、屋外で使用しやすいのもメリット。なお、Bluetooth接続のヘッドホンを使用するには、再生機器がBluetoothに対応している必要があります。

サラウンド機能を搭載したヘッドホンがおすすめ

By: apple.com

サラウンドとは、音に囲まれるように立体的な音響効果を生み出す機能のこと。サラウンド機能が搭載されたヘッドホンを使用すると音の立体感や臨場感が強くなり、映画をより大迫力で楽しめます。

また、サラウンドを実現するには、複数のスピーカーが必要です。映画館では前後左右にスピーカーを配置してサラウンドを実現していますが、ヘッドホンではバーチャルサラウンド技術によって仮想的にサラウンド効果を生み出しています。

スピーカーの数を表すチャンネル数が多いほど音の聞こえる方向が複雑で、より立体的に聞こえるのが特徴。映画観賞用のヘッドホンにおいては、5.1chや7.1ch、9.1chなどがおすすめです。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

携帯音楽プレーヤーのウォークマンを取り扱うソニーは、オーディオメーカーとしても世界トップレベル。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンや完全ワイヤレスイヤホンなど、革新的な製品を次々と世に送り出しています。

映画鑑賞向きのヘッドホンにおいても種類が豊富。サラウンド機能を搭載したヘッドホンも取り扱っています。ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「VPT(Virtualphones Technology)」を搭載したヘッドホンは、映画館のような臨場感あふれるサラウンド音声が魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: rakuten.co.jp

ゼンハイザーは、ヘッドホンやマイクで有名なドイツの音響機器メーカー。ゼンハイザーのオーディオ製品は高品質で、音楽制作や映画制作などプロの現場でも使用されています。プロレベルの品質を求める方におすすめです。

また、映画鑑賞に適したヘッドホンも多数取り扱っています。サラウンド機能を搭載した本格的なモデルや、複数の長さのケーブルが付属することで状況によって使い分けられるモデルなどがあり、用途に合わせて選択しやすいのがメリットです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: rakuten.co.jp

家庭用オーディオやカーオーディオなど、オーディオ関連で幅広い製品を取り扱っているメーカー。日本ビクターと統合した際に会社名が「ケンウッド」から「JVCケンウッド」に変更されましたが、「ケンウッド」の名称は製品ブランドとして残されています。

同社のヘッドホンは、エントリーモデルやハイエンドモデルを幅広くラインナップ。有線接続タイプやBluetooth接続タイプも種類が豊富なので、予算や好みに合ったモデルを選択できます。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめモデル|サラウンド対応

ソニー(SONY) デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

映画館のような大迫力の音響効果で映画鑑賞を堪能できるサラウンドヘッドホンです。ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「9.1ch 3D VPT」を搭載しているのが特徴。映画の基本構成である5.1chに、サウンドバック2chとフロントハイ2chを追加した9.1chのサラウンド音場が自宅でも手軽に体感できます。

高品位な質感と快適な装着感を両立しているのもポイント。3Dメガネ装着時でも低反発イヤークッションが凹凸を包み込むようにフィットするため、低音を逃さず聴けます。ハウジングの操作部にはリモコン機能を搭載しており、プロセッサーやテレビの各種設定操作も可能です。

シネマ・ゲーム・ボイスなど試聴するコンテンツに合わせて音場を最適化するエフェクト機能も充実。別売の専用ヘッドホンを最大3台まで追加することで、9.1chバーチャルサラウンドを家族や友人とも一緒に楽しめます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型サラウンドヘッドホン RS 175-U

ホームエンターテインメントに特化して開発されたサラウンドヘッドホンです。音楽鑑賞に適した通常モードに加えて、強弱2種類のバーチャルサラウンドモードにも切り替え可能なのが特徴。リスニングモードを使い分けることで、映画も音楽も充実した音響で楽しめます。

オーディオの低音反応を強化する「ダイナミックバスブースト」機能も搭載。重低音の迫力がさらに増すので、バーチャルサラウンドと組み合わせれば、より空間的で活気のあるステレオサウンドを映画鑑賞でも堪能できます。

人間工学に基づいたデザインが採用されており、快適な装着感で長時間の映画鑑賞でも疲れにくいのもポイント。そのほか、充電ポートとしても使える専用クレードルが付属しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスシアターシステム EXOFIELD THEATHER XP-EXT1

自宅を本格的なシアタールームに変えられる高性能なサラウンドヘッドホンです。独自の頭外定位音場処理技術「エクソフィールド」を採用しているのが特徴。個人の耳や頭の形状を分析して音響を最適化することで、シアタールームのスピーカーで聴くような自然な音場と定位を実現しています。

7.1.4chのバーチャルサラウンドが体感できるのもポイント。頭上から降り注ぐ音が映画の臨場感をさらに高めます。さらに、アップミックス機能によって、通常の2chや5.1chの映像コンテンツも7.1.4ch相当の音響で楽しめるのが魅力です。

そのほか、長時間の映画鑑賞でも疲れにくい、快適な装着感の大型ソフトイヤーパッドを採用。コンテンツに合わせて選べる4種類のサウンドモードも搭載しています。

パナソニック(Panasonic) デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム RP-WF70

臨場感あふれる大迫力サラウンドが楽しめる、コスパの高いサラウンドヘッドホンです。比較的リーズナブルな価格ながら7.1chのバーチャルサラウンドに対応。スピーカーの設置が難しい部屋でも、充実した音響効果で高音質な映画鑑賞が楽しめます。

ハウジングの側面には「Surround」ボタンを搭載。映画・音楽・ゲームなど視聴するコンテンツに適したサラウンド効果が簡単に使用できます。

電源には単4電池2個を使用しますが、電池を含めた本体の重さが約235gと軽いのも特徴。また、ソフトイヤーパッドとレザー調のフリーアジャストバンドが耳や頭の形状に優しくフィットするので、長編映画も快適に鑑賞できます。

アップル(Apple) 密閉型ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン AirPods Max

Appleが有する先端技術を集めた、高級サラウンドヘッドホンです。イヤーパッドの吸着度や密閉度に合わせてAIが音質を自動調節する「コンピュテーショナルオーディオ」に対応しているのが特徴。最高峰の音響効果で映画を鑑賞したいAppleユーザーにおすすめです。

映画館のように全方位から音に包まれるような感覚が味わえる先端技術「空間オーディオ」も搭載。対応サービスは今のところApple TVやDisney+に限られますが、従来のバーチャルサラウンドと違って姿勢や頭を動かしても音響に違和感が生じないのも魅力です。

また、形状記憶フォームでできたイヤーパッドと通気性の高いメッシュ生地のヘッドバンドが、長時間の映画鑑賞でも快適な装着感を実現。Apple製品とのペアリングや機器間の切り替えがシームレスに行えるのもポイントです。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめモデル|密閉型

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-1AM2

映画をより臨場感豊かなサウンドで楽しめる人気の密閉型ヘッドホンです。広帯域再生を実現できる、新開発の40mmHDドライバーユニットを搭載。ハイレゾ音源もクリアに再生できるので、映画の音声や効果音もワンランク上の音質で満喫できます。

優れた装着性の立体成形イヤーパッドも魅力です。内部素材に低反発ウレタンフォームを採用することで、長時間の映画鑑賞でも蒸れにくく、快適な着け心地を維持。また、ハウジングの回転軸を内側に向けることで装着安定性を向上しているのも特徴です。

ケーブルの脱着が可能なのもポイント。1.2mの標準ケーブルに加えて、マイク・リモコン付きケーブルが付属するため、外出時にスマホで映画鑑賞を楽しみたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z1R

ソニーの音響技術を凝縮した、密閉型ヘッドホンのフラッグシップモデルです。120kHzの超高音域再生を実現する、大口径70mmHDドライバーユニットを搭載。ミュージカル映画やオペラなど、音質重視の映像作品を高い音響効果で堪能したい方におすすめです。

内部の通気を最適化するレゾナンスフリーハウジングの採用も特徴。密閉型ヘッドホン特有の共鳴を限りなく除去することで、ハイレゾ音源に含まれる微小音も耳に届けられます。また、重低音のリズムをより正確に再現できるのもポイントです。

イヤーパッドが内側に倒れ込むエンフォールディング構造によって、耳を包み込むような快適な装着感と高い気密性を実現。さらに、長さ3mのヘッドホンケーブルも付属するので、テレビから離れた位置で映画を鑑賞する際にも重宝します。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型アラウンドイヤーヘッドホン HD 569

周囲を気にせず映画の世界に没頭できる、高音質な密閉型ヘッドホンです。「EARテクノロジー」をはじめとするゼンハイザー独自のトランスデューサー技術を採用。オーディオ信号を高音質のままダイレクトに耳へ届けられるので、充実した音響で映画を楽しめます。

優れた遮音性を備えた大型のイヤーカップを搭載しているのも特徴。外部のノイズをシャットアウトすると同時に、コンテンツの音声が外に漏れるのを防ぐため、防音設備が整っていない部屋でも大音量で迫力のある映画鑑賞が楽しめます。

ソフトイヤーパッドの快適な装着感によって、長時間の映画鑑賞で疲れにくいのもポイント。また、パッドは交換が可能なので、長期間にわたって愛用できるのも魅力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオヘッドホン HA-RZ710

優れたコスパで映画ファンから人気を集める密閉型ヘッドホンです。ユニット振動板の振幅を安定させる「サウンドスタビライザー」構造を採用。繊細な高音からパワフルな低音まで高解像度で再生できるので、映画の音声もワンランク上の音響で楽しめます。

新開発の「ワイドホールド・ヘッドバンド」によって安定した装着感を実現しているのも特徴。広い面積で頭部をしっかり包み込むため、長時間の映画鑑賞でも耳や頭にかかる負荷を軽減して快適に使用できます。

また、使いやすい1.2mの片出しケーブルを採用。さらに、2.3mの延長コードも付属するので、離れた場所から大画面で映画を鑑賞する際にも重宝します。安い価格で購入できるのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

映画の音声を原音に忠実な音響で楽しめる密閉型モニターヘッドホンです。モニターヘッドホンは音楽スタジオでのレコーディングやミキシングで使われるのが一般的で、通常のリスニング用ヘッドホンと比べて各音域を脚色や省略なく再現できるのが特徴。映画も原音のまま聴けるので、さまざまなジャンルの映画鑑賞で活躍します。

本製品はスタジオでの使用が想定されたヘッドホンのため、音漏れが抑えられているのもポイント。大音量でアクション映画などを観ても、周囲に迷惑をかけることなく堪能できます。

プロの収録現場にも耐える優れた耐久性を備えているのも特徴。外出先で映画を鑑賞する場合でも故障を気にせず使用できます。コスパに優れているのも魅力です。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめモデル|開放型

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型アラウンドイヤーヘッドホン HD 660S

オーディオ愛好家からも高く評価されている開放型ヘッドホンです。人気を集めた「HD 650」の後継モデルで、新設計のトランスによって先代を凌ぐ高音質を実現。ハイレゾ音源も原音に近く再現できるので、ライブ演奏を間近で聴いているような感覚で映画音楽を堪能できます。

高い快適性を実現する機能的なデザインも特徴。楕円形のイヤーカップは耳の構造に合わせた形状を採用しており、耳全体を優しく包み込む感覚で装着できます。長時間の映画鑑賞でも疲れにくいのがポイントです。

時代を超えた優美さと現代的スタイルを兼ね備えた高いデザイン性も魅力。ケーブルの長さは3mあるため、大画面のテレビでも適切な視聴距離を保った状態で映画が楽しめます。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300

手頃な価格で開放的な映画サウンドが楽しめる、コスパのよい開放型ヘッドホンです。オープンエアー専用設計の40mmドライバーを搭載。特に人間の音声を聴き取りやすいようにチューニングされているので、セリフ重視のドラマや映画の鑑賞に重宝します。

頭の形状に合わせて調節が可能なヘッドサポートを採用しているのもポイント。加えて、肌触りのよい布製イヤーパッドが耳への負担を軽減するため、長時間の映画鑑賞でも圧迫感や疲労感を抑えて快適に使用できます。

ケーブルの長さは、大画面テレビでの映画鑑賞にも役立つ3m。そのほか、別売で交換用のイヤーパッドも用意されています。安い価格で購入できるので、開放型ヘッドホンを試してみたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD900X

臨場感のあるサウンドで映画を楽しめる、高性能な開放型ヘッドホンです。専用設計を施した53mmの大口径ドライバーを搭載。加えて、開口率の高いアルミ製ハニカムパンチングケースが美しい余韻を奏でるので、映画音楽も開放感と厚みのある音響で堪能できます。

頭の形状に追従する「3Dウイングサポート」が圧迫感を抑えた軽快な装着感を実現。また、耐久性と柔軟性を備えた起毛素材のイヤーパッドが、耳をしっかりホールドして低音のヌケを防ぐため、地鳴りや爆発などの効果音も臨場感たっぷりに体感できます。

取り回しがしやすく絡みにくい片出しケーブルの採用もポイント。ケーブルの長さは3mあるので、大画面テレビでの映画鑑賞にも重宝します。

シュア(SHURE) プロフェッショナル・オープンバック・ヘッドホン SRH1440

優れたサウンドの再現性を備えた開放型モニターヘッドホンです。ネオジム磁石を採用した40mmダイナミックドライバーが、精緻な高域と豊かな低域を伴ったフルレンジオーディオを実現。オーディオのマスタリングやクリティカルリスニングにも使用されるため、映画の音声や音楽も高解像かつ原音に近い自然な音響で楽しめます。

また、人間工学に基づいて設計されたスチールフレームのヘッドバンドを採用。頭の形に合わせて調節できるほか、耳に優しくフィットするプレミアム素材のイヤーパッドが、長時間の映画鑑賞でも快適性を維持します。

そのほか、錆びにくい金メッキを施した両出しケーブルが付属。着脱が可能なので、使用後の収納やケーブル交換が簡単に行えます。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

最高クラスのノイズキャンセリング性能を備えた人気のワイヤレスヘッドホンです。新アルゴリズムの搭載によって、人の声や生活ノイズに多い中高域の騒音に対するキャンセル性能が向上。飛行機内や電車内でも静かな環境を実現できるので、移動中の映画鑑賞にもおすすめです。

また、ハウジングのタッチセンサーに触れている間に音量を抑えて外音を聴き取りやすくする「クイックアテンションモード」も搭載。重要な機内アナウンスを聞き逃す心配がないのもポイントです。

音声コーデックはAACとLDACにも対応。高音質・低遅延な音声がiPhoneやiPadでワイヤレス再生できるほか、対応端末ではハイレゾ再生も楽しめます。さらに、ノイズキャンセリングを有効にしても最長30時間の連続再生が可能なのも魅力です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ワイヤレスヘッドホン HD 350BT

贅沢な音質で映画の音声や音楽を楽しめるワイヤレスヘッドホンです。国内最高権威VGPアワードを受賞した「HD 4.40BT」の改良モデルで、ミニマルデザインながら豊かでダイナミックな低音と質感高い解像感を実現。携帯性と音質を両立したい方におすすめです。

新しいワイヤレス技術を採用しているのも特徴。Class 1のBluetooth 5.0に対応しているので、安定した接続状態で使用可能です。また、低遅延なapt-X LLコーデックにも対応するため、映画も音声が遅れにくくストレスフリーで鑑賞できます。

最長30時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。USB Type-Cケーブルによる急速充電機能も備えているので、短時間充電するだけでも使えます。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-XP50BT

一度フル充電すれば、長時間映画を楽しめるワイヤレスヘッドホンです。最長40時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを搭載。10分の充電で約3時間再生できる急速充電機能を備えているほか、付属のケーブルを使えば有線ヘッドホンとしても使えます。

口径40mmドライバーユニットと、通気孔「エクストリームディープバスポート」がパワフルな重低音サウンドを実現。さらに、内蔵アンプによって低音を増強する「バスブーストモード」も備えているので、爆発などの効果音もより臨場感たっぷりに体感できます。

音声コーデックは、AACとaptXをサポート。そのほか、ハウジングを内側に折り畳んでフラットに収納できる機構を備えているため、持ち運びも簡単に行えます。コスパが優れているのも魅力です。

スカルキャンディ(Skullcandy) Bluetoothヘッドホン CRUSHER ANC S6CPW-M373

鳥肌が立つほどの重低音を映画鑑賞で体感できるワイヤレスヘッドホンです。映画の重低音に反応してヘッドホン自体が振動する「センサリーベース」技術を搭載しているのが特徴。大迫力のシーンでも臨場感がより増すので、映画の世界に入り込んだような感覚で没頭できます。

低音のレベルは、イヤーカップのスライダーで調節が可能。最大にすれば、映画館で4D上映を観ているような没入感が得られます。また、アクティブノイズキャンセリング機能も搭載。移動中の機内や車内でも、騒音を気にせず映画が楽しめます。

最長24時間の連続再生と急速充電に対応するバッテリーを内蔵しているのもポイント。そのほか、ハイレゾ音源をカバーできるaptX-HDコーデックにも対応しています。

ビーツ(Beats by Dr.Dre) Bluetoothヘッドホン Beats Studio3 Wireless

Apple製品との高い親和性を備えた、高性能なワイヤレスヘッドホンです。iPhone・iPad・Macとのペアリングが手軽に行えるApple W1チップを内蔵。機器間の切り替えもスムーズに行えるので、複数のApple製品で映画鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

また、耳や頭の形状、髪型、眼鏡の有無、頭の動きによる音漏れを計算して音のバランスを最適化する「リアルタイムオーディオキャリブレーション」を搭載。優れたノイズキャンセリング機能と組み合わせることで、上質なサウンドで映画が楽しめます。

さらに、ノイズキャンセリング機能の有効時でも、最長22時間の連続再生が可能。ほかのBeatsヘッドホンやAirPodsと音声をシェアできる「オーディオ共有機能」を使えば、機内や車内でも友人や家族と一緒に映画が楽しめます。