世界的に有名なオーディオメーカーはもちろん、新興勢力も続々と台頭しているヘッドホン。サウンドクオリティもさることながら、見た目の格好良さも際立つ魅力的なアイテムです。

ただし、ピンからキリまでラインナップが豊富なのが悩みのタネ。そこで今回は懐事情に優しいリーズナブルなヘッドホンを価格帯別にご紹介します。見逃せない製品ばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの低価格ヘッドホン
2000円以下

パイオニア(Pioneer) ヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー SE-M531

商品価格 ¥ 1,836

2000円以下で高音質ヘッドホンならこれ、という定番です。強磁力マグネットを採用した40mm径のドライバーと、CCAWボイスコイルを使用。この2つをこの安さで使用しているだけでも豪華です。しかも、ハイレゾ対応の40kHz再生をクリアしたハイスペック。これも他社を圧倒。

肝心の音質も、重厚な重低音を軸に、スケール感溢れる見事なものです。ベロア調イヤーパッドによる本格オーバーイヤー設計で装着感も良好。3.5mロングコードは室内使用に便利です。このヘッドホンでもう満足、という方も多いほどのハイパフォーマンス機。一聴をおすすめします。

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型オンイヤーヘッドホン ATH-S100

商品価格 ¥ 1,660

2000円以下でポータブル使用もできる高音質ヘッドホンと言ったらこれ。幅広いラインナップを長年維持しているオーディオテクニカならではのノウハウの賜物。110gの軽量・小型のオンイヤー密閉型ながら、価格や大きさからすると大型の36mm径ダイナミックドライバーを搭載しています。

これにより、スケール感を備えたバランスのよい高音質を聴かせます。細かく聴くと足りない部分はありますが、全体としてのまとまり感が素晴らしいの一言。ヘッドホン初心者からお子さんへのプレゼントにまで幅広くおすすめできます。

パナソニック(Panasonic) 密閉型ヘッドホン RP-HX350

商品価格 ¥ 1,855

本格オーバーイヤー設計ながら折り畳み機構も備え、携帯使用も可能な多機能ヘッドホンです。36mm径の大型ユニットにより、ワイドレンジでエネルギッシュなサウンド。世界的総合家電メーカーならではのコスパです。

5色のカラバリで安いながらもおしゃれに気を遣う女性にもおすすめ。携帯使用にはやや大きめですので、屋内使用中心ながらもたまに外に持ち出したい用途に向いています。

フィリップス(Philips) 密閉型オンイヤーヘッドホン SHL3160

商品価格 ¥ 1,890

2000円以下の安いヘッドホンでは難しいアコースティック楽器の自然な再現性でおすすめ。フィリップスはハイコスパイヤホン、業務用CDプレーヤーが有名なオランダの総合家電メーカーです。加えて、長年、クラシック音楽レコードレーベルも運営。

そこで得られたノウハウが全てのオーディオ製品に息づいています。そのため、フィリップス製品は特に低価格品では他社では信じられないほどナチュラルな音質。本機もこの価格では難しいクラシック音楽の再生をしっかりこなします。パワフルさよりも繊細さを重視する方にもおすすめ。

おすすめの低価格ヘッドホン
3000円以下

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドホン HD681F

商品価格 ¥ 2,880

半開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。この価格にしてプロ用のモニター用を謳うハイコスパ機。他社の有名ロングセラーモニターヘッドホンに似た外見ながら、格段に安価です。しかも、その機種に近似した高音質を実現しているためにDTM愛好家中心に人気。

50mm径大型ユニットにネオジウムマグネットを組み合わせ、ワイドレンジでフラットな音に整えています。大型開放型機が持つ空間の広がりと自然な質感表現力を、この価格で聴けるのは驚異です。屋内専用的になりますが、1台持っていて損はない高音質機ですよ。

オーディオテクニカ(audio-technica) 密閉型オンイヤーヘッドホン ATH-WS33X

商品価格 ¥ 2,712

3000円以下では随一の重低音ヘッドホンです。低域再生を重視した「SOLID BASS」シリーズのエントリー機ながら、上位で開発された技術を多数投入したハイコスパ機。オーバーイヤー密閉型です。

専用の空気室を設け低域拡張できる新開発の「エクストラチャンバーメカニズム」を採用しています。弾力のある伸びの良い重低音を聴かせますよ。イヤーパッドと耳との密着性を高めることでも低音再生力を高めています。

オーディオテクニカ得意のバランス感覚により、低価格帯の重低音ヘッドホンでは難しい、締まった低音が見事。また、低音にマスクされがちな高音もしっかり聴こえ、自然さをキープしています。重低音にとらわれず普通の高音質ヘッドホンとしておすすめできます。

フィリップス(Philips) 密閉型オーバーイヤーヘッドホン FX3

オーバーイヤー密閉型のヘッドホンです。定評のあるPETダイアフラムを採用したダイナミック型ユニットはネオジウムマグネット仕様。繊細さと力感を兼ね備えた高音質を聴かせます。

また、同社ならではのチューニング力により、アコースティック楽器を自然かつ質感高く再現します。この点では価格帯トップクラス。いわゆるドンシャリとは違う穏やかな方向性なので、好みに合うかはよく確認しましょう。

このハウジングサイズにして折り畳みにも対応するので携帯使用も可能です。それでもややかさばるので屋内メインで持ち運びもできる程度に考えましょう。

JVCケンウッド(KENWOOD) 密閉型ヘッドホン 折りたたみ式 HA-S500

商品価格 ¥ 2,927

3000円以下クラスでは高音質で人気のヘッドホン。携帯使用も可能なコンパクトな折り畳み対応タイプです。しかしながら口径40mmの大型ドライバーユニットに、軽量で剛性の高いカーボンナノチューブ素材を振動板に採用。低価格、大きさから想像できないほどの高音質です。

強力な低音に明瞭な中域が特徴。ロック、ボーカルものを極めてクリアに楽しめます。オンイヤー密閉型なので、しっかり装着位置を決めることもよい音の秘訣。低反発イヤーパッドは肌触りもグッドです。この音のよさは屋内専用にもおすすめ。

おすすめの低価格ヘッドホン
4000円以下

ソニー(SONY) 密閉型 折りたたみ式ヘッドホン MDR-XB450

商品価格 ¥ 3,978

ソニーを代表する低価格ヘッドホンです。ライトユーザーに多い重低音志向の音の好みに合わせた音作りが特徴。独自の「ベースブースター」の採用により、量感豊かなバスサウンドを響かせます。強力な低音がありながらボーカルを埋もれさせないのはさすがのチューニング力。

携帯使用にも対応できるよう、折り畳み可能でオンイヤー密閉型のコンパクト設計。ロックやヒップ・ホップ、ダンス系ミュージックを外でもノリよく聴きたい方はこの製品にしておけば問題ないでしょう。また、安価でもソニー製品が欲しいという方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 密閉型ヘッドホン HA-XM20X

商品価格 ¥ 3,475

低価格重低音ヘッドホンの定番機です。新設計の大口径50mmネオジウムドライバーユニットを搭載。さらに「エクストリームディープ」バスポート他、独自の音響構造により、パワフルでキレのある重低音再生を実現しています。

高い遮音性と低音再生能力にもつながる大型ハウジングによるオーバーイヤースタイルもポイント。ストリート系ファッションを意識した独特のゴツイデザインも個性的です。ハウジングにアルミニウムプレートを採用した品位感も見逃せません。

立派で大きなヘッドホンが欲しい方に、その存在感でも大いにおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) 楽器用モニターヘッドホン ATH-EP300

商品価格 ¥ 3,250

この価格帯でおすすめの開放型ヘッドホンです。国内他社はあまり5000円以下の開放型ヘッドホンを出していませんが、オーディオテクニカは長年この方式にこだわりと伝統があるので、製品数も多くいずれもハイクオリティーです。

本機は電子ピアノを始めとした楽器モニター向け。それだけにピアノのリアルな質感を基本に音作りがされています。それにより全般にアコースティック楽器の再現性が良好です。開放型ならではの空間の広がりと軽やかな音質も魅力。聴き疲れしにくい点でもおすすめです。

Superlux 密閉型多目的ヘッドホン HD562

商品価格 ¥ 3,980

著名なロングセラーモニターヘッドホンにヒントを得た低価格ヘッドホンです。オンイヤー密閉型で低音が強めながら、比類ない力感を持っています。それによって、定番である形状、音質傾向を踏襲しています。それでいて価格は同レベルの製品の数分の一。

カラー、デザインも豊富に取り揃えており、本機だけのカラバリも魅力です。また、基になった機種で使える交換ケーブルも使用できるので、断線トラブルにも対応可能。この価格でリケーブルできるのも驚きです。

おすすめの低価格ヘッドホン
5000円以下

iSK PROFESSIONAL HI-FI HEADPHONE HP-3000

商品価格 ¥ 3,980

原音に忠実なモニターサウンドをこの価格で楽しめるハイコスパ機。オーバーイヤー密閉型です。新開発の45mm径ダイナミック型ユニットはネオジウム磁石を使用。この価格では異例のアルミニウムハウジングと相まって、フラットでナチュラルな高音質です。

モニター系でありながら聴き疲れしにくいのは音楽鑑賞向けにもグッド。低反発性ソフトフォームを採用したイヤーパッドで長時間使用でも耳が痛くなりにくいです。本機もケーブル着脱可能なのは便利。

コス(KOSS) オープン型オーバーヘッドヘッドホン PORTAPRO

商品価格 ¥ 4,658

実に30年以上販売されている超ロングセラーヘッドホン。オンイヤー開放型機です。爽やかでナチュラルな再現性が得意な開放型のよさと、開放型では弱い傾向がある重低音がパワフルなことにより長年の人気を維持しています。つまり音楽の守備範囲が広いんです。

今となってはレトロ感溢れる外観もかえって新鮮でおしゃれ。軽量でコンパクトなので、音漏れに気を付ければ屋外でも活躍できます。開放型の入門機としてもおすすめです。

Bluedio Bluetoothヘッドホン T3+ Turbine 3rd

商品価格 ¥ 4,999

Bluetoothワイヤレス対応のオーバーイヤー密閉型ヘッドホンです。大型57mm径のダイナミック型ユニットと大型ハウジングの採用により、重低音重視の厚みとスケール感のあるハイクオリティーサウンドが楽しめます。

同価格帯の大手メーカー製のBluetoothヘッドホンとの違いは、物量と機能性。これだけの大型機かつ、有線使用にも対応する点で優れています。この価格帯の有線専用ヘッドホンの高音質志向機と遜色ない音は驚きです。中国メーカーのコスパを実感します。既に人気も高く実績のある機種なので初心者にもおすすめです。

クリエイティブ(Creative) ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV

商品価格 ¥ 4,980

5000円程度のハイコスパ高音質ヘッドホンの定番機です。やや小型のオーバーイヤー密閉型。強磁力ネオジウム40mm径ドライバーと複合バイオセルロースダイアフラムのハイテク素材の使用により、価格を大きく超えた自然なサウンドを聴かせます。

密閉型ながら温かみのある繊細な高音質は他では得難いもの。それでいて欲しいとことではパワフルな重低音もしっかり。とにかく自然さと力感の両立が難しい価格帯にあって、高度な設計力によって実現しています。

移り変わりの激しい業界にあって数年以上モデルチェンジもなく高い人気を誇っていることが全てを物語ります。ほどほどの大きさで携帯使用も難しくないのもおすすめポイントです。5000円以下で万能型の音質を求めるならイチオシです。

低価格ヘッドホンの選び方

安くても高音質を狙うなら

By: amazon.co.jp

コスト制約の大きい低価格ヘッドホンでは、高級機のような高音質と多機能の両立は困難。しかし、目的を絞ることによってうまくコスパを高めているヘッドホンも少なくありません。特に高音質にこだわるのであれば、次の項目が大事です。

まず、屋内使用前提で音質重視ならオンイヤー(耳乗せ)型よりオーバーイヤー(耳覆い)型です。オンイヤーは携帯使用向けに小型化するのが主目的。音質的にはドライバーもハウジングも小さくなるため不利です。

高音質と言えば「重低音、情報量」と考えるのであれば密閉型がおすすめ。ただ、低価格ヘッドホンで、生楽器の自然な質感表現はかなり難しいもの。ですが、この価格帯では少数ですが、開放型なら同価格の密閉型をこの点では上回ります。一方、重低音は苦手なので自分の好み、目的を把握して選ぶことが重要です。

機能性を求めると

By: amazon.co.jp

Bluetoothのような付加機能もコストを圧迫し、しわ寄せは音質に来ます。そもそも、Bluetoothは原理上音を圧縮するので、音質面ではあまりおすすめできません。どうしても5000円以下でBluetoothヘッドホンが欲しければ、有線接続で普通のヘッドホンとしても使える機種が多い、中国メーカー製のヘッドホンをおすすめします。

スマホ用リモコンマイクの有無はほとんど価格に関係ないので気にすることはありません。音質を取るか便利さを取るか、自分の中で割り切ることが、この価格帯のヘッドホンとうまく付き合うコツ。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

実売5000円以下のヘッドホンのパフォーマンスは大手メーカーが基本的に有利。世界規模の生産、販売体制によるコストメリットと、高級機開発で得られたノウハウを投入できるからです。

国内ではソニー、パナソニックと言った大手総合家電、オーディオメーカーではパイオニア、ジェイブイシーがコスパに優れます。海外では世界的総合家電メーカーであるオランダのフィリップス、PC周辺機器メーカーの中国・クリエイティブなど。

加えて、新興の中国系オーディオメーカーの台頭も著しいです。中でもSuperluxとiSKは、主にDTM愛好家のようなセミプロユーザーから、その驚異のコスパで定番メーカーとなりつつあります。まだ広い知名度はありませんが、低価格で高音質なヘッドホンを探す上では押さえておきたい存在ですよ。